ぎっくり腰専門 アークス整体院

坐骨神経痛 治療に良いと人気のおすすめ寝具

トゥルースリーパー

坐骨神経痛の治療に良いと人気の寝具としておすすめなのがトゥルースリーパーです。腰やお尻、下半身の床面との接触圧を可能な限り軽減し、体を優しく受け止めることで患部の血行を改善し坐骨神経痛の痛みを癒します。NASAが宇宙飛行士の体を過大なGから守るために編み出した最新技術の集大成です。

坐骨神経痛におすすめする寝具はトゥルースリーパー

はじめまして。ご要望の多かった「坐骨神経痛に良い寝具」についてお話させていただきたいと思います。

では単刀直入に「トゥルースリーパーがおすすめ」だとお答えさせていただきたいと思います。

トゥルースリーパーとはどんなものなのかと申しますと、全体図としては上図のような寝具であり、マットレスです。

トゥルースリーパープレミアム低反発ウレタンを採用したトゥルースリーパー

布団の上などに敷いていただくことで背中を柔らかく受け止めて体圧が一箇所に片寄らぬように設計されていることが一番の特徴だと思っていただければ良いでしょう。

NASAが宇宙飛行士のために開発したマットレス、宇宙空間に出るためには最大で3Gに耐えなければならない。

このトゥルースリーパーというものはもともとはNASAが宇宙飛行士のために開発したもので、ロケットが発射したときには、宇宙と大気を隔てる大気圏を突破するために猛スピードでロケットを推進させなくてはなりません。このとき飛行士の体に加わる加速度(G)は3G(地球上の3倍の重力)であると言われ、この重力に耐えられるために考案されたのが体の全体を均一に受け止められるられる低反発ウレタンマットレスだったのです。これによって体を保護する目的で開発されたわけです。

低反発ウレタンと弾力性に富んだウレタンそのため、トゥルースリーパーエクセレントではこの図のように二層構造のウレタンによって優しく均一に体を受け止められるようにされております。もしこのような低反発型のウレタンがなければ飛行士の体はGに耐えられず、瞬間的に重力に体が押しつぶされてしまい心臓などの循環機能に過大な負荷をかけることで、Gに負けてしまい、血流が途絶え、貧血のような状態になったり、失神してしまいロケットの操縦ができなくなり墜落してしまう恐れがあるのです。宇宙飛行士たちの生命を守っているのがこういった低反発クッションであるとも言っても良いでしょう。今日我々が気象衛星などを利用した天気予報やカーナビなどの位置情報の恩恵を受けられているのはこういった科学技術があるからなのです。

一部のテレビCMの実証などではビルの4階ぐらいの高さから卵を落としても卵が割れることなくきちんとマットレスによって受け止められたというほどの衝撃の吸収力を持っているとも言われているほどです。(注意:救助用マットとして利用するものではありません。)

上層にはデコボコした低反発ウレタンが採用され体を優しく受け止めます。そして下層には反発力の強めの弾力性に富んだウレタンが使われております。したがいまして寝転んだときには優しく体を受け止めてくれてそれでいて寝返りを打つときには弾力のあるウレタンがしっかりと体を支えてくれるため楽に寝返りが打てるのです。

人間は寝返りを一晩で20~30回行う。

この寝返りというものは我々の就寝中の健康を守る上で一番重要です。私たちは毎日睡眠中に20回~30回は寝返りを行うとも言われております。なぜ大切なのかと申しますと、寝ているときには常に体と床面の間で接触圧が働いており、この接触圧が体の血流を妨げてしまうからです。

高齢者や身体障害者の介護施設では1時間~2時間に1回の体位変換をせねば利用者の手足が壊疽を起こす。

もし、仮にこの寝返りができない状態になってしまいますとどうなるのかと申しますと、過剰な接触圧が体に働いてしまうことで血行が障害されて痛みや痺れを呈することになります。例えば自分で寝返りが打てなくなったご高齢者や身体障害者の方などの場合は常に同じ姿勢を余儀なくされるため、体の一部に床面との接触圧が偏りすぎてその部分に圧力が集中することで局所の血行障害を生じてしまい手足が壊疽してしまうこともあるほどなのです。また、押し付けられて圧迫されている部分に痣ができるなど褥瘡(じょくそう)が起こり、いわゆる床ずれの状態に陥ってしまうのです。

