腰痛対策の運動

結論:正しく運動をするには、文庫本一冊分の運動理論が必要。知らないから他人に許可を求めるが、自分の責任でないと運動は成り立たない。

腰痛患者の運動

結論:運動は腰痛の予防にはなる。しかし、炎症中の腰痛を沈静化しない。

  1. ぎっくり腰の治りかけの運動は?無理な運動はしない。
  2. 腰痛持ちにウェイトトレーニングは?負荷の調整が自在で、案外悪くない。
  3. 腰痛持ちにランニングは?あなたの議論するレベルは、「理学療法士」の直接の指導を受けるしかない。
  4. 科学的根拠のある腰痛改善運動腰痛診療ガイドラインで唯一、分かっている腰痛治療に効果のある運動
  5. 腰痛持ちに有酸素運動は効果がある。体力を向上させたり、適度な運動によって代謝が改善する。
  6. 慢性腰痛に運動は効果があるの?科学的には強く推奨できる。ただし、慣れの問題はある。
  7. 腰痛最大の鎮痛は筋肉を動かすこと感覚神経には序列があり最高位にあるのが筋肉を動かす刺激。痛覚を超える刺激で痛みを抑えるから日常で健康に動き回ることが可能になる。ただし恐怖心が強い人は止めましょう。
  8. 最小の努力で取り組める腰痛防止トレーニング骨盤底筋を鍛えると意外なメリットがある。
  9. 腰痛を克服するための筋肉の鍛え方 運動をしたときの抵抗に着目して主動筋と拮抗筋をバランス良く鍛える
  10. 予防にはどんな運動が良いの?有酸素運動による筋温の上昇にて筋膜の伸張性を向上させよう。
  11. ぎっくり腰防止に自転車で鍛えるのは?自転車自体は転倒の危険があったり人によって向き不向きが異なる。ただし、膝には優しい。
  12. aぎっくり腰ピラティス止まってバランスを保つ体操をするピラティスは高齢者の筋トレに良いがぎっくり腰の治療には向かないかもしれません。
  13. aa予防は鍛えるよりも動かすこと筋肉を増やそうと頑張ることよりも動かして使うことで熱産生を高めることを心がけましょう。
  14. 筋トレ、何をやるべきなのか?体脂肪率に着目し男性で20%、女性で25%以上ならば有酸素運動、未満ならば筋肉量アップ
  15. 筋肉量維持筋肉量を保つための努力は1週間に1度のトレーニングで良い。
  16. 対策として鍛錬すべき2つの体力要素①出力系、②制御系、腰痛の防止では制御系の機能が大きく関係する。
  17. ぎっくり腰防止のための自転車運動の有効性関節に加わる負担が少ない自転車運動で足腰を発達させることが良い。
  18. 運動連鎖を意識することによる腰痛防止窮屈な動作は背を丸くする。大きな動作では腰が反る
  19. 発生を防止するための運動療法運動はやり方次第で体温を上昇させてぎっくり腰の発生を大幅に減らす。
  20. 筋肉量が増えるとぎっくり腰に陥らなくなる理由最大のぎっくり腰防止効果は熱産生
  21. ぎっくり腰と最大酸素摂取量車の排気量に当たる最大酸素摂取量は筋肉量が多くなるほど高くなり、少ないほど呼吸を激しく動員するため背中が痛くなる。
  22. 腰痛ケアの運動感覚腰痛を防止するためには①気持よい、②痛いけど気持ち良い、③痛いのうち痛みは避けるようにする。
  23. a腰の低い位置の痛みの予防法ふくらはぎの踏ん張る力を鍛えるとお尻や腰の低い位置の痛みを防止することが出来る。
  24. 体が重い日のランニングは?能率が悪いし、怪我のもと。体を休ませてその分プライベートを充実させる。もしくは毎日取り組める楽なものに抑えた方が良い。
  25. 腰痛予防に気軽に取り組めるワイパー運動うつぶせで両膝をまげて、足をワイパーのように動かすなら、時間が無くてもできる

