腰が曲がった姿勢・中腰姿勢について

結論:上半身を前傾させた中腰は腰にとってもっとも危険。だが、背を丸くすることは腰の筋肉を休ませる。

腰曲がりと腰痛

結論:腰が曲がっても腰痛にならない人の方が多い。腰痛には生活習慣が影響する。

  1. 腰が曲がると坐骨神経痛になるか腰が曲がると生じるのか?そうだとしたらなぜなのか?どうしたら腰が曲がらないのか?
  2. 腰を曲げると腰痛が和らぐ腰を丸めて膝を曲げて腰を落とすと背骨が煙突のように真っ直ぐになります。すると腰の筋肉を使わずに立っていられるため腰痛が和らぎます。
  3. 慢性腰痛の原因である腰の曲がる姿勢の一要因高齢者だから腰が曲がる、骨が弱っているからだ!筋力が衰えたからだ!もっと単純な腰の曲がる原因をもっていることはとても多くある。
  4. a狭窄症と腰曲がり丸くなった背中では、腰椎の配列はストレートになります。軽く腰を落とした姿勢で腰椎がストレートになると筋肉を使わずに立位を保てます。ところが背中が丸いままでは膝が曲がっており、常に膝の力を動員しないと立位を保てません。だからすぐに足が棒になって疲れ果ててしまうわけです。曲がった腰を改善できれば随分と楽に動けるようになるはずです。
  5. a腰が曲がるから腰痛になるわけではない腰が折れ曲がっていると痛々しく思える。
  6. a腰が曲がった老人のぎっくり腰腰が衝撃を吸収できず脆くなる
  7. aaa腰を曲げたときの腰椎の負担通常の15倍もの負担が加わる。
  8. a腰は曲げたまま捻ると傷めやすい腰骨は前屈したときに椎間関節のロックが外れるため強く捻れて損傷しやすくなる。後屈するほど椎間関節が強固に連結を強めて腰を痛めない
  9. 高齢者の腰曲がりとの関係腰が曲がるのは胸椎の後彎曲の増加によるもの。頭部が前傾するため前方に偏った荷重バランスを保つために腰の筋肉が緊張を強いられてしまいこしまわりに負担を与えるので杖に寄りかかる

腰曲がりには誤解が多いです。例えば「曲がっている人は腰痛になりやすい。」、「曲がっているほど腰が弱い。」と思えますが、はっきりとした関係はありません。



腰が曲がる日常生活の弊害

結論:腰が曲がると足の動きが悪くなる

  1. 歳をとり腰が曲がることの弊害は?腰が曲がることそのものではなく、その頃にはすべてが不自由になっている。
  2. 腰が曲がって、あと何年生きられる?寿命と腰の曲がり具合は関係しない。
  3. 腰が曲がるとつまづきやすい腰が曲がった姿勢になると股関節が曲がったポジションになり、沢山曲げられないため足が持ち上がらなくてつまづきやすい。
  4. 腰を曲げると引き裂かれるような痛みがある。屈めると引き裂かれるようなものには腰椎椎間板ヘルニアがある。
  5. 腰が曲がると膝を痛めるのか?痛め易い。上半身が猫背や腰が曲がって前傾すると、腰を落として膝を曲げ膝関節周囲の筋肉のバランスを崩してしまう
  6. 腰が曲がるとつまづいてぎっくり腰になる腰が曲がると足が前に持ち亜がらなくなるためつまづき易い。つまづいて踏みとどまろうとしたときに腰を痛めたり、尻餅をついてギックリ腰を起こすこともある。
  7. 腰が曲がるデメリットとは?①醜くなる、②足が前に出ずつまづきやすい

