運動理論

結論:実施者が治療家から独立し、治療に「依存せずに済む」のが運動。

運動理論

結論:運動は沢山の種類に取り組むほど効果が短期間で得られる

  1. ジョギングで体が重たい体が重くなるのはトレーニングの頻度、天候や気温、そのときの気分の状態、走り方などが関係するでしょう。
  2. 運動を続けるとどんな体の変化が起こるの? 初期は循環器機能や心肺機能、関節可動域などが向上する。半年も続けるとウエストがマイナス10センチぐらいスリムになる。体重は変化しない。
  3. 運動連鎖発生には腰の固さだけでなく股関節との連動も影響している
  4. 仕事と競技スポーツと運動の違い仕事は長時間立つが筋肉は使わず骨で体を支える。スポーツは日常とはかけ離れた動作なので腰痛を防止する効果はない。腰痛は運動をしてバランスの良いフォームを意識する必要がある。
  5. 運動はロコモ予防とはなるが、腰痛予防とはならない運動をすれば体が丈夫になって自由に動ける。しかし、筋肉がついたから腰痛が治るわけではない。
  6. おすすめのエクササイズ腰痛の治療に良いという概念ではなく、腰痛をお持ちになられている方の性格的に向いているエクササイズの紹介
  7. 予防における出力系と制御系トレーニング防止のためにはパワー型ではなく敏捷性などの機敏さを養う方法が良い。
  8. 単関節運動の弊害単関節運動は心肺機能を働かせないため、多関節動作をしたときにスタミナ切れを起し安い。
  9. 体を丈夫にする方法構造的な耐久性を高めるならば筋肉を増加させるために重たい重量物を持上げる
  10. 単関節と多関節運動の違い単関節は局所を追い込んで葉を育て、多関節は木を育てる
  11. トレーニングの種類体質の改善効果が最も高いのはジョギングなどの全身運動による有酸素トレーニング
  12. 優先的に鍛える部位下半身を動かして有酸素運動をすることが良い
  13. 実施しやすいタイミングの目安。そのときの体温を参考にする
  14. ジョギングの筋トレ効果ジョギングは脂肪を燃焼させるが筋肉はそれほど発達しない
  15. 筋トレ、2大メニュー有酸素運動と無酸素運動、痩せ型は無酸素運動から、肥満型は有酸素運動を優先的に実施する。
  16. 非連結運動と連結運動の違い直線的な運動と曲線的な運動のこと腰痛を防止するためには曲線的な滑らかな動きを心がける。
  17. エクササイズの流れストレッチ→筋力強化・バランス訓練→パワートレーニングの順で取り組むと良い。

