最も手軽にできるぎっくり腰のケアは安心すること

Q『手軽にできるぎっくり腰のケアは?』という質問、最も手軽にできることは『安心』すること。ぎっくり腰では痛みによる恐怖や不安、痛みの予知によって体の過度な緊張が現れ関節可動域が狭まり痛みが余計に強まったり、緊張による体の硬直で体力を消耗してしまうことがある。

※スポンサーCM

A、もっとも手軽にできるぎっくり腰のケアは『安心』すること。

ではもっとも手軽にできることをご紹介させていただきますと、やはり『安心』すること、これに尽きると思います。

『なんだそれぐらいのことか!』、『それぐらいだったらすぐにできるよ!』このように思われてしまうことかもしれませんが、意外なほど重要なことが安心することなのです。安心すると体の力が抜けてリラックスすることができます。この状態になっていただくことが大切なことであるのです。

体の力が抜けると体の関節可動域が増える。

なぜたったこれだけのことが大切なのかと申しますと、体の力が抜けると筋肉が柔らかくなることで関節可動域がずいぶんと増えるのです。

※スポンサーCM

例:スポーツで体が力んでいると様々なデメリットがある。

例えばスポーツなどでも初心者ほどこの力みが大きく余計な力が入っており、それがデメリットとなります。まず、力みは予備動作が大きくなって相手に動きの先を読まれてしまいます。また、関節可動域が狭まると動き回ったときに動きがぎこちなくなり、バランスを崩し易くなります。

腰痛においても力みは関節の負担を増大する。

腰痛においても力みがマイナスとなります。関節可動域が狭まるほどに関節局所のストレスが増大し、損傷し易くなってしまったり、悪い部分の加わる負担が大きく痛みが強まってしまうのです。

ぎっくり腰そのものの痛みよりも、痛みの恐怖からもたらされる緊張が大きい

私ども整体師も臨床において、患者様からぎっくり腰のご依頼を受けて出張したときに施術を行うわけですが、そのときの関節可動域検査をしたら痛みによる恐怖から緊張して体が硬直しているため、体が硬くなっておられることがあります。

ゆっくり深呼吸をしてリラックスをしただけでも関節可動域が見違えるほど改善されることもある。

ところが、こういった痛みの恐怖によって体がガチガチに固まっている方にゆっくりと深呼吸していただき、リラックスしていただいた後に再び可動域検査を実施するとたったこれだけのことで正常範囲まで可動域が復元することがあるのです。これは決して珍しいことではありません。

痛みが起こるのでは?という恐怖が体を過剰なまでに硬直させてしまう。

※スポンサーCM

体を過剰なまでの硬直させてしまう原因としましてはやはり恐怖というものがあるからだと言えます。人の感情と痛みとは密接な関係があり、痛みには必ず不快や恐怖の感情を抱くものです。受傷したときの痛みのトラウマから必死に目を閉じてベッドの中で丸くなって緊張されておられるご婦人の方でも、『大丈夫ですから、力を抜いてください。』と言って安心していただくことだけで『あれ!動ける』とびっくりするほどの改善が得られることもあるのです。

痛みの予知反応が過度な緊張につながる。

このような過度な緊張とは何もしない状態であったとしてもとても大きなエネルギーを消耗している状態です。そのまま不安を抱き続けると今現在痛みが無くても『痛みがいつ起こるか分からぬ』という予知によって緊張が引き起こされ、過度に体力を消耗し続けてしまうのです。

ぎっくり腰になったときには、先のことは考えずに楽な体勢で目を閉じ、呼吸をゆっくりと行いましょう。

もしもぎっくり腰で身動きがとれずにお困りになられたときには『どうしよう?』と不安を抱かれず、まずはベッドやお布団の上で最も安心できる体勢で横になっていただき、目を閉じてゆっくりと呼吸をしましょう。これだけでもだいぶリラックスして痛みが和らぐことがありますのでその後の対応は私どもプロにお任せいただければと思います。

応急処置

結論:湿布を張って体を保温して寝る

軽いのになったら?

ぎっくり腰の2種類の対処法

ライスミットの原則

ぎっくり腰になりそうです。何をしたら良いですか?

旅先での応急処置

応急処置は安静にする

ぎっくり腰で心がけるのは力を抜くこと

ぎっくり腰の禁忌

痛みを抑えるために注意してもらいたいこと

ぎっくり腰のときの痛くない体位変換

頑固な筋肉のコリによるぎっくり腰の解消法

緩和処置・急性期

結論:力を抜く

カウンターストレイン

ぎっくり腰の対処

腰痛の正体を知ると痛みが和らぐ

最も手軽にできる対処は?

外出中になったら?

防止のためのホールドリラックス法について。

脊髄反射による緩和法

RICE処置について

急性期の対処

急性腰痛の2つの治癒条件

ぎっくり腰で先ずやるべきこと

ぎっくり腰は16度~42度の範囲のものを腰に当てる

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法

ぎっくり腰を早期に緩和するカウンターストレインとは

手軽にできる痛みの緩和法

患者の周囲の人の対応

結論:やさしく労わってあげる

ぎっくり腰の看病は?

