ぎっくり腰専門 アークス整体院

江東区 ぎっくり腰|ぎっくり腰専門 アークス整体院

コラム:スチュワーデスのぎっくり腰

結論:出産経験を持たない女性は痛いと、神経症傾向になる

スチュワーデス

著作者:Condor.com(写真はイメージです。)江東区在住のスチュワーデスのKさん(30代)のぎっくり腰のケース

〔目次〕江東区のビジネスホテルからぎっくり腰の依頼をしたスチュワーデスのKさんのぎっくり腰物語(フィクションコラム)の各章の概要です。

  1. スチュワーデスのぎっくり腰立ち仕事では体の背面の筋肉を酷使してぎっくり腰を起こす。
  2. 江東区からのご依頼S国に普段はお住まいになられているスチュワーデスのKさん30代女性
  3. 体験談 客室乗務員としてお客さんと接するKさん、仕事への熱い思いを語る。
  4. きっかけ着陸後のお手伝い中にぎっくり腰になる。お客さんの見た目から想像できない荷物の重さだったために腰を痛めてしまう。
  5. ぎっくり腰と仕事の関係立ち仕事は体の背面の筋肉を酷使するため不意に腰を屈めると傷めてしまう。一日中ミドルヒールを履いて過ごすことも影響
  6. 予測立ち仕事によるぎっくり腰は体の背面の緊張を緩和させることが必要。 緊張した筋肉は衝撃に脆い
  7. 電話での問診しゃべり口調が早口になっており、精神的に動揺していることが感じ取れる。神経症傾向が疑われる
  8. 治療結果江東区のぎっくり腰も無事に改善しました。めでたし、めでたし。

スチュワーデスのぎっくり腰

江東区のビジネスホテルからぎっくり腰の出張治療のご依頼をされるスチュワーデスのKさん(30代)、着陸後の荷物のお手伝い中にギックリ腰を患ってしまう。立ち仕事では体の背面の筋肉を酷使するため腰を屈める動作で予期せぬ強い力が働くと酷使によって硬直した腰の筋肉を傷めてしまう。出産経験を持たない若い女性では神経症傾向なところがあるので慎重な治療が求められる。

メニューに戻る

江東区からのぎっくり腰のご依頼

今回のぎっくり腰のご依頼は江東区に在住のスチュワーデスをされているKさんです。Kさんは30代の女性。普段は海外で暮らしているのですが、客室乗務員として国際便、主にS国と日本の便に乗車されているということです。その日のフライトではS国からH空港へとやって来て、空港に到着した時点でぎっくり腰を患ったということ。

ではKさんのお話を再現してゆきましょう。

メニューに戻る

Kさんのぎっくり腰体験談

「ありがとう。素敵な旅だったわ♪」
フライトを終えるとご夫人はニッコリと微笑んでくださいました。
空港の夕日

上空から眺める夕日も綺麗。
でも空港から見える夕日も素晴らしいです。
この仕事をしているとお客様と一番心が通じ合うのがこの瞬間。
長い旅の疲れも吹き飛んで多くの方が私達に優しく声をかけてくれます。
夕日の逆行がまぶしくてご夫人のお顔は良く見えませんがでも彼女がとても満足して旅を終えたことが分かる。フライト中ずっと彼女は窓の外を眺めていた。お隣の娘さんも静かに彼女の手を握っていた。

人それぞれ旅には色んな思いがあります。

辛い人生のひと時の癒しでもあるかもしれない。現実逃避なのかもしれない。人生の節目として体が元気なうちに最後の思い出を作りたい。そんな気持ちになって旅を選んだのかもしれない。でも、どんな方にも最後は笑ってフライトを終えてもらいたい。だから、全てのお客さんが便から降りて、無事に空港を後にするまで最後まで笑顔を絶やさないようにしているんです。

メニューに戻る

ぎっくり腰のきっかけ:着陸後のお手伝い中にぎっくり腰に

ご夫人が席から立つ時に手荷物を持って差し上げました。
「さあ、お持ちします。」
「はい」
そういってケースを手にしたときにそれは突然起こったのです。
「ズシッ!」
60代ぐらいの彼女の荷物がまさかそんなにも重たいとは思いにもよりませんでした。見た感じは数キロ程度といった感じ。でも実際には10キロぐらいはあったんでしょうね。きっとお土産や色んなものが入っていた。だから手渡された瞬間に体が前に引っ張られて腰に鈍い音が走ったんです。

「うっ!」
堪らずに壁に寄りかかりました。そのときの痛みはちょっと休憩したら治まりましたけどでも本当にタイミングが良かったです。午前中にこれだったらちょっとヤバかった・・・何とかその日の仕事を終えて知り合いと約束していたビジネスホテルにチェックインします。ホテルにたどり着いてベッドに横になると我慢していた痛みが一挙に噴出してきます。右のお尻から太腿にかけてが痛い。腰を屈めることも難しい。居ても立っても居られなくなりました。でも江東区ってどんな治療院があるのか分かりませんよね。そこで以前からチェックしていたアークス整体院さんに出張整体を依頼したんです。

メニューに戻る

ぎっくり腰と仕事の関係:立ち仕事は体の背面の筋肉を酷使するため不意に腰を屈めると傷めてしまう。

ということでKさんからのお話はこれぐらいにさせていただきましょう。以下は治療院側からのお話となります。お電話でKさんからご相談をいただいた時点で言えることは彼女はキャビンアテンダントのお仕事をされているということですからやはり、どちらかと言えば立ち仕事に該当します。また色々とお話をお聞きする中で一日中会社から支給されるミドルヒール(ハイヒールよりも少し低めのもの)を履いて過ごされるそうです。

