腰痛患者に見られる様々な姿勢

結論:良い姿勢は、意識次第で誰にでも手に入れられる。

頬杖、たて肘、寄りかかり姿勢と腰痛

結論:肘で寄りかかると筋肉が落ち、背が丸くなる。

  1. リスクを高める頬杖・立て肘
  2. 腰痛患者にみる寄りかかる姿勢壁やテーブル、肘掛、膝など色んな場所に無意識に寄りかかる人は足腰の弱さを持っており、尚且つ筋肉を使わないため腰の衰えが加速されやすい。
  3. 頬杖姿勢腹筋・背筋を一気に衰えさせ腰の痛みを誘発する
  4. 内臓を蝕み、腰部を脆弱化させる危険な姿勢肘をテーブルの上に乗せて背を丸くする円背姿勢
  5. 頬杖との関係について腰部の運動性能が失われて硬直した状態に陥ることで不意に腰を動かしたときに腰部に負担が加わって生じる。腰を丸める姿勢などに気をつけ、とくに頬杖をつく姿勢では腰が極端に丸くなるため硬直しないように小まめに立ち上がって腰を反らす体操をする
  6. 頬杖姿勢とぎっくり腰の関係頬杖は背が丸くなって椎間板を壊してしまう

肘に体を預ける姿勢は背中が丸くなりますし、筋肉を働かせません。長期に渡って続くと腰の衰えを招きます。やはり背筋を正して筋肉を働かせると腰が衰えません。



エックス脚、O脚(ガニ股)と腰痛

結論:ガニ股は足腰の筋肉のコリを作る

  1. ガニ股姿勢のぎっくり腰不動産会社で毎日車を長時間運転する男性、がに股になることで足腰の緊張を招いて腰を痛める。
  2. 女性がX脚になる解剖学的な理由女性の骨盤は横幅の広いラーメン丼の形をしている。足を揃えると必然的にX脚になり、主に太腿裏面の筋肉が固くなるタイトハムストリングスを起こしやすい。
  3. O脚のぎっくり腰の筋肉O脚姿勢の方がぎっくり腰を患うなら日常的に手掛けるストレッチでは大腿四頭筋、中殿筋、腓腹筋、外旋筋群のストレッチ
  4. O脚患者のぎっくり腰O脚による姿勢異常を持っているときには中殿筋の拘縮や内転筋の筋力低下が考えられる。
  5. O脚の発生メカニズムと腰痛の関係O脚になると足が真っ直ぐ前後に動かなくなり、力のロスが大きくなるため腰の負担が大きくなる。
  6. O脚とぎっくり腰の関係足腰が衰えているとO脚・腰痛に成り易い。
  7. O脚のメカニズム腰痛患者に多いO脚は股関節と膝関節の筋肉の衰えによって大腿骨に外旋が加わることで起こる。
  8. 男性がO脚のぎっくり腰に陥る解剖学的理由は骨盤の形状男性の骨盤はホームペース型をしており縦長の形状であるため、股関節が外に開き易い。
  9. ガニ股(O脚)の関係 腰痛疾患に大きく関係する大腰筋が短縮化を起こしたときに股関節に屈曲・外転・外旋(ガニ股)が生じて痛みを発するようになる。
  10. O脚と坐骨神経痛の関係中高年の代名詞であるO脚が原因でもある。
  11. ガニマタ姿勢と腰痛の関係、ガニマタになってしまうのはおじさんだから?日常姿勢が大きく関係しております。
  12. O脚O脚は軸足の力の衰えによって脚を真っ直ぐ遠くへ踏み出すことが困難になり外に振り出すようなガニマタな動きをとることで生じる。また、脚の衰えによって膝の適合性を筋力によって保てなくなることで内側の接触圧を骨同士を押し付けあうことによって保とうとするために膝を外に開いて生じる。脚で支えるべき立ち姿勢を腰で保持するため腰を酷使してぎっくり腰になりやすい
  13. a高齢者 ガニ股腰が曲がると前に足が動きにくい。したがって横に動かすようになりガニ股になる。
  14. aガニ股と腰痛膝が外に曲がると骨盤周囲の筋肉が緊張して腰の動作を妨げてしまう
  15. aaガニ股は腰痛を招くガニ股は膝が曲がるため足腰の筋肉の負担となる。
  16. aaa太腿の前後の筋肉だけを使うとガニ股になり腰痛を患う内旋や外旋ができないとガニ股になってしまう

