ぎっくり腰専門

渋谷区 出張 整体|腰痛防止の腹筋のクセ

渋谷区の出張整体ならアークス整体院が24時間対応年中無休です。

〔目次〕このページの各章の概要についてです。興味をお持ちになられたところを是非ご覧ください。後半には様々なページへのサイトマップをご用意しております。

  1. 腰痛防止の腹筋のクセ普通は腰を動かすときに腹筋が腹圧を高めるが、腰痛患者では腹筋が働くクセが備わっていない。
  2. クセとは?意識によって獲得した無意識の動作のこと例:お箸。クセによって習慣化されると何も意識せずとも自由自在に動かせるようになる。
  3. 腰痛とクセの関係腰痛になる人とならない人ではクセが異なる。腰痛患者は悪いクセ、ならない人は良いクセを持っている
  4. 良いクセとは?動く前に腹筋が働いて土管のように胴体を固定、安定化している
  5. 腰痛防止と腹筋の関係お辞儀をしたときに腹筋は特に緊張をする。
  6. 悪いクセとは?腰痛患者では一切腹筋が働かない。腹筋の弱い人は腰やお尻を痛める。
  7. 対策腹筋を鍛えても問題解決とはならず。一時的に鍛えるのではなく常に意識して使う努力が必要。100%の努力よりも10%の継続した意識
  8. 面倒くさいのは最初だけ「でも・・・そんなこと面倒臭くてできないよ!」は、誤り。すぐに癖が付く。
  9. 補足腰痛だけでなく色んな体の痛みに筋肉の不活動による、他の部位の代償痛が関係しています。
  10. CM渋谷区の出張整体ならアークス整体院へ渋谷区でぎっくり腰を患ったときにはアークス整体院を利用しましょう。

ぎっくり腰の施術依頼はこちらぎっくり腰の治療依頼でしたら→090-2413-0651電話1本で緊急出張します。24時間対応

腰痛防止の腹筋のクセ

※全体の概要:腰痛防止のためには日常生活の習慣として身に付いている悪い癖を意識的になくして良いクセを意識付けること。クセの代表として腹筋があり腰痛を患わないものは常に一定の腹筋の緊張を体を起こしているときに保っている。またお辞儀をするときの上半身が前傾したときに腹筋が上半身を持上げるように対抗して働くことで腰部に加わる折れ曲がろうとする力を抑えてくれる。腰痛を患うものでは腹筋の緊張が完全に機能しておらず筋肉の不活動が生じている。不活動によって代償的に背筋や臀部の負担が大きくなり腰痛を起す。意識的に腹筋を働かせてクセ付けることが治療となる。

メニューに戻る

クセとは?:意識によって獲得した無意識の動作のこと例:お箸

腹筋

腰痛を防止するためには「クセ」が重要となります。今日はクセの中でも腹筋にまつわるものについてお話しましょう。

クセと言えば皆様はお箸を持つときには必ず右手で持ちますよね。お茶碗は左です。これは最初の頃は意識的にそうして持っており、そうしなければ食事のときの箸動作は成り立ちませんでした。何も訓練しない家庭では大人になってもぎっちょ(左右無頓着)です。ある動作を習得していったときに繰返して学習を続けると錬度を高めることができます。錬度が高まってくると何も意識しなくても勝手に右手でお箸を持つようになります。

ドアを閉めるときもそうでしょう。トイレに入ったらドアを必ず無意識で閉めます。家に帰り着いてドアを閉めたら「カチャン」と内側から鍵を閉める習慣は誰もが持っているものです。これはクセ付いておりますのでそうカンタンに忘れるものではありません。ところがベランダなどで毎日お洗濯ものをしている主婦の場合は頻繁にベランダに出て作業をします。窓を開けて外に出て、ドアを閉めて、また入って締めてから鍵をかけてと動作が複雑です。シンプルな動作だとクセとして定着するのですが複雑な動作になると閉め忘れてしまうこともありますし、あけたり締めたりと動作がたびたび変化しますからなかなかクセとして定着させられずについつい真冬でも窓を開けっぱなしだったなんてこともあるかもしれません。

メニューに戻る

腰痛とクセの関係:腰痛になる人とならない人ではクセが異なる。

当然のことですがこういったクセは腰痛になる人とならない人ではクセが異なります。腰痛になる人は悪い癖が体に定着しており、ならない人には良いクセが定着しているのです。

