荘A[NX̉@

坐骨神経痛に良い入浴剤

坐骨神経痛に入浴剤はとても相性が良く、入浴による浮力・温熱・浄水圧にプラスして温泉の効能であるさまざまな生体に対しての恩恵効果が期待できます。白いお湯には神経を強くする作用、黄色には血液を強くする作用、そして黒い湯には筋肉を強くする作用があります。

※スポンサーCM

入浴剤は温泉よりも人体への有効性が高い。

温泉入浴剤

出展http://www.s-hoshino.com

まずは入浴剤の一般的なメリットについてお話させていただきたいと思います。

◆入浴剤のメリット

  1. 大自然から湧き出した体に良いミネラル(無機物)たっぷりの天然水の成分を抽出している。
  2. 生薬や漢方薬、薬草、ビタミンなどの体に良いと言われている有機成分を取り入れている。

つまり入浴剤とは温泉の天然成分に大自然の恵みをミックスし、さらには私たちの体の機能を高めるために研究し尽くされたものであるといえるのです。一般的な温泉成分よりも圧倒的に体に良く、生命エネルギーを回復させるために有効であると言えるでしょう。

※スポンサーCM

入浴剤の坐骨神経痛に対しての効能

一般的に言われている入浴剤の坐骨神経痛に対しての期待できる効能についてお話させていただきますと、以下の内容を挙げることができます。

  1. 発汗作用による毒出し効果。:ミネラル成分の多くには熱の伝達を高める作用があります。この作用のおかげで人体に効率的に熱が取り込まれるのです。その熱が大量の発汗を促し、体内に蓄積された老廃物や疲労物質、などの体の正常な働きを妨げる成分を汗によって体外に排泄することを可能とするわけです。坐骨神経痛では腰やお尻、太腿など下半身に沢山の老廃物が蓄積されておりますのでそういった毒素を発汗によって体外に排出することが可能になります。また、過剰な水分が抜けることで足腰に加わる体重負荷も軽減されますので、患部の疲労も軽減することが可能になるのです。
  2. 代謝アップ効果:入浴剤に含まれている成分は体温を高める作用をもっているものが沢山あります。体の芯からポカポカと温まることで代謝が改善されて体がシェイプされますので、足腰の負担が軽減されて坐骨神経痛にプラスに作用することが期待できます。
  3. 血行促進効果:入浴剤には体の退社を高める作用が期待できます。体温がポカポカと温まりますので血流も良くなって体中に新鮮な血液が供給されます。ダメージを受けている患部にいち早く栄養成分を送り届けることができますので、お辛い症状の改善に役に立つでしょう。
  4. リラクゼーション効果:入浴剤にはさまざまな生薬やハーブなどの天然成分が配合されております。そういった天然成分のもたらす作用が体の神経を和らげて坐骨神経痛の辛さを和らげます。入浴しているのが毎日楽しいですから痛みの症状も速やかに軽くなることでしょう。

坐骨神経痛ほど入浴剤の相性が良いものは無い。昔から温泉が良いと庶民の多くに普及している。

昔から神経痛には温泉が良いと言われていることは皆様もご存知のことかと思います。皆様のおじいさんやおばあさんが旅行に行ったときのお話をされるときには大抵が
『どこそこの温泉に行ったよ!あそこは神経痛に良いんじゃよ!生き返ったわい』
と満面の笑みを浮かべられてお喜びになられることでしょう。温泉にお出かけになられた方は皆様があのような元気な姿でお帰りになられているのです。持病の坐骨神経痛が本当に治ってしまったというお話も私は何度も聞いたことがございます。このように庶民の間で広く浸透し根強く普及しているのが温泉の坐骨神経痛の効能なのです。

Q温泉が坐骨神経痛に有効なのはなんで?まずは坐骨神経痛を知ることが必要!

