高齢者と腰痛

高齢者の腰痛の仕組み

  1. 高齢者の原因お尻の筋肉の衰え
  2. 高齢者の関節拘縮によるもの高齢者のぎっくり腰を整体しました。関節拘縮によるぎっくり腰を起こさぬためには運動が必要、しかし、転倒のリスクがある。特に転倒しやすいのは段差部分であり、つまづきやすいのは腰曲がり姿勢によって股関節を曲げられず足が上がらなくなってしまうことが原因する。
  3. おじいさんのぎっくり腰バーベル挙げを行いぎっくり腰になるご高齢者、運動は腰痛防止に大切だが、強度が高すぎると危ないのでボルグスケールの3~5ぐらいを用いることが良い
  4. 80代女性のぎっくり腰骨粗しょう症や認知症など様々なものがあり治療には注意が必要
  5. ご高齢者のぎっくり腰お尻部分に痛みを呈するものが多く、腰部脊柱管狭窄症による神経促通の障害を起こしているものがある。神経促通の障害が筋力を低下させてお尻をパンパンに疲れさせる
  6. 高齢者にも腰椎椎間板ヘルニアは起こる昔から高齢者は変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症は多いと言われます。椎間板ヘルニアは少ないとも言います。しかし、実際の手術件数では決して少ないわけではありません。
  7. 高齢者のぎっくり腰の特徴は関節痛高齢者のぎっくり腰は関節痛から由来するものが多く、関節の摩擦抵抗が大きくなっている。
  8. 高齢者の腰部疾患を背景としたぎっくり腰の症例慢性的に腰が痛いことが特徴的
  9. 加齢による腰痛の変化腰痛の変化としては最初は腰部椎間板症から始まり、軟骨終盤炎、腰椎症、変形性腰椎症となり最終的に腰部脊柱管狭窄症へ変化して行く
  10. 腰痛が起こる5つの原因①椎体の変形、②椎間関節の変形、③椎間板の変形、④靭帯の肥厚、⑤背骨の遊びの増大
  11. 慢性的に繰り返す理由主には関節の軟骨の磨り減りにより骨同士が擦れてしまっている
  12. なぜ不具合が大きくなる前に気がつかないのか?痛みが本格化するまでの途中では痛みが全く出ずに関節軟骨の磨耗が進む
  13. 防止のためのプロテオグリカンの働きプロテオグリカンは軟骨の中にある糖タンパク質、コラーゲン線維の隙間を埋めて保水性を持つ。
  14. 解剖学的変化関節軟骨が磨耗しておりダメージに脆くなっている。
  15. 腰痛と自己治癒力腰痛は腰部に蓄積したダメージや老化によって起こると思うが自己治癒力によって起こされる。
  16. a高齢者と若者のぎっくり腰の違い高齢者では腰を反らす動作、若者では腰を屈める動作でのぎっくり腰が比較的に多い
  17. a高齢者のぎっくり腰腰を反らす動作や立ち上がる動作など腰を屈めた状態から伸ばすときに腰を痛めることが多い。
  18. aaa高齢者は靭帯が分厚くて腰痛になる靭帯がストレスにより補強されて分厚くなると関節が衝撃に脆くなる。
  19. a高齢者の慢性したものの骨嚢胞について背骨を支える筋肉が失われることで背骨の関節の負担が増し、軟骨が磨耗することで軟骨下に関節液がしみこんで空洞が生じる。
  20. a高齢者の慢性腰痛の原因は関節軟骨の磨耗関節を補強する筋肉が損なわれることで関節軟骨が磨耗し、炎症を来たす
  21. 高齢者で腰を丸っきり動かせないもの関節の老朽と背筋の衰えにより関節軟骨が擦り切れており、骨同士がこすれあっている。
  22. 老人性の背景変形性脊椎症が背景にあり背骨を支える筋肉の力が失われて骨変形が生じている
  23. 高齢者の慢性腰痛と膝・股関節の関係関節は動くことで栄養の供給が保たれ、痛みにより動かない生活は関節障害により痛みを招くから
  24. 高齢者の慢性腰痛に合併する膝や股関節、など末端の痛みの原因①関節障害を招く、②神経学的なもの、③運動機能の代償として
  25. 高齢者の脊柱所見高齢者のぎっくり腰の中でも腰部脊柱管狭窄症と呼ばれるタイプのものでは多くのケースで腰を後方にそらすことで痛みを生じたり、足の痺れが生じるものが多い、脊柱所見を示さないものもあり、下肢症状だけを起すものもある。また、前屈制限や神経根緊張兆候を示すものでは腰部の軟骨の突出による障害によるものもある。
  26. 中高年の腰痛にとても大きく関係する幼少期由来のもの幼少期や成長期など昔に負った怪我が原因して老後に腰痛を起こすことは意外に多い

