腰痛職業問題

結論:仕事の腰痛は患ったものが「泣き」を見る。リスクは自分で回避しなければならない。

腰痛と仕事

結論:怪我は負った人が損をする

  1. 椎間板ヘルニアは会社に言うべき?言っても何も現実は変わらないが、誤解を防止することにはつながる。
  2. 警察官の腰痛の原因は?警察官にも部署があるため、一概に原因をあげることは難しい。
  3. 仕事で腰痛が悪化した、上司の責任は?上司に責任を問うのは難しいように思える。
  4. 一生懸命働く方の仕事を休めない悩み少しでも稼ぎを減らしたくない、体に鞭を打って働いて過労が背景で陥ることが多い
  5. 産休・育児休暇中の職員のいるぎっくり腰人員不足で殺人的な職務に追われておられる中でもマタハラにならぬように一人ひとりが頑張ってお仕事を続けて行く、職場の人数はやがて増えて行き仕事が楽になる
  6. 慢性腰痛の社員に対する安全配慮義務は?会社には労働者が腰痛に陥らないように仕事上の配慮をする義務がある。しかし現実的にはそこまで目が届かないことが多いため働く労働者が団結して会社に意見を上げることが必要となる。腰痛に陥ってから文句を言うのではなく、なる前の対処が必要
  7. 残業代のあり方についてダラダラ働いて不正に残業代を稼ごうとする悪意ある働き方を見直そうという動きがある。
  8. 家庭に仕事は持ち込まない仕事とは辛くて苦しいもの。ついつい不満や愚痴を聞いてもらいたくて奥さんに話したりするが、それを聞いているひとが心を病んでしまったり、ストレスを蓄積してぎっくり腰を引き起こすことがある。人は想像の巡らないものに過度な不安を覚えるもの
  9. 給料・職業と腰痛腰痛にはお金の悩みも多く関係している。好きなことをして働きたいが同時にお金の問題も考えないといけないだろう。
  10. 職場の引越しでなった治療と供に緊急時の代理要員を手配する必要があります
  11. 労働基準法の腰痛者の運搬制限労働者の安全を守る義務があり、重量物の取り扱いに関しては細かい決まりがある。
  12. 腰痛持ちの社員に対する安全配慮義務安全配慮の義務はあるが腰痛者を個別に保護する決まりはありません。
  13. 仕事と健康無理を重ねる毎日で過労におちいってわずらう。家族を養って行くために健康を犠牲にする。分かっていながら避けられぬがときには足元を固めることを重視することも必要である。
  14. 運送業で腰を痛めたら本人が悪いのか?勤務中に腰を痛めたときには業務中の負傷か不摂生か判断できぬため、労災として認めてもらえない
  15. 仕事の満足度と慢性腰痛の関係自分の意思で変えられない仕事は何とかしたくてもできない。別のことで心を満たす方が良い
  16. ぎっくり腰で出勤出来れば自宅で安静にして過ごすが、どうしても仕事に出勤するなら移動はタクシーにしたり、出来るだけ腰掛けて過ごせるデスクワークなどをメインにすると良い
  17. 単純労働は腰痛を起こす仕事は業務内容を細分化して、同じ業務を分業することで仕事の単純化を図ると効率性が高まる。それ故にどうしても会社の仕事はつまらなくて精神的な苦痛を感じてしまう。
  18. 慢性的なものや腰痛に陥りやすい人の職業事情について最も多い職業は無職者である。仕事などで腰を患ってしまい働けなくなった方が無職に陥っているケースもあれば無職者の肩身狭い思いから自宅に引きこもってしまい運動不足から循環不良を招いてぎっくり腰に陥りやすくなることがあげられる。
  19. 深夜に働くとぎっくり腰が多い気温が昼間よりも寒いから
  20. 年末特需によるぎっくり腰について年始の休みに備えて沢山の買い溜めをすること。仕事が忙しくてぎっくり腰になる
  21. 仕事収めにはぎっくり腰が増える年始の分の仕事を年末に前倒しでこなすため仕事の負担によりぎっくり腰の発生が増加する
  22. aぎっくり腰の会社出社会社と良く相談して決めることが良い
  23. a仕事中にぎっくり腰に陥ったときの判断腰の痛みを我慢して働き続けると確実に悪化する。途中でも中断しよう。