腰痛患者が運動に取り組んだとき、良くおっしゃられるのが、「運動によって逆に痛くなった」というもの。しかし、それは運動のやりすぎが問題。痛くならない範囲で取り組むこと。少しずつ体力がつくと痛みが起こらなくなります。運動は一時的に腰痛の原因となることは承知しておきましょう。



腰痛患者の運動の考え方

結論:鍛えるよりも、「嫌い」を克服する。

  1. 痛いときは運動はしないほうがいい?科学的には痛くても動いた方が治りが良い
  2. 腰痛はどんな運動なら痛みが収まる?腰の痛みの激しい急性期には何をやっても無駄になってしまう。
  3. ぎっくり腰は鍛えていないからなるのか?鍛えることも大切だが、危険な状況を判断できることで多くは回避できる。
  4. ぎっくり腰だけどジムに行くのは?発症から2週間は避けましょう。
  5. 最初は慎重に体を慣らす初めて行う運動や、慣れない動作、久々の運動をするときには先ずは最初に慎重に体を運動に慣らすことをしましょう。
  6. 腰痛は運動療法なしで治らないのか?運動が大嫌い、苦手、運動不足なのが普通な人、ちょっとでも運動すると拒絶反応を生じる人もいる。
  7. ぎっくり腰発生時の症状を劇的に抑えるトレーニング法腰痛は腰に深手を負ったから症状が重くなって身動きが取れなくなるのではなく、基礎体力の低下しているもの、日常生活をギリギリこなせるぐらいの体力水準のものがぎっくり腰を患うから生活に不自由する。
  8. Qぎっくり腰で動くと痛くても、動く方が良い?動いても早く治ることはない。出来ることが無いときには短絡的な対応を取り勝ち。
  9. 目的筋肉量を増やすことよりも体脂肪を減らすことが現実的
  10. 腰痛治療のための運動運動療法がマイナスとなることが多いので専門家を受診することが必須です。
  11. 腰痛防止に好ましい運動は個人種目人と競い合う種目は無理をして腰を患いやすい。
  12. 動かせる範囲の運動腰痛治療ではどういった運動が良いのか?ということがたびたび取り上げられます。しかし、個々人の体の動かせる範囲は大きくことなります。基本的には自分の無理なく出来る範囲の動作をしているとそのうちに動かせる範囲が広がって行くものです。
  13. 腰痛予防の運動はどれぐらい頑張るべき?自分の体と相談することが大切
  14. 腰痛防止に必要な体力要素腰痛にならないための体力それほど必要ないため、遊び感覚で出来る運動程度で十分
  15. 筋力が衰えて発生するものはどうしても防止できないのか?加齢によって筋力が衰えて発生するぎっくり腰はどうしても防止できないと思われがちだが、衰えの原因は加齢だけでなく筋肉を使わないことにもよる。手の握力などは加齢の影響をそれほど受けないことから筋肉は使ってさえいればそう簡単には落ちないので毎日鍛えることが大切。

「歩いてもいい?」と許可を取ってくる方がおります。でも、「運動は自己責任で取り組むもの。」一定のリスクを伴うもの。最低限の運動理論を学ばなければなりません。知らなくて不安。でも、知らずに済む問題ではないのです。



