腰痛対策

結論:冷えていたら体温を下げない工夫をしよう。冷えている体を軽い運動で熱を作って温めると大きな腰痛対策になる。

お皿洗いでの腰痛対策

結論:最終的には食器洗浄機を買う。

  1. お皿を洗うとき肩や腰が痛くならない方法何かを犠牲にしないと、根本的な改善にはつながらない。
  2. キッチンの流し台が低くて腰が痛い、何か良い方法ありませんか?何事も考え方が大切だと思いますよ。
  3. シンクが低くて腰が痛い、対処法は?特にお金を掛けずに取り組める方法は、踏み台に片足を乗せてしまうこと。
  4. ラーメン屋の皿洗いで腰痛になりませんか?遺伝的な腰痛持ちや腰に不安の有る方ならば心配になるのが台所や水周り仕事ですよね。出来るだけ前かがみ姿勢に気をつけましょう。
  5. 食器を洗うときどうしたら腰痛を予防できますか?中腰動作に気をつけましょう。キッチンの高さが身長に合わず低すぎると腰を屈めて中腰になります。
  6. 腰に負担が掛からないお皿洗いの方法踏み台に足を乗せることが良い。膝を腰板に付けることが良いと言うがもっと楽に出来る方法がある。
  7. 皿洗い腰痛改善策本当に悩んでいるのでしたら、食器洗い洗浄機を購入した方が良いと思いますよ。また、食器を工夫する。汚れ落ちの良いものを使って見てはどうでしょうか?
  8. 腰痛防止のキッチンの高さキッチンが低すぎると腰を痛めやすいので注意を

お皿を洗う動作そのものは、減らすことは難しい。食器洗浄機などの設備投資もできればやりたくない。そうしたら冷え対策に取り組んでみてください。水仕事は体を冷やすため冷えから腰を痛めやすいのです。



作業場面での腰痛対策

結論:中腰にならないこと

  1. 腰を痛めない草むしりの方法は?草が短いうちに小まめに抜く、ヤギを飼う、しゃがみこんで抜き取ること。
  2. 張り切りすぎるから腰痛になるハイペースで仕事をバリバリ頑張る人ほど途中で失速して体調を崩したり、腰痛になります。するとその間仕事が進みませんから仕事が山積みになります。そして山積みの仕事をこなすためにまた無理を重ねるという悪循環に陥るのです。
  3. 田植えの腰痛対策田植え機やコンバインを用いたり、体操をしっかりと行ったりきちんと休憩をとるなど
  4. 綱引きで腰を痛めない方法①自分の体の状態をしっかりと知る。②専門家を受診して体を診てもらう
  5. 腰に負担をかけない乗車前を向いてドアをくぐるようにすると腰の負担が大きいため、後ろを向いて乗り込む
  6. 日常業務で気をつけること立ち姿勢で片側に体重を乗せる習慣は軸足を長くする姿勢となり、脚長差から反対側の足が短縮して腰方形筋にトリガーポイントを発生させてしまう。
  7. 腰を痛めないための掃除機の使い方掃除機の吸引力がゴミを取ってくれるため両手でブラシのようにゴシゴシする必要はない。腰を痛めるだけなので軽い力でかけること。
  8. 雑巾がけでの防止両手で雑巾をかけてドタドタと移動しながら拭く方法は腰に悪いため片膝を付いて片方の手で体勢を支えながらもう一方の手で拭く
  9. 機械化で家事労務の腰痛を減らそう腰痛は家事労務中に起したり、体に蓄積した疲労によって起すもの。ならば近代技術を駆使して家事労務をもっと減らしましょう。
  10. 作業動作では再現性と体重移動を意識する作業動作のムラを無くすことで安定した作業スキルをすることで体力の余計な消耗を減らし作業精度を高めることが出来る。
  11. 掘土での防止法庭仕事や農業、土木業、園芸、造園などの土を扱う仕事での防止法
  12. お料理での腰痛対策調理台の高さに気をつけましょう。台が高すぎると中腰になってしまい足腰を悪くします。
  13. aaキッチンの腰痛お皿洗い。包丁入れ、コンロでの調理、色んな場面で中腰になる。キッチン用のカウンターチェアを備えると良い。
  14. aぎっくり腰防止の小まめな動作の目安固定姿勢が続くとぎっくり腰に陥り易い。体が無意識にモジモジし始めたら軽い運動をすると良い
  15. aモーションマインドが最大の腰痛対策動作の無駄や無理を減らそうとするモーションマインドが大切。節約を心がけるひとが節約思考、エコロジーを心がける人が少しでもCO2削減を考えて行動規範を立てることと同じ考えが大切。
  16. aぎっくり腰 家事出来るだけ最小限の家事に留める。着替えやお風呂ぐらいなら我慢したり、食事も出来るだけ非常食を確保しておくことが望ましい
  17. a肉体労働者のぎっくり腰防止には小まめな汗拭き汗でびっしょりのままだと体温が冷えて体力を失い、ぎっくり腰を起こしやすくなる。
  18. a腰痛対策を一言に集約すると?腰を使わずに、膝を曲げ伸ばしすること。
  19. aぎっくり腰はジッとした状態から急に動くと起こる動く前にこれから動くぞ」と準備状態を作るだけでも発生は減る
  20. 餅つきでぎっくり腰にならないためには?交代で行うことがよい。
  21. 餅つきのぎっくり腰の注意点餅つきをした翌日にぎっくり腰に陥りやすいこと
  22. 主婦の防止のコツ、休憩のタイミング水周りの仕事をしたときには必ず休憩して冷えた体を温める。
  23. ぎっくり腰防止のための腰部の状態を保つ方法イスに腰掛ける姿勢がカーブを損ね、衝撃吸収を妨げる。
  24. a動作経済で腰痛を激減より少ない労力、少ない手数、腰にとって安全な方法に着眼することが腰痛を減らす
  25. aaa腰を入れて腰痛を防止上半身と骨盤を反対に動かす

