ぎっくり腰専門 アークス整体院

筋膜性腰痛症のタイプ

同じ疲労によるものでも多岐に渡る分類があります。

筋膜性腰痛症とは筋肉の過労によるもの

腰が疲れてくると痛みを訴えてしまう方、どうしても我慢できなくなってしまう方は大勢いらっしゃることでしょう。なぜ呈するのか、それはただ疲れているからなのではないのです。筋肉に過労が起っているのです。

過労と疲労の違いは可逆か不可逆か?

では過労と疲労の違いとは何でしょうか?

過労と疲労の違いは可逆性(もとにもどる)か、不可逆(もどらない)かという違いです。では実際のところ不可逆とはどういうことでしょうか?

不可逆な状態になると筋肉が痙攣する。

簡単に一言でまとめてしまえば、不可逆な状態というのは筋肉が痙攣していると思っていただけるとよいでしょう。筋細胞というのはカルシウムイオンが内部に充分に行き渡っていると柔らかく弛緩しています。しかし、度重なる活動でこれが枯渇すると、弛緩することができなくなり、収縮したままの状態となってしまうのです。これは引きつったような違和感があります。また、腰椎部分を走行している神経が、引きつりによって挟み込まれたり、絞扼を起こしてしまい、そこで痛みを引き起こします。

過労は原因が解消されるまでいつまでも残り続ける

この痙攣した状態というのは、連縮した筋線維に血流が阻まれてしまい、栄養素の供給が妨げられてしまいます。だから、新しい栄養素が送りこまれるまで疫病神のように、いつまでもしつこく患部に居座りつづける(痙攣させ続ける)のです。

この状態を解消させるためにはどうしたらよいのか?

  1. 反射を応用して、緊張を一時的に解消する。
  2. 遮断された血流を復活させる
  3. 患部に栄養素を供給する。
  4. 筋肉が弛緩する。
  5. 痛みが解消される。

1~5の順序をたどって痛みから復帰して行きます。

筋肉の弛緩を得るための反射システムを手技によって利用する。

1の反射というのは、例えるならば膝頭をポンと叩いたときに膝がピョンと伸びることを表すと思っていただけるとよいでしょう。あの運動は、太ももの前面の筋肉が反射を起こしているから膝が伸びているのですが、実はこのとき太ももの後面の筋肉は同時に弛緩しているのです。膝頭を叩くという簡単な動作ひとつを取り上げても、これだけ複雑なシステムが働くわけです。この弛緩のシステムを応用したのが、

  • 揉む
  • 押す
  • 引っ張る
  • 撫でる
  • 叩く
  • 揺らす

などの手技療法であるのです。

筋弛緩の妨げをしているのが疼痛

1番の反射を用いなくても、筋肉の緊張を和らげることは可能です。たとえばプールなどで泳いでいて溺れてしまったとしましょう。息が苦しくなって気を失ってしまいました。失神したときというのは全身の筋肉がぐったりとしているはずです。これも一種の弛緩状態であるのです。また、睡眠中も力が抜けます。しかし、誰だって命がけで失神したいとは思わないですし、痛みが気になって安静になれないから深い睡眠に入れないため弛緩が得られないのです。

自力では反射から解放されるのに時間が掛かりすぎてしまう。

このような精神的緊張によって、なかなか安静状態に移れないため、人為的に反射を引き起こして、筋肉を弛緩させるために整体や整体、スポーツストレッチなどが存在すると思っていただけるとよいでしょう。自力では辛い状態から抜け出すのには時間が掛かりすぎてしまうのです。

放置すると代償行為により病状が複雑化する。

ガン細胞を例にあげると、最初に発症したときの原発部位に留まっているうちに対処すれば簡単な検査と治療だけで根治することができるのですが、さまざまな部位に転移すると病状が複雑になってしまい、どこが症状の主因となっているのか分からなくなり、治療が困難になります。筋膜性腰痛症は、命には関わりませんが、痛みが酷くなると壁によりかかったり・杖で体重を支えたり、痛い部位の反対側の腕ばかりを多用するなど身体操作に偏りが生じるのです。したがって最初の内は腰だけが痛かったのに、そのうちに膝までが痛くなったり、股関節や足首・肩や首など、腰から遠く離れた部位までが辛くなります。

症状が進行すると腰の症状は分かりにくいものになる。

この辛さというのが非常に分かり難いのです。腰という大きな筋肉で発生した痛みというのは、段々と体の末端の細かい筋肉へと移って行くのです。そして、細かくて華奢だからこそ、その部分は、もともとの原発病巣である腰よりも強く痛みを訴えてしまうのです。

末端部分の痛みと誤診されやすい

多くの患者様は、この末端部分の痛みを、自覚症状として一番に挙げる為どこの治療家も、その部分を治すことばかりに捕らわれてしまい、肝心な部分を見落としてしまうのです。結果として主因である腰には手を触れることなく、いつまでも再発と緩和を繰り返し続けます。

