腰痛と関連性のある症状

結論:患者は基礎体力が低下している。体力の衰えたものに見られる全般的な症状が腰痛を複雑にしている。

関節の音

結論:多くの音は日常生活に支障を来たさないので気にしない。

  1. 背中や肋骨がポキポキと音がする肋骨のゆがみは治せないのか?実生活に支障があるかどうかに着目すること
  2. 歩くと脊椎から音がするのは?筋肉不足や神経症のことがある。
  3. 腰骨の音がなるキャピテーションという現象によって起こるものもあれば、関節拘縮によって起こるものもある。
  4. 腰がゴリって音がするのは?関節が弱っている人、痩せている人(背の高い人)、日頃の姿勢が悪い人に多いです。
  5. ぐきっと音がしたグキの音の多くは椎間板の髄核という組織がずれた音
  6. 腰の骨がギシギシ音がするのは?関節から聞こえる音にはステージがある。進行が進むとギシギシ言う。
  7. 歩くと腰がコキコキ鳴る筋肉が落ちすぎている人、神経症(ノイローゼ)などを患っているときに見られることがある。
  8. 歩くと腰の骨が鳴る歩いているときに腰骨からコキコキ音が聞こえる。背骨の軟骨の機能が落ちている人に見られる現象。でも、他にも関係していることがある。
  9. 足の指がポキポキと音がなる動かさない関節は固まって歪んで音を立てる
  10. aa歩くと腰周りが、コクコクと音がする。なんの前触れ?防音材になるはずの筋肉量が少ない。遠い将来に寝たきりになるだろう。
  11. aaa骨の音を自覚する人が気をつける神経症脳の病気や脳の働きが悪くなってしまうと、神経症を患う。ノイローゼになって些細なことが気になってしまうこともある。
  12. 腰骨からポキポキ音がしますが前兆ですか?それは背骨S字が無くなっていることを物語っております。ぎっくり腰に必ずなるわけではありませんが、ぎっくり腰予備軍の1つです。
  13. aぎっくり腰の音ぎっくり腰発生時の音はピキという乾いた音、グキっという鋭い音、ゴリッという鈍い音など様々ある。
  14. aaa前かがみになると骨が鳴る骨が鳴るのは前屈みになったときに関節の隙間が広がるから。関節に溶けていた「ちっ素」が一気に気泡化する。
  15. aaa腰がパキパキ音がなる窒素が関節の中にたまって行くから。小まめに足腰を動かす。首を回したり腰を動かす体操をすると良い。
  16. aaaヘルニアで腰の骨がポキッとなる理由ヘルニアのせいではない。腰骨の関節を動かす頻度が少ないからだ。関節を動かさないと窒素のガスがたくさん溜まってしまう。
  17. aaa腰の骨がメキメキする背中を丸めて座るクセがあると、腰骨が曲がってメキメキとめり込むことがある。
  18. a腰 ポキポキ腰がポキポキ鳴る人ほど関節がゆるい
  19. aぎっくり腰でゴキッと聞こえても骨はずれない筋肉から聞こえる音のことが多い。
  20. a高齢者の慢性腰痛に見られるポキポキ音関節の潤滑液が染み渡っていないときに起こる音
  21. a慢性腰痛での注意、関節がゴリゴリする体質筋肉量が減りすぎているため関節に供給する血液量が減少して関節症変化を起こしやすくなっている。