では、温泉が坐骨神経痛に有効なのはどうしてなのでしょうか?それについてふれさせていただきたいと思います。その前に坐骨神経痛のことを皆様はご存知無いかと思いますのでまずは坐骨神経痛についてお話させていただきましょう。

坐骨神経痛とは病院でも原因を特定することが困難な疾患

坐骨神経痛をお持ちの方でしたらこれまでに何度も病院に足を運ばれたことがあることでしょう。症状が軽いうちにはご自分の足で病院まで歩いて受診することができたのですが、次第に症状が重くなるにつれて歩くことも困難になってしまわれて通院すること自体ができなくなってしまわれたことなどもきっと記憶に新しいはずです。

しかし、病院を受診したときには『坐骨神経痛』だと早期に診断はしてくれたはずです。早くから坐骨神経痛があることは分かっているのですがどうして治療することができないのでしょうか?どうして病名が分かっていながら皆様のお体を治すことができないのでしょうか?それは坐骨神経痛の原因が分かっていないからなのです。

なぜ原因が不明なのに坐骨神経痛だと診断ができるのか?それは病気の名前ではなく症状の名称だから。

なぜお医者様は皆様の痛みの原因が分かっておらぬのに診断することができるのか?と申しますと、それは坐骨神経痛とはそもそもが病気の特徴を現した名称ではなく、症状を意味した言葉だからです。

つまり、頭が痛ければすべて一色単に『頭痛』、腰が痛ければすべて腰痛というものと同じで、坐骨神経痛とは下半身の後面を支配している坐骨神経の支配領域すべてをあらわしているからなのです。

坐骨神経は下半身の後面を支配している神経

坐骨神経とは以下の図のように人間の体の感覚を支配しております。図でいうところの黄色いラインがすべて坐骨神経です。これだけ広範囲を支配しているのですから、言い換えてみれば下半身後面の痛み=坐骨神経痛と呼べるのです。ですから、お医者様は、あなたの内臓に問題があって坐骨神経痛が出ているのか?筋肉か?骨か?関節か?血液なのか?とその病気の原因が分からなくてもとりあえず坐骨神経が支配しているエリアに痛みが出ているからそのように診断をしているわけです。

坐骨神経痛

もちろん腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症など病気の原因が特定できているものもある。

もちろん病院で坐骨神経痛の原因が特定できているものもあります。その代表的な2つの病気が腰部の椎間板というクッションの部分で生じる病気である腰椎椎間板ヘルニア、そして背骨の脊髄を治めている骨のトンネルである脊柱管が狭まってしまう病気である腰部脊柱管狭窄症です。

腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症図の左側が私たちの背骨と骨盤を表しております。この図では背骨が上下に並んでおりますが背骨の隙間にクッションのように存在するのが椎間板なのです。この椎間板がクッションとして衝撃を受け止めたり、背骨を動かす働きを持っているわけです。

椎間板が外に飛び出して神経を障害する腰椎椎間板ヘルニア

ところがこの椎間板が背骨から飛び出してしまう病気があるのです。それが腰痛疾患の代名詞として皆様も一度は耳にしたことがある腰椎椎間板ヘルニアです。上図ではAがそれに当たります。飛び出した椎間板が腰椎の周囲に存在する神経を障害して激痛を発するわけです。

椎間板が内に飛び出して神経を障害する腰部脊柱管狭窄症

そして、ご高齢者にとくに有名なのが腰部脊柱管狭窄症です。この病気では上図のBをご覧になっていただけますでしょうか?この図は背骨を上から見ている図なのですが、椎間板が骨のトンネルの脊柱管の内側へと飛び出しておりますよね。このトンネルの中を走行している神経を障害することで慢性的に腰が痛くなってしまうといわれているのです。

まったく原因が特定できておらぬ坐骨神経痛の方が多い。それが機能不全型神経痛

※スポンサーCM

上記の腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症とは坐骨神経痛の2大原因であると言われております。ところが実際にははっきりとこのように原因を診断によって特定することができぬ坐骨神経痛の方が臨床では圧倒的に多いのです。精密検査などをしても全く異常を見つけられぬ坐骨神経痛も確かに存在するのです。