このようにならぬために介護施設などでは最低でも1時間~2時間に1回ほど介護者が体位変換を行わせることでこういった床ずれの発生を防止しているのです。

トゥルースリーパーは高い体圧の分散を可能とする。

このトゥルースリーパーはこういった寝ているときの接触圧の偏りを軽減することに貢献します。

例えば以下の図をご覧いただきますと、

通常の床面接触圧とプレミアム・エクセレントの接触圧一般的な寝具を利用して寝転んだ場合は背中やお尻のように突出した部分に圧力が集中してしまいますので、背中やお尻、腰周りの血行が障害されてしまいます。坐骨神経痛のようにお尻や足や腰の痛みを持っている方にはこういった過剰な接触圧はその痛みを余計の増悪させることにつながります。ところがトゥルースリーパープレミアム(中段写真)をご利用いただいた場合には背中の圧力はほとんど軽減され、お尻の負担も大幅に軽減されることがお分かりいただけます。

また、トゥルースリーパーエクセレント(下段)を利用していただいた場合にはさらに接触圧が軽減されてお尻にわずかに接触圧が残る程度で済みます。したがいまして何度も寝返りを打たずとも心地よく朝まで眠りに付くことができるのです。

安心した質の良い熟睡は脳のリラックスにもつながり痛みの軽減にも!

そして、質の高い睡眠を得ることができるようになることは坐骨神経痛にはとても良いメリットにつながります。それは安眠による脳の感覚神経野のリラックスであるのです。

『痛み』という感覚は脳で感じとって不快な感覚を私たちに与えます。このときに精神的な安定状態が痛みの感受性(感じやすさ)に大きく関係していると言われております。例えば睡眠不足が何日も続いている受験生の健康データーを正常の健康成人と比較したときに明らかに精神が不安定な状態にあり、わずかな出来事で過剰に興奮しやすくなっていたり、些細な出来事で涙を流したりと情緒不安定な状態に陥っていることが明らかにされたのです。

ところが数日間安眠を取って休養したところ、健康成人と全く同じような精神状態にまでデータが回復したわけです。この実験から私たちの精神状態が睡眠と大きく関係を持っていることが明らかにされたわけです。

感情が不安定になっているときほど痛みは増幅される

この精神状態と痛みというものには大きな関係があるといわれております。例えば私たちはスポーツをしているときなど体が興奮状態に陥っているときには痛みをそれほど感じません。ところが運動を終えて精神状態が沈静化してくると次第にスポーツ中の捻挫した箇所の痛みがぶり返してきたりと遅れて痛みを引き起こすことがあったりもするのです。

例えば坐骨神経痛を患っている患者様の場合ですと、日常的に痛みに侵されているために気分が沈みこんでしまって普通の興奮状態ならば何でもないような刺激にも過敏に痛みを感じやすくなってしまうこともあります。

そして、感情をコントロールが仕切れなくなり、痛みの刺激が加わったときに激怒してしまったり感情を高ぶらせて過剰に興奮状態に陥ってしまったりして独りでに心身が疲弊していってしまうのです。

このような精神状態を安定化させる効果が睡眠には期待できます。したがいまして、質の良い睡眠をとっていただければ坐骨神経痛の苦しみが軽減される可能性が考えられるのです。

坐骨神経痛とは下半身後面を支配している坐骨神経の促通の障害である。

では、次に坐骨神経痛というものはどういうものなのか?についてお話させていただきますと、坐骨神経痛というものは下半身後面を支配している下図のような神経の障害のことを言います。

坐骨神経下半身後面を広範囲に支配している坐骨神経。この支配範囲のどこかで神経の障害が生じることを坐骨神経痛と呼びます。

坐骨神経痛は原因が明らかなものには腰椎椎間板ヘルニアが多い

この坐骨神経痛というものにはさまざまな原因があるのですが、明らかになっている原因の中で最も多いものは腰椎椎間板ヘルニアだと言われております。

腰椎椎間板ヘルニア椎間板ヘルニアでは背骨の隙間に存在する椎間板が体重の重みに押しつぶされて飛び出してしまう。突出箇所が坐骨神経を障害して痛みを発することが多いです。