関節は動くことで「呼吸・栄養供給」をします。活動量が少ない人は、関節が栄養不足でガタガタになり、音がなりやすいです。



背中の症状

結論:背中の筋肉の症状には、呼吸の苦しさがある。

  1. 背中の骨が引っかかる感じってなに?原因をあれこれと考える前に、詳しいきっかけを教えていただけると助かります。
  2. 腰部と背部の境目の痛みデスクワークで集中しすぎることで生じやすい。腰を屈めて画面に顔をちかづけていると腰に疲労が蓄積されてしまいます。定期的に背もたれに寄りかかって腰を伸ばしたり、立ち上がって足踏みを踏んだり、腰をグルグル回して腰部の強張りを作らぬようにすることが大切です。
  3. 背中と腰の境目の痛みお腹・お尻・太腿裏の力が抜けた受動的脱力姿勢によってもたらされる。
  4. 背中の辛さと呼吸の苦しさの関係寒さによって背中の筋肉が縮こまると背中の筋肉が辛くなり胸郭で呼吸をする胸式呼吸が妨げられて呼吸も苦しくなる。
  5. 背中の疲労により呼吸困難になった症例背中が疲労を蓄積すると肋骨の動きを妨げて呼吸困難を起こしてしまう。
  6. 背中が痛くなるものデスクワークの腕を前に出す姿勢による重心偏移によるもの、
  7. 背中がピリピリして辛いのは脊柱起立筋の筋区画内圧の上昇による血流障害猫背になると脊柱起立筋が引っ張られて細くなり筋肉の内部が狭まるため血流が障害されてピリピリしてくる。
  8. 背中が痛くなるの腰痛の特徴はSLRテスト陰性背中の痛くなるタイプの典型的な特徴は股関節が柔らかい人ではSLRテストが陰性になることがあるということと、体幹の水平回旋で疼痛が誘発されることである。寝返りを打つことが困難になる。
  9. 長時間立っていると背中が張ってくる実際には立っているから背中が張るのではなく立って何かの作業をしているから背中が張る。正中線をキチンと保つと背中の疲労は随分と軽減できる。
  10. 背中の筋肉の硬直による痛みを訴える女性上背部で生じるぎっくり腰では腰の痛みもあるがときに呼吸が障害されてしまい苦しくなることもあるので注意が必要となる。
  11. 背中の痛いぎっくり腰の関連痛について飲みすぎて内臓が疲れると背中が辛くなることがあります。
  12. 腰と背中の境界部付近の辛さについていつもじっくり整体を受けないと逃れられない肋骨付近の辛さの正体とは・・・
  13. イスに座ると背中が痛くなります背もたれのついていない椅子は背中が疲れて痛くなります。
  14. ぎっくり胸胸椎の高さにみられる背中や肋骨の痛みの総称
  15. 夕方になると背中が痛い筋肉が衰えて弱っている可能性がある。段々と背中の痛くなる時間が年々早くなって行きます。
  16. 腰痛患者に見られる背中の痒み長時間のデスクワークや立ち仕事など背中の筋肉の緊張が続くと現れる症状であり、マゴの手でポリポリと掻いても根本的な対策とはならない。

背中の筋肉が緊張を強いられると、緊張した部分の血流が途絶えます。すると途絶えたところの細胞の活動が悪くなり、ピリピリというかゆみに近い違和感を生じさせやがて痛みに変わります。



