座り姿勢の腰痛対策

結論:座位は、立位よりも働く筋肉が少なく、腰にとっての負担は大きい。

座り仕事の腰痛対策

結論:小まめに立ち上がること

  1. 長時間のオフィスワークによるものの予防は?座っているときには背骨の前面の靭帯の短縮化と後方の組織の緩み(クリープ)が生じるため姿勢を正して短縮差を無くす
  2. デスクワーカーは30秒あったら足首を伸ばそうデスクワークは必然的に運動不足になりますが、その解消のためにトレーニングとして貴重な余暇時間を使うと鍛えられる代わりに孤立します。孤独に陥らないためには運動は空き時間を有効活用して取り組むべきです。
  3. パソコンで背中を痛めない方法背を丸めるから。
  4. 座り仕事で背中を痛めないためには?腕の高さ、首の角度、背中の角度、背もたれの圧迫に気をつける。
  5. 座り仕事での腰痛防止前傾して腰掛けると腰の負担が大きい
  6. 座り仕事の人が心がけるぎっくり腰対策の心がけ自分自身の腰が弱っているものだと認識し、弱さに比例した対応を心がけること。無理は腰に悪いが、過保護も腰に悪い。
  7. 機能障害症候群によるぎっくり腰は日常生活に注意する度重なるダメージが筋肉に加わることで生じる機能障害症候群、日常生活のありかたに着目する必要がある。
  8. 背中を背もたれに密着すると腰痛を防げるイスに腰掛けていると常に背中が緊張します。緊張から開放するには120度の背もたれに寄りかかって背中を密着させましょう。
  9. イスから立ち上がるときの防止法意外にも油断するのが立ち上がり動作
  10. 座り仕事のぎっくり腰は腰を反らした拍子に起こる座り仕事は体の前面の筋肉が短縮する
  11. a長時間の座位姿勢は腰の強張りをつくり腰を痛めやすくする。小まめな歩行を心がける
  12. a座り仕事は足が衰えるデスクワークで一日中座り続けていると足が衰えて腰を安定させる力が失われるため腰に力が入らなくてぎっくり腰に陥ってしまう。
  13. a座りながら腰の疲労を抜く方法ランバーロールを腰に挟んで椅子に寄りかかって座ると腰の疲労が抜ける
  14. a座りっぱなしで過ごしていてぎっくり腰になった長時間腰掛けて漫画を執筆する男性、座り続けると筋肉の協調性が損なわれてわずかに歩いただけで腰を患うことがある。

