腰痛の自然・季節・時期的要因

雪景色

腰痛と自然要因・時期

結論:風にさらされると体温を奪われて腰痛を起こす。

  1. 外部環境要因季節・天候・気温など様々、東洋医学で言う六淫と六邪、そして風邪の人体にもたらす影響について
  2. 真夏と真冬に発生しやすいもの季節の変化によって暑さや寒さがぎっくり腰を招く エアコンで調整しよう
  3. 季節との関係暑くなったり寒くなったりと気候が厳しいときに無理をして起こってしまう。体を休ませるためにエアコンを用いると良い
  4. なぜ6月に多発するのか?ぎっくり腰は気圧や湿度が急激に変化をする6月に発生が増える。気圧が高くなると関節に加わる外圧が高くなり関節液の分泌が悪くなったり、炎症成分のヒスタミンの分泌が活発になるから。
  5. ぎっくり腰が好発する時期寒さの厳しくなる12月と暑さの厳しい8月後半に好発する。
  6. 低気圧の寒さで体調を崩した女性寒くて緊張すると眠れなくなり体調をやがて崩してしまう。
  7. 気温と体の関係季節の影響による節々の痛みが少なくなることは慢性腰痛が良くなっている兆し
  8. 睡眠時間は季節の影響を受ける暑さ寒さがあると外出せず体力が余るため眠る必要性がなくなり眠れないことに悩みとストレスを感じるもの。
  9. 秋の体の痛みと通院患者数夏の疲労が溜まっていたり、行動範囲が広がって疲労を溜め安くなったり、夜が長いため物思いにフケって神経が過敏になり、痛みに敏感になってしまうことが関係し、秋は痛みを訴える患者が増える。通院数も増える。
  10. 腰痛多発時期急激に冷えたとき。気温が急激に低下したときに起こる。腰痛は体に備わる反射が過敏になったときに起こる。
  11. ぎっくり腰の時期基本的には寒いシーズンに起こりやすくなる。特に風吹いて急激に体温が奪われると起こる。
  12. ぎっくり腰は気温差が激しいときに起こる気温差が血管反射を招き筋肉の強張りを生じさせると腰を痛めやすい。
  13. ぎっくり腰が発生しやすい場面と時間帯について午前中、腰を屈める場面
  14. 夕方になると辛くなるぎっくり腰筋肉による腰痛
  15. 春のぎっくり腰にもご注意を春は花粉症によるクシャミでぎっくり腰を起こすことがあるので早めに耳鼻科に通って治療を受ける。
  16. ぎっくり腰になりやすい時間帯とくに午前4時ぐらい、基本的に午前中の力仕事は避けた方が良い
  17. ぎっくり腰の痛みの出やすい時間帯夕方は筋肉疲労による痛み、朝方は血流障害による痛み
  18. ぎっくり腰になり難い時間帯最もぎっくり腰の発生リスクが少ない時間帯は午後の4時、勿論人の生活リズムにもよります
  19. aaa深夜のぎっくり腰を防止するには?寝る前に簡単なストレッチをする
  20. aaa深夜のぎっくり腰の発生原因とは?パートナーとの営み中に起こるものが多い。
  21. 深夜のぎっくり腰の痛みの特徴気温の低下によって神経痛の突き刺すような痛みを生じる。
  22. 耳を澄ませば腰痛を防げる風が体温を奪って、腰を患うため、風の音に気がつけば腰痛の発生を減らせる。