例えば重たい荷物を持ち上げる場面などがあるならば、その作業を午後の時間帯に回すことができればそれだけでも大きな腰痛対策の効果が期待できます。



一般防止策

  1. 腰痛持ちの釣りは?冷えや海風に気をつける。
  2. 腰痛持ちの長距離バスは?他に選びようがないため、仕方がない。腰の負担を和らげながら利用する。
  3. ぎっくり腰の防止法主に肉体的な要因について考えられるものをまとめました。
  4. 腰痛対策をして腰痛が悪化したときに見直すもの特に運動をして腰痛が悪化した、こんな人は是非ご覧になっていただきたい。
  5. 腰痛防止には律動的な動き腰痛の防止では腕相撲で拮抗しているときのようなジッとした固定された動作よりも、律動的に筋肉を働かせた方が痛みを生じにくい。
  6. 腰痛を自分で治すローテク法の紹介昔ながらの質素な手作業や自然を利用した技術は人が準備のために体を動かしたり、手動でシステムを駆動させたりと体力を使うため足腰の鍛錬となりお金も掛からずに体を苦労なく鍛えることが出来る。
  7. 腰痛対策って何をするの?具体的には日常動作で腰を屈めないように膝を使う。そしてその上で、生活の中で①姿勢、②運動不足、③ストレスに気をつけると良い。
  8. ぎっくり腰の予防は素人には難しいのか?専門家の指導を受けた方が安全
  9. 腰痛の防止は?様々な方向への腰椎の動きを復元することが必要
  10. 声を出す効果は?掛け声をかけることのぎっくり腰防止のメリットは復唱確認による全身の意識の統一である。復唱によって対象物をキチンと確認し集中力を高めた状態で作業を行なうことが可能になる。
  11. 予防について腰の負担を減らして小まめに体を動かす
  12. 無意識で行うフィードフォワード制御によるもの思ったとおりに体が動かずに陥ってしまうケースではしっかりと確かめながら行うことが大切。
  13. 相反性神経支配主動筋を固めるだけでなく拮抗筋を弛める訓練をすると主動筋の力が増す
  14. 日光不足と腰痛太陽に浴びるとカルシウムの吸収を促すビタミンDの合成量が増えるとは言われ、大分世間に浸透したはずだが、多くの患者がなぜそれが出来ないのか?その背景にあるのが老化による戸締り管理が出来ないこと。
  15. 腰痛で最も世界的な治療法腰痛治療では世界的に自然発生している治療法が最も信頼できる。①安静治療、②杖、③心理療法、④衛生水準などがある。
  16. 腰痛防止のために意識的に改善するべきもの絶対に心がけるべきもの①柔軟性、②腹筋力、③BMI
  17. なりにくい体質をつくるには?長期的な腰部に与える負担に着目することが大切
  18. ぎっくり腰の予防の重要性患者の多くが痛みが治まることを治癒だと考えるが痛みが治まることは単なる炎症反応が終了しただけであり、体の拘縮やクセになった病的な状態を脱していないためすぐに再発する。
  19. 適度に体を動かすとギックリ腰を防げる寝正月は体の組織が癒着してぎっくり腰を起こしやすい
  20. aぎっくり腰防止で重視すべきこと防止のためにはどういった動作を防止するべきなのか?という考えよりも腰の調子を整えておくこと
  21. a腰の緊張を緩和するとぎっくり腰にならない。痩せたり、太ったりすると体のバランスが崩れる。腰の緊張となるためストレッチでほぐす。
  22. a短絡的な対策でぎっくり腰は防げない布団やベッド、シップやお薬などのご相談をいただくことはあってもどういったセルフケアが良いのか?ストレッチの方法が本当にしっかり出来ているのか?などの相談をすることはない
  23. 発生を30%軽減する方法運動による体温の上昇。体の温度が上昇すると組織の粘弾性が上昇してぎっくりの発生が減る。ギックリ腰は午前中に発生することが多いため起き掛けに体操をして速やかに体温を上昇させることが有効。
  24. aaa腰痛にならない日常動作とは腰痛のときに無意識にとった合理的動作を普段から行うこと
  25. ぎっくり腰防止のための動作で気をつけるべきことできるだけ直線的な動きを避けて円運動、捻る動作を意識すること。
  26. 日常習慣「頭寒足熱」頭を冷やして、足を暖めると自律神経の働きが整う
  27. 体温管理について体を温めて血流を良くすると良い。全身の40%の熱を作る筋肉を動かすこと。
  28. 防止のための3つの体内条件3つの体内環境である骨・筋肉・体内循環を高める
  29. 機能障害によるぎっくり腰を防止するには?日常を上回る激しい動きに気をつける。
  30. ゆっくり動くぎっくり腰の予防効果ゆっくりと動くと違和感を感じたときにすぐに止まれるので大事に至らない
  31. a腰周りの緊張を抜いてぎっくり腰を防止するには?120度のリクライニングチェアにて、背もたれに背中をあずける。