腰椎椎間板ヘルニアの治療には安静が必要となる。

背骨に存在する体重を受け止める装置(クッション)である椎間板が押しつぶされることで腰椎椎間板ヘルニアという病態に陥るわけですが、これの治療のためには椎間板に加わる圧力を除圧・免荷する必要があります。すなわち寝転んでいただき、それ以上椎間板に体重が加わらぬようにする必要があるわけです。この椎間板の炎症がひと段落落ち着くまで安静にしていただいて痛みが治まるまで休養をとることが治療上で必要になります。

硬い綿の布団や沈みすぎるベッドでは血流が妨げられたり、背骨の彎曲が強くなりすぎて背骨に椎間板に負担をかけてしまう。

せっかく休養をとろうと思っても、硬い綿の布団やベッドなどに寝転んだ場合はどうしても接触圧が高まってしまったり体が沈みこみすぎて不自然に背骨が歪んで血行が妨げられてしまいます。例えばベッド寝転んだ図をご覧になってください。ベットでの沈み込み

ベッドに寝転んだときにはどうしてもお尻部分が深く沈んでしまい背骨が前傾してしまいます。この前傾姿勢によって背骨の血行が妨げられてしまうのです。

また上図のように綿の布団に寝転んだときには背中やお尻の突出部位に圧力が集中してしまいます。

トゥルースリーパーの接触圧イメージ

ところがこれを用いていただいた場合は背骨の自然な彎曲が保たれます。ベッドのように深く沈みこむこともありません。接触圧に関しましても突出した背中やお尻に圧力が偏らぬように全体で分散してくれますので気持ちよく過ごせるわけです。

坐骨神経痛は圧倒的に原因が不明なものが多くその原因は機能不全型と呼ばれる。

先に坐骨神経痛の原因で明らかなものには腰椎椎間板ヘルニアが多いと述べましたが、原因が不明なものの方が圧倒的に多いのがこの病気の特徴です。なぜ原因が不明なのかと申しますと、レントゲン画像などの外観上の変化によるものではなく腰部や臀部の機能低下、血管攣縮、機能不全が関係しているからです。つまり通常ならば痛くないはずなのに、正常な機能が損なわれてしまうことで痛みをはっするのが機能不全であるのです。

機能不全型の坐骨神経痛には血行を改善するアプローチが重要、そのためには体圧を分散して血行を保つこの寝具が役立つ

この機能不全型の坐骨神経痛を解消するためにはどういうアプローチが必要になるのかと申しますと、それが血行を良好に保つことであるのです。温熱療法を行っていただいたり、お風呂に入ったりすることで血行が良い状態に保たれますが、やはり寝具による体に加える接触圧による血行障害は坐骨神経痛を悪化させる要因となります。血行を良好に保ち患部に発痛物質をためこまぬためにもおすすめできるのがこの寝具であるのです。

寝具

結論:スプリングマットレスは使うな

  1. 坐骨神経痛の方で利用者が多い、腰に優しい寝具やはり海外でも定評のある体圧分散に優れたものが良いでしょう。
  2. 原因の不明な坐骨神経痛に提案したい寝具原因の明らかなものよりも圧倒的に原因不明なものが多く、原因不明なものには機能性疼痛がある。腰部の機能性を保つためにおすすめするのが低反発マットです。
  3. 肉体労働者の腰痛対策は寝具を見直そう日頃体を動かして過労気味な人の対策では運動はせず休養を見直すべき。休養では寝具が有効
  4. 寝具との関係寝るときの寝具も大きく影響し、体が冷たいフローリングで冷やされると熱伝導によって体が緊張して腰を悪くする。
  5. なりやすい寝具スプリングマットレスは寝転んだときにお尻が沈みすぎ、背中が丸くなってしまい、立ち上がったときに前のめりになるので、腰が代償的に反り腰になってぎっくり腰を招く
  6. 寝具を使わないで寝ている。腰痛にどう?論外です。なぜ買わないのか?腰を痛めることは必然です。
  7. コタツで寝るのは腰痛にどう?ひょっとして腰痛によいかも・・・でも安全上おすすめできない。低温やけどや、汗をかいて風邪を引くから。

