ダイエットについて

結論:絶食ダイエットは筋肉・骨・内臓まで痩せて、急激な老化を起こす。

ダイエット

結論:摂取エネルギーを減らすか、消費エネルギーを増やす。痩せるのにはこれ以外にない。

  1. 正しいダイエットについて私自身のダイエット日記を兼ねたページです。
  2. ダイエットはマイナス10キロが山場初期の変化は神経系の発達によるものが大きく、10キロ減の時点で変化が少なくなる。しかしプロポーションそのものは変化し続けている。
  3. 脂肪の解消、運動も食事制限も上手く行かないおすすめするのは食事量はそのままで糖質の比率を少なくする糖質制限食が良い
  4. みずみずしいお肌を保ちながらダイエットする6ヶ月で5%のペースを保とう
  5. マッサージを受けると痩せるのか?痩せる派と痩せない派の諸説があるが科学的な根拠はどちらにもない。
  6. ダイエットのペースは1ヶ月1キロ余りにもハイペースでダイエットすると骨粗しょう症や、血液がドロドロになって心臓や内臓の負担になる。
  7. 脳の興奮性とダイエット効果の関係興奮性が高まるほどダイエット効果も高まるがその分体に加わる反動も大きなものになる。
  8. ダイエットの壁を乗り越える方法精神面が大きく関係し、辛い運動をしているときでも楽しいことを考えると脳の興奮性が高まってダイエット効果を倍増させられる。
  9. 仕事に熱中して痩せられないならベルトラインを高くするベルトラインを高くするとお腹が強調されるためダイエットへの意識を保ち続けることができる。
  10. 継続効果について初期では体重の変化としては現れず、多くの場合は運動機能の向上として現れる
  11. 体質改善をするページ心理状態を意図的に操作することで、固定概念を打ち破り、理想の体を手に入れましょう。
  12. 重たい物を持つと太るの?重たい物を持っても太ることはありませんが、筋肉が発達しシェイプされます。ただし、運動を沢山頑張ったような錯覚に陥り易いので過食には注意
  13. お腹の脂肪を減らしてぎっくり腰を防止するには?腹筋を鍛えてもお腹の脂肪はエネルギーとして使われない。
  14. ダイエットの2つの方法摂取カロリーを減らすか、消費カロリーを増やす
  15. ダイエットを成功させるメンタル法思考を変化させることで体の反応が変わる
  16. ダイエットで10キロ落とすにはどれぐらいの期間が掛かるかダイエットで10キロ落とすにはどれぐらいの期間が掛かるか
  17. ダイエット、成功の秘訣消費カロリーを増やすか、摂取カロリーを減らす、着目するべきは基礎代謝の上昇
  18. 痩せるための心得絶対に誤魔化せないのがダイエット。でも確実に効果が出る。

絶対にやってはいけないダイエットは「食べずに痩せる」こと。食事量を減らすと、筋肉や内臓などお金以上の財産を失います



無茶なダイエット

結論:食べずに痩せるとリバウンドする。いっときは痩せても、将来中年太りする。

  1. アークス整体院 私のダイエット体験談 16歳編16歳のときの無謀なダイエット経験について。危ないから絶対に真似しないで!!
  2. ダイエットで沢山運動をしても体を壊さないためには?オーバーワーク気味に取り組む人に止めろといっても無駄なので、せめて取り組む時間を分散して休憩を取りながら行いましょう。
  3. 睡眠時間を減らせば痩せるか?寝ないで過ごすと逆に太りやすい、そして疲れる。
  4. ダイエットで気をつける糖新生絶食して痩せようとすると筋肉を分解して血糖値を保とうとするため食べた糖質が全て脂肪になってしまう。
  5. 過度なダイエットによるもの 現代女性に見られる栄養摂取不足によるものが増えている
  6. 減量を指示され、その通りにしたらなった絶食で痩せようとすると燃費を減らすために筋肉から先に落ちてしまう。過度な運動などをせず計画的に地道に体重を落としましょう
  7. ダイエット中に心がけていただきたいこと食事不足によって力が出ずにぎっくり腰になっていること
  8. 過度なダイエットとの関係肥満者よりも痩せ型に多く、近年のダイエットブームで発生率は増加傾向である。食事制限によって基礎代謝が下がるほど体の組織が固くなってぎっくり腰を招く
  9. ぎっくり腰の防止のための間違ったダイエット食事制限による絶食によるダイエットが間違い