運動の考え方

結論:自己責任の精神がないと成り立たない。

  1. 腰痛持ちに理学療法士は?リハビリの指導をしてもらえる。指導を受けないと運動時に起こる体の変化を、破滅的に解釈し、運動恐怖症になる。
  2. 運動療法実施の心構え様々な治療法の中で最も注意するべきが運動療法であり、やり方次第で毒にも薬にもなる。
  3. 運動の目標設定はSMARTの原則これまで挫折ばかりで上手く行かなかった人ほど目標設定をしっかりと行うべき。目標の設定方法を間違うと自信を失います。
  4. 腰痛対策の運動法則の違い運動法則を上図に利用してより楽に作業をこなすのがぎっくり腰対策であり、ぎっくり腰防止の筋トレでは逆に運動法則を利用せずに実直に自力を伸ばすことが求められる
  5. 駅前の女性専用30分フィットネスに通うのは?体を鍛えることは根本的な治療として有効であるがどんな鍛え方をしても体質改善には数年の歳月を要するものであるという覚悟が必要となる。
  6. スポーツジムに通うメリットジムに通うことはお金が掛かって奥さんの理解が得られ難い。ところがお風呂会員の節約貢献度を説明すると理解されやすい
  7. なぜジムに通ってもなるの?日常姿勢にアプローチできておらぬから。
  8. 腰の筋肉を疲れさせないための能力の鍛錬法腰の筋肉を疲れないようにするには平衡感覚によって安定性を保つことが求められる。
  9. aaa運動に着手する方法最初はどこかで指導者から教わった方がいい
  10. a腰痛治療における運動学習長期的に痛みを患っている慢性患者では、体の本来の使い方が痛みによって分からなくなっており間違った動作をしていることが多い
  11. トレーニングの認識の各年代の違い若い人は意見を求めることが多く、年配者ほど方法について求める
  12. 運動で気をつけてもらいたい動作腰痛防止のための運動では運動学習の過程に着目しよう。学習過程を無視することで腰痛を悪化させる方はとても多い
  13. 主婦のトレーニング知識何をしたら良いのかという一部分だけでは知識が圧倒的に不足しており、トレーニング理論1冊分程度の情報量が求められる。

小型犬を連れて毎日3キロ歩く人がいました。そして、「腰痛は歳のせいだ」とおっしゃられます。アナタなら何を思いますか?病的な状態でもそこに気がつかないものです。



腰痛対策の鍛える部位

結論:建築物と同様で、低くに筋肉(重量)があるほど安定が高まる。

  1. 背筋を鍛えれば腰痛は治るのか?筋肉は日常で使わない筋肉を鍛えても役に立たない。
  2. ぎっくり腰防止で鍛えるべき筋肉猫背なら背筋とお尻を鍛え、反り腰なら腹筋を鍛える
  3. 重たいものを持上げてなったらどこを鍛えるべきか?デスクワークなどでも腹筋と背筋は日常的に使われており、本当に衰えているのは脚、脚が弱いと踏ん張りがきかないため腰を悪くする。
  4. 防止するために優先して鍛える部位脚の筋肉に弱さがあると慢性的に腰の筋肉が偏って酷使される。
  5. 優先的に鍛える部位足の筋肉を鍛える。
  6. 単一の筋肉を鍛えて治る腰痛はないこのタイプの腰の痛みのときにはこれを鍛えろ、腹筋を鍛えろ、腸腰筋を鍛えろ、色んなトレーニング効果があります。しかし、少なくとも言えることは単一の筋肉を鍛えて治せる腰痛はありません。
  7. 腰を鍛えてもぎっくり腰は防げない足の指先を鍛えると良い。バランスボードがオススメできる。

鍛える上では、体のことを建築物に置き換えてみると、分かりやすいです。地震に強い建築物はどんな共通点がありますか?鉄筋コンクリートのビルであれば何階建てが丈夫なのでしょうか?