屋内運動器具などで、20分ぐらいの軽い運動を行うことができれば、ぎっくり腰の大半は防止できます。ポイントは体温が上昇するぐらい体を動かすことです。



生活場面での腰痛対策

  1. 腰痛持ちの自転車は?妥当なのは電動自転車
  2. 腰痛持ちにディズニーは?心理学的には非常に厳しい。
  3. 腰痛持ちにクロスバイクは?腰痛の度合いにもよる。
  4. 雪かきの腰痛は?雪かきと全く関係ない東京都民が考えたいと思います。
  5. 腰痛持ちに飛行機は?飛行機で不安があるなら、海外や旅行先はもっと不安があると思いますよ。
  6. 靴下だけでのフローリング生活はぎっくり腰を起こす高頻度で見かけるぎっくり腰患者の家庭の光景
  7. 読書によるぎっくり腰の防止のコツぎっくり腰の防止にはできるだけ下をうつむかないようにすることが大切
  8. カートを押したら腰が痛い手の力だけで押すと腰に負担を与える。体重を使って全身で押し出すようにすると良い。
  9. 寝起きのぎっくり腰の防止法布団の中で簡単な体操をして体をほぐしてから起き上がる
  10. ぎっくり腰の発生率を40%減らす方法は起床直後に気をつける発生率を簡単に激減させる方法は確かに存在する。たった一つの配慮をするだけでよい。
  11. 腰を痛めずに顔を洗う中腰になって顔を洗面台に近づけると腰を悪くするため、洗面器にお湯を入れて顔に近づけて腰をかがめない。
  12. 犬を飼う腰痛の効果意外な予防法は犬を飼うこと。散歩など楽しみながら世話することで体を鍛えることにつながる。
  13. 気をつけるべき生活習慣姿勢に気をつけ、規則正しい生活と睡眠、食事と入浴をしましょう。
  14. 対策で習慣付けることはフィードフォアード。ブレーシングをしてから動作をするようにクセ付けて腰椎を守りましょう。
  15. 画面の位置を変えるだけで腰痛は治る綺麗な姿勢になって顔の正面に画面が来るようにすると姿勢が楽に保たれます。
  16. 若者はタクシー習慣を止めようついつい歩くことが面倒くさくてタクシーに乗ったりするものだがお金も掛るし、足腰の衰えを招きます。若い方でしたら1時間ぐらいの徒歩移動は良い運動だと思って積極的に体を動かすようにし、タクシー代を節約しましょう。
  17. 自転車に乗るときの腰の負担強く蹴り出すほど反作用を受けて体がぶれるため姿勢を安定させるために腰の力を沢山必要として腰痛になる。
  18. 防止のために心がけたい日常習慣ぎっくり腰になり安い猫背姿勢は日常習慣として対策すべきものであるが、人体の最大の弱点である内臓を外気や外敵から守るために背を丸めるという防衛本能によるものであり、手のひらでお腹をさするクセをつけると内臓が活発化して猫背が矯正されるため日常でお腹をさする習慣をもつことが良い。
  19. 気をつける日常習慣重たい荷物の持上げ方だけでなく日常の体のコンディションにも気をつけるべき
  20. 床暖房で腰痛リスクを減少腰痛患者の多くが裸足で屋内で過ごすことが多い。スリッパや靴下を履くことで体の熱の漏出を防ぐと腰痛のリスクを減らせるが、これらの履物は足裏の感覚を衰えさせる要因ともなり、安定力を損なわせる。そのため床暖房で裸足でも屋内で過ごせるように出来ることが腰痛対策では理想
  21. 車から降りるときのぎっくり腰の防止車から降りるときには腰を捻って降りようとすると痛めてしまう。到着前に背筋を真っ直ぐに保って骨盤ごと数回の動作に分けて向きを変えることが良い
  22. 規則正しい生活のぎっくり腰防止効果人にはバイオリズムがあり、不規則な生活をしていると調子のムラがどうしても出来てしまう
  23. 怠惰な人でもできるぎっくり腰対策どうしても努力したくはないという方はともかくグリップ力のある靴を履きましょう。
  24. 椅子から立ち上がるときのぎっくり腰の防止法立ち上がるときに先にお尻を持ち上げてから腰をかがめると良い。お尻をくっ付けたまま腰を深く屈めたり腰を動かすと痛めてしまう
  25. 朝早くのぎっくり腰は洗顔や歯磨きの中腰に気をつける片足を踏み台の上にのせると中腰の負担が減る
  26. 関節可動域を高めるために必要な動き関節は真っ直ぐな動きでストレッチをしても可動域を高めることはできず捻る動きを取り入れることが良い。
  27. 腰痛を防ぐには関節を動かす正常な関節は存在を感じないもの
  28. 帰省の長時間の運転でのぎっくり腰対策2時間に1回サービスエリアに立ち寄ること
  29. 慢性腰痛患者が注意するべきエレベーター筋肉には筋紡錘というセンサーがあり、過剰な伸張反射を招くと腰痛を悪化させる。とくに気をつけるのがエレベーターの落下のタイミング
  30. 自動車運転によるぎっくり腰前方に進むときの力によって常に後ろに体が引っ張られるため体の前面の筋肉が固まることが多い

