ぎっくり腰専門

千代田区 ぎっくり腰|F1レーサーのぎっくり腰の症例

F1レーサー

写真著作者:
taka_suzuki

〔目次〕千代田区在住のF1レーサーのFさんのぎっくり腰物語(フィクションコラム)の各章の概要です。

  1. F1レーサーのぎっくり腰の症例F1レーサーでは分裂気質な人(気性の変化の激しい人)が多い。ストレスによる腰痛を患いやすい。引退から逃れられない苦悩が腰痛を招いた。
  2. 千代田区のぎっくり腰のケースF1レーサーのSさん、レース中の鎖骨骨折からぎっくり腰を患うようになった。
  3. 腰痛とF1の関係F1では縦Gの影響を受けるため胴体が前から後ろに引っ張られ肩や首・腰などが痛くなる。
  4. ぎっくり腰と性格傾向職業には必ず、適正がありある性格傾向が顕著でなければ勤まらないものもある。F1レーサーは総じて分裂症傾向
  5. Sさんのぎっくり腰の原因縦Gによる蓄積された障害、心因性の要因を疑うことが出来る。
  6. 神経症とぎっくり腰の関係神経症患者はあらゆる病棟を受診するため、全ての病気の大半は痩せ型傾向、ぎっくり腰も例外ではない。
  7. ぎっくり腰の心理的要因Sさんにとっての最大の恐怖が引退、築き上げた地位が失われる。レーサーとしての地位を失ってしまうと何も残らない
  8. 心理的要因の限界残念ながら誰にだって選手寿命があるため引退を免れることは出来ない。
  9. 千代田区のぎっくり腰ならお任せ下さい千代田区でぎっくり腰を患ったときにはアークス整体院をご利用ください。

F1レーサーのぎっくり腰の症例

千代田区在住のF1レーサーのSさん、10年前のレース中の事故で鎖骨を骨折し、それ以来ハンドルを握るたびに肩や首が凝り固まって、走行中の縦Gを受けることで腰に痛みが走るようになる。大切なレースが続く期間になると年に数回ぎっくり腰にも見舞われてしまう。しかし、発生の背後にはレーサーという特殊な職業に特化した性格傾向の分裂気質や自身の競技成績の低下からレーサーとしての価値が失われ引退が迫り来る中で、自己アイデンティテイーの喪失が大きく関係している。

メニューに戻る

千代田区のぎっくり腰のケース:Sさん(F1レーサー)、10年前の鎖骨骨折から初発したぎっくり腰

Sさんは千代田区にお住まいになられている方で職業はなんとF1レーサーをされているということです。

まずは今回の患者様の40代後半のSさんのお話からです。
◆〔Sさん談〕私がぎっくり腰を患うようになったのは10年ぐらい前にレース中の事故で左鎖骨を骨折してからのことです。骨折自体はリハビリで完治しました。しかし、それからというもの慢性的な腰痛を患うようになり、今では年に数回のぎっくり腰を繰返すようになりました。

やっぱりもう体もボロボロなんでしょうね。好きでこの仕事をさせてもらっておりますけど、全盛期の頃と較べるとめっきりと記録も落ちてしまいましたし、レースの結果も最近になって振るわなくなったことも確かです。

メニューに戻る

腰痛とF1の関係:縦Gの影響を受けるため胴体が前から後ろに引っ張られる。

でも特に酷いのがこの頃でした。骨折が治癒してからというものハンドルを握るたびに肩から首にかけて強烈なコリを感じるようになり、レース中に縦G(進行方向から加わる重力)を受けると腰がとにかく痛いのです。F1っていうのはほら、車体は前に進みますよね。すると体は前から後ろにひっぱられるんですよ。そうすると何でか知らないけど前に構えて堪えます。その状態で座っていると段々腰が痛くなって堪らなくなるわけです。横Gもかなりのもの。

色んな治療院を回ってみたんです。元々マッサージや整体が好きだったこともあって色々と受診していたんですけどね。でもなかなか良くならなかった。地域にある治療院を一通りは回ってみたかもしれない。そんな中で出会ったのがアークス整体院さんだったのです。