腰痛に陥ったときに、「恐怖」を抱き、現実逃避を考える方もいれば、逆に「抵抗」、攻撃を示す人もいます。つまり会社を相手取って裁判を起こそうとお考えになられるのです。



腰痛患者と社会のギャップ

結論:腰痛に理解ある職場を選べ

  1. 腰が痛くて働けず死にたい絶対に親よりも先に死なないでください。
  2. 腰痛を言い訳にする職員、上司に言った方が良いの?腰痛は中々理解されるものではない。でも、無意識にだれもがそういった言い訳を使っているもの。優性思想の考えに着目しよう。
  3. 腰痛持ちの息子がニートで困る強制よりも共感の態度で接すると上手く行く
  4. 一人だけ重いものを持つ職場、自分以外は全員腰痛持ち何とも悲惨なお話です。どんな境遇でも自分に出来る最善の努力で頑張ってください。
  5. 腰痛の社会整備腰痛持ちの多くが社会生活を断念せざるを得ない状況の背景には社会整備が全く進んでいないことがあげられる。
  6. ぎっくり腰や腰痛持ちの人を扱う職場の対応しっかりと治療に専念せねばかなりの重荷扱いを受けてしまうのが社会的な腰痛患者の扱い。働く環境はしっかりと選びましょう。
  7. 「歩けるんでしょ!」患者編冷たい一言にグサリと心傷ついてしまった方用
  8. 腰痛で職場の人に気を使わせている。そんなときこそ、整体を受けて1日も早く職場復帰しましょう。
  9. 会社に理解されないお互いに大きな機会損失が迫っている状況、どちらも譲り合えないそんなときはどうするべきか
  10. 腰痛ぐらいで休むなと怒られました会社に怒られてしまったときは、相手の言葉を真摯に受け止める。
  11. 椎間板ヘルニアですが、仕事が休めません。どうしても仕事を休むことができないという方には整体をおすすめします。整体は筋膜性と破断性のうち筋膜性のものに有効です。どうしても何も受けずに出社されるならば松葉杖やコルセットを用意することが望ましいですね。
  12. 腰痛ぐらいで仕事を断るのはどうなの?風邪よりも職場の理解が得られないことが多い。
  13. 腰痛患者は理解されない健康な人から見ると腰痛患者は甘えているように見えてしまったり、なぜ病院に行かないのか?と疑問を持たれてしまっていたり、努力しない怠惰な人だと思われている傾向がある。
  14. 仕事中に重たい物を持ってぎっくり腰になった。労災になるか?ぎっくり腰のきっかけには日頃の不摂生も関係しているため労災の対象とはされないことが一般的

社会は腰痛に理解がありません。腰痛を持ちながら働くためには「理解ある職場」を探す努力も必要です。



腰痛による退職・解雇

結論:やめることを考えておく

  1. 仕事をクビになった。腰が悪くて働けないまずは心を休めるべきですよ。
  2. ぎっくり腰で1週間休むとクビになる?腰痛だけで退職になることはないと思う。それ以前の働きぶりが影響していると思うよ。
  3. ぎっくり腰でクビにするのは不当解雇では?職場に労働組合があれば組合に掛け合った方が良い。労働組合がなければ個人的に交渉する他ない。腰痛は理解が得られないことがある。
  4. 立ち仕事で重い荷物を持つ、もし慢性腰痛になったらその仕事は続けるべきか?良くお考えになられてご自分の納得される選択をお選びいただくことが大切でしょう。
  5. 勤務中になったが退職できるか?勤務中になってしまったときには人件費予算や適正人数などの考え方が大切
  6. ぎっくり腰で仕事を辞める冷静に対処することで後悔しないようにしましょう。仕事は私達が生きて行くためで必要不可欠なものだから。
  7. 慢性腰痛で会社はクビになる?業務に支障を来すようならば普通の会社であればやはりクビになります
  8. 会社をクビになった会社側にもやむを得ぬ事情があります。筋の通らぬ解雇ならば新しい職場もきっと理解してくれますので安心してください。
  9. 勤務中になったら仕事は辞めた方が良い?長くても1ヶ月ほどで治まるものです。退職をせずとも休職で十分ではないでしょうか?
  10. ぎっくり腰は退職の理由になるか?個人的には仕方のないことだと思います。しかし、理解は得られない。「他人は理解しないものだから。」
  11. ヘルニアで退職した会社側が認めれば退職後に失業保険を給付することが可能です。
  12. ぎっくり腰退職退職するほどのことはないが、何度も繰返しているなら検討も必要でしょう。
  13. 腰痛と退職頻繁に腰痛を患うなら続けて行くべきかを熟孝してみることも良い