腰が曲がっても足が上がりにくなってつまづきやすいぐらいで、これといった日常の弊害は少ないです。



ただ単に腰が曲がる

結論:腰を曲げたくないのなら「足」を鍛える。

  1. 腰曲がりに有効なのは杖杖を早期に使うと腰が曲がらない
  2. 曲がった腰を改善するためのワンポイント曲がった腰はたった一つの場所を意識しましょう。そうすれば!
  3. 腰が曲がる高齢者が腰が曲がってしまう原因、対策などについてまとめます。
  4. お年寄りのような腰の曲がった姿勢にならないためには?腰が曲がってしまうのは高齢者だからではなく、骨粗しょう症によって骨が脆くなり骨棘ができて痛みを回避するために腰を曲げる。早期の対処が必要
  5. 腰が曲がったおばあさんの手術腰が曲がったら手術をしたほうが良いのか?という質問について。高齢者では手術に耐える体力の問題があるのでオススメはできない。
  6. 腰が曲がった悩み多くの悩みは①痛み、②行動困難であるが稀に外観の変化についてお困りになられることもある。
  7. 寝たきりになると腰が曲がらない腰が曲がると将来寝たきりになると思い込むものだが、実際には曲がっても寝たきりにはならない。むしろ真っ直ぐでも腰が痛いと寝たきりになる。寝たきりでいることで腰は真っ直ぐの状態から曲げることができなくなる。
  8. 腰が極端に曲がってしまった年寄りが防止に気をつけること 同じ姿勢を取り続けることの防止、有酸素運動、適切なストレスケア、曲がった腰を無理に起こすのは危ないので絶対に止めよう。
  9. 腰が曲がる人と曲がらない人の違い筋肉が衰えて背筋が曲がると解釈している方が圧倒的に多いが、以外にも重心が関係する。
  10. 腰曲がり対策腰が曲がる原因は年をとって腰が弱くなるからではなく、踏ん張る力が落ちて安定を保てず低く構えるから。
  11. 高齢者の姿勢矯正・曲がった腰の改善加齢のせいで地蔵のように座ったまま動かなくなることが多くの曲がった腰の理由、座り方の工夫次第で・・・
  12. 歳を取っても腰は曲がらない腰が曲がるというが実際に曲がっているのは腰椎ではなく胸椎、すなわち背中が曲がっているという表現が正しい。むしろ腰椎はストレートに配列される。
  13. 腰が曲がらない方法意識→筋肉→関節→神経→骨、と腰が曲がるのにはステージがあるためステージに対応した処置をする。
  14. 腰が曲がる人と曲がらない人。意識の問題が大きく、綺麗な姿勢は毎日の意識によって、無意識下に定着し培われる。
  15. 歩いていると腰が曲がってくる目線が低くなってうつむいてしまい、バランス保持にお尻を後方に突き出すから。
  16. 腰が曲がってしまうのですが?筋肉を付けて姿勢を支える力を鍛えると良い。
  17. コタツは腰が曲がるのか?胡坐や正座などで腰掛ける姿勢をとるため膝やお尻の圧迫を回避するために上半身を前傾し、上面に体重を預けて寄りかかって腰を丸めます。
  18. aしゃがむ動作を使うほど腰が曲がらない老後のぎっくり腰を防止するためには出来る限り日頃から腰を屈めずに膝を使ってしゃがみ込む動作を意識すると腰の劣化が防げる
  19. a極端に曲がった腰骨は治る?筋肉の偏ったコリによるものが多い。これまで整体で多くの方が治りましたよ。コルセットも良い。
  20. 腰曲がり コルセットコルセットを装着することで無意識に良い姿勢を保つ効果が期待できる。良い姿勢が背骨をまっすぐに矯正する。
  21. 腰が曲がるのは遺伝が関係するのか?遺伝の影響は少ない。生活習慣による。
  22. 腰痛持ちは腰が曲がるか?腰が曲がるのは多くの場合骨粗しょう症という病気が原因している。腰痛もちは骨粗しょう症に陥り易いので注意が必要。
  23. 腰の曲がった姿勢と治療の必要性の有無腰が曲がった姿勢は誰もが嫌がるが、手術を受けるようなものではなく。あくまでも治療を必要とするものは日常生活が障害されており他に手段がないときに用いるもの。

