ぎっくり腰専門 アークス整体院

ぎっくり腰は安静と痛みに囚われないこと

ぎっくり腰に陥ったときには痛みによって身動きが取りにくくなります。このときに少しでも痛みを緩和したいと考えたら一番に行っていただきたいことは安静です。近年では腰痛は安静にしすぎることは良くないと言われますが、ことぎっくり腰に関しては日頃の無理が祟って起こっておりますから数日間安静にして寝て過ごすことも間違いではありません。そして、それと共に是非行っていただきたいことが治療とは矛盾することですが、頭の中から腰の痛みのことを一切忘れることです。「早く治そう」、「マジ辛い」、「あと何日経てば治るんだ・・・」と痛みのことばかりを考えると人は不安や恐怖心という新たなストレスを体に与えることになります。そして恐怖心によって体に過剰に力が入って腰の血流が悪くなり治癒が遅くなるのです。さらには頭の中でそういった痛みのことばかりを考えて執着していると、痛みは更に強くなる性質があります。精神的な側面が体に影響を与え、そして体の痛みがまた精神に悪い影響を与えるという痛みのループを作り上げてしまうのです。そのため気分を紛らわすことが有効となり、テレビや映画、本を読むなどせっかくもらった仕事の休みを闘病という苦難に費やさないようにしましょう。

体を癒してくつろぐ

日頃勤勉に働いて、休んでいない自分の体のメンテナンスだと思って心身の回復を図りましょう。思う存分体が癒されれば痛みはすぐに良くなるはずです。

おすすめ本:「正しいクセ」を身につければ腰痛は治る!

ご紹介する本は以下の本です。

「正しいクセ」を身につければ腰痛は治る! 著者:寺尾 友宏(プライマリ整形外科 麻布十番クリニック院長)2012年

感想

今現在30ページ付近を読んでおりますが、拍子だったり、章ごとの余白のページが多いので序盤の割りにはページをめくっても内容があまり進んでおらず、今現在まだ治療法などについて丸っきり漠然とした状態です。なんとなくモヤモヤ感がずっと続いている状態ですね。これから進展があると良いのですが・・・やっぱり本を読む患者さんは自分で帰結したい考えが強いです。具体的に何をしたら良いのか?ということに主眼を置いてもらえると患者さんとしてはありがたいと思います。

一つだけ分かったことは港区という土地柄、個性を強調することよりもプライマル、総合的、包括的な態度で治療をすることが大切であり、治療成績を狙った奇抜な治療ではなく教科書的な対応をすることが港区という場所柄の患者さんの安心につながるのだろうと考えさせられます。普通に考えると本って出版するだけでも結構なお金が掛かります。必ずしも儲けにつながるわけではありません。収益ラインを超えられるという見込みがなければやらないことが普通です。つまり道楽で本を書くか、そういった本を望む人が本当にいるということでもあるのだと思います。また、プライマル姿勢の本というのは読んでいて抵抗なくスラスラ読み進めることができる。結果的に読破しやすく「やったぞ」という脳医学的な満足感にもつながるのかもしれませんね。

メモ

以下は文献を拝見しているときに気がついたことや思いついたことなどメモとして書き残した内容です。感想を記すために書き残しております。

  1. ストレスに起因する腰痛は増加傾向にある。P31
  2. 腰痛の1割は構造的な問題によるもの、のこり9割は体の使い方や姿勢といった複合的な要素に起因するもの
  3. ストレスが加わると交感神経が優位になる傾向がある。 P32
  4. 腰痛治療では経験的に最も治る確率の高い治療法が施されているケースが多い P37
  5. 腰痛の原因がキチンと改善されていなければ一時的に痛みが和らいだだけの可能性が高い P37
  6. 原因が解明されないまま治療を受けるから腰痛を治す最適な治療法に出会うまでずっと腰痛を患った状態で生活して行く事になる。 P38
  7. リハビリによって体を動かし、作りこむことによっていままで発症していたいたみまでもが改善されていったP39
  8. 姿勢を含めたからだの使い方に問題がある P40
  9. 機能的な腰痛は手術をせずとも治り、手術をしても治らないもの P40
  10. 機能的な問題は生活環境や生活リズムの影響を受けるため特定しにくい P41
  11. 生活環境や生活リズムは人によって異なるため、原因がなかなか特定できない P41
  12. デスクワークが原因でも姿勢が原因の人もいれば長時間座っていることが原因の人もいる。