腰痛の理解のない職場ですと、急な腰痛で休むことでクビにされることもあります。クビにされれば離婚に至ることも。職業選択を誤ると大変なことになります。



腰痛による休み・欠勤・休暇・復帰

結論:せめて3日は休もう

  1. ヘルニアで休職、どのくらいの痛みで復帰すればよいのか?痛みに比例した対応をする。少々痛いぐらいなら働く。
  2. ぎっくり腰で1週間休むのは妥当なのか?可能な限り短い休みの方が心証が良い。
  3. 坐骨神経痛の休職は?長期にわたって寝たきりが強いられて、退職に至るケースが多い。自営業をされることが多い
  4. 腰痛で仕事を休みたい。ドクターストップは?お医者さんに正直に言えば、診断書を書いてもらえると思いますよ。
  5. ぎっくり腰になって仕事をしてもいいんですか?どういった仕事をどの程度するのか?そういった細かなやり取りがまず必要ですよ。
  6. 坐骨神経痛激痛から職場復帰はどれぐらい?神経が傷付くと、なかなかしつこいですよ。
  7. ぎっくり腰で休めないのは異常じゃないですか?仕方ないとしかいえないこともある。
  8. 腰痛で長期休業しやすい職場の共通点心理的要因と、重労働にはとくに気をつけたい。
  9. ぎっくり腰、二人体制で休めないあらかじめ分かっていること。ぎっくり腰は災害や万一の事態とは異なる。分かっていながらなぜ人を増やそうとしなかったのか?
  10. 普通は、腰痛で仕事を休むものなの?腰痛で仕事を休まれる方は意外に多いです。例えばぎっくり腰で休むこともある。十分な人が居れば問題ない。また、長期的な会社の運営を考慮すると休むことが妥当なこともある。
  11. 立ち仕事なら完治まで何日掛かる?痛みを伴わず働ける程度ならば3週間、整体を受けると翌日から働けることもある。
  12. 腰の痛み パートを休むときの理由は?伝え方丁重にお詫びのお気持ちをお伝えしましょう
  13. 職場へ復帰するときには最も大切なことは職場の人に対しての言葉掛け。
  14. ぎっくり腰で休んでまた腰痛で休むのはあり?職場での心証が非常に悪い
  15. 腰痛で2週間会社を休むのはどうか?2週間という根拠は何に基づくものなのか?
  16. 仕事を休む日数の目安治療の考え方によって治癒期間の目安は異なる。
  17. 仕事をお休みする基準実際に仕事の動作を擬似的に行ってみて不安が大きいならば休むことが良い。しかし、多くのケースで整体により仕事に復帰している。
  18. 椎間板ヘルニアで立ち仕事に出ていいか?働けばきっと症状が悪化します。
  19. 人が居ない職場は休ませてもらえるのか?急なぎっくり腰を寝て自然治癒を待ったのでは会社に与える迷惑が大きくなるだけなので整体を受けて早期に治癒を目指そう。
  20. Qギックリ腰、3日で仕事行って良い?ギックリ腰を長く患う人の典型ですよね。過去の参考ページもあわせてご紹介します。
  21. ぎっくり腰からの復帰理想は2週間休みたい。だけど、理解されない。出来るだけ短期間で復帰しよう。痛みが無くて不安もない。そして、模擬的な動作を難なくこなせることが条件
  22. 腰痛と欠勤腰痛をお持ちになる方では仕事を欠勤する人もおられます。
  23. どうしても仕事が休みたくてわざとなったBさんの症例