腰が曲がる人の一番の悩みは、「見た目の問題」です。いつまでも元気で若くありたいと思うのですが、腰の曲がることで尊厳を失ってしまうのです。



前かがみ前傾姿勢

結論:腰を屈めたときがもっとも腰の負担が大きい場面

  1. なぜ前傾姿勢になってしまうのか筋力の衰えや、骨の老化ではない。多くはバランス能力によるもの。足を使うことで改善するものが多い。
  2. 前屈みになってしまう姿勢変形によるものや、大腿神経の障害、筋膜性腰痛症など考えられる
  3. なぜ前屈みになると楽なのか?腰痛疾患の一部では前屈すると痛みが和らぐが①前方に寄り掛かって体重を預けることが出来るから。
  4. 前傾姿勢に気をつけぎっくり腰の発生を未然に防ぐ前傾姿勢で酷使した脊柱起立筋の疲労を放置せずに、リクライニングシートなどに寄りかかることで腰を休めて腰周りの筋肉を柔らかく保つことが必要。
  5. 高齢者の前傾姿勢はなぜ起こる多くの場合は日常生活で長年培った、掴む・手で支える・寄りかかるなどの依存による背筋やお尻、太ももの衰えだったのです。
  6. 腰を屈めたときの防止で心がけていただきたいことメカニカルストレスが腰部に集中して軽微な損傷をし、その部位が感覚神経が鋭敏なために激痛をもたらす。ストレスを分散できるように背中や下半身を柔らかく保つ
  7. 腰を屈めて痛くなるもの腰を前に屈めたときに痛くなるものの種類について
  8. 腰を屈めても反らしても痛いじっとしていること以外に何もできないもの
  9. 腰を屈めた瞬間に痛める腰痛について多くのものは腰に痛みがあるが治療法としては腰にアプローチしてもさほどの意味はない。足の治療が必要になる。
  10. 年のせいなのか、すごく背中が曲がってしまったのですが・・・骨粗しょう症による圧迫骨折のことがある。
  11. aaa前かがみ姿勢の改善の運動、高齢者ペダル漕ぎ運動がオススメできます。足の筋肉が増すと安定が高まって骨盤がまっすぐになります。
  12. aaa前傾姿勢による転倒前傾姿勢は転倒しやすい。なぜなら股関節が前に曲がらなくなるから。足の動作が窮屈になる。
  13. aぎっくり腰防止の姿勢では、前かがみに注意する腰を屈めると、身のこなしが困難になる。
  14. a前傾姿勢の原因腰が曲がる前傾姿勢は骨盤の前傾があり、股関節に拘縮を持っていることが多い。大まかに言えば意識の問題と、背骨の老化によるものがある。
  15. ぎっくり腰の原因となる腰をかがめてしまう姿勢をとる原因分かっていても面倒くさい・体が固い・脚の力が弱いなど

