頭痛・顎関節

結論:頭痛は頭の重みによって起こることが多い。下をうつむかないだけで多くは治る。

頭痛の仕組み

  1. 気圧の変化が頭蓋内圧・脳圧に影響を与える頭の内部の空間は一定で動かないため外部や体の内部の圧力が変化すると頭の内圧は変化して様々な不調につながる
  2. 頭痛の痛みの種類ズキズキと刺すような痛みと、グワングワンという締め付けるような痛みがある。
  3. 異常が見つからない頭痛について頭痛のほとんどは細かな頭の血管の異常攣縮によるものであり、レントゲンやMRIで画像に異常を示すことはない。
  4. 頭痛の症例頭痛は首周りの筋肉の短縮差によって頚椎に偏りが生じることで発生する。
  5. 頭痛と生理頭痛の原因には生理による血液不足がある。
  6. 腰痛患者とめまいや頭痛の関係中高年の女性で慢性腰痛をお持ちになられる方では頭痛やめまいを日常的にお持ちになられている。その理由は意外なことに背骨が関係する。
  7. 前方荷重によるぎっくり腰とその原因となる頭部突出の解消法前方荷重が原因でバランス保持のために腰の筋肉が後方へとバランスを立て直そうと働くため腰に負担が蓄積してぎっくり腰を生じる。前方に突き出した頭部が原因となるため顎の位置を意識的に後方へと引きこんで頚椎に前彎曲を作るように心がけることが良い。
  8. ダンスの頭を振る動作によるぎっくり腰頭を振ると背中を患いやすい。棘上靭帯の痛覚過敏を起こす

頭痛の大部分は、下をうつむくことで、頭の重みを支えるために頚椎の筋肉が緊張して起こります。



頭痛の原因

  1. オフィスワークでの群発性頭痛メガネを掛けることが有効な対策となる。
  2. 足首を捻ってから頭痛になった痛くて歩けないと代償姿勢から緊張型頭痛を起こしたり、過度な安静から血管の負担が増えて群発性頭痛や片頭痛を起こすことがある。
  3. 男性に多い頭痛のタイプ片側の目の周りや目の奥が痛くなる群発性頭痛が男性には起こりやすい
  4. 女性は頭痛になりやすい女性ホルモンや生理周期の影響で頭痛が男性よりも3.6倍起こりやすい
  5. 頭痛と空腹との関係お腹が減ると血糖値が下がって脳の唯一の栄養であるグルコースも足りなくなるため頭痛を起こして、無駄なエネルギーの消費をさせまいと動けなくする。
  6. 頭痛と眼精疲労との関係性について生理による目の血流の低下や、デスクワークでの目の酷使などが眼精疲労を招き、悪い姿勢となって肩や首のコリから頭痛が起こることもある。
  7. 肩や首のコリと頭痛の関係性女性=肩こり=頭痛、これは昔から言われています。

ただし、頭痛は命に関わる病気もあるので、例外なく専門医に見てもらうべきです。一度専門医に見てもらってから、その後に民間療法を受診しましょう。



頭痛と不眠

  1. 頭痛による不眠身内の不幸によって精神的なショックから頭痛を呈して、頭痛が不眠をもたらしているもの。
  2. 不眠の原因は頭痛頭痛は首周囲の疲労、酷くなると睡眠を障害するようになる。睡眠が障害されると仕事の集中力が低下してミスを誘発し、精神的なダメージによって心理面が不安になり更に不眠をもたらし負のスパイラルに陥る。

頭痛は筋肉の緊張によるものが多いです。体が緊張すると眠りを妨げてしまいます。



頭痛とメンタル

  1. ストレスが頭痛を起こす仕組みストレスを感じると心が不安定になる。するとうつむいた姿勢をとることで頭の重さを支えるために頭部や首の筋肉を過剰に緊張させて緊張型頭痛が起こる。
  2. 頭痛になりやすい性格①几帳面、②神経質、③心配性、④完璧主義
  3. 頭痛の重症患者ほどリラクゼーションが効果的自称「重症」と訴える人ほどリラクゼーション的な手技を好み、気持良くて心満たされると体が良くなる。
  4. ストレスと頭痛頭痛のツボ押しを覚えたり、ストレッチやヨガに通ったりとセルフケアを頑張るぐらいならストレスに着目した方が根本解決につながる。