背骨の老朽化によって腰痛が起こると考えるのは間違いです。正しいからだの使い方を覚えれば腰痛にはなりません。



高齢者の腰痛対策

  1. 高齢者の腰痛は時間をずらせば治る高齢者の腰痛の多くは朝方に起こります。この時間帯に腰に負担の大きい布団の上げ下ろしを無理に行わず、起床後数時間経過してから行うように時間をずらすだけで腰の負担が軽減されます。
  2. 高齢者にも出来る手軽な防止法力仕事をするときに掛け声を出しながら行なうこと
  3. 老後の慢性的なものを防止するためには?いよいよ悪くなってから治療に望んでどのように対策を練るのかではなく、悪くなるもっと前から積極的に治療に望み「10年の計」の姿勢で健康を高めて磐石な状態にする
  4. 高齢者の腰痛の原因となるロコモを防止するための3要素高齢者の多くは腰痛をお持ちになられておりますが、それ以上に体がすっかり衰えており動けなくなっております。
  5. 高齢者の慢性腰痛の寝るときの姿勢高齢者の慢性腰痛の寝るときの姿勢
  6. 高齢者のもので気をつける病気との判別法神経性間欠性跛行と血管性間欠性跛行を判別する。手がかりとなるのはバイセクルサイン
  7. 高齢者、早期に治療をはじめる必要のある人すでに慢性化しており、痛みの軽減と安静による緩快を繰り返している人
  8. 老人性でやってはいけないこと。多くは筋力不足によってもたらされる変形性脊椎症であり痛みが治まるまで我慢して過ごしていると余計に筋肉が減ってしまう。
  9. 腰部の加齢変性によるものを防止するために心がけたいこと出来るだけ運動で腰の筋肉を増やすことが良い。
  10. 間違ったケア方法痛みが治まるまで安静に過ごそうとするが関節に一定の圧力を与えないと関節が衰えて慢性ぎっくり腰となる。
  11. グルコサミン・コンドロイチンは?関節成分ではあるが摂取して患部に届くことは無い
  12. リハビリのコツ痛みの伴わない範囲の運動をする
  13. リハビリ法壁押し体操で腰を鍛える
  14. 立ち上がるときの痛みの対策高めのイスに腰掛けると立ち上がる動作が楽
  15. 治療の選択肢手術は止める保存療法をメインにするべき
  16. 腰の痛みの評価基準痛い・痛いという客観的な基準だけでは腰痛を表現することはできず、日常生活自立度(バーセルインデックス)を評価の尺度に取り入れることが良い。
  17. 腰痛の防止の方法筋肉量を増やすと良い。腰骨の負担が減るから。
  18. 対策で気をつけること高齢者のぎっくり腰で良くある腰部脊柱管狭窄症では重たいものをできるだけもたないようにし、休みながらでもできるだけ歩くこと、できるだけ同じ姿勢で過ごさないようにしたり、足腰を温めることが良い。
  19. 治療のポイント軟骨基質の正常化を図る