上半身が前傾しておじぎした状態になると、もっとも腰が負担に脆い状態になります。でも腰が曲がっているのとは異なるのです。



背中を丸める

結論:直立し、背を丸めながら腰を落とすと腰の筋肉が休まる

  1. ぎっくり腰は背を丸めるぎっくり腰では背を丸くするが、痛みへの防御反射として起こっている。ところがこの防御反射にはまったくメリットがない。
  2. 背中が丸くなるとすぐに腰痛を起こす背中が丸くなる姿勢変形を起こしている人は真っ直ぐになろうとするだけで腰痛を起こすことがある。
  3. 腰を丸めて捻るとぎっくり腰になりやすい腰部の椎間関節は腰を丸くすると連結が弱まるため衝撃に脆くなる。腰を捻るときには腰に反りを作ってからにする。
  4. aaaぎっくり腰で立てない理由は丸くなれないから腰の関節が痛いと痛みを無意識にかばって腰がコチコチの棒になる。背中を丸めることが出来ないため体重移動が障害されて立てない。
  5. aa全体が丸くなると腰痛になる体全体が丸くなって高齢者のような姿勢になると腰痛に陥り易いです。
  6. a丸くなって寝転ぶと腰を痛める小まめに腰を伸ばすと良い
  7. なぜぎっくり腰患者は日常で背を丸めるのか?胎児のころからのクセ
  8. 患者に見られる背を丸める姿勢背を丸める姿勢によって生じることが多く、背を丸めると背骨のサスペンション機能が失われてしまい物理的なダメージに弱くなるため、日常ではできるだけ背を伸ばして過ごすようにすることが良い。
  9. 丸くなった腰の負担を和らげる腰が丸くなると背中の筋肉を酷使するため姿勢を矯正することが腰の負担を軽減するために良い
  10. a背中を丸く出来ないと腰痛で歩けない腰が痛いときには背を丸くすると痛みが緩和される。しかし背を丸めていると背中が緊張してやがて棒のように背中が真っ直ぐになり丸く出来なくなる。
  11. aaa背中を丸めた腰の動きに注意腰を曲げた状態は腰の連結が緩いため不意に腰を動かすと腰を傷めやすい
  12. aa腰を丸めると筋肉が伸びて腰痛になる腰の筋肉が伸ばされた状態は力が弱まるため衝撃に脆く、腰を痛め安くなる。
  13. a丸い姿勢が取れないと坐骨神経痛になる背中を丸めることが難しい人は股関節を支点に腰を屈めるため腰を痛めてしまう。
  14. aぎっくり腰では腰を丸めるぎっくり腰に陥ったときには側臥位で腰を丸くして寝ることが良いとされる。
  15. ぎっくり腰の発生理由、腰を丸める姿勢によるもの腰を丸めると背中の筋肉の緊張を強いる。オットセイのように腰を反らして丸くなったクセを正すと良い。
  16. 無意識で起こる身体反応の影響人は恐怖や不安にさらされると無意識に体を丸める。そして、腰の負担が増えて腰を患いやすくなる。

腰を患うと多くの方が背を丸くします。背を丸くしたときには腰椎が煙突のように垂直となり、筋肉を使わず骨だけで姿勢を保てるからです。



中腰姿勢

結論:低いところの作業は膝を曲げろ。中腰にはならない。

  1. 中腰の腰痛の原因は?上半身を前に倒すと、体重が前に傾く。腰の筋肉の不必要な働きを招く。筋肉は働くほど固まってもろくなる。
  2. 中腰が多い仕事のぎっくり腰対策はどうする?中腰は腰の負担が大きいため、しゃがもう。
  3. 中腰になったときのぎっくり腰について中腰になると背中の筋肉が緊張を強めて腰を患う。胴体はつねに垂直に立てておくこと。
  4. 中腰で腰を痛めない方法は?中腰姿勢の代表であるご高齢者の日常を参考にすると良い①ゆっくり動く、②手を使って支える、③手を後ろで組む、④頻繁に休む、このほかに杖やサポートウェアを用いると腰の負担を軽減することに繋がる
  5. 腰を痛めやすい中腰姿勢中腰になると椎間板圧力が高まって腰を悪くするため踏み台に片足を乗せることが良い。
  6. 中腰になって腰を痛めたぎっくり腰患者の多くでは中腰姿勢のときに腰を痛めるケースが多いです。
  7. 中腰で使われる筋肉は?中腰では全身の筋肉が使われます。しかし、腰を痛める要因は力学的な理由が一番に挙げられます。
  8. 中腰で腰痛い、重い荷物を持つ作業中腰になるから痛い。胴体をまっすぐに保って膝を曲げのばしする力だけで持ち上げる。
  9. 中腰で過ごしたときの腰の疲労を癒す方法長時間腰を屈めて過ごしていると体の背面の筋肉が緊張し腰部の血流が停滞して腰の神経が障害され痛みを生じる。腰を反らすことで過度に緊張した筋肉を緩めると血流が再開して腰部の緊張が次第に抜けて行く
  10. ぎっくり腰対策で中腰を避ける理由腰椎の一箇所に胴体の重みが集中するから。
  11. 中腰は米俵を意識するとぎっくり腰を防げる自分の上半身の重みは米俵ぐらいある。中腰の負担は計り知れない。
  12. a中腰になって腰の痛みがなければ完治腰の負担は中腰が最も大きくなる
  13. a中腰になると腰が痛い腰の負担は中腰のときがもっとも大きくなる。腰が衰えていたり弱っていると中腰の姿勢を支えきれず痛みを起こすことがある。
  14. aお皿洗いの中腰はぎっくり腰を招く。腹筋と背筋がずっと緊張している。このときに腰に無理な力が働くと痛める。
  15. ぎっくり腰の防止のための中腰姿勢について中腰の姿勢は腰に負担が大きいため出来るだけ両膝を曲げて腰を鉛直に保ったまま腰を落として物を持上げることが良いと言うが、軽いものを持上げるたびに膝を曲げる動作を繰り返していると動作が大きすぎてエネルギーのロスが大きすぎる。楽に動作をするためには踏み込んだ足と反対側の後ろ足を挙上して飛行機バランスのように片足立ちになって前後のバランスを保ちながら持上げると軽い物を持上げるときには楽。
  16. 腰を屈めるときの注意点体に加わるストレスに着目しよう。ちょっとタイミングを見計らうだけでも腰を痛めずに済みます。