ぎっくり腰の大部分の発生は寝起きに起こります。起床直後の体の冷えたときに発生しやすいので午前中は腰痛のことを思い出せばそれだけで腰痛対策にはなります。



腰痛対策の体の使い方

  1. ぎっくり腰にならないための筋肉の使い方腰を屈める動作のときに腹筋と背筋をしっかりと使うこと。
  2. 腰痛防止の筋肉の使い方腹筋を膨らますように力を込めて腹圧を上昇させる。
  3. ぎっくり腰のちょっとした防止法は構えを作るちょっとした防止法としては構えを作ること。腰椎の自然の彎曲を意識する。
  4. 動作経済4原則についてギルブレスによって明らかにされたムリ・無駄・ムラの仕組みを説明
  5. 踏み台に片足を乗せると腰の負担が和らぐ理屈足幅のスタンスが広がって安定が増したり、屈む動作をしゃがむ動作へと変化させることが出来るから。
  6. 一歩踏み込むと腰の負担が減る足を前後や左右などに開くことでスタンスを広く構えると立っているときの負担が軽減されます。
  7. 腰痛にならないための体の使い方バケツを持ち上げるときに腰を痛めぬためには膝を曲げて重心を落として持ち上げること。そして背中を反らしすぎぬようにしよう。空いている手を支えに用いることは腰の負担を減らします。
  8. 動作をゆっくり行なうぎっくり腰防止法起こさぬためには、ゆっくりと動作を行うことで、急激な体勢保持をせぬようにすることが必要
  9. 腰に負担の掛けない起き上がり方①胴体まっすぐに固めた状態でベッドから足をはみ出して足の重さをテコに利用して起き上がる、②仰向けから側臥位になり四つんばいとなってハイハイして壁まで移動して壁につかまって起き上がる、③振り子の要領で足を振上げて振り下ろすタイミングにあわせて肘で床を押してゴロンと起き上がる
  10. ぎっくり腰にならない動きのワンポイントゆっくり動き出して、ゆっくり止まることを心がける
  11. ぎっくり腰防止に気をつけることはヘソ防止のために1つだけ上げるならばヘソの位置に気をつけること。
  12. 腰を入れるとぎっくり腰にならない腰を入れるとはしっかりと膝を曲げて踏み込んで腰を真っ直ぐに保こと
  13. しゃがむ動作で腰を温存老後のぎっくり腰を防止するには出来る限り若いうちからしゃがみ込む動作を意識的に用いることが良い
  14. 腰痛防止には足の効率的な力の発揮に着目する。足の指は斜めに曲げ伸ばしする特徴がある。
  15. 防止のためのマザーハンドの考え方利き腕(ファザーハンド)ばかりを意識していることによるものがあり、使っていない側のマザーハンドをどのように上手く使うかを意識すると力が左右でバランスの均衡が保たれ偏った負担を防止をできる。
  16. ぎっくり腰の慢性化を防止するための体の使い方腰に疲労を蓄積させないようにセルフケアや治療を受ける。膝のバネを使って歩く
  17. 一旦立ち止まってから動くと腰を痛めない止まらずに動くと腰に無理な力が加わる
  18. 低いところに手を伸ばすときのぎっくり腰防止前後に足を開いて手を伸ばす側に胸椎を捻りながら腰をかがめると腰の可動範囲を少なくできる。
  19. 腰痛防止のための歩行の足の使い方歩くときの足の着地の瞬間に膝を軽く曲げることと踵から着地すること。
  20. 予備動作で止まればぎっくり腰は防げるはっきりと分かる動作を幾ら気をつけてもぎっくり腰は防げない。むしろ見えない動作で腰に気をつけるべき
  21. 急に動くとぎっくり腰を起こす筋肉には強制停止装置が備わっており、それが過剰に働くことで腰を痛めてしまうので急に動かないように気をつけよう。
  22. 捻る動作を意識すればぎっくり腰を防げる背骨を支点として駒のように回転する動作が腰痛防止に役立つこともある。
  23. 極端な動作に気をつけるぎっくり腰を頻繁に患って慢性腰痛を起こしてしまう人の多くは極端な行動を取りがち
  24. ぎっくり腰は一瞬だけ注意すれば防げる動き出す静と動の間でぎっくり腰は生じるため予備動作の一瞬に気をつければぎっくり腰を防止することができる。
  25. 斜めに動けばぎっくり腰を防げる直線的な動きは力が弱い。上半身と下半身を使って捻るように斜めに動くと力が強くなり腰痛を防止できる。
  26. ぎっくり腰防止は動かす動作と逆を辿って戻す動作開始は曲げてから捻る、だけど戻すときには斜めに戻す。こういった行きと帰りの動作が異なると腰の負担となる