メニューに戻る

良いクセ:腹筋の緊張、腹横筋の動作前の活動

では良いクセと悪いくせについて腰痛にまつわるものについて一部紹介をして行きますとあげられるものとしては腹筋の緊張を上げることができます。両手をお腹に当てたときに、腰痛に陥らない人の場合は歩いている最中片足が地面についているとき、体重を左右の足で移し変えるときに一瞬腹筋が硬くなります。また一定の硬さが常に立っているときにお腹に感じられます。そしてわき腹に近いところに指を当てますと、動作のほんの僅か一瞬前に胴体が緊張していることを感じることができます。勿論指で触って分からない方もおられますが、筋肉に電極を取り付けて筋肉の活動状態を調べる検査をしますと大抵は動作の一瞬前に微弱なわき腹にある腹横筋の活動を伺うことができると言います。

つまり腰痛をわずらわない健康な方では毎回歩くときにお腹の腹筋が一定の緊張をし続けて強弱を変化させているわけです。

勿論こういったものも誰に言われたわけでもないのですが本人がどこかでクセ付けてしまったのではないでしょうか。ある程度腹筋が成長過程で鍛えられている方は寝そべっているときに体を起こそうと思ったら腹筋でグイッと上体を起そうとします。これはきっと幼いころに両親の起き上がり動作を見て学習したのだと思います。筋力がある場合はそうした方が楽に起き上がれるのでいつのまにか習慣づいているのです。そして歩いているときも勝手に左右の足の体重移動のときに緊張をします。緊張をすることで胴体を土管のように硬直させます。すると胴体の外周が硬くなることで内部に圧縮力が加わりますのでこれが腰椎が負傷することを防止し腰痛から守ってくれるわけです。

土管

著作者:
ai3310X

腹筋と背筋が土管のように胴体の外周を固めていると腰椎を保護してくれます。

メニューに戻る

腰痛防止と腹筋の関係:お辞儀をしたときに腹筋は特に緊張をする。

そしてこの腹筋は特に作用が大きいのはお辞儀をしたときだといわれます。真っ直ぐに胴体を起して立っているときには主に体の背面の背筋が常に緊張をしているのですがお辞儀をして胴体の角度を深くしてゆくと段々と腹筋が緊張して硬くなります。この腹筋の腹圧によって胴体を支えてくれるので腰が二つ折りに「ボキン!」と折れ曲がって腰痛に陥らずに済んでいるわけです。腰痛防止には腹圧が重要なんですね。

メニューに戻る

悪いクセとは?腰痛患者では一切腹筋は働かない

ところが腰痛をお持ちになられる患者様ではこういった普通の人に必ず見られるクセは一切見られないといいます。悪い癖として、歩いているときの体重移動の際にも腹筋は弛んだまま、お辞儀をしたときも背筋だけが働いて腹筋はまるっきり働いておりません。

常に背筋やお尻の筋肉だけで腰を支えますので慢性腰痛をお持ちになられる方では腰や臀部に痛みを持っている方がとても多いのです。

とくにお辞儀の姿勢をしたときに腹筋が働かない人はすぐにお尻を痛めます。 これはお辞儀をするときには上半身がテコのアームとなるのでアームを下から持上げてくれる腹筋が働かないと特にお尻の筋肉には不利なテコ作用となりますからすぐにお尻が引き攣るような痛みを生じるわけです。すなわち慢性腰痛をお持ちの方では腹筋を常に意識して働かせることが有効になるわけです。共同作業で胴体を支えるはずが腹筋が休んでいる分を背筋やお尻だけで支えるから腰が痛くなります。

メニューに戻る

対策:腹筋を鍛えても問題解決とはならず。一時的に鍛えるのではなく常に意識して使う努力が必要。

しかし、多くの方にとっては「じゃあ上体起しトレーニングで腹筋を鍛えれば良いのか?」、「ワンダーコアで鍛えれば良いのか?」と早合点しがちです。腰痛の防止ではああいった一時的に頑張るトレーニング法はさほどの意味はありません。一時的に頑張るのではなく、常に意識して腹筋を働かせることが求められるのです。

そう、一時的に100%の努力をするのではなく、常に10%ぐらいの努力をするようにしていただければ良いのです。

メニューに戻る

面倒くさいのは最初だけ:「でも・・・そんなこと面倒臭くてできないよ!」は、誤り。すぐに癖が付く。

中には
「そんな!常に意識しているなんてとても無理だよ」
「面倒臭くてできないよ!」
とお思いになられる方もおられることでしょう。
しかしこういった思い込みは誤りです。確かに最初は意図的に体を腹筋で支えたりすることは面倒です。
しかし、面倒くさいのは最初だけだと思ってください。
やっぱり続けているうちに勝手に癖が付くので最初の数週間は努力が必要ですが続けているうちに自転車に乗れるようになるのと同じで勝手に覚えてしまいその方が楽で当たり前に定着するもの。慣れてしまえば面倒だと思うこともありません。それまで背筋が担ってきた上半身を支えるという重労働を腹筋に請け負ってもらえますから全く辛い思いをすることなく体を支えて過ごすことができるのです。