「運動嫌い」というだけで、治療方法のうち、大半の選択肢を失います。運動は正しく行えば数年の歳月は掛かりますが、確実に効果が得られます



ストレッチの効果

結論:柔軟性はバランス(平衡感覚)を意識すると短期に改善する。

  1. ストレッチとマッサージのぎっくり腰の治療効果の違い両方ともに反射抑制・リラックス作用があるが、マッサージには圧力変化による循環作用、疼痛閾値の改善がある。ストレッチは物質的伸張作用、可動域改善効果などがある。
  2. ストレッチとマッサージはどちらが腰に良いか?どちらかと言えばセルフマッサージの方が素人向き
  3. 有効となるパートナーストレッチ腰椎から誘発される治療では安易に腰椎を曲げ伸ばしすることは良くないがパートナーと一緒に行うと有効になるものもある。
  4. ストレッチでパワーアップして腰痛を防げる仕組み体が柔らかくなると動作が大きくなります。ボールを投げるときには反対側に引きこんで勢いを付けてから前方に投げると強くなりますよね。柔らかいと反動を十分に付けられるのです。
  5. 筋トレとストレッチは表裏一体筋トレとストレッチは別のものとして捉えられるが、一つの筋肉を収縮するか伸ばすかの違いであり、大きな動作を心がければ同時に両方の側面を鍛えることが出来る。
  6. ストレッチ効果を高める方法ストレッチ効果を高める方法は、筋肉を伸ばすことではなくその付着部の腱を伸展し、これを構成する膠のコラーゲン線維の三重螺旋構造を解きほぐすこと。
  7. ストレッチの正しい目的ストレッチほど間違った目的で実施され世の中に普及したトレーニングはあらず。
  8. 筋膜リリース治療とストレッチングの治療効果の違い筋膜リリース治療は筋膜の区画を広げることで神経線維の絞扼や圧迫を解消する。ストレッチングでは筋紡錘の興奮性を低下させることで筋肉の伸張性を改善する。
  9. 体が柔らかくなるのしくみ体が柔らかくなることには沢山の理由があるが継続的に実施することで柔らかくなるのには、ある筋肉の構成が変化することが関係する。
  10. ストレッチの神経伝達効果従来までストレッチは体を物理的に柔らかくする作用にばかり注目されていたが、近年では運動神経の興奮性を抑えることで筋緊張を緩和し、関節可動域が上昇されることが明らかになる。最新の研究ではこれが神経伝達効率を高め、意識と実際の動きのギャップを埋めてくれることが分かってきた。
  11. ストレッチの医学的効果について医学研究上、ストレッチをすることで体の可動域は増すことがある。だけど筋肉の疲労を回復したり、血流を促進する効果は疑問しされている。
  12. ダイナミックストレッチとスタティックストレッチの使い分け一日の始まりにはダイナミックストレッチをし、終わりにはスタティックストレッチをする。
  13. ぎっくり腰防止のためのストレッチ、ストレッチの3つの種類①コリをほぐす、②筋肉を興奮させる、③沈静化させる、3つ
  14. 動的ストレッチは筋肉を固くする。弾みをつけたストレッチは筋肉を固くすることがある。
  15. ぎっくり腰の防止の静的ストレッチの効果リラックス効果が得られる。
  16. aぎっくり腰と柔軟性柔軟性が低いとぎっくり腰に陥る可能性が高い
  17. aaa足腰の柔軟性低下は上肢の障害を招く足腰が硬くて動かなくなると上肢の無理な運動を招いて手や肘の故障を起こすこともある。
  18. ぎっくり腰患者が陥りがちな柔軟性についての誤解腰を曲げる動作は柔らかい。だが反らす動作で柔軟性が劣っている
  19. ぎっくり腰になりにくい体質を作るには柔軟性を養うこと姿勢の状態を見る。前かがみ傾向なら反らす、反り気味なら屈む。
  20. ならないための拘縮予防拘縮とは体の固さのこと。運動不足なデスクワーカーの場合はもともと体の固さを実感しているが柔軟性は日頃の鍛錬によるもの。
  21. aaa腰痛防止のしなやかな動きとは?関節があらゆる方向へと自在に動くこと。
  22. 危険性のセルフチェック法と柔軟性の重要性体が柔らかいことは単なる腰の負担の軽減だけでなく支持基底の拡大による安定効果による腰部の疲労の軽減効果もある。
  23. aaa腰の痛みは可動域を補うと改善される術者が関節を患部を保護しながら動かすと痛みが緩和される。
  24. aaa腰部以外の可動域低下と腰痛の関係骨盤や腰椎以外の箇所が動かなくなることで相対的に腰椎が悪くなることもある。
  25. 立位体前屈がぎっくり腰を防止になる理由は?腰痛の大部分は腰を曲げる動作で起こる。曲げるのが楽になるから。

ストレッチは一見するととても簡単。でも、細かな部分が重要になります。同じ動作をしていても、効果の出る人と、無駄な時間を費やす人がいます。



柔軟性の必要性

結論:固い体はすぐに故障する

  1. 柔軟性を高めるメリット柔軟性が高まり関節可動域が増えるほど 関節の軟骨が呼吸をして良い状態が保たれる。
  2. 柔軟性低下は腰痛の発生を増やす関節のしなやかな働きが衝撃を受け流したりと腰の負担を減少させる。
  3. 股関節の柔軟性とぎっくり腰股関節の伸展可動域について。伸展20度以上を超える、もしくは運動範囲が狭まると代償運動として背骨の捻じれや仙腸関節動作が加わり腰を痛める。
  4. 股関節を反らすストレッチの必要性イスに長時間腰掛けて座る現代人、座る姿勢こそが現代人と言えます。多くの方が股関節に曲がったクセが付いておりしっかりと伸ばせなくなっているためその分だけ腰椎を沢山反らして代償して腰痛を起こしやすくなっている。