腰痛は腰を曲げ伸ばしするときの発生が圧倒的に多いです。体の全体を使って動くことを心がけましょう。腰だけを曲げ伸ばすから痛めてしまうのです。



飛行機バランス

「飛行機バランス」とは、両足を前後に開いた状態から、後ろの足を持ち上げて前屈する動作のこと。

結論:軽いものを持ち上げるなら便利

  1. ぎっくり腰防止のための飛行機バランス関節圧痛は関節内部の炎症によって関節の腫れが起こり周囲の袋が膨張して痛みを生じているもの。若者のぎっくり腰では起こり得ない現象
  2. 片足を持上げる前屈動作と腰部負担物を持ち上げるときの動作では両膝を曲げて腰を落として持上げるよりも腰を曲げたときに片足を後方に持上げることが腰の負担が軽減されてよい。片足を後方に持上げると骨盤が前方に傾くため腰椎を深く曲げずに腰を屈めることが容易になり腰の負担が少ない。
  3. 片足を後方に持上げるとなぜ楽に腰を屈めることができるのか?腰を屈める動作のときに発生することが多く、近年では後ろ足を後方に持ち上げた状態で腰をかがめるとぎっくり腰になり難いといわれる。①足を後方に出すと重心が後方に移動し、前屈みになったときの前方荷重を防止できるため腰の筋肉によるバランス保持が楽になり腰の負担が軽減する。②骨盤がより前方に深く傾斜することができるため腰椎の屈曲を少なくできる
  4. 後ろ足を持上げながら低い位置に手を伸ばすとぎっくり腰になりにくい理由両膝を曲げて重たいものを持上げようとするとエネルギーのロスが大きくて疲労困憊になってしまうため状況に応じて足を一歩踏み込んで後ろ足を持上げるようにして上半身と足でバランスを取るようにすると腰の筋肉の過剰な緊張を防止することができ深く腰を屈め腰部の負担を軽減することが可能になる。

床に落ちた書類を拾い上げる場面があったとします。軽い手荷物を持ち上げる場面では、足を前後に開きましょう。そして、後ろ足をもちあげながら前屈すると、腰の負担が軽くなります。ただし、片足で体重を支えるだけの脚力が必要です。



立ち上がり

結論:軽く腰を落とすと立位の腰の痛みが和らぐ

  1. 腰痛持ちのベッドからの立ち上がりのときの注意点浅く腰掛けないと立ち上がりは困難だ
  2. 立ち上がるときの腰痛の防止法立ち上がるときの体重移動では出来るだけ腰を屈める範囲を少なくすると腰に優しい
  3. しゃがめないぎっくり腰と立てないぎっくり腰の違いしゃがめないのは背面筋の硬直、立てないのは前面筋の硬直
  4. 立ち上がり動作に見られる腰痛発作腰痛発作は、立ちあがるときの水平局面や、完全に膝を伸ばしきる腰椎のC字局面からS字局面への変化時に強く引き起こされる。
  5. イスからの楽な立ち上がり方普通に考えれば当たり前のことなのに私たちはそれができなくなっている。
  6. 膝を鋭角に曲げると腰を痛めずにイスから立てる膝が鈍角になると膝に体重を乗せることが難しくなって立つときの腰の負担がましてしまう
  7. イスから立ち上がろうとしてぎっくり腰になった立ち上がるときに腰を痛める人の多くは体の使い方を間違っている。
  8. イスから立ち上がるときの痛みについてぎっくり腰でイスから立ち上がったり、寝転んだ状態から起き上がるときに痛みが強くなる傾向は、腰をかがめた拍子に腰部の椎間板が椎間板後方に分布している自由神経終末を刺激して炎症などが生じていることが考えられる。

