ブロック注射の副作用|腰痛治療

結論:投与量を誤ると眠った神経が目覚めない。麻痺してしまう。

※スポンサーCM

腰痛治療では手術以外の療法である保存療法として投薬や安静、運動療法、物理療法、装具による固定治療など様々なものがあります。この中でも保存治療の中の最後の手段として用いられるのがブロック注射。ブロック注射では痛みの出ている神経部分に直接的に麻酔薬剤を注射で投与するわけです。注射を刺すことそのものの悪影響についてここでは触れませんが、アレルギーや痛みによるショック、注射による感染なども稀にはあります。しかし、考えられうる最大の副作用は注射によって眠らせた痛覚神経が、麻酔の投与量が多すぎて眠りから覚めないまま麻痺してしまうことでしょう。そのため一般的に保存療法の中では最後の手段として用いられているわけです。痛覚神経が眠るメカニズムそのものは現代医学でも明らかにはされておりません。あきらかになっていないため、個人差の影響で投与量が多すぎて治らないこともあるはずです。他に治療手段があるときには無闇に用いるようなものではなくスポーツ選手がオリンピックなどの大事な試合の前に注射を投与して痛みを紛らわす目的以外では用いないことが一般的です。柔道の古賀稔彦選手がバルセロナオリンピック前に怪我をして注射を使ったエピソードが有名ですよね。自分にとって好きなこと、嫌いなことでも試せることを全部試してから用いるべき方法だと言えます。

※スポンサーCM

ぎっくり腰のときの注射

結論:注射が一番危険

  1. 腰痛でブロック注射が効かなかったらどうすればいいの?急性腰痛なら痛みに応じた活動性を保つ。慢性腰痛は、そもそもブロック注射の効果はない。運動療法をする。
  2. ブロック注射の副作用最も体に悪影響を与えるのがブロック注射
  3. 注射VS飲み薬痛みの局在がハッキリしているものに注射は有効で、飲み薬は漠然と痛みがあるときに有効。
  4. 腰痛治療の神経ブロックの効果病院で用いられる神経ブロックについての見解について。「神経ブロックをしたけどダメだから後は手術しかないのか・・・」という間違った認識を持った患者さんは世の中に非常に多いです。
  5. 筋弛緩剤の副作用筋弛緩剤の弛緩メカニズムは明らかにされていない。死刑執行でも用いられる。
  6. ブロック注射はどう?麻酔薬で患部の痛みを消してしまうことはどうなのか?
  7. ぎっくり腰の注射は希望しても受けられない筋弛緩薬や炎症を鎮めるお薬を注射して痛みを緩和することもあるが、皆さんの希望で受けられるものではない。
  8. ブロック注射を受けても治らないぎっくり腰も改善しましたイライラするとぎっくり腰は悪化する
ぎっくり腰の医療機関での対処について

ぎっくり腰の医療機関での対処

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

救急車

病院

医者

レントゲン・MRI・画像検査

牽引療法

ヘルニア手術

坐骨神経痛手術

手術:失敗

手術:その他

湿布・貼り薬・外用薬

痛み止め・消炎鎮痛薬

鎮痛以外の飲み薬

注射

トリガーポイント

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

注射

結論:注射が一番危険

腰痛でブロック注射が効かなかったらどうすればいいの?

ブロック注射の副作用

注射VS飲み薬

腰痛治療の神経ブロックの効果

筋弛緩剤の副作用

ブロック注射はどう?

ぎっくり腰の注射は希望しても受けられない

ブロック注射を受けても治らないぎっくり腰も改善しました

医療機関での腰痛対策関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

救急車

病院

医者

レントゲン・MRI・画像検査

牽引療法

ヘルニア手術

坐骨神経痛手術

手術:失敗

手術:その他

湿布・貼り薬・外用薬

痛み止め・消炎鎮痛薬

鎮痛以外の飲み薬

注射

トリガーポイント

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)