柔軟性はほんの1センチ改善するだけでも、スポーツスキルでも大きな差となります。それは柔軟性が安定に大きく関係し、安定すると強い力が出るからです。



ストレッチ理論

結論:心身ともにリラックスした状態で行おう

  1. 腰痛のストレッチはリラックスして行うストレッチを行なうときにはリラックスした状態で全身を行ないましょう。
  2. 腰に良いストレッチには機能解剖が必要多岐に渡る原因があり、実施する内容がことなり、さらには機能解剖学や正しい手順が必要となりますので実際に店舗をご利用になったときに指導いたします。
  3. ぎっくり腰治療のためのストレッチは一人ひとり異なるどんなものにも万能なものはないためそれぞれに対応したものを用いる。
  4. ぎっくり腰防止のストレッチのポイントは抵抗感筋肉を伸ばしたときに軽い抵抗感を感じるところまで伸ばす。痛みが出るギリギリ手前の伸張をするとよいとされる。
  5. 体の動きを柔らかく保つには?しなやかに保つには筋肉量を増すこと。脂肪を減らすことが良い。
  6. 柔軟性とぎっくり腰柔軟性は①筋力、②拮抗筋、③関節拘縮が関係する
  7. ストレッチ運動のポイントイラストなど静止した図を参考にしても効果的なストレッチはできない。
  8. ストレッチの回数回数そのものは多いほど良いが一度にまとめて沢山やるよりも何度も小まめに行うことが良い
  9. ストレッチで延びるものストレッチをすることで一番延びるものは関節包、ついで筋肉
  10. ストレッチ なぜ柔らかくなる筋肉が長くなるから。長くなる理由は筋節というフシの数が増加するから。
  11. ぎっくり腰の防止のためのコリをほぐすストレッチ1部位につき5秒程度の伸張刺激をあたえ、動きを止めずに全身を流れるように行う
  12. 理想的なストレッチの加減軽く痛みを感じるまで伸ばしたらそこから軽く数ミリ戻すと良い
  13. aaaストレッチの範囲ストレッチには痛くない範囲、自分で動かせない範囲、痛みが出る範囲などがある。
  14. ストレッチは体温が上昇してから行う体が冷えた状態で実施すると逆効果になる。
  15. ストレッチに取り組むタイミングとは?風呂上りの体温の上昇したとき→ ○ 、朝起きたばかりの体温が低下しているとき → ×

絶対にやってはいけないことは、反動を使って強引に「ギュッ」と筋肉を引っ張ること。筋紡錘というセンサーが反射を起こして筋肉を固くするからです。



腰痛患者の体操

結論:痛みを伴わない範囲で行う。主体的に取り組めばどれも効果がある。

  1. 骨盤ヨガについて率直に思うことを、まとめたよ産後の開いて傾いた骨盤を矯正できる。
  2. 腰痛体操では苦手な方向を取り入れる同じ方向の運動を繰りかえしても、柔軟性はそれ以上改善されない。苦手な動作を意識しよう。
  3. 腰痛の体操法仰向けになった状態から上半身を起こしたり、両膝を左右に倒す体操法
  4. 金魚運動の効果体幹動作を鍛え危険ポジションを防止しよう。
  5. 団子虫体操腰部の後屈障害を起こしているケースでは両膝を抱え込んで丸くなる団子虫体操が有効
  6. 予防のためのラジオ体操は?メリットは体操そのものではなく生活習慣リズム
  7. ゴムバンド体操仙腸関節の歪みの矯正というよりも関節の可動性を高めることで安定性が増すという実感
  8. 口開け体操の感想口を開けて天井を見る体操では顎の筋肉を弛めて咬み合わせを高める効果がある。
  9. 再発防止のための腰を曲げる体操長座で足に手を沿わせるように少しずつ腰を曲げる体操は腰椎椎間板ヘルニアにも良い
  10. キャット&キャメル骨盤の働きが悪くなると腰が瞬間的に負荷にさらされる。腰を突き出したり引っ込める体操をすることが良い。
  11. ラジオ体操の腰痛治療効果腰痛を治すというよりも悪い日常生活を正す。生活リズムを整える役割が期待できる。
  12. 腰を曲げ伸ばしする体操法について腰痛には腰を曲げて痛みが緩和されるものと反らして緩和されるものがある。
  13. 小まめに腰を反らすとぎっくり腰を防げる腰を曲げたまま過ごしていると腰周辺の筋肉が固まって血流が悪くなり腰に痛みを来たすこともある。小まめに腰を伸ばすと血流が保たれる
  14. 起床後の腰痛は布団の中の体操寝起きに急に動き回ると腰痛を起こすので出来る限り布団の中で優しい体操をしてから動くようにする。
  15. フィットネスクラブの腰痛体操は?キチンとした医学知識を持っている人が教えてくれるのかが重要となる。
  16. 腰痛防止に野口体操は?体の力をぬいてダランと重力に導かれるようにして体を操作する体操、自己を見つめなおす身体哲学
  17. 急性期のぎっくり腰の緩和のための膝抱え体操腰の緊張が緩和されて背骨全体にストレスが分散される
  18. ぎっくり腰防止に有効な「の」の字療法について股関節を「の」の字を描くように動かすと筋肉の短縮が取れる
  19. ぎっくり腰防止のための呼吸ポンプ法足に溜まった疲労を速やかに回復させるのが呼吸ポンプ法
  20. aaa腰痛防止のウィリアムス体操の内容とは?日ごろ使っていない体幹の筋肉を意識的に使う体操
  21. aaa体操では主動筋と拮抗筋を意識する歪みが強い側へはゆっくり、矯正する側へはすばやく動かして止める。