筋肉の症状

  1. 慢性腰痛患者に見られる過剰伸展反射筋紡錘の興奮性が異常になっているためにすぐに筋肉が過剰収縮を起こして腰に激痛をもたらす。
  2. 背筋だけが悪くなる腰痛はない痛みは必ず防御性収縮を引き起こすため主動筋が一番に痛みを生じるが拮抗筋や共同筋にも痛みを引き起こすことがある。
  3. ぎっくり腰で大量に汗を出すのは筋緊張による体温調節発汗腰が痛い、このときには筋肉に思いっきり力を込めてしまう。すると筋肉が熱を作ってしまう。熱を下げるために汗を大量にかくこともある。
  4. 筋応答不良によるものとチェック法 筋肉量は十分に有るけれども重たいものを持上げるときなど必要なときに十分に筋肉が機能しない筋応答不良によって生じるぎっくり腰もあり、肝心なときに筋肉が働かないため、逆に重荷となってぎっくり腰の発生を高めてしまう。
  5. 急激に身動きが取れなくなるのは筋性防御動けなくなるのは筋性防御によって体が硬直して患部を刺激するから。
  6. 腰が攣ってしまう女性毎日マラソンを10キロする。筋トーヌスの低下により錘内筋線維の張力の緩急の差が大きくなることで反射が起こり易く攣ってしまう。しっかりとストレッチをすることが必要
  7. 弛緩性腰痛腹筋や背筋を使わずに背骨で体を支えることで背骨がへたってしまうこと
  8. 中腰になるとお尻の両脇が痛い中腰になったときにお尻の両脇が痛くなるものには、(1)低い姿勢による中殿筋酷使、(2)座位による圧迫障害型、(3)背骨の中の狭窄によるものなどが考えれれる
  9. すぐに疲れてしまう原因は筋肉不足病院で検査を受けてこれといった原因が 無いのにすぐに疲れるときには筋肉が不足しすぎていることが多い。
  10. 筋膜性腰痛症には種類がある筋肉の疲労である筋膜性腰痛症、しかし疲労によるものにも色々あります。
  11. ぎっくり腰です。ピクッと痛みがある。これは何?筋肉の痛みが原因だと思われます。筋肉が痛みを出すと反射が起こります。この反射はピクッと関節に伝わる。そして僅かな動きをもたらすことがあります。
腰にまつわる症状別メニュー|アークス整体院

症状別

腰痛症状●腰部関連症状、●腰部の症状の程度、●炎症症状、●神経症状、●体の固さによる症状、●陰部・睾丸症状、疲労(●疲労と腰痛、●疲労の仕組み)

筋肉症状●筋肉の症状、●筋肉痛、●筋緊張・筋肉の固さ

腰部の経過別の症状●後遺症、●再発、●悪化、慢性腰痛(●仕組み、●対応、●その他)

腰痛と関連性のある症状●腰の音、●背中の痛み、●肋骨、●その他の症状、●ショック症状

店舗案内事務的内容・店舗案内

今日の一言治療とは関係のない、その日思いついたこと。思ったことを、思ったままに書き綴るページ。

最新ページ最近書いた内容を書き溜めておく場所

基本★基礎知識編、★痛み科学

原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

重点ページ

※特に力を入れて書いたページ(登場人物はすべてフィクションです)