これまで挫折し続けたアナタ!労せず腰痛を治したいならたった一つ、あの現象だけ気をつけてください。仕組みを知るだけで腰痛を大幅に軽減できます。



腰痛と天気

  1. 梅雨時にぎっくり腰が増えるのは?梅雨時には湿度や気温の急激な低下が起こり自律神経の交感神経が過度に働いてしまうという。
  2. 天候で腰痛になるのは心因性天候が悪いときに腰痛になるのは心理的な要因が大きく関係しており、そもそもエアコンなどで室温の管理が出来るなら腰痛が起こるはずはない。また体を動かせないことも関係する。
  3. 腰痛は天候に応じた活動で防げる人の体の細胞の活動性は温度に依存しており天候が悪い日でも日中の気温の高い時間帯に家事労務の時間帯を変更することで腰の痛みは随分と軽減される。
  4. 雨の日のこと雨が降ると気圧や気温の変化によって体調が悪くなり整体をご利用される方が増える傾向があります。
  5. 雨降りはぎっくり腰になりやすい気温が急激に冷えたり、足元が滑って不安定になると腰が緊張しやすくなって不意に力が入ると痛めてしまう。
  6. 気象条件が厳しくてもぎっくり腰を防止するには?室内運動器具を使う
  7. 天候とぎっくり腰の関係関節軟骨に関節液が十分に浸潤していないため関節炎を起こしやすくなっている。ゆっくりと大きな動作で動くと腰を痛めずに済む。
  8. ぎっくり腰の誤解、気象条件ぎっくり腰の原因とは気象条件であると考えられている。特に何も対策せず、気象条件だから仕方ないと諦めているケースはあまりにも多い。
  9. a梅雨時のぎっくり腰は濡れた路面によって起こるグリップ機能の優れたクツで防止できる

天気が悪くなると雨に濡れたわけでもないのに足腰の痛みを訴える人は大勢います。屋内で過ごしていても天気の影響を確実に受けます。



腰痛と冬・寒さ

結論:あらゆる病気は冷えからもたらされる。

  1. ぎっくり腰 寒い寒さそのものよりも、寒さによって起こる防御反射がぎっくり腰を起こす
  2. 冬場にギックリ腰が増えるのは?寒冷による疼痛感受性の低下が大きく関係している。
  3. 寒い季節に起こり易いのは?椎間板が冷えて硬くなり衝撃を吸収できなくなるから。
  4. 冬場のもの、痩せている女性ぎっくり腰は季節の変わり目などの急激な気温の変化があるときに多く、外部環境要因としての気温低下だけでなく、内部環境要因としての熱産生能力にも関係がある。
  5. 急に冷えるとぎっくり腰になる寒くなると腰の筋肉が熱を作るために働いたり、寒さの刺激に我慢するために体を力ませたりして腰を痛めやすくなります。
  6. 冬場のぎっくり腰防止は食事量を増やすこと食べる量が増えると代謝が高まって体温が上昇し、冬場に体が柔らかくなってぎっくり腰の発生が減ります。
  7. 屋外での寒さにさらされて生じたもの家屋調査にて底冷えした屋外で寒さにさらされてぎっくり腰になってしまう。下部腰椎の椎間板ヘルニアを来たす
  8. 冷えで腰から太腿が痛い冷えによる腰から太腿の痛みは若い女性に多く、生理による出血やホルモンバランスによるものがほとんど。
  9. 雪の日のぎっくり腰寒さによって身動きが取れないほどのぎっくり腰となるが楽に治ってしまう。
  10. 寒さによるもの寒さは肩や首を縮込めてしまい腰の負担を増やしぎっくり腰の要因となりうる。
  11. 寒さがぎっくり腰を起こすわけではない寒くなるからぎっくり腰を起こすと多くは考えるが、寒さ自体ではなく寒さへの過剰な反応が起こしている。
  12. aaa冷えからくる坐骨神経痛坐骨神経痛に限らず病気は冷えからもたらされる。細胞のミトコンドリアの働きが落ちるからだ。
  13. 寒さとの関係について寒くなるとぎっくり腰が発生しやすくなるのは①筋肉の硬直、②神経への寒冷刺激、③体力の消耗によるもの
  14. 体の冷えとぎっくり腰の関係寒さは筋肉の強張りにつながる。水分を控えると冷えの影響を減らせる。
  15. 寒さによるぎっくり腰の防止法足踏み運動などその場で体を動かして熱を作ることが良い。
  16. 寒さが招く理由①ブラウン効果、②交感神経の過剰反応、③疲労、
  17. 寒さによる体の緊張によるぎっくり腰を治療しました寒いと腰の神経痛が起こりやすい。
  18. a寒くて動かないと血流が低下して腰痛になる寒いシーズンは屋内に閉じこもって動かないので血流が悪くなりやすいです。
  19. 冬場こそ腰痛治療のチャンス寒い冬場は代謝が高いので脂肪を燃焼して腰痛を改善しやすい。
  20. a冬場の釣りは腰を痛める寒い冬場に座って屋外で釣りをしていると冷えと体の硬直により腰を痛めやすいです。
  21. a寒さを我慢するからぎっくり腰になる寒さを我慢すると無意識に体を緊張させる。これがぎっくり腰を招く。
  22. aaaぎっくり腰は冬よりも気温の急激な低下で起こる。急激に気温が低下すると、寒さによる反射が起こり、ぎっくり腰になる
  23. a寒さと女性特有の体の不調の関係について筋肉量が少ない女性は、寒くて首をすくめる。肩こり→頭痛→下半身のむくみをもたらす。
  24. ぎっくり腰は寒さよりも、寒暖差による寒暖差が大きいと体はストレスを感じる。
  25. 寒いときに外出するとぎっくり腰になる急激に寒さにさらされると血管反射が起こり腰にこわばりが生じぎっくり腰を起こす。
  26. aa冬場の釣りは腰を痛める寒い屋外で腰の負担の大きい胡坐をするとすぐに腰を痛めます。