安静

結論:最悪3日は安静にする。
理想は2週間。だけど、そんなに休んだら職場の心証を害する。

  1. 腰痛は寝ていて治るのか?これまで一般論に従って過度な安静は良くないことを御伝えしましたが、自分自身の考えではどうなのかについて敢えて逆説についてお話して行きたいと思います。
  2. ゴルフ腰の痛み安静期間安静をすることは除痛にはなるが体力や腰部の耐久力の脆弱化を招き競技復帰したときに簡単に腰痛を再発させます。適切な除痛・リハビリをしてから競技に復帰するか、もしくはゴール設定を仕事復帰までとするか、いずれにせよ自己の努力が必要となる。他人に丸投げでは改善にはつながらず・・・
  3. 絶対安静の是非昔の治療家達は、腰が痛いときにはとにかく安静にしろと言ったが、実際には体の弱体化が起こってそちらの方が大きな問題となった。
  4. 安静期間一般的に2週間ほど寝て休むことで特に何もしなくても治まる。
  5. 安静治療の是非ぎっくり腰は深層筋によって引き起こされる。安静にし続けて何もせず放置すると椎間板の軟骨を深層筋がゆがめてしまい治癒が難航したり慢性化を起こす。
  6. ぎっくり腰は安静と痛みに囚われないことぎっくり腰では安静に寝て過ごして、痛みに囚われすぎないように痛みのことを頭から忘れて別のことで気分を紛らわすことが必要。恐怖や不安は体を緊張させて余計に痛みを起したり治癒を長引かせる。
  7. ぎっくり腰は安静だけでは痛みの緩和に時間が掛る安静によって治ることは治るが、治療を受けないとやっぱり長く時間を要する
  8. 安静にして腰痛が強まるなら体位の間違え安静にすると良いというが、安静の正確な体位について記している文献は少ない
  9. 安静に過ごすときの姿勢もっとも楽と思える姿勢をとる。仰向けになって膝を曲げると良いのは慢性腰痛であり、全てに有効なわけであらず。
  10. 今後も安静が必要なの?レントゲンの画像所見を医学知識を持たぬ患者様にお見せしても余計に困惑するだけなので止めた方が良い
  11. 安静で気をつけることぎっくり腰には安静が良く、慢性腰痛のような血行障害では過度な安静は危険、
  12. ぎっくり腰は安静にするのが良いの?初期の炎症が治まるまでは安静にすることが良いが整体を受けて動けるようになることが多い
  13. 安静にしても腰が痛い安静という意味を間違えていることはとても多い。動かないことや、寝れば安静だと考えるが、心身共に休んでいる状態にならないと安静とは言えない・
  14. ぎっくり腰のときの安静は心身両面に着目しよう。体だけ楽な体位をとっても心がリラックスしていないと腰の痛みが治まらない。
  15. ぎっくり腰のときの安静についての考え方欧米では2日間以上の安静には効果がないという意見もあるが、どうやらアメリカの保険事情が背景にあり、商業主義的な医師達の早期通院を狙った考えに基づいている。
  16. ぎっくり腰で気をつける「安静は二日まで理論」安静は二日までだって・・・無茶を言わないで。原因が筋肉で、尚且つ痛みが緩和した場合だけに限定される理論だよ。
  17. ぎっくり腰になると何日ぐらい休む?理想は2週間休みたい。だけど多くは1週間ぐらいにとどめる。理解が得られない職場では3日休んで働く人もいる。

急性期の腰痛対処

結論:ぎっくり腰中は安静にする。動くと悪化する。

ぎっくり腰の前兆前兆は単純ではない。

初期の経過観察5時間様子をみたら治療を受ける

緊急判断痛みの強さに関係なく、医療機関では軽症扱いとなる

急性期症状痛みが悪化するものは専門家に依頼する

急性期経過寝て過ごせば2週間続く、ぎっくり腰専門の受診で翌日には働けることも多い

対処まず冷静になる。

問診話すことをメモにまとめる

応急処置湿布を張って体を保温して寝る

緩和処置急性期力を抜く

患者の周囲の人の対応やさしく労わってあげる

ぎっくり腰の動き方ハイハイする

間違った対処軽い痛みを放置して悪化している

安静3日は安静にしたい

トイレ・排泄(受傷早期・受傷原因)トイレに行けない。だから飲み食いを最小限に控える。

腰痛の対応・対処|アークス整体院

対応・対処

結論:ぎっくり腰中に歩いて痛みが緩和されることはない。専門家に任せよう。

急性期の腰痛判断●前兆、●初期の経過観察、●緊急判断、●急性期症状、●急性期経過、

急性期の腰痛対処●対処、●問診、●応急処置、●緩和処置急性期、●周囲の人の対応、●動き方、●間違った対処、●安静、●トイレ排泄

慢性期判断、検査●中期的な判断、●長期的な判断、●セルフチェック法、●腰痛の検査データ、●評価法・検査、●腰痛検査の流れ

医療機関の対処●救急車、●病院、●医者、●レントゲン・MRI・画像検査、手術(●ヘルニア、●坐骨神経痛、●失敗、●その他)、●湿布・貼り薬・外用薬、●飲み薬・内用薬・内服薬・座薬、●注射、●トリガーポイント、