「歳だから」とおっしゃられる多くの腰痛は、工夫次第で僅かな努力で改善できるものです。



高齢者と筋肉・筋力

  1. なぜ歳をとると尻の筋肉が落ちるの?脳細胞の減少→生殖本能の消失→意欲の欠如→筋肉が落ちる。こういった順序でお尻が衰えて行く。
  2. 老人性の原因は本当に筋力低下なのか?加齢によって筋肉が衰えるのではなく、細胞に予定された死であるアポトーシスによって脳細胞が減少し、神経の命令が弱くなるため力が衰えるのが本当のところ。
  3. 大腰筋が衰えてしまう理由大腿四頭筋による踏ん張りが使えないと歩行の際に鍛えることができない。大腿四頭筋を意識する必要があり、先ずは日常での椅子からの立ち上がりなどで腕に依存せぬように足をしっかり使うことが必要となる。
  4. 体が衰えて老後に歩けなくなりそう体の衰えが心配な方はロコモティブシンドロームセルフチェックをしよう。
  5. aaa筋肉が落ちる原因それは腰が曲がるから。腰が曲がると腰が引けてしまい、力が弱まってしまう。
  6. ぎっくり腰の防止のためのミルキングアクション全身の筋肉によって血流を押し出すことで腰の血流を良くする
  7. 高齢者が陥る原因は足の細さ足がゴボウのように細くなってしまうこと
  8. 防止するために特に鍛えたい筋肉特に鍛えていただきたいのがお尻の筋肉。衰えると歩くたびに骨盤の傾きを生じさせ肩を揺すって歩いて腰の筋肉の負担を生じる。
  9. 原因は筋肉が衰えた若者が重たいものを持上げて発生するのと異なり、高齢者では筋肉が衰えてしまい体が弱くなることが背景にある。
  10. 原因として良く見られるもの脊柱起立筋の衰え抗重力筋である脊柱起立筋の衰えによって姿勢を保つことが困難になり背中を重力に対抗して真っ直ぐ起すことが困難になることで腰に痛みを訴える
  11. 高齢者の腓腹筋が伸張できない理由多くの場合が骨盤が後傾しているから。股関節と膝関節は連動しておりどちらかを締めるともう一方の固定性も高まる。
  12. aaaロコモティブシンドロームの発生の背景にあるものお年寄りのお世話を美徳とする日本の文化

筋肉モリモリの高齢者は現代では大勢おられます。40代と見間違えてしまうほど。楽に筋肉をつける方法や、無駄なく鍛える方法を学びましょう。



高齢者の腰痛症状

  1. 受動動作時痛高齢者の慢性ギックリ腰では能動よりも受動運動の方が痛みが強くなる。
  2. 慢性腰痛とリウマチ左右対称性の痛みが現れ、全身症状を来たすことがある。
  3. 関節可動域の減少関節可動域の低下は運動不足による関節萎縮からもたらされる。
  4. 老化の腰痛と、関節症による腰痛の違い老化だけでは変性は起こらず全ての関節で組織が弱まって行く、
  5. 虚血性型エネルギーの需要と供給のバランスが追いつかなくなると発生する。高齢者はもともとのエネルギーが少ないため注意
  6. 注意すべきこと腰部脊柱管狭窄症を背景としたものと閉塞性動脈硬化症の判別について
  7. 関節の強張り朝方の血流低下や筋肉量減少による血液循環の低下が背景にある。
  8. 朝方の強張り関節の筋肉や腱に供給される血流が減少している状態、血流が良くなることで痛みが軽減する。   
  9. 関節を動かしたときのゴリゴリ音関節軟骨が磨り減って動かしたときに抵抗が発生する関節症が背景となっている。
  10. 関節肥大関節軟骨が失われると起こる。筋肉不足を物語る   
  11. 痛みの特徴は地味でしつこい関節に針が突き刺さったような地味でしぶとい痛み方が特徴
  12. 関節圧痛関節圧痛は関節内部の炎症によって関節の腫れが起こり周囲の袋が膨張して痛みを生じているもの。若者のぎっくり腰では起こり得ない現象
  13. 意外な症状抑うつ傾向になることがある。
  14. 腰部変形を背景としたものの馬尾神経圧迫症状高齢者のぎっくり腰では骨粗しょう症による腰部変形が著しいことがあり、腰部脊柱管狭窄による馬尾神経の障害を引き起こすことがあり、多彩な症状①膀胱直腸障害、②間欠性跛行、③足底の強いしびれ、④陰部の異常知覚
  15. 高齢者の慢性化したものの辛さ背骨を補強する筋肉が失われて背骨の耐久性だけで腰を支えるため背骨が変形を起す。

