安静

結論:最悪3日は安静にする。
理想は2週間。だけど、そんなに休んだら職場の心証を害する。

  1. ぎっくり腰の安静痛みと比例した対応をするべきだとされている。
  2. 腰痛は寝ていて治るのか?これまで一般論に従って過度な安静は良くないことを御伝えしましたが、自分自身の考えではどうなのかについて敢えて逆説についてお話して行きたいと思います。
  3. ゴルフ腰の痛み安静期間安静をすることは除痛にはなるが体力や腰部の耐久力の脆弱化を招き競技復帰したときに簡単に腰痛を再発させます。適切な除痛・リハビリをしてから競技に復帰するか、もしくはゴール設定を仕事復帰までとするか、いずれにせよ自己の努力が必要となる。他人に丸投げでは改善にはつながらず・・・
  4. 絶対安静の是非昔の治療家達は、腰が痛いときにはとにかく安静にしろと言ったが、実際には体の弱体化が起こってそちらの方が大きな問題となった。
  5. ぎっくり腰は放っておいて大丈夫?一般的に2週間ほど寝て休むことで特に何もしなくても治まる。
  6. ぎっくり腰が癖になるのは安静治療による椎間板のゆがみぎっくり腰は深層筋によって引き起こされる。安静にし続けて何もせず放置すると椎間板の軟骨を深層筋がゆがめてしまい治癒が難航したり慢性化を起こす。
  7. ぎっくり腰は痛みに囚われないことぎっくり腰では安静に寝て過ごして、痛みに囚われすぎないように痛みのことを頭から忘れて別のことで気分を紛らわすことが必要。恐怖や不安は体を緊張させて余計に痛みを起したり治癒を長引かせる。
  8. ぎっくり腰は寝るだけでは痛みの緩和に時間が掛る安静によって治ることは治るが、治療を受けないとやっぱり長く時間を要する
  9. 腰痛が悪化するのは体位の間違い安静にすると良いというが、安静の正確な体位について記している文献は少ない
  10. ぎっくり腰で寝て過ごすときの姿勢もっとも楽と思える姿勢をとる。仰向けになって膝を曲げると良いのは慢性腰痛であり、全てに有効なわけであらず。
  11. 今後も安静が必要なの?レントゲンの画像所見を医学知識を持たぬ患者様にお見せしても余計に困惑するだけなので止めた方が良い
  12. ぎっくり腰や腰痛は過度な対応に気をつけるぎっくり腰には安静が良く、慢性腰痛のような血行障害では過度な安静は危険、
  13. 椎間板の炎症のぎっくり腰は安静が良い初期の炎症が治まるまでは安静にすることが良いが整体を受けて動けるようになることが多い
  14. 安静にしても腰が痛い安静という意味を間違えていることはとても多い。動かないことや、寝れば安静だと考えるが、心身共に休んでいる状態にならないと安静とは言えない・
  15. ぎっくり腰のときは心身両面に着目しよう体だけ楽な体位をとっても心がリラックスしていないと腰の痛みが治まらない。
  16. ぎっくり腰の復帰までの期間の考え方欧米では2日間以上の安静には効果がないという意見もあるが、どうやらアメリカの保険事情が背景にあり、商業主義的な医師達の早期通院を狙った考えに基づいている。
  17. ぎっくり腰の復帰までの期間の考え方安静は二日までだって・・・無茶を言わないで。原因が筋肉で、尚且つ痛みが緩和した場合だけに限定される理論だよ。
  18. ぎっくり腰になると何日ぐらい休む?理想は2週間休みたい。だけど多くは1週間ぐらいにとどめる。理解が得られない職場では3日休んで働く人もいる。
  19. aaa安静が腰痛を招く安静に動かずに過ごしていると次第に体の組織が硬くなって腰痛に陥りやすくなる
  20. aa腰痛治療における安静とは安静とは日常生活における最低限の行動に留めること
  21. aa安静の間違い、体位への囚われ安静とは力を抜くこと
  22. aaきっかけの無い腰痛は安静で悪化する炎症性の腰痛は安静に寝ていることで痛みが治まるが、そうではないきっかけの無いものは寝ていても治癒は得られない。
  23. aaぎっくり腰では可能な限り力を抜くこと力を入れると楽になったような気がするけど痛みが何倍にもなる。
  24. aぎっくり腰では仰向けになることが良い。仰向けは床面との接触面が最も広いから。