ぎっくり腰専門アークス整体院

ぎっくり腰では腰の強い刺激に気をつける

四つんばいの女性動けない痛い

※スポンサーCM

ぎっくり腰は、予期せず起こります。
分かっていてなる人は稀です。
分かっていてなる人もいることは
いるのですが、
そういった方は恐怖症になっている。
ちょっとした体調の変化を敏感に感じとっている
だけのこともあります。

なので、前もって感じた不安が
必ずしもぎっくり腰と関係していない
こともあるでしょう。

ぎっくり腰におちったときには
やってはいけないことがあります。
それは

「急に強い刺激」

を与えないことです。
例えば、ぎっくり腰に関する本を
読みますと、昔の本では
頻繁に

「冷やせ」

と書かれています。
アイシングすることで、
患部の炎症を抑えることが、
ぎっくり腰の緩和に
良いとされているのです。

また、ものの本では、
「温めることがよい」
「マッサージが良い」
「ストレッチが良い」
このように諸説があります。
そして、どんな方法にも
それぞれに
「賛否」の声があるのです。

どうしてそのようになってしまうのか?
賛否が分かれる大きな理由が、

急に強い刺激を
与えてしまうから
です。

例えば
「冷やせば良い」
と聞けばガンガン冷やす。
氷嚢
1時間ぐらい腰を冷やし続ける。
冷凍保存するかのように
冷やします。

また、「温めれば良い」
と聞けばドップリと温泉に
浸かって数時間、腰を加熱します。

「マッサージが良い」と聞けば、
立て続けに3時間も
マッサージを受け続ける。

「電気治療が良い」
と聞けば機械のボリュームを
全開にして、強い電気を
何十分も浴び続ける。

ストレッチもそう。
グイグイと強引に、
伸ばして何とかしようとする。

痛みがあるときに
強引に体を刺激する。

最も痛みを悪化させるのは、

「何をするか
ではありません。」


どのような療法にも、
その療法が目的とした、
治療効果があります。


血流の循環を良くする。
炎症を緩和する。
老廃物を除去する。
筋肉の緊張を取るなどです。

ところが問題は、
それをどのように
実施するのか?
ということ。

例えば、極端な話をすれば、
絶対安静と言われるぎっくり腰でも、
運動をすることだって効果はあります。

やり方さえ適切ならば、
痛みを緩和する効果があります。

つまり、体にとって
強い刺激を避ける。
ほどほどの刺激を用いる。
そして優しい刺激に体を
慣らす。

慣らした後に強い刺激に
もなじませる。

こうしていただけると、
腰の痛みの強い感覚も、
次第に慣れてきます。

動きが柔らかくなり、
痛みもずいぶんと
緩和されることが
あります。

腰が痛い女性

腰痛対処

結論:まず冷静になる。

ぎっくり腰、腰椎に炎症が出来て治癒できるのか?

体に何らかの不調が見られたときの対応

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法

ぎっくり腰になったら?

お風呂の入浴はいつまで控えるの?

ピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰を早く治す

回復までの過ごし方は?

外出先で陥ったときの対処

陥ったときのスタッフ到着までの待機方法

ぎっくり腰はどこに相談したら良いの?

すみやかな社会復帰の方法

病院や整形外科と整体の治療法の違い

緊急判断

結論:痛みの強さに関係なく、医療機関では軽症扱いとなる

ぎっくり腰は病院に行かないと大変なことになるか?

ぎっくり腰の対処がいろいろあって分からないときはどうするべきか?

登山で同行者がぎっくり腰になった

ぎっくり腰は「軽症」なのか?

ぎっくり腰を緩和するための「刺激閾値」

ぎっくり腰では腰の強い刺激に気をつける

ぎっくり腰は知らずに救急車を呼ぶと長期入院確定

ぎっくり腰で絶食するのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

ぎっくり腰の診断は?

運転中にぎっくり腰になったら?

救急患者の判断基準

ぎっくり腰の症状チェック

緊急なのは?

第一印象で判断するべき患者

外因性発痛と内因性発痛の判別

軽いぎっくり腰、どうしたら良いの?

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開