運動の誤解

結論:正しい運動理論を学ばなければ、間違った判断、無駄なトレーニングに陥って挫折する。

忙しくて運動できない

結論:運動は1分でも十分追い込める。

  1. 寝る間を削って運動したら、ぎっくり腰になった寝る間を削ってまで取り組む物事は無理の上に成り立っているため長続きしない。
  2. 忙しい人の時短トレーニングは水泳とランニング 時間が取れない人はランニングもしくは水泳が良い。歩くことの3倍以上のエネルギーを使うことができる。
  3. 忙しくても運動は短時間で出来る運動は長時間が必要だと考えるが短時間で済ませられるもの。ダラダラ体育の授業のように取り組むものではない。
  4. 忙しくても生活の中で運動は出来る忙しくてもできることは生活の中で行なえるもの。エレベーターを使わず階段を用いる
  5. レジスタンストレーニングは短時間で出来る時間がないからできないというのは有酸素運動のこと。スクワットや腹筋のようなレジスタンストレーニングは短時間でできる。
  6. 忙しい人はアイソメトリック法で鍛える忙しくて時間が取れない人は場所も時間も問わずに出来るアイソメトリック(筋肉に力を込めるだけ)の運動が良い。
  7. テレビを見ている時間を有効に使って体を鍛えよう腰掛けて脚を持ち上げる体操
  8. 忙しい人のぎっくり腰防止にはハイスピードトレーニング法十分な基礎体力のある人向け、即効性のあるタンパク同化作用を促すトレーニング法について
  9. 忙しい人のトレーニングの間違いは回数・時間・頻度への囚われ腰痛患者の多くがトレーニングに着手できない理由として時間が無くて忙しいことを理由にするがトレーニングは適切に実施すればさほどの時間を必要としないものである。回数や実施した時間の長さ、頻度は多くないと行けないわけであらず。
  10. 筋トレ、忙しい現代人向けの方法手軽に取り組むことができて効果が高いのが自体重トレーニング
  11. 忙しくて運動ができない方にオススメの鍛錬法手の運動を行うこと。手が空いていることが多い
  12. 忙しいビジネスマンの防止の筋トレ忙しくて時間が取れない人はついでに出来ることや手待ちを利用した鍛錬法を用いる。
  13. 仕事が忙しい人のためのトレーニング出来るだけ筋肉量を増やす短時間集中の無酸素運動による筋肉量を増加させる運動をする。
  14. 忙しくてまとまった時間が取れない場合の腰痛対策の運動まとまった時間で追い込んだトレーニングをするよりも少ない量を何回も分けて行うほうが体の負担が少なく挫折せずに取り組める。
  15. ぎっくり腰防止のための筋トレ、忙しい現代人に良い方法忙しい現代人でも限られた時間に筋トレを可能とするのがEMSなどのマシントレーニング
  16. 筋トレは時間がないと出来ないのか時間を大切に使う気持ちがあれば何とかなる
  17. aaa効率的で短期間に鍛える方法短期間で鍛えるには弱いところや左右差などに着目して弱点だけを重点的に鍛えること

現代人は時間が限られます。しかし、「筋トレは時間が掛かる」は間違いです。テレビを見ながらの運動、短時間で鍛える方法、「ついで」に出来るものを生かしましょう。「流れ」で取り組めるものを見出すべき。



