膝の症状・対応

結論:生まれつきだからと膝痛をあきらめている人でも、冷やさない工夫だけなら出来る。

膝症状

  1. 眠っているときに膝を噛み付かれた寝ているときに膝の筋肉が攣るとパニックを起こして膝を噛まれたと思い込んでしまう。
  2. 膝の痛みが強い理由膝は局在の明瞭な痛みをもたらしやすい。膝の周りに沢山の神経があるから。
  3. 膝痛には遺伝が強く影響する遺伝とは厳密には骨格や運動能力だけでなく性格や生活習慣なども含まれる。
  4. 静脈瘤による膝の痛み膝の静脈にコブが出来ると血流障害から膝が痛くなります。
  5. 歩きはじめや動きはじめに膝が痛くなる筋肉が衰えて代謝が低いと体温が冷えて冷えた筋肉が短縮し、動き出すときに引っ張られて痛みを起こす。
  6. じっとしていても両膝が痛い単なる膝の老化による変形が原因だと考えがちだが両側が痛くなるときには慢性関節リウマチを疑う必要がある。
  7. 膝の内側ばかりが痛くなる理由は体重が内側に7割掛るから二本足だと片足が地面につくと必然的に内側に体重が加わるため内側に体重が乗る頻度が高い
  8. 変形性膝関節症で膝が曲げ伸ばしできない膝の炎症によって膝内部の関節包がパンパンになってテンションが加わるため痛みを起こすこともある。
  9. 膝裏が張り裂けるように痛いです。イスに腰掛けるときの深く腰掛ける姿勢によってもたらされることがあり、足を台の上に乗せたり、浅く腰掛けたり、低くしたりと様々な方法で回避することができる

筋肉から由来する「ズキン」という痛み、関節が炎症を起こす「ジクジク」、他にも膝が冷えて「キーン」と神経痛を起こす。こういったものが多いです。



膝の引っかかり・カックン

  1. 膝に引っかかり感がある膝のひっかかりは膝関節の適合が悪くなることで潤滑液の分泌が減少することが関係している。
  2. 膝がカックンカックンするのは何が原因?足首の骨の一部が外側に動いて膝がO脚になっていることが関係している。
  3. 膝がカックンカックンする関節軟骨が磨り減っていると音が鳴りやすい
  4. 膝の内側の引っかかり感膝の外側と内側の筋肉の筋力差が起こると内側の隙間が緩んで引っかかるようになる。

太腿の前面にある大腿四頭筋という筋肉が衰えてしまうと、足を棒のような状態にしないと歩けなくなります。少しでも膝が曲がるとカックンと倒れてしまうのです。



膝痛対処・応急処置

  1. 膝関節の筋膜リリース治療膝の筋肉を構成する筋膜を柔らかくすると膝の痛みが取れることもある。
  2. 膝に水が溜まる症状にはアイシング冷やすと血管が収縮して水性の関節液が粘性の関節液に戻って行く
  3. 膝に水が溜まらないようにするには?バンテージを好みの強さに巻くことが良いこともある。
  4. 高齢患者の膝痛はバリヤフリーで対応する鍛えて克服するのには限度があり、加齢にはどうしても逆らえないものがあるため環境を改善することも必要な判断
  5. 膝の痛みを抑えるために気をつけること運動や体重コントロールが重要と言うが現実的に心身の病んでいる患者には日常生活指導が有効な方法と言える。
  6. 膝に溜まった水は抜くべきか否か抜いても根本的には良くならない。その場の痛みが軽くなるだけ。
  7. 膝痛が根治する仕組みなぜ一生懸命にスクワット、水中ウォーキングなどエクササイズを頑張っているのに膝痛が治らないのか?それは簡単、最も鍛えるべき筋肉を誤っているから。
  8. 痛みを和らげる方法大腿骨の角度が発症に関係していることは変形性股関節症と変形性膝関節症の合併が稀であることからも明らかである。O脚の発生原因のひとつが腓腹筋拘縮、改善にはストレッチボードが有効
  9. 膝裏を伸ばす方法膝裏が固くなって膝が曲がると足腰が疲労して腰痛を招く。壁を利用して足首・膝・股関節を固定してストレッチする。

とりあえず膝を冷やさない工夫をしてみてください。関節には筋肉がないため冷えにとても弱いです。冷えた神経が異常興奮を起こしているだけのことも珍しくありません。



膝痛と運動

  1. 運送業で膝痛になった筋トレは必要なのか?重たい荷物によって膝に負担が掛かって痛めた可能性があるため筋トレは余計に膝を悪化させる。
  2. 膝痛の筋トレは非荷重から段階的に膝痛患者は座ったり寝そべって取り組めるような体重を掛けない膝のトレーニングから取り組むこと
  3. 膝痛は歩かない方が良いのか動かずにいるとむしろ筋肉が弱って痛みが起こりやすくなる。
  4. 痛みを和らげるストレッチ背骨のS字湾曲が失われてしまっていることで頭部の荷重による衝撃をダイレクトに受けて膝の破壊が生じているケースが多い。
  5. 平泳ぎは膝に優しい?平泳ぎは膝を深く曲げ伸ばしするため膝に捻れが生じて膝痛を悪化させやすいとされます。

ウォーキングを始めて、膝を余計に痛める方。プールに通って面倒で挫折した方。ストレッチを毎日やっているけど効果を実感できない方。運動で治すのには専門家の指導が必要です。