なわとびと腰痛

縄跳び

結論:大人の体重では膝と腰を確実に痛める。

  1. 縄跳び、中年だと膝を痛める?痛める
  2. 縄跳びの効果縄跳びは小さな女の子が玄関先や庭先などで安全に体を鍛えるために子供時代に重宝する運動だが、体重の重たくなった大人の女性が行うことは体の負担が大きく長続きしない。
  3. 縄跳びから膝の痛みと腰痛になった縄跳びを好まれる人は多いですけど、確実に挫折し運動嫌いになります。このレベルの人では運動指導を受けるべきです。
  4. 縄跳びをしたら腰痛になった縄跳びがオススメできるのは10代のスポーツマン
  5. 大人の縄跳びは腰痛になる子供のときと同じ要領でなわとびをすると腰をすぐ痛める。

女性は子供時代に、親の目の届かないところにいると危険だからと、多くの方が縄跳びに取り組みました。運動経験が少なく、縄跳びを選びがち。でも選んではいけません。



運動の腰痛対策の効果

結論:腰よりも足を鍛えると腰痛対策の効果がある。

  1. 腰よりもふくらはぎを鍛えよう腰痛を防止するために腹筋や背筋を鍛えることよりもふくらはぎを鍛えた方が腰痛防止効果は高く、腰痛を患う患者の多くはふくらはぎがやせ衰えて足で蹴り出す力が弱っていたり立位の安定を保つ力が不足するため腰にバランスを依存して腰痛を招いてしまう。
  2. 予防に運動はなぜ良いか偶然起こったものであらず。腰部の耐久性、運動性能など筋力の衰えが背景にあるから。
  3. ぎっくり腰は筋トレで防止できるのだろうか?筋トレで筋肉モリモリにしても、腰に衝撃が加わる瞬間に筋肉が腰を保護してくれなければ防止にはならず。防止のためには筋肉のスイッチをOFFからONにすることが良い。
  4. クーリングダウンと腰痛準備運動と整理体操を部活動の前後に経験したことがあると思います。しかし、準備運動は怪我の防止だと分かりますが整理体操の必要性は知られてません。むしろ面倒くさいって思った方もおられることでしょう。
  5. 腰痛予防には有酸素運動予防には運動が良いがオススメするのはウォーキング、有酸素系で脂肪を減らしてから取り組むと効果が高い。
  6. 腰痛対策はどの筋肉を鍛えるの?全部を鍛える。痛みは基礎体力の低下が根本にあり、体内のエネルギー需要と供給のバランスによってもたらされる。
  7. aaバランス能力と腰痛バランス能力が低いと足腰が安定に働き、腰が緊張して脆い
  8. 運動はな防止に必要なのか?動くと関節に圧力が発生して圧力変化によって栄養が供給される。動かないと痛くなる。
  9. a運動で体温を上げれば腰痛を防げる起床後に急に大きな動作をすると腰を痛めやすいので優しい体操で体温を高めよう
  10. 運動不足が腰痛を起こすのは肥満や筋肉の問題であらず運動不足は腰痛になるけど、それはストレスが溜まってしまうからだと考えられます。
  11. a適度な運動が腰痛対策になる腰痛対策のためにはまったくの無負荷よりもある程度負荷を与えたほうが体の故障を防げる
  12. 慢性腰痛の運動療法の効果効果は人によって異なる
  13. ぎっくり腰防止で見落としがちな腕立て伏せの効果デスクワーク中の上半身の姿勢保持に腕の力が役立つ。
  14. 一生懸命にトレーニング頑張っても全く腰痛が治らないのは?目的を有酸素運動と無酸素運動で間違っていることがある。
  15. aスタビリティーとモビリティー腰痛を防止する上では動作力(モビリティー)よりも安定力(スタビリティー)を高めることが良い。
  16. 腰痛対策の筋肉を鍛える是非筋肉が必要であるという説と無くても良いという説がある。
  17. aaa腰痛と歩行速度の関係足腰が弱ると歩行速度が落ちる。

