ぎっくり腰専門

目黒区 訪問 整体|腰痛治療における最も大切な考え方

目黒区の訪問整体ならぎっくり腰専門のアークス整体院へ

目次:各章の概要を紹介します。

  1. 腰痛治療における最も大切な考え方腰痛治療では病気を詳しく知ろうと努力するよりも健康な人の状態をどれだけ正しく知るかの方が大切。
  2. 余談腰痛のベテラン患者はそうとう幅広い知識を持っている。色んなことを知っていても腰痛に苦しんでいる。
  3. 知ることは大切だがそれ以上に考え方がもっと大切 一杯物事を知ることも良いことだが、どう考えるのか?という考え方の方がもっと大切。
  4. 知識が増えすぎると頭でっかちになってしまい正しいものが余計に見えづらくなる。 沢山の情報があるほど余計に判断に迷いを生じる。
  5. 大切なことは腰痛を知ることではない健康な人・本来の身体のメカニズムを知るべき。
  6. 例:スポーツ選手の真似してもトップ選手にはなれない トップアスリートのゴルフスイングや投球動作などのフォームを真似しても同じことは絶対に出来ない出来ない。
  7. 通常フォームの改善に取り組むべきトップ選手になるためにはピークパフォーマンスよりも通常フォームの改善に取り組むべき。フォームが安定するから高いピークパフォーマンスが発揮できる。
  8. 目黒区の訪問の整体はお任せください目黒区で訪問整体をお求めになられておりましたらいつでもアークス整体院が訪問いたします。

ぎっくり腰の施術依頼はこちらぎっくり腰の治療依頼でしたら→090-2413-0651電話1本で緊急出張します。24時間対応

腰痛治療における最も大切な考え方

腰痛の治療では治療方法や手術法など病気や怪我の対処方法ばかりが重要視されてしまうが、本来最も重視するべきは腰の病気そのものではない。病気ではなく健康な心身の状態・本来の正常な動きに着目するべきである。

メニューに戻る

余談:腰痛のベテラン患者はそうとう幅広い知識を持っている。色んなことを知っていても腰痛に苦しんでいる。

腰痛の治療方法における最も大切な考え方についてです。慢性腰痛をお持ちになられる方では毎日のように腰痛の医学書を読み漁ったり、様々な健康番組で紹介する腰痛の関連の情報をご覧になられたり、それこそ難しい学会に参加したりと、いわゆる『腰痛マニア』と呼ばれるベテランの腰痛患者様がおられます。

こういった患者様は私達治療家であってもはじめて耳にするような民間療法のことを知っていたり、最新の手術をつぶさに把握していたり、患者様によっては薬物療法に用いる薬の名称や配合されている成分を詳細に暗記している方もおられます。そしてそういった方は様々な新しい治療の理論に常に敏感にアンテナを張り巡らせております。知ることに対してとても敏感です。

メニューに戻る

知ることは大切だがそれ以上に考え方がもっと大切

ところが腰痛の治療では勿論知ることも大切ですがそれ以上に考え方の方がもっと大切であると言えます。知ることは確かに私達の気づかなかった情報から考える幅を広げてくれるはずです。

人は知らないことから思考を巡らすことはできません。知っていることの範囲の中でしか思考を巡らすことはできないからです。そのため貪欲に知識を得ることは良いことです。

メニューに戻る

知識が増えすぎると頭でっかちになってしまい正しいものが余計に見えづらくなる。

ところがこの知識が時に仇となることがあります。情報量が膨大になりすぎると情報が頭の中で整理しきれません。そのため沢山の情報の中からどれがそのときの状況に合った正しいものなのか判断できず余計に本当のものが見えづらくなってしまうことがあるのです。私自身も様々な本を参考にしながらこれまでに色んなページで腰痛にまつわるお話をさせていただきましたが全てのページで紹介した内容を覚えてはおりません。自分で自分の書いた内容を時々読み返したりしながらまた新たなページを書き足したり、知識を少しずつ深めているのが実情で、学んだことの9割の内容は役に立たないため記憶から消えていってしまうのが実際のところです。

また、何冊もの本を読む中で知識が増えることは良いことですが増えても実際の治療の成果につながるものはそれほどはありません。

メニューに戻る

大切なことは腰痛を知ることではない、健康な人・本来の身体のメカニズムを知るべき。

これまでに培った知識の中でどういったもの、どういった知識が役に立ったのかと言いますと治療手段や治療方法にまつわる内容の本を読んだり、治療セミナーなどに参加することで新たな治療法を学んだりということは後々振り返ったときにそれほど役に立っているものは無いような気がします。そのときは充実感を覚えることができますが結局のところ長い目でみると治療に役立ちはしません。

