ぎっくり腰専門 アークス整体院

坐骨神経痛という言葉に気をつけること

坐骨神経痛という言葉に背中が凍り付いてしまうが、腰痛が胴体の真ん中の痛みであることに対して坐骨神経痛とは下半身だけを意味している。つまり、分類学上は腰痛よりもよっぽどアバウトな表現であり、専門家の所見としては原因箇所を具体的に付言しなくてはならない。現代医学によって絶対に治る病気である。

背中が凍りつく坐骨神経痛という宣告

坐骨神経痛という言葉で気をつけていただきたいことについて述べさせていただきたいと思います。

皆様は腰やお尻や足先、膝の付近がピリピリしたときに病院へ行き医師から
『貴方は坐骨神経痛です。』
きっとこのように宣告を受けておられることでしょう。

そして、二言目には
『こちらのレントゲンを見てください。骨の隙間が狭まっております。』
という宣告を受けたことです。その瞬間に背中が凍りつくような恐怖に陥られたのではございませんでしょうか?

真剣に思いつめて精も根も尽き果てる

そして、真剣に思いつめてしまい今後の自分の人生を不安にお感じになられ、精も根も尽き果てるような思いをされたはずです。

坐骨神経痛=腰痛よりも酷い病気というイメージ

きっとこれまで病気などの不安なく過ごされてきた方ならば、坐骨神経痛という病気は一度も耳にしたことがありませんし、自分が病気を患ってしまうことすら想像にしなかったことです。

これまで腰痛という言葉はたびたび耳にすることはあったと思いますが、坐骨神経痛という言葉は始めて耳にするわけです。きっと腰痛よりももっと酷い、不治の病のように思えてしまいます。

坐骨神経痛とは症状の重さを表す言葉であらず

ところがこの坐骨神経痛という言葉は、症状を表す言葉ではありません。一見すると症状が重くて一生背負ってしまう病気のように思えてしまいますが決してそういうわけではないのです。

坐骨神経痛とは坐骨神経の支配領域のどこかで起こった痛みのこと

では、坐骨神経痛とは一体何なのか?と申しますと、

以下の図の坐骨神経の支配領域のどこかで痛みを発するものの総称であるわけです。

坐骨神経痛坐骨神経の図、背骨からお尻の後面を通過して、太腿の裏を通り、膝裏を通過した後に2本に枝分かれし、脛やふくらはぎ、足裏に分布する。この支配領域のどこかで痛みを発するもののことを坐骨神経痛と呼んでいるのです。

つまり、坐骨神経痛とは全身の2分の1のエリアの痛みのこと

つまり、大雑把なことを言えば下半身のどこかの痛みのことをそのように呼んでいるのです。下半身ですから全体の表面積の2分の1程度のことをあらわしているだけなのです。

坐骨神経痛という言葉は腰痛よりもアバウトな表現

腰痛と坐骨神経痛の痛みのエリア

図は腰痛と坐骨神経痛のエリアの違い、坐骨神経痛は下半身全てが対象範囲となり、腰痛の場合は胴体の真ん中だけ。分類学上は坐骨神経痛は腰痛よりもアバウトな表現をしている。

坐骨神経痛という言葉よりも原因箇所が重要

つまり、その辺に住んでいる叔母さんが『あんた腰痛だね!』と言っているよりも適当でアバウトなことを言っているのが坐骨神経痛の真実なのです。専門家がその病気を口にするのであれば坐骨神経の支配エリアのどの部位が原因箇所なのかにまで付言しなくてはとてもではありませんが専門家の意見と呼べるものではなかったのです。

皆様が病院を受診したときに担当医から『坐骨神経痛です。』とだけ宣告をされている場合には、果たしてどこまで真剣に見てくれているのか疑問を感じなくてはなりません。

しかし、腰痛よりも複雑な病態であることは確か。

分類学上は単純であっても実際には坐骨神経痛というものは腰痛よりもエリアが広いです。また、痺れなども伴います。ちなみに痺れというものは痛みが細切れになったものであり、本質的には全く同じものです。つまり、腰痛よりもエリアが広がっているものであるのです。

本質的な問題はエリアがなぜ広がったのか?