お休みするときには、腰痛の理解が少ないことを前提に考える必要があります。ムダに長く休むとクビにされるので多少痛くでも最短の日数で復帰するのが一般です。



腰痛による進退・転職

結論:最終的には転職するしかない

  1. 腰が痛くて今の仕事が続けられない。会社になんと言って辞める自分の言葉で伝えるべきですよ。
  2. 腰が痛くて運送業を辞めたい元々無理だったのでしょうね。
  3. 腰が悪くて美容師を続けられないやはり立ち仕事ですから退職は仕方ありませんよ。
  4. 一人だけ力仕事をする職場です。腰痛になりました。遠まわしの退職強要のこともあります。
  5. 若くして腰痛持ちになった人の行く末残念ながら若くして腰痛持ちだと諦めてしまった方で症状がある程度重たい方では生涯結婚せずに独身で過ごされる方が多いです。
  6. どうしても治らない場合はどうするべきか手術でも直らぬ場合などは、転職や退職、職場の配置転換、ご家族の同意などを得ることが大事
  7. 腰痛で働けなくなったら絶対に感情的になって短気を起こしたり肩身狭くなって退職を急いだりしないこと。
  8. 仕事を辞めたくても辞められず悪化した場合はどうすれば良いか?無理矢理の範囲が法律に触れるかどうかがネック
  9. 腰痛に悩み働けない選べる選択肢は①治療する、②腰痛があっても働ける仕事を選ぶ、③腰痛が有っても働けるように職業訓練を受ける、④自らが働かずに済む方法を模索する。⑤生活保護を受ける、と限られている。

腰が痛い。でも、今現在何とか働けてはいる。しかし、「長期的な視点」で考えることも必要。無理は長続きしません。腰を本格的に患い働けなくなる人もいるのですから。



腰痛持ちの力仕事への就職相談

結論:止めた方が良い

  1. 建築現場は腰痛はいっぱいいるか?中高年の作業者ではほとんどが腰痛持ち
  2. 建設現場で40キロの板を運んで腰に痛みが出た建設現場で働く男性がぎっくり腰になった症例、毎日40キロもの板を運んでおり、慢性的に腰に痛みを持っている。頑固に凝り固まった腰にはロッキング(フランス語で「揺らす」)ことが有効です。
  3. 長年の腰痛、土木業は腰を痛めないか?土木作業は重たいものを沢山扱いますのでぎっくり腰になる可能性は高いです。土や水、高齢者など低い場所にいる対象物を扱う仕事は総じて腰を痛め易いです。
  4. 引越し屋はぎっくり腰になるか?引越業は腰に不安がある人にはリスクがあるため辞めた方が良い。
  5. 立ち仕事はダメ?ぎっくり腰では無理して立ち仕事をすることで慢性的な腰椎椎間板ヘルニアを呈することがある
  6. 立ち仕事は腰に悪いですかその人の筋力レベルによるのでセルフチェックが必要
  7. 立ち仕事が原因の腰痛で退職後休養 その後また立ち仕事をする休養しただけでは痛みは収まるが筋力も衰えるためぎっくり腰を再発しやすい。
  8. 重たい荷物を持つ仕事は嫌だ!だれだって好き好んで肉体労働をして腰を痛めているわけではありません。奥様やお子様などご家族を養うために働いているのです。

