膝の仕組み

結論:膝を使う人ほど腰を痛めない。

腰痛と膝

結論:膝が弱い人は腰を患う

  1. 膝の痛みとぎっくり腰の関係ぎっくり腰患者は日頃から悪い姿勢を取っているため、腰椎に変形したクセがついており、膝を曲げて歩くようになる。曲がった膝に力が集中すると膝をも痛める。
  2. 腰痛患者は膝が伸ばせない膝を完全に伸ばすと腰に反りが出来る。腰が痛くなるため、ぎっくり腰では膝が曲がる。
  3. 腰痛と膝関節の屈曲拘縮膝が曲がったまま伸ばせない膝関節の屈曲拘縮を起こすと膝を伸ばしたまま腰を曲げられなくなる。体重移動が難しくなる。
  4. ぎっくり腰対策では膝の力を使う体の上下動のときに腰を使わずに膝を曲げ伸ばしすると腰の負担が減る。
  5. 膝痛と腰の関係膝の十字靭帯と腰の仕組み
  6. 膝による偏った痛みの原因膝関節の半月板の機能不全によるもの
  7. ぎっくり腰と膝の関係体幹が右に側屈した状態になると膝の負担が増して陥る。
  8. 膝を使わないから腰痛になる腰痛防止の体の使い方を一言に集約すると日常生活の場面で「出来るだけ膝を使う」という一言にまとめることができる。荷物の持ち上げ階段の上りおりなどあらゆる場面で絶えず膝を使うと腰痛の発生を防げる。
  9. 膝関節の伸展拘縮と腰痛膝が折り曲げられず正座になれない人は立ち上がるときに前傾にならないと立てないため絶対に中腰を経由した体位変換となり腰に痛みを生じる
  10. 腰痛患者が膝をも痛める理由腰痛患者の多くは日頃から立ち上がるときに過剰に腰を屈めます。このときには膝よりも前に頭が出るため、膝蓋骨が膝に押し付けられて膝に過剰な圧力が生じることで膝痛を起すことがあります。
  11. 腰痛と膝痛の関係性について腰痛患者は骨盤が前傾しやすく、太腿の骨が外旋して、すねの骨が内旋し、膝を痛めてしまう。
  12. 腰と膝を両方悪くしたしゃがむ動作と屈む動作を両方酷使すると陥る。
  13. 腰痛と膝痛の関係腰の病気を患うと足の神経が障害されて膝の力が弱まって膝痛を起こす。
  14. 膝を伸ばすと腰痛が防げる座る時間が長い正月、膝に曲がったクセがつくと胴体が傾いて腰の負担が増えるため小まめに膝を伸ばしてストレッチすると良い。
  15. 膝が硬縮すると前に体が傾いて腰を患う膝の筋肉が固くなると胴体が前方に傾く。すると腰の筋肉が傾きを抑えようと酷使されて腰が辛くなってくる。
  16. ゆっくり膝を伸ばせば腰は痛くない椅子から立ち上がる場面では最初は腰が丸く後方凸になっているけど立ち上がるにしたがって前方凸になります。後凸から前凸に変化するときに衝撃が走らないようにゆっくり立ち上がると痛みは随分と軽減されます。
  17. 立ち上がりで膝を鋭角にする腰痛対策の理屈膝が鋭角になると足がお尻の真下にくる。支持基底と重心位置が一致すると少ない力で安定を得ることが出来るから。
  18. 膝を曲げるとぎっくり腰にならない膝を曲げて低くに手を延ばすことは腰の負担を減らすと共にハムストリングスの緊張を減らして骨盤の可動域を広げてくれる。
  19. aaa膝が曲がるとぎっくり腰になるぎっくり腰を起こしやすい人の多くは膝が曲がっており足腰の力を常に動員しているため腰が弱っている
  20. 膝の不調とぎっくり腰の関係大関節の血流不良が関係しており、関節を深く曲げない浅い可動域の連続によって生じることが多い。
  21. 膝関節と腰痛の関係について膝関節のコンディション低下があり、膝がしっかり伸びなくなると腰を屈める動作が困難になる。
  22. 膝と肩の治療で出張整体をしたときのこと常連のSさんから出張整体のご依頼をいただきました。今回は膝と肩の治療をさせていただきました。
  23. 膝を伸ばしきると腰が反るぎっくり腰を患ったときには立ちあがる最終局面の膝を伸ばす動作のときに腰に大きな衝撃が走って強烈な痛みを生じることがある。
  24. 膝や腰の悪い人でも出来る鍛錬法上半身をまっすぐに保ったまま膝に衝撃の加わらない腿上げやその場での足踏み運動が良い。ステップマシンを用いることも効果的