運動習慣がない人では、「疲れる」、「面倒くさい」と運動を嫌います。しかし、運動する人には分かる。衰える方が余計に疲れ、面倒なことを。



腰痛を悪化させる無理な運動

結論:運動は物足りないぐらいで切り上げる。

  1. 徒歩1時間、踏み台昇降1時間は?ぎっくり腰中の医学的には推奨できない。
  2. デッドリフトで腰を痛めた30代男性仕事の休日の日にトレーニングジムで体を鍛えようとして逆に腰を患ってしまう。
  3. デッドリフト ぎっくり腰スポーツ競技者でないものがデッドリフトをするという選択肢がそもそも間違っている。
  4. 運動不足が急にジョギングをすると腰を痛める運動不足解消のためにマラソンをしたらぎっくり腰に陥ったケース、運動の考え方や取り組み方などいろいろ
  5. 大人がジャンプするとギックリ腰になる縄跳び・トランポリン・階段の1段飛ばしなど大人がジャンプ動作をするとぎっくり腰になるものだと考えるべきです。
  6. 毎日マラソンを2時間してぎっくり腰になった原因不明の腰の痛みを訴える男性・・なぜ気がつかないの?
  7. 急に無理な運動をするとぎっくり腰になる腰痛は親世代からの知恵の継承がないため世代を超えて多くの人が腰痛を患う。急にいままでに経験したことのない無理な運動をするとぎっくり腰になるので体を慣らしながらゆっくりと取り組みましょう。
  8. 陥り易い原因は一流選手の真似体力の弱い人が一流選手の真似をすると簡単に腰を患う。
  9. オーバーワークでぎっくり腰になった仕事で酷使した体力を考慮して体を鍛えることが必要です。無茶をするとぎっくり腰になる。
  10. プロ選手の真似は腰痛が悪化する基礎体力のない運動初心者がプロ選手の真似をして運動をすると大抵体を痛めて腰痛を悪化させてしまう。初心者用の運動メニューを組んでもらおう。
  11. 毎日連続で運動を頑張る人は腰痛になる適切な休養をとらないと疲労が蓄積して腰痛を起こします。
  12. 反動で鍛えると腰痛が悪化し、効果も得られず筋トレをするときに反動を使ってグイッと勢い任せに体を動かすと怪我の危険もあるし、筋肉を鍛える効果も少なくなる。
  13. 日頃は運動不足、2時間マラソンしたらぎっくり腰になった足が弱っている人が無理にマラソンすると足が棒になって腰が負担を補おうとし、腰を痛めやすくなる。
  14. ぎっくり腰の原因となる極端な運動運動というものは処方するものである。
  15. 急な運動をして腰痛になるメカニズム多くの場合急に運動をはじめると関節軟骨が剥離して滑膜炎を起こす。
  16. 急に激しい運動をすると腰を痛める運動の間違いとして最初からハイペース、激しい運動をすることで体を痛めてしまうことが上げられる。最初はユックリと運動に体を慣らそう。
  17. 筋トレ負荷設定がきつすぎると?余りにも負荷設定がきついと関節軟骨や関節組織を損傷するため最低でも10回ぐらいの反復可能回数のものを実施すると良い。
  18. 無理な運動は腰を患う鍛える前に腰のコンディションに気をつけるべき。
  19. トレーニングをするとすぐにぎっくり腰になる原因の誤り、もしくは運動内容の誤りがある
  20. デッドリフトはぎっくり腰を起こしやすいもっとも腰を痛めやすい種目である

デッドリフト(重量挙げ)で、ぎっくり腰になる人は多いです。最大の過ちは、「納得」をトレーニングに求めること。限界まで追い込まないと納得できない。だから、腰を患うのです。