現時点で腰痛をお持ちになられる方が、今後何十年も力仕事を続けることは難しい判断だといえます。職業訓練を受けて違う仕事を目指すことも検討してみましょう。



腰痛患者の職業選択

結論:最終的には座り仕事につくのが良い

  1. 腰痛持ちの求人は?電話で問い合わせてみると良いでしょうね。
  2. 腰痛持ちの面接は?不安なら面接で本当のことを言った方がいいですよ。
  3. 腰痛持ちの履歴書は?本音と建前を上手く使い分ける。
  4. 腰痛で働けないのでどうしたらよいか?理想は捨てて、現実的にできることに取り組むこと
  5. 腰痛持ちでも大丈夫な転職やはり転職は、収入ダウンします。少ない収入でも働き続けるには「やりがい」が必要ですよね。
  6. 腰にいいバイトは?バイトを選ぶ上でのコツをご紹介します。
  7. 腰が痛くて働けない、腰痛持ちに都合の良い職場は?残念ながら、特定の職種を探しても無駄になります。都合の良いものはまずありません。経営者の理解がある職場を探すことが大切でしょう。腰痛持ちの多くは家庭を安定して養う収入ではありません。生きるための最低限の収入に甘んじていることが現状です。
  8. 腰痛患者の職業選択について腰痛患者はどのような仕事につくべきなのか?
  9. 腰痛持ちの仕事選び若くして腰痛持ちになったときにどういった仕事を選ぶべきなのか?
  10. 腰に負担の少ないアルバイトは?立ったままで済む施設警備や腰掛けて腕で上半身の免荷を図れる事務員が良い
  11. 腰痛持ちでも働ける仕事近代でもWEBなどを用いた仕事が豊富にある。また、工場での勤務のように生産性を求める作業では腰を低く構える必要が無いように工夫されているので腰痛患者にも優しい。ドライバーなど現代では沢山の働ける仕事はある。世の中が便利になったからこそ腰痛患者が増えたとも言える。
  12. 多い職業となりやすい職業の違い患者数が最も多い職業と患い安い職業は異なる。主婦やデスクワークが最も従事者数が多いので数の多さに惑わされないようにする。
  13. 多い職業とその理由統計のマジックに気をつけましょう。日本はデスクワーカーと専業主婦が全体の多くを占める
  14. 腰に悪い仕事土をいじる農業や低い姿勢を取る保育が腰を悪くする
  15. 腰に負担の掛からない仕事は?対象物の高さが低いくて重いほど腰を痛め易い、トライアル雇用などを活用すると良い。
  16. 腰痛持ちは立ち仕事と座り仕事どちらが良いか?座り仕事が良く、椅子の前後左右のいずれかに寄り掛かれると良い
  17. 集団成極化これから選ぶ会社が自分に合っているのかどうか?組織の大きなところほど良いと考えがちだが、その内容が自分に合っているのかは集団を構成する人々が大きく関係する。
  18. PM理論と腰痛仕事でストレスを蓄積して腰痛に陥る人はすでに仕事選びの時点で選択肢を誤っていることが多い。自分の能力を知ることで組織が良いのかが分かる。
  19. 腰の負担少ない肉体労働座ったまま過ごせるドライバーが良い
  20. ぎっくり腰を起し安い職業長時間にイスに腰掛けて働くことが原因、デスクワーカー、ドライバーなどに多い
  21. 腰に負担の掛からない仕事は?扱う対象の位置が低くなるほど腰の負担が大きい
  22. 腰痛でも出来る仕事腰痛だから出来ないというよりも出来るけどもっと早い段階から違う仕事を目指した方が将来性がある
  23. 重度の慢性腰痛の仕事選び仕事選びではデスクワークで出来るだけ在宅で取り組める仕事がマイペースに仕事が出来て良い。
  24. 腰に負担の掛からない職業負担が完全に掛からない仕事というのは無いが、ある程度一定のペースで働ける仕事が良いのではないでしょうか?
  25. 腰痛でも出来る職業一般的には腰掛けて取り組むデスクワークをするが、それすら自分のペースでないと出来ないときにはフリーランスとして自宅に居ながら企業から仕事を取って作業をする仕事をされることが一般的
  26. 腰痛持ちの仕事職安で実施しているトライアル雇用を利用してみることも一つの方法
  27. 腰痛とバイトバイトとは本来はお手伝いであり、体一つで出来る仕事がメインになってしまう。パソコンを使った資格を取得したり専門スキルを身につけることが求められる
  28. 腰の負担の少ないアルバイト腰痛持ちの人達の多くは実際には肉体労働がムリなのではなくて人間関係や職場の勤務シフトや周囲の状況に合わせて働くことが苦手なだけで自分のペースなら意外に結構な肉体労働でも働けるもの。
  29. 動くとぎっくり腰になる不自由でも働ける仕事は?内職やパソコンを使った在宅ワークをすることが良い。