イスから立ち上がるときには、立ち上がる前に足を、お尻の真下に引き寄せること。重心移動が減るため、楽に立てます。



着替えと腰痛

結論:腰をかがめないこと。座って着脱する

  1. 靴下を履くときのぎっくり腰の対策イスに座って膝と股関節を曲げて足を引き寄せてから履く。
  2. 靴下を履くときのぎっくり腰対策はイスに座るイスに座ると胴体が真っ直ぐにし、腰の筋肉が緩んだ状態を保ちつつ靴下を履く事が出来る。
  3. 靴下を履いてぎっくり腰になりやすい人柔軟性が低くて腰を曲げられない人、前屈して両手が床に付かない人。片足立ちになったときにふらつきやすい人
  4. 靴下を履くときにぎっくり腰になった片足立ちで不安定なときは腰に力が入る。腰を曲げたときに力んだ腰の筋肉を急に引っ張るため腰の筋肉が損傷する。
  5. 靴下を脱ぐときにぎっくり腰になった腰が凝り固まって疲労すると、靴下を脱ぐときに股関節を深く曲げると腰がグキッとなる。
  6. ズボンをはく動作でのぎっくり腰対策壁によりかかると安定が増して腰の負担が軽減される
  7. ストッキングを履いて起こるものストッキングに問題があるのではなく、腰を屈める中腰の姿勢に問題がある。
  8. ストッキングを履いて悪化腰を深く屈める姿勢に問題がある。力学的に不利な状態で体勢を支えるため腰を痛めてしまう。
  9. ぎっくり腰のときの上着は何を着るべきか?前開きで、ボタンで止められるもの。
  10. ぎっくり腰で、着替えに困っているズボンや、パンツ、靴下の脱ぎ着に苦労します。

着替えでは靴下、パンツ、ズボンをはくときに腰を痛めることが多いです。ダントツで多いのが靴下。片足立ちになった瞬間、腰が緊張するため腰の筋肉が衝撃にモロくなるのです。



中長期的観点でのトイレ・排泄

結論:トイレに手すりをつけると排便が楽

  1. トイレできばると腰が痛くなるこれこそ食事療法がもっとも有効だと思います。
  2. トイレで力むと腰が痛い腹圧を高める動作であるイキミが困難になっている。手摺に寄りかかるようにして少しでも腰の負担を軽減すると楽になることもあります。
  3. 便意を我慢するとお尻が痛い「我慢」は不必要な体の力みを生じさせます。それがお尻の筋肉を緊張させて痛みを起こしたのかもしれません。
  4. 便意をもよおすとお尻が痛くなる便意をもよおすとお尻が痛くなるのは腹筋を酷使して姿勢保持にお尻を代償的に使うから
  5. 長便所と腰痛腹筋の衰えがあったり筋肉量が少ないと便秘は大便の排出がスムーズに行えなくなる
  6. オシッコで目が覚めて眠れず夜間頻尿にはオシッコの作られる仕組みを知る必要がある。前立腺肥大や加齢による膀胱の収縮力の低下、老人特有の高血圧も影響する。
  7. トイレ行きたくて目が覚めるが漏らしてしまう足腰の衰えがあるとトイレに行こうと思っても動くのに時間が掛かりすぎてお手洗いに間に合わずに漏らしてしまうことがある。
  8. 便秘と排便反射についてトイレを我慢すると便秘になる。
  9. 抑うつ状態でオシッコを漏らしてしまう気分が沈みすぎてしまっているときほど手技療法が効果を見いだす。
  10. aaトイレで踏ん張ると、腰がグキッとなる便秘に気をつけよう。玄米をたくさん食べること。スッキリ出ると腰の負担が減るよ。
  11. aaトイレでいきむとあばらが痛い腰が弱っていることがありうる。壁に手すりを付けてつかまると姿勢が安定して腰の負担が減る。
  12. aaトイレでお尻が痛い排便のときに「いきむ」とお尻の筋肉に力が入りすぎてしまう。玄米をモリモリ食べると便通が良くなる。お尻の負担も減る。
  13. aaaトイレでお尻が痛くなるのは底冷えしているからトイレは冷えている。暖房をかけない場所だから。加齢によって排便が大変になるとむき出しのお尻が冷えて神経痛を起こす
  14. aa大便が長時間だと腰痛になる15分以上要する場合は腹筋が衰えて排便が弱っている
  15. a排便に時間が掛かると腰痛になる腰痛防止に必須の腹筋が弱い人ほど排便に時間が掛かる。
  16. a深夜のオシッコはぎっくり腰の危険大深夜の時間帯に目を覚ましてオシッコに行くときは脳の血流が乏しくふらつき易い。踏みとどまってぎっくり腰になることもある。
  17. 腰部が原因となる残尿感腰部の神経促通の低下が排尿を障害して残尿感を生じさせることもある。

慢性的に足腰が弱って衰えている方では、トイレにはどうしても時間が掛かります。底冷えしたトイレに長時間いると冷えによって腰を患います。また、しゃがみ込む動作も腰の負担が大きいので手すりを備えると良いでしょう。座れる洋式トイレが理想。