普通に運動したつもり、だけど腰痛が悪化した

結論:腰痛患者には普通の体力はない。

  1. ゴルフによるもの骨盤の正中仙骨稜部分の関連痛
  2. 膝が棒立ちで運動をすると腰を痛める膝が棒になっていると走るときの衝撃を吸収できないため腰を痛めてしまう。
  3. 体育で体験した運動は腰痛を悪化させる腰痛患者が行う運動と学校体育の運動は目的が異なる。
  4. ランニング中に腰が痛くなった急に走ると腸内のガスが刺激されてお腹が痛くなることがある。すぐに収まるものが多い。
  5. 腰を反らす体操をしたら腰痛が悪化したやり方を間違っている。目的となる腰椎を狙えていなかったり、体重が掛ったまま腰を動かしていると腰椎を痛めてしまう。
  6. 少し運動しただけでぎっくり腰になる腹横筋の機能不全による腰椎の安定性の低下がある。お腹を凹ました状態から膨らますようにすると背骨の両サイドの腹横筋が左右に背骨を互いにひっぱり合い、背骨がガシっと固定されます。
  7. なぜ運動をすると悪化するのか?トレーニングをして腰を痛めてしまうのは運動に対しての認識の誤りが大部分
  8. 女性の運動習慣「どうして普通にしているのに腰が痛いのだろうか?」若い女性の多くは首を傾げます。ところが女性の多くは意図的に周囲から運動習慣から遠ざけられておりある種の洗脳を受けているのです。
  9. 筋トレをして腰痛が悪化するケース意図的に局部を鍛えようとすると全体のバランスが悪くなってしまい返って腰痛に陥りやすくなることもある。
  10. 運動不足の人ほどぎっくり腰を起こす理由使わない運動神経ほど興奮し易いから
  11. 自己流のトレーニングで失敗した筋トレをはじめるときには優しすぎるかハードすぎるかのどちらかに陥ることがほとんどです。
  12. a腰痛に運動療法は現実的ではない。心が弱った患者でも主体的に取り組めるものを提案する必要がある。
  13. aぎっくり腰の運動運動そのものに腰の痛みを治療する効果はないが、腰の痛みが治まった後には気分転換程度の散歩をするだけでもぎっくり腰の防止となる
  14. aぎっくり腰の防止における動作学習運動の学習は認知→連合→自動相という段階を追って習得を進めなければならない

昔、パチンコ屋でバイトしてました。ある日、40歳の女性が入社しました。仕事では歩きます。初出社の翌日、生まれて初の筋肉痛に驚き、彼女は「入院」したのです。




腰を反らすマッケンジー体操

結論:マッケンジー体操は、心理療法である。

  1. 腰痛になったときの腰を反らす体操なったときの腰を反らす体操
  2. 立って腰を反らす方法変形した腰椎椎間板を修正する
  3. 腰を反らす体操の注意骨盤が浮き上がることで脚に余計な力が入り背骨の動作の妨げとなってしまう。
  4. 腰痛の70%は腰を反らす動きで治る。第四・第五腰椎間での腰椎椎間板ヘルニアが多く、70%は腰を反らす動作で椎間板の変形が基の形状に矯正されて痛みが改善されることがある。
  5. マッケンジー体操オットセイのように腰を後ろにそらして肘で体を支える姿勢
  6. マッケンジー法について前屈するタイプのマッケンジー法は腰部脊柱管狭窄症に有効となる
  7. 腰椎全体の機能性を高める体操立って腰を反らす体操の応用編では、腰に当てた両手の位置を少しずつ高くすることで腰椎全体を固定して反らす
  8. マッケンジー法とウィリアムス法の使い分け腰を屈める動作と反らす動作の体操を用いて腰を調整する。症状によって用いるものが異なる。
  9. ウィリアムズ法は椎間板ヘルニア、マッケンジー法は腰部脊柱管狭窄症前屈するマッケンジー法は腰部脊柱管狭窄症、腰を反らすウィリアムズ法は腰椎椎間板ヘルニアに有効
  10. ぎっくり腰にマッケンジー体操は?安静による腰の衰えを防止する目的のもの。
  11. aマッケンジー体操は心理的効果人間には恐怖や痛みなどを受けたときに体を丸めて防御する本能がある。腰痛の多くはその防御本能によって過剰に折り曲げられた腰椎のストレスによって引き起こされ、マッケンジー体操で反らすことは過剰な腰への恐怖心を改善することにつながる。
  12. aぎっくり腰にマッケンンジー体操は?痛みによって腰周りが緊張しすぎており背が丸くなっているときにマッケンジー体操をすることは完全な誤りではないが、手順をしっかり踏まないと痛みが悪化する。
  13. aマッケンジー体操は姿勢矯正効果背を反らして真っ直ぐにする。背中の筋肉を使わ済む。腰を温存できる。
  14. aマッケンジー体操は椎間板補正効果急性期の腰の痛みを緩和させる効果は無いが、歪んだ椎間板を補正する効果によって姿勢を改善することができる