座っているときには二つの姿勢を使い分けます。1つは背を丸めた姿勢で、筋肉を休めます。2つめは背筋を正した姿勢で、関節の負担を和らげます。



イス座位と腰痛

結論:座ると背中は丸くなる。

  1. 座位姿勢で拘縮する筋肉座る時間が長いデスクワーカーでは股関節の前側の大腿筋膜張筋と、膝裏の膝窩筋が特に硬くなりやすいです。
  2. 足を組む姿勢と腰痛腰痛を防止するためには腰を休めるときと働かせるときの正しい使い分けを知る必要がある。
  3. イス座位と筋肉の疲労との関係股を開いて座る腰かけ方は重心が後方に偏移して第三腰椎や第四腰椎にバランス保持のため負担を掛ける
  4. イスに座ると背骨がピリピリする日頃腹筋を使わずに背骨だけで姿勢を支えると背骨が傷んでピリピリしてくる。
  5. 浅く腰掛けて寄りかかるとぎっくり腰になる浅く腰掛けて背中を背もたれに寄りかけて足を投げ出すようにすると大腰筋という筋肉が短縮化を起こして腰が曲がりぎっくり腰に陥りやすくなります
  6. イスに腰掛けたときに足を組んでしまう理由について。骨盤の偏りを補正するためにもたらされるもの、代償動作によって背骨が反対側に偏るため、腰方形筋にトリガーポイントが発生し関連痛を引き起こす。
  7. 腰の痛みはイスに寄りかかって持たれるのが良いの?腰痛を防止するためには優しい姿勢と辛い姿勢の考え方が大切になる。
  8. 長時間の座位による腰の強張り原因はオフィスワークによる固定姿勢しかし、固定姿勢だから同じ筋肉ばかりを酷使するというわけではない。ローカル筋の作用に変化が現れることを知ろう。
  9. 骨盤後傾での仙骨すわりの原因仙骨すわりとはイスに腰掛けたときにお尻がズルズルと滑り落ちてしまう姿勢のこと。直角なイスに120度の角度で寄り掛かろうと浅く腰掛けることが原因、ランバーサポートやイスを良いものを使うのが良い、前方に寄り掛かる腰を丸める姿勢なども関係する。
  10. 仙骨座りの解消法イスに深く腰掛けて骨盤が後傾せぬようにすると良い
  11. 長時間座りすぎて神経圧迫されるものは?デスクワークで長時間腰かけて過ごして生じるものでは小まめに立ち上がったり、イスの座面を工夫することが良い。
  12. ぎっくり腰のときのイスの座り方リクライニング機能の付いたイスに寄りかかって休むことが良い。120度の角度のイスが理想的
  13. 座ったまま腰を反らすとぎっくり腰になる膝を曲げたポジションにいるときには股関節を反らすことができないため腰だけを後方に反らして痛めてしまう。
  14. 腰痛持ちのイスに座るときの注意点足の衰えによってお尻を落下させるようにストンと落としてしまうクセがあると腰骨にダメージを与えてしまうこともある。
  15. 座位からの腰の動作はお尻を浮かせる座っているときに腰を動かそうとすると股関節運動が使えないためアッサリと腰を痛めてしまう。
  16. ドスンと座ると腰痛になる腰の弱った高齢者はドスンとお尻を落下させて座ると腰骨が砕けることがある。
  17. 高齢者がイスの上で正座する理由正座したときの体の高さが一番テーブルに寄りかかりやすいから