  1. 池袋 ぎっくり腰〔ぎっくり腰で立てない〕理由脊柱が硬直し、柱のようになる。背中を丸められないと、体がテコでいう不利な状態になってしまう。足に体重移動ができないため立てない。
  2. 板橋区 ぎっくり腰〔30代漫画家男性のぎっくり腰〕長時間腰掛けて漫画を執筆する男性、座り続けると筋肉の協調性が損なわれてわずかに歩いただけで腰を患うことがある。
  3. 渋谷区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰の一番の恐怖とは?〕いつまでこの痛みが続くのか、先が見えない痛みの不安が、人を恐怖に駆り立ててしまう。
  4. 千代田区 ぎっくり腰〔トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった〕便秘がちの女性では排便に力を使い果たしてぎっくり腰を起こすことがある。潔癖症で便座に腰掛けられない人は腰を患う。    
  5. 荒川区 ぎっくり腰〔子育てと仕事でぎっくり腰になった〕荒川区の男性。生まれたばかりの子供は短時間睡眠を繰り返す。そのため睡眠不足から腰の筋肉が痙攣してしまう。
  6. 杉並区 ぎっくり腰〔建築デザインをする男性のぎっくり腰〕東京オリンピックに向けて建設ラッシュが続く中で過労からもたらされたぎっくり腰だった。関節可動域が明らかに低すぎるケース
  7. 北区 ぎっくり腰〔仕事の出張でぎっくり腰になった〕荷物を持上げてぎっくり腰になる典型。しかし、軽い荷物でも、自分の体重を含めた重量に着目する。上半身の重みが一番の凶器
  8. 台東区 ぎっくり腰〔中国人観光客、モンファさんの症例〕言葉が通じない外国人であっても決して失礼は許されない。ぎっくり腰の治療はコミュニケーションは必須です。
  9. 豊島区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰のときの寝返りの方法〕両手両膝を持上げたり、テコのように使うと楽に寝返りが打てる。介護テクニック
  10. 文京区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰になったらどうするのか?〕慌てて救急車を呼ばないように気をつけましょうね。冷静になることがまず必要です。
  11. 中野区 ぎっくり腰〔生後間もない赤ちゃんの抱っこでぎっくり腰になった〕抱っこのしすぎでぎっくり腰になった症例。背中の僧帽筋から由来する症状だった。
  12. 練馬区 ぎっくり腰〔車から降りるときにぎっくり腰になった〕車から降りようとして腰を捻ってぎっくり腰になった症例。仕事の出張の出発直前に腰を痛めてしまう。
  13. 世田谷区 ぎっくり腰〔腰方形筋によるぎっくり腰〕ブラジルから帰化した江川さん。小屋暮らしの貧しい少女時代だった。日本での忙しい日々でぎっくり腰を患う。
  14. 目黒区 ぎっくり腰〔子育ての疲労によるぎっくり腰〕まさかの40代での第三子の出産、ようやく外で働けると思った矢先の出来事だった。子育ての過労からぎっくり腰になる。
  15. 新宿区 ぎっくり腰〔座っているとお尻が痛くてたまらない〕お尻の中殿筋に筋スパズムが生じたものがある。痙攣した筋肉は股関節を曲げることで引っ張られると強烈な拒絶反応を起こす。
  16. 江東区 ぎっくり腰〔スチュワーデスのぎっくり腰〕長いフライトの最後で腰を痛める。話ぶりから、単なるぎっくり腰ではなく、心因性腰痛であることがわかる。
  17. 港区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰予防に必要な栄養素は?〕鉄分やたんぱく質も大切だけどそれ以上にカルシウムが必要。カルシウムは日本人全てが不足しているから。
  18. 足立区 ぎっくり腰〔ブロック注射で治らないぎっくり腰を改善した〕藤田さんの症例、脊柱起立筋が痙攣を起していた。ブロック注射でも直らないが筋肉の末梢牽引で痙攣は取れた。
  19. 墨田区 ぎっくり腰〔3歳の娘を抱っこしたらぎっくり腰になった〕体重の24%を上回ると腰を痛めるリスクが高まる。ところが3歳ぐらいで24%に達してしまうためぎっくり腰になった。

筋肉の症状

慢性腰痛患者に見られる過剰伸展反射

背筋だけが悪くなる腰痛はない

ぎっくり腰で大量に汗を出すのは筋緊張による体温調節発汗

筋応答不良によるものとチェック法

急激に身動きが取れなくなるのは筋性防御

腰が攣ってしまう女性

弛緩性腰痛

中腰になるとお尻の両脇が痛い

すぐに疲れてしまう原因は筋肉不足

筋膜性腰痛症には種類がある

ぎっくり腰です。ピクッと痛みがある。これは何?

※スポンサーサイト

症状別

腰痛症状

筋肉症状

腰部の経過別の症状

腰痛と関連性のある症状

店舗案内

今日の一言

最新ページ

基本

原因別

部位別

症状別

睡眠・寝る

対応・対処

運動・ダイエット

仕事

姿勢

息抜き用

東京都

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰

◆店名:

アークス整

◆所在地:

東京都豊島区
南長崎
3-15-12
402

◆最寄り駅:

・西武池袋線
「椎名町(池袋駅から1駅)」、

・西武池袋線
「東長崎」、

・都営大江戸線
「落合南長崎」、

◆ぎっくり腰の緊急依頼
→電話番号
090-2413-0651

重点ページ

※特に力を入れて書いたページ(登場人物はすべてフィクションです)

池袋 ぎっくり腰ぎっくり腰で立てない

板橋区 ぎっくり腰30代漫画家男性のぎっくり腰

渋谷区 ぎっくり腰ぎっくり腰の一番の恐怖とは?

千代田区 ぎっくり腰トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

荒川区 ぎっくり腰デッドリフトで腰を痛めた30代男性

杉並区 ぎっくり腰建築デザインをする男性のぎっくり腰

北区 ぎっくり腰仕事の出張でぎっくり腰になった

台東区 ぎっくり腰中国人観光客、モンファさんの症例

豊島区 ぎっくり腰ぎっくり腰のときの寝返りの方法

文京区 ぎっくり腰ぎっくり腰になったらどうするのか?

中野区 ぎっくり腰生後間もない赤ちゃんの抱っこでぎっくり腰になった

練馬区 ぎっくり腰車から降りるときにぎっくり腰になった

世田谷区 ぎっくり腰腰方形筋によるぎっくり腰

目黒区 ぎっくり腰子育ての疲労によるぎっくり腰

新宿区 ぎっくり腰座っているとお尻が痛くてたまらない

江東区 ぎっくり腰スチュワーデスのぎっくり腰

港区 ぎっくり腰ぎっくり腰予防に必要な栄養素は?

足立区 ぎっくり腰ブロック注射で治らないぎっくり腰を改善した

墨田区 ぎっくり腰3歳の娘を抱っこしたらぎっくり腰になった