下肢症状について

結論:足がつらい人は座り方を気をつけて。お尻の神経が圧迫される座り方をしてませんか?

腰痛と下肢症状

  1. 腰痛持ちにみられる小指の障害腰痛患者では腰の筋肉の負担を減らすため腰を丸くします。そして膝を曲げて重心を落とします。このときに太腿の負担を減らすために膝を外に開くのです。すると小指に体重が乗って小指を傷めてしまいます。
  2. ぎっくり腰の前兆は足の症状ふくらはぎや太腿などに張りやコリ、痛みやダルさがあるときには注意しよう。
  3. ぎっくり腰で足の症状があれば坐骨神経痛を疑う正座して立ち上がるときのような足のピリピリした感覚や力が抜けてしまうような症状をイメージすると良い。
  4. ぎっくり腰は我慢すると足の症状や神経障害を起こす腰の症状を我慢すると坐骨神経痛を起こして足に不具合を見ることがあります。
  5. 腸脛靭帯の拘縮による腰痛臨床上非常に多く、その特徴はFNSテストでの陽性の所見である。
  6. 腰痛を起こしやすいパウダースノー兆候手足の末端の筋肉がユルユルになりぐったりとしていることをあらわし、胴体は固く緊張して血行障害を呈しやすい。。
  7. 腰痛とつまづきやすさ足腰が衰えるとつまづきやすくなるため腰痛のバロメーターでもある。
  8. こむら返りとぎっくり腰足のふくらはぎが攣ってしまうこむら返り、起こる場所が下半身というだけでぎっくり腰とほとんど同じメカニズムで起こる
  9. 腰痛患者は下半身が痒くなりやすい腰の神経が血流不良を招くと下半身が痒くなる。
  10. ぎっくり腰と足のむくみの関係固定姿勢は腰の関節が固まる。そして、ぎっくり腰を起こす。足の血流も滞ってむくみを起こす。
  11. 高齢者のぎっくり腰の下肢痛について腰の痛みだけで足の症状は伴わない。足の症状には他の腰部疾患の可能性があり、姿勢での変化、ふくらはぎの痛み、攣りや締め付け、下肢の痛み、両足裏の痛みなどの観察ポイントがある。
  12. ぎっくり腰に伴うお尻や太腿、ふくらはぎなどの下半身側面の痛みについてぎっくり腰では稀に坐骨神経痛を見ることがあるが判別の必要なものに代償性疼痛がある。
  13. 腰を我慢しているとなぜ下半身の側面が痛くなるのか?ぎっくり腰では背骨の鉛直化が起こるため姿勢を支えることが困難になり片側に体重を預けるようになるから。
  14. 慢性腰痛と下肢症状の関係坐骨神経痛では初期は腰に痛みが出るがその後下肢症状に移行するものがある。
  15. 高齢者の下肢症状腰部脊柱管狭窄症などを背景にしているものもあり、間欠跛行や下肢症状に特徴がある。
  16. なりやすい患者に見られる下半身のうずき将来的に坐骨神経痛に陥り易い患者では腰部の変性が進行しており、寝ているときなど同じ姿勢が続くことで下半身が次第にうずくような不快感を呈することがある。

腰が痛いと、かばった動きをします。これによって足に痛みを来たすこともあります。まっすぐ立てなくなり、偏った姿勢になると足の筋肉も偏って使われて痛くなるのです。



腰痛と下肢

  1. 下腿の脊髄反射を利用したギックリ腰の防止法つま先を背屈すると、ふくらはぎの緊張が緩和されてぎっくり腰を減らす。
  2. ぎっくり腰が下半身側面の痛みを起こす仕組み(重心移動説)ぎっくり腰を我慢して過ごすことで下半身の側面に痛みを起こすのは重心移動の変化に関係がある。
  3. Qアングルとの関係大腿骨と脛の骨の成す角度、高齢者になるほど損なわれてブリキロボットのような歩き方になる。
  4. ぎっくり腰や腰痛にならないための下半身の使い方柔らかな足腰の使い方を心がけ、膝のバネを常に上手く使って優しくそして大きな歩みをする猫のような動きを心がける