そもそも寒いとなぜ痛くなるのか。「コリができるから?!」、理科の言葉を使って一言で説明できるようになりましょう。



腰痛と暑さ

  1. 夏のぎっくり腰の防止は食事量を控え目にする体温が高い男性は夏場に暑くて不眠になり疲労が溜まってぎっくり腰になる。しかし、食事量を減らすと代謝が落ちて体温が下がって不眠が軽減される。
  2. 夏は小食、冬は沢山食べるとぎっくり腰を防げる簡単なぎっくり腰防止は夏は少な目、冬は多めに食事を取ると代謝が適切に保たれてぎっくり腰に陥り難くなる。
  3. 暑いときには関節付近をアイシングしようお肉がついていない関節付近を冷やすと効率的に体温を下げることが出来る。
  4. 自然な方法で暑さを克服する熱さを克服するためにはより暑い環境に体を慣らして暑いことが普通になってしまうことも良い。
  5. クーラーを使わずに涼む方法は鉢巻帯紐で頭や脇をキュッとしばると涼しくなる。
  6. 暑さに強くなる仕組み暑いときにはもっと暑い環境に慣れると体の中の様々な体温調節機構が働いて熱さに強くなります。
  7. 手軽な暑さ対策は鉢巻鉢巻をすると触感が熱さを紛らわしてくれる。
  8. 夏場に体調良く過ごすには?体を沢山動かしてエネルギーを使い果たすとうつ熱せずに涼しく快適に眠ることができ体調が良好になる。
  9. 真夏に快適にお金を掛けずに過ごす方法エアコンはお金が掛かるので出来るだけ水分が蒸発するときの気化熱を利用する。
  10. 意外な夏風邪の原因は水分補給にあり一応価値はあるけどありふれているためこちらで紹介しております。水分補給にはポカリを飲めという内容。
  11. 夏風邪を防ぐにはどうしたら良いの?吸収にすぐれたスポーツドリンクを飲もう
  12. エアコンによる夏風邪の防止法空気が冷えて乾燥すると喉を痛めて風邪をひいてしまう。
  13. 熱疲労の原因と対策冷房を使うほど自律神経が衰えて暑さに弱くなる。
  14. 熱中症対策の水分補給スポーツドリンクを飲むと良い。
  15. 夏場の不眠症の根本的改善は?冬の不摂生のツケが夏に回ってくる。
  16. 脱水症状と腰痛の関係急激な体内の水分変化はグラグラとふらついてしまい腰の負担を招く
  17. 夏のぎっくり腰の防止法気温が穏やかな夕方に適度な運動を心がけると良い
  18. 水分過剰摂取とぎっくり腰水は熱を吸収する作用が高いため汗や尿などと供に熱が失われ易い。一日の尿量が1L~1.5Lを上回る場合には過剰摂取が疑われる
  19. 夏場特有のぎっくり腰もある夏場は不眠症による神経過敏からもたらされるぎっくり腰がある
  20. 脱水症状で死にそうになった男性のケース脱水症状で死にそうになった男性、マラソンをするときには小まめに水分補給をしないと大変なことになります。