楽に取り組める対策

結論:テレビやパソコンの画面を高くしてうつむかないこと。

  1. 効率的に腰痛を防止する腰痛は使いすぎる部位に起こり、使わないところにはほとんど負担が掛かっていないため使うところと使わないところのバランスを取る
  2. 腰痛防止と呼吸息を吐きながら腰を曲げると深く曲がる
  3. 楽に防止する方法防止のためには基礎代謝を高めるべく筋肉量を増やすことが良い。
  4. ぎっくり腰防止では日常に着目する動かない関節は固まるので、小まめに動かして固まらないようにする
  5. 手軽に実施できる意外な防止法重たい荷物の持上げ方にだけ気をつけても不十分であり、できるだけ日常の腰部の負担を軽減することが必要。デスクワーク中は腰を真っ直ぐ伸ばすのに足元の踏ん張りが必要となり、足元をフットレストで斜めにすると背もたれに寄りかかったときの体の軸と足元が直行するため体が安定しやすく腰の負担が軽減される。
  6. 使わない動きの意識がぎっくり腰防止となる首や股関節などを小まめに反らすと良い
  7. 足腰が衰えて歩けない患者のものの対策筋肉量の減少による基礎代謝の低下・血液循環能力低下によって血行の悪い所に発痛成分が蓄積することによって発生するメカニズムがあり、足腰の衰えた高齢者に多い。足腰が衰えて満足に歩くことすらできなくても上半身や腕の運動で筋肉量を増やして代謝を高めることで腰痛が軽減することもある。
  8. ぎっくり腰防止のための腰の負担の緩和法姿勢の悪さを矯正すると、背中の筋肉の不必要な動員を改善できる。
  9. 防止するためのキーワードぎっくり腰防止のためにはベクトルを絞って日頃から対策を測ることが大切。簡単に言うと『血流を良くする』ことを心がけていただくことが良く、整体やマッサージ、運動、音楽によるリラックス、ストレッチ、温かいものを食べるなど血流を良くするアプローチは沢山ある。
  10. これさえやれば腰痛が治るものとはそんな甘いものは無いと言われるが、実際には足首の柔軟性を養うと足腰の怪我が2.5倍減るといわれる説があるようです。
  11. どうしたら弱まった腰でも無理せず日常を過ごせるのか?金魚運動マシンで腰を動かし、腰部の動きを良くすること
  12. 無駄な力への意識でぎっくり腰は防げる動作に必要最低限の力の度合いを見切ると腰に余裕が生まれる。
  13. ぎっくり腰を簡単に防止するなら画面の位置を高くする。テレビの画面の位置が適正だと姿勢がきれいに保たれる
  14. 動作前の準備意識でぎっくり腰は防げる「よし!今からやるぞ!」と意識するだけでもぎっくり腰の発生は減る
  15. 腰は消耗品老人になってからぎっくり腰を頻繁に繰返して泣かないためには、腰が消耗品であることを理解して腰以外の部分を出来るだけ運動に参加させることを意識しましょう。
  16. ぎっくり腰防止のために心がけていただくべき日常習慣衣服で体を保温すること
  17. 夜間のぎっくり腰を防止には通路照明が良い暗い通路で躓いたきっかけにぎっくり腰を起こすことがあるから。
  18. 防止するために日常で心がけていただきたいこと気をつけつべきことが寒さ、寒くなるほど体を構成する分子の動きが悪くなるため腰を悪くしやすい。
  19. 簡単な対策法簡単に出来るのが準備運動とウォーミングアップ、体温が上昇してホカホカになると体の組織が柔らかくなる。

腰痛には3つの大きな原因があります。その一つが間違った腰の操作、すなわち「油断」です。常に腰痛のことを想定しておけばそれだけで腰を痛めません。



意識だけで出来る腰痛対策

結論:片時も腰痛のことを忘れないこと

  1. 腰痛予防とは健康を高めること腰痛予防とは専門家が行うものではなく、自分で取り組むもの。些細な積み重ねによる
  2. 小まめな換気はぎっくり腰を減らすチリによる掃除の手間を減らすと、腰を痛める可能性を低くできる。
  3. 意識するだけの手軽な防止法コンディション不良が背景となっているが、日常の仕事が忙しくて満足な時間をとることができず、中々体のメンテナンスに着手できないことが多い。意識するだけで防止できる方法としては背骨の自然な彎曲であるフィジオロジカルカーブをイメージし、背骨の彎曲を常に正すことが良い。
  4. 老後の腰痛が嫌なら立ってできる趣味を座って過ごす習慣は足腰の衰えを招くため腰痛を防止したいなら立って過ごす趣味を持つことが良い。
  5. 簡単に防止できる装備について足元を見直す、スリッパは踏ん張りが利かないため腰の負担となる。
  6. 簡単な対策は室温を温めることストーブなどで体を温めると腰の筋肉の緊張を生じさせずに安全に作業ができます。
  7. ぎっくり腰防止は普遍的な内容に着目するべき個別の特有の動作に着目してもぎっくり腰は防げない。何事にも共通する内容こそぎっくり腰対策では着目するべき。
  8. テレビゲームは腰痛治療に良いか脳内のやる気ホルモンの分泌を促して痛みを軽減する
  9. aa腰痛防止のブラウン効果温度と分子運動は比例関係にあり、温度が高いほど分子運動は滑らかになるため腰痛は減る。
  10. a家庭内でのぎっくり腰の簡単な防止法出来るだけ若者が階段を使う階上で暮らし、高齢者が階下で暮らすことが良い
  11. 防止するための未病についての考え方重たい荷物の持上げ方など物理的な要因だけに着目しても改善にはならないため
  12. aaa腰痛治療では主体的な受診が大切主体的に腰痛について学ぶ姿勢があると腰痛は治っていく。
  13. aa正しい動作学習で慢性腰痛は治る長期間、動かないと本来の動きを体が忘れてしまう。
  14. aぎっくり腰の慢性化を防止するための考え方腰は消耗品と考える。大切に使うこと
  15. 発生を抑える誰にでもできる方法日頃の肉体疲労にストレスが加わることで生じる。ストレスとは仕事の特性上避けることはできず、他人の面倒を請け負うのが仕事であるためどうしてもストレスが溜まる。他人に話を聞いてもらうだけでも随分と体の疲労が抜けるが聞く方もストレスが溜まるためお金を支払う客と店の関係を築ける場所でできるだけストレスを発散することが良い。
  16. ぎっくり腰の簡単な防止の考え方腰部は駄菓子屋のチューペット(氷棒)、硬直+無理な動作で生じるもの。
  17. ぎっくり腰の防止のために行っていただきたい常識的なことしっかりご飯を食べる
  18. ぎっくり腰防止のために役立つ身体シグナルお腹が鳴ったら、食事を食べよう。
  19. ぎっくり腰を忘れないことが最大の防止となるぎっくり腰は忘れたころに起こる
  20. ぎっくり腰防止で着目するべきことなぜ腰に無理を重ねる日常を避けられないのかに着目する
  21. いつ起こるかわからないぎっくり腰を防止するには?片時もぎっくり腰のことを忘れない
  22. 使用度の低い部分を意識する必要性日常生活の中で意識が薄れてしまっている動作や正しい動作を教えて出来る範囲のことをやっていただくことが大切な考え方となる。
  23. 腰痛治療における最も大切な考え方腰の病気のことを知ろうとすることよりも健康な体が本来どのように機能するかを知る

