荘A[NX̉@

ぎっくり腰を緩和したいなら「床断熱」に着目する

雪景色

※スポンサーCM

※当院に来院できない遠方の方へ

どうか、読んで役に立ったと思った方だけでも下記のコメント欄を書いてください。
来院不能なほど遠い場所に住んでいる方も、このページに質問されます。
いままでまじめに回答しつづけたつもりです


また、相談事項のある方も下記のコメント欄を使ってください。皆さんの相談をお受けした実績を目に見える形で残させてください。検索アクセスなどの目に見えない形で相談されるとなんの実績も残りません。モチベーションを下げます。僕が姿を見せない人にも相談にも応じた
事実を目に見える形で残す義務が皆さんにはあります。

床下の冷気と足
著作者: a God's Child

「痛てて!もう二週間もたつのに
まだ痛いよ!どうなってんの?」

今ぎっくり腰を患っていたとします。

もしくは、。パートナーが
ぎっくり腰を患っていたとします。

通常でしたら、ぎっくり腰は何もせずとも
2週間ぐらいで治癒します。

ところが2週間以上経過しても
ぎっくり腰が治らないとしたら、

床断熱に着目してみてください。

通常でしたら2週間で完治するのに、
治らないとしたら、

それは自然治癒が
妨げられている
からです。

真冬なのに、
冷たいフローリングで暮らす人もいる。

どうして床断熱に
着目する必要があるのか?

アークス整体院では、
出張整体をしております。

ぎっくり腰になられた患者さんの
ご家庭に出張するわけですが、
このときに意外に見るのが、
真冬なのにフローリングが
「むき出し」になっていることです。
底冷えしたフローリング
著作者 ManNg (改変 gatag.net)