日常生活で、低くに手を伸ばす場面があれば、必ず膝を曲げる動作を心がけてください。腰を曲げる人は腰を患います。



膝が痛くなる動作

  1. イスに座ると膝が痛くなる太腿の前面の大腿四頭筋が拘縮を起こすと膝を曲げる場面で痛みを発する
  2. 階段から降りると膝が痛い内側屈筋群や前十字靭帯が固くなっていることが多い
  3. 立ち上がると膝が痛い膝を曲げる作用を持った筋肉が硬くなって縮み、伸びなくなっている。
  4. 膝が痛くて曲がらないため、正座が出来ない膝に歪みがあって変形を呈すると、膝がスムーズに曲がらなくなる。
  5. 膝が伸びきるときに痛い膝に備わる転がり運動と滑り運動が障害されている。
  6. 膝裏の痛みとの関係随伴症状として見られる膝裏の痛みについて、膝裏が痛くなってしまうのは膝の病気などではなく、腰椎の緊張による骨盤前傾が大きく関係しており、骨盤に付着するハムストリングスが前傾した骨盤に引っ張られてその付着部である膝裏の脛骨外側にテンションを与えてしまい痛みを発することがある。

膝を患う人の多くは、膝の症状が相当進んでから、治療院を受診されます。手術しか手段がなくなってから治療院めぐりをされる方もおられます。



膝痛仕組み

  1. 膝が衰えると痛くなるのはなぜか?歩くときに膝を伸ばしきって歩けなくなるから。曲がっているところに力が集中して痛めてしまう。
  2. 膝が痛いのはなんで?膝の内部で炎症が起こっているから
  3. どうして膝の中に水が溜まるの?膝の内部で炎症が起こっているから。
  4. 膝の痛みが起こりやすい原因構造上膝の関節の接触面が小さいから摩擦力や圧力が高まりやすい。
  5. 膝の後方剪断力を強める姿勢要因膝関節は斜めの関節面であるが故に常に剪断力が働くが現代人が多く取っている座位姿勢によって半月板に歪みがもたらされることで剪断力が過剰になってしまう。
  6. 剪断力を防止する膝靭帯膝を補強する靭帯のそれぞれの役割について
  7. 原因となる膝関節の屈曲拘縮ぎっくり腰を患いやすい患者では膝がしっかり伸ばせない患者が多く股関節と膝関節を同時に操作したときに丸っきり膝が伸びないこともある。

関節の軟骨が削れて剥がれ落ちて、炎症が起こるといわれることがあるのですが、多くの場合違います。座りすぎる日常が関係してます。



膝痛と筋肉

  1. 足が太くてガッシリしているのに膝痛になる弱い足を庇って膝に痛みをもたらすこともある。
  2. 膝の外側の筋肉が固くなるのはなぜ?歩くときの片足立ちの局面で膝の外側の筋肉がバランスを取るために働くから。
  3. 足が太いのにどうして膝痛になるの?そもそもキレイな姿勢で立っていられれば膝を患うことはない。
  4. 足の筋肉の太さと膝の痛みの関係足が細いほど膝を支える筋肉が弱くて痛みが起こりやすい。
  5. 膝裏の痛み、足が締め付けられる、膝窩筋の痛み足が慢性的にダル重くなってしまう方は前脛骨動脈の、下腿骨間膜貫通部位で絞扼を起しているケースが多い。
  6. 大腿四頭筋が後方剪断力による膝痛を防止する仕組み膝は常に後方に大腿骨がスベリ落ちるような剪断力が働いている。
  7. ハムストリングスが内側剪断力による膝痛を防止する仕組み膝の関節面は斜めに傾斜が付いているため常に大腿骨が内側にずれる力が働く
  8. 太腿裏の筋肉が固いと膝を痛める太腿裏のハムストリングスが固くなると膝に外旋が加わって膝のお皿に偏った力が働いてしまい膝の内側を痛めてしまうことがある。
  9. 肥満や筋力不足であらず膝の痛みの本当の原因はアライメントと体重移動が大きく関係している。
  10. 筋力が膝痛を防止する仕組み膝の関節面には傾斜が付いており常に剪断力が働いているため膝を痛める。剪断力を防止するのが筋肉の作用
  11. 膝の裏の引き攣りハムストリングスの拘縮によるもの

膝痛では筋肉によって引き起こされる痛みも珍しくありません。また、膝は筋肉が少ない部分なので冷えの影響を受けやすいです。



膝の関節軟骨

  1. 膝の隙間が狭まって軟骨が磨り減っていたのになぜ痛みがとれたのか?膝関節が捻れると隙間が狭まって見える。
  2. なぜ膝の軟骨が磨り減るのか?磨り減る原因はO脚変形による膝の力の偏り
  3. 膝の関節軟骨はどうして磨り減るの?運動不足だと膝の栄養素が膝の軟骨に循環しないため脆くなって磨り減る