一般的対処①早期ケア・間違ったケア●アイシング・冷やす療法、●ぎっくり腰ケア、●間違ったケア、

一般的対処②慢性期ケア緩和処置(●慢性期)、●温熱療法、お風呂(●腰痛治療効果、●お風呂の弊害、●入浴で気をつけること)、●慢性腰痛ケア

食事・栄養●食事・栄養、●食事による長期的な腰痛対策、●ダイエットと食事、●サプリメント・プロテイン、●カルシウム、●お酒、●たばこ

手技対処●手技療法、●マッサージ、●マッサージの疑問、●間違ったマッサージ

腰痛対策●お皿洗いでの腰痛対策、●作業場面での腰痛対策、●一般防止策、●生活場面での腰痛対策、●腰痛対策の体の使い方、●着替え、●中長期的なトイレ・排泄

道具での対処①(固定法)コルセット(●基本事項、●過信、●弊害、●その他)●腰ベルト以外の固定

道具での対処②(生活補助)●腰痛対策での道具の考え方、●力仕事補助アイテム、●健康器具、●カバン・バッグ、●靴、●足元対策、●杖、●衣類・身につけるもの、●その他道具

店舗案内事務的内容・店舗案内

今日の一言治療とは関係のない、その日思いついたこと。思ったことを、思ったままに書き綴るページ。

最新ページ最近書いた内容を書き溜めておく場所

基本★基礎知識編、★痛み科学

原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

重点ページ

※特に力を入れて書いたページ(登場人物はすべてフィクションです)

  1. 池袋 ぎっくり腰〔ぎっくり腰で立てない〕理由脊柱が硬直し、柱のようになる。背中を丸められないと、体がテコでいう不利な状態になってしまう。足に体重移動ができないため立てない。
  2. 板橋区 ぎっくり腰〔30代漫画家男性のぎっくり腰〕長時間腰掛けて漫画を執筆する男性、座り続けると筋肉の協調性が損なわれてわずかに歩いただけで腰を患うことがある。
  3. 渋谷区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰の一番の恐怖とは?〕いつまでこの痛みが続くのか、先が見えない痛みの不安が、人を恐怖に駆り立ててしまう。
  4. 千代田区 ぎっくり腰〔トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった〕便秘がちの女性では排便に力を使い果たしてぎっくり腰を起こすことがある。潔癖症で便座に腰掛けられない人は腰を患う。    
  5. 荒川区 ぎっくり腰〔子育てと仕事でぎっくり腰になった〕荒川区の男性。生まれたばかりの子供は短時間睡眠を繰り返す。そのため睡眠不足から腰の筋肉が痙攣してしまう。
  6. 杉並区 ぎっくり腰〔建築デザインをする男性のぎっくり腰〕東京オリンピックに向けて建設ラッシュが続く中で過労からもたらされたぎっくり腰だった。関節可動域が明らかに低すぎるケース
  7. 北区 ぎっくり腰〔仕事の出張でぎっくり腰になった〕荷物を持上げてぎっくり腰になる典型。しかし、軽い荷物でも、自分の体重を含めた重量に着目する。上半身の重みが一番の凶器
  8. 台東区 ぎっくり腰〔中国人観光客、モンファさんの症例〕言葉が通じない外国人であっても決して失礼は許されない。ぎっくり腰の治療はコミュニケーションは必須です。
  9. 豊島区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰のときの寝返りの方法〕両手両膝を持上げたり、テコのように使うと楽に寝返りが打てる。介護テクニック
  10. 文京区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰になったらどうするのか?〕慌てて救急車を呼ばないように気をつけましょうね。冷静になることがまず必要です。
  11. 中野区 ぎっくり腰〔生後間もない赤ちゃんの抱っこでぎっくり腰になった〕抱っこのしすぎでぎっくり腰になった症例。背中の僧帽筋から由来する症状だった。
  12. 練馬区 ぎっくり腰〔車から降りるときにぎっくり腰になった〕車から降りようとして腰を捻ってぎっくり腰になった症例。仕事の出張の出発直前に腰を痛めてしまう。
  13. 世田谷区 ぎっくり腰〔腰方形筋によるぎっくり腰〕ブラジルから帰化した江川さん。小屋暮らしの貧しい少女時代だった。日本での忙しい日々でぎっくり腰を患う。
  14. 目黒区 ぎっくり腰〔子育ての疲労によるぎっくり腰〕まさかの40代での第三子の出産、ようやく外で働けると思った矢先の出来事だった。子育ての過労からぎっくり腰になる。
  15. 新宿区 ぎっくり腰〔座っているとお尻が痛くてたまらない〕お尻の中殿筋に筋スパズムが生じたものがある。痙攣した筋肉は股関節を曲げることで引っ張られると強烈な拒絶反応を起こす。
  16. 江東区 ぎっくり腰〔スチュワーデスのぎっくり腰〕長いフライトの最後で腰を痛める。話ぶりから、単なるぎっくり腰ではなく、心因性腰痛であることがわかる。
  17. 港区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰予防に必要な栄養素は?〕鉄分やたんぱく質も大切だけどそれ以上にカルシウムが必要。カルシウムは日本人全てが不足しているから。
  18. 足立区 ぎっくり腰〔ブロック注射で治らないぎっくり腰を改善した〕藤田さんの症例、脊柱起立筋が痙攣を起していた。ブロック注射でも直らないが筋肉の末梢牽引で痙攣は取れた。
  19. 墨田区 ぎっくり腰〔3歳の娘を抱っこしたらぎっくり腰になった〕体重の24%を上回ると腰を痛めるリスクが高まる。ところが3歳ぐらいで24%に達してしまうためぎっくり腰になった。