背中痛の原因

結論:背中を痛めるのは背中を丸くしているから。

  1. Qピアノの演奏をしたら背中が痛くなったのは?脊柱起立筋の痙攣が考えられる。演奏中の手を前に出した姿勢を支えるのに酷使される。
  2. 背中の痛みと腕の位置腕の長さによるテコの不利、腕を水平位置に近づけることでの背中の酷使、頚椎や胸椎の姿勢の影響、気温など様々な影響がある。バストバンドで胴体を固定して負担を軽減する。
  3. どうして背中が痛くなるのか?背中を痛めてしまうものは脊柱起立筋による背筋を伸ばした負担が原因。
  4. 本当に腰背部の筋力の衰えが原因なのか?気力・体力ともに衰えてしまった高齢者には取り組むことが困難である。代わりの方法としてオススメするのが腰背部の主力の背筋に拮抗する腹筋の柔軟性向上、うつぶせから腰を反らせるのかを見てこの筋肉の緊張性を評価し、緊張性が有る場合には腹筋をストレッチすると腰背部の筋肉の働きの制限を軽減することで筋力を向上させることができる。
  5. 上背部の痛みの理由寝ている姿勢が原因で朝の起きがけに上背部が辛くなることがある。
  6. 上背部が原因となるもの胸腰椎移行部の彎曲が大きくなると背中の筋肉を酷使する。
  7. 冬場特有の背中を丸める姿勢によるもの背中が痛くなるタイプでは肋骨を拡張するように手技操作をして背中の筋肉を伸張することが必要
  8. 背中の痛みの背景にあるストレス症状ストレスが溜まると胃腸や腎臓が障害されて背中が痛くなることもある。
  9. 背中のぎっくり腰の発生原因と対策なぜ背中が辛くなるのだろうか?そのメカニズムに関係するのがオーバーストレッチ
  10. ぎっくり腰の発生要因デスクワークによる背部の痛み軽いものをもちあげたのに背中が急激に痛くなってしまう理由
  11. 背中のぎっくり腰は呼吸動作によって起こる運動不足の人が息が上がるような動きをすると背中が痛くなる。
  12. 背中、外側肋骨横突起間靭帯によるもの肋骨と胸椎の関節で呼吸などの肋骨運動の支点となる部分をつなぐ肋横突関節靭帯がデスクワークなどの呼吸運動の現象によって機能不全に陥り血流悪化から発痛物質が蓄積してしまう
  13. 背中のぎっくり腰と寒冷刺激の関係冷たい空気によって体が冷えないように呼吸筋が肋骨を狭めると背中が痛くなる

イスに長時間座って背を丸めていると、背中を患います。姿勢の悪さが関係しております。背筋を伸ばして下をうつむかないようにしましょう。



背中痛・その他

結論:背中の辛さは背もたれに寄りかかると良い。

  1. 最初は背中が痛かったのになぜ腰に痛みが起こったのか?通称「抱っこ筋」を患うと、背中の胸椎の動きが妨げられてしまうから。腰椎の運動負担を増やしてしまう。
  2. 背中のぎっくり腰を起さないようにするには?リクライニングシートに背中を寄りかけて、背中を休めること
  3. 背中を背もたれに密着すると腰痛が治る背中を丸めているときには丸くなった頂点に折れ曲がる力が加わるため、丸くなった頂点を背もたれに寄りかけて弱いところを補強すると腰痛にならずに済む
  4. なぜ背中が丸くなって腰を痛め易いのか?腸腰筋論
  5. 背中を丸める姿勢によるもの背中を丸める姿勢をしていると腰部の椎間板の機能が損なわれるため座るときなど腰に衝撃が働くと腰を悪くする。
  6. 仕事で背中を痛めない方法背中が痛くなってしまうのは比較的に背が高い人に多く、胸棘筋や下後鋸筋の過度の使用がある。
  7. 重たいものを持つと背中に筋肉は付くか?ぎっくり腰防止のために重たいものを持ち上げて背中を鍛えるのはあまりにも危険性が高いので直接指導者の指示を受けましょう。
  8. 背中のタイプの対策法 脊柱起立筋の異常緊張によるもの。背筋を真っ直ぐ伸ばした状態を保持することで発生する。背もたれに寄りかかることが良い。
  9. 背中のぎっくり腰を予防する日常ケアは?立位体前屈が良い。
  10. 背中のぎっくり腰のアプローチ法背中が辛くなるタイプのぎっくり腰では呼吸動作に影響する肋骨横突関節や、胸椎肋骨関節が原因となることがあり、血行不良を改善するためには胸椎肋骨関節では棘突起から一横指を垂直押圧、肋骨横突関節では二横指を内側から外側へ向けて押圧する。