それよりももっと役に立っていることは腰痛を知ることではないのです。腰痛の患者様のことを知ろうとしても役に立つことはありません。

本当の意味で役に立つ知識・知恵というのは全て健康な人の身体・心・本来備わっているボディーメカニクス・正常な身体の動きそのものだと思うのです。つまり病気を知ることではなく本当の健康な心身を知ること、人が自然に備わる本来の動作などを知ることの方が腰痛の治療には明らかに役立つのです。

メニューに戻る

例:スポーツのピークパフォーマンスを真似してもトップ選手にはなれない。

こういったものはスポーツに例えると分かり易いです。一般人の多くはプロスポーツ選手、オリンピックのトップアスリートの跳躍動作、スターティング、相撲や柔道の豪快な投げ技、野球の投球動作・打撃動作、スキーのハイジャンプ、ゴルフスイングなど一瞬にして1回の動作で繰り出されるピークパフォーマンスの習得に執念を燃やします。実際にお父さんゴルファーの多くはスイングを一生懸命に練習されます。

ところがピークパフォーマンスのトレーニングをどれだけ必死になって練習をしてもピークパフォーマンスは伸びません。

ピークパフォーマンスの練習を繰返してもトップ選手には絶対になり得ないのです。逆にピークパフォーマンスのトレーニングを熱心にする人ほど成績の伸び悩みに苦しんでおります。

メニューに戻る

トップ選手になるためにはピークパフォーマンスよりも通常フォームの改善に取り組むべき。フォームが安定するから高いピークパフォーマンスが発揮できる。

なぜならばトップ選手になるためにはピークパフォーマンスよりももっと注目するべき通常時のフォームの改善に努める必要があるからです。通常時に安定したフォームを保つことができるからこそ高いピークパフォーマンスをいつでも相手よりも一瞬早く発揮することができるわけです。安定したフォームの上に成り立つのがピークパフォーマンスなのです。通常時のフォームの安定を高めること無くしてピークパフォーマンスの向上はありえません。

逆に言えばピークパフォーマンスのトレーニングなどさほど必要がないのかも知れません。このようなことを言ったら語弊があるかも知れませんが、ボクシングでストレートパンチのピークパフォーマンスを高めるために一所懸命にサンドバックを叩いても牛や馬と戦うわけではないのです。素人が力任せにぶん殴っても当たれば一瞬でノックアウトされるのが人間の耐久力だと思います。男と女、大人と子供ぐらいの力の差がなければ素人のピークパフォーマンスもプロのピークパフォーマンスもそれ自体は大した違いにはなりません。異常に発達した体格を対戦相手が持っているならピークパフォーマンス自体を訓練する必要はあると思いますが、体格が同程度であればピークパフォーマンスそのものよりも通常時のフォームの安定に着目した方がスポーツスキルは伸びるはずです。

実際に空手や打撃系格闘技では通常時に取っている『構え』のフォームに相当力を入れることでしょう。殴る動作そのものよりも通常時の構えの方が大切な要素であると分かっているからそちらを重視するのです。パンチの破壊力を高める訓練をする選手は全体から見たら稀なはず。

腰痛の治療も全く同じです。病気になった患者様の身体のことを知ることは大切ですがそれ以前に健康な身体の動きのメカニズムに着目し、投薬治療に用いる横文字の薬剤の名前や最先端の手術の術式を覚えることよりも、私達が日常で用いる姿勢だったり動きや動作のメカニズムに着目した方がよっぽど治療効果につながるのです。