脚の骨が完全な「垂直」にあると、少ない力で姿勢を保てます。X脚やO脚では脚の軸が曲がるため、力を使わないと姿勢を保てません。足腰が緊張して腰痛を招きやすいです。



姿勢の悪さと腰痛

結論:悪い姿勢は無関心によって起こる

  1. 姿勢が悪いのもぎっくり腰の原因ですか?後頭部・胸椎・仙骨・踵の4点を壁にくっつけたしたときに軽く腰に手のひらが入るニュートラルポジションを心がける。
  2. 悪い姿勢は放置で直らなくなる最初はちょっとした意識で治る姿勢も、そのうちに短縮差が生じて意識しても直らなくなる。
  3. 姿勢の悪さによるもの腹筋や背筋を使わずに背骨を棒高跳びのポールのように用いているとぎっくり腰や頚椎の病気の引き金となる。
  4. 気が付くと姿勢が悪くなっている姿勢を改善するコツは意識化です。崩れたら何度でも姿勢を正しましょう。
  5. 腰痛の原因が分からないのは不良姿勢によるものだから腰痛はいくら体を調べても原因が見つからないことが多く、日頃大部分の時間を過ごしている姿勢を観察すると良く分かる。
  6. 起こしやすい力学的に不利な姿勢生まれつき筋力が足りない!歳をとったから!太っているから!女だからもともと力が弱い!多くの人が生物学的要因を引き合いに出して物事を諦めてしまいますが、圧倒的に多いのが力学的要因です。
  7. 腰痛に良い姿勢と悪い姿勢良い姿勢とは変化に富んだメリハリのある姿勢、悪い姿勢とは固定的な変化の少ない姿勢
  8. ぎっくり腰を起こしやすいアライメントは?①反り腰、②猫背、③骨盤の傾き、④脚長差
  9. ぎっくり腰や腰痛になりやすい姿勢腰痛患者の多くは「自分は姿勢が悪いんです」というが姿勢とは自らの意思の力で意識化し定着させる必要があるもの。
  10. 姿勢の悪い人の価値観姿勢の悪い人ほど自分の姿勢に無関心であり、良い姿勢の人ほど僅かな歪みを早期に発見するもの。
  11. 異常姿勢の二つの考え方姿勢には凹側と凸側があり、凹側はストレッチ、凸側は筋トレをすることが良い
  12. なりやすい姿勢を無意識にとってしまう原因腰を丸める姿勢が楽だから。寄りかかる安楽な姿勢では筋肉や関節に著しく負担を加えるが楽だから取り続ける。楽なもの=良い状態であるという考えが根本にある。
  13. a姿勢が悪いのはクセであらず元々のクセだから姿勢が悪いと思う方は多いですが、腰が弱っていたり、内臓の不調を庇うために悪い姿勢を無意識で取っていることもある。無意識下にあるものに着目しよう
  14. aaa姿勢の悪さは生まれつきではない姿勢は生まれ付いてのものだから仕方ないと腰痛になることを諦めるが意識次第で変えられる
  15. aa楽な姿勢が良い姿勢ではない顎を突き出して背を丸める姿勢は楽だけど腰骨が傷む

姿勢が悪い人は、「生まれつき悪い」と考えます。良い姿勢のひとをうらやむこともあるでしょう。しかし、良い姿勢は「意識の問題」です。疲れますけど姿勢を正し続けましょう。



固定姿勢・同一姿勢と腰痛

結論:自転車でも、止まっているときが一番疲れる

  1. 同じ姿勢で関節が固まるからなるの?同じ姿勢による関節の固定が原因となり、デスクワークによって膝や股関節、背中の関節や筋肉が固まっている
  2. 固定姿勢が腰痛になる理由固定姿勢は腰の筋肉にとって最も疲れやすい等尺性収縮を強いるため腰痛になりやすい。むしろ動いた方が腰痛にならないこともある。
  3. 同じ姿勢でいると腰が辛くなる立ち上がったり座ったり立ち姿勢や座り姿勢が続いたときなどに腰が辛くなる原因
  4. 同じ姿勢が続くと腰痛になる理由同じ姿勢が続くから固定姿勢によって一つの筋肉に負担が集中するから。と言います。その他にも筋肉は持続的な収縮が苦手です。
  5. 長時間同じ姿勢が続くと腰が痛くなる同じ姿勢が続くことで痛くなるのには筋肉から由来する原因と関節から由来する原因がある。
  6. 固定姿勢のぎっくり腰、発生部位で多いもの背中を悪くすることが多い。