寝具関連

結論:寝具は畳ベッドに煎餅布団を敷くことが良い

寝具

布団

ベッド

マットレス

睡眠・寝る|アークス整体院

睡眠・寝る

万能の治療である睡眠は独立カテゴリーにしてます。

睡眠①●腰痛と睡眠、●赤ちゃん・子供の睡眠障害、●睡眠時無呼吸症候群、●睡眠初級

睡眠②●睡眠中級、●心理、●睡眠余談、●中高年・高齢者の睡眠障害、●労働者の睡眠

寝る姿勢●仰向け、●うつ伏せ、●横向き、●腰痛のときの寝方、●その他寝姿勢、●寝ているだけで腰が痛い、●寝返り

寝具●布団、●ベッド、●マットレス、●枕

店舗案内事務的内容・店舗案内

今日の一言治療とは関係のない、その日思いついたこと。思ったことを、思ったままに書き綴るページ。

最新ページ最近書いた内容を書き溜めておく場所

基本★基礎知識編、★痛み科学

原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

重点ページ

※特に力を入れて書いたページ(登場人物はすべてフィクションです)

  1. 池袋 ぎっくり腰〔ぎっくり腰で立てない〕理由脊柱が硬直し、柱のようになる。背中を丸められないと、体がテコでいう不利な状態になってしまう。足に体重移動ができないため立てない。
  2. 板橋区 ぎっくり腰〔30代漫画家男性のぎっくり腰〕長時間腰掛けて漫画を執筆する男性、座り続けると筋肉の協調性が損なわれてわずかに歩いただけで腰を患うことがある。
  3. 渋谷区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰の一番の恐怖とは?〕いつまでこの痛みが続くのか、先が見えない痛みの不安が、人を恐怖に駆り立ててしまう。
  4. 千代田区 ぎっくり腰〔トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった〕便秘がちの女性では排便に力を使い果たしてぎっくり腰を起こすことがある。潔癖症で便座に腰掛けられない人は腰を患う。    
  5. 荒川区 ぎっくり腰〔子育てと仕事でぎっくり腰になった〕荒川区の男性。生まれたばかりの子供は短時間睡眠を繰り返す。そのため睡眠不足から腰の筋肉が痙攣してしまう。
  6. 杉並区 ぎっくり腰〔建築デザインをする男性のぎっくり腰〕東京オリンピックに向けて建設ラッシュが続く中で過労からもたらされたぎっくり腰だった。関節可動域が明らかに低すぎるケース
  7. 北区 ぎっくり腰〔仕事の出張でぎっくり腰になった〕荷物を持上げてぎっくり腰になる典型。しかし、軽い荷物でも、自分の体重を含めた重量に着目する。上半身の重みが一番の凶器
  8. 台東区 ぎっくり腰〔中国人観光客、モンファさんの症例〕言葉が通じない外国人であっても決して失礼は許されない。ぎっくり腰の治療はコミュニケーションは必須です。
  9. 豊島区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰のときの寝返りの方法〕両手両膝を持上げたり、テコのように使うと楽に寝返りが打てる。介護テクニック
  10. 文京区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰になったらどうするのか?〕慌てて救急車を呼ばないように気をつけましょうね。冷静になることがまず必要です。
  11. 中野区 ぎっくり腰〔生後間もない赤ちゃんの抱っこでぎっくり腰になった〕抱っこのしすぎでぎっくり腰になった症例。背中の僧帽筋から由来する症状だった。
  12. 練馬区 ぎっくり腰〔車から降りるときにぎっくり腰になった〕車から降りようとして腰を捻ってぎっくり腰になった症例。仕事の出張の出発直前に腰を痛めてしまう。
  13. 世田谷区 ぎっくり腰〔腰方形筋によるぎっくり腰〕ブラジルから帰化した江川さん。小屋暮らしの貧しい少女時代だった。日本での忙しい日々でぎっくり腰を患う。
  14. 目黒区 ぎっくり腰〔子育ての疲労によるぎっくり腰〕まさかの40代での第三子の出産、ようやく外で働けると思った矢先の出来事だった。子育ての過労からぎっくり腰になる。
  15. 新宿区 ぎっくり腰〔座っているとお尻が痛くてたまらない〕お尻の中殿筋に筋スパズムが生じたものがある。痙攣した筋肉は股関節を曲げることで引っ張られると強烈な拒絶反応を起こす。
  16. 江東区 ぎっくり腰〔スチュワーデスのぎっくり腰〕長いフライトの最後で腰を痛める。話ぶりから、単なるぎっくり腰ではなく、心因性腰痛であることがわかる。
  17. 港区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰予防に必要な栄養素は?〕鉄分やたんぱく質も大切だけどそれ以上にカルシウムが必要。カルシウムは日本人全てが不足しているから。
  18. 足立区 ぎっくり腰〔ブロック注射で治らないぎっくり腰を改善した〕藤田さんの症例、脊柱起立筋が痙攣を起していた。ブロック注射でも直らないが筋肉の末梢牽引で痙攣は取れた。
  19. 墨田区 ぎっくり腰〔3歳の娘を抱っこしたらぎっくり腰になった〕体重の24%を上回ると腰を痛めるリスクが高まる。ところが3歳ぐらいで24%に達してしまうためぎっくり腰になった。