運動の誤解

結論:ほとんどの人が運動を誤解している。

  1. 運動を頑張っても腰痛が治らない運動の強度と腰痛の改善には関係性がないとされている。
  2. 頑張っているつもりのトレーニング自分では頑張っているつもりだけど、時間を無駄にしているだけの効果の無い運動があり、それがトリックモーション。代表的なものに①重力に抗さない方向への運動、②慣性を利用した運動がある。
  3. 優しい運動は楽な運動であらず体感的に楽だと思える運動が実はとんでもなく体に負担を掛けていることがある。
  4. リハビリセンターで腰痛が治らない鍛える目的がリハ施設は安全面だけを考慮しており、体を鍛えることを目的とはしていないから。
  5. なぜテレビ番組で紹介する体操をしても治らぬのかフォームを真似するだけで目的とする筋肉を確かめていないから。
  6. オーバーワークによるもの運動不足もやりすぎも問題となる。毎日300カロリー
  7. 運動を脱落する原因運動を脱落する原因もちろん辛いからなのですが、辛くなるのにも原因があるのです。
  8. a運動療法はもっとも注意が必要な治療運動を軽い気持で始められる方は多いですが間違った方法によって怪我をしたり腰痛を悪化させることが多いです。運動は薬と同じく処方をするものだという認識で取り組むようになさってください。
  9. a準備運動の誤解準備運動として柔軟体操をするケースがとても多いが、体が冷えた状態で柔軟体操をしても全く効果がない。運動は体を動かして体温を上昇させるもの。体温が低い状態で運動をすると体が固まっているため余計に腰を悪くする
  10. a筋肉モリモリになるという誤解筋肉モリモリになって気持悪くなると嫌という女性の誤解。女性が筋肉モリモリになることはないので安心してください。女性は鍛えれば美ボディーになります。
  11. a臥位で行う筋トレには注意寝転んで行う筋トレは一生懸命頑張ることでやったつもりになることはできるが実際には運動量そのものは極めて少なく自己満足に陥り易いので注意が必要
  12. 筋トレ直後は筋肉が弱くなる筋トレの効果はあくまでも長期的なものである。
  13. 慢性腰痛患者の誤った運動の思い込み自分で体を鍛えることは出来ないと思い込んでいることがある。
  14. aaぎっくり腰対策では衰えにくい筋肉はない日頃使うか、使わないかの問題であって、使わなければどんな筋肉でも衰えます。
  15. 筋トレの間違い、3日坊主の理由毎日続けないといけないという苦痛、1日の頑張る量が余りにも多すぎる。
  16. ぎっくり腰の間違った考えによるスポーツ指導運動自体がぎっくり腰の原因ではない。コンディション不足による。
  17. 筋トレの間違い、一日で挫折する人の共通点きついことをしないといけないという思い込みがある
  18. aaa腰椎の椎間板の損傷は腰痛を再発させる
  19. ぎっくり腰防止のEMSトレーニングの是非寝たきりの人には適しているが、自分で動ける人にはムダ
  20. 筋トレの間違い 集団トレーニング集団トレーニングは、初心者にはキツイ、熟練者にはユルい

