腰痛対策の道具

結論:必ず靴下を履こう。

腰痛対策での道具の考え方

  1. 腰痛に効くもの何事も考え方が大切ですよ
  2. 腰痛患者の道具の考え方筋肉が衰えるからと便利な道具を拒否するが、すでに衰えている人が使わずにいると余計に衰えが酷くなる。一定の衰えで済ますためにはある程度の妥協も必要でしょう。
  3. 役に立つグッズの考え方ぎっくり腰になってしまったときに必要な道具は、疲労を蓄積せぬためのコルセット、数日間安静にして過ごすための食料、水など最低限のものがあれば良い
  4. 腰痛対策の道具、使うは一時の恥腰痛患者の用いる道具は総じて杖や湿布など老人のイメージがあり使用に躊躇する。しかし、健康な老人ほど積極的に活用して足腰の健康を保っている。使わない人ほど衰えが加速される。
  5. 腰痛対策の道具は買うべき?クーリングオフや返品を受け付けてもらえるのか販売店に事前に問い合わせてみると良いでしょう。
  6. 役立つアイテム松葉杖やコルセット、携帯食や水、オムツ、痛み止めやシップ
  7. 腰をサポートするアイテムを紹介してください。Q腰部をサポートする道具はありませんか?→腰部をサポートする道具には腰部を守ったり・鍛えたりする予防用、腰の牽引や温熱などの治療用、腰部の変形や痛み・衰えを軽減して日常を維持する予後用の3種類があります。
  8. 腰痛対策で最低限欲しいアイテム腰痛対策を謳ったアイテムは沢山ありますが、最低限用意してもらいたいものはイスです。
  9. 腰痛で使う道具は?やはり無難なところで①湿布、②コルセット、③杖になるでしょう。
  10. ギックリ腰に効くグッズは?残念だけど考え方が重要になる。劇的に痛みを解消するようなものはない。見た目が悪くても良いなら松葉杖で痛みを紛らわすのが一番だと思う。

「機械化によって体を動かさないから」ということが現代人の腰痛の原因だとされます。便利な道具の登場によって腰痛が起こった。でも、便利な道具こそ上手く使いこなすことが必要ですよね。



力仕事補助アイテム

  1. 引越しで腰を痛めないための道具引越しで役に立つアイテムは腰痛バンドと、運搬用の台車、複数名で取り組んだり長期的に行なえば道具も要らない
  2. 重たい家具を持上げるには?まさか・・人力のみで持上げるつもりですか?持上げるときに必須なのはテコの要領。
  3. リフトを導入するのは?腰に負担をかけぬために設備投資有効だが使う頻度の高いものから用意する。
  4. 重たいものを持上げる道具には何がある?フォークリフトや油圧式リフト、台車、コルセットなど様々な保護道具・挙上道具があります。
  5. 荷物運びで腰痛を防止するなら運搬ワゴンを使う荷物を持ち上げる動作では極力上下垂直移動だけ膝を使って腰は最小限の使用に留め、水平の移動はワゴンを用いて運ぶことが良い
  6. 荷物運び 背負子は?手の力を使わない。両手が開くことがメリット。色んな持ち方を工夫すると体に掛かる負担は分散できる。でも腰痛を完全に防げるわけではない。