背中の症状を感じている方はまずリクライニングチェアを使っていただきたい。デスクワーク中に背中や腰が疲れたときにはしっかりと上半身の重さをイスに預けましょう。



肋骨の痛み・肋骨の症状

結論:咳をしたとき、寒さを我慢しているときに起こりやすい

  1. 肋骨の痛み背中で体重を支える不良姿勢によってもたらされ、柔軟性の低下による代償動作や、モーターシリンダーシステムの機能不全が関係している。
  2. 肋骨痛によるもの高齢者の肋骨骨折との鑑別が必要、ほとんどのものが背中で上半身を支える姿勢だったり腰椎椎間板ヘルニアだったりする。整体で対処可能
  3. ぎっくり肋骨風邪を引いたときに見られる肋間筋の痙攣が多い。咳やクシャミを連発すると背中が攣ってしまう。
  4. あばら骨・肋骨が痛いのはいきみによるもの「いきみ」動作が大きく関係している。日常で重たい物を持上げたり、体位を変換したり、排便をしたりと色んなところで「いきみ」をしている。
  5. 肋骨付近が痛くなるものの原因は?デスクワークのときの腕の高さが関係しており、高めにすることで肩甲骨を固定するために背中の筋肉が酷使される。
  6. aaa肋骨の痛みの後、ぎっくり腰になった肋間神経痛の関連痛のことがある。痛みは我慢すると周りの筋肉に負担を掛ける。
  7. aaaトイレで踏ん張ったらアバラが痛くなったお腹に力を込めて「いきむ」ときに肋間筋に力が入ってしまうことがある。筋肉が攣ってしまうと痛い。安静にして良くなることが多い。
  8. aaa肋椎関節とぎっくり腰肋骨と背骨の境目の関節が酷使されることで背中に痛みを来たすこともあります。
  9. 肋横突関節の機能不全によるぎっくり腰呼吸機能が衰えた人が激しい運動をすると、背中の痛みを起こす
  10. 肋間神経痛とぎっくり腰の関係ついて。背中が痛くなるぎっくり腰と特に関係の深い肋間神経痛、呼吸障害なども来たす。

背中を床面に密着して、強く息を吸い込むと肋骨の動きが妨げられて、肋骨の隙間の筋肉が攣ることがしばしばありますので気をつけたいもの。



ショック症状

ショック症状とは、痛みや精神的なショックでもたらされる身体反応のこと。精神的な動揺がきっかけとなる症状

結論:痛みは体のあらゆる働きを弱める。リラックスしよう。

  1. 顔色が悪いとぎっくり腰になりやすい血管収縮を司る交感神経が興奮すると筋肉に巡る血流や皮膚の血流が悪くなり固い筋肉となり腰を痛めやすくなる。
  2. ショック症状痛みや精神的な刺激によって一瞬気を失うショック状態、蒼白・虚脱・冷汗・脈拍不触・呼吸不全に気をつけよう。
  3. トイレでぎっくり腰になって嘔吐しました。申し訳ございませんが内科を受診してください。
  4. ぎっくり腰で吐き気がある痛みによる体の緊急反応、精神的ショックなどによってもたらされる
  5. ぎっくり腰で気持悪いぎっくり腰では痛みによる自律神経反射や体性内臓反射が気持ち悪い症状を引き起こすことがありますが、腰から由来する痛みであれば寝ることで気持悪い症状もすっきり収まることが一般的です。
  6. ぎっくり腰の二次的症状ぎっくり腰では特にこれと言った後遺症は無いが、痛みが様々な二次的な症状を引き起こします。
  7. ぎっくり腰で脂汗が出るぎっくり腰に陥ったときに汗ビッショリになってしまうケースは痛みを我慢するために筋肉に力を込めて酷く力みを生じている可能性が高い。
  8. ぎっくり腰で目の前が暗くなることは?心理的な動揺によりショックを起こすと、クラクラとめまいがすることがある。目の前が暗くなる。