運動では一定量の「運動理論」を学ぶ必要があります。それは文庫本1冊分ぐらいの情報量。知らないことが多いと、つまづくたびに「歳だから」・「女だから」と挫折します。



運動をしてるけど効果がでない

結論:ちょっとだけ「キツイ」運動が筋肉を発達させる

  1. テレビで見る体操法が長続きしない理由日々氾濫するほどの加速度で発信される情報量の健康法に戸惑ってしまうが日替わりランチのように気分転換として割り切って楽しむことが良い。
  2. 油圧式マシンのデメリット近年小規模フィットネスクラブで用いられる油圧シリンダーを使ったエクササイズ。安全で初心者から上級者まで有効だが、デメリットとして①血圧負担への配慮、②手を抜くと効果がない、③シリンダーの温度が上昇するとトレーニング効果が損なわれるなどがある。
  3. アイソキネティックマシーン(等速性筋収縮マシーン)の欠点安全で誰もが取り組めて、さらに管理が手軽な特徴があるが、手を抜いて形だけを真似していても全力で体を動かしても同じ1動作となる
  4. トレーニングは本当に正しいものなのか?画一的なトレーニングメニューを行っても改善は得られ無いことが多く、理学検査などでキチンと筋力が不足している箇所に対して必要な分を見極めて実施することが良い。
  5. 筋トレをしても筋肉がつかない体質について余りにもユル過ぎる筋トレでは筋肉の発達は得られない。
  6. 運動は自己責任で取り組まないと誰も健康に責任を取らない他人に運動の指導を求めると責任逃れで意味のないゆるいメニューを指導されて無駄な時間を過ごす。自分の責任で追い込んだ内容に取り組むことも必要な判断。
  7. 筋力トレーニングをしても痛みが治らないタイプ『鍛え方が足りん!』周囲からはそのように言われるが一日2時間もトレーニングをしているようなあなたのために
  8. 筋トレをしても改善されぬ痛み滑膜炎がある。
  9. 腰痛に重量上げによる筋トレは?腰痛の防止のためにはグローバル筋を鍛えてもそれほどの意味はなく、ローカル筋を鍛える必要性がある。
  10. a効果が出ないから挫折するすぐに効果が実感できないとうんざりして止めてしまう。
  11. 筋トレの目標について目標を定めて何を目指したいのかを明らかにする。
  12. 筋肉が付かないなら試していただきたいもの量よりも質を重視し、強い力を出して余力を使い果たす方法を取る。
  13. 体が発達しない3つの理由①運動、②休養、③食事
  14. 効果の無い筋トレの目安効果の無い筋トレでは生命3大兆候に変化が見られない。
  15. 筋トレが苦手な人が前向きに取り組む方法美ボディー(ボディーメイク)に着目することが大きな原動力となる。
  16. aa地味なトレーニングは長続きしない美ボディーを目的にすると張り合いがあり。長続きしやすい
  17. 運動の価値観運動をして鍛えることが良いが、家事や労働以外で体を動かして労力を費やすことに理解を示せないことがある。
  18. aaa挫折しない腰痛予防の考え方美容や健康維持、アンチエイジングを意識すると張り合いがある。
  19. a冬は屋内運動で腰痛対策寒い季節は屋内に閉じこもってしまい動かないため肥満して腰痛になりやすい。出来るだけマシンエクササイズなどで腰痛の防止につなげよう

それぞれの運動にはメリット・デメリットがあります。それを知らずに取り組むと、せっかく続けているのに特に効果を実感できないこともあります。



運動したくても出来ない

結論:面倒くさいことは続かない。手間や道具を必要としない方法に着目する。

  1. 腰が弱くて長時間歩き続けることが出来ない腰部脊柱管狭窄症と閉塞性動脈症の可能性がある。
  2. 田舎過ぎてリハビリ意欲が沸かない田舎の1本道しかなくて走って体を鍛えるのが飽きてしまうという人には音楽を聞きいたり、ルームランナーでテレビを楽しみながら鍛える
  3. 脚が疲労で運動が続けられない。上半身や下半身の幅広い有酸素運動を取り入れることでオーバーワークを防止する
  4. 運動療法を行ってはいけない人体を鍛えると良いというが行うことで逆に腰が悪くなってしまう人について
  5. マラソンで乳首が擦れる男性用のスポーツブラジャーが近年では販売されており見た目の違和感はほとんどない。
  6. 筋トレ中に足が痒くなってしまう症状糖尿やインスリンの作用低下による神経障害が関係しているので、運動負荷に体の反射が追いつくまで強度を優しく調整しましょう。
  7. スポーツジムを利用する目的は人によって異なるロードワークに物足りなさを感じた人だけが通う場所ではない。
  8. 腰痛持ち、運動が三日坊主になってしまう必要最低限の運動量として20分の有酸素運動に取り組もう

運動が長続きしない理由には、「面倒くさい」こともあげられます。例えばプールに通う場合は遊泳代・通う手間など様々な障壁があります。そういった方には屋内運動器具がオススメできます。



ストレッチの誤解

※気をつけるストレッチ)