腰を患う方の歩き方を見ると歩幅が極端に狭くなっていることがあります。体が不安定だと歩幅が狭くなり、腰も患いやすいです。



下肢症状

  1. ジョギングしすぎると足はだるくなる?やり方によるでしょうね。疲れてだるくなるのだと思いますよ。
  2. ジョギングで足が痛くなるのはなぜ?足の筋攣縮によるもの体力水準が低いと足が疲れてすぐに攣ってくる
  3. 下腿痛・ふくらはぎ痛・脛痛・足がダルイ下腿が硬い・痛い・重い・だるいと言った原因には本人の運動レベルの自覚と、局所の疲労度の不一致が関係しており、歩行分析による運動効率の向上が求められる。
  4. 反張下腿と膝窩筋・膝裏の痛み反張下腿は、大腿四頭筋を使わない姿勢からもたらされるもの。姿勢の意識の欠如による。膝窩筋に異常なテンションが加わってしまい激痛をもたらしたり下腿の血行を妨げる。
  5. 寝姿勢が原因の足の痛み下半身全般の痛み下半身全般の痛みは同じ動脈からの血液供給を受けているため、一箇所の血行が障害されて痛みを生じれば股関節、膝関節、足首、つま先など全ての筋力の障害に繋がる。
  6. ランニング中の、腓腹筋内側の痛み本当に腓腹筋内側でしょうか?腓腹筋内側より、もっと発生頻度が高い物に長趾屈筋と後脛骨筋がある。
  7. 足の腓腹筋内側頭の付着部変性といわれました どうなっていますか?おもにディスユーズタイプがそのほとんどであり、筋力低下による筋線維の負担増大と関節拘縮による腱の粘弾性低下により筋テンションが強まって引き抜き損傷を起す。
  8. BMIと下腿痛『もっと痩せなくては』、多くの女性が抱く思い、痩せている女性は生きていて社会的にあらゆる面で得をします。しかし、健康面ではそれ以上に損をしている部分もあります。
  9. 男性の足の冷えや痛み女性の足の症状は健康でも起こりうるが、青壮年の男性が足の冷え性や痛みを主訴にすることは単なる疲労とは異なる。
  10. 足のこむら返り足のこむら返りは朝型の3時から5時ぐらいに発生が多く、通称で始発と呼ばれている。
  11. ジョギングで足が痛くなるのは?腰痛ケアのために運動をしているがジョギングの途中で脚が重くなってしまうのは脳内の快楽物質であるドーパミンが運動中断後5分ほどで分泌量が減少するから。無意識のうちに様々なストレスにさらされており、ストレスを感じずに済むのはドーパミンの作用による
  12. 立ち上がると脚に力が入らない座る時間が長すぎて脚の血流が障害されるから。
  13. 脛(すね)の痛みについて→脛が痛くて痛くてたまらない!いったい僕の膝から下の足はどうなってしまったんだ?
  14. 下腿の痛み・だるさについて→脛やふくらはぎなどの下腿が痛い・辛い、そんな方はご覧ください。意外なことが関係しています。
  15. 太腿やお尻、ふくらはぎの痛くなるものとセルフケア法腰だけが痛いのではなくお尻や太腿、ふくらはぎなど足に痛みが現れるタイプのものがあり、腰椎の根元の部分が障害を受けているときに坐骨神経痛として症状があらわれることがある。床に腰掛けて両足裏をくっ付け、股を開いた状態で上半身を前屈させると腰の筋肉がストレッチされて腰椎の根元の運動性が高まり坐骨神経痛が和らぐことがある。
  16. 足が攣ってしまう高齢者を出張整体しました足が攣ってしまう高齢者を出張整体させていただきました。足の単なる疲労ではなく全身の衰弱が関係していることがあります。
  17. aaa腰痛の元である足のむくみを防止するには?長母指屈筋の固さを改善すること。
  18. 脚がカチカチになってしまう70代男性反射的な足の筋肉の痙攣によるもの
  19. ぎっくり腰で見られる下肢の冷え血管性のものと、神経障害性のものがある。
  20. 下肢の冷えの関係について下肢の冷えはぎっくり腰の原因として大きく、足が冷えてしまう原因は下半身の筋肉量が不足していることによる。足の熱産生が不足するともともと筋肉量の多い腰部がその分熱産生を過剰にがんばるため腰部の筋肉が疲弊して腰部の筋肉が張って腰椎の動きをさまたげぎっくり腰の背景となる。
  21. 足先の冷え性と下腿の痛みは骨盤前傾による骨盤を調整し、腕を振って歩こう

明け方に急激に気温が下がると、冷えによって足がつることあありますので気をつけてください。



つまづきやすい

  1. 腰痛とつまづきやすさの関係腰部の神経促通の問題、腸腰筋や下肢の筋肉の衰え
  2. すぐにつまずくなら慢性腰痛に注意すぐにつまづくのはドジなだけでなく足の神経が弱まっていることもある。
  3. 暗闇でつまづいてぎっくり腰になった闇の中を歩いていると足元が見えないためつまづいてしまう。転びそうになって踏みとどまろうと腰に力が入りすぎてぎっくり腰になってしまう。
  4. つま先をひっかけてつまづかないためには?蹴りだす足にも着目する