膝痛と道具

足底板は別

  1. 膝が重症だからスポーツ選手のサポータを使うのは?見た目の立派なものや、周囲の人と同じものを使いたくなるが目的や用途に沿ったサポーターを使わなければお金の無駄になる。
  2. 膝痛のサポータ選び痛いときにはすぐにでも楽になりたい思いがあって立派なものを求めるが後悔することが多い
  3. 杖を使うと膝の痛みが悪化する杖は健側(良い側の手で持って使うもの)
  4. サポーターで膝の痛みは治るか?装着することで膝痛が緩和されることもある。
  5. サプリメントを飲んでも膝痛がいつまでも治らない。膝の痛みは膝関節の捻れによるもの。サプリメントで治った人は見たことがない。
  6. サプリメントが欠乏しているから膝痛になるのか?軟骨成分の不足はないし、軟骨には神経がないため痛みとは関係しない

膝痛を抑えるためのサポータはおすすめできます。保温性の高いものを選びましょう。サプリメントは無駄。



膝痛その他

  1. 膝痛患者はいずれ歩けなくなるのか?残念ながら加齢の影響があり、長生きすれば誰もがいつかは歩けなくなる。
  2. 膝痛と遺伝は関係する残念ながら生まれながらの膝の軟骨や半月板の新陳代謝などは遺伝の影響を受ける。
  3. 膝痛が女性に多い理由男性と比較して筋力が弱かったり、閉経後の女性ホルモンの分泌低下などが関係している。
  4. 痩せているのに膝が痛くなる痩せていると足の筋肉が少ないため膝を動かすときに膝関節のテコ作用が働きにくくなって膝周りの筋肉を酷使して膝が痛くなる。
  5. 日本舞踊をする女性の症例慢性的な膝の痛みにより舞台に立てなくなっていたが、復帰したいという強い思いが後押してして絶対に治って行くだろう。

筋肉が不足している人では、膝の真ん中よりやや下で痛みが起こることがある。膝の関節が劣化している人では内側が痛むことがある。神経痛では膝裏が痛くなることがある。



膝・おすすめ本

  1. 良く分かる膝関節の動きと仕組み①著者:伊能 良則(理学療法士)中野区野方図書館
  2. 良く分かる膝関節の動きと仕組み②同じ本を別の角度からご紹介させていただきます。
  3. 良く分かる膝関節の動きとしくみ③今回は半月板に関するないようについて別の角度からご紹介させていただきます。
  4. 良く分かる膝関節の動きとしくみ④今回は変形性膝関節症についての内容について触れてゆきます。
  5. 良く分かる膝関節の動きとしくみ⑤今回は膝にまつわるこまごまとした内容についてです。
  6. 膝、復活著者:巽 一郎(湘南鎌倉総合病院人工膝関節センター長)中野区江古田図書館
  7. 膝、復活②同じ本です。良い本だと思いましたのでさらにご紹介させていただきます。
  8. 膝・股関節の痛みをとる安心読本著者:宗田 大東京医科歯科大学医学部整形外科 大学院運動器外科学教授
  9. 膝・股関節の痛みをとる安心読本②結構ページ数のある本なので2つめの紹介をします。
  10. 図解 専門医が教える!膝痛の最新治療と予防法 監修:黒澤 尚(順天堂大学医学部付属 順天堂東京江東高齢者医療センター 医師 順天堂大学医学部整形外科学特任教授)
  11. 動いて良くなる!膝痛著者:安藤邦彦(安藤整形外科クリニック)、佐藤拓也(TMCinc)
  12. 膝の激痛を自分で治す最強辞典監修:内尾祐司(島根大学医学部整形外科学教授)

膝痛のおすすめの本をご紹介します。



膝関連|アークス整体院

膝関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

腰痛と膝

膝が痛くなる動作

膝痛仕組み

膝痛と筋肉

膝の関節軟骨

膝の半月板

膝と足首・足関節・足底

膝痛と肥満・体重・ダイエット

膝痛心理学

膝の症状

膝のひっかかり・カックン

膝痛対処・応急処置

膝痛と運動

膝痛と道具・アイテム(足底板は別)

膝痛その他

膝おすすめ本



部位別

「部位別」カテゴリーを、さらに14個に区分します。

① お尻A

② お尻B(症状)

③ お尻C(症状)

④ 股関節

⑤ 頭痛・顎

⑥ 首・肩・手①(腰痛と関係するもの)

⑦ 首・肩・手②(個別疾患)

⑧ 太腿

⑨ 

⑩ 下肢:症状・対処

⑪ 膝①(仕組み)

⑫ 膝②(症状・対応)

⑬ 骨格①(脊椎)

⑭ 骨格②(骨盤)

最新情報

ぎっくり腰の寸前

股関節屈曲を他動で動かしたときに途中でつまるような感じがあった

中腰の腰痛の原因は?

ぎっくり腰の時間

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

かかとがムズムズするなら、靴下を履こう

かかとの内側がチクチクするのは?

腰痛学級で腰痛はなおるか?

若い人のぎっくり腰

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ぎっくり腰 寒い

うつむくと腰が痛い

ヘルニアに効く温泉は?

ストレスで筋肉がなくなるの?

運転中にぎっくり腰になったら?

部位別

「部位別」カテゴリーを、さらに14個に区分します。

① お尻A

② お尻B(症状)

③ お尻C(症状)

④ 股関節

⑤ 頭痛・顎

⑥ 首・肩・手①(腰痛と関係するもの)

⑦ 首・肩・手②(個別疾患)

⑧ 太腿

⑨ 

⑩ 下肢:症状・対処

⑪ 膝①(仕組み)

⑫ 膝②(症状・対応)

⑬ 骨格①(脊椎)

⑭ 骨格②(骨盤)