腰痛持ちの正体は「恐怖症」です。恐怖症を抱くものにとって、腰を反らす動作は、恐怖の克服につながることもありますし、逆に恐怖を募らせることにもなります。



腰痛対策のストレッチ法

結論:ストレッチは素人が100%間違える、最も難しい治療法である。

  1. ぎっくり腰対策なら中殿筋ストレッチ家事や仕事で時間は限られているためセルフケアでは包括的な種目を行う必要があり股関節の内転以外の全ての動作に関係する中殿筋をストレッチすることが有効である。
  2. 両膝を抱え込む腰背筋のストレッチ 両膝を駆け込んで腰の筋肉を伸ばすストレッチは体の固い人向けのストレッチです。自宅でくつろぎながら実施ましょう。お風呂上りに行っていただければ効果が高まります。
  3. 坐骨神経痛のときに有効なストレッチ階段を利用して足を交互にクロスするような方法でお尻を伸ばすことが良い。
  4. 腰背筋のストレッチ丸イスに腰掛けて前屈し、両手で背中の筋肉を引っ張り、腰の筋肉を牽引します。慢性疲労を持った方の腰部ケアに良い
  5. ぎっくり腰防止のための前屈系のストレッチ腰の前屈系のストレッチで股関節や膝が曲がるばかりが伸びて腰の効果を実感できない、腰が硬くて困るという方は仰向けで体を丸めた状態から行う片膝を抱え込むストレッチがオススメです。
  6. 骨盤をパートナーに固定してもらうストレッチ骨盤を固定すると背筋の力を抜き安いがどうしてもパートナーがおらぬ場合は立位姿勢にて腰をテーブルやイスの背もたれなどに固定するのも良い。
  7. 土木作業前のストレッチは?軽い運動をすると筋肉のこわばりが無くなり腰の痛みが軽くなる
  8. 腰痛ケアのおすすめのストレッチは?足を開いて床に腰掛けて、片膝をまげ曲げた側に上半身を倒して行くとお尻をストレッチできる。必ず専門家の指導を受けてから安全に配慮して行いましょう。
  9. 腰を反らすと痛い方にオススメするストレッチ法腰を反らしたり起こしたりすることで腰に痛みを発する方がセルフケアとして行うことが良いもの
  10. ぎっくり腰の防止に有効となるストレッチ法ストレッチは1回で連続してやりきってしまうことよりも複数回に分けた方が効果が高くなる。
  11. 腰痛予防の両膝を抱え込むストレッチお風呂上りに仰向けの状態から両膝を抱え込んで胸に引き寄せるストレッチをすることが良い。
  12. ストレッチで心がけていただくべきことストレッチをすることで背骨をしなやかに動かせるようにすることが大切。このときには強引な方法で体操をすると筋紡錘が過剰に興奮して余計に筋肉が固くなるため車のシートベルトを想起し、ゆっくりと最初から最後まで静かに動かすようにすると緊急停止が発生せず体を柔らかくすることができる。
  13. aaa腰痛治療の自分で行うストレッチ手足に自分の体重をかけて行うストレッチが良い
  14. a腰痛ストレッチの回数腰痛の防止のためのストレッチは出来るだけ小まめに沢山の回数を行うほど効果が高い
  15. a前屈障害型腰痛のストレッチ体の背面の筋肉が硬くなっていることが多いが一度に沢山の筋肉を伸ばそうとすると腰を痛めるため分割してストレッチして行くことが大切
  16. a後屈障害型腰痛のストレッチ頚椎の前面→脛の背面→膝の前面→股関節を反らす→胴体を反らすという具合にパーツ分けして伸張します。
  17. a大殿筋ストレッチの股関節操作大殿筋のストレッチは股関節を組んで屈曲・外転・外旋させる
  18. a体のクセを意識したストレッチ日頃座っている姿勢やたている姿勢などのクセを意識して固くなっている筋肉をストレッチすることが良い
  19. 両膝を胸に引き寄せると腰の筋肉が弛む仰向けから両膝を胸元に引き寄せて30秒数えると良い