メニューに戻る

ぎっくり腰と性格傾向:職業には必ず、適正がありある傾向が顕著でなければ勤まらないものもある。

今回のSさんの話はこのぐらいにしましょう。

Sさんはとても活発的な方でお話している中でもハキハキと丁寧な口調でお話になられます。とても好感が持てる話口調で、もしもF1レーサーで無く、営業マンだったとしてもきっとトップセールスマンになれるのではないかと第一印象から伝わります。どんな仕事にもその職業に合った性格傾向というものがあります。F1レーサーのSさんの場合はやはり急発進、急アクセル、急加速という言わばハンドルを握った瞬間にスイッチが入るような極端な性格傾向であることは最初の段階で察することができました。仕事というのは向き不向きがあるものですが、その業種にあった性格傾向が顕著でなければやはり、その道で頂点を極めることは難しいのだと言えます。ちなみに心理学的にはこういった日頃からハキハキとしてアクセルを踏むとスイッチが入るようにトップボルテージに持ってゆけるような性格のことを分裂気質と呼びます。F1や騎手をされている方の治療を手掛けたこと自体は過去に数例ぐらいではありますが、皆総じて体型はマシンや馬に負担を掛けない痩せ型で心理学者クレッチマー氏の体型理論で言う所の「神経症気質」であることは一目で手に取るように分かります。痩せている人は多くの場合神経症傾向なところはあるんですね。今回のぎっくり腰には性格傾向が大きく関係しているようです。

メニューに戻る

Sさんのぎっくり腰の原因:10年前からの腰痛は障害と心因性の要因を疑うことが出来る。

つまりSさんのぎっくり腰というのは2つの要因を考えることが出来ると言えます。1つはレースによる縦Gから体に加わる強烈な外力が度重なることで腰に負担が蓄積して痛みを起こしたもの、こういった極度なストレスが長期に渡って少しずつ腰を傷め付けて少しずつ壊れて行くものを「障害」、これに対して1回の大きな力でぎっくり腰を起こしてしまうようなものを「外傷(ケガ)」と表現しますが、Sさんの場合は縦Gの力による「障害」であり、そして性格傾向から分裂気質特有の神経症による腰の痛みであることが推測できるのでした。

メニューに戻る

神経症とぎっくり腰の関係:神経症患者はあらゆる病棟を受診するため、全ての病気の大半は痩せ型傾向、ぎっくり腰も例外ではない。

ちなみに神経症というと「単なる思い込みなのでは?」と思えてしまうのですが、心病んでいるというよりも物事を気にしすぎてしまう性格であり、職業によってお花屋さんだったり、デザインだったりと神経質な人でなければとても勤まらないようなものは沢山あります。細かな配慮があるからやはり仕事として成り立つのであり、他人がその人の仕事に色んな思い入れを抱き、仕事として成り立つのだと言えます。悪い言い方をするとお金持ちの人ほどこういった繊細な部分を求めますし、下町の大衆食堂のようなお店ほど大胆で大雑把な性格傾向となりますから本人は疲れません。でも高いお金を稼ぐには程遠い存在となることです。やはり繊細な世界を如何に求めるのかがお金を稼いでいる人の共通の価値感なのかもしれません。

そしてこういった神経症になりやすい職業の方々は、やはり仕事で精神を擦り減らしております。するとちょっとした故障であっても一旦気になりだすと我慢ならなくなってしまうのです。良い意味で繊細で色んな物事に配慮するということは、悪い意味で言えば「几帳面」、「神経症」、「ヒステリー」そういった部分も併せ持っております。そして一旦悪いところが現れると体を病んでしまうまで思い悩んでしまうのかもしれません。

神経症の方は実際にはとても多いです。例えば大きな病院に行けば「内科」、「整形外科」、「○○科」などいろんな診療科がありますがその多くに神経症患者はおられ、それはぎっくり腰に関しても例外ではありません。クレッチマー理論では痩せ型体型は神経症気質だといわれますが、腰痛は痩せ型に多いのも、全てが腰そのものを患っているというよりも神経症を併せ持っているためです。つまり、純粋な腰痛患者の総数では肥満者の方が発生数は多いのですが、神経症患者が圧倒的にそこに含まれるため痩せ型の方が腰痛を訴える有訴者数が飛躍的に多いわけです