底冷えしたフローリング、

そこを「はだし」で歩く。
スリッパを履いて歩く。

散々、冷たい空気に体をさらす。

にも関わらず、

「先生、もう10日も経つんです。」

いつになったら治るのか?
困っています。」

このようにおっしゃられます。

冷えは、細胞活動を妨げる。
神経細胞の異常興奮を生じさせる。

体は冷やしてはいけません。
平温よりも、冷やすことは悪いことです。

なぜならば、細胞活動を
妨げてしまうから。

細胞ではミトコンドリアという
小器官があります。
ミトコンドリア

ミトコンドリアが、食べ物を材料として、
「エネルギー」を作っています。

このエネルギーによって私達は
生きています。

ところが冷えると、
ミトコンドリアの働きが
妨げられてしまいます。

冷えは、ミトコンドリアの働きに
負担を掛けてしまいます。

その結果、エネルギーが
足りなくなる。
ご飯はしっかりと食べていても、
体内でエネルギー不足が
起こります。

これが神経細胞の働きを
悪くして痛みを起こします。
神経が異常興奮を起こして、

「坐骨神経痛」を起こす
こともありますし、
腰に突き刺すような激しい
痛みをもたらすこともあります。

また、「冷え」そのものが、
体にとって大きなストレスです。

ストレスに晒された体は
緊張する。
寒さとふるえ

この緊張が腰の動きを妨げて、
腰の負傷を招きます。

寒さはぎっくり腰の発生を
増やします。

だからこそ、床からの冷えを
防ぐことがぎっくり腰の治療では、
必要になるわけです。

絨毯やカーペットなどで断熱すると、
冷えが遮断される。

「床断熱」とは、冷えた床下からの
冷気を遮断することです。
床下からの冷えの影響

フローリングは冷えています。
床から冷気が常に出ている状態です。

この冷気が体温を奪ってしまう。
だから細胞の働きを妨げてしまいます。

スリッパを履いたり、
靴下を履くことで、
冷気の影響は少なくはなります。

足裏からの直接の冷気は
スリッパで防げます。

でも床で冷やされた空気は、
低いところにたまります。

この冷えの影響は
どうしても受けてしまいます。

ところが床断熱をすると、
この冷気の影響を減らせます。
床断熱

床に絨毯などの
断熱材を敷き詰めます。

すると、部屋に入ってくる
冷気を減らすことが出来ます。

どんなにエアコンやストーブで
部屋を温めても、
床断熱を怠ると、
せっかく温めた熱がすべて
床に吸い取られます。

床断熱を怠ると、
すぐに冷えてしまうのですね。

ぎっくり腰では、ダンボール
床に敷くと良い。

床断熱が床下からの冷気の
浸入を防ぐことが出来ることは
お分かりいただけたことです。

ところでいざ、ぎっくり腰になってから、

「そうか、じゃあ絨毯を注文しよう」

と考えても、
注文から到着に、
何日も掛かります。

また、家具を
どかして床に敷き詰めることも
一苦労します。

絨毯を敷く床断熱は
ぎっくり腰のときの
現実的な対応ではありません。

ぎっくり腰は正しく、
体調が管理できれば
2週間もすれば治ります。

なので、考え方として、
絨毯のように常時設置するものでなくとも、
「間に合わせ」でいいです。

このときに重宝するのが、
ダンボールです。

床に断熱材の代わりに
敷いていただく。

それだけでも
冷気のシャットアウトになります。

身近にパートナーが
いる方は、スーパーの
廃材のダンボールをいくつか
もらってきましょう。

床に敷けば即席の
床断熱が得られます。

ぎっくり腰では、すでに
絨毯を持っている方もおられます。

絨毯は持っている。
だけど引越しを控えている方、
すでに絨毯を梱包し
終えてしまった方。

引越しを終えて、
荷物の整理が終わっていない方、

こういった方が床に敷くものが
なくて体を冷やして
ぎっくり腰になることは多いです。

したがって部屋に豊富に用意された、
梱包用のダンボールを
床に敷き詰めれば、
即席の断熱材を得ることができます。

きっとぎっくり腰の緩和も
早まることでしょう。

床の断熱材は、
1年間では冬だけ必要なもの。

暑苦しい夏場は
不必要になります。

なので常時、絨毯を敷くよりも
冬場の数ヶ月だけダンボールを
敷くほうが断熱としては重宝します。

ダンボールは衝撃を緩和するために、
内層にデコボコの空気の層を
あえて作っています。

これが優れた断熱効果を
作りますので、かなりの冷えを
防止できることでしょう。

自然要因時期

結論:風にさらされると体温を奪われて腰痛を起こす。

外部環境要因

真夏と真冬に発生しやすいもの

季節との関係

なぜ6月に多発するのか?

ぎっくり腰が好発する時期

低気圧の寒さで体調を崩した女性

気温と体の関係

睡眠時間は季節の影響を受ける

秋の体の痛みと通院患者数

ぎっくり腰は気温差が激しいときに起こる

ぎっくり腰が発生しやすい場面と時間帯について

夕方になると辛くなるぎっくり腰

ぎっくり腰になりやすい時間帯

ぎっくり腰になり難い時間帯

耳を澄ませば腰痛を防げる

天気

6月の腰痛は?

梅雨時にぎっくり腰が増えるのは?

天候で腰痛になるのは心因性

腰痛は天候に応じた活動で防げる

雨の日のこと

雨降りはぎっくり腰になりやすい

気象条件が厳しくてもぎっくり腰を防止するには?

天候とぎっくり腰の関係

ぎっくり腰の誤解、気象条件

寒さ・冬

結論:あらゆる病気は冷えからもたらされる。

ぎっくり腰を緩和したいなら「床断熱」に着目する

ぎっくり腰 寒い

冬場にギックリ腰が増えるのは?

寒い季節に起こり易いのは?

冬場のもの、痩せている女性

急に冷えるとぎっくり腰になる

冬場のぎっくり腰防止は食事量を増やすこと

屋外での寒さにさらされて生じたもの

冷えで腰から太腿が痛い

雪の日のぎっくり腰

寒さによるもの

寒さとの関係について

体の冷えとぎっくり腰の関係

寒さによるぎっくり腰の防止法

寒さが招く理由

寒さによる体の緊張によるぎっくり腰を治療しました

寒さを我慢するからぎっくり腰になる

ぎっくり腰は寒さよりも、寒暖差による

寒いときに外出するとぎっくり腰になる

暑さ・夏

エアコンの冷えぐらいで坐骨神経痛になるのか?

夏のぎっくり腰の防止は食事量を控え目にする

夏は小食、冬は沢山食べるとぎっくり腰を防げる

暑いときには関節付近をアイシングしよう

自然な方法で暑さを克服する

クーラーを使わずに涼む方法は鉢巻

暑さに強くなる仕組み

手軽な暑さ対策は鉢巻

夏場に体調良く過ごすには?

真夏に快適にお金を掛けずに過ごす方法

意外な夏風邪の原因は水分補給にあり

夏風邪を防ぐにはどうしたら良いの?