疲労を回復させる効果が期待できます。でも、鍛えないと、弱くて疲れやすい筋肉のまま。ストレッチは良い状態を維持することはできても、筋肉は発達しません



運動実施の注意点

運動は自己責任で取り組む認識が必要です。
運動では体を動かします。
1歩でも動くなら怪我の可能性は0ではない。
それは、同時に転倒などの事故もある。
筋肉を使うことによる怪我の発生リスクもある。
持病が悪化することもある。
怪我や体の損傷のリスクを承知する必要があるのです。
怪我を負ってから逆恨みしても遅い。
異議申し立ては一切受け付けません。
必ず専門家の指導を受けましょう。

運動でいただく質問は、運動内容そのものではなく、怪我や安全性への不安

運動についていただく質問はとても多い。
でも、具体的な方法論をお求めになる方は少ない。
一番多い内容は怪我や腰痛の悪化、体に加わる危険性についてです。
つまり、「どうやったら体を発達できるのか?」をお求めになられる方は少ない。

多くの方が本当に知りたいことは怪我なく、安全に鍛えられること。
それほどまでに自分の体を信じることが出来ないでいる。
自信を失っている。
自信を失った女性
本当に皆さんに必要なことはトレーニング理論ではない。
運動療法は、鍛えること以上に大切なことが「慣れる」ことです。
運動に対しての恐怖心はどんなに自己啓発しても治らない。
心のあり方を求めても恐怖心は無くせない。
でも慣れることは出来る。
慣れると不安が少なくなる。
不安が少なくなると、やれることが増える。
行動が広がる。
難しいことはいいんです。
簡単なこと、やれることをまず増やしましょう。
自信がつけば何も不安なく体を鍛えることが出来るのですから。
希望の光

運動による腰痛対策関連

腰痛対策の運動関連

「腰痛対策の運動関連」を、
以下の10個のカテゴリーに分けます。

腰痛患者の運動

腰痛患者の運動の考え方

運動の考え方

鍛えるべき部位

なわとび

運動の腰痛対策の効果

腰痛を悪化させる無理な運動

普通に運動したつもり、だけど腰痛が悪化した

腰を反らすマッケンジー体操

腰痛対策のストレッチ法



運動・ダイエット

「運動・ダイエット」カテゴリーを以下の7つに区分します。

歩く

腰痛患者の運動

運動の安全対策

運動理論

運動の誤解

ダイエット

運動器具

最新情報

ぎっくり腰の寸前

股関節屈曲を他動で動かしたときに途中でつまるような感じがあった

中腰の腰痛の原因は?

ぎっくり腰の時間

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

かかとがムズムズするなら、靴下を履こう

かかとの内側がチクチクするのは?

腰痛学級で腰痛はなおるか?

若い人のぎっくり腰

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ぎっくり腰 寒い

うつむくと腰が痛い

ヘルニアに効く温泉は?

ストレスで筋肉がなくなるの?

運転中にぎっくり腰になったら?

運動・ダイエット

「運動・ダイエット」カテゴリーを以下の7つに区分します。

歩く

腰痛患者の運動

運動の安全対策

運動理論

運動の誤解

ダイエット

運動器具