テレビでは「この体操が良いですよ」、と様々なものが紹介されます。しかし、自分にとってどの動きが鈍くて、どの動きが得意なのかを見極めないと費やす時間が無駄になります。



レジスタンストレーニング基本

結論:文庫本一冊ぐらいのトレーニングの知識が必要である。

  1. 過負荷の原則日常よりも高いレベルの負荷で鍛える必要がある。
  2. 筋トレ前の大切なこと。空腹のまま行なってはいけない
  3. 実施時間帯筋トレは夕方に実施することが良い。
  4. 筋トレ、体にとっての理想的な時間理想的なタイミングは16:00~17:00
  5. 筋トレの4つの目的①筋力は出力、②筋肥大は頑丈、③筋持久力は疲れない、④筋パワーは素早さ
  6. トレーニング、長期的に続けるコツ怪我の発生防止のために筋肉量を増やすウェイトトレーニングなどから実施する。
  7. 筋トレと遺伝骨格の大きさに比例して筋肉量は変わるが、それ以上に努力の影響が大きい
  8. 筋トレ、超回復超回復は休養中に起こるものなので筋トレ後は次回の再開まで一定の休養を組む
  9. 筋肉量を増やす方法走ったり大きな動作をせず、単一の関節を使った小さな動作ほど筋肉を発達させやすい。
  10. 筋トレ後の筋力向上の2つの仕組み神経系の発達と、筋線維の肥大
  11. 筋トレでは筋肉の追い込みが必要持っている力の7割ぐらいは出さないと筋肉の発達が得られない。