筋肉は動くときにポンプのように血液を送り出します。動かずに止まっているとポンプが働きません。血流が停滞し、足腰の関節や筋肉が次第に弱ります。



姿勢矯正・姿勢対策と腰痛

結論:姿勢を意識すると疲れない

  1. 腰痛は地道な日常姿勢の意識によって防ぐ腰痛を治すためには忍耐力よりも、地道な意思(強い継続力)
  2. リポジショニング無意識の姿勢の偏りによってぎっくり腰に陥りやすくなる。背骨をリポジショニングすることで背骨を生理的湾曲に戻すことが必要となる。
  3. 腰痛にならないための姿勢の考え方「背骨全体で体を支える意識」
  4. 腰痛は痛みを取ってから姿勢を直す痛みが悪い姿勢をもたらしている。痛みをしたがって痛みを先にとってから姿勢を改善する。
  5. 腰が弱くなる姿勢意図せず腹筋背筋が衰えてしまう、両肘をテーブルに乗せる姿勢では体重の20%が腕の骨に負担を依存している。
  6. 滑膜炎防止のための姿勢矯正滑膜炎は関節面の適合性が悪くなることで生じるため姿勢を改善することが良い。
  7. 自分の姿勢を知るには?棒を用いてニュートラルポジションを調べる
  8. 綺麗な姿勢で関節間力を使おう綺麗な姿勢を保つと骨がガッシリと姿勢を支える関節間力によって楽に姿勢を保つことができます。
  9. 腰の筋肉が弱い人の腰痛緩和姿勢腰の筋肉が弱い人では真っ直ぐ立っていると腰が疲れてしまうため軽く膝を曲げて腰を落とすと一時的に腰痛が緩和される。
  10. 腰を休めるためのファウラー位について防止のためには日頃の腰のケアとして腰部の負担を最も軽減する体位をとることが必要。
  11. 腰痛になりにくい正しい姿勢問題となるのが偏った姿勢に固定し続けること。常に姿勢を変化させることがぎっくり腰防止には必要
  12. ぎっくり腰を防止するための構えの必要性良い動きではマドラーでコップの水をかき回したように連続的な流れが生じる。悪い動きでは毎回力が分断されて同じ方向を行ったり来たりする。動作時の準備姿勢では円を描きやすい斜めの構えを使うことが良い。
  13. 荷重偏移による腰痛症のセルフケア方法つま先の開き具合から偏移を見極めて左右差を少なくする
  14. 腰痛の防止の姿勢調整仕事に熱中していると悪い姿勢を取るため職場単位で声を掛け合うと良い。
  15. 良肢位とぎっくり腰ぎっくり腰を防止するためには日頃の体の疲れをしっかりと良肢位を取ってリラックスして解消することが必要
  16. 姿勢分析から見た原因腰の痛みによって異常姿勢をとっているが代償的に痛みをかばうために取っている姿勢であり、対になる姿勢に原因があることが多い。痛みのある姿勢に囚われずに逆の動きに着目して対処をする