結論:ストレッチは筋肉の興奮を鎮めることで、緊張を緩和する

  1. ストレッチをしたら腰の痛みが酷くなりました。Qストレッチをしたら腰が痛くなったのはなんで?→腰痛の原因の推定、もしくは治療の手段が間違っている可能性が考えられます。正し方法の選択にはプロの判断が必要です。目的・方法・手順・道具・質・量・納期などの基本条件をそろえた上でストレッチを実施しましょう。ポイントは①温熱、②対象筋、③ゆっくり操作です。
  2. 柔軟性が高い人に起こる腰痛タイプ体の柔らかい人では筋肉を断裂したり靭帯を捻挫することよりも骨と骨同士が激突して怒る骨挫傷と呼ばれるものが起こりやすい
  3. 腰痛患者の柔軟性の誤解腰痛の原因が分からず困っているデスクワーカーでは柔軟性が低くて腰痛が起こっているにも関わらず自分では柔軟性が高いと思い込んでいることもある。原因を見出せないことが多い。
  4. 気をつけてもらいたいストレッチ腰痛の防止には良いが治療のために用いる場合は考えて実施する必要があるもの。
  5. ストレッチしても柔らかくならない体が固くて毎日ストレッチをしても柔らかくならないなら体操のやり方に間違いがある。ストレッチは体重を使って伸ばそう
  6. ストレッチに慣れない人の注意点ストレッチに慣れない人には様々な間違いがあるため一度専門家の指導を受けよう
  7. ぎっくり腰防止のストレッチで気をつけることぎっくり腰の防止のためのストレッチで気をつけること。絶対に気をつけるべきが怪我、痛い感覚を伴いながら行うのは間違い
  8. ぎっくり腰対策のストレッチでは苦手な動作を意識することどういった動きでぎっくり腰を患ったのかを振り返って、苦手な動きをストレッチで改善すること。
  9. 力でストレッチしても筋肉は伸びない自分の体重や他人の力など、筋肉以外の力を使わないと筋肉は十分にストレッチできない。
  10. ストレッチの腰痛対策の誤解ストレッチを運動として紹介していることが多いため、疲労回復、柔軟性の向上、血流促進など様々な効果が期待されているが医学的な根拠があるものは柔軟性の向上のみ
  11. 腰痛対策で安易に選択されやすいストレッチの是非腰痛を対策しようと努力を決意した人が安易に取り組みがちなのはストレッチですが、毎日こればかりをやって改善されるものではありません。むしろ、沢山時間を費やすことよりもその都度固いところを意識して伸ばすことが望ましいです。
  12. 間違いやすい腰痛ストレッチストレッチは奥が深い。
  13. 筋トレ前のストレッチの誤解ストレッチもやり方によってはマイナスになる。筋肉の興奮を下げてしまうことがある。
  14. ぎっくり腰の防止のためのストレッチの誤解決してお餅が伸びるように筋肉が柔らかくなるのではない。筋肉の興奮が鎮まることで緊張が弛む。

「イチ!、ニー、サンー、シー」と数えながら、毎日100回ストレッチをしている。こういった方もおられます。筋トレと混同しているのです。回数を多くこなすことに意味はありません。