メニューに戻る

ぎっくり腰の心理的要因:最大の恐怖が引退、築き上げた地位が失われる。

また、スポーツ選手というのは競技成績に体力が大きく関係しますよね。プロ野球選手でも30代ぐらいに引退する人が多いですし、長い人でも40代には引退します。サッカーもそう。ボクシングに関しては20代、フィギアスケートだってそう。水泳も20代後半でピークの力が衰えます。したがってどんな競技にも引退はありえるわけです。50代になっても現役でいられる種目なんて稀です。比較的に競輪・競馬・F1のようなマシンや動物の運動能力によって成り立つ競技では体力的なピークの影響は普通の運動種目よりも遅くなりますが、それでもやはり40代後半から50代ぐらいになると反射神経の衰えや瞬間的な判断力の低下などは現れてきますので、如何しても若手には勝てなくなります。そのぐらいの年代から引退を考えるようになると言います。

プロ野球の清原選手も現役時代は輝かしいキャリアを持っておりましたが、引退してからというもの芸能界でもほとんど活躍することはありませんでしたし、監督やコーチとしての道を選ぶことも無かったようですね。その結果、やはりこれまで築き上げた自分の地位を失う時期になるとその苦悩がとても怖い。地位を失ってしまうことで誰にも見向きもされなくなる。

自己アイデンティティーの喪失写真著作者:
Alexandros "Ishkandar" Raskolnick

そういった喪失感によって自分の存在が失われてしまう。生きている意味が見いだせなくなってしまう。その結果酒や麻薬に溺れてしまったりと、現実を逃避する余生を選ばれることもあるようです。

考えて見てください。若い頃は年収で数千万円~1億円以上稼ぐレーサー。相当鼻が高かったはずですよ。20代や30代で数千万円稼ぐ人がどれだけ世の中にいるのでしょうか?でも挫折を経験することなく最後まで一流を続けて来た人は他に何も取り組んではおりません。途中で挫折を経験している人は色んなことを経験しますから幾らでもつぶしが効きます。でも彼にはハンドルを握ること以外の仕事はなかったのです。

残念ながらあと少しで確実に引退の時期は来るだろう・・・・
「そうしたら俺はどうなってしまうのだろうか」
無価値になってしまった俺のことを世間はどう思うのだろうか!

引退の恐怖

著作者:
TheGiantVermin

アイデンティティーを支えてきたレーサーとしての地位を失うことは彼にとって死を意味するのかもしれません。

だからレースのたびに神経を擦り減らす思いでハンドルを握り、その前日には眠れなくなるほど気を病んでもいたわけです。これがSさんの心理的な要因ではないかと考えられます。

メニューに戻る

心理的要因には限界がある:残念ながら引退を免れることは出来ない。

ということでSさんの治療ですが、当然のことですが体に現れているぎっくり腰の痛みそのものはさほど労することなく解消されました。縦Gによって体幹の筋肉が酷使されており、主に腸腰筋という筋肉や大腿四頭筋、他には頚椎の椎前筋群などの調整をすることで症状はほとんど改善します。

しかし、彼の神経症の背景となっている、競技実績が振るわなくなって引退が近づいていることだけはどうすることも出来ません。こういったものは地道な治療によって迫り来る引退までの期日を何とかして引き延ばすことはできますが、やはり時間の問題です。若手が台頭してきたり、競技パフォーマンスが衰えて行けばいつかは必ずレーサーとしての価値は失われます。つまり恐怖を受け入れて行くことしかないのですね。引退後の第二の人生をどう生きるかを考えたりすることも将来の不安を払拭する一つの方法ですし、最後まで前だけを向いて競技に取り組むことも一つの方法なのだと言えます。

神経症由来の腰痛は、どうしても逃れることの出来ない大きなものがある。治療をするというよりも、逃れられない運命を受け入れるしかないのだと言えます。

Sさんのケースでは今でも定期的に大切なレース前に治療を受けることで継続的に体のケアを努めさせてもらっているのです。

でも、Sさんには最後まで自分の納得するようにがんばってもらいたいものです。花火が大輪の華を描いて最後に燃え尽きて消えてゆくように。

花火のように燃え尽きる

メニューに戻る

千代田区のぎっくり腰のことでしたらぎっくり腰の専門のアークス整体院を!