ウェイトや抵抗を用いる鍛錬法。ウェイトを持つ運動は「キツイ」と思いがちですが、実際には負荷調整次第で楽にできます。根気のない人にこそ向いています



レジスタンストレーニング理論・抵抗負荷運動

ウェイトやゴム、マシンなどの抵抗負荷を用いた運動について運動について。

結論:運動そのものは筋肉を破壊する行為。修復のときに元よりもパワーアップする。

  1. 筋トレは1日やって3日休む毎日続けられるような楽な筋トレはやる意味なし。3日程度休めば元通り回復するぐらいの疲労度の運動が筋肉を鍛えるためには良い。
  2. 筋トレは長期的な腰痛の改善法何年も掛けて筋肉を鍛えて腰痛を防止するのが筋トレ
  3. ヒップリフトでお尻を鍛えよう。ぎっくり腰の防止にはヒップリフトがオススメできる。お尻を鍛えることで骨盤を真っ直ぐ支えることができ、腰の負担が軽減される。
  4. 慢性腰痛の運動は静止性筋収縮慢性腰痛は静止性収縮によって起こり、静止性収縮によって治る
  5. 超回復理論の必要性についてトレーニングは力を高めるが実施後すぐではなく、むしろ直後は一時的に元よりダウンする。一定の時間は下降線を辿った後にもとより強くなる。
  6. 多裂筋トレーニングは?ぎっくり腰の対策のために多裂筋を鍛えるためにはうつぶせに寝転んだ状態から腰を反らすと良い。一般的な体育の授業や部活動で経験する方法。ただし、実施に当たってはキチンと専門家の所見を貰うことが必要
  7. トレーニングビギナーの筋力アップの仕組みビギナーは筋トレの改善効果が高く、神経系と姿勢改善効果が得られる。
  8. 筋力発達の3つの目安①回数、②サイズ、③パフォーマンス
  9. 筋トレと筋肉の固さの関係筋肉は発達すると収縮力が増えるためテンションが強くなる。しかし、増えるほどに筋線維の緊張が軽減して柔らかくもなる。
  10. レジスタンストレーニングの種類負荷抵抗には錘・バネ・ゴム・徒手・自重など様々なものがある。
  11. テレビで紹介するトレーニングは無駄テレビなどで鍛錬法を紹介しているがほとんどのものが効果が見られない。
  12. 筋トレゆっくり行う理由腹筋を鍛えてもお腹の脂肪はエネルギーとして使われない。
  13. 筋トレの速度理想的な速度は持上げるときに1~2秒、降ろすのに2~4秒
  14. 筋トレと交感神経と副交感神経の作用筋トレは交感神経の活発化したタイミングに実施し、副交感神経が活発化したときには出来るだけしっかり休む
  15. 有酸素運動筋肉が収縮しながら力を発揮するコンセントリックな筋収縮だけで構成されるものを行うこと。
  16. 短時間で筋肉を鍛える方法脳の興奮性を高めると短時間で鍛えることができる。
  17. 筋トレの効果を得るためのポイント超回復を得るための3ポイントを学ぼう
  18. 筋トレ、クールダウンの目的筋肉の運動神経の興奮を下げる。緊張を和らげる
  19. 筋トレの間違い、導入3週間目で挫折する理由徒手抵抗では筋肉の発達に限度を迎えるから。
  20. 筋トレ、正しく運動が出来ているかどうかの目安運動を実施したときの体温や脈拍の変化に着目する。正しく実施できると体に熱が発生する。
  21. 小筋群だけを選択的に鍛えることはできない関節を支える作用を持つ小筋群が主に痛みを発するが小筋群だけを選択的に鍛えることは理論上できない。
  22. aaa腰痛防止の筋トレの運動範囲運動範囲を浅い・中間・深いと分けると運動しやすくなる。
  23. 自体重トレーニングの欠点初期には有効だが、そのうちに効果が低くなる
  24. トレーングビギナーの筋力アップのメカニズム初期は神経系の発達や姿勢の安定によるパワーアップである。
  25. 筋トレ、筋力の無い方の自体重トレーニング鍛えたい部位に加わる荷重を軽減した状態で筋トレをすることが良い。
  26. 細マッチョになってぎっくり腰を防止するには?沢山反復できる運動をする

代表的なものに「ルーの3原則」があります。運動は適度に行うと発達する。やりすぎたり・不足すると衰えます。適度な方法も、いくつかの条件の元に行われる必要があります。



スクワット

結論:効果は高い。しかし、間違った方法は膝や腰を痛めやすい

  1. スクワットについて短時間で追い込んで鍛えられて、効果は高い。ただし、専門家の指導を必要とする。
  2. 筋トレメニュー最もオススメするのがスクワット、足腰の筋力アップにつながる。
  3. 足腰が衰えても出来るスクワットは?テーブルに両手をついた状態で手の力で保持する方法が良い。

筋トレ効果はきわめて高いです。短時間で限界まで追い込めます。しかし、やり方を誤る方が多いので推奨しません。やりすぎてぎっくり腰になる人もいます。僕も過去になりました。



