手技療法について

結論:手技療法は熟練度によって効果が大きく異なる。一概に賛否を決められない。

手技療法

結論:腰痛を改善するのはプロの手技に限定する

  1. ぎっくり腰、強く揉まれると痛みが楽になるのは?揉むこと自体を否定する説もあるが、賛否が分かれる。少なからず受ける人が恐怖心を抱かない。不安がないことが大前提となるでしょう。
  2. 循環不良腰痛には虚血圧迫法給油ポンプの要領で圧迫して古い血流を押し出して、圧迫から開放すると新しい血流が運び込まれる療法
  3. 痛みと手技急性期には誘導療法、慢性期には揉捏法
  4. 志室穴(ししつけつ)の痛みについて下部腰椎の痛みに随伴して表れ、隠れた痛みであることが多い。
  5. ぎっくり腰予防の即効性のある対策は風市のツボプロに風市のツボを刺激してもらうことで腰の痛みが和らぐこともあります。
  6. 腎兪穴・志室穴・命門穴の腰痛治療効果腰痛の発生は第四腰椎と第五腰椎の間に最も多く、ついで第五腰椎と第一仙椎間で生じやすいです。罹患した患部に直接刺激を与えると腰痛を悪化することがありますが、隣接した第二・第三腰椎間にあるこれらの点穴を治療することで罹患部位の負担を別の箇所に分散することが可能になる。
  7. 筋肉を解すときの注意点腰椎が後ろに反っている状態でグイグイと押してもほぐれない。腰を丸めた状態で押すと解し易い
  8. ぎっくり腰、治療院の施術で痛みが強くなった患者さんには施術の相性がある。当院はこのやり方です。という一色単な治療法は症状の悪化につながることがあります。
  9. 腰痛治療における押圧刺激について筋肉の攣縮を防止するにはジワーと力を加えてゆっくり離すこと
  10. 手技に不慣れな人の対応についてエルフラージュ(軽く流す)から、ニーディング(中度)、そしてフイリクション(強度)と手技に慣らす
  11. 整体施術の大まかな内容主にぎっくり腰や腰痛の施術を行います。
  12. 効く治療と治す治療の違い快刺激を扱うのが効く治療、コンディションの低下した部位を施術するのが治す治療
  13. aaa腰痛の経験的治療法体の細かな部位の動きや刺激への反応から原因を確認すること
  14. a筋肉のリリース効果を高める方法ストレッチをして筋肉を伸張しているときにリリース操作をすると効果的
  15. a坐骨神経痛治療におけるツボ療法の効能筋肉の割れ目に沿ってツボがある。
  16. aぎっくり腰足つぼ慢性期の高齢者のぎっくり腰にはある種有効性があることもある。
  17. aaa治療の手技操作のフォームの安定法手で押さずお尻で押すと再現性が高まる。
  18. ぎっくり腰の一般的な手技療法カイロプラクティックでは骨格の配列を矯正し、マッサージは筋肉の血流を改善する
  19. 筋肉のコリによるぎっくり腰と軟部組織テクニック疲労によって高まった興奮を鎮める、筋肉の操作法のこと
  20. aぎっくり腰では腰以外の要所も治療する環椎後頭関節、胸鎖関節、仙腸関節を治療する
  21. a炎症があっても腰の痛みが緩和される仕組み関節に遊びを作ると痛みが緩和される

手技療法には様々な種類があります。しかし、総じて言えることは強引で機械的な方法は、デメリットが大きいです。強い施術がダメなのではなく、強引なことはいけないのです。



マッサージ

結論:プロがマッサージすれば良くなる

  1. 人工透析にマッサージは?禁忌対象とはなっていないが、注意することはさまざまある。
  2. 腰痛にてもみんは?もちろん、てもみんの関係者も腰痛が治って欲しいと願っているはずですよ。
  3. マッサージがリラックスする理由触覚刺激が本能的なリラックスを与える、反射抑制、物理的伸張、熱伝達、感覚中枢のリセット効果
  4. マッサージの気持良さと体の関係気持ち良いところほど悪いものが溜まっていたり内臓が弱っていたりする。
  5. マッサージにおける手の温度について患者の熱伝導で体温を奪ってしまうと患者の体調が悪化するので熱の状態に気をつけることが必要。
  6. 水虫は衛生上マッサージできない水虫菌が先生の指に感染すると仕事が出来なくなってしまうのでどこのお店もお断りしております。
  7. マッサージの禁忌適応は?傷口や妊婦のお腹、発熱中など気をつけることがいくつかあります。
  8. マッサージの好転反応はどんなものがある?血流が改善したり、体温が上昇したり、運動をした後のような状態になる。
  9. セルフマッサージと他人に解してもらうマッサージの効果の違い自分で揉むほど新たな疲労が溜まる。
  10. 様々な文献で紹介されているマッサージ治療 有効性は高いが素人が実行するには不向き、マッサージ機を用いると良い
  11. ぎっくり腰でマッサージが有効となるケースリラックス目的ならよい
  12. aa揉むのと筋膜リリースの違い揉むのは血流を良くするだけ。筋膜リリースは筋膜にヒアルロン酸を循環させる効果がある。
  13. 揉み方と効果の違いについて痛みを治療するなら深くを、癒しを提供するのなら浅くを施術する
  14. ぎっくり腰治療における揉む治療法の相性について相性の合うあわないは「慣れ」によるものである。
  15. 筋膜リリースについて筋膜は冷えやすいところが固まります。故に脂肪の厚いところには筋膜の拘縮はおこりません。