では、これの原因とは何なのでしょうか?なぜ構造上全く問題が無いのに痛みが出るのでしょうか?それは構造上の問題ではなく機能不全型の坐骨神経痛だったのです。

機能不全型の坐骨神経痛とは、すなわち機能低下型である。正常な機能が失われることによって痛みを呈することを言う

機能不全型の坐骨神経痛とはどういうことなのか?と申しますと簡単に言えば機能が低下してしまっていることだと思っていただければ良いでしょう。要するに簡単に言えば私たち人間の体とは病気や怪我などだけが痛みを発するのではなく、体が衰えてしまったり衰弱することでも痛みを呈するのです。このように正常な機能が失われることでも痛みを呈するのです。

機能低下が痛みを呈する原因はエネルギー需要に対して供給が追いつかなくなるから。

正常な機能が失われることが痛みを呈する理由と申しますのは、簡単に申し上げますとエネルギー需要に対して供給が追いつかなくなるからなのです。人間の体の細胞とは一定のエネルギーや熱、酸素が無ければ生きてゆくことができません。

ところが体の機能低下によって血液を供給する能力が衰えてしまいますと、必要なエネルギーを患部に供給することが難しくなります。

エネルギー供給が追いつかなくなると発痛物質のブラジキニンが栄養欠乏部位で暴れだす

するとその部分の血管を拡張させるために血液成分中の発痛物質であるブラジキニンというものが暴れだしてしまうのです。このブラジキニンが暴れるときに痛みを発し、それによって血管が拡張されるため何とか血液の供給を保つことができるのです。

このブラジキニンが痛みを引き起こして皆様はとても辛くなってしまうわけです。

病院では機能低下による痛みを見つけ出すことはできず。なぜならばそのような検査は実施しないから。

では、なぜこのような機能低下を病院で発見することが難しいのかと申しますと、それは病院では医師の数が不足しているため、明らかな構造的な変化だけしか見つけることができないからなのです。機能低下を確かめるような筋力検査や持久力検査、そして関節可動域検査などどこでも実施しませんよね。レントゲンやMRIなどで体の内部を覗き込んでもそういった機能低下を見つけ出すことなどかなわないのです。要するには本来必要な機能低下を見つけ出す検査を実施せぬから発見できぬわけなのです。

入浴の効果:温熱、浮力、浄水圧

では坐骨神経痛についてはこれぐらいにさせていただきましょう。次に、入浴の効果について触れさせていただきたいと思います。入浴剤の効果を述べる前にそもそも入浴という効果が私たちにとってどのようなメリットがあるのかと考える必要があります。では以下に入浴のメリットについて述べさせていただきたいと思います。

  1. 温熱効果

    ・・・私たちは一定の体温が保たれなくては正常な体の機能を保つことはできません。外気温が体温より低いときには常に体温が外に漏出して体が冷やされております。したがって漏出するペース以上に熱を産生する必要がでます。この熱を産生する過程で体力を消耗し、体に疲労をためてしまうのです。お湯に入ることは熱の産生を行わずに済みますので余計な体力の消耗を抑えることができ疲労を軽減する作用が期待できます。また、人間の体はところどころにたくさんのゼラチン成分を含んでおります。ゼラチン質は熱を加えるほど柔らかくなる特性をもっております。体が温まって柔らかくなると関節可動域が拡大されて動きがしなやかになります。また、体が柔らかくなると筋肉の抵抗が少なくなりますのでパワーアップもされます。
  2. 浮力

    ・・・水に浸かりますと浮力が働きますので体が軽くなります。腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄が原因の坐骨神経痛であれば上半身の荷重が軽くなることで椎間板に加わる圧力が軽減されますので椎間板の飛び出す力が軽減されて神経の障害を少なくすることができます。また、体重が軽くなると体を支えるのが楽になりますので筋肉が緩みます。筋肉が緩むとそれだけエネルギーの消耗を軽減できますし、血管がリラックスして血流が改善されます。とくに関節に加わる負担が軽減されますので、それまで腰や股関節、膝の痛みが気になっていた方でもお湯に入っている間だけは痛みから開放されることもあるぐらいです。したがいまして多くの方がお湯に浸かりながら『生き返った~』とお喜びになられるのです。
  3. 浄水圧作用

    ・・・水に浸かると水の圧力で体が圧迫されます。これが体の血流を高め静脈やリンパにたまった老廃物の除去を助け、さらには酸素の少なくなった静脈血を速やかに動脈血へと代謝してくれるといわれております。要するには血液が元気になる作用が期待できるわけです。栄養供給が改善されますので、坐骨神経痛で機能が低下したお尻や太腿の筋肉が元気になります。