力仕事を補助するにはやはり台車があると便利です。持ち上げるときには力を使わざるえません。しかし、運ぶ動作は道具によって楽が出来るはずです。




腰痛対策における健康器具

  1. 腰痛持ちにフラフープは?単調で飽きてしまう恐れがある。
  2. 腰痛の電気治療の効果は?多くの整骨院で腰に良いとされているが、実際の腰痛治療効果では根拠ははっきりしていない。
  3. ぎっくり腰のときにマッサージ機はいいの?予防や症状が和らいでからなら良いけど、痛みが強い時期は止めた方が良い。マッサージはプロに依頼するべき。
  4. 坐骨神経痛に中山式指圧器はどうか?筋緊張が原因なら血行改善に有効。熟練度が必要で反射調整は素人には期待できません。人によって相性がありますので一度お試しになってみてはいかがでしょうか?
  5. ヘルニア患者に人気の牽引療法器具原因の中でもっと多いといわれている腰椎椎間板ヘルニアを改善するためには牽引療法が必要です。
  6. 青竹ふみで腰痛が治る仕組み 足裏の筋肉をほぐすことでアーチの形状を整え、足底の衝撃を吸収し腰部に加わる負担を軽減することでぎっくり腰を防止
  7. コスモトロンは慢性的なお尻の痛みにどう?長期的な痛みの緩快にコスモトロンは有効性が期待できる。身近な例では多くのものが緩快している。ただし急性期の急激な痛みを軽減させる効果は難しい
  8. 坐骨神経痛にパワーポジションボール腰が曲がっていたり、腰が反っていたりと姿勢が由来するものの方にはとてもおすすめのアイテム
  9. 中殿筋の疲労を手軽にそして優しく癒すための金魚運動マシン注意:「運動」という名称を使いますが、運動器具ではありません。お尻が痛くなったときにはいつもセルフマッサージや整骨院でのマッサージを受けており、すでに揉みまくってお尻がしんどい方が安全に癒す方法
  10. 坐骨神経痛にはヘルストロン優しい電気のシャワーで体を癒すとお尻の辛さが和らぐこともあります。
  11. 坐骨神経痛の方にはVアップシェイパー着るだけで体を引き締める。そして、お尻の負担も!
  12. 腰痛に低周波治療器のオムロンは?ぎっくり腰に低周波治療器などを用いることは良いが急性期の使用は避け、日常ケアとしての利用が良い。気持ち良いと思える範囲に利用をとどめることが大切。
  13. ぎっくり腰に赤外線治療器は?良いこともあるが悪いこともある。賛否の分かれるもの。実施は自己責任で。
  14. a坐骨神経痛 マッサージ機器ほどほどに使うとリラックスと血行促進効果が期待できる。ただし、飽きてしまうことが難点
  15. aぎっくり腰マッサージ機発生したときにマッサージ機を使うことはオススメできないが、日頃のぎっくり腰の防止として取り組むことは望ましい
  16. 家庭用の治療器具による腰痛治療効果用いる基準としては心地良いと思える範囲に留めること。掛かりつけ医にキチンと相談をすることが良い。

やはり大掛かりなマッサージ器は、長続きしておりません。最終的に洋服掛けになってしまいます。マッサージ器を使うのでしたら、温泉施設のものを使うぐらいに留め、手軽な小型の器具を用いることが得策です。



腰痛対策でのカバン・バッグ

結論:余程の重量、長時間でなければカバンの影響は少ない

  1. ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?軽い荷物から実際に持上げてみる。どれぐらいの重量なら大丈夫かを試してみよう。
  2. ショルダーバッグをすると腰が痛くなるショルダーバッグやリュックなどバッグの種類の問題ではなく、荷物の重さそのものだったり、足腰の疲労の問題もある。
  3. 反り腰のカバンは?キャリーバッグを用いると良い。どのような物を用いても胸椎から上で重量物を保持すれば、その土台である腰椎の反りは強くなり、腰に負担が加わることを避けることはできません。
  4. リュックとバッグ、ぎっくり腰になりやすいのは?どちらにも長短があり重心が高いが左右均等なのはリュック、重心が低く尚且つ持ち帰られるのがバッグ、様々な持ち方に対応したものほど良い。
  5. ウェストポーチ療法丸めたタオルをウエストポーチに入れて腰を反らすことで自然な彎曲を取り戻します。
  6. リュックとショルダーはどっち?重心位置が関係する。何を用いても重心位置がおかしければ結局は腰を痛めます。
  7. 腰痛とリュックアイテム関係で多い質問はコルセットやリュックが多いです。本来なら杖が一番防止に有効なんですけどね。
  8. キャリーバッグの腰の負担は?キャリーバッグは腰の衰えた方にオススメできるが坂道の腰の負担は避けられない。
  9. aaaウェストポーチのしすぎで腰が痛くなることがあるのか?ある。美容師さんや大工さんはいつも腰袋を付ける。わずかな重さでも一日付けると腰に影響する。
  10. aaaぎっくり腰のときのバッグの掛け方リュックやバッグなど持ち方を工夫するレベルの問題ではない。キャリーバッグを使おう。
  11. 坐骨神経痛にリュックサックは?リュックを背負うと上半身が前傾する。するとお尻の中殿筋がはたらいてお尻の坐骨神経痛が悪化することがある。キャリーバッグが理想。

荷物の分量にもよりますが、もち方だけでは、それほど大きな差はつきません。気になる型はキャスターつきのバッグを用いるべきだと考えます。



クツ

結論:努力をしたくない人に最もおすすめする腰痛対策が靴である。

腰痛に悩むなら靴で予防しよう

腰痛持ちにヒールは?