そのため常にピサの斜塔のように体が前方に傾きます。
ピサの斜塔

この傾きを補正するために体の背面の筋肉が緊張を強いられます。緊張して固まった背中や腰、お尻などの筋肉は固くて不意に力が加わったときに損傷に脆いです。また、固まった筋肉は腰の曲げ伸ばしの動作を妨げます。とくに今回のようにお客さんのケースを持ったときに自分で想定する荷物の重さよりも重すぎたり、軽すぎたりすると体が予期せぬ重量に備えておりませんから咄嗟に腰に力が働いて腰を傷めてしまうんですね。

そして、こういった体が前方に傾く現象は別段ヒールを履く人だけに限定したものではありません。人の体は胴体の真ん中に背骨があるわけではありませんよね。背骨は後方にある。そして内臓は前方にある。だからどうしても前方の方が重たくなるため何もしていなくても前方に傾く特徴を持っており、それに備えて常に体の後面の背中・お尻などが固くなりがちなんですね。

メニューに戻る

ぎっくり腰の予測:立ち仕事によるぎっくり腰は体の背面の緊張を緩和させることが必要。

ということで色々と想像が巡るのですが、今回のぎっくり腰予測としては、体の背面の筋肉が固くなりすぎて衝撃吸収の役割を果たせなくなったところに強い力が加わってしまったのだという想定が付きます。彼女の場合は体の背面の緊張を緩和させることで狭まった体の可動域を改善させれば恐らくは腰の痛みは改善されるだろうということが判断できるのでした。

メニューに戻る

ぎっくり腰の電話での問診:しゃべり口調が早口になっており、精神的に動揺していることが感じ取れる。

Kさんの治療そのものはとても簡単なものが予測されました。しかし、お電話口で感じたことは彼女のしゃべったときの印象が精神的に動揺していることです。

結婚前の若い女性では総じて出産経験がありませんので、痛みに晒されたときに過剰な反応を抱きがちです。神経症を患っている患者さんでは未婚者や既婚者でもお子さんが居なかったりと出産経験の無い方が多く、やはり痛みを受けたときに精神的な動揺がとても大きいことが一般的です。神経症を患っているような印象もありますのでその点には十分に注意が必要だろうと考えました。下手をすると治療前に余りにも神経質になりすぎて予期せぬ体調不良を起こしてしまうこともありますからね。

つまり、今回の治療の課題は腰の患部の治癒を目指すというよりも安心をしてもらうこと。こちらの治療を全面的に信頼してもらうことが不可欠だろうと考えたわけです。

神経症というのはとても怖いものです。例えば一旦気になりだしたりするとオフィスワークをしている方なら隣の席の人のタイピングの音が気になってしまい怒鳴りかかったり、カッとなって相手に苛立ちをぶつけたり、色んな場面で衝突を起こしやすい人なんですね。でも痛みがあるからと余りにも気にしてしまうともっと大きな痛みである出産の苦痛を乗り越えることはできません。

産みの苦しみ

ぎっくり腰も痛いでしょうけど、出産の場合はお腹を突き破って赤ちゃんがメリメリと産道を通過してくるんですからね。ぎっくり腰で痛みに耐えかねる方は産みの苦しみを経験したら死んでしまいます。だからあまりに神経質すぎて痛みに過敏すぎると本能的に男性もそういった女性を避けてしまい、結婚できなくなってしまうこともあるんです。

メニューに戻る

ぎっくり腰の治療結果:無事に整体によってぎっくり腰を完治させる。

ということで江東区へと出張してKさんのぎっくり腰治療を実際に行わせていただいたわけです。最初の見立てがきちんとできておりましたので別段難しい治療ではありませんでしたが、やはりデリケートな方にはしっかりと時間をかけてご説明をしたり、丁寧に手技操作をしたり、所々で些細なことでも声掛けを怠らないようにすることが普段とは異なる今回の治療のポイントでした。

治療を終えるとKさんはスックリと立ち上がって腰の状態が改善されたことにご満足してくださいました。今回のぎっくり腰の治療も大成功。これからも江東区へと出張整体をしてぎっくり腰の対処をしますので是非とも江東区の皆様、ご連絡をくださいね。

メニューに戻る

整体ショートコラム関連
腰痛患者の息抜き|アークス整体院
店舗案内

※現在「滞在中」の階層ボタンは反応しません。

出張整体(女性客)

出張整体(女性客)

ぎっくり腰の母と、子供

歌手のケース

元バレーボール選手の方

かわいい猫ちゃんのいるご家庭に出張

ペットサロンを営む女性からのマッサージ依頼

パチンコ屋換金所で働く女性

エスニックな雰囲気の女性宅へと出張マッサージしました。

歌舞伎町の女性

ユーモア溢れる質問をされる女性

スチュワーデスのぎっくり腰

ニューハーフ女性を出張整体しました

コブラに囲まれて九死に一生を得た話

拳銃を乱射する女性宅から出張のご依頼をマッサージしました

中国人観光客モンファさんの症例

ゴキブリ団子の販売を検討される女性

英会話教室の50代女性を出張整体しました。

二名の女性を出張整体しました

美容整形に失敗し、頭痛になった女性Yさんを出張整体しました

スナックのママから出張整体のご依頼をいただきました。

ホステスさんから出張整体のご依頼をいただきました。

スナックのグランドオープンので出張整体しました。

何もしていないのに体が疲れて痛くなる女性

整体ショートコラム関連
腰痛息抜きページ
腰痛息抜きページ
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体