腰痛と肩・首・上肢の関係

結論:下をうつむかないこと。頭が前に出ると腰と肩の負担になる。

腰痛と肩コリ

  1. 肩こりと腰痛の関係関係性は深く首を屈めると、反対側に腰部が安定を保つために緊張を強いられるため腰の負担となる。
  2. 肩こりが酷すぎて腰の痛みに気がつかないもの猫背による腰部の負担増大では肩こりのレベルを知る
  3. 重度な肩こりが関係する腰痛腰椎椎間板ヘルニアによって体幹に不撓性が生じると首の負担が大きくなる
  4. 腰痛になる人と肩こりになる人の違いは?人によって肩こりになる人と腰痛になる人の違いは一般論ではデスクワークと肉体労働の差だといわれているが同じオフィスワークでも症状が分かれる。多くの場合はイスに腰掛けているときの肘の位置がテーブルにある場合は肩こり、肘を浮かせている場合は腰痛になる。腰の負担を軽減することが根本的な対処となるためイスを代えてみたり、体操などを小まめに行うと良い
  5. 上肢と下肢をしっかり使って防止につなげるためには?エアロバイクを使おう

下をうつむくと肩の筋肉や、腰の筋肉を働かせて頭の重みを支えます。デスクワークの画面の位置も下を見ることなく、まっすぐ正面を見る工夫が必要です。



腰痛と四十肩・五十肩

  1. 四十肩と腰痛の関係デスクワークによる肩の多用が腕を持上げるときに腰の代償を生じさせ腰を悪くする原因となる。
  2. 五十肩と腰痛疾患の分岐点腰を丸めて腰掛けて、前方に傾いた体重を腰で支えると腰を痛め、肘をテーブルに載せてテーブルに寄りかかることで肩を痛める
  3. 五十肩と腰痛の関係性について立ち上がりの際の腕や肩の筋肉への依存による胴体の筋力の低下が大きく関係している。疼痛によって肩本来の上腕の回旋動作が失われることで五十肩を発生させる。

腕は肩にぶらさがっています。だから重さが常に加わって痛めてしまいます。鳥が宿木に止まるように肩もときおり、重さから開放して休ませてあげましょう。



腰痛と肩部

  1. 腰痛と胸鎖関節のつながり両者には猫背が関係している
  2. 腰と肩はお互いをかばう腰と肩はお互いに動きをカバーし合っている。腰痛を患う場合は大概は肩こりも持っている。
  3. 肩と腰と膝の痛みの関係3者の痛みには筋力が影響しており、足が疲れると腰が体勢を保持したり、立ち上がりで腕で体を支えて肩を痛めたりと一定の流れがある
  4. 肩の辛さと腰痛の関係腰と供に肩を悪くするケースもあり、両者は依存関係にある。腰が悪いと肩で補って、肩が悪いと腰で補う。
  5. 右肩から首にかけての神経痛は腰痛に関係してるの?日常姿勢の偏りによって骨盤の高さに左右差が生じると腰方形筋の負担が増加してぎっくり腰を生じさせるが、左右の肩の高さも変化するので、首コリや肩こりなどの原因ともなりうる。
  6. 肩の依存による腰痛両肩に依存して背筋を使わずに立ち上がると腰の筋力が脆弱化するので日頃の動作を気をつける
  7. 肩甲骨が辛い女性を整体しました。東長崎に暮らす女性、肩甲骨のあまりの辛さを訴える。治療するがふくらはぎや他にも疲労は困憊の状態だった。
  8. スマホ巻き肩と腰痛小型通信機器を操作するときにうつむき姿勢になることで肩こりや腰痛を患う。

腰痛の多くは脊柱が不安定な状態にあることで起こるため、肩の不具合も起こします。



環軸関節・環椎・環椎後頭関節と腰痛

環軸関節・環椎・環椎後頭関節と腰痛

(環椎とは第一頚椎のこと)

  1. 環椎後頭関節と腰痛の関係頚椎と頭部の境目の関節で可動範囲が大きく、動きが悪くなると腰部の動きの動員が増えるためぎっくり腰を招く。
  2. 環軸関節とぎっくり腰の関係うつむいて過ごすと首が回らなくなり、腰の無理な動きを招いてぎっくり腰になる
  3. 環椎と腰痛環椎とは背骨の中でも単一の椎骨としては最大の可動域を誇る第一頚椎のことであり、デスクワークなどで頚を酷使すると動きが障害されて腰痛の原因となりますが、ほとんど頚に無自覚なため腰を治療しても効果が長続きせず苦しみ続けます。