腰が曲がっていると足が上手くもちあがりません。簡単につまづいてしまうので、姿勢を気にしましょう。



下肢の痺れ・痒み・異常感覚

  1. 足の痺れに苦しむ50代女性安静ポジションに気をつけると足の痺れはとれることが多い
  2. 寝ると足がビリビリするストレス反応による血管反射によってもたらされるものもある。
  3. ぎっくり腰で足が痺れてきたのはまずい?正しい理解が必要です。
  4. ぎっくり腰は腰の痛みをかばうと足に痺れが出る腰が痛いときには軽く腰を落とすようにして腰を庇うが、膝と股関節が曲がったポジションを強いられるためやがて足の筋肉が緊張して痺れを引き起こすことがある。
  5. 痺れと筋攣縮の違いの判断基準痺れは体位やポジションに関係性は関係なく生じ、筋攣縮は患部が床面に着地して筋肉を脱力出来ると痛みが消える。
  6. 足の痺れの正体シビレではなく筋肉が攣縮している。攣縮が酷くなると金縛りのような状態になる。
  7. 足の痺れや痛みはイスの座面の接触圧による血流障害が原因お尻の下で神経が挟み込まれて血流障害を起こしてしまうと足が痺れる
  8. 足がムズムズするタイプのものお尻が痛くなるタイプのものではイスの座面の圧迫の影響で循環障害が起こって足がムズムズすることがある。
  9. マラソンを終えると足が痒くなる足が疲れてエネルギー切れになると危険を察知し痛みが生じる。痛みの軽いものが痒み
  10. 両足がジワジワ痺れる4大兆候である①全診療科受診異常なし、②体位反応での座位のみ疼痛有り、③環境反応陰性、④温熱反応陰性ならば、仙骨座りによる椅子の座面の圧迫によるものであることが多い。
  11. ぎっくり腰で放っていたら足の感覚がおかしい放置し続けた結果ヘルニアになってしまい足の感覚が失われてしまったケース、一般療法で対処できるのは痛みまでのレベル、症状が進行して痺れが出始めたら手術が必要
  12. 腰が疲れると足がムズムズする足の不快なムズムズ感は腰の疲労からもたらされるものが多く、しっかりと腰を休めると足の症状が改善することもある。
  13. 仰向けに寝ると足がしびれる腰部脊柱管狭窄症と呼ばれる腰の神経を障害する病気の場合、仰向けに寝て体を真っ直ぐに横たえると足が痺れてくることがあります。この場合は背中を丸めるように高めの枕で頭を高くしたり、膝を立てるなどの工夫が必要です。もしくは側臥位になってエビのようになることが必要でしょう。
  14. 寝ていると足がムズムズする重複ページ:上の内容のページと内容はほとんど同じです。
  15. 仰向けの足の痺れの解消法仰向けになって足がしびれる方は寝ているときの過ごし方だけでなく日常の過ごし方にも気をつけましょう。
  16. 気をつけるべき足の痒み坐骨神経痛では足の痒みや感覚障害を生じることがあるが多くの患者は単なる水虫やアレルギーだと思って皮膚科を受診している
  17. 足先が痺れて厚ぼったい感じがする①糖尿病、②筋肉の衰えによる循環障害