それでは千代田区の皆様、最後までご覧になってくださいましてありがとうございました。これからもアークス整体院が千代田区へとぎっくり腰のときには駆けつけますのでいつでも緊急連絡をくださいね。(この物語は過去の患者さんのお話を題材として創作したフィクションです。実在する人物との関係は一切ありません。)

メニューに戻る

代表的な質問

  1. ぎっくり腰とは?ぎっくり腰とは医学的には「急性腰痛症」と呼び、幅広い腰の急性腰痛の総称である。
  2. 症状急激に起こる腰部の激痛により歩行困難、起立困難となり臥位姿勢を余儀なくされ、生活が障害され、極度な精神的な不安を呈すること。
  3. 原因直接的な原因は過度な疲労と背骨の彎曲、そしてスリップディスク(椎間板のズレ)、関節的な背景には3大外傷要因のディスユーズ・ミスユーズ・オーバーユースがある。
  4. 放置すると(無理すると)?椎間板の圧迫症状を解消せぬまま歩き回れば椎間板の変形や、痛みによる逃避歩行など痛い部位をかばった偏った姿勢により余計に痛みが強くなり、永続した椎間板ヘルニアなどに進行するケースがある。
  5. 救急車は?命に関わる方が利用するものであり、その場で動かずに居れば大丈夫なときは利用すべきではありません。まずは様子を診ることが必要です。
  6. 応急処置は? 急性期の炎症症状と、慢性期の患部の血行障害の2つを同時に併せ持つ複雑な病態。湿布を貼付して体を保温し、安静に過ごすが正しい対応。
  7. いつまで様子を診るの? どれだけという決まりはないが症状の経過を見ることが必要。一般的には受傷早期の血管反射(交感神経反射)が過敏な半日(6時間~12時間)だけ様子を見て、痛みが鎮まらない場合は速やかに整体を受診するべき。
  8. 病院は?ぎっくり腰専門というものは民間療法の当院だけの特徴であり、総合病院や整形外科よりもぎっくり腰の臨床経験が豊富です
  9. 緊急性があるのは?①体位変換しても楽なポジションの無い痛み、②排尿排便不能、③我慢できぬほどの安静時痛で痛みが徐々に悪化する。、④発熱・嘔吐などの症状の随伴、⑤明らかな強大な外力によって負傷
  10. 後遺症にはなりませんか?後遺症は椎間板の変形による腰椎椎間板ヘルニア、自宅で寝ていて過ごしていることで生じやすい。受傷早期に見られるスリップディスクを速やかに解消しよう。
  11. クセには?初期に適切な処置を受けなかった場合や、長期間の安静だけの治療では再発する可能性があります。
  12. 死ぬことは?ぎっくり腰ならば直接の死因となることはありません。
  13. 急性期の過ごし方は?初期処置をきちんと受けねばどれほど気をつけても悪化の可能性があります。安静第一、無理は禁物、中腰動作に充分に気をつけ、動くときには油断しないようにゆっくり慎重に動きましょう。
  14. どんな施術?原因となる急激な力によって生じた過重な反射抑制による自然治癒の妨げに対して、①経絡療法による反射抑制の解除、②筋膜リリース操作、③マニュピレーション、④アジャストメント・モビライゼーション、⑤化学物質のドレナージなど原因に対応した方法を行います。
  15. 病院との違い病院では器質的な側面を重視してレントゲンなどの画像診断をし、痛み止めを処方するが、ぎっくり腰は運動器疾患であるため、異常を見つけることもできず、さらにはこの一次痛にはお薬は効かず。整体では機能的な側面にアプローチするため治癒が見出される。
  16. 他院との違い他との違いの一番は熱意!国家資格、高い専門性、きめ細かなギックリ腰患者様へのサポート
  17. 自然治癒まで寝るのは?寝ていて収まるのは炎症反応と筋肉の疲労のみ。挟み込まれた椎間板や捻じれた関節を戻さなければ痛みは容易く再発する。
  18. 自然治癒の期間整体による初期処置の有無により早いものは即改善、受けぬ場合は10日ほどを要することも多い、治癒までに要する日数には性別・年齢・受傷機転など様々な条件によって大きく異なる。
  19. 温めるのと冷やすのは?温めも冷やしもせずに湿布を貼付して、体を毛布や衣類で充分に保温してください。
  20. どうやったら治るの?原因を取り除くことにあります。直接的な原因のスリップディスクの解消、そして間接的な複数の要因を適切に対処することが必要です。多くのものには過剰な伸張反射が影響しております。
  21. 予防トレーニングトレーニングの秘訣は「自分の体力レベルに見合った運動をすること」
  22. 湿布は?ぎっくり腰はアイシングも温熱も症状の悪化につながります。したがって湿布によるリラクゼーション効果を期待しましょう。気持ちよさでリラックスできます。温湿布・冷湿布など気持ちよい方を選ぼう。
  23. 難しいのは?体位変換しても楽なポジションの無い痛み、②排尿排便不能、③我慢できぬほどの安静時痛で痛みが徐々に悪化する。、④発熱・嘔吐などの症状の随伴、⑤明らかな強大な外力によって負傷
  24. 整体で治るの?多くの方がご利用いただいた直後に多くのお喜びのお言葉を残されます。それまでまったく身動きが取れぬ方が自由に起き上がれるようになることもたくさんあります。
  25. 何回ぐらいで治るの?これまでの多くの方が1回で改善を実感されております。わずかな回数で済んでしまうことがほとんどです。
  26. どこが痛くなるの?第四腰椎と第五腰椎の間、そして腰仙関節、この2箇所だけで90%の発生率。その他にも仙腸関節、傍脊柱起立筋群、長期化した例では逃避運動により痛みの箇所がお尻や太もも、ふくらはぎ、背中など広範囲に拡大する