ギックリ腰、誰に助けを求めるべき?

患者の身内や身近な人の対応

周囲の人ができること保護・介護・救護

周囲の人ができることは予防措置

健康な方の腰痛に対しての誤解

ぎっくり腰の介護

腰を痛めない臥位からの起き上がり介助

ぎっくり腰の動き方

結論:ハイハイする

一人暮らしでぎっくり腰になったらどうしたらいい?

足が持ち上がらないのは背中の緊張による。

ぎっくり腰で立てない

腰痛を起こさない立ち上がり方

ぎっくり腰のときの車の運転について

ぎっくり腰は動いた方が良いの?

腰の靭帯を傷めた。どうやって動けば良い?

腰が痛いときの起き上がり方

ぎっくり腰の屋内の移動

ぎっくり腰のときの布団から起き上がる手順

腰痛患者は腕の力を使って起きる

腰痛改善のための動作療法

腰が痛いときの歩き方

ぎっくり腰のときには痛みの度合いに関係なくゆっくり動く

ぎっくり腰の患部の安静と腰椎随伴運動

ぎっくり腰になったときに覚えていただきたいこと。

間違った対処

結論:軽い痛みを放置して悪化している

陥ったときによるある間違い

鉄棒にぶらさがって伸ばすのは?

寒さは筋肉を緊張させる

仰向けに寝て膝を立てるとぎっくり腰は悪化する

我慢はぎっくり腰を長引かせる

ぎっくり腰、買い物は平気?

月曜日まで放置することの危険性

セルフケアはなぜいけないの?

ぎっくり腰で気をつける偽りの緩和

力むと楽になるのは治癒にあらず

腰をかばって動かない弊害

放置した場合は?

腰の治療を受けているつもりがほとんど腰に治療をしてもらっていないもの

放置すると(無理すると)どうなる?

選んではいけない療法

患者の病気の見立ては間違っている

ぎっくり腰のときの患者の判断力

痛みの出ている場所と間違った対処について

勘違いしやすい症例

ぎっくり腰を放置するとどうなるの?

牽引療法は?

ぎっくり腰と間違い易いもの

根本療法という意味合い

ぎっくり腰の一般的認識の大きな間違い

どうしても動きたいときには

ぎっくり腰のあと自転車は乗っていいか?

ぎっくり腰だけどピアノの練習をしたい

どうしても働かないといけないとき

ぎっくり腰での旅行取りやめの判断

安静

結論:最悪3日は安静にする。
理想は2週間。だけど、そんなに休んだら職場の心証を害する。

ぎっくり腰の安静

腰痛は寝ていて治るのか?

ゴルフ腰の痛み安静期間

絶対安静の是非

ぎっくり腰は放っておいて大丈夫?

ぎっくり腰が癖になるのは安静治療による椎間板のゆがみ

ぎっくり腰は痛みに囚われないこと

ぎっくり腰は寝るだけでは痛みの緩和に時間が掛る

腰痛が悪化するのは体位の間違い

ぎっくり腰で寝て過ごすときの姿勢

今後も安静が必要なの?

ぎっくり腰や腰痛は過度な対応に気をつける

椎間板の炎症のぎっくり腰は安静が良い

安静にしても腰が痛い

ぎっくり腰のときは心身両面に着目しよう

ぎっくり腰の復帰までの期間の考え方

急性期のトイレ

結論:トイレに行けない。だから飲み食いを最小限に控える。

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

ギックリ腰は大便が出ないって本当?

歩ける程度のぎっくり腰の洋式トイレでの大便の仕方

ぎっくり腰で完全に動けないときの大便の仕方

ぎっくり腰で完全に動けないときのトイレ(介助者有り)

トイレの手伝いは?

長時間トイレに行けずつらい

ぎっくり腰のときの大便の仕方

トイレの行き方

消化不良で運動をすると便がビシャビシャになる

ぎっくり腰中のトイレは地獄なので食事を控える

トイレから立つとき激痛

腰痛でオシッコが出なくなる2つの原因

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技

⑨-1腰痛対策

⑨-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

最新情報 

腰痛で立ち仕事が我慢できない

重い荷物の体への影響

ローイングはなぜ前傾姿勢になるのか?

配達業で何度も車の乗り降りをして膝が痛い

筋肉のつけすぎは老後に腰が曲がるか?

足と脚、下肢の違い

肺疾患の人は湿度が高いと息苦しくなる

応急処置

結論:湿布を張って体を保温して寝る

軽いのになったら?

ぎっくり腰の2種類の対処法

ライスミットの原則

ぎっくり腰になりそうです。何をしたら良いですか?