腰痛に合併する症状は「ストレス反応」です。つまり一種のアレルギー反応。体力の低下も相まって複雑な神経の病気と間違えられやすいのです。



高齢者の腰痛の考え方

  1. 動かない高齢者が腰痛になる理由高齢者は動かないから腰痛にはならないだろうと思われるが実際には丸っきり動かないように見える高齢者であっても細かく見るととても激しく動いている。
  2. 刺激が無くても腰痛になる理由肉体労働とは無縁の高齢者が腰痛を患う理由は目に見えない精神的なストレスが大きく関係していることもあります。ストレスを感じると脳が興奮して血圧を高めてしまい血流が悪くなって腰に痛みが起こるんです。
  3. 腰痛は加齢のせいではない腰痛は歳のせいだから仕方がないと思い込んでおり端から治療を受けない患者は多いが実際には腰部脊柱管狭窄症という高齢者に多い病気のことがあり、悪化防止のための治療を早期に始めることで進行を防止できることも多い
  4. 原因は運動への恐怖心による筋肉の衰え加齢ではなく筋肉の衰えによる。しかし運動をして鍛えたくても怖くてできない。社会整備体勢が必要
  5. ステレオタイプの腰痛緩和メカニズム固定された価値観によって形骸化された物事を行うとやるべきことを果たしたという満足感によって脳の鎮痛システムが働くこと。腰痛は治っていないが病院に足を運んで痛み止めをもらって帰ってくると治療を受けた満足感によって脳が元気になって痛みが和らぐ。
  6. 腰痛に対しての誤解『歳のせいであると』いう思い込みである。
  7. ぎっくり腰は歳のせいだという言い訳歳の衰えがぎっくり腰を招くこともあるが間違った体の使い方によることもある。
  8. 腰痛が悪化する要因腰を曲げると痛みが緩和されるが、その姿を受け入れられないから。
  9. 慢性腰痛はなぜ起こるのか?発生の背景には長年の腰部の変性がある。
  10. 陥り易い理由慢性的に陥り易いのは筋力や骨の衰え説が多いが、ボディーメカニクスから逸脱した日常動作が多い。立ち上がる動作の衰えは下腿を離れたまま立ちあがろうとしていたり、無理に腰をかがめて体重移動を補おうとして腰に負担の加わる動作を取っていることもある。
  11. 認知症の腰部ケア手軽な温熱療法を選びがちだが意思表示が出来ない場合は火傷などの危険が高い
  12. 高齢者の腰痛対策とは安全対策のこと転倒などの怪我を恐れて活動性が失われてしまうと足が衰えて腰の負担が増し腰痛を起こす。安全対策として杖や手すりを用いると活動性が増して腰痛が自然と改善する。
  13. 高齢者は何キロまで持っても大丈夫なの?重さには根拠のあるデータがなく、研究もされておらぬ。高齢を保護する法律は無い。掛かりつけ医の指示のもとで重たい物を持ちましょう。
  14. 高齢者のぎっくり腰のケアの特徴ご高齢者では経済的な余裕があるため、できるだけプロの治療家を利用し、セルフケアは極力控えることが良い。
  15. 高齢女性のぎっくり腰で気をつけること歳をとったから腰が悪いのだと思いがちであるが若い頃からの積み重ねによって骨が脆くなって腰が弱っていることが関係する。
  16. 高齢者世代との同居によるストレスから由来する腰痛の改善方法できるだけ諦める気持が大切
  17. 積極的治療の必要性寝ている時間が多くなるほど認知症や寝たきりになるリスクが増加する。
  18. 高齢者の腰を悪化させないための日常の目安腰部の左右差に着目しちょっとしたダルさが無いかを目安にする。
  19. 間違った治療の考え方加齢によるものだから仕方ないと最初から何もせず対処療法に走ることが多いので注意。
  20. 間違った運動の考え運動をすると背骨の歪みが余計に酷くなるという思い込み
  21. 治療の誤り慢性化にいたる背景には鎮痛剤で痛みを抑えることが治療だと考えているから。
  22. 高齢者の慢性腰痛の防止のために心がけること歳をとって体が衰弱してから治療しようとするのではなく、若くて健康なうちから健康水準を保つことが良い。若い頃の間違ったダイエットには絶対に気をつけよう。