痛みに晒されると、心理的にもパニックになります。ビックリして心臓がバクバクしたことがありますよね。精神的な動揺が体の働きを過剰にしたり、停滞させてしまうのです。



東洋医学

  1. 背景となる汚血の症状汚血の症状としては①発疹・痒み、②炎症
  2. aaぎっくり腰の虚症と実証機能が亢進するのが実症、減退するのが虚症   
  3. aa東洋医学の腰痛の分類外因3つ、内因4つ
  4. 腰痛疾患と汚血の関係性汚血はほぐすのではなく、排液すること
  5. 水毒とぎっくり腰の関係過剰な水分摂取は筋肉のコリを生じさせる。
  6. 昇症・降症との関係下半身の筋力の衰えなどが背景にあり下半身で熱を作り出すことができなくなると優先順位の高い上半身に血流を集中させて昇症が現れる。
  7. 気滞型腰痛の特徴痛みの場所が変化し、痛みそのものは軽い。しかし、もっとも深刻
  8. aaa汚血型腰痛の特徴血流が滞って起こる
  9. aaa腎虚型腰痛の特徴高齢者に多い。熱が少なくなって起こる。
  10. 背景となる腎虚下半身の虚脱性の症状により足の踏ん張りが弱まったり、腎臓の血液産生能力が停滞してスタミナ不足を引き起こしたりする
  11. 東洋医学から見た発生原因頭熱・足寒(頭に血が上ってヒートアップしたり、足が冷えてしまったり)が原因で血流が悪くなり、血流の悪い所に?血が生じることで?血が正常な細胞の機能を妨げることで最もエネルギー需要が高く?血の溜まり腰部にぎっくり腰が生じると考えられている。
  12. 慢性的なぎっくり腰に見られる腎虚背景には高齢者特有の腎虚があり、オシッコの障害や足のむくみなど腎臓の機能の低下に伴う足の症状などを呈する。

痛みに関しての東洋医学的観点での所見についてまとめます。このホームページは西洋医学の概念に基づいて作成しているため、
東洋医学に関してはあまり重視しておりません。



その他症状

結論:ぎっくり腰は体力を消耗しているときに起こる。したがって、あらゆる不調が伴う。

  1. ぎっくり腰とパニック発作心臓がドキドキしたり、呼吸が苦しくなったり、死の恐怖を実感する人もいる。一人でいることが不安になってしまう。
  2. 麻痺と間違いやすいもの麻痺という言葉は耳にすることは何度かあっても実際にその詳しい定義を知っている人は珍しいです。感覚脱失や感覚鈍磨のことで、ピリピリするものや痛みによって筋力が低下しているもの、動かないために体の操作の方法を忘れてしまっているものは麻痺ではありません。
  3. 体中が痛くなったらどうしたら良い?整体を受診しましょう。全身の痛みを訴える患者様は多く一部には専門診療科を受診する必要のあるものもあるが、共通点は全身の体力が低下していること。体力が低下すると発痛物質が作られて痛くなる。生命三大兆候である①体温、②脈拍、③呼吸など様々なポイントが判断に必要
  4. ぎっくり腰と勘違いしないように気をつける全身症状のこと。風邪などによる全身症状があげられます。全身症状として発熱、関節痛、気分低下、体がぐったりするなどの所見がみられるときには風邪やインフルエンザなどの疑いがありますので、安静に過ごし、内科などを受診しましょう。
  5. 整体で健康になることはできる整体で健康になることはできます。一番の根拠は治療実績です。
  6. 鼻詰まりの簡単な解消法腰痛患者との直接の関係はありません。ちょっとした誤解を多くの方が抱いておりますからその解消としてご覧ください。
  7. 眼精疲労眼精疲労は頭蓋骨の歪みからもたらされるものがあり、ヘッドマッサージ治療を行なうことで症状が随分と改善されることがある。
  8. しゃっくりとぎっくり腰ぎっくり腰と非常に類似性が高いものでは意外なことにしゃっくりがある。
  9. ハゲ頭の原因と対策法血行とたんぱく質需要に着目しよう。
  10. ぎっくり腰と関節の固有感覚の低下関節の動きの調整が上手く行かないことで、無駄な筋肉の働きを招いてしまう。
  11. 顔のゆがみの原因体の左右差による。胎児期にはすでに左右差はある。
  12. 全身の色んなところが痛くなる男性経絡の滞留があると肩や腰や膝など色んなところが痛くなります。
  13. 整体で目の症状が改善されたのは血流が良好になるからパソコンの画面を常に見続けると目の筋肉が疲れて目の血流が悪くなるので注意
  14. aa痴呆症の予防はどうしたらいい?指と表情、会話(口)、を良く使うこと
  15. a腰痛と胸部苦悶感腰痛を患う人は背を丸めているため胸骨と鎖骨の間に過剰な圧迫が生じて胸が苦しくなる
  16. a皮膚の健康状態と腰痛皮膚の色が一目で分かるほど健康状態が悪いと当然腰痛には陥り易い
  17. めまいとの関係 めまいを起す方もまれにおり、デスクワークによる固定姿勢が背景にある。うつむいた姿勢を取るため首の緊張によって頚椎の椎骨動脈が障害されて来たす。
  18. 基礎体温の低下筋肉量が減少しているため日本人の平均的な体温は50年前より1度下がっている
  19. 基礎体温とぎっくり腰低体温になると体の組織が強張り、筋肉が反射的に固くなってぎっくり腰を招き安い
  20. 腰痛と口臭の関係腰痛患者は腰の痛みによって身動きが困難なため塞ぎこんだ毎日を過ごしており筋肉量の減少により基礎体温が低下し、内蔵の働きも低下するため胃腸の括約筋の働きが衰えてしまい腸内臭気が逆流して口臭を起こす。
  21. 腰痛患者に見られる椎骨動脈圧迫症状腰痛患者では椎骨動脈の圧迫症状によるめまいやふらつきを持っている人が多い。
  22. 腰痛患者と頻尿歳のせいだと誤解し易い高齢者特有の腰痛と頻尿、神経障害が起因することもある。
  23. aaa慢性的なだるさがある生理や熱中症、自律神経失調症によるものが多い
  24. a症状の経過 キン→ジ→ナイ→ヘン→シン症状は筋肉⇒靭帯⇒関節内障害⇒変形性関節症⇒精神病という順序で進行する。
  25. 痒みがあるなら腰痛に注意足に痒みがあるときには腰の血流が悪くなっている
  26. 痒みは腰の血流障害による腰の筋肉が凝り固まると血流が悪くなって足の痒みを起こす