男性は夏にぎっくり腰を患うことがあります。女性でも夏に不調が増える人は要注意です。



腰痛と早朝・朝方・寝起き

  1. 朝方のぎっくり腰対策朝の起き抜けは気温が低く体も冷えているため腰を痛めやすい。①軽く体を動かして温めてから動く、②時間をずらして動く、③ゆっくり動くのどれかを心がける。
  2. 朝方の腰の強張り・腰の固さ寝起きの腰の強張りは健康な人にも見られる。熟睡することで起こることがある
  3. 痛みの出やすいタイミングは朝方と夕方寝起きの体の冷えたタイミング、一日仕事で働いて疲れきったときに痛みは強く起こりやすい。
  4. 朝方の3時~5時に腰が痛くなる代謝が下がって起こるものが多い。カイロであたためよう。
  5. 朝起きたらズシッと腰が重い座っている姿勢が悪いと背中に疲労がたまって朝方に腰が重くなるため座っているときに背もたれに寄りかかると良い。
  6. 早起きはぎっくり腰を防ぐ時間にゆとりがあると無理な腰の動作を減らせる
  7. 朝早くにぎっくり腰が多いのは忙しいから一つ一つの動作を気にしていられない。勢い良く腰を屈めて痛めてしまう。
  8. 朝方に強くなる腰痛一般的に朝方の動き始めに痛くて、動いているとすぐに痛みが治まってくるものには変形性脊椎症がある。また、時間が数時間経過してから痛みが治まるものに腰椎椎間板ヘルニアなどがある。
  9. 朝起きると腰が重くてつらい血行が障害されてしまうから。
  10. 早朝の防止法起床直後は陥り易いので布団の中で手足を軽く動かすことが良い。
  11. 早朝の痛みの対策早朝の体の痛みは代謝が低くて筋肉が固まっていることが原因。
  12. 朝方の背骨の固さ熟睡できた場合に見られる健康な現象でもおこる。
  13. aaa朝方は椎間板由来の腰痛が少ない椎間板は寝ているときに荷重が除かれて、ふくらみ弾力を取り戻す

朝を制すれば、ぎっくり腰は8割防止できます。高齢者の慢性腰痛も大方軽減できるはず。



※ふろく

ぎっくり腰を緩和したいなら
床断熱」に着目する。

床下の冷気と足
著作者: a God's Child

「痛てて!もう二週間もたつのに
まだ痛いよ!どうなってんの?」

今ぎっくり腰を患っていたとします。

もしくは、。パートナーが
ぎっくり腰を患っていたとします。

通常でしたら、ぎっくり腰は何もせずとも
2週間ぐらいで治癒します。

ところが2週間以上経過しても
ぎっくり腰が治らないとしたら、

床断熱に着目してみてください。

通常でしたら2週間で完治するのに、
治らないとしたら、

それは自然治癒が
妨げられている
からです。

真冬なのに、
冷たいフローリングで暮らす人もいる。

どうして床断熱に
着目する必要があるのか?

アークス整体院では、
出張整体をしております。

ぎっくり腰になられた患者さんの
ご家庭に出張するわけですが、
このときに意外に見るのが、
真冬なのにフローリングが
「むき出し」になっていることです。
底冷えしたフローリング
著作者 ManNg (改変 gatag.net)