安静

結論:最悪3日は安静にする。
理想は2週間。だけど、そんなに休んだら職場の心証を害する。

腰痛は寝ていて治るのか?

ゴルフ腰の痛み安静期間

絶対安静の是非

安静期間

安静治療の是非

ぎっくり腰は安静と痛みに囚われないこと

ぎっくり腰は安静だけでは痛みの緩和に時間が掛る

安静にして腰痛が強まるなら体位の間違え

安静に過ごすときの姿勢

今後も安静が必要なの?

安静で気をつけること

ぎっくり腰は安静にするのが良いの?

安静にしても腰が痛い

ぎっくり腰のときの安静は心身両面に着目しよう。

ぎっくり腰のときの安静についての考え方

ぎっくり腰で気をつける「安静は二日まで理論」

ぎっくり腰になると何日ぐらい休む?

急性期の腰痛対処

結論:ぎっくり腰中は安静にする。動くと悪化する。

ぎっくり腰の前兆

初期の経過観察

緊急判断

急性期症状

急性期経過

対処

問診

応急処置

緩和処置急性期

患者の周囲の人の対応

ぎっくり腰の動き方

間違った対処

安静

トイレ・排泄(受傷早期・受傷原因)

対応・対処

結論:ぎっくり腰中に歩いて痛みが緩和されることはない。専門家に任せよう

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処①早期ケア・間違ったケア

一般的対処②慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処①(固定法)

道具での対処②(生活補助)

店舗案内

今日の一言

最新ページ

基本

原因別

部位別

症状別

睡眠・寝る

対応・対処

運動・ダイエット

仕事

姿勢

息抜き用

東京都

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰

◆店名:

アークス整

◆所在地:

東京都豊島区
南長崎
3-15-12
402

◆最寄り駅:

・西武池袋線
「椎名町(池袋駅から1駅)」、

・西武池袋線
「東長崎」、

・都営大江戸線
「落合南長崎」、

◆ぎっくり腰の緊急依頼
→電話番号
090-2413-0651

重点ページ

※特に力を入れて書いたページ(登場人物はすべてフィクションです)

池袋 ぎっくり腰ぎっくり腰で立てない

板橋区 ぎっくり腰30代漫画家男性のぎっくり腰

渋谷区 ぎっくり腰ぎっくり腰の一番の恐怖とは?

千代田区 ぎっくり腰トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

荒川区 ぎっくり腰デッドリフトで腰を痛めた30代男性

杉並区 ぎっくり腰建築デザインをする男性のぎっくり腰

北区 ぎっくり腰仕事の出張でぎっくり腰になった

台東区 ぎっくり腰中国人観光客、モンファさんの症例

豊島区 ぎっくり腰ぎっくり腰のときの寝返りの方法

文京区 ぎっくり腰ぎっくり腰になったらどうするのか?

中野区 ぎっくり腰生後間もない赤ちゃんの抱っこでぎっくり腰になった

練馬区 ぎっくり腰車から降りるときにぎっくり腰になった

世田谷区 ぎっくり腰腰方形筋によるぎっくり腰

目黒区 ぎっくり腰子育ての疲労によるぎっくり腰

新宿区 ぎっくり腰座っているとお尻が痛くてたまらない

江東区 ぎっくり腰スチュワーデスのぎっくり腰

港区 ぎっくり腰ぎっくり腰予防に必要な栄養素は?

足立区 ぎっくり腰ブロック注射で治らないぎっくり腰を改善した

墨田区 ぎっくり腰3歳の娘を抱っこしたらぎっくり腰になった