頚椎の中でももっとも動く範囲の大きい第一頚椎について。ここが動きが悪くなると、首をグキッと痛めたり、振り返ろうとして腰を痛めることがあります。



腰痛と頚椎

  1. 頚椎と腰椎の変形の関係背骨の腰椎が歪んでいるときには同じぐらい頚椎にも変形を持っていることがある。頚椎の中でも上位頚椎である環椎後頭関節や環軸関節で障害が生じやすい
  2. 頚椎と腰椎の連動頚椎と腰椎は連動しておりバランスを取り合っている
  3. 頚椎とぎっくり腰の関係下をうつむく姿勢をとると頚椎がストレートネックとなり腰の負担となる
  4. ぎっくり腰と頚椎頚椎の運動が無ければ胴体をテコのアームと見立てたときにアームの距離が長くなって腰の負担を招く
  5. 頚椎関節との関係頚椎関節の動きが悪くなると歩くときや走るときの胴体のツイストの動きを妨げてしまい頭部が左右に揺れる現象が起こる。軸のブレが腰椎の関節に金属疲労のように負担を加えてぎっくり腰を引き起こす
  6. aaaストレートネックは頭の突出により腰痛を起こす首のアンバランスを支えるために全身に負担が及ぶ
  7. aaaストレートネックと腰痛の関係ストレートネックは背骨全体が前傾する。腰椎に負担が加わる。
  8. aストレートネックが原因となるぎっくり腰の筋トレ法腕立て僧帽筋でを鍛える
  9. 下位頚椎とぎっくり腰下位頚椎は関節面が斜めに接しているため前後左右側屈など広範囲の動きを担う。うつむき姿勢が続いて頚椎の筋肉が緊張を強めると負担を胴体にて請け負うため腰周りが過度に酷使されてぎっくり腰に陥る
  10. 頚椎とぎっくり腰の関係脊柱全体に注意を払い頚椎にも着目する。腰椎が働くときには必ず頚椎に力が入り背骨を反対方向へと固定し雑巾しぼりのように力を働かせるから強い力が出せる。
  11. aaa腰痛患者は頚椎を患い椎骨動脈を障害する頭が前に突出した姿勢は首の動脈を障害する。
  12. 頚椎の側屈と腰痛の関係首を側屈したときにポキポキなる人は腰痛になりやすいです。
  13. 防止のために日頃から気をつけたい部分頚椎であり、可動域が減少すると不足した可動範囲を補うために腰椎や胸椎を過剰に動かして腰の負担を増加させる。

背を丸くして過ごす習慣を持つ人は背中を患うこともありますし、首も痛くなります。



腰痛と首

  1. 首の動きとの関係首は全ての動作の起点となるため、これの可動域制限は腰部の負担を増大し、ぎっくり腰に陥りやすくなる。
  2. ストレートネックと腰痛の関係姿勢の偏りによって引きおこされる
  3. ストレートネックは定期適にクビを反らす背骨の偏りによって土台部分に当たる腰椎の椎間板の負担を増大させてしまう。タオルを使った首の体操で首を本来の位置に矯正する
  4. 首の硬さと腰痛の関係 物体の押せば押し返される力により、足腰の力の弱さが肩や首に現れる。
  5. 首を曲げると腰が痛い首を曲げたときに腰に痛みが走るケースでは脊柱起立筋の筋攣縮がある。
  6. 腰を痛めるのは首が固いから頚椎の可動範囲が狭いと、ちょっとしたうつむく動作や背中を丸めるような動作をしたときに腰を痛める可能性が高くなる。
  7. ぎっくり腰の発生原因、首や手の露出機能性が高い首や手はついつい薄着になりがち。寒さを防止するだけでもぎっくり腰は減る

ストレートネックで悩まれる方は多いですが、腰を意識すると姿勢が安定して改善することが多いです。



腰痛と寝違え

  1. ぎっくり腰と寝違えの関係腰の痛みによって寝返りが障害されるため、首のねじれが強まって寝違えを起こす。
  2. ぎっくり腰と寝違えは同じ病態細長い筋肉ほど負担が加わると筋肉が攣縮しやすい。攣縮が起こると周囲の筋肉に症状が波及して複雑化する。
  3. 寝違えとぎっくり腰首や肩がピキーンと痛くなる寝違え、ぎっくり腰とほぼ同じメカニズム