心の状態が、頭痛を引き起こすこともあります。例えばつらいとき、無意識に下をうつむきガッカリします。すると頭部の重さが首の負担となり緊張頭痛になります。



緊張型頭痛

  1. 緊張型頭痛の仕組み後頭部の大後頭神経と小後頭神経が障害されて主に後頭部に痛みを発する
  2. 緊張型頭痛について後頭下筋群に緊張が生じると仰向け姿勢でリラックスをすることができず頭痛を呈して不眠を生じたりと広範囲の不調を生じる。
  3. 緊張性頭痛の原因頭部や首の筋肉がそこに分布している神経を締め付けることで痛みが引き起こされる

首周りの筋肉に緊張が生じると、ある神経の血流が妨げられる。そして神経の異常興奮をもたらし、痛みを起こすことがあります。



頭痛対応

  1. 頭痛治療の概要頭痛は一次性、二次性、頭部神経痛、顔面神経痛によるものがある。
  2. 頭痛を防止するための正しい姿勢下をうつむいたり猫背になると首周りの筋肉が緊張して頭痛を起こす。
  3. 頭痛治療におけるマッサージや整体など民間療法受診前の注意点意外なことに頭痛の多くは整体やマッサージで治ってしまう筋膜性のものが多いが、稀に命に関わる危険なものもあるのでご注意を!
  4. 要注意な頭痛について余りにも激しすぎる痛みや、意識を失うような症状があるケースは専門医を受診しましょう。
  5. 頭痛の予兆について患者の共通点として頭痛が起こる前に何らかの前兆を感じている。例えばめまい・耳鳴りなどがある。
  6. 頭痛の安静にして休む期間長く休んだから痛みが取れるというものではない。
  7. 頭がガンガンするのはマッサージで治る?治るものが多い。正し始めて受ける人では疲労が溜まりすぎてくすぐったくなることもある。
  8. ぎっくり腰の原因となる頭部突出の改善法前方荷重になりつま先に体重が常に偏って加わることで腰の筋肉が過度に動員されることで腰に負担を蓄積してぎっくり腰を引き起こすことがある。ぎっくり腰の防止のためには前方荷重の原因となる頭部の突出を改善するべく顎を後方へと引き込みつつ、後頭部の盆の窪にある頚椎のツボを刺激して疲労を軽減することが求められる。
  9. 頭痛日記日記をつけることで、痛みのきっかけや対策が分かる

頭痛は整体で改善するものが多いです。ただし、自己管理も必要。



頭痛余談

  1. 私の頭痛体験談死を予感した頭痛の経験について
  2. 頭痛の一番のつらさ頭痛の一番の辛さは、頭の痛みそのものではなく、周囲の人に全く理解してもらえないこと。弱虫、仮病などと誤解を持たれてしまうこともある。
  3. 頭痛で休みたいけど理解が得られない欧米では頭痛は頭脳労働には当然伴うものであるため生理休暇と同じような扱いを受けることが出来るものとされている。
  4. 頭が割れるほど痛い男性筋肉の緊張によるものが多いが、危険なものもあるので随伴症状に注意する
  5. 中学時代からの慢性頭痛のWさん、30代女性の出張整体肩こりからの頭痛、そして肩こりの背景にあるのが体の軸の歪み
  6. 深夜は頭痛患者が多い深夜に治療を受けられる患者について