レジスタンストレーニングの誤解

結論:自己満足は無意味。筋肉に必要最低限の刺激を与えることに着目する。

  1. アイソメトリックトレーニングは時間の無駄なのか?状況判断力さえあれば有効なもの。
  2. 筋トレの回数は誤解されやすい少ないと根性がない。沢山やるほど良いという誤解がある。
  3. 体重を使った筋トレは初心者には危険自分の体重を使った運動は手に荷物や重りを持たないが体重と言う最も大きな負荷に逆らうためウェイトトレーニングよりも腰を痛めやすい。
  4. 毎日鍛えると腰痛になる筋トレは適度な休養を挟まないと怪我をしたり十分な筋肉の発達が得られない。
  5. 毎日千回鍛えても筋肉は付かない何千回も反復できるような楽な運動は筋肉を発達させる効果は得られない。適切な量は10回ぐらいで疲労を迎える強度
  6. 筋トレは疲れるだけなのか?筋トレを嫌がる人の多くはそもそも取り組む目的自体が理解されておらず疲れるだけのものだと考えている。
  7. レペティションマキシマム『たった1回の動作でぎっくり腰になった』、しかし1回だから楽だというわけではない。
  8. 筋トレ、最初は一生懸命頑張るけど挫折する理由体の発達を感じられなくなると飽きてしまうから
  9. バーベルトレーニングによってぎっくり腰になった大腰筋の緊張を緩和すると治った
  10. 筋トレの導入3年目で挫折する理由生活の変化が起こる。ホームトレーニングを取り入れると良い。
  11. 回数の自慢十分追い込んだ質の高いトレーニングになるほど実施回数は少なくなる。
  12. 筋肉が発達したと勘違いしやすい現象ウェイトを持上げる回数を筋力発達の目安にしているケースで落下気味にウェイトを降ろしている。
  13. 間違った筋トレの目安、実施回数正しいフォームを保って実施できる回数を判断基準にする。回数だけが増加してしまうことは危険
  14. 多関節メニューの弊害反動や加速などの筋肉以外の力が動員されやすく、ターゲットを絞りづらい、尚且つ呼吸循環器系の能力によって動作が制限される。
  15. 間違った成長の目安筋トレをして体重が減らないと嘆かれて挫折するケース
  16. 局所だけを鍛える方法で防止できない理由腹筋を鍛えて腰だけが丈夫になっても胴体の安定は得られず結果的に腰に掛かる負担は変わらない。
  17. 筋トレ効果を半減させる落下動作ウェイトを落下させることで動作の距離が短縮し、尚且つ反動や加速が加わって筋肉に対しての刺激が減少する。
  18. 筋トレは筋肉が固くなるのか?筋トレは筋肉を発達させるが、エネルギーの枯渇した筋肉は固くなるため休養を挟みながら実施しなくてはならない。
  19. 筋トレ、筋肉が付かない体質とは?やり方の間違いが多く、万人向けの方法は一種の健康法であり筋肉をつけるためにはレジスタンストレーニングが必要。
  20. 長時間頑張らないといけないという間違い筋トレは長時間を要するようなものではない。短時間集中して体を追い込んで鍛えるから能力が高まる。
  21. 実施内容の間違い筋肉を増やすためには無酸素運動、脂肪を落とすためには有酸素運動など目的に応じて必要なものは異なる
  22. やらない方が良いタイミング寝る前の副交感神経が優位になるときには行なわない方が良い。
  23. セット数の誤りセット数が多いほど上級者で、少ないほど初心者は誤り、初心者ほどセット数を多く、休憩を挟みながら行なうべき
  24. 運動に良い時間とだめな時間理想的な時間帯は午後4時
  25. ぎっくり腰防止のための筋トレの間違い、筋肉が付いたけど改善が無いケース改善が無いケースでは心拍数を増加させる持久力を高めるメニューの不足がある。
  26. 筋トレの筋肉に効かない方法早すぎる動作は慣性によって筋肉に効かない

筋トレはどんなに気をつけて行っても、実施しているとやがて疲れて消耗します。この消耗を見誤って追い込んでしまう。そして、筋肉を傷めたり、腰痛になる方は多いです。



運動の誤解関連

運動の誤解関連

「運動の誤解関連」を、
以下の6個のカテゴリーに分けます。

忙しくて運動できない

運動の誤解

運動をしてるけど効果が出ない

運動したくても出来ない

ストレッチの誤解

レジスタンストレーニングの誤解




運動・ダイエット

「運動・ダイエット」カテゴリーを以下の7つに区分します。

歩く

腰痛患者の運動

運動の安全対策

運動理論

運動の誤解

ダイエット

運動器具

最新情報

ぎっくり腰の寸前

股関節屈曲を他動で動かしたときに途中でつまるような感じがあった

中腰の腰痛の原因は?

ぎっくり腰の時間

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

かかとがムズムズするなら、靴下を履こう

かかとの内側がチクチクするのは?

腰痛学級で腰痛はなおるか?

若い人のぎっくり腰

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ぎっくり腰 寒い

うつむくと腰が痛い

ヘルニアに効く温泉は?

ストレスで筋肉がなくなるの?

運転中にぎっくり腰になったら?

運動・ダイエット

「運動・ダイエット」カテゴリーを以下の7つに区分します。

歩く

腰痛患者の運動

運動の安全対策

運動理論

運動の誤解

ダイエット

運動器具