腰痛メカニズム

結論:腰痛は正しい知識によって必ず治る。「治らない」と思い込んでいるだけ

原因概要

  1. ぎっくり腰では、骨がずれることはありません。安心ください。「グキッ!」これって骨がずれたの?
  2. 原因は必ず混在する腰痛の原因は必ず混在します。単一の要因だけで発生することはありえません。
  3. 急性期と慢性期の腰痛の違い痛みのきっかけをはっきり言えるものは急性、はっきりしないものは慢性の特徴
  4. 腰痛の大分類腰痛治療では特に筋肉や血流によるものに着目しましょう。
  5. 痛みの概念痛みは疼痛刺激と、それと共に生じる情動の変化、さらには痛みを感じたために引き起こされる疼痛行動までをも痛みに含めて考えて、なぜ疼痛行動を起しているのか?そこにある認知のゆがみを認知行動療法によって改善する必要がある。
  6. 原因直接的な原因は腰部に生じた微細な炎症であるが、痛みを生じさせる間接的な背景には3大要因があり①ディスユーズ(不使用):体の組織の脆弱化・関節の引っかかり、②オーバーユース(過使用):無理な力仕事によるもの。疲労の蓄積、③ミスユーズ:(誤使用)間違った体の使い方・力学的な法則を無視した動作などが相まって生じる。
  7. 四大腰痛症についてヘルニア、狭窄症、すべり症、分離症の4つがある。
  8. 腰痛の3大危険因子①腰痛歴、②持上げ動作、③対人ストレス
  9. 3大原因ぎっくり腰には三大原因があり①体を酷使するオーバーユース、②体が弱まっているディスユーズ、③体の使い方を間違えることによるミスユーズの三要素から成り立っている。
  10. きっかけの三角形モデル①疲労・②意識・③衝撃の三角形モデル(Gトライアングル) について。
  11. 三大原因の実例ぎっくり腰はディスユーズ・ミスユーズ・オーバーユースの3つの一般原因から成り立っており良くあるものとして、シングルマザーによる過酷な仕事と子育てによるオーバーユース、若い頃にスポーツマンだった方の衰えによるディスユーズ、視界不良の状況での体の統制を失ったミスユーズが挙げられる。
  12. ぎっくり腰の原因を簡単に知りたい腰の筋肉の機能低下に何らかのきっかけとなる動作で生じる
  13. ディスユーズ型とミスユーズ型は必ず混在する。疲労度の個人差は無いが、使われる部分に偏りがある
  14. 腰痛の良くある原因外部環境要因として寒さ、内部要因として肥満や運動不足、痩せすぎがあります。
  15. 機能的な要因と構造的な要因原因の9割は軟部組織の機能低下であり、構造的な変化が原因となるのは全体の10%にも満たず。
  16. ぎっくり腰の種類足に痺れを来たすものや足の症状を来たすものには気をつけよう。
  17. 頭の重みが腰痛を起こす、何もしていなくともボーリング玉ぐらいの重さの頭部を支えているだけで腰痛を起こす
  18. 好発部位とその理由下部腰椎で発生することが多くその理由としては体重の60%がその部位に集中するから。また腰椎の前後屈動作の70%が腰仙関節、20%が第4・第5腰椎間で行われるため腰椎のストレスが集中しやすい。腰をかがめるときなど手を両膝に付いたり、壁や手すりに当てるなどして腰椎の負担を軽減することが良い。
  19. aぎっくり腰の発生の9割のきっかけ些細な日常動作で起こる。咄嗟の動作に気をつける。一旦立ち止まるクセを付ける
  20. 腰を屈める動作でのぎっくり腰背中の筋肉が硬直しているときに不意に屈むと起こる
  21. aぎっくり腰から慢性腰痛に移行するメカニズム体が固い → ぎっくり腰発生 → 筋肉に力を込めて我慢する。 → コリができる。 → 慢性腰痛になる
  22. aぎっくり腰患者に共通する亜急性負担若い頃のスポーツや労働などの負担が蓄積して起こる
  23. ぎっくり腰と伸張反射腰の筋肉が急激に引っ張られるとぎっくり腰が起こる。
  24. 腰を屈める動作でのぎっくり腰背中の筋肉が硬直しているときに不意に屈むと起こる
  25. a若い方が陥るぎっくり腰発生数そのものは若者に多い。腰を酷使する機会が多いから
  26. aぎっくり腰の間違ったイメージ骨がずれることはない。むしろまっすぐ
  27. 痛みが腰部で起こりやすい理由使用頻度が高い
  28. aぎっくり腰の痛みはそもそも何なのか?炎症反応によって腰の痛覚が過敏になったもの