ウェイトトレーニングのコツ

  1. 筋肉に有効な刺激関節動作の全般にわたって勢いをつけないこと。
  2. セット数についてセット数は数セット取り組まないとポテンシャルを発揮できない。
  3. 1セットでは不十分追い込んだ内容にするためには必ず複数のセットをこなす必要がある。
  4. 満遍なく刺激を与える方法複数のセット数で行なう
  5. 最大挙上重量1回しか持ち上げることができない重量を目安にする。10回反復できる回数が筋肉発達に適切な強さとなる
  6. 高強度刺激法強い強度のトレーニングは脳を興奮させる。
  7. レベルアップしたときの対策角度や負荷を工夫すること
  8. 筋肉量を増やす種類短時間高強度のトレーニングをすると筋肉量が増える
  9. 最大挙上重量1回しか持ち上げることができない重量を目安にする。10回反復できる回数が筋肉発達に適切な強さとなる
  10. 強度最大筋力の70~80%を出すと発達しやすい
  11. 効率的な方法とは?反動などの筋肉以外の力を使わないこと。
  12. 抵抗の加え方抵抗とは筋肉の動く方向に逆らうことであり重たい物が動くことではない。
  13. 筋肉に加える抵抗とは?セミのように関節を曲げた状態のままぶら下がることではなく、筋肉が短縮する動作に抵抗を与えること
  14. 複数メニュー行う場合は?優先すべきトレーニングを先に行い、別のものは補助的に取り組む
  15. 降ろしきる動作ドスンと降ろすとバウンドするため瞬間的に負荷が軽くなってしまう。
  16. ストリクト法ストリクト法は目的とする筋肉を重点的に用いてそれ以外の働きをできるだけ除外する方法
  17. ストリクト法とチーティング法ストリクト法は目的の筋肉を絞り込む方法、チーティング法はその動作を合理的に行う方法
  18. チーティング法チーティング法では筋肉以外の要素も動作に動員するため実践に則した動作となる。     
  19. 早い筋トレは難しい速度が速いほど反動など筋肉以外の力を用いるため負荷が軽くなって筋肉を刺激できなくなる。
  20. スピードは速すぎず遅すぎず早すぎても関節を痛め易く、動きが完全に止まると心臓や血管に負担が大きい

筋トレにとりくんでみた。効果は実感できている。だから、もっと伸ばしたい!という方向けの方法です。例えば、インターバルの時間をたっぷりとる。すると、筋肉を限界まで追い込めます。



アスリート向けの内容

  1. 筋力を短期間で高める方法相反性抑制を理解しよう
  2. インターバルの重要性最大筋力を高めるためには適度なインターバルを取ることによって酸素負債から回復させることが必要
  3. ミドルパワートレーニング格闘技格闘技のミドルパワーを伸ばすことは非常に簡単なことであり、トレーニング理論を忠実に実行すれば必ず伸びる
  4. ミドルパワートレーニング空手ミドルパワーを最大限に鍛えるためには最も根幹となる心臓の筋肉を鍛えることである
  5. トップアスリートに短期間でなるトップアスリートの3条件は環境・遺伝・努力、恵まれぬものは代償を覚悟する必要がある。
  6. トップアスリートの条件環境・遺伝・努力
  7. パワーとスタミナを同時に高める最初はパワー系から開始し、徐々にスタミナを鍛錬する
  8. ミドルパワートレーニング方法は?加圧トレーニングをする。坂道ダッシュも良い
  9. オーバーワーク繰り返す背景には過度な運動がありとくにマラソンランナーでは仕事とは別で1日に何時間も鍛錬をしている。自己実現のために鍛錬しているためメニューを減らせないため、運動メニューのバラエティーを豊富にする

どうしたらトップアスリートになれるのだろうか?肉体を限界まで追い込んで筋肉を肥大させるには?競技ルールに抵触せず、合法的な方法で飛躍を遂げたい!



運動理論関連

運動理論関連

「運動理論関連」を、
以下の11個のカテゴリーに分けます。

運動理論

腹筋運動

ストレッチ効果

柔らかさの必要性

ストレッチ理論

体操

レジスタンストレーニングの基本

レジスタンストレーニング理論

スクワット

ウェイトトレーニングのコツ

アスリート用




運動・ダイエット

「運動・ダイエット」カテゴリーを以下の7つに区分します。

歩く

腰痛患者の運動

運動の安全対策

運動理論

運動の誤解

ダイエット

運動器具

最新情報

ぎっくり腰の寸前

股関節屈曲を他動で動かしたときに途中でつまるような感じがあった

中腰の腰痛の原因は?

ぎっくり腰の時間

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

かかとがムズムズするなら、靴下を履こう

かかとの内側がチクチクするのは?

腰痛学級で腰痛はなおるか?

若い人のぎっくり腰

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ぎっくり腰 寒い

うつむくと腰が痛い

ヘルニアに効く温泉は?

ストレスで筋肉がなくなるの?

運転中にぎっくり腰になったら?

運動・ダイエット

「運動・ダイエット」カテゴリーを以下の7つに区分します。

歩く

腰痛患者の運動

運動の安全対策

運動理論

運動の誤解

ダイエット

運動器具