座るときには骨盤が後ろに倒れた姿勢に気をつけます。後ろに倒れると背筋が丸くなるからです。骨盤を立てると背筋がまっすぐになります。



デスクワークと腰痛

結論:デスクワークは足が衰えて腰を患う

  1. デスクワークは腕の重さにより背中を痛める腕を常に前方に持ち上げ続けるデスクワークは背中の筋肉を酷使して背中を患ってしまう。
  2. デスクワークは上半身の筋肉がぎっくり腰を起こす僧帽筋や広背筋を酷使して上半身の動きが制限されてしまい腰を痛めることもある。
  3. ワーカー型とマネージャー型の腰痛ワーカー型の腰痛は背を丸める姿勢によって生じるものであり、マネージャー型の腰痛はふんぞり返る姿勢によって生じるもの
  4. L字型デスクと腰痛二台のパソコンを一人で操作すると腰をツイストして腰部にストレスを蓄積する。
  5. 長時間のデスクワークによるもの猫背と骨盤前傾が背景にある。
  6. デスクワーク男性腰掛けて前傾姿勢になると痛くなる。左側に体重を傾けるクセが背景となっている。
  7. デスクワーカーが腰を痛め易い理由①固定姿勢による偏った筋肉の疲労、②常に両手を浮かせている、③腰部椎間板の負担が増加する。小まめに立ち上がって足踏み運動をすると負担が緩和される。
  8. エコノミークラス症候群と腰痛長時間座って過ごしていると血流が停滞し、腰に巡る血流が悪くなるため立ち上がるときに腰が痛くなることがある。1時間に1回5分ほどの足踏みをするようにすることが望ましい
  9. デスクワーク者が腰椎椎間板ヘルニアを起こす原因デスクワークでは首の固定姿勢によって肩こりを起こし頚椎の可動域制限から背骨の動きが悪くなることで腰の負担が増す。
  10. デスクワークはなぜ腰に悪いのか?デスクワークが腰に悪いというが肉体労働と比較してなぜ腰に悪いのか?
  11. 機能障害症候群とぎっくり腰について機能障害症候群はその人の価値観によって起こるものであり、本人には病的な状態であることを自覚できないことがある。
  12. デスクワーク中に心がけたいぎっくり腰対策背もたれに寄りかかると腰を休めることが良い
  13. デスクワーカーの慢性的なぎっくり腰はなぜ起こるのか?イスに腰掛けていると背骨の本来のカーブが失われてストレートのクセがつき物理的な耐久力が10分の1になる。
  14. デスクワークのぎっくり腰対策画面の位置を高く設定して下を見なくても済むようにすると良い
  15. aデスクワークのぎっくり腰で仕事が休めない背もたれに背中を預ける。文字が見にくい人はメガネを掛ける。
  16. デスクワークのぎっくり腰防止に有効な筋肉大胸筋、デスクに寄りかかるときに働く。腰の負担を軽減できる。
  17. デスクワークによる下顎突き出し姿勢と腰痛の関係デスクワーク中に下顎を突き出す姿勢で作業をしていると立ち上がったときも顔を突き出す。すると背中を彎曲させて骨盤が後傾した高齢者の姿勢を呈する。
  18. a乗り物とデスクワークのぎっくり腰の違い慣性の作用を考えることが必要
  19. 筋肉の働きから見たデスクワークが腰痛を起こす理由腰痛はインナーマッスルが原因で発生し、デスクワークでは腰部のインナーマッスルが酷使される等尺性収縮(静止性収縮)が強いられるから。

可能な限り小まめに立ち上がりましょう。同じ姿勢が続くと腰の血流が滞るからです。立ち上がって足踏みをしたり軽い運動をすると血流が良好になります。



イスについて

結論:お尻の神経の圧迫に気をつける。

  1. ヘルニアのイス腰椎椎間板ヘルニアの患者さんの多くがデスクワークをします。椅子の正しい使い方やヘルニアを起こさないための椅子選びなどについて
  2. イスや机の調整と腰痛デスクワークではイスやテーブルの高さを調整して上半身が前傾しないようにすることが必要
  3. 座面との接触圧は坐骨神経を損傷するイスに腰掛けたときにその荷重がモロに坐骨神経を圧迫させて損傷させてしまう。
  4. 腰が曲がらないイスは?腰が曲がる理由はイスに腰掛けてテーブルなど前方に寄り掛かってしまうことが一番の要因です。寄り掛かると腰が丸くなります。寄り掛からずとも腰が楽な状態を保てるように日々進歩しております。
  5. 腰痛防止のためのイスの高さ足裏がしっかりと床に着く高さ、浮いてしまうと姿勢が前傾になる。
  6. 頚椎ヘルニアにアーロンチェアというイスを用いてみようと考えております。いかがでしょうか?頚椎と腰椎には密接な関係がある。相互の痛みは関係し合っており、背骨の土台である腰部の保持に良いイスを用いれば首の改善にも繋がるただし、自然な前彎曲を保つために①小まめなリポジショニング、②ヘッドレストでの休憩、③イスの高さ調整による負荷の分散、を心がけたい。
  7. アーロンチェアとバランスチェアはどちらが腰痛に良いですか?アメかムチか?腰痛予防の観点によって良いかどうかの判断は異なる。
  8. 慢性患者にとってのイスと畳みの暮らしの是非ぎっくり腰の防止のためには一般論では洋式の生活が良いとされるが、和式には足腰を鍛える作用が期待できる。メリット・デメリットはその人のモチベーションなどによって大きくことなる。
  9. イスの高さと循環障害余りにもイスの高さが高すぎて足が床面から浮いてしまうときには、足の重みによっては太腿の裏に圧迫力が加わり続けるため足の循環が障害される。足の症状とともに立位を保持しているときの踏ん張る力が失われることで腰痛をも招く
  10. 座面との接触圧はお尻の血行を妨げる長時間の座位姿勢による椅子の座面と腰部の接触圧によって血行が妨げられてしまい腰部の筋肉の血流が途絶えると、筋肉が攣縮を起こし、コリや張りを訴えるようになる
  11. ぎっくり腰には椅子の高さは関係しますか?イスが高すぎたり、低すぎると腰の負担となる。
  12. 低いイスに座ると腰が痛くなる理由高いイスに座るとしっかりと背もたれに腰を密着しているが、低いイスに座ると背を丸めて浅く腰掛けてしまうことがある。