姿勢では頭に着目します。頭はボーリング球よりも重いから。頭をまっすぐに保ち、安定させると肩や腰の負担を軽減できます。



腰痛になりやすい姿勢

結論:下に注意を向けると腰の負担となる

  1. 陥ったときにアゴを引いたら悪化した様々なスポーツのフォームでもそれは良いとされます。何で自分だけ良くならぬのか?について
  2. うつむけ姿勢との関連デスクワークなどで下をうつむく姿勢は頭部が前に突出して腰が疲れてしまう。
  3. ぎっくり腰になりやすい姿勢背筋力が低下する頬杖姿勢
  4. うつむけ姿勢との関係顔を下に向けてうつむくと背骨全体が丸くなる。その状態が永く続くと背骨の屈曲拘縮が生じまっすぐに起立したときに背骨が前傾して背筋が酷使され腰痛を招く
  5. 体が辛いのは普段の姿勢?悪い代表が兵隊さんのようなミリタリー姿勢
  6. 姿勢との関係高齢者の腰を曲げる姿勢が腰の悪化を招く
  7. 姿勢との関係顔を突き出す姿勢は腰の負担となるためチン・イン(アゴを引く)ことを意識する。
  8. 日常姿勢と腰痛の関係日常では楽だからと前方に寄りかかって背骨を曲げて過ごしがちである。そのままにしていると腹筋の短縮、脊柱起立筋の弛緩による筋力低下などからぎっくり腰に陥りやすくなる
  9. 骨盤前傾姿勢と骨盤後傾姿勢骨盤後方に傾けば腰が丸くなって見える。骨盤が前傾すれば腰が反って見える
  10. 胸を張る姿勢と腰痛胸を張ることだけを意識して姿勢を正そうとすると腰が反り返って余計に腰痛になる。
  11. ぎっくり腰の原因となるアライメント腰骨の配列が異常配列になると腰が曲がってぎっくり腰になる
  12. 悪い姿勢が腰痛を招く腰痛を起こす人の多くは総じて悪い姿勢を取っているものである
  13. 楽な姿勢が引き起こす関節機能障害悪い姿勢は背を丸めてイスに寄りかかって腰掛ける楽な姿勢、靭帯や腱などの耐久性によって背骨を支えているため関節機能に次第に障害が現れる。
  14. 高齢者の慢性腰痛で姿勢が原因となるものの特徴お尻の下に痣が出来ていることがある。
  15. ぎっくり腰を起こしやすい人の姿勢背を丸めたり腰を屈めたりうつむきがちの姿勢をしている人に起こりやすい
  16. ぎっくり腰は姿勢のバランスが崩れて起こる。姿勢に偏りがあると、筋肉が働くこのときに無理な力が加わるから痛める。
  17. 腰が引けると腰痛になる腰が引けた姿勢でいると力が入らなくなり腰痛に陥りやすくなる

人によって腰痛になりやすい姿勢は異なります。背の低い人は上を見上げ、腰を反らした姿勢で痛めます。背の高い人は下を見下ろし、腰を屈めた姿勢で痛めます。



良い姿勢

結論:物体は一定の速度で動き続けるときに最も安定する

  1. ぎっくり腰にならない姿勢特定の1つの姿勢でぎっくり腰が防げるわけではない。色んな姿勢をとる、動く、そうすることで特定部位に負担が蓄積しすぎないようにすることが必要です。
  2. 本当の良い姿勢とは?適度に腰周りの緊張した機能的な姿勢のこと。筋肉で骨を支えるため疲れるが骨や関節の負担は少ない。長時間座り続けられる楽な姿勢は筋肉を使わず関節に負担を与える姿勢
  3. 解剖学的姿勢と機能的姿勢背骨が持っている自然なS字の彎曲を保つ解剖学的な姿勢を保持することと、接客で用いる緊張した姿勢の機能的姿勢を交代で使い分けることで関節や筋肉を交代で休ませる
  4. ぎっくり腰防止のための正しい姿勢姿勢とは絶えず変化しているものでありどんなに良い姿勢でも同じ姿勢を続けることは良くない
  5. 体を起こした状態でもっとも腰の負担の軽い姿勢背もたれに120度寄りかかった姿勢
  6. aaa腰を休ませる姿勢と働かせる姿勢腰痛を治療するためには休むときと働くときの姿勢を上手に使い分ける必要がある。
  7. a正しい姿勢の筋力アップによる腰痛対策筋肉を延長させるポジションは力が弱まる。背を丸くしないように気をつけよう。
  8. 腰痛とポジショニング正しい姿勢は腰の力が強い。悪い背を丸めた姿勢は腰の力が弱くて腰痛になりやすい。
  9. キレイな姿勢を意識すると腰痛が減るキレイな姿勢になると姿勢が安定するため少ない力で活動でき、力と柔軟性が高まる。
  10. 腰の負担に強い状態とは?僅かなS字の彎曲が背骨全体に保たれると背骨の耐久力は10倍になる。