旅先での応急処置

応急処置は安静にする

ぎっくり腰で心がけるのは力を抜くこと

ぎっくり腰の禁忌

痛みを抑えるために注意してもらいたいこと

ぎっくり腰のときの痛くない体位変換

頑固な筋肉のコリによるぎっくり腰の解消法

緩和処置・急性期

結論:力を抜く

カウンターストレイン

ぎっくり腰の対処

腰痛の正体を知ると痛みが和らぐ

最も手軽にできる対処は?

外出中になったら?

防止のためのホールドリラックス法について。

脊髄反射による緩和法

RICE処置について

急性期の対処

急性腰痛の2つの治癒条件

ぎっくり腰で先ずやるべきこと

ぎっくり腰は16度~42度の範囲のものを腰に当てる

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法

ぎっくり腰を早期に緩和するカウンターストレインとは

手軽にできる痛みの緩和法

患者の周囲の人の対応

結論:やさしく労わってあげる

ぎっくり腰の看病は?

ギックリ腰、誰に助けを求めるべき?

患者の身内や身近な人の対応

周囲の人ができること保護・介護・救護

周囲の人ができることは予防措置

健康な方の腰痛に対しての誤解

ぎっくり腰の介護

腰を痛めない臥位からの起き上がり介助

ぎっくり腰の動き方

結論:ハイハイする

一人暮らしでぎっくり腰になったらどうしたらいい?

足が持ち上がらないのは背中の緊張による。

ぎっくり腰で立てない

腰痛を起こさない立ち上がり方

ぎっくり腰のときの車の運転について

ぎっくり腰は動いた方が良いの?

腰の靭帯を傷めた。どうやって動けば良い?

腰が痛いときの起き上がり方

ぎっくり腰の屋内の移動

ぎっくり腰のときの布団から起き上がる手順

腰痛患者は腕の力を使って起きる

腰痛改善のための動作療法

腰が痛いときの歩き方

ぎっくり腰のときには痛みの度合いに関係なくゆっくり動く

ぎっくり腰の患部の安静と腰椎随伴運動

ぎっくり腰になったときに覚えていただきたいこと。

間違った対処

結論:軽い痛みを放置して悪化している

陥ったときによるある間違い

鉄棒にぶらさがって伸ばすのは?

寒さは筋肉を緊張させる

仰向けに寝て膝を立てるとぎっくり腰は悪化する

我慢はぎっくり腰を長引かせる

ぎっくり腰、買い物は平気?

月曜日まで放置することの危険性

セルフケアはなぜいけないの?

ぎっくり腰で気をつける偽りの緩和

力むと楽になるのは治癒にあらず

腰をかばって動かない弊害

放置した場合は?

腰の治療を受けているつもりがほとんど腰に治療をしてもらっていないもの

放置すると(無理すると)どうなる?

選んではいけない療法

患者の病気の見立ては間違っている

ぎっくり腰のときの患者の判断力

痛みの出ている場所と間違った対処について

勘違いしやすい症例

ぎっくり腰を放置するとどうなるの?

牽引療法は?

ぎっくり腰と間違い易いもの

根本療法という意味合い

ぎっくり腰の一般的認識の大きな間違い

どうしても動きたいときには

ぎっくり腰のあと自転車は乗っていいか?

ぎっくり腰だけどピアノの練習をしたい

どうしても働かないといけないとき

ぎっくり腰での旅行取りやめの判断

安静

結論:最悪3日は安静にする。
理想は2週間。だけど、そんなに休んだら職場の心証を害する。

ぎっくり腰の安静

腰痛は寝ていて治るのか?

ゴルフ腰の痛み安静期間

絶対安静の是非

ぎっくり腰は放っておいて大丈夫?

ぎっくり腰が癖になるのは安静治療による椎間板のゆがみ

ぎっくり腰は痛みに囚われないこと

ぎっくり腰は寝るだけでは痛みの緩和に時間が掛る

腰痛が悪化するのは体位の間違い

ぎっくり腰で寝て過ごすときの姿勢

今後も安静が必要なの?

ぎっくり腰や腰痛は過度な対応に気をつける

椎間板の炎症のぎっくり腰は安静が良い

安静にしても腰が痛い

ぎっくり腰のときは心身両面に着目しよう

ぎっくり腰の復帰までの期間の考え方

急性期のトイレ

結論:トイレに行けない。だから飲み食いを最小限に控える。

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

ギックリ腰は大便が出ないって本当?

歩ける程度のぎっくり腰の洋式トイレでの大便の仕方

ぎっくり腰で完全に動けないときの大便の仕方

ぎっくり腰で完全に動けないときのトイレ(介助者有り)

トイレの手伝いは?

長時間トイレに行けずつらい

ぎっくり腰のときの大便の仕方

トイレの行き方

消化不良で運動をすると便がビシャビシャになる

ぎっくり腰中のトイレは地獄なので食事を控える

トイレから立つとき激痛

腰痛でオシッコが出なくなる2つの原因

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技

⑨-1腰痛対策

⑨-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)