料金施術料金や出張料金などはこちらから

口コミ多くの方にご利用いただいております。口コミは、どんなに自慢しても手前味噌なので控え目にご案内します。

総合案内ページここから案内ページを辿っていただくと分かりやすいです。

良くある質問概要はクリックしてご覧ください。

施術内容可能な限り丁寧に施術を行うように心がけております。

適応範囲腰の痛みなど幅広いものに対応してますのでご相談をください。

お断りするものまずはご相談をください。

店舗アクセス都営大江戸線の「落合南長崎」、もしくは西部池袋線の「椎名町」駅から徒歩で来院できます。

ご予約前の諸注意可能な限り丁寧・真摯に対応しますのでご安心ください。

店舗案内事務的内容・店舗案内

最新ページ最近書いた内容を書き溜めておく場所

基本★基礎知識編、★痛み科学

原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

代表的な質問

ぎっくり腰とは?

症状

原因

放置すると(無理すると)?

救急車は?

応急処置は?

いつまで様子を診るの?

病院は?

緊急性があるのは?

後遺症にはなりませんか?

クセには?

死ぬことは?

急性期の過ごし方は?

どんな施術?

病院との違い

他院との違い

自然治癒まで寝るのは?

自然治癒の期間

温めるのと冷やすのは?

どうやったら治るの?

予防トレーニング

湿布は?

難しいのは?

整体で治るの?

何回ぐらいで治るの?

どこが痛くなるの?

料金施術料金や出張料金などはこちらから

口コミ多くの方にご利用いただいております。口コミは、どんなに自慢しても手前味噌なので控え目にご案内します。

総合案内ページここから案内ページを辿っていただくと分かりやすいです。

良くある質問概要はクリックしてご覧ください。

施術内容可能な限り丁寧に施術を行うように心がけております。

適応範囲腰の痛みなど幅広いものに対応してますのでご相談をください。

お断りするものまずはご相談をください。

店舗アクセス都営大江戸線の「落合南長崎」、もしくは西部池袋線の「椎名町」駅から徒歩で来院できます。

ご予約前の諸注意可能な限り丁寧・真摯に対応しますのでご安心ください。

店舗案内

最新ページ

基本

原因別

部位別

症状別

睡眠・寝る

対応・対処

運動・ダイエット

仕事

姿勢

息抜き用

東京都

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰

◆ぎっくり腰の緊急依頼
→電話番号
090-2413-0651
※お願い:掲載したコラムに関してのお問い合わせはご遠慮ください。