足がかゆい方、水虫だとお思いになられることが多いですが、実際にはかゆみは痛みの仲間なんです。足の神経が急に刺激されるとかゆくなることがあります。



下肢の疲労

  1. 少し歩いただけで足が疲れてしまう運動は最初の20分が一番つらい。お尻の筋肉を使って骨盤で足を押し下げると楽に歩ける。
  2. 何もせず立っているだけなのに足が疲れて痛い立ち続けて動かないでいると持続的に筋肉が働き続けて血流が悪くなり、歩いているよりも疲れやすい。
  3. 少し歩くと足が棒になる足が棒になってしまうのは腰椎の反りが関係しているものもある。
  4. 走り終えると足が重くなる急に運動を止めるとしばらくは筋肉の代謝が激しいため動かない筋肉の内部でエネルギーの消費が加速されて足が重くなる。
  5. ジョギングで急に足が重くなって走れない早朝の起床直後は体が眠っているため無理に走ろうとしても疲れて走れない。
  6. 足がつかれやすい体質とは?生まれつきの体質的に疲れやすいと思ってはおりませんか?親の血筋だから仕方ないと諦めてはおりませんか?
  7. 足が疲れないために鍛えてもらいたい姿勢保持筋群当然ふくらはぎを鍛えるのだろうと思えるが、症状改善には意外なところが関係している。
  8. ゆっくり歩いているのに足がやたらと疲れる理由ユックリは楽、早いと疲れるそんな常識的なこととは異なる実際
  9. 足が棒になってしまう足が棒になってしまって思ったように体を鍛えることが出来ずに腰痛に難儀している方は経済速度に着目しましょう。
  10. 疲れない足の使い方歩くときの足の裏が着くタイミングに膝を外に開いて、足の外側が接地したら膝を内側に動かす
  11. 足が棒立ちになるとぎっくり腰になる理由衝撃吸収に脆くなったり、腰が反ってしまったり、安定が悪くなるから。
  12. 疲れると足が棒立ちになる理由足が胴体の真下に垂直に配列しているとほとんど力を使わない。疲れて体力が消耗すると自然と棒立ちになってしまう。

足が疲れてくると、膝が棒立ちになります。棒立ちになると膝のバネが損なわれ、膝や腰を患いやすくなります。



ふくらはぎ症状

結論:歩き方によるものが多い

  1. 歩きすぎてふくらはぎが痛くなるのはなぜ?筋肉が炎症を起こして痛みを出すことが多い
  2. 立っているとき、ふくらはぎが締め付けられるように収縮する感覚動かないことが原因となるものが多い。
  3. ふくらはぎがパンパンになる女性生理によるむくみとふくらはぎの筋膜の短縮の二つが相まって内圧を上昇させて辛くなる。
  4. ふくらはぎのこむら返りによるもの 骨膜から発生する痛みはときとして出所が分からないことがある。
  5. ふくらはぎが痛い、締め付けられるふくらはぎの①内容物の増加、②外壁の狭まり、③排水の障害が考えられ、有酸素運動をすることと、日常生活動作に気をつけること、そして温めることが大切です。
  6. 何もしていないのにふくらはぎがだるく筋肉痛のような感じ下腿には様々な血管・神経の絞扼部位があり、筋肉痛のようなだるさを呈する原因となるものにはヒラメ筋腱弓がある。
  7. ふくらはぎが筋肉痛のような病気はありますか?ふくらはぎが筋肉痛のような病気はある。筋膜型のものや、循環器や姿勢などの影響からもたらされるものもあるが臨床上最も多いのは腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症など、腰部から由来するもの
  8. ふくらはぎに筋肉痛のような痛みふくらはぎの外側に見られる筋肉痛のような痛みの多くは筋攣縮と呼ばれるものが多く日頃の姿勢が悪い人は腰の弱っているひとに多く見られるものです。

ふくらはぎが衰えると、お尻に痛みをもたらすといわれています。体の中では特に鍛えてもらいたいパーツの一つです。



脚長差

  1. 脚長差によるもの左足を台の上に乗せることで、足首が内反足となって左足に短縮を起こしているので足首を回す運動で矯正をする必要がある。
  2. 立ち上がったときの腰の痛みの原因は脚長差腰椎に炎症があるときに、大腿四頭筋が短縮して脚調査が生じると腰椎に傾きが生じて腰に痛みを起こします。
  3. 脚長差は筋肉の左右差によって起こる脚長差が原因となるぎっくり腰では、腰の痛みだけを解消しても脚長差を改善せねば再び再発する。足を組む姿勢など筋肉の左右さによるものであり、利き腕などの区別が生まれるのは、左右の作業の分担による。足を抱え込むストレッチで筋肉の短縮差を防止しましょう。
  4. 脚長差足を組むことで脚長差は生じるが、足を組むと骨盤がロックされ姿勢が安定化するから。仰向けになり両足を左右に倒すストレッチが有効
  5. ウエストポーチが右にずれる理由脚長差があるとそれを補うために片側の足が強く地面をキックするから。
  6. マラソン中にウェストポーチが右にずれる左右の足の長さには差があるため、足の力が偏ってウェストポーチがずれてしまう。
  7. aaa脚長差と腰痛腰痛を患うのは脚長差による体の偏りが原因しており、脚長差が生じる背景には利き手が関係する。世界人口の9割は右利き
  8. aaa脚長差による腰痛の改善法靴の補高で脚長差を補うこともよい。
  9. aaa脚長差によるぎっくり腰の改善法足を投げ出すようにしてお尻の側面を伸ばす