腰痛の原因とは何だと思いますか?「歳だ」、「運動不足だ」、「太っているからだ」、「肉体労働だから」・・・最低でも3つあります。



腰痛メカニズム

  1. ぎっくり腰は他動運動で起こる自分の筋肉以外の力が働くこと
  2. ぎっくり腰と空振り野球の空振りのように思いっきり腰を動かした。でも思いの他荷物は軽い。そしてグキッとなってしまうこともある。
  3. a神経圧迫では腰痛は起こらないカイロプラクティック理論では背骨の歪みが神経圧迫を起して腰痛などの不調を招くとするが神経は圧迫されても痛みを起さない。痛みや痺れは筋肉からもたらされるストレス反応による
  4. 慢性腰痛患者が気をつけるべきタイミングどういったときに痛みが起こりやすいのか?痛みが起こりやすいタイミングを意識するだけで多くの腰痛を防止できる。
  5. 簡単に分かる腰痛の仕組み義務教育を終了しているなら理解できる腰痛の仕組み
  6. 腰痛メカニズムの基本余りにも腰痛のメカニズムが沢山あって分からないとお感じの方でも、基本は①侵害受容性疼痛、②神経障害性疼痛、③心因性疼痛の3つから成り立っていることを抑えれば理解が進みます。
  7. ぎっくり腰で損傷しやすい2つの組織特に損傷しやすいのは筋肉、ついで椎間関節と呼ばれるもの
  8. ぎっくり腰は肉離れではない筋肉の障害には4段階がある。肉離れはレベル4、ギックリ腰はレベル3に該当する。
  9. 陥ったときの骨格の変化腰椎の彎曲が強くなることがある。
  10. 腰の負担について腰の負担が大きいのは腰をかがめたり、腕を伸ばした状態 、適切な作業の方法とは?
  11. 平衡感覚の必要性安定が優れていると姿勢を保つための筋力を使わずに済むため腰の負担が少なくなる。
  12. 発生する瞬間の腰部鞭を振るときには引く力と押し出される力が同時に発生するためとても大きな力になる。勢いをつけて中腰になるときも同様
  13. a腰痛と抵抗体に加わる抵抗によって腰を痛めると思うもの。しかし、抵抗がなくなる方が痛めやすい。
  14. a予備動作とぎっくり腰動作は動いている場面だけでなく動く前の準備状態が大切
  15. aぎっくり腰を起こす見えない大きな力ぎっくり腰は目に見えない背骨を折り曲げるようにして働く力によってもたらされる。
  16. 急性期と慢性期の腰痛の違い急性期は筋肉の疲労、慢性期は関節や筋肉の硬直によるもの
  17. 腰痛疾患にみられる2つの力多くのものが牽引力と圧迫力によって生じる
  18. 腰痛と年代別の動きの違い若者ほど活発に動いて、高齢者ほど動かないという一般認識を抱くが、運動学的には全く異なる。
  19. a腰部の過度な圧迫によるぎっくり腰ぎっくり腰では腰を強く反らしたときに関節部に強い押しつけ合う力が生じて関節の軟骨を損傷することもある。
  20. a伸展型腰痛の発生機序腰を丸めて過ごしており、急激に背骨に垂直の力が働いたときに悪くすることが多い
  21. aぎっくり腰の痛みを増幅する他動運動ぎっくり腰の痛みの多くは自分の筋肉以外の他動運動によって強くなる
  22. aぎっくり腰の仕組み大筋群が障害されることで小筋群に痛みを来たすものなどがある。
  23. a腰抜けはぎっくり腰になる腰が引けている状態、腰抜けは力が入らないためぎっくり腰に陥り易い
  24. 屈曲性対マヒが背景にある腰痛は多い腰痛患者の日頃の姿勢を観察したときに膝に曲がったクセがついているケースが多い。僅かにでも膝が曲がると安定を損ねてしまい足腰が緊張するため腰を患いやすくなる。最悪は膝が固まって歩けないこともある。
  25. 伸張反射によるぎっくり腰とその解消法筋肉が急激に引き伸ばされて伸張反射は起こる。痙攣した筋肉に対して垂直に母指押圧を加えることで解消されることがある。