キツイ筋トレや、面倒くさい努力をせずとも、正しい考え方ひとつで腰痛は改善に向かいます。まちがった習慣が腰痛を起こすのですから。



中高年と腰痛

結論:子供時代に腰骨を怪我した人は高い確率で、中高年期に腰痛が再発します。

  1. 中年以降と若年層のぎっくり腰の違い痛みが強いのが若者、しつこい痛みが中年型
  2. 外見から分からないリスク筋肉量は外見から判別することが難しく、多くの中年男性は自分は筋肉質であると考える。
  3. 幼少期の古傷によるもの幼少期の腰痛の古傷は中年になってから再発する
  4. 幼少の頃の古傷によるものの即効性の期待できるセルフケア
  5. 老後の腰痛対策はいつからはじめるべき?若くにはじめるに越したことはない。女性なら40代から骨密度測定をしよう。
  6. 中高年の関節劣化を防止する方法関節軟骨は軟骨細胞の代謝によって軟骨成分を補充しているため回復速度を上回るダメージの発生を防止する
  7. 中高年の腰痛の関節痛の原因炎症反応により関節内部の滑膜から過剰に滑液がつくられて関節腔に治まりきらないほど腫れる
  8. 中高年の痛みの生じる部位関節を覆う滑膜には豊富な神経が分布している。滑液が炎症で増えると痛みを発する。
  9. 患者の老後筋肉量が総じて少なく体内で熱を作り出す仕組みが弱い。体温が低いと体が硬直して腰椎の運動を制限するためぎっくり腰が発生しやすい。老後に足元がふらついて転倒したり、体温が低いことで基礎疾患を引き起こして寝たきりに陥る
  10. 腰椎椎間板症によるぎっくり腰下肢症状を来たさない。痛みがしつこい
  11. 老後の腰痛対策で心がけること若い頃から骨密度を高めること
  12. 中高年のぎっくり腰の防止は身体機能に着目する若者のぎっくり腰と異なり中高年では体の衰えによってもたらされるものが多くなり、例えば僅かな段差によってつまづいてぎっくり腰を起こすこともある。