メニューに戻る

目黒区の訪問の整体のことならアークス整体院へ

それでは東京都の目黒区にて訪問の整体治療をお求めになられている方は是非ともぎっくり腰の専門整体院であるアークス整体院をお求めになってください。

メニューに戻る

一般防止策

  1. 腰痛対策をして腰痛が悪化したときに見直すもの特に運動をして腰痛が悪化した、こんな人は是非ご覧になっていただきたい。
  2. 腰痛防止には律動的な動き腰痛の防止では腕相撲で拮抗しているときのようなジッとした固定された動作よりも、律動的に筋肉を働かせた方が痛みを生じにくい。
  3. 腰痛対策をして腰痛が悪化したときに見直すもの特に運動をして腰痛が悪化した、こんな人は是非ご覧になっていただきたい。
  4. 腰痛を自分で治すローテク法の紹介昔ながらの質素な手作業や自然を利用した技術は人が準備のために体を動かしたり、手動でシステムを駆動させたりと体力を使うため足腰の鍛錬となりお金も掛からずに体を苦労なく鍛えることが出来る。
  5. 腰痛対策って何をするの?具体的には日常動作で腰を屈めないように膝を使う。そしてその上で、生活の中で①姿勢、②運動不足、③ストレスに気をつけると良い。
  6. ぎっくり腰の予防は素人には難しいのか?専門家の指導を受けた方が安全
  7. 腰痛の防止は?様々な方向への腰椎の動きを復元することが必要
  8. 声を出す効果は?掛け声をかけることのぎっくり腰防止のメリットは復唱確認による全身の意識の統一である。復唱によって対象物をキチンと確認し集中力を高めた状態で作業を行なうことが可能になる。
  9. 予防について腰の負担を減らして小まめに体を動かす
  10. 使用度の低い部分を意識する必要性日常生活の中で意識が薄れてしまっている動作や正しい動作を教えて出来る範囲のことをやっていただくことが大切な考え方となる。
  11. 無意識で行うフィードフォワード制御によるもの思ったとおりに体が動かずに陥ってしまうケースではしっかりと確かめながら行うことが大切。
  12. 相反性神経支配主動筋を固めるだけでなく拮抗筋を弛める訓練をすると主動筋の力が増す
  13. 日光不足と腰痛太陽に浴びるとカルシウムの吸収を促すビタミンDの合成量が増えるとは言われ、大分世間に浸透したはずだが、多くの患者がなぜそれが出来ないのか?その背景にあるのが老化による戸締り管理が出来ないこと。
  14. 腰痛で最も世界的な治療法腰痛治療では世界的に自然発生している治療法が最も信頼できる。①安静治療、②杖、③心理療法、④衛生水準などがある。
  15. 腰痛防止のために意識的に改善するべきもの絶対に心がけるべきもの①柔軟性、②腹筋力、③BMI
  16. なりにくい体質をつくるには?長期的な腰部に与える負担に着目することが大切
  17. ぎっくり腰の予防の重要性患者の多くが痛みが治まることを治癒だと考えるが痛みが治まることは単なる炎症反応が終了しただけであり、体の拘縮やクセになった病的な状態を脱していないためすぐに再発する。
  18. 腰痛治療における最も大切な考え方腰の病気のことを知ろうとすることよりも健康な体が本来どのように機能するかを知る

対応・対処

急性期の腰痛対処●前兆、●受傷早期の経過判断、●対処、●問診、●応急処置、●緩和処置急性期、●周囲の人の対応、●動き方、●間違った対処、●安静、●トイレ排泄

慢性期判断、検査●中期的な判断、●長期的な判断、●セルフチェック法、●腰痛の検査データ、●評価法・検査、●腰痛検査の流れ

医療機関の対処●救急車、●病院、●医者、●レントゲン・MRI・画像検査、手術(●ヘルニア、●坐骨神経痛、●失敗、●その他)、●湿布・貼り薬・外用薬、●飲み薬・内用薬・内服薬・座薬、●注射、●トリガーポイント、

一般的対処緩和処置(●慢性期)、●アイシング・冷やす療法、●温熱療法、お風呂(●腰痛治療効果、●お風呂の弊害、●入浴で気をつけること)、●慢性腰痛ケア、●ぎっくり腰ケア、●間違ったケア、

食事・栄養●食事・栄養で短期的な効果のあるもの、●食事による長期的な腰痛対策、●ダイエットと食事、●サプリメント・プロテイン、●カルシウム、●お酒、●たばこ

手技対処●手技療法、●マッサージ、●マッサージの疑問、●間違ったマッサージ

腰痛対策●作業場面での腰痛対策、●一般防止策、●生活場面での腰痛対策、●腰痛対策の体の使い方、●着替え、●トイレ・排泄

道具での対処①(固定法)コルセット(●基本事項、●過信、●弊害、●その他)●腰ベルト以外の固定

道具での対処②(生活補助)●腰痛対策での道具の考え方、●力仕事補助アイテム、●健康器具、●カバン・バッグ、●靴足元対策、●杖、●衣類・身につけるもの、●その他道具

店舗案内事務的内容・店舗案内

最新ページ最近書いた内容を書き溜めておく場所

基本★基礎知識編、★痛み科学

原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

一般防止策

腰痛対策をして腰痛が悪化したときに見直すもの

腰痛防止には律動的な動き

腰痛を自分で治すローテク法の紹介

腰痛対策って何をするの?

ぎっくり腰の予防は素人には難しいのか?

腰痛の防止は?

声を出す効果は?

予防について

使用度の低い部分を意識する必要性

無意識で行うフィードフォワード制御によるもの

相反性神経支配

日光不足と腰痛

腰痛で最も世界的な治療法

腰痛防止のために意識的に改善するべきもの

なりにくい体質をつくるには?

ぎっくり腰の予防の重要性

腰痛治療における最も大切な考え方

対応・対処

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処①(固定法)

道具での対処②(生活補助)

店舗案内

最新ページ

基本

原因別

部位別

症状別

睡眠・寝る

対応・対処

運動・ダイエット

仕事

姿勢

息抜き用

東京都

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰

◆ぎっくり腰の緊急依頼
→電話番号
090-2413-0651
※お願い:掲載したコラムに関してのお問い合わせはご遠慮ください。