膝の関節は、動くことで呼吸をし、栄養を得ています。面倒くさくて座り続ける生活では、軟骨が弱ってしまいます。かといって急に激しい運動をしても弱った軟骨が壊れます。



膝の半月板

  1. 半月板が原因で膝を痛めた膝の軟骨の半月板は衝撃吸収や膝の適合を高めたり、膝のスムーズな動きなど様々な機能性に関係している。
  2. 半月板の痛みは手術を受けるべきか?手術を受けて切除すると余計に膝が衝撃に脆くなる。
  3. 半膜様筋と内側半月板の痛み膝の内側の痛みでは半膜様筋が半月板を牽引して痛みを引き起こしていることがある。
  4. 適合性を高める半月板 膝に備わるクッションの半月板について
  5. aaa腰痛患者は半月板を痛める腰痛を持っている人は膝が伸びきらないため膝の隙間にある半月板という軟骨を痛めやすい

膝には半月板というクッションがあります。例えばスポーツで急にターンをする。膝をねじりながら曲げ伸ばしすると痛めることが多いです。



膝と足首・足関節・足底

  1. 靴のかかとの外側の磨り減りと膝の痛みの関係靴の外側が磨り減ると膝の荷重が偏って内側が痛くなる。
  2. 膝痛の足底板の種類クツの中に入れて履くものや靴下と一体になっているものなど色んな種類があります。
  3. 歩いて膝痛を悪化させないためには足底板を使う膝痛患者はO脚を持っているため膝を矯正した上で歩こう。

膝を患う方では、足がO脚となっており。足の外側に偏った体重が加わっていることがあります。すると膝の内側の負担が増します。足首が安定すると膝も楽になります。



膝痛と肥満・体重・ダイエット

  1. ダイエットに失敗して膝痛が悪化した運動してダイエットすることが良いと言われたが一生懸命3時間も頑張ったのに膝痛が悪化したことを嘆く男性。運動は果たして膝痛に悪いのだろうか?
  2. 食事制限をしたら膝の痛みが余計に酷くなった絶食だけで体重を落とすと筋肉が落ちて膝痛はむしろ悪化する。
  3. 膝の痛みは体重を落とさないと治らないのか?体重は関係ない。膝関節の捻じれによる。
  4. どれぐらい体重が落ちると膝の痛みが治るの?体脂肪率で5%減少すると痛みが緩和されるので地道に改善を目指しましょう。
  5. 膝痛は体格の大きな欧米人に多いか?日本人の方が多い
  6. 肥満症が膝痛を起こす仕組み体重が重いと大腿四頭筋の負担が増える。すると脛骨を強力に牽引して前十字靭帯に負担が加わる。

「体重を減らせ」と病院で指導されて、ダイエットに取り組む人は居ますが、間違ったダイエットによって症状が悪化する人は多いです。



膝痛心理学

  1. すれ違いざまに肩をぶつけられます足が弱っているとふらついてぶつかりやすい。被害者妄想によるもの。
  2. 攻撃的思考膝痛患者はどちらかというと攻撃的で発言がキツイ、その背景には膝を患うと自由な暮らしが出来ないストレスがあるから。

特有の心理傾向があります。膝痛の患者さんは多くの人に嫌われます



膝関連|アークス整体院

膝関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

腰痛と膝

膝が痛くなる動作

膝痛仕組み

膝痛と筋肉

膝の関節軟骨

膝の半月板

膝と足首・足関節・足底

膝痛と肥満・体重・ダイエット

膝痛心理学

膝の症状

膝のひっかかり・カックン

膝痛対処・応急処置

膝痛と運動

膝痛と道具・アイテム(足底板は別)

膝痛その他

膝おすすめ本



部位別

「部位別」カテゴリーを、さらに14個に区分します。

① お尻A

② お尻B(症状)

③ お尻C(症状)

④ 股関節

⑤ 頭痛・顎

⑥ 首・肩・手①(腰痛と関係するもの)

⑦ 首・肩・手②(個別疾患)

⑧ 太腿

⑨ 

⑩ 下肢:症状・対処

⑪ 膝①(仕組み)

⑫ 膝②(症状・対応)

⑬ 骨格①(脊椎)

⑭ 骨格②(骨盤)

最新情報

ぎっくり腰の寸前

股関節屈曲を他動で動かしたときに途中でつまるような感じがあった

中腰の腰痛の原因は?

ぎっくり腰の時間

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

かかとがムズムズするなら、靴下を履こう

かかとの内側がチクチクするのは?

腰痛学級で腰痛はなおるか?

若い人のぎっくり腰

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ぎっくり腰 寒い

うつむくと腰が痛い

ヘルニアに効く温泉は?

ストレスで筋肉がなくなるの?

運転中にぎっくり腰になったら?

部位別

「部位別」カテゴリーを、さらに14個に区分します。

① お尻A

② お尻B(症状)

③ お尻C(症状)

④ 股関節

⑤ 頭痛・顎

⑥ 首・肩・手①(腰痛と関係するもの)

⑦ 首・肩・手②(個別疾患)

⑧ 太腿

⑨ 

⑩ 下肢:症状・対処

⑪ 膝①(仕組み)

⑫ 膝②(症状・対応)

⑬ 骨格①(脊椎)

⑭ 骨格②(骨盤)