世間一般的には「軽作業」と呼ばれるものを行います。例えば商品の仕分け、交通量調査など、肉体の負担の少ない楽なアルバイトをします。



ヘルニア患者の職業選択

結論:まずは自分のペースで仕事量の調節ができる簡単な仕事から

  1. 椎間板ヘルニアに向かない仕事は?やはり自分の性格に合わない仕事でしょう。
  2. ヘルニアだけど立ち仕事しか選べない。どうしたら良い?やはり物事の考え方が大切でしょう。身勝手な意見かもしれませんが食べて行くことを優先するべきではないでしょうか?
  3. ヘルニアになったとき仕事は?職場によって異なるが、多くの場合転職し、腰に支障なく働ける職場を選んで働いている。
  4. 椎間板ヘルニアで勤めることが出来ないなら在宅ワークなど残された道はある・・・
  5. ヘルニアでも働ける仕事能率よりもクオリティーを求めることが必要であり、困っている人を直接助けるのではなく正しい方向へと導いてゆくことがメインとなる
  6. ヘルニアで在宅ワークは?ハローワークを利用してください。日常習慣要因を見直す必要がある。
  7. ヘルニアで営業職は?営業職でヘルニアの場合は外出や移動が多いため、無理をせず転職を考える
  8. 椎間板ヘルニアで大型特殊の仕事は?椎間板ヘルニアの患者が、大型特殊の仕事をすることは良いが、現場作業では腰痛持ちはなかなか理解されなかったり、屋外作業ならではの暑さや寒さなどの影響を考慮する必要がある。
  9. ヘルニアの仕事ヘルニアをお持ちになられる方では肉体労働は避けて、出来るだけデスクワークをしたり、在宅ワークをしたりと座って取り組める仕事をされます。
  10. ヘルニアの立ち仕事は?訓練に時間が掛かっても座ってできる仕事を選ぶべき
  11. ヘルニアと会社腰椎椎間板ヘルニアで仕事を休むことは誰にだって起こりうることであり、背骨の椎間板は歳相応の変形を持っている。

腰痛の中でも深刻なヘルニアでは、マイペースに働ける「ポスティング」が良いでしょう。食べて行くよりも自分のペースで体を動かしてリハビリついでに働きます。



腰痛と雇用主、経営者、上司

結論:人員不足なら休ませる。ペースを調整してもらうしかない

  1. 退職した職員が腰が痛いと労災の申し出腰の痛みは仕事とプライベートどちらの怪我なのか責任が曖昧です。したがって労災トラブルが生じ安いといえます。
  2. 椎間板ヘルニアはその会社の責任といいながら仕事をやめない労働者どうすれば。法的には従業員との間で交わした約束は途中で一方的に解約することはできません。
  3. 腰痛を理由に仕事ができないと言う、受け入れるべきか?受け入れるか辞めてもらう以外の方法はない
  4. 「歩けるんでしょ!」会社編腰痛持ちの方がおられる職場の方々用のページ
  5. 職場の腰痛持ちとの接し方闇雲に腰痛患者を嫌ったり、過剰に世話を焼いたりすると不平等な関係となり余計に腰痛持ちの方との溝が生じます。平等な関係を保ちつつ、腰痛治療にとっても会社にとっても生産的な方法を見出しましょう。
  6. 腰痛と人員配置適材適所で人を配置すれば腰痛のある人も十分に働くことが出来る
  7. ぎっくり腰は会社経営者にも多い従業員を雇用していると人件費が高いので休みたくても休めない。
  8. 新規に事業を起こした人はぎっくり腰になりやすい休む間なくはたらくため無理を強いてぎっくり腰になる。

職場の上司が、腰痛持ちの方にお悩みになられることがあります。突然欠勤されてシフトに穴が開いたり、従業員さんの欠員にお困りになられます。



腰痛職業問題関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

腰痛と仕事

腰痛患者と社会のギャップ

腰痛による退職・解雇

腰痛による休み・欠勤・休暇・復帰

腰痛による進退・転職

腰痛持ちの力仕事への就職相談

腰痛患者の職業選択

ヘルニア患者の職業選択

腰痛持ちを雇用する会社経営者・事業主・上司



仕事関連

「仕事関連」をさらに3つのジャンルに分けます。

介護

仕事での腰痛対策

腰痛による職業問題

最新情報

ぎっくり腰の寸前

股関節屈曲を他動で動かしたときに途中でつまるような感じがあった

中腰の腰痛の原因は?

ぎっくり腰の時間

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

かかとがムズムズするなら、靴下を履こう

かかとの内側がチクチクするのは?

腰痛学級で腰痛はなおるか?

若い人のぎっくり腰

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ぎっくり腰 寒い

うつむくと腰が痛い

ヘルニアに効く温泉は?

ストレスで筋肉がなくなるの?

運転中にぎっくり腰になったら?

仕事関連

「仕事関連」をさらに3つのジャンルに分けます。

介護

仕事での腰痛対策

腰痛による職業問題