温泉の効果

自宅のお湯とは雲泥の差があるほど違う!湯が白色は神経、黄色は血液、黒は筋肉に良い

では、次に単なる自宅の浴槽と温泉での違いについて述べさせていただきましょう。自宅では単なる水に塩素が入っているだけですが、温泉の場合はまったく条件が異なってきます。

以下の条件が温泉と自宅で違うとお考えになっていただければ良いでしょう。

  1. 溶存物質(ドロなど)

  2. 遊離炭酸

  3. リチウムイオン

    :熱エネルギーの伝達効果が高い白い色の温泉に含まれている。
  4. ストロンチウムイオン

    :黄色っぽいお湯が出ているものにたくさん含まれている。アルカリ性
  5. バリウムイオン

    白~灰色のお湯に含まれる。重たい、アルカリ性、水よりも比重が重いため、体は水よりも軽く浮き上がる。リラックス効果につながる。
  6. フェロ、フェリイオン

    黄色のお湯にたくさん含まれる血液成分が酸素と結合するときに必要な物質。細胞の呼吸を助ける作用をもつ。脳内でリラックス物質や快楽物質を作り出す。
  7. マンガンイオン

    :人体にとっての必須元素、骨を作ったり食べ物の消化に関係する。体を作る手助けをする。坐骨神経痛によって衰えた体を作りなおす働きが期待できる。
  8. 水素イオン

  9. 臭素イオン

  10. 沃素イオン

    :体の新陳代謝を調整する甲状腺という臓器の機能を高めますすなわち体脂肪を燃焼させて体温を高め、坐骨神経痛を治すために不可欠であると言えます。(黒色の温泉にたくさん含まれております。)
  11. フッ素イオン

    :歯磨き粉などでおなじみのフッ素です。虫歯菌などの殺菌作用はもちろん、骨にカルシウムをくっつける作用がありますので、弱まった腰骨に良い効果が期待できます。
  12. ヒ素

  13. メタ亜ヒ酸

  14. 硫黄(イオウ)

    美肌の湯などで有名な成分、お肌のニキビを治したり皮膚炎を解消したりすることはもちろん体の代謝を活発にする作用が期待できます。坐骨神経痛で暗く沈んだモチベーションを前向きに切り替えるのに有効
  15. メタほう酸

    :殺菌効果が期待できます。脇など気になる部分の殺菌は自信を取り戻し、元気があふれます。
  16. メタケイ酸

    白い色の温泉に含まれます。アルツハイマー型認知症の発生を抑えるとも呼ばれており、骨を作る働きが強化されるといわれております。
  17. 重炭酸ソーダ

    :多くの入浴剤に用いられる。お肌をツルツルにする効果があります。お肌がお美しくなることは坐骨神経痛の根本原因であるストレスの解消に大きな効果が期待できます。あなたの周りできっと何かが変わります。坐骨神経痛はその何かがあなたに災難をもたらしているのです。
  18. ラドン

    :血圧や血流を改善する作用が期待できる。ラドン温泉など一度は耳にしたことはあることでしょう。一説ではガンなどにも良いなどということも言われております。
  19. ラジウム

    白色の温泉に含まれる。体を元気にする放射線を持ちます。

いかがでしょうか?温泉には主にこれだけのものが含まれております。細かくあげればもっとあげることができます。白色のお湯は神経に効き、黄色は血液・黒は筋肉に良いと覚えていただければ良いでしょう。

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

脊髄に伝わる痛みの緩和法

座面療法

牽引療法

どういったことに注意して施術するの?

バランスを見極めた調整が必要

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

ぎっくり腰は痛くない範囲で動く

慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント

慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法

苦労せず地道に自分で治せる方法

ぎっくり腰移動

長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる

なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

慢性腰痛には温湿布とホットカイロどちらが良いか

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

ぎっくり腰の防止にオススメする温熱療法について

誰にでもできる防止のための基礎体温上昇法

時間

お風呂の腰痛治療効果

結論:慢性腰痛は温めて緩和することがある。ただし・・

ヘルニアに効く温泉は?