定年となり、これから人生の最高の時期を迎えます。60代のうちに肉体をパーフェクトにし、老年期を迎えましょう。



高齢者その他

  1. 急に老人がイスから立てなくなる立ち上がる動作をきちんと行っていない
  2. 余命について余命の目安としては徳橋スコアー
  3. 高齢者がイスの上で正座をするのは?背中を丸めて脊柱管を拡張することができるから。
  4. 老化したお肌をツルツルに蘇らせるオートファジー(断食)を利用すると古い細胞が破壊されて若い細胞で占められるようになる。
  5. なぜ高齢者はロボットのような動きなのか?おじいちゃんだから体が固い!ではなく踏ん張りが利かないことで動きが悪くなっている
  6. 高齢者が動けなくなる理由筋力が衰えてしまうことよりも力の入れる方向やタイミングの間違いであることの方が多い。
  7. なぜ老人の体が固まるのか?寝たきり生活など下肢の衰えによって踏ん張れないから
  8. 高齢者の慢性的な腰痛が増える社会的背景多くの高齢者が慢性的な要因を抱える背景には彼らの長生きに対してのモチベーションがある。
  9. 遺伝的な腰痛の原因遺伝的に体格が大きく体重が増えやすい系統
  10. 高齢者の慢性腰痛の遺伝的要因多くが遺伝的に肥満に陥りやすく腰の負担を増やしている
  11. 老眼と腰痛の関係老眼では頭部を胴体から突出してものを凝視する腰の負担となる
  12. 呼吸について背が丸くなると呼吸が十分にできない
  13. 腰痛とロコモティブシンドロームの関係腰痛を放置して過ごしていると晩年に寝たきりになることあ多い。
  14. 腰痛が寿命を短くする理由腰痛は4つの最小限責任生活必須条件を果たせなくなる
  15. 驚いて起こるぎっくり腰腰の曲がった人は驚くとギックリ腰を起こす
  16. 老人性の痛みを我慢して過ごしていると?我慢して過ごしていると腰部の耐久性は変わらないため次第に骨硬化が起こりはじめる。
  17. 高齢者の慢性化までの経過僅かな違和感から始まり、運動時の軽い痛み、痛みが強くなり最後には安静時痛となる。
  18. aaa腰痛の年齢ごとの疾患で注意するもの70代以降は圧迫骨折に注意する。

不自由な体にお困りのはず。でも、ちょっとした力の入れる方向だけで改善できるものもあります。



骨粗しょう症

  1. 骨粗鬆症対策について骨粗しょう症は骨が弱まって腰が曲がり腰を痛めやすいです。健康なときから十分に体を鍛えましょう。
  2. 骨がガタガタになると腰を痛める高齢者になると働かないから栄養を疎かにして骨粗しょう症が悪化することもある。
  3. 症例高齢女性では腰椎圧迫骨折のリスクを常に把握することが必要
  4. リスク副腎皮質ステロイドを投与されている場合、体内のアルカリ性を保つことができず骨からカルシウムが失われ腰を悪くしやすい。
  5. 骨粗しょう症による腰痛の防止策骨密度を高めるためにはカルシウムをとって日光浴をするだけではダメ
  6. 骨密度を高めてぎっくり腰を防止するには?運動をして骨に十分な刺激を与える
  7. 女性が骨粗しょう症を防止するための根本的な方法ストレスに着目する。骨からカルシウムを大量に消費させてしまうから。
  8. 骨粗しょう症の見えないぎっくり腰のリスク骨粗しょう症があると転倒したら転んでしまう恐怖があって運動療法が出来なくなってしまう。
  9. 骨粗しょう症で腰痛にならないためには?骨密度に応じた対処が必要
  10. aaa骨粗しょう症患者の見落とされる腰痛原因レントゲンに写らない些細な骨折が腰痛を起こすこともある。
  11. aaa骨密度低下による腰痛は筋肉を付ける筋肉を増やすと骨の破壊が減って骨密度が高まる。

鉄骨になる方法は、カルシウムだけではありませんよ!



腰痛高齢者関連

腰痛高齢者関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

高齢者の腰痛の仕組み

高齢者の腰痛対策

高齢者と筋肉・筋力

高齢者の腰痛症状

高齢者の腰痛の考え方

中高年と腰痛

高齢者その他

骨粗しょう症

管理者用ページです。ご覧いただく内容をご用意しておりません。



原因別

「原因」カテゴリーを、さらに19個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然

最新情報

ぎっくり腰の寸前

股関節屈曲を他動で動かしたときに途中でつまるような感じがあった

中腰の腰痛の原因は?

ぎっくり腰の時間

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

かかとがムズムズするなら、靴下を履こう

かかとの内側がチクチクするのは?

腰痛学級で腰痛はなおるか?

若い人のぎっくり腰

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ぎっくり腰 寒い

うつむくと腰が痛い

ヘルニアに効く温泉は?

ストレスで筋肉がなくなるの?

運転中にぎっくり腰になったら?

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに19個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然