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

磨り減った靴は腰を痛める

予防のための靴選び

ハイヒールとの関係

クツ選び

クツとの関係は?

腰痛防止のクツ選びの考え方

ダイエットしたいけど靴のサイズが合わない

aaa腰痛対策の靴の中の構造

aaa靴が窮屈なときには腰痛になる前触れ

aaa靴の重心バランスの見方|腰痛対策

aaa足にあった靴は腰痛を軽減する

aaa妊娠中の腰痛防止では靴に着目する

aaすぐに磨り減る安物の靴は腰痛を起こす

aaa高齢者にも出来る手軽な腰痛対策は靴

a靴底と腰痛

aa磨り減ったクツだとぎっくり腰になる

腰痛対策のクツ選び

結論:クツはイメージだけが一人歩きしている。人体を考慮していない

ぎっくり腰を起こさない良い靴の条件

腰痛対策の靴は歩きやすさで選ぶ

腰痛患者の靴選びの誤解

腰痛対策の靴選びの条件

腰痛対策の靴のお店選び

根気のない人の腰痛対策では靴を選ぶ

間違った靴選びは腰痛を起こす

高齢者の腰痛対策の靴選び

腰痛防止の靴は適度な重みのものを選ぶ

ランニング・スポーツシューズ

結論:クツのメーカーは人体には精通していない

ランニングシューズは腰痛を腰を悪くする

エアーキャップの入った靴は腰痛防止にどう?

腰痛防止にウォーキングシューズは良いのか?

もしも、クツのかかとの外側が磨り減っているものを使っていましたら、小まめに新品と取り替える。それだけでも腰痛対策の効果があります。底が磨り減ると地面と接する面積が減るため、安定が大幅に損なわれてしまうのです。

靴選び

やはり実際にお店に足を運ぶ。そして履いてみる。歩きやすさや、メンテナンスのサービスの有無があるかを考慮してみましょう。安い靴を毎回買い換えるよりも、良いクツをメンテしたほうが圧倒的に安く済みます。

スポーツシューズ

クツは「ランニングシューズ」とか「ウォーキングシューズ」とか種類があるのですが、名前だけで、足の機能性を考慮されて作られたものではありません。



腰痛の足元対策

  1. インソールによる予防土踏まずや足裏にインソールを入れてアーチを補うと衝撃吸収になり背骨の負担が軽減される。
  2. 転倒対策には足袋を履こうスリッパを履く人が多いが転倒のリスクが高いため、足袋を履くべき
  3. スベリ止めマットと腰痛腰痛を患う方では日頃からイスに座っているとお尻が滑って落ちてしまう人もいる。滑り止めマットを座面に敷くと姿勢を楽に保てる。
  4. 立ち仕事の腰痛を緩和するなら踏み台踏み台を用いて立ち仕事をすると立っているときの前に倒れる力を踏み出した足でつっかえ棒として支えることができ、尚且つ腰がストレートになって柱のように体重を支えるため腰の筋肉を働かせずに済む
  5. 踏み台に足を乗せると腰痛を防げる片足を台の上に乗せると腰の緊張が緩和されて腰痛を防止することが出来ます。
  6. 立ち飲み屋の腰痛には踏み台立ち飲み居酒屋では腰が反って腰を悪くするが、踏み台に片足を載せると腰の反りが軽減されて腰痛を防止できる。