過度な絶食をすると骨がスカスカになります。骨の内部の栄養素が抜けていくからです。転んだだけで骨折する女性もいますが、大抵は絶食によるもの。



楽に痩せる方法

結論:筋肉量を増やすと継続的な運動せずとも痩せられる。

  1. どうやったら楽に痩せられるか?ゴロゴロしないだけでも大きな違いとなる。
  2. 太っていることの何が悪いのか?太っていても他人に迷惑を何も掛けてはいない。
  3. ダイエットが成功する仕組み食事制限をするほどに欠乏した栄養素を美味しく感じる。欠乏が普通になると幸せを感じることが出来る。
  4. 痩せるための秘訣鏡で見る自分の姿は比較対象が無いため、ついつい自分を美化して見てしまう。すると痩せなくてはならぬことを忘れてしまう。
  5. 楽してダイエットする方法高強度トレーニングで筋肉量を増やすことが良い
  6. ぎっくり腰防止のための楽なダイエットとは?基礎代謝を高めることに着目することが大切

テレビでは「1週間で○キロ痩せた」などのダイエット企画が人気。しかし、ダイエットの初期の激やせは宿便(おなかの中にたまった大便)が抜けただけです。



ダイエット運動

結論:立ち上がって活動量を増やそう。ゆるく気長にがんばる。

  1. 流行のダイエットジムってどう?個人的には自己流でタダでゆるくがんばった方が良いように思えます。
  2. 足が痛くて走れないため痩せられないマラソンを頑張るけど1週間に2回走ると筋肉痛でそれ以上頑張れない。上半身メニューを取り入れると良い。
  3. マラソンをしても体重が落ちなくなった体重の減少は最初は著しいが宿便と水分が抜けきるとそこからは純粋な体脂肪だけで減らすため中々落ちなくなる。しかし体は色んなものが変化している。
  4. ダイエットと高強度トレーニングお腹をへこませると腰痛の予防になるが過剰な食欲を抑えるには高強度トレーニングをすると体内のグリコーゲンが血液に満たされて空腹が収まる。  
  5. ダイエットで鍛えるべき部位
  6. ダイエットで優先的に燃焼する部位有酸素運動を実施すると優先的に消費するのは腹部の内臓脂肪
  7. 内臓脂肪の減らし方内臓脂肪を減らすためには全身を鍛える
  8. 腹部トレーニングのお腹だけ痩せたいという間違い部位を限定して痩せることはできない。
  9. 忙しい人の痩せる運動は無酸素運動短時間で筋肉を鍛える。、筋肉量が増えると基礎代謝が高まり、痩せられる。

ダイエットの運動は1日30分ぐらいに留めます。そして食事制限と平行し、1ヶ月に1キロぐらいの体重減を目安に取り組むことが良いとされます。



ダイエット余談

ダイエット余談(あっ!そう・・・と言う内容)

  1. アークス整体院 私のダイエット体験談 20歳編食事制限なしで運動だけでダイエットを頑張った。でも今振り返るとダラダラと長時間運動に励んでたくさんの時間を失ってしまった後悔がある。
  2. 糖質を脂肪に蓄える遺伝子のBMALL1寝ているときに脂肪を蓄えるように働くため、寝る前にマッサージを受けておくことが良い。
  3. 肥満の遺伝について太ってしまうのは意志が弱いわけでも、環境が悪いせいでもない。生まれつき肥満遺伝子を持っているから。
  4. ダイエットを一生懸命に頑張っているのに妻は無関心一生懸命に毎日頑張って20キロもマラソンを頑張る男性。ダイエットに奮闘するが、奥さんはそういった姿に無関心だという。

僕自身、これまでに何度もダイエットに取り組みました。今もダイエット中です。しかし、痩せて筋肉を失うことは惨めで、屈辱でしかありません。



ダイエット関連

ダイエット関連

「ダイエット関連」を、
以下の5個のカテゴリーに分けます。

ダイエット

無茶なダイエット

楽に痩せる

ダイエット運動

ダイエット余談



運動・ダイエット

「運動・ダイエット」カテゴリーを以下の7つに区分します。

歩く

腰痛患者の運動

運動の安全対策

運動理論

運動の誤解

ダイエット

運動器具

最新情報

ぎっくり腰の寸前

股関節屈曲を他動で動かしたときに途中でつまるような感じがあった

中腰の腰痛の原因は?

ぎっくり腰の時間

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

かかとがムズムズするなら、靴下を履こう

かかとの内側がチクチクするのは?

腰痛学級で腰痛はなおるか?

若い人のぎっくり腰

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ぎっくり腰 寒い

うつむくと腰が痛い

ヘルニアに効く温泉は?

ストレスで筋肉がなくなるの?

運転中にぎっくり腰になったら?

運動・ダイエット

「運動・ダイエット」カテゴリーを以下の7つに区分します。

歩く

腰痛患者の運動

運動の安全対策

運動理論

運動の誤解

ダイエット

運動器具