頭痛に関しての楽しんでいただくためのコラムをご紹介します。



アゴ関節

  1. 噛み合わせと腰痛噛み合せを高めると腰痛防止になるというが、噛むことでもたらされる圧力の感覚が疼痛を紛らわしてくれているようだ。
  2. 顎の痛みと腰痛デスクワーク中の顔を画面に近づけてアゴを突き出す頭部前方位姿勢は顎の筋肉の緊張を招き顎の痛みを招きます。
  3. 顎関節症の女性顎関節症は顎周りの筋肉が固くなることで顎の動きを妨げて痛みを生じることがあり、しっかりと処置することで随分と改善することが多い
  4. 顎の痛みとブラキシズム顎の痛みは顎に働く異常咬合力であるブラキシズムによって起こる。ブラキシズムの発生には姿勢が関係する。
  5. 顎のコリコリ音の正体|顎の解剖学(軟部組織)コリコリする音は関節円盤が引っかかっている音。円盤が腫れ上がってしまうと症状が悪化するため早期の対処が肝心
  6. 顎関節症の症例全身はつながっているため顎が痛いからといって顎だけを処置したのではダメ。
  7. 顎の治療の概要について筋→靭帯→関節内症と症状が進行し、その種類は頭文字をとって『禁じない変身』(帯・関節症・因性)と覚える。治療では顎の外側と内側の筋力のバランスを改善することが求められる。
  8. 顎の関節軸の偏移について顎に痛みが現れるのは全身の関節のテコの働きが悪いから
  9. 顎治療|挟み込まれた関節円盤の解除法|船底をすくい上げろ!顎関節の症状の軽減には顎関節脱臼の整復で用いられるヒポクラテス法の原理が有効となることがある。
  10. ブラキシズムの本当の原因顎そのものが弱っているというより、基礎代謝が低下しており寒さを我慢するときに顎を食いしばるのがブラキシズムの原理。だから全身の機能を高める治療が必要なんです。
  11. 顎と姿勢の関係性について→絶対にこのページを最初には読まないでください。誤解を生じますので一番最後に呼んでください。姿勢と顎の関連性をご理解いただくためには、事前に当院が顎についての基本的な知識を持っていることを知った上でご覧にならないと『アゴと姿勢に関係などあるわけないだろ!うそ臭い・・』などと言われのない誤解を持たれてしまいます。
  12. 顎関節の働きとの関係顎は全身の筋肉を強調させて全体の力を一つにする粗大筋力に関係する。顎の働きが悪いと全身の力が落ちてぎっくり腰に陥り易い。
  13. 顎をつきだすと腰痛になるチン・インで顎を後方に引き込むと腰の負担が減る

アゴはかみ締めによって起こることが多いです。人は疲れると無意識にこめかみに力が入ります。こめかみにはアゴのツボが集中しているのです。



頭・アゴ関連

頭・アゴ関連

「まとめページ」をさらにまとめたリストです。

頭痛の仕組み

頭痛の原因

頭痛と不眠

頭痛とメンタル

緊張型頭痛

頭痛対応

頭痛余談

顎関節

管理者用ページです。ご覧いただく内容をご用意しておりません。



部位別

「部位別」カテゴリーを、さらに14個に区分します。

① お尻A

② お尻B(症状)

③ お尻C(症状)

④ 股関節

⑤ 頭痛・顎

⑥ 首・肩・手①(腰痛と関係するもの)

⑦ 首・肩・手②(個別疾患)

⑧ 太腿

⑨ 

⑩ 下肢:症状・対処

⑪ 膝①(仕組み)

⑫ 膝②(症状・対応)

⑬ 骨格①(脊椎)

⑭ 骨格②(骨盤)

最新情報

ぎっくり腰の寸前

股関節屈曲を他動で動かしたときに途中でつまるような感じがあった

中腰の腰痛の原因は?

ぎっくり腰の時間

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

かかとがムズムズするなら、靴下を履こう

かかとの内側がチクチクするのは?

腰痛学級で腰痛はなおるか?

若い人のぎっくり腰

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ぎっくり腰 寒い

うつむくと腰が痛い

ヘルニアに効く温泉は?

ストレスで筋肉がなくなるの?

運転中にぎっくり腰になったら?

部位別

「部位別」カテゴリーを、さらに14個に区分します。

① お尻A

② お尻B(症状)

③ お尻C(症状)

④ 股関節

⑤ 頭痛・顎

⑥ 首・肩・手①(腰痛と関係するもの)

⑦ 首・肩・手②(個別疾患)

⑧ 太腿

⑨ 

⑩ 下肢:症状・対処

⑪ 膝①(仕組み)

⑫ 膝②(症状・対応)

⑬ 骨格①(脊椎)

⑭ 骨格②(骨盤)