一番の問題点は腰痛よりもエリアが広がってしまっていることが分かっていながらなぜ進行を防止することが出来なかったのか?というところが本質的な問題点となるのです。

坐骨神経痛は現代医学で絶対に治る。

坐骨神経痛にかぎらず身の回りで生じているほとんどの病気は、現代医学で治るものであると私は信じております。それも多くのものは本当に簡単に治ります。多くの患者様は病気の原因を複雑怪奇なものであると恐れおののいておりますが、そんな複雑なものでは決してございません。扉があったとしたら、皆様は一生懸命ドアを開けようと押しているのですが、一向に開かないと困り果て、そしてあがいているのです。ところが専門家から見たときには押すのではなく引くだけでアッサリ開いてしまったりと、その程度の物である事の方がほとんどなのです。

坐骨神経痛のことでしたらいつでもご相談を

アークス整体院は全国の坐骨神経痛患者様のご相談をいつでもお待ちいたしております。どうかご安心してご相談なさってくださいませ。本日も最後までご閲覧くださいまして誠にありがとうございました。

坐骨神経痛の医療機関の実情

  1. 坐骨神経痛が激痛のときは救急車を呼んでも良いの?慢性腰痛の代表である坐骨神経痛、歩けなくなるときもある。しかし、帰りのことを考えよう。
  2. 坐骨神経痛という言葉に気をつけること分類学上の言葉の意味は腰痛よりもザックリとしたもの
  3. 坐骨神経痛は減ってはいない病院や医療関係の本では近年坐骨神経痛という名前を耳にする頻度が減ってきました。ところが患者数そのものは全く減っていないんですね。
  4. 坐骨神経痛はなぜ難治なのか坐骨神経痛は症状名であり、本の出版数が極端に少ないため一般にほとんどその詳細を知られていない。都内の図書館でも腰痛の本と比較すると明らかに少ないが、症状から病名に思考が至るとかなりの文献数があることが分かる。
  5. 坐骨神経痛が見落とされる一番の原因大部分は随分症状が進行してから治療を受ける方が多いが初期はまったく自分でも気がついていない
  6. 病院や整形外科で治らない理由熱心に病院に通い続ける方はおられるが変化をまったく実感できていない方はあまりにも多すぎる。
腰痛の原因別

原因別

きっかけ①スポーツ、②生活場面、③交通事故・怪我、④家事労務、⑤クシャミ、⑥共通

腰痛メカニズム●原因概要、●腰痛メカニズム、●筋肉メカニクス、●ボディーメカニクス

ヘルニアヘルニア(●新説、●過去説、●運動、●きっかけ、●気をつけたいこと、●症状、●対応、)

椎間板、腰部脊柱管狭窄症椎間板(●腰痛と椎間板、●腰部椎間板)、腰部脊柱管狭窄症(●狭窄症、●症状、●対応)

坐骨神経痛①●坐骨神経痛、●筋トレ・運動、●筋肉、●判別が必要な病気、●股関節疾患の判別、●仙腸関節障害との関係

坐骨神経痛②●兆候、●一般症状、 ●随伴症状(坐骨神経痛だけの特有のものでない症状)、●対応、●セルフケア、●生活習慣、●医療機関の実情

持上げ動作●きっかけ、●持ち上げ・持ち運び、●持上げる方法、●無理のある考え方、●考え方、●持上げる仕事、 ●抱っこ腰痛)

体型●やせ型の力学的要因、●痩せ型、●肥満、●その他体型

力学●力学、●慣性、●偏り

筋肉(総論)●筋肉と腰痛、●深層筋、●筋肉全般(腰痛と関係しないもの)、●筋肉量、●腰部筋群

筋肉(個別筋)●背筋、●下後鋸筋、●多裂筋、●腰方形筋、●腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)、●大腿四頭筋、●ハムストリングス、●中殿筋、●臀筋群、●腹筋、●高齢者と腹筋