腰痛の医学書に掲載されている、「腰骨が神経に触れている。」、「飛び出したヘルニアが痛みの原因だ」・・・これは全部デタラメです。レントゲン写真を突きつけられてガッカリした方も腰痛は治るんです。



筋肉メカニクスと腰痛

  1. 腰痛は縮む筋肉と、伸びる筋肉の関係で起こる両者の関係が破綻すると腰痛になる
  2. 腰椎の圧力と腹圧腰の変形が姿勢の偏りを生じさせこしに痛みをもたらします。腰椎の変形を防止するためには腰椎に加わる圧力を減らすために腹圧を鍛えることが必要です。
  3. ぎっくり腰発生時の腰の筋肉の状況腰の背筋が硬直しており、筋肉が引きつったような状態になり力が抜けなくなる。
  4. ギックリ腰と静止性収縮主動筋が働くときには拮抗筋はつねに静止性収縮をするもの。
  5. ぎっくり腰と伸張反射ぎっくり腰は伸張反射という無意識に体を落下させる動作によって引き起こされる。筋肉量が少なく、反射が衰えている人ほど伸張反射が強くなる傾向がある。
  6. ワイヤーロープシステムパソコン操作中の首を傾ける動作は偏った筋肉の使用を生じさせる
  7. 筋力の発生様式からみた腰部の損傷形態について遠心性収縮では筋、求心性収縮では腰椎椎間板のズレ、等尺性収縮では骨膜、筋膜が痛みを発することが多い
  8. 急激に身動きが取れなくなるのは筋性防御痛みによって引き起こされる筋性防御による。関節をギュッと固めて筋肉を疲弊させるとともに代償運動を生じさせ、腰に負担を集中させる
  9. aぎっくり腰防止の筋肉の働き筋肉の最大の働きは熱を産生すること
  10. 腰痛と筋肉の間欠的活動動いたり休んだりすることで色んな筋肉を交互に使って一つの筋肉に負担が集中することを防止する仕組みがある。
  11. a筋肉の衝撃吸収作用立ち上がったり歩くだけならそもそもそれほど体には筋肉は必要としません。急いだり速度を高めたときに足元から発生する衝撃を吸収するために筋肉が必要となります。
  12. a大筋群が担う衝撃吸収作用なぜ人にはこんなにも沢山の筋肉が備わっているのか?姿勢を保つだけなら大した量の筋肉は必要としません。
  13. a遠心性収縮とぎっくり腰ぎっくり腰の痛みは手足などを不意に降ろしたときに筋肉が引き伸ばされながら力を発すると痛みを生じます。
  14. a動き始めのぎっくり腰の筋肉の状態固定姿勢で過ごしていると筋肉がキンキンに固まっており急に動くと傷め易い