マッサージを受けることで、多くの患者さんが痛みを緩和します。しかし、マッサージには施術者の熟練度が大きく関係します。一概にどの方法だから良いとはいえない不確定な要素が大きいです。



マッサージの疑問

結論:マッサージはリラックスする

  1. ぎっくり腰で按摩・マッサージ院を受診するのは?受付を拒否されることが多い。
  2. 全身がグッタリするのはマッサージで治るか?治るものが多い、人には先天の気と後天の気があり後天の気が揺らぐことで先天の気が保てないと病気になる。マッサージの最も得意とする分野
  3. リラクゼーションやエステのマッサージは?意外に思えるが有効なケースもある。
  4. 病院の医者はどうしてマッサージしてくれないの?マッサージの資格者が存在するため敢えて手間の掛かるマッサージをする必要がない。
  5. 力が出ないのはマッサージで治るか?力が出ないのは筋肉が疲れていることによるものが多くマッサージで良くなることが多いです。
  6. マッサージで息苦しいのは治るか?症状が和らいでいる人が多い
  7. 体が痩せるのはマッサージで治るか?心理的な不調で感情が沈んでいると筋肉が次第に痩せる。マッサージでリラックスすると痩せるのが治ることもある。
  8. どんなお客様が深夜のマッサージを利用するの?女性が圧倒的に多い
  9. 揉んで治るぎっくり腰と治らないぎっくり腰揉んで治るものは主に筋攣縮と呼ばれるものから由来する腰の痛み、それ以外には余り揉むことの効果はない。
  10. ぎっくり腰では揉む治療はしませんか?揉む治療法は慣れない人には苦痛があるが、その他にも様々な治療法がある。
  11. 筋肉を揉んでも腰痛が治らないのはなぜ?腰痛治療では筋肉ではなく筋膜を治療する。

近年マッサージ屋さんがとても増えました。高齢化社会だということもあります。でも、人が手作業で施術をするため、どんなにマッサージ店が増えても患者さんの数を上回ることはありません。



間違ったマッサージ

結論:マッサージは腕が効果に影響している。

  1. ボールを用いたセルフマッサージ足底筋の硬さによるサスペンション機能の低下によるものの予防のためのセルフマッサージ
  2. 腰痛にオイルマッサージは?リラックスを目的としているためお店に相談すれば断られることが一般的
  3. とりあえず揉むのは?腰が痛いときにとりあえずマッサージ屋さんで揉んでもらうことも悪くはないが、少なくとも国家資格者に禁忌判断をしてもらったり、効果が見られないときに漫然と受け続けないことが必要。
  4. マッサージを受けたらぎっくり腰が悪化して足が痺れた腰痛には様々な原因があり、揉むことで痛みが急激に発してしまうものもある。
  5. マッサージの気持よさと痛みは別問題マッサージを受けたときにどれだけ気持よくても決してぎっくり腰の痛みが緩和されているわけではない。
  6. マッサージでギックリ腰が悪化したマッサージの一番の効果は心理的な作用。正しい方法と、原因をしっかりと判断できていれば有効に作用させることが出来る。
  7. マッサージで揉み返しになったもまれた後は痛みが緩和されたけどしばらくして痛みがぶり返した。痛みが余計につよくなったとしたら何が考えられるか?
  8. 人工透析患者のマッサージは?透析を受けたその日に受けるのは担当医に十分相談してからにしましょう。
  9. 腰を治療しても腰痛が治らない腰痛治療は局部にこだわらず、全体を治療すること
  10. なぜセルフマッサージでは防止とならないのか?自分で揉み解そうとすることで新たな疲労を蓄積するから 促通を良好にし、②関節の柔軟性を高め、③マッサージ効果によるコリの緩和が期待できる
  11. セルフマッサージでぎっくり腰が悪化した原因最初から強い刺激を与えたから。マッサージは刺激に慣らしながら行うこと。