本当に簡単に取り組めること。それは「体を冷やさない」ことでしょう。とくに熱伝導に注意してください。体の1箇所でも冷えているところがあると、そこから熱が奪われてしまうのです。



年末大掃除での腰痛対策

結論:大掃除は計画的に取り組む

  1. ひと工夫最初は軽い荷物から整理すること
  2. 防止法は寝転んで腰を休めること作業途中に横たわって休むと腰の疲労を抜ける
  3. 根本的に改善するには?お掃除ロボットを用いて手作業を少しでも減らすこと
  4. 防止法、既存の設備だけで作業の手間を減らすには?換気扇や空気清浄機で、日頃から空気を換気し、チリを減らすこと。
  5. 荷物の重さを確かめること重さを確認せずに持上げると腰に力が入っておらず痛めてしまうことがある。
  6. 何も道具を使わない防止法出来るだけ十分な体操をして準備運動をし、体が温まってから作業を開始すること
  7. 重たい家具を動かすときの防止法あらかじめ腰部コルセットを装着すると良い
  8. 重たい荷物を運ぶ場面での簡単な対策体温が一日で最も上昇する16時に実施すること
  9. 根本的になくしたいハウスクリーニングを利用しよう
  10. 一人でもぎっくり腰にならずするにはできるだけ計画的に掃除を進めること。
  11. ぎっくり腰にならない高いところのやり方高いところの作業は脚立や梯子を使う。
  12. 溝の掃除をするときに腰を痛めやすい床や畳の隙間、ドアのフチなどの溝の汚れを取るときに腰を深く屈めてしまう。
  13. 長い柄の掃除機でぎっくり腰を防ぐぎっくり腰になりやすい中腰を防止できる。
  14. 荷物整理では折りたたみテーブルがあると腰が楽低い姿勢で整理していると腰の負担が大きい。テーブルは立ったまま作業ができる。しゃがまずに済む。
  15. 年末年始のぎっくり腰を防止するには大掃除後に休むこと大掃除を終えてから休みを挟まずにすぐに帰省すると長時間の運転でぎっくり腰になる。
  16. 大掃除のぎっくり腰を減らすためには?作業をできるだけ分担することで腰をスッキリ楽に過ごしましょう。
  17. 年始からぎっくり腰にならぬための方法について年末の大掃除の腰の負担に気をつけること。

年末は仕事納めがありそもそもがハードスケジュールです。その上で、31日に大掃除、1月1日には帰省、1月3日にはUターンラッシュと無茶を重ねていることがあります。掃除だけでも計画的に取り組みましょう。



腰痛対策関連

腰痛対策関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

お皿洗いでの腰痛対策

作業場面での腰痛対策

一般防止策

生活場面での腰痛対策

腰痛対策の体の使い方

飛行機バランス動作

立ち上がり

着替え

中長期的観点でのトイレ・排泄

楽に取り組める対策

意識だけで出来る対策

年末大掃除での腰痛対策



対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

ぎっくり腰の寸前

股関節屈曲を他動で動かしたときに途中でつまるような感じがあった

中腰の腰痛の原因は?

ぎっくり腰の時間

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

かかとがムズムズするなら、靴下を履こう

かかとの内側がチクチクするのは?

腰痛学級で腰痛はなおるか?

若い人のぎっくり腰

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ぎっくり腰 寒い

うつむくと腰が痛い

ヘルニアに効く温泉は?

ストレスで筋肉がなくなるの?

運転中にぎっくり腰になったら?

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)