寝違えは首をねじったまま眠ってしまうと起こることが多いので気をつけましょう。どちらも筋肉が痙攣していることがあります。



腰痛と上肢

上肢とは、肩甲骨・腕・指などのこと

  1. 翼状肩甲とぎっくり腰の関係背中を丸めた猫背をすると腰を痛めやすいそして肩甲骨も歪んだポジションとなる。
  2. 腕の動きと腰の動きの関係について腕を動かしたときには腰の動きが随伴され、腕を動かした方向について行く。どのような腕の動きにも腰の屈曲・側屈・水平回旋が随伴する。腕を動かしたときよりも、戻すときに腰への注意を怠りやすい。腕を動かしたときに起こすぎっくり腰の多くは油断して生じてしまうことが多い。
  3. 腰部疾患防止のための手と腰の関連多くの治療家があまり触れない腰部疾患と腕・手の関係。直接的な係わり合いは全くないように思うが余りにも関係性が大きい。
  4. 腰と上腕二頭筋の関係上腕二頭筋が固いと、手で保持した状態でのツイスト動作が制限されて腰を痛める
  5. 腕の力と腰痛の関係について腰を痛めたものにとって最も不安なく取り組める腕のトレーニングは立ち上がったときに杖を使ったり、壁に掴まったりと安全確保に役立ちますし基礎代謝が高まるなどの様々なメリットをもたらしてくれます。
  6. 腕の力を鍛える必要性腕を鍛えるほど体位変換が楽になり腰の負担が減る。また姿勢保持に杖を用いたり手摺に掴まったり、壁に手を掛けたりと安定を保ち易くなる。
  7. aaaぎっくり腰と腕の関係利き腕の左右差から背骨のネジレが生じ腰が痛くなる。
  8. 腰痛患者と腕の力の関係腕の力は腰の痛みと関係性が無いと思うがとても大きな関係がある
  9. 腕の筋力低下と腰痛、その改善方法腕が衰えると疲れたときに体を支えることができないため足腰を酷使して腰を悪くする。腕で体を支持できないと杖を用いることもできないため自由に外出が出来なくなる。
  10. 肘の黒ずみがある人はぎっくり腰になりやすい肘の黒ずみは摩擦や圧迫など度重なる物理的なストレスにさらされることで起こる
  11. aaa腕の力と腰痛の関係腕立て伏せが1回も出来ない人は総じてぎっくり腰では重症化する。寝た状態から起き上がれない
  12. a手の力を使うと腰を痛めやすい手で対象物を引っ張ろうとすると「作用と反作用の法則」によって自分が対象物に引っ張られてしまい腰を傷めてしまう。
  13. aaa腰痛持ちは腱鞘炎を起こす姿勢の悪さが神経を障害し、肘から先の血流を悪くする。

胴体の力が弱い人は、立ち上がるときに時間が掛かります。すると、肩を負担によって痛めることがあります。



肩・腕・手関連

肩・腕・手関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

腰痛と肩こり

腰痛と四十肩・五十肩

腰痛と肩部

環軸関節・環椎・環椎後頭関節

腰痛と頚椎

腰痛と首(頚部全体)

腰痛と寝違え

腰痛と上肢

肩こり

重症肩こり

肩こりと類似し、判別が必要なもの

肩こりと姿勢

肩こりケア

肩の障害

腕・手・指

四十肩・五十肩

首・頚椎

寝違え

管理者用ページです。ご覧いただく内容は特にありません。



部位別

「部位別」カテゴリーを、さらに14個に区分します。

① お尻A

② お尻B(症状)

③ お尻C(症状)

④ 股関節

⑤ 頭痛・顎

⑥ 首・肩・手①(腰痛と関係するもの)

⑦ 首・肩・手②(個別疾患)

⑧ 太腿

⑨ 

⑩ 下肢:症状・対処

⑪ 膝①(仕組み)

⑫ 膝②(症状・対応)

⑬ 骨格①(脊椎)

⑭ 骨格②(骨盤)

最新情報

ぎっくり腰の寸前

股関節屈曲を他動で動かしたときに途中でつまるような感じがあった

中腰の腰痛の原因は?

ぎっくり腰の時間

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

かかとがムズムズするなら、靴下を履こう

かかとの内側がチクチクするのは?

腰痛学級で腰痛はなおるか?

若い人のぎっくり腰

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ぎっくり腰 寒い

うつむくと腰が痛い

ヘルニアに効く温泉は?

ストレスで筋肉がなくなるの?

運転中にぎっくり腰になったら?

部位別

「部位別」カテゴリーを、さらに14個に区分します。

① お尻A

② お尻B(症状)

③ お尻C(症状)

④ 股関節

⑤ 頭痛・顎

⑥ 首・肩・手①(腰痛と関係するもの)

⑦ 首・肩・手②(個別疾患)

⑧ 太腿

⑨ 

⑩ 下肢:症状・対処

⑪ 膝①(仕組み)

⑫ 膝②(症状・対応)

⑬ 骨格①(脊椎)

⑭ 骨格②(骨盤)