格闘技や野球では必ず右構え・左構えと、人それぞれの得意な構え方があります。この構え方の左右差が脚長差をもたらします。「力の弱い人」ほど構えを多用します。



下肢の対処

  1. 下腿の辛い人が簡単に試せる方法足先、足の指、膝下、脛、ふくらはぎなどが慢性的に痺れたり、痛い方が大したデメリットなく簡単に試せる方法が膝下枕
  2. 脛の痛みを簡単に治す方法を教えてください。専門家を受診して原因を見つけることが一番大切、どうしても簡単さにこだわるならばマッサージを受けたり、椅子やマットレスなどを変えてみることが簡単ですね。
  3. 下腿の辛さは無理して歩くとどうなる筋温が低下して、柔軟性が失われているため、筋肉の付着部、筋腱移行部、腱付着部、靭帯、滑液包、腱鞘などで損傷が生じ、炎症が発生する。
  4. なぜ膝を曲げると足が楽になるのか?膝下に枕を挟んで寝ると腰の反り(浮いた状態)が改善されて腰部のストレスが軽減するため足先へ巡る神経の促通が良好となり足の痛みが軽減することがある。
  5. 脚長差のチェック法・対処法胡坐をしたときに無意識にいつも同じ側で足を組んでいたり、意図的に逆の組み方をすると違和感があれば脚長差が生じているだろう。
  6. 本気で足の辛さを解消したい人に見ていただきたいページ下半身全般・お尻・膝・股関節・太腿・脛・ふくらはぎ・足裏の痛みの原因となるのが仙骨座りであり、骨盤が後傾してお尻がずり落ちる座り方。
  7. 膝下を紐で縛ると足が治りますか?余りにも不自然な療法のため安全性が保てない。運動療法で緩みすぎた筋肉を締めることが良いと言われる。
  8. 足がパンパンなときのマッサージは双手揉捏法できりもみするようにふくらはぎを揉むことが良い
  9. ぎっくり腰防止の脚の使い方のイメージ 脚の長さを「鼡径部~足先」のイメージではなく、「ミゾオチ~足先」のイメージで振り子のように動かして地面を蹴るようにすることが良い。
  10. 負担を減らす足の使い方足の骨には丸い部位があり、それをタイヤのように用いると足腰の負担が軽減される。

簡単に出来る対処法として座り方を意識する方法があります。骨盤が倒れたまま座ると足の神経を圧迫して不具合を起こすこともあります。



脚・足・下腿関連

脚・足・下腿関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

下肢の筋肉と腰痛

ふくらはぎと腰痛

足部(足首より下)と腰痛

外反母趾

扁平足・ベタ足

足裏

足底アーチ

踵(かかと)

腰痛と下肢症状

腰痛と下肢

下肢症状

つまづきやすい

下肢の痺れ・痒み・異常感覚

下肢の疲労

ふくらはぎ症状

脚長差

下肢の対処



部位別

「部位別」カテゴリーを、さらに14個に区分します。

① お尻A

② お尻B(症状)

③ お尻C(症状)

④ 股関節

⑤ 頭痛・顎

⑥ 首・肩・手①(腰痛と関係するもの)

⑦ 首・肩・手②(個別疾患)

⑧ 太腿

⑨ 

⑩ 下肢:症状・対処

⑪ 膝①(仕組み)

⑫ 膝②(症状・対応)

⑬ 骨格①(脊椎)

⑭ 骨格②(骨盤)

最新情報

ぎっくり腰の寸前

股関節屈曲を他動で動かしたときに途中でつまるような感じがあった

中腰の腰痛の原因は?

ぎっくり腰の時間

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

かかとがムズムズするなら、靴下を履こう

かかとの内側がチクチクするのは?

腰痛学級で腰痛はなおるか?

若い人のぎっくり腰

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ぎっくり腰 寒い

うつむくと腰が痛い

ヘルニアに効く温泉は?

ストレスで筋肉がなくなるの?

運転中にぎっくり腰になったら?

部位別

「部位別」カテゴリーを、さらに14個に区分します。

① お尻A

② お尻B(症状)

③ お尻C(症状)

④ 股関節

⑤ 頭痛・顎

⑥ 首・肩・手①(腰痛と関係するもの)

⑦ 首・肩・手②(個別疾患)

⑧ 太腿

⑨ 

⑩ 下肢:症状・対処

⑪ 膝①(仕組み)

⑫ 膝②(症状・対応)

⑬ 骨格①(脊椎)

⑭ 骨格②(骨盤)