例えば足元に踏み台を置いたり、滑りやすい場所に滑り止めマットを敷くなど足元を対策すると安定が高まるので腰痛対策としてはバカになりません。



腰痛対策の杖

  1. ぎっくり腰に松葉杖は?『すぐにでも動きたい』、『少しでも痛みを軽減して動きたい』という人向け
  2. ぎっくり腰における松葉杖の必要性松葉杖はどちらかと言うと一人暮らしの方向けの道具
  3. 一本松葉杖は?ぎっくり腰には1本松葉杖は有効ですが、1本だけならばその後のことを考えると折りたたみ杖が良いでしょう。
  4. 杖を用いるのは?長年の腰痛の中でも腰部脊柱管狭窄症が原因となるものでは杖を用いて腰の負担を軽減しないと症状が進行することがあり、多くの高齢者が自分が杖を必要とする年齢になっても気がつかない
  5. ぎっくり腰と杖ある程度足腰が弱い人、腰痛持ちの人は折りたたみ杖を日頃から常備することが良い。
  6. 杖は指導を受けよう持つ手が逆になると足腰の負担を軽減せず、むしろ筋肉を怠けさせるだけの道具に成り下がってしまう。
  7. 高齢者の防止のアイテムは杖腰を丈夫にするためには体を鍛えることが必要だが多くの方が怪我を恐れて外出を嫌がるため余計に体が衰える。杖を用いることが危険性を減らすことにつながる。
  8. 松葉杖の使い方、片方の腰の痛み左右で痛い側に偏りがあれば1本松葉杖。痛い側と反対の手で杖を持つ。面倒な場合は二本使う。
  9. 腰痛と股関節が痛いとき、松葉杖で歩くのはいいか?自分の体調に疑問を感じるような回復度合いであれば止めるべき。治療を受けよう。
  10. 杖を使ったときの左右の負担の違いは?それは杖の使い方しだい。一般的には松葉杖などでは杖に体重の4分の1から2分の1をかけるものとされる。
  11. 杖の弊害について依存するとバランス能力が落ちたり、筋力の低下につながる
  12. 腰痛に松葉杖は?もっともサポート力があるため大げさではあるが腰が痛いときにはオススメできる。
  13. 慢性腰痛なら折りたたみ杖を携帯しよう普段はみっともなくて杖を用いることはできないが腰の痛みが起こったときだけでも折りたたみ杖を使おう
  14. 軽いぎっくり腰の対処では杖を使う初期の軽い痛みのときに何もせずに過ごしていることで腰が固まって激痛につながることもある。杖を使って腰の負担を緩和するべき
  15. ぎっくり腰と松葉杖松葉杖があるとぎっくり腰には心強い

困ったときに身近にある棒切れを杖にすると歩ける。だから誰に教わったわけでもなく自然と世界中で杖は発生しました。自然発生したものほど効果に優れたものはありません。



衣類・身につけるもの

  1. ぎっくり腰では柔らかい服を着る固い服は動きを妨げて腰に痛みをもたらす。柔らかい服は腰の痛みを和らげる
  2. マスクを使うと腰痛が治る人体をは寒さに晒されると腰痛を起こす。厚着をして外気を遮っても呼吸によって冷たい空気が取り込まれることで腰痛を起こしてしまうため、マスクで冷たい空気を遮ると良い
  3. リストバンドは腰痛予防にどう?中学生からの質問、筋トレ効果はあるがそれ以上にメンタルアップが期待できる。
  4. 防止のために役に立つ衣類は?冬場の寒さは体の筋肉に強張りを生み出してしまうため温かい服装で冷たい外気から身を守ることが必要。軽くて温かいダウンジャケットがおすすめ
  5. 坐骨神経痛に良い下着は?長時間の座位姿勢によってお尻が圧迫されることが原因しているが、それを回避するためにパット付きインナ-ショーツが開発されております。     
  6. メガネと腰痛視力が落ちると顔をパソコン画面に近づけて姿勢が悪くなって腰を痛めます。
  7. ズボンと腰痛腰痛患者の多くが甘く見ているのがズボン、上着と比較すると圧倒的に薄着のまま過ごしている。
  8. サポーターの有効性腰痛対策では保温性を高めるということは非常に有効であると言えます。
  9. 腰痛を和らげる股引腸脛靭帯はゼラチン質で出来ているため、急激な寒冷により短縮すると、腰の負担を増大させるので股引やヒートテックで保温をすると良い。
  10. 耳栓を使った腰痛の簡単な対策法日常では様々なストレスがあり、できるだけ周囲の影響を受けないように耳栓を使うことが良い
  11. 腹巻で温めるとぎっくり腰を防げるお腹を腹巻で温めると腸腰筋が緩んで腰の負担が軽減される
  12. ぎっくり腰防止のための手軽で効果の高いアイテム靴下、足元の冷えを防止できる
  13. ぎっくり腰防止のおすすめグッズは?もも引きやタイツなどの肌着
  14. 坐骨神経痛は一枚余分に着込む寒さが神経にダメージを与える
  15. ぎっくり腰の防止には靴下の重ね履き足元からの熱の漏出を減らせる。
  16. ぎっくり腰防止のためにお勧めする衣類人にとって最大の疲労は熱を作ること。衣服で保温すると疲労が軽減される
  17. ぎっくり腰防止のための便利アイテムとその活用法腹巻でお腹を保温すると腰が良好に保たれる。