この手の腹筋から由来する腰痛は今現在どんなに腹筋が衰えている方であったとしても意識次第で改善することができますから一度治療と共にレクチャーを受けていただければと思います。

ちなみに腰痛の本ではたびたび「ドローイン」などという表現をしてお腹を凹ませる動作のことを良い動作だと言いますが、ああいったハッキリとお腹をペコンと凹ませるような動作の必要などありませんし、一時的に筋トレをするときだけ努力をしても腰痛改善効果は100%ありませんので筋肉を発達させるのとは意味合いが異なるという認識を持つことが大切でしょう。大切なことは軽い努力を常に続けることで定着させることなのです。

メニューに戻る

補足:体の慢性的な痛みのメカニズムの多くに筋肉の不活動が関係する。

ちなみにこういった痛みのメカニズムを不活動による代償痛と呼ぶことができます。本来なら仮に10箇所の筋肉で請け負うべき作業を、半分の箇所が不活動によって動作に参加しません。だからこそ残る半分の箇所に負担が加わりすぎて痛みを来たしてしまうわけです。人体では股関節痛や膝関節痛などにも多く見られるメカニズムですから意外にも良く見かけるものだと覚えていただくと良いでしょう。そういったものの大部分がカンタンな意識の変化で改善することが可能です。

メニューに戻る

渋谷区の出張整体ならアークス整体院へ

渋谷区と言いますとその昔は東急電鉄として玉川から渋谷へと川の砂利を電車で運んでいたといいます。その発着駅が渋谷にあったわけですが現代でも当時の電車のオブジェがハチ公前広場に展示されております。

渋谷駅前

聞く話によりますと当時砂利を運んでいた頃というのは世田谷から渋谷まで片道30分ほど掛かったらしいです。今では地下鉄なども沢山整備されておりますから世田谷から渋谷までほんの10分足らずで移動できるようになったわけですからその頃と比べると随分と文化が進んだものだと思います。

昔は渋谷でデートをよくしていました。初めて彼女と渋谷の町をデートしたときのことを思い出しますと坂道もそこそこありましたがとても楽しく過ごすことができ、町を歩いていると坂道で歩いて体が温まったのか、彼女の頬がリンゴのように赤らんだことを記憶しております。また、出張整体でこの町の道玄坂まで来たことも何度もあります。若者の町渋谷、当時6年間交際した彼女との思い出の場所でもあります。そういえばあの子はいまどうしているんだろう。きっと結婚をして家庭に入って子供を育ててと主婦になっているのだろか、渋谷109から空を見上げると仲良く手をつないで歩いた当時のことを思い出すのでした。

デート

メニューに戻る

腰痛と腹筋(腹筋運動は別カテゴリーです。)

  1. 腹直筋について腹筋はとても関係性が深い
  2. 腹筋の役割お腹がデップリとしているから腰痛になる。『6つに割れていないからだ!』は、大きな間違いである。
  3. なぜ腹筋を鍛えているのに繰り返すのか?毎日鍛えているにも関わらず繰り返してしまうのは筋肉量があっても大切な動作中に腰の保護に働いていないから。
  4. 腹筋を鍛錬する理由腹圧を鍛えたり、胴体の安定を保つことで腰の負担を軽減する作用を期待できる。ドローインで鍛えることが良いとされる。
  5. 腹筋のボコボコしたのは何?腱画と呼ばれる部分のこと。ゴム状の繊維があり、弾力性により肉離れを防ぐ。    
  6. 防止には腹筋と背筋が必要なのか?腹筋による充分な腹圧は腰椎をシリンダーのように安定化させ、腰椎に加わる力を30%減少させることができる。
  7. 腹筋を締めると腰痛を防止できるのはなぜ?腹圧が上昇することで上半身が安定するから。背骨の関節の凹凸の適合が上昇することで足の蹴りだす力が増幅されたりと腰を痛め難くなる。臍下の丹田に力を入れることが良い
  8. 外腹斜筋の攣縮によるもの高齢者や体力の低下した方にみられる。過度な心配を抱くが経過観察によって治る。
  9. 外腹斜筋について体を捻る働きは、これらの筋肉による上半身の浮上作用がもっとも関係する。
  10. 対策に腹筋運動は本当に適切なのか?腹圧を上昇させて胴体の安定性を高めることで腰部の負担を軽減したり、拮抗筋作用により腰椎関節の適合性を高めることで背筋の出力を高めることに貢献しぎっくり腰対策としては有効。
  11. 腹筋が割れない一生懸命毎日腹筋運動をしているのになぜ腹筋が割れないのだろうか?反り腰が改善されない方も必読
  12. 腹筋と背筋のバランスと腰痛の関係昔から腰痛の原因に腹筋と背筋のバランスが悪くなるから起こるとする説があります。ところが具体的なデータに言及している文献はありません。根拠がない理屈なんですね。
  13. 慢性腰痛の防止には無意識下での腹圧の定着をはかろう防止には意識下での運動学習の定着化が重要となり、腹圧を高める意識を持つことが大切。
  14. 腰痛防止の腹筋のクセ慢性腰痛患者の多くは体を動かしたとき腹筋が働かなくなっている。