背もたれのついたイスを使ってください。骨盤を後ろに倒さないように命一杯背もたれに密着して腰掛けます。お尻の真ん中の尾てい骨が座面に触れるとお尻が痛くなります



床座位

結論:腰痛持ちはイスの生活にする。

  1. 床座位での生活での長期的な危険動作肘や腕を使う座位姿勢や起き上がり。
  2. 正座はぎっくり腰を防ぐ座り方正座は背筋が真っ直ぐ、あぐらや体育すわりは背筋を丸くする。正座の方が腰骨の負担が少ない。
  3. 腰痛と胡坐の関係日常生活での胡坐姿勢はナッケムソン理論でいうところ仰向けの6倍の椎間板ストレスが加わります。背中が丸くなって椎間板に歪みを来たしますので腰の痛みを生み出してしまう可能性があります。
  4. 腰痛を悪化させる胡坐胡坐について。胡坐は股関節の屈曲角度が深いため腰を痛め易い
  5. 陥りやすい膝を立てた床座位姿勢床に腰掛けたときに、膝を立ててしまい、脇や腕を膝の上に乗せる姿勢を取り続けると、姿勢保持に腰周りの筋肉が使われず、腹筋と背筋が衰えてしまい腰の耐久力が落ちて腰痛を起こしやすくなる
  6. 床座位を続けると腰痛になる低い姿勢を日常で余儀無くされると股関節が曲がった状態で長時間を過ごすため、股関節を伸ばした状態で立てなくなってしまう。
  7. 床座位を止めれば腰痛に良い地道で主体的な努力が難しい方でも低い姿勢・深く膝や股関節を曲げて腰を屈める床生活を改めるだけで多くの腰痛を防止できる。
  8. 床座位生活での腰痛防止における内転筋の重要性床座位生活では内転筋が柔らかくないと腰を屈めて安定して座ることができないため背もたれを必須とし、腰を弱くする。
  9. あぐらは背中が丸くなり、ぎっくり腰になる正座、もしくはイスに腰掛けることがきれいな姿勢を保てて良い
  10. お正月は胡坐姿勢によりぎっくり腰が増える家族が一同に会するため胡坐で過ごすことが圧倒的に多くなる。胡坐は腰が丸くなり安く、背骨にクセが付くから。

腰痛持ちの方は床に腰掛ける暮らしは避けるべきです。できれば洋式、イスを用いることが理想。とくに胡坐で腰掛けると背中が丸くなって腰痛が悪化します。



正しい座位

結論:骨盤を起こして座る。

  1. 正しい座位姿勢の考え方スタンダードな良い姿勢は存在するがこれなら絶対に良いという姿勢はない。
  2. 防止のための正しい座り方デスクワークの方にとっては大きな問題である座り方について
  3. ぎっくり腰対策:正しい座り方イスに腰掛けているときに骨盤が後方に倒れる据わり方をすると背骨のS字彎曲が損なわれるため、骨盤を起して腰掛ける。
  4. 座っているときのぎっくり腰を簡単に防ぐ座骨に体重を乗せると楽に良い姿勢を保てる