底冷えしたフローリング、

そこを「はだし」で歩く。
スリッパを履いて歩く。

散々、冷たい空気に体をさらす。

にも関わらず、

「先生、もう10日も経つんです。」

いつになったら治るのか?
困っています。」

このようにおっしゃられます。

冷えは、細胞活動を妨げる。
神経細胞の異常興奮を生じさせる。

体は冷やしてはいけません。
平温よりも、冷やすことは悪いことです。

なぜならば、細胞活動を
妨げてしまうから。

細胞ではミトコンドリアという
小器官があります。
ミトコンドリア

ミトコンドリアが、食べ物を材料として、
「エネルギー」を作っています。

このエネルギーによって私達は
生きています。

ところが冷えると、
ミトコンドリアの働きが
妨げられてしまいます。

冷えは、ミトコンドリアの働きに
負担を掛けてしまいます。

その結果、エネルギーが
足りなくなる。
ご飯はしっかりと食べていても、
体内でエネルギー不足が
起こります。

これが神経細胞の働きを
悪くして痛みを起こします。
神経が異常興奮を起こして、

「坐骨神経痛」を起こす
こともありますし、
腰に突き刺すような激しい
痛みをもたらすこともあります。

また、「冷え」そのものが、
体にとって大きなストレスです。

ストレスに晒された体は
緊張する。
寒さとふるえ

この緊張が腰の動きを妨げて、
腰の負傷を招きます。

寒さはぎっくり腰の発生を
増やします。

だからこそ、床からの冷えを
防ぐことがぎっくり腰の治療では、
必要になるわけです。

絨毯やカーペットなどで断熱すると、
冷えが遮断される。

「床断熱」とは、冷えた床下からの
冷気を遮断することです。
床下からの冷えの影響

フローリングは冷えています。
床から冷気が常に出ている状態です。

この冷気が体温を奪ってしまう。
だから細胞の働きを妨げてしまいます。

スリッパを履いたり、
靴下を履くことで、
冷気の影響は少なくはなります。

足裏からの直接の冷気は
スリッパで防げます。

でも床で冷やされた空気は、
低いところにたまります。

この冷えの影響は
どうしても受けてしまいます。

ところが床断熱をすると、
この冷気の影響を減らせます。
床断熱

床に絨毯などの
断熱材を敷き詰めます。

すると、部屋に入ってくる
冷気を減らすことが出来ます。

どんなにエアコンやストーブで
部屋を温めても、
床断熱を怠ると、
せっかく温めた熱がすべて
床に吸い取られます。

床断熱を怠ると、
すぐに冷えてしまうのですね。

ぎっくり腰では、ダンボール
床に敷くと良い。

床断熱が床下からの冷気の
浸入を防ぐことが出来ることは
お分かりいただけたことです。

ところでいざ、ぎっくり腰になってから、

「そうか、じゃあ絨毯を注文しよう」

と考えても、
注文から到着に、
何日も掛かります。

また、家具を
どかして床に敷き詰めることも
一苦労します。

絨毯を敷く床断熱は
ぎっくり腰のときの
現実的な対応ではありません。

ぎっくり腰は正しく、
体調が管理できれば
2週間もすれば治ります。

なので、考え方として、
絨毯のように常時設置するものでなくとも、
「間に合わせ」でいいです。

このときに重宝するのが、
ダンボールです。

床に断熱材の代わりに
敷いていただく。

それだけでも
冷気のシャットアウトになります。

身近にパートナーが
いる方は、スーパーの
廃材のダンボールをいくつか
もらってきましょう。

床に敷けば即席の
床断熱が得られます。

ぎっくり腰では、すでに
絨毯を持っている方もおられます。

絨毯は持っている。
だけど引越しを控えている方、
すでに絨毯を梱包し
終えてしまった方。

引越しを終えて、
荷物の整理が終わっていない方、

こういった方が床に敷くものが
なくて体を冷やして
ぎっくり腰になることは多いです。

したがって部屋に豊富に用意された、
梱包用のダンボールを
床に敷き詰めれば、
即席の断熱材を得ることができます。

きっとぎっくり腰の緩和も
早まることでしょう。

床の断熱材は、
1年間では冬だけ必要なもの。

暑苦しい夏場は
不必要になります。

なので常時、絨毯を敷くよりも
冬場の数ヶ月だけダンボールを
敷くほうが断熱としては重宝します。

ダンボールは衝撃を緩和するために、
内層にデコボコの空気の層を
あえて作っています。

これが優れた断熱効果を
作りますので、かなりの冷えを
防止できることでしょう。

腰痛と自然・天気・気候・朝

腰痛と自然・天気・気候関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

自然要因・時期

天気

寒さ・冬

暑さ・夏

早朝・朝方、寝起き



原因別

「原因」カテゴリーを、さらに19個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然

最新情報

ぎっくり腰の寸前

股関節屈曲を他動で動かしたときに途中でつまるような感じがあった

中腰の腰痛の原因は?

ぎっくり腰の時間

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

かかとがムズムズするなら、靴下を履こう

かかとの内側がチクチクするのは?

腰痛学級で腰痛はなおるか?

若い人のぎっくり腰

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ぎっくり腰 寒い

うつむくと腰が痛い

ヘルニアに効く温泉は?

ストレスで筋肉がなくなるの?

運転中にぎっくり腰になったら?

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに19個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然