筋肉には強い動作と、弱い動作があります。強いものなら、どんなに頑張っても壊れません。筋肉にとって弱い動作をしているから腰痛を起こすのです。



ボディーメカニクスと腰痛

  1. ぎっくり腰とハサミの働き何度もぎっくり腰になっている人は、腰が弱ったわけではなく、切れないはさみのように力が上手く集中できなくなっている。
  2. 視覚による運動制御とぎっくり腰人は目で見た情報を様々な処理をして運動制御している。意図せぬ動作ではコントロールが出来ないため痛みが強まってしまう。
  3. 転がり運動とすべり運動①関節部に備わる磨耗を減らす運動メカニズム
  4. 腰と全身のつながり腰は色んな場所の痛みに関係しており、腰を治療することで頭痛や足の痛みなど全ての解消が得られる。
  5. 転がり運動とスベリ運動②ぎっくり腰だけに関わらずあらゆる関節症に関係している転がり運動とスベリ運動について
  6. スベリ運動が失われてしまう原因について初期は軽い筋肉や関節組織の炎症であり、それらによって本来の関節運動が妨げられてしまうなかでスベリ運動を行わなくなってしまうことが大きい。意識レベルでのスベリ運動の復元によって多くの関節痛は自然と回復するものである。
  7. 腰椎を捻挫する使い方腰を屈めた状態で捻ると腰椎を捻挫しやすい。
  8. 3つのタイプ主に前屈型、後屈型、前後型の3つがある。
  9. 運動効率の低下とぎっくり腰何も運動をしておらぬのに腰が疲れやすくなるのはツイスト動作が失われてテコの支点として機能しておらぬから。
  10. カップリングモーション背骨は必ず側屈するときに回旋を伴う。
  11. a背骨の得意な動作と苦手な動作腰椎や胸椎、頚椎の苦手な動作と得意な動作を知っておくだけでも腰痛の緩和となります。動作の意識をちょっと変えるだけで腰の負担を軽減できることでしょう。
  12. 発生を防止するための体の使い方意外にも思える体の使い方の重要性、上半身が過剰に緊張に陥ることでもたらされるものが多い
  13. 発生を大幅に予防するバランス反応について 筋力の低下してしまっている人でもぎっくり腰の発生リスクを減らす方法として、立ち直り反応、平衡反応、そして保護伸展反応を鍛えることで体の姿勢安定を高めることが姿勢保持に腰部や筋力を用いずに済む。高齢者などの筋力の衰えている人に良い。
  14. a腰痛治療でのダイナミックスタビリティー物体は動くことで力を周囲に分散するから負担によって壊れずに済む
  15. a腰を捻ってぎっくり腰を起こしやすい人太っている人ほど腰を捻ってぎっくり腰に陥り易い
  16. 腰を日常で上手く使い分けるとぎっくり腰を防止できる。腰を労わるなら二軸を意識して歩く。腰を鍛えるなら一軸を意識して歩く。
  17. 腰痛を起こしやすい患者の体のクセ体の使い方が受身になっており、能動性が失われている。
  18. ぎっくり腰になりやすい腰部の動き二つの動作を同時に行おうとしたときに多く、お辞儀をするときにお尻を引き込むような腰の筋肉を上下から対抗するように牽引しあう力の発揮をすることで簡単に起こる
  19. 体重移動との関係について背景に腰部のコンディション低下があり、腰椎の前後屈を繰り返すことで腰椎にオーバーストレッチが加わって痛みを引き起こす。
  20. 運動単位の応答不良によるタイプ筋肉量の問題よりも運動単位(神経・筋肉・骨)の応答状態が悪くなっており、十分に筋肉があるにも関わらずしっかりと応答が取れておらず咄嗟に力が入らないことで生じることもある。
  21. aボディーメカニクスではぎっくり腰は防げないどのように体を使えばギックリ腰の発生を防止できるのか?というボディーメカニクスはさほど役に立たないことが明らかになってきている。
  22. a腰の動作が複雑になるほどぎっくり腰を起こす単純な前後屈動作で腰を痛めることは少なく、捻りながら曲げ伸ばしをするなど動きが複雑になることで腰に痛みを起こすことがある。

「筋肉が弱いからだ。」、「太っているからだ」、そう思っているアナタ、ためしにメガネ屋さんで視力を矯正してみてください。理想的な視力に矯正すると、腰痛が起こりにくいことに気がつくはず。体の間違った使い方が腰痛を起こしているのですから。