例えば自転車は止まっているときに最も不安定です。動いていると安定が増します。物体は一定の速度で動いているときが最も少ない力で安定するのです。



その他姿勢

結論:姿勢とは常々の意識である

  1. うつむくと腰が痛いうつむくと、姿勢が前に傾くため、倒れないように腰の筋肉に負担が加わる。
  2. 姿勢と硬膜内圧に関して腰部脊柱管狭窄症では前屈で硬膜内圧が減少する。腰を後ろにそらすと硬膜圧が上昇する。
  3. 蹲踞姿勢から見た腰痛の発生リスク俗にいうウ○チングスタイル、これを見ることで腰痛のなりやすさが分かることもある。
  4. 姿勢保持に必要な筋力は10%若い人にとっては10%の力で出来る姿勢保持、高齢者など力が衰えることで30%のパワー発揮を上回ると腰痛になる。
  5. aエビのように丸くなる姿勢と腰痛腰痛をいざ患ったときには9割り方の腰痛では腰を丸くしてエビのようになると腰の痛みが和らぎます。
  6. a体のねじれと腰痛体を支えるときにはたくさんの力を使います。少しでも楽に体を支えるために人は様々なメカニズムを駆使します。そういった仕組みが腰痛をもたらしていることもあるのです。
  7. 上背部のものにみられる姿勢特徴腰椎の後彎曲が強くなり、背筋を使わずに腰椎の骨で荷重を支えて姿勢を保っていることで胸腰椎移行部より上位の部分で上背部の筋肉が無理に活用されて痛みを発する。胴体の姿勢保持には骨盤から真っ直ぐに保ち、腰椎に自然な前湾曲を復元するようにし、上背部の筋肉の負担を軽減することが良い。
  8. ぎっくり腰、姿勢の状態と休憩について固定姿勢で背中の筋肉を酷使したときに腰を丸くすると反射によってぎっくり腰が起こる。背中を休めよう。
  9. 腰の捻れとの関係ゴルフスイングなど腰を捻る動作でも発生は多く、雑巾絞りのような二方向の力の合力によって強い力が発生する。腰椎は構造上捻る動作には脆いため骨盤ごと回旋したり、胸椎を用いて捻るようにすることが良い。
  10. ぎっくり腰の痛みと姿勢の影響について寄りかかる姿勢で痛みが緩和されるものと、緩和されないものがある。
  11. a腰痛対策では日頃の姿勢に着目する荷物を持ち上げる一時だけ気をつけても腰痛は防げない。
  12. 腰の痛み方の体位別の3つの痛み方体位変換時痛・立位時・安静時痛の3つのタイプがある。
  13. ぎっくり腰中に心がけていただきたい姿勢腰を痛めているときには体重をつま先側に掛けると腰の筋肉が緊張して痛みをもたらすため出来るだけ脊柱を真っ直ぐに保つことが良い。
  14. a腰痛と姿勢による柔軟性悪い姿勢は柔軟性が低下、良い姿勢は柔軟性が高まる.姿勢が腰痛に左右する
  15. a蹲踞姿勢腰を落として身構えた状態、いわゆるヤンキー座りは腰痛を診断する判断基準になりうる。
  16. 姿勢保持の筋肉の疲労の特徴姿勢保持では地面に近い側の筋肉が主に働く。また筋肉には力の出しやすい適度な長さがある。
  17. 本当の発生原因は姿勢力が弱くてなってしまったとか、持上げ方が悪くてなってしまったなどの考え方では防止は難しく、本当の理由は悪い姿勢で過ごすことによる腰部の筋肉への負担

立っているときに腰がつらくなったとします。軽く膝をまげて腰を落とす。1分間ほど背を丸く保ちます。すると、腰の疲労が抜けます。



腰痛関連姿勢

腰痛と関連姿勢

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

頬杖・たて肘・よりかかる姿勢

X脚・O脚(ガニ股)

姿勢の悪さ

固定姿勢・同一姿勢

姿勢矯正・姿勢対策

腰痛になりやすい姿勢

良い姿勢

その他姿勢



姿勢

「姿勢」カテゴリーを6つのジャンルに「区分」します。

腰が曲がる

立位姿勢

反り腰

背骨の彎曲した姿勢

座り姿勢・イス

その他

最新情報

ぎっくり腰の寸前

股関節屈曲を他動で動かしたときに途中でつまるような感じがあった

中腰の腰痛の原因は?

ぎっくり腰の時間

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

かかとがムズムズするなら、靴下を履こう

かかとの内側がチクチクするのは?

腰痛学級で腰痛はなおるか?

若い人のぎっくり腰

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ぎっくり腰 寒い

うつむくと腰が痛い

ヘルニアに効く温泉は?

ストレスで筋肉がなくなるの?

運転中にぎっくり腰になったら?

姿勢

「姿勢」カテゴリーを6つのジャンルに「区分」します。

腰が曲がる

立位姿勢

反り腰

背骨の彎曲した姿勢

座り姿勢・イス

その他