荘A[NX̉@

体重計を二つ用いたバランス検査

腰痛患者の男性、ぎっくり腰の原因に姿勢の偏りがある。体重計を2個用いて左右の加重バランスの偏りを測定することで日常姿勢の偏りを知ることができる。

※スポンサーCM

坐骨神経痛による下半身の筋力低下によるぎっくり腰

今回の患者様の場合ですと、ぎっくり腰の背景には坐骨神経痛による下半身の筋力の低下が背景にございました。下半身の筋力が低下することによって体重を支える能力が低下して腰に加わる負担が増大したためにぎっくり腰になられてしまわれたわけです。すぐにご自宅に出張してぎっくり腰の施術をさせていただきますと症状は大分改善されました。施術後に患者様はこのように口にされます。

坐骨神経痛のときの日常の姿勢について

「先生、術前のご説明では日常の姿勢に問題があるということですが、どうしたら良いのでしょうか?」
「そうですね。Aさんの場合ですと坐骨神経痛の原因は腰椎の脊柱管狭窄症にあるようですね。その証拠に姿勢が右側に偏りすぎておられるのです。」

二つの体重計に片足ずつ乗せてみることで体重の左右の偏りをみる。

「でも先生、具体的には何を意識すれば良いのか分かりません。」
「ご安心ください。この体重計に両足を乗せてみてください。」
「珍しいものですね・・・・右足を乗せる用と左足を乗せる用が二つ分かれているのですね。」
「いえ、分かれているわけではありません。それは体重計を二つ並べているだけですから。」
「なるほど・・・・でもこれで何が分かるのですか?」
「まあ、A様そのまま体重計に片足づつ乗せてみましょう。ただし、メーター部分は見てはダメですよ。」
「はい、わかりました。前を向いたまま乗りますから」
そしてAさんは上に乗りました。
「ではAさん、ゆっくりとメーターをご覧になってみてください。」
「はい・・・・あれ・・・私の体重は80キロですけれども、右側が45キロ、左が35キロって・・・左右で10キロぐらい異なってますね・・・」

片側に体重を加えるクセが椎間板に圧力変形を来たす。

※スポンサーCM

「つまりそういうことなんです。クセがついてしまっており、それが片側ばかりに体重を加えるために腰部の椎間板などに圧力変形を加えてしまっていたわけです。」
「はあ・・・なるほどそれが原因だったわけですね。・・でもどうしてなんでしょう。」

体は片足を持ち上げると腰椎の彎曲が保たれて姿勢が楽になり腰の負担が減る

まあ、それは難しい話になりますが、ようするには人間と言うものは片足をどちらか高くして過ごしていると姿勢が楽なんです。脚を組むときでも必ず同じ側ばかりが上になりますよね。ようするには脚を持ち上げていると背骨の自然な彎曲が保たれますので、腰の負担が減るわけです。ですから無意識に片足を持ち上げることになります。すると下がっている側に荷重が集中して腰を痛めてしまうわけです。」

左右の偏りの無いニュートラルな状態にすることで左右差を同じにすることが必要

「では先生どうしたら良いのでしょうか?」
「そうですね。左右の偏りが無い状態、つまりニュートラルな状態を常に意識していただくことが大切なんですよ。それが自然になりますと、今のように体重計を使って左右差を測定したときにほぼ同じ重さを計測しますから。」

体重計を2つご用意することはとても手軽ですから試してみましょう。

「なるほど・・・体重計は手軽に手に入りますからね。近所のお店では1個2000円位だった記憶がありますよ。」
「そうです。そういった手軽な手法は大したお金が掛かりませんからね。試してみると良いでしょうね。」