内科●内科・内臓、●心臓・血管・脈管系、●胃腸、●糖尿病・血糖、●自律神経(交感神経・副交感神経)、●呼吸器系、●風邪・感染症、●遺伝、●その他原因、●原因が分からない

高齢者関連●腰痛の仕組み、●腰痛対策、●筋肉・筋力、●その他、●骨粗しょう症

女性・子供●月経・生理、●女性、妊娠、●産後、●子供

心理①腰痛(考え方、ストレス、心因性の特徴、心理的影響)、●治療の考え方、●思考回路・思考パターン、●主義・思想・価値感、●ストレス、●恐怖

心理②●怒り対策、●感情、●対人関係、●防衛機制、●不安、●心理分析、●メンタルケア、●その他心理、●行動指針、●精神病、●脳医学

自然●自然要因、●天気、●寒さ、●暑さ、●朝方・早朝、

店舗案内事務的内容・店舗案内

今日の一言治療とは関係のない、その日思いついたこと。思ったことを、思ったままに書き綴るページ。

最新ページ最近書いた内容を書き溜めておく場所

基本★基礎知識編、★痛み科学

原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

重点ページ

※特に力を入れて書いたページ(登場人物はすべてフィクションです)

  1. 池袋 ぎっくり腰〔ぎっくり腰で立てない〕理由脊柱が硬直し、柱のようになる。背中を丸められないと、体がテコでいう不利な状態になってしまう。足に体重移動ができないため立てない。
  2. 板橋区 ぎっくり腰〔30代漫画家男性のぎっくり腰〕長時間腰掛けて漫画を執筆する男性、座り続けると筋肉の協調性が損なわれてわずかに歩いただけで腰を患うことがある。
  3. 渋谷区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰の一番の恐怖とは?〕いつまでこの痛みが続くのか、先が見えない痛みの不安が、人を恐怖に駆り立ててしまう。
  4. 千代田区 ぎっくり腰〔トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった〕便秘がちの女性では排便に力を使い果たしてぎっくり腰を起こすことがある。潔癖症で便座に腰掛けられない人は腰を患う。    
  5. 荒川区 ぎっくり腰〔子育てと仕事でぎっくり腰になった〕荒川区の男性。生まれたばかりの子供は短時間睡眠を繰り返す。そのため睡眠不足から腰の筋肉が痙攣してしまう。
  6. 杉並区 ぎっくり腰〔建築デザインをする男性のぎっくり腰〕東京オリンピックに向けて建設ラッシュが続く中で過労からもたらされたぎっくり腰だった。関節可動域が明らかに低すぎるケース
  7. 北区 ぎっくり腰〔仕事の出張でぎっくり腰になった〕荷物を持上げてぎっくり腰になる典型。しかし、軽い荷物でも、自分の体重を含めた重量に着目する。上半身の重みが一番の凶器
  8. 台東区 ぎっくり腰〔中国人観光客、モンファさんの症例〕言葉が通じない外国人であっても決して失礼は許されない。ぎっくり腰の治療はコミュニケーションは必須です。
  9. 豊島区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰のときの寝返りの方法〕両手両膝を持上げたり、テコのように使うと楽に寝返りが打てる。介護テクニック
  10. 文京区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰になったらどうするのか?〕慌てて救急車を呼ばないように気をつけましょうね。冷静になることがまず必要です。
  11. 中野区 ぎっくり腰〔生後間もない赤ちゃんの抱っこでぎっくり腰になった〕抱っこのしすぎでぎっくり腰になった症例。背中の僧帽筋から由来する症状だった。
  12. 練馬区 ぎっくり腰〔車から降りるときにぎっくり腰になった〕車から降りようとして腰を捻ってぎっくり腰になった症例。仕事の出張の出発直前に腰を痛めてしまう。
  13. 世田谷区 ぎっくり腰〔腰方形筋によるぎっくり腰〕ブラジルから帰化した江川さん。小屋暮らしの貧しい少女時代だった。日本での忙しい日々でぎっくり腰を患う。
  14. 目黒区 ぎっくり腰〔子育ての疲労によるぎっくり腰〕まさかの40代での第三子の出産、ようやく外で働けると思った矢先の出来事だった。子育ての過労からぎっくり腰になる。
  15. 新宿区 ぎっくり腰〔座っているとお尻が痛くてたまらない〕お尻の中殿筋に筋スパズムが生じたものがある。痙攣した筋肉は股関節を曲げることで引っ張られると強烈な拒絶反応を起こす。
  16. 江東区 ぎっくり腰〔スチュワーデスのぎっくり腰〕長いフライトの最後で腰を痛める。話ぶりから、単なるぎっくり腰ではなく、心因性腰痛であることがわかる。
  17. 港区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰予防に必要な栄養素は?〕鉄分やたんぱく質も大切だけどそれ以上にカルシウムが必要。カルシウムは日本人全てが不足しているから。
  18. 足立区 ぎっくり腰〔ブロック注射で治らないぎっくり腰を改善した〕藤田さんの症例、脊柱起立筋が痙攣を起していた。ブロック注射でも直らないが筋肉の末梢牽引で痙攣は取れた。
  19. 墨田区 ぎっくり腰〔3歳の娘を抱っこしたらぎっくり腰になった〕体重の24%を上回ると腰を痛めるリスクが高まる。ところが3歳ぐらいで24%に達してしまうためぎっくり腰になった。