原因別

きっかけ①スポーツ、②生活場面、③交通事故・怪我、④家事労務、⑤クシャミ、⑥共通

腰痛メカニズム●原因概要、●腰痛メカニズム、●筋肉メカニクス、●ボディーメカニクス

ヘルニアヘルニア(●新説、●過去説、●運動、●きっかけ、●気をつけたいこと、●症状、●対応、)

椎間板、腰部脊柱管狭窄症椎間板(●腰痛と椎間板、●腰部椎間板)、腰部脊柱管狭窄症(●狭窄症、●症状、●対応)

坐骨神経痛①●坐骨神経痛、●筋トレ・運動、●筋肉、●判別が必要な病気、●股関節疾患の判別、●仙腸関節障害との関係

坐骨神経痛②●兆候、●一般症状、 ●随伴症状(坐骨神経痛だけの特有のものでない症状)、●対応、●セルフケア、●生活習慣、●医療機関の実情

持上げ動作●きっかけ、●持ち上げ・持ち運び、●持上げる方法、●無理のある考え方、●考え方、●持上げる仕事、 ●抱っこ腰痛)

力学・体型●力学、●慣性、●偏り、●やせ型の力学的要因、●痩せ型、●肥満・●その他体型

筋肉(総論)●筋肉と腰痛、●深層筋、●筋肉全般(腰痛と関係しないもの)、●筋肉量、●腰部筋群

筋肉(個別筋)●背筋、●下後鋸筋、●多裂筋、●腰方形筋、●腸腰筋、●大腿四頭筋、●ハムストリングス、●中殿筋・臀部筋、●腹筋、●高齢者と腹筋

内科●内科・内臓、●心臓・血管・脈管系、●胃腸、●糖尿病・血糖、●自律神経(交感神経・副交感神経)、●呼吸器系、●風邪・感染症、●遺伝、●その他原因、●原因が分からない

高齢者関連●腰痛の仕組み、●腰痛対策、●筋肉・筋力、●その他、●骨粗しょう症

女性・子供●女性、妊娠、●産後、●子供

心理①腰痛(考え方、ストレス、心因性の特徴、心理的影響)、●治療の考え方、●思考回路・思考パターン、●主義・思想・価値感、●ストレス、●恐怖

心理②●怒り対策、●感情、●対人関係、●防衛機制、●不安、●心理分析、●メンタルケア、●その他心理、●行動指針、●精神病、●脳医学

自然●季節・時期・自然要因、●寒さ、●暑さ、●朝方・早朝、

店舗案内事務的内容・店舗案内

最新ページ最近書いた内容を書き溜めておく場所

基本★基礎知識編、★痛み科学

原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

腰痛と腹筋(腹筋運動は別カテゴリーです。)

腹直筋について

腹筋の役割

なぜ腹筋を鍛えているのに繰り返すのか?

腹筋を鍛錬する理由

腹筋のボコボコしたのは何?

防止には腹筋と背筋が必要なのか?

腹筋を締めると腰痛を防止できるのはなぜ?

外腹斜筋の攣縮によるもの

外腹斜筋について

対策に腹筋運動は本当に適切なのか?

腹筋が割れない

腹筋と背筋のバランスと腰痛の関係

慢性腰痛の防止には無意識下での腹圧の定着をはかろう

腰痛防止の腹筋のクセ

原因別

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板、腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

力学・体型

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然

店舗案内

最新ページ

基本

原因別

部位別

症状別

睡眠・寝る

対応・対処

運動・ダイエット

仕事

姿勢

息抜き用

東京都

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰

◆ぎっくり腰の緊急依頼
→電話番号
090-2413-0651
※お願い:掲載したコラムに関してのお問い合わせはご遠慮ください。