腰痛のときに腰の痛みを悪化させるのが中腰。日常では「いかにして中腰にならないか」を工夫するのが腰痛対策です。



腰曲がりと腰痛

腰が曲がっている姿は、腰痛の最大の要因と思える。
多くの人はそのように考えるはずです。
しかし、体を上手く休ませる。
また、上手に体と付き合っている。
そういった人は腰が辛くならないものです。
これまでに公開した内容を振り返ってみましたが、
腰が曲がっているから腰痛になるという内容は少ないですね。

腰が曲がる日常生活の弊害

腰が曲がるとどういったことが困るのか?
背が低くなる。
膝や足が疲れやすい。
つまづきやすい。
このような障害はたしかにあります。
しかし、主に見た目が老けるだけ
日常への支障はさほどない。
腰の曲がる曲がらないに関係なく考えてみます。
すると、そもそもご高齢で、体力が落ちている。
そのため体は、腰が曲がっていなくても不自由。
腰が曲がるから困るわけではないんですね。
むしろ腰の曲がった人は低く身構えている。
低く身構えるほど安定が高まる。
なぜなら重心が低いから。
高齢者で腰が曲がった人の見方を変えてみる。
こんな見方も出来る。
体の持っている機能を余すことなく全て出し切る。
その姿はレスリング選手のよう。
レスリング選手

著作者:
Vector Fantasy

だから、腰が曲がっている姿に見えるのです。

腰曲がり関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

腰曲がりと腰痛

腰が曲がる日常生活の弊害

ただ単に腰が曲がる

前屈み・前傾姿勢

背中を丸める

中腰




姿勢

「姿勢」カテゴリーを6つのジャンルに「区分」します。

腰が曲がる

立位姿勢

反り腰

背骨の彎曲した姿勢

座り姿勢・イス

その他

最新情報

ぎっくり腰の寸前

股関節屈曲を他動で動かしたときに途中でつまるような感じがあった

中腰の腰痛の原因は?

ぎっくり腰の時間

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

かかとがムズムズするなら、靴下を履こう

かかとの内側がチクチクするのは?

腰痛学級で腰痛はなおるか?

若い人のぎっくり腰

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ぎっくり腰 寒い

うつむくと腰が痛い

ヘルニアに効く温泉は?

ストレスで筋肉がなくなるの?

運転中にぎっくり腰になったら?

姿勢

「姿勢」カテゴリーを6つのジャンルに「区分」します。

腰が曲がる

立位姿勢

反り腰

背骨の彎曲した姿勢

座り姿勢・イス

その他