坐骨神経痛の医療機関の実情

坐骨神経痛が激痛のときは救急車を呼んでも良いの?

坐骨神経痛という言葉に気をつけること

坐骨神経痛は減ってはいない

坐骨神経痛はなぜ難治なのか

坐骨神経痛が見落とされる一番の原因

病院や整形外科で治らない理由

※スポンサーサイト

私も使ってます。
オススメの
カイロです。

原因別

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板、腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然

店舗案内

今日の一言

最新ページ

基本

原因別

部位別

症状別

睡眠・寝る

対応・対処

運動・ダイエット

仕事

姿勢

息抜き用

東京都

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰

◆店名:

アークス整

◆所在地:

東京都豊島区
南長崎
3-15-12
402

◆最寄り駅:

・西武池袋線
「椎名町(池袋駅から1駅)」、

・西武池袋線
「東長崎」、

・都営大江戸線
「落合南長崎」、

◆ぎっくり腰の緊急依頼
→電話番号
090-2413-0651

重点ページ

※特に力を入れて書いたページ(登場人物はすべてフィクションです)

池袋 ぎっくり腰ぎっくり腰で立てない

板橋区 ぎっくり腰30代漫画家男性のぎっくり腰

渋谷区 ぎっくり腰ぎっくり腰の一番の恐怖とは?

千代田区 ぎっくり腰トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

荒川区 ぎっくり腰デッドリフトで腰を痛めた30代男性

杉並区 ぎっくり腰建築デザインをする男性のぎっくり腰

北区 ぎっくり腰仕事の出張でぎっくり腰になった

台東区 ぎっくり腰中国人観光客、モンファさんの症例

豊島区 ぎっくり腰ぎっくり腰のときの寝返りの方法

文京区 ぎっくり腰ぎっくり腰になったらどうするのか?

中野区 ぎっくり腰生後間もない赤ちゃんの抱っこでぎっくり腰になった

練馬区 ぎっくり腰車から降りるときにぎっくり腰になった

世田谷区 ぎっくり腰腰方形筋によるぎっくり腰

目黒区 ぎっくり腰子育ての疲労によるぎっくり腰

新宿区 ぎっくり腰座っているとお尻が痛くてたまらない

江東区 ぎっくり腰スチュワーデスのぎっくり腰

港区 ぎっくり腰ぎっくり腰予防に必要な栄養素は?

足立区 ぎっくり腰ブロック注射で治らないぎっくり腰を改善した

墨田区 ぎっくり腰3歳の娘を抱っこしたらぎっくり腰になった