セルフマッサージに関しては、素人である皆さんが自分で揉むため、痛みがあるときに症状を緩和する目的で行うことは絶対に止めましょう。



各種民間療法

結論:どの療法も主体的な取り組みが求められる。

  1. 腰痛にスピリチュアルは?科学的な根拠はない。推奨はしないが、根拠のある療法をやった上で利用するなら良い
  2. ガシャン・ガシャンするベッドの悪影響は?カイロプラクティックで用いるベッドは「演出」でしかない。
  3. トムソンベッドでぎっくり腰が悪化したトムソンベッドは治療院が「演出」として用いており、治療効果に根拠がありません。
  4. ぎっくり腰で鍼灸院を受診するデメリットは?鍼灸は「これが専門」というハッキリした得意分野がない。
  5. ぎっくり腰で鍼灸院を受診するメリットは?メリットは心理的な負担が少ないこと。
  6. ぎっくり腰で鍼灸院を受診するのは?おすすめしません。ぎっくり腰では、ズレた背骨や、骨盤のロックを解消しなければならない。
  7. 鍼と灸の効果の違い鍼は即効性、灸は持続性を求める
  8. 治療とヒーリングの違い両者の言葉は似ているようで異なるもの
  9. 治療とヒーリングの違い②法的な違いからみたもの
  10. エサレンボディーワークによる腰痛予防効果人間の体をエネルギー体ととらえ、受け手と供に行うボディーマッサージ。あるがままを受け入れるボディーワーク
  11. 腰痛予防に世界三大ボディーワークは?世界三大ボディーワークに①ロルフィング、②アレクサンダーテクニーク、③フェルデンクライス・メソットがある。
  12. 腰痛防止に真向法は?四つの体操から成り立つ僧侶が編み出した体操法。実際に行ってみるとかなりの手ごたえがある。
  13. 腰痛防止に操体法は?腰の痛みを防止するためには身体感覚に着目した操体法があおすすめできる。
  14. 腰痛の予防に自橿術は?体の関節の弾みや、反動を利用したリズミカルな体操を行う療法
  15. ぎっくり腰治療におけるカイロプラクティック療法について骨のゆがみを矯正して神経圧迫を軽減する療法
  16. 出張整体とはどういうものですか?整体師が患者さんのご家庭へと赴いて手技治療をすることです。
  17. 民間療法が有効となるぎっくり腰急性の腰の痛みが特に良い
  18. アレクサンダーテクニック直接手取り・足取り体を操作する訓練法
  19. a出張整体とは?ぎっくり腰で動けなくなった方のために施術者が出張すること
  20. 整体ってどんなことをするの?筋肉のコリを取ったり、体のゆがみを整えます。
  21. なぜ整体では治るのに病院でぎっくり腰が治らないのか?病院は処置を手がける場所ではないから。

民間療法の種類は驚くほどあります。治療家の先生でも全ては把握していないはず。無数にあるということは、「病院」が実質の役割を果たせていないということ。



リフレクソロジーと腰痛

リフレクソロジー

結論:痛いところと、くすぐったいところに着目する療法。

  1. リフレクソロジーの腰痛治療の仕組みとは健康の目安を反射区から導いて不安を取り除くこと。
  2. リフレクソロジー療法のメリットとデメリット反射区を利用した健康法の一つであるが西洋式・東洋式ともに脳のエネルギーを大量に使うため疲れることがある。
  3. フレクソロジー反射区の働きを利用して体の機能を回復させる療法
  4. リフレクソロジー仕組みとは健康の目安を反射区から導いて不安を取り除くこと。

ためしに青竹ふみで、立ち上がった状態で毎日10分足裏を刺激し続けてみてください。適度に刺激すると、足腰の痛みが出にくくなるはずです。これは足裏の反射が活発化するから。反射を応用したのがリフレクソロジーです。



手技関連



対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

ぎっくり腰の寸前

股関節屈曲を他動で動かしたときに途中でつまるような感じがあった

中腰の腰痛の原因は?

ぎっくり腰の時間

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

かかとがムズムズするなら、靴下を履こう

かかとの内側がチクチクするのは?

腰痛学級で腰痛はなおるか?

若い人のぎっくり腰

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ぎっくり腰 寒い

うつむくと腰が痛い

ヘルニアに効く温泉は?

ストレスで筋肉がなくなるの?

運転中にぎっくり腰になったら?

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)