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

坐骨神経痛に電気風呂は?

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

腰部ケアのための入浴法

温浴法

温泉で坐骨神経痛を治したい

お風呂の適応判断

腰痛の温浴療法

シャンプーハットの腰痛防止効果

良い入浴剤

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

シャワー中に起こったもの

ぎっくり腰のときのお風呂の偏った考え

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

坐骨神経痛に入浴の姿勢は関係あるか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

ぎっくり腰のときのお風呂は軽く流す

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰の負担の少ない頭の洗い方

神経痛のときの入浴は?

理想的な腰痛での入浴

お風呂と腰痛

ぎっくり腰に温泉は良いのか?

腰痛では部分浴にも気をつける

慢性腰痛ケア

結論:体を動かす生活習慣を意識する

意識するべきは恒常性

慢性腰痛に良い素足健康法

腰に加わるストレスを解消する方法

MSS療法

経絡療法について

腰のセルフケアでは首を反らす

動いてケアする腰痛と休んでケアする腰痛

痛みの緩和に効果があるもの

腰痛防止のための日常的な筋肉の調整法

腰痛のツボ

アクティブケア

ぎっくり腰に陥らないための日常ケア

サーティーワンメソットの有効な例と無効な例

背骨の変形が背景となる高齢者のぎっくり腰のセルフケア

セルフケアのあり方

自分で出来る防止のセルフケア

防止のための腰の筋肉の緊張を緩める方法

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

短時間で腰痛のセルフケアをするためのコツ

高齢者の慢性腰痛の日常ケア

高齢者の日常ケア方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※ご意見やご要望は下記のコメントボックス
から直接送信できます

アクセス解析でメッセージを送信される方がいますが、ログインの手間が無駄です。1か月に1回しか見ていません。

山ほどのデータを見ることは不可能です。
アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

脊髄に伝わる痛みの緩和法

座面療法

牽引療法

どういったことに注意して施術するの?

バランスを見極めた調整が必要

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

ぎっくり腰は痛くない範囲で動く

慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント

慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法

苦労せず地道に自分で治せる方法

ぎっくり腰移動

長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる

なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

慢性腰痛には温湿布とホットカイロどちらが良いか

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

ぎっくり腰の防止にオススメする温熱療法について

誰にでもできる防止のための基礎体温上昇法

時間

お風呂の腰痛治療効果

結論:慢性腰痛は温めて緩和することがある。ただし・・

ヘルニアに効く温泉は?

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

坐骨神経痛に電気風呂は?

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

腰部ケアのための入浴法

温浴法

温泉で坐骨神経痛を治したい

お風呂の適応判断

腰痛の温浴療法

シャンプーハットの腰痛防止効果

良い入浴剤

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

シャワー中に起こったもの

ぎっくり腰のときのお風呂の偏った考え

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

坐骨神経痛に入浴の姿勢は関係あるか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

ぎっくり腰のときのお風呂は軽く流す

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰の負担の少ない頭の洗い方

神経痛のときの入浴は?

理想的な腰痛での入浴

お風呂と腰痛

ぎっくり腰に温泉は良いのか?

腰痛では部分浴にも気をつける

慢性腰痛ケア

結論:体を動かす生活習慣を意識する

意識するべきは恒常性

慢性腰痛に良い素足健康法

腰に加わるストレスを解消する方法

MSS療法

経絡療法について

腰のセルフケアでは首を反らす

動いてケアする腰痛と休んでケアする腰痛

痛みの緩和に効果があるもの

腰痛防止のための日常的な筋肉の調整法

腰痛のツボ

アクティブケア

ぎっくり腰に陥らないための日常ケア

サーティーワンメソットの有効な例と無効な例

背骨の変形が背景となる高齢者のぎっくり腰のセルフケア

セルフケアのあり方

自分で出来る防止のセルフケア

防止のための腰の筋肉の緊張を緩める方法

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

短時間で腰痛のセルフケアをするためのコツ

高齢者の慢性腰痛の日常ケア

高齢者の日常ケア方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書