日を追うほどに椎間板の変形が改善されて行きました。

ということで日常の体重バランスの偏りを患者様に日常的に学習していただいただけだったのですが日を追うほどに症状は改善されて行き無事に退院されたわけです。

中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

時間経過と腰痛

一ヶ月腰痛が治らない原因

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

数週間続く腰痛は自然治癒しない

3週間続くぎっくり腰は慢性化している

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

1ヶ月以上続く腰痛の原因

安静に寝ている人がぎっくり腰を繰り返す理由

腰痛発生時のもっとも気をつけるべき時期

セルフチェック

結論:セルフチェックはあくまでも目安

簡単に出来るWH法

壁を用いた腰痛のセルフチェック法

ぎっくり腰判別のセルフチェック

下肢の内外旋のセルフチェックによる腰痛予防

四点支持による腰痛予備軍のチェック法

鏡を使った視覚による歩行の修正について

腰痛体操前のセルフチェック

快適な腰部を保つためのチェック法

目を閉じて足踏みするバランステスト

遺伝的なリスクを判定する方法

体重計を二つ用いた検査

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

腰痛の検査データ

結論:腰痛は複合した原因がある

腰痛の原因として考えられるもので根拠に基づくものをまとめております。

ここから → 原因

脚伸展力について

腹筋力ついて

背筋力について

腹筋・背筋バランスについて

血圧値について

BMIについて

柔軟性の指標

体脂肪率について

ウエストヒップ比

12分間ウォーキングテスト

疼痛感受性

検査法について

結論:先生に任せれば良い

中腰で起こった腰痛の評価法

臥位の徒手検査には異常がないが、立ち上がると腰に痛みがある。

タイトネスチェック法

打診器の見方

打診器を用いた腱反射テストについて

SLRテストの痛みの出るタイミングとその原因

クラウスウェーバーテスト

ぎっくり腰の2つのタイプ、①曲げて痛い・②反らして痛い

慢性腰痛患者が必ず受けるべき検査

疼痛誘発検査

腰痛の診断で最も確実性が高いもの

腰痛の原因追求

叩打痛との関係

病院の検査では異常がないのに腰痛になった

腰部の高位診断と神経障害の実際

腰痛の痛みの追求方法

診断に用いられるもので、最も有効なもの

トーマステストの注意点

腰椎の側屈評価法

ぎっくり腰の触診法

ぎっくり腰に陥り易い方の評価法

検査の流れ

結論:安静にしても楽なポジションがない腰痛に注意する

一般的な腰痛の検査の流れをご紹介して行きます。

以下の「検査法」のページを最初にご覧になってください。

腰痛の検査法の流れ→ここから検査法

安静時痛有り

安静時痛無し

悪性腫瘍既往歴有り

悪性腫瘍既往歴無し

前かがみで痛い

後ろ反らしで痛い

SLR陽性

SLR陰性

FNS陽性

FNS陰性

ファベレテスト陽性

ファベレテスト陰性

ニュートンテスト陽性

ニュートンテスト陰性

膀胱直腸症状有り

膀胱直腸症状無し

跛行あり

跛行なし

ケンプテスト陽性

ケンプテスト陰性

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※最新ページ

ぎっくり腰と静的ストレス

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

時間経過と腰痛

一ヶ月腰痛が治らない原因

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

数週間続く腰痛は自然治癒しない

3週間続くぎっくり腰は慢性化している

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

1ヶ月以上続く腰痛の原因

安静に寝ている人がぎっくり腰を繰り返す理由

腰痛発生時のもっとも気をつけるべき時期

セルフチェック

結論:セルフチェックはあくまでも目安

簡単に出来るWH法

壁を用いた腰痛のセルフチェック法

ぎっくり腰判別のセルフチェック

下肢の内外旋のセルフチェックによる腰痛予防

四点支持による腰痛予備軍のチェック法

鏡を使った視覚による歩行の修正について

腰痛体操前のセルフチェック

快適な腰部を保つためのチェック法

目を閉じて足踏みするバランステスト

遺伝的なリスクを判定する方法

体重計を二つ用いた検査

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

腰痛の検査データ

結論:腰痛は複合した原因がある

腰痛の原因として考えられるもので根拠に基づくものをまとめております。

ここから → 原因

脚伸展力について

腹筋力ついて

背筋力について

腹筋・背筋バランスについて

血圧値について

BMIについて

柔軟性の指標

体脂肪率について

ウエストヒップ比

12分間ウォーキングテスト

疼痛感受性

検査法について

結論:先生に任せれば良い

中腰で起こった腰痛の評価法

臥位の徒手検査には異常がないが、立ち上がると腰に痛みがある。

タイトネスチェック法

打診器の見方

打診器を用いた腱反射テストについて

SLRテストの痛みの出るタイミングとその原因

クラウスウェーバーテスト

ぎっくり腰の2つのタイプ、①曲げて痛い・②反らして痛い

慢性腰痛患者が必ず受けるべき検査

疼痛誘発検査

腰痛の診断で最も確実性が高いもの

腰痛の原因追求

叩打痛との関係

病院の検査では異常がないのに腰痛になった

腰部の高位診断と神経障害の実際

腰痛の痛みの追求方法

診断に用いられるもので、最も有効なもの

トーマステストの注意点

腰椎の側屈評価法

ぎっくり腰の触診法

ぎっくり腰に陥り易い方の評価法

検査の流れ

結論:安静にしても楽なポジションがない腰痛に注意する

一般的な腰痛の検査の流れをご紹介して行きます。

以下の「検査法」のページを最初にご覧になってください。

腰痛の検査法の流れ→ここから検査法

安静時痛有り

安静時痛無し

悪性腫瘍既往歴有り

悪性腫瘍既往歴無し

前かがみで痛い

後ろ反らしで痛い

SLR陽性

SLR陰性

FNS陽性

FNS陰性

ファベレテスト陽性

ファベレテスト陰性

ニュートンテスト陽性

ニュートンテスト陰性

膀胱直腸症状有り

膀胱直腸症状無し

跛行あり

跛行なし

ケンプテスト陽性

ケンプテスト陰性

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書