発汗症状

結論:心の動揺が発汗と関係が深い

  1. ぎっくり腰で汗が大量に出ているのは精神性発汗痛みに遭遇すると、人は恐怖心から大量の発汗をすることがある。
  2. ぎっくり腰患者における発汗の原因判別患者が汗を大量にかいている。このときにどういったことに気をつけるのか?
  3. ぎっくり腰、寝るときに発汗がある腰が痛いと寝返りを打たなくなる。すると熱が体の一箇所にこもって汗をびっしょりかく。また痛みが血管の働きを障害すると汗をかきやすい。パニック気味になることもある。

全力疾走をしたときのことを思い浮かべてください。心臓がドキドキしたり、体がカーッと熱くなったり、呼吸が苦しくなったり、ときにはめまいがすることもある。このような一連の変調が「体力の低下した人」で見られます。腰痛にも当然なります。



関連症状

その他関連症状

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

腰の音

背中の症状

背中痛の原因

背中関連:その他

肋骨部の痛み・肋骨の症状

ショック症状

東洋医学

その他症状



症状別

「症状別」カテゴリーを以下の4つに区分します。

① 腰痛症状

② 筋肉症状

③ 腰部の経過別の症状

④ 腰痛と関連性のある症状

最新情報

ぎっくり腰の寸前

股関節屈曲を他動で動かしたときに途中でつまるような感じがあった

中腰の腰痛の原因は?

ぎっくり腰の時間

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

かかとがムズムズするなら、靴下を履こう

かかとの内側がチクチクするのは?

腰痛学級で腰痛はなおるか?

若い人のぎっくり腰

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ぎっくり腰 寒い

うつむくと腰が痛い

ヘルニアに効く温泉は?

ストレスで筋肉がなくなるの?

運転中にぎっくり腰になったら?

症状別

「症状別」カテゴリーを以下の4つに区分します。

① 腰痛症状

② 筋肉症状

③ 腰部の経過別の症状

④ 腰痛と関連性のある症状