エアコンによる夏風邪の防止法

熱疲労の原因と対策

熱中症対策の水分補給

夏場の不眠症の根本的改善は?

脱水症状と腰痛の関係

夏のぎっくり腰の防止法

水分過剰摂取とぎっくり腰

夏場特有のぎっくり腰もある

脱水症状で死にそうになった男性のケース

寝起き・朝方・早朝

朝方のぎっくり腰対策

朝方の腰の強張り・腰の固さ

痛みの出やすいタイミングは朝方と夕方

朝方の3時~5時に腰が痛くなる

朝起きたらズシッと腰が重い

早起きはぎっくり腰を防ぐ

朝早くにぎっくり腰が多いのは忙しいから

朝方に強くなる腰痛

朝起きると腰が重くてつらい

早朝の防止法

早朝の痛みの対策

朝方の背骨の固さ

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに18個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性

子供

自然

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

自然要因時期

結論:風にさらされると体温を奪われて腰痛を起こす。

外部環境要因

真夏と真冬に発生しやすいもの

季節との関係

なぜ6月に多発するのか?

ぎっくり腰が好発する時期

低気圧の寒さで体調を崩した女性

気温と体の関係

睡眠時間は季節の影響を受ける

秋の体の痛みと通院患者数

ぎっくり腰は気温差が激しいときに起こる

ぎっくり腰が発生しやすい場面と時間帯について

夕方になると辛くなるぎっくり腰

ぎっくり腰になりやすい時間帯

ぎっくり腰になり難い時間帯

耳を澄ませば腰痛を防げる

天気

6月の腰痛は?

梅雨時にぎっくり腰が増えるのは?

天候で腰痛になるのは心因性

腰痛は天候に応じた活動で防げる

雨の日のこと

雨降りはぎっくり腰になりやすい

気象条件が厳しくてもぎっくり腰を防止するには?

天候とぎっくり腰の関係

ぎっくり腰の誤解、気象条件

寒さ・冬

結論:あらゆる病気は冷えからもたらされる。

ぎっくり腰を緩和したいなら「床断熱」に着目する

ぎっくり腰 寒い

冬場にギックリ腰が増えるのは?

寒い季節に起こり易いのは?

冬場のもの、痩せている女性

急に冷えるとぎっくり腰になる

冬場のぎっくり腰防止は食事量を増やすこと

屋外での寒さにさらされて生じたもの

冷えで腰から太腿が痛い

雪の日のぎっくり腰

寒さによるもの

寒さとの関係について

体の冷えとぎっくり腰の関係

寒さによるぎっくり腰の防止法

寒さが招く理由

寒さによる体の緊張によるぎっくり腰を治療しました

寒さを我慢するからぎっくり腰になる

ぎっくり腰は寒さよりも、寒暖差による

寒いときに外出するとぎっくり腰になる

暑さ・夏

エアコンの冷えぐらいで坐骨神経痛になるのか?

夏のぎっくり腰の防止は食事量を控え目にする

夏は小食、冬は沢山食べるとぎっくり腰を防げる

暑いときには関節付近をアイシングしよう

自然な方法で暑さを克服する

クーラーを使わずに涼む方法は鉢巻

暑さに強くなる仕組み

手軽な暑さ対策は鉢巻

夏場に体調良く過ごすには?

真夏に快適にお金を掛けずに過ごす方法

意外な夏風邪の原因は水分補給にあり

夏風邪を防ぐにはどうしたら良いの?

エアコンによる夏風邪の防止法

熱疲労の原因と対策

熱中症対策の水分補給

夏場の不眠症の根本的改善は?

脱水症状と腰痛の関係

夏のぎっくり腰の防止法

水分過剰摂取とぎっくり腰

夏場特有のぎっくり腰もある

脱水症状で死にそうになった男性のケース

寝起き・朝方・早朝

朝方のぎっくり腰対策

朝方の腰の強張り・腰の固さ

痛みの出やすいタイミングは朝方と夕方

朝方の3時~5時に腰が痛くなる

朝起きたらズシッと腰が重い

早起きはぎっくり腰を防ぐ

朝早くにぎっくり腰が多いのは忙しいから

朝方に強くなる腰痛

朝起きると腰が重くてつらい

早朝の防止法

早朝の痛みの対策

朝方の背骨の固さ

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに18個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性

子供

自然

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書