腰痛にお困りでしたら、靴下を必ず履いてください。それだけで軽減する腰痛は珍しくありません。どんなに腰痛を対策しても足元の冷えを防止しないと意味がないのです。



その他道具

  1. テントを張ると腰痛が治るキャンプシーズンしか使わないテントはタンスの奥に眠っていることがほとんど。しかし、敢えて屋内や室内で用いると冬場の防寒スペースを確保することができ暖房代金を節減することにもつながる。
  2. 最大の省力化アイテムは水雨や河川などから無尽蔵に得られる水を太陽熱で温めて汚れを浮かすと家事労務の負担が相当軽減されます。
  3. 腰痛対策は柄の長い道具柄の長いホウキやモップを使うとしゃがみ込んだり腰を屈めることなく腰の負担を軽減できます。
  4. 痛みを軽くするための伸縮テープ伸縮テープは筋力の左右差を補うのに有効
  5. 腰痛と住環境住む場所や家のグレードなどはそれほど腰痛には関係しない。しかし、和室やフローリングなどの床の状態には注意してもらいたい。
  6. 擦らずに落とせる洗剤腰痛を防止するためには少しでも労力を減らすことで体力を温存したり、足腰の負担を軽減する取り組みが大切。噴射して放っておけば勝手に汚れが浮き上がる潜在は省力化が可能になるはずです。
  7. お尻の痛い方に助かる食器洗いアイテム流し台と腰の間に挟んで使うお皿洗いの補助アイテム
  8. 腰痛患者の自転車選び低い重心の3輪自転車が理想。電動アシスト二輪車も良い。
  9. お掃除ロボットでぎっくり腰を減らす毎日の労働量が減るほど腰痛のリスクが低くなる。
  10. 腰痛対策は柄の長いものを使おう腰の痛みを改善するためには柄の長い道具を使って中腰にならないようにすることが良いとされる。
  11. 腰痛はメガネで改善できる腰痛を防止するためには安定感が必須。安定感は視力、平衡感覚、足裏の感覚から成り立っている。
  12. ランバーロールによる腰痛対策腰に本来の前彎曲を与えて疲労を軽減する作用が期待できる。
  13. ひざ掛けによる腰痛対策足には脂肪が付き難く寒さに弱いためひざ掛けで足を温めると腰痛対策になる。
  14. 腰痛持ちのドア選びトイレや玄関など前後に引っ張って開けるタイプのドアは腰の負担があるため、可能ならば引き戸を用いることが良い
  15. 腰痛対策では道具を積極的に用いる道具を否定的に捉えて、動かないでいるとむしろ衰えにつながる。
  16. ぎっくり腰を何度も繰り返す患者に絶対必要な道具背もたれのついたイス

やはり柄の長い道具を用いることで、出来るだけ上半身を前傾させずに済むようにしましょう。腰を曲げないことが腰痛対策の基本ですから。



腰痛対策の道具関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

コルセットは別カテゴリーです。

腰痛対策での道具の考え方

力仕事補助アイテム

健康器具

カバン・バッグ

足元対策

衣類・身につけるもの

その他の道具




対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

ぎっくり腰の寸前

股関節屈曲を他動で動かしたときに途中でつまるような感じがあった

中腰の腰痛の原因は?

ぎっくり腰の時間

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

かかとがムズムズするなら、靴下を履こう

かかとの内側がチクチクするのは?

腰痛学級で腰痛はなおるか?

若い人のぎっくり腰

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ぎっくり腰 寒い

うつむくと腰が痛い

ヘルニアに効く温泉は?

ストレスで筋肉がなくなるの?

運転中にぎっくり腰になったら?

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)