出来るだけ骨盤が後ろに倒れないように腰掛けます。骨盤を起こして背筋を正すこと。顔が肩より前に出ないように注意します。



座位全般

  1. 座りっぱなしで腰痛が悪化したのはなぜ?腰の筋肉の亜急性損傷による
  2. 腰掛けているだけなのに腰が痛い膝立ち姿勢を使うと腰の負担を軽減できる。
  3. 座っているときや前かがみで痛くなるのは?ぎっくり腰の痛みによる防御反応がある。
  4. 窮屈な姿勢は腰痛を招くゆったりした姿勢は腰痛にならない。床ではなく椅子に座ろう
  5. 座位姿勢で腰の負担が増加する理由座ると背中が丸くなって腰の負担となる。
  6. 座ることで予防にはならない座ると立つよりも腰の負担が大きい
  7. 立位と座位の使い分け腰の筋肉を休めるなら座る。椎間板を休めるなら立つ
  8. 体重減少により筋肉がなくなり骨が出て座っているのが辛い仙骨すわりに気をつける
  9. 座位と背骨の関係座ると背骨の負担が軽い。しかし、偏った姿勢になる。
  10. 座っているだけなのに腰が痛くなる原因お尻が椅子からズリ落ちていることがある。
  11. 座って荷物を持つと腰を痛める座って重たい荷物はもたない。立ち上がってから持つ
  12. 座っていてぎっくり腰になるのは腹筋の衰え腹筋が弱いと立つ負担に腰がもたない。
  13. ぎっくり腰のときの座り方は背もたれに寄りかかる背中の力が抜けるようにすると良い
  14. 座っている姿勢が最も腰が危険座ると骨盤の筋肉がゆるんで腰の負担が増す
  15. コタツで丸くなると腰痛になる背中が丸いと腸腰筋が短くなる
  16. 座位姿勢のぎっくり腰防止で、気をつけること丸くなった背中を急に伸ばさないこと。
  17. aaa座り姿勢による関節破綻若いうちから姿勢を意識すると高齢者になったときの腰痛を防げる
  18. テレビを見る姿勢が悪いとぎっくり腰になる顔が前方に突出すると重心が偏移し、腰の緊張を招いてぎっくり腰を起こします。
  19. a座っているときの腰痛防止で気をつける動き座ったまま腰椎を捻ると腰を痛める。回転イスを使う
  20. aaa一日11時間以上座ると早死にする3年以内に死ぬ確率が40%高まる。
  21. 座るとお尻の骨が痛いお尻の大殿筋の使いすぎがある

座ることは立つことよりも楽だと考えられています。ところが、立っているときの方が、骨盤の筋肉が働くため、腰椎に加わる負担は軽減されます。



座位関連

座位関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

座り仕事の腰痛対策

イス座位

デスクワーク

イスについて

床座位

正しい座位

座位全般

座ることは立つことよりも楽だと考えられています。ところが、立っているときの方が、骨盤の筋肉が働くため、腰椎に加わる負担は軽減されます。



姿勢

「姿勢」カテゴリーを6つのジャンルに「区分」します。

腰が曲がる

立位姿勢

反り腰

背骨の彎曲した姿勢

座り姿勢・イス

その他

最新情報

ぎっくり腰の寸前

股関節屈曲を他動で動かしたときに途中でつまるような感じがあった

中腰の腰痛の原因は?

ぎっくり腰の時間

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

かかとがムズムズするなら、靴下を履こう

かかとの内側がチクチクするのは?

腰痛学級で腰痛はなおるか?

若い人のぎっくり腰

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ぎっくり腰 寒い

うつむくと腰が痛い

ヘルニアに効く温泉は?

ストレスで筋肉がなくなるの?

運転中にぎっくり腰になったら?

姿勢

「姿勢」カテゴリーを6つのジャンルに「区分」します。

腰が曲がる

立位姿勢

反り腰

背骨の彎曲した姿勢

座り姿勢・イス

その他