寝具

結論:スプリングマットレスは使うな

坐骨神経痛の方で利用者が多い、腰に優しい寝具

原因の不明な坐骨神経痛に提案したい寝具

肉体労働者の腰痛対策は寝具を見直そう

寝具との関係

なりやすい寝具

寝具を使わないで寝ている。腰痛にどう?

コタツで寝るのは腰痛にどう?

寝具関連

結論:寝具は畳ベッドに煎餅布団を敷くことが良い

寝具

布団

ベッド

マットレス

※スポンサーサイト

私も使ってます。
オススメの
カイロです。

睡眠・寝る

万能の治療である睡眠は独立カテゴリーにしてます。

睡眠①

睡眠②

寝る姿勢

寝具

店舗案内

今日の一言

最新ページ

基本

原因別

部位別

症状別

睡眠・寝る

対応・対処

運動・ダイエット

仕事

姿勢

息抜き用

東京都

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰

◆店名:

アークス整

◆所在地:

東京都豊島区
南長崎
3-15-12
402

◆最寄り駅:

・西武池袋線
「椎名町(池袋駅から1駅)」、

・西武池袋線
「東長崎」、

・都営大江戸線
「落合南長崎」、

◆ぎっくり腰の緊急依頼
→電話番号
090-2413-0651

重点ページ

※特に力を入れて書いたページ(登場人物はすべてフィクションです)

池袋 ぎっくり腰ぎっくり腰で立てない

板橋区 ぎっくり腰30代漫画家男性のぎっくり腰

渋谷区 ぎっくり腰ぎっくり腰の一番の恐怖とは?

千代田区 ぎっくり腰トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

荒川区 ぎっくり腰デッドリフトで腰を痛めた30代男性

杉並区 ぎっくり腰建築デザインをする男性のぎっくり腰

北区 ぎっくり腰仕事の出張でぎっくり腰になった

台東区 ぎっくり腰中国人観光客、モンファさんの症例

豊島区 ぎっくり腰ぎっくり腰のときの寝返りの方法

文京区 ぎっくり腰ぎっくり腰になったらどうするのか?

中野区 ぎっくり腰生後間もない赤ちゃんの抱っこでぎっくり腰になった

練馬区 ぎっくり腰車から降りるときにぎっくり腰になった

世田谷区 ぎっくり腰腰方形筋によるぎっくり腰

目黒区 ぎっくり腰子育ての疲労によるぎっくり腰

新宿区 ぎっくり腰座っているとお尻が痛くてたまらない

江東区 ぎっくり腰スチュワーデスのぎっくり腰

港区 ぎっくり腰ぎっくり腰予防に必要な栄養素は?

足立区 ぎっくり腰ブロック注射で治らないぎっくり腰を改善した

墨田区 ぎっくり腰3歳の娘を抱っこしたらぎっくり腰になった