付録:腰痛は、何でも「ヘルニア」と
診断された時代があった。

病院では、腰痛の診断をする際に、
昔は何でも

「腰椎椎間板ヘルニアでしょう」
ヘルニアの診断をする医者

このように診断された時代があります。

それは、今から数十年前、
ひょっとしたら今でもあるかもしれません。

病院、専門医である
「整形外科」でも、
そのように診断している。

そういった医院が
あるかもしれません。

多くの患者さんは、
病院や整形外科を
信頼している。
だから、お医者さんは

「何でも知っている」

このように考えがちです。
でも実際には違います。

僕は医者ではありません。
なので医者の
毎日のスケジュールは
分かりかねます。

でも、本やテレビ、
実際のお医者さんから
見聞きする話では、
「多忙」です。
多忙な医者
それも「激務」です。

忙しくて

「寝ている時間が取れない。」

かつては過労死する
医者は、めずらしくなかった。


お医者さんは、
医者になるために、
沢山の勉強を積みます。

幼少時代からずっと
勉強をし、トップの成績だった。
勉強をする子供時代

高校時代はずっと
受験勉強で過ごした。
受験勉強をする高校時代

医科大学でもそうだった。
ずっとガリ勉だった。
医科大学での毎日の勉強

20代後半から30代に、
ようやく研修医を終えて、
一人前の医者として、
治療にたずさわる。

多くの医者はきっと、
この時点で成長が止まる。

仕事が忙しすぎるから。
本を読んだり、
勉強をする時間が
取れないから。

患者さんとは多く接します。
でも患者さんが多すぎる。

一人ひとりに
手間をかけられない。
当然「パターン化」する。

判を押したように、
パターン化して患者と接する。

実は、医科大学で教わった多くの
病気に関する情報は、
10年もすると大きく変わる。

典型的なものがヘルニアです。
多くのお医者さんは、
レントゲンで、背骨の隙間が
少しでも狭まって見えると

「ヘルニアです」

このように診断します。

でも実際には違う。
背骨の狭まりは、

腰痛とは何の関係もない。

でも、そのことは言いません。
知らないから。

もしくは、患者さんに
腰痛を諦めてもらいたいから。

背骨の狭まりは、
本当は単なる加齢現象。
背骨の軟骨から水分が
抜けただけ。

にもかかわらず、
それが腰痛の原因だと
診察される。

これが数十年前は
当たり前のように
言われていました。

ひょっとして今でも
そう言われる
のかもしれません。

僕もむかし治療院の
専門学校に通っていました。

学校の教科書の内容は
ずいぶん間違いがありました。
そのことは、後から身をもって
体験しています。

学校で学んだことはきっと
間違いだらけ。
卒業後は、仕事が多忙で、
パターン化した毎日を過ごす。

寝る時間すら満足に取れない。
だから安易に、
「ヘルニアです」
と診断し、
患者を切り捨ててしまう。

多くの腰痛持ちの方は、

間違った診察内容を
ずっと信じている。

何十年も前に、
整形外科で受けた、
間違った診察内容に
ずっと囚われ続けている。

ヘルニアが腰痛の
原因でないことは、
たびたび言われます。

ところが多くの方が、そのことを
検索することもありません。

腰痛の本当の原因が
何なのかを
「知ろうともしない」
わけです。

腰痛のメカニズム関連

腰痛メカニズム関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

原因概要

腰痛メカニズム

筋肉メカニクスと腰痛

ボディーメカニクスと腰痛

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに19個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然

最新情報

ぎっくり腰の寸前

股関節屈曲を他動で動かしたときに途中でつまるような感じがあった

中腰の腰痛の原因は?

ぎっくり腰の時間

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

かかとがムズムズするなら、靴下を履こう

かかとの内側がチクチクするのは?

腰痛学級で腰痛はなおるか?

若い人のぎっくり腰

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ぎっくり腰 寒い

うつむくと腰が痛い

ヘルニアに効く温泉は?

ストレスで筋肉がなくなるの?

運転中にぎっくり腰になったら?

メカニズム関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

原因概要

腰痛メカニズム

筋肉メカニクスと腰痛

ボディーメカニクスと腰痛

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに19個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然