ぎっくり腰専門 アークス整体院

体重アップでお尻が痛くなる?男性

体重アップでお尻は痛くなります。なぜならイスの座面や背もたれの接触圧が増大して背筋が障害され坐骨神経に痛みを呈するからです。

体重が増えると男性のお尻は痛くなる。なぜならイスの座面に加わる圧力が増大するから。

体重アップすると男性ではお尻が痛くなるのか?』というテーマについて述べさせていただきたいと思います。

皆様は日頃体重が気になっていらっしゃるのではないかと思います。それでは体重が増えるとお尻が痛くなるのでしょうか?では単刀直入に答えを述べさせていただきますと

体重アップで男性のお尻は痛くなる

という回答になります。ではなぜお尻が痛くなるのか以下にお伝えして行きます。

お尻が痛くなるのはイスの座面や背もたれとの接触圧が増大するから。

では、なぜお尻が痛くなるのかと申しますと、その理由の1つがイスの座面や背もたれの間で起こる接触圧の増大です。

腰掛けたときの背筋を伸ばした状態と背もたれに寄りかかった姿勢例えばイスに腰掛けているときというのは図のAのように腰を起こして背筋を真っ直ぐに伸ばしてパソコン入力や勉強などをされると思います。または、イスに腰掛けてリラックスするときにはBのように背もたれに持たれかかることでしょう。

このときには座面には以下のような接触圧が加わります。

お尻の接触圧図は上図のAの赤いライン上から見たお尻の断面図です。お尻というものは円形をしておりますので、円のもっとも突出した部分が座面と強く接触します。この接触圧が体重の増加に比例して強くなってしまうのです。そしてこの圧力によってお尻の皮膚や深い部分の筋肉の障害、慢性的に股間がムズムズしたり、足が重くてだるい感覚になったり、足先が痒くなったりします。

本来ならば下図のようにお尻に加わる接触圧を分散できれば理想ですが、私達の身の回りにはそう都合良くそういったイスは存在しません。

均等なお尻の接触圧お尻に加わる接触圧をもしも一点に集中させずに分散できると良いですがそう都合よくそんなに便利なイスはありません。

このようにお尻に加わる圧荷重が増大することによってお尻に存在する坐骨神経というものが圧迫されて障害を受けるようになってしまうのです。

お尻が痛くなるのは腰椎から由来することもあるので背もたれにも注意が必要

このお尻の痛みですが、必ずしもお尻の圧迫だけで痛みが走るようになるわけではありません。背中に加わる圧力の増大も関係しております。それが下図です。

背中の圧迫この図は上図のBの赤ラインでの断面図を見ております。私達の背中と言うのは背骨が真ん中に走っており、その左右が突出していることが分かります。背もたれに寄りかかったときにはこの突出部に圧力負担が集中しやすいです。

背骨の接触圧の分散もしもこちらの図のように接触圧を様々な部位に分散することができれば一番良いのですが、中々そのような都合の良いイスはありません。

背中やお尻の圧迫によりお尻や腰が慢性的に痛みを発するようになる。

体重が増加してこれまでよりも強い圧力で座面や背もたれに体重が押し付けられるようになりますとお尻や背中が常に障害を受けるようになります。それが下図です。

お尻を痛める図立ち上がったときにお尻が痛い。

背中を痛める図立ち上がったときに腰が痛い。

腰に加わる圧力の上昇は、背中の血行を障害して背筋を痩せ衰えさせる。

そして、このような背骨やお尻の筋肉が長年に渡って圧力に押さえつけられ続けてしまいますと、次第に腰周りの背筋群が血行障害によって痩せてしまうのです。

背筋の図我々の背中で常に上半身の体重を支えて真っ直ぐの姿勢を保つ背筋の図、腰部分の圧迫により血行障害を受けると背筋がやせ衰えてしまう。

背筋の痩せ衰えは次第に腰椎の椎間板に負担を加え、椎間板ヘルニアなどを来すこともある。

この筋肉の衰えは決してただ筋肉が落ちるというだけではありません。後々には取り返しのつかない腰部疾患を招いてしまうおそれもあるのです。私どもの腰部には椎間板という組織が存在します。それが下図の腰椎などの背骨の隙間に存在します。この椎間板が荷重や衝撃を受け止めてくれるので日常で背骨が安定した状態を保てます。

椎間板の図背骨の隙間に存在する椎間板

ところが背筋が血行障害によって衰えてしまいますと、腰を支えるのを筋肉で行えなくなってしまうのです。そして、筋肉で行えなくなるとどうなるのかと言いますと背骨だけで体重を支えるようになるわけです。

背骨で体重を支えると椎間板が次第に損傷して、下図のように椎間板ヘルニアなどに波及するのです。

椎間板のヘルニア椎間板が体重を支えきれずに壊れて、壊れたところが突出する。これを腰椎椎間板ヘルニアと呼ぶ。

ちなみに類似した病気で腰部脊柱管狭窄症という病気がありますが、これはヘルニアの突出が背骨の外ではなく背骨の内部に突出したものであり、腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症というものはほとんど同じ様な病気だと思ってお考えいただければ分かり安いです。

ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症の違い背骨を上から見ている図。赤いラインは腰の神経です。ヘルニアでは①のように突出した椎間板が背骨の外側に飛び出します。それに対して腰部脊柱管狭窄症では飛び出したヘルニアが背骨の内側に突出しております。この飛び出した塊が腰部の神経を障害して痛みを発するようになるのです。

ヘルニアと腰の神経図の黄色いラインは腰周りの神経です。椎間板ヘルニアは近接して走行している神経を障害してしまいます。

腰の神経の密集した部分が坐骨神経、坐骨神経の障害によってお尻や睾丸などの陰部、太もも、足など広範囲に痺れや痛みが拡散される。

では、この神経が障害されてしまうとどのようなことがおこるのでしょうか?

腰周りの神経というものは、下図のようにお尻や足の後面や膝周囲、脛の近辺へと展開しております。この足やお尻の後面に展開している広範囲の神経群のことを坐骨神経と呼ぶわけです。

坐骨神経坐骨神経が広範囲に展開を見せている。

腰とお尻図は初期のもの。腰やお尻の神経が障害されてお尻に痛みをもたらしている。

太ももまで痛みが波及さらに症状が進行すると太ももや脛(すね)にまで痛みが広がって行き、歩行不能に陥る

ふくらはぎへの波及もっと症状が進行すると、陰部にまで障害が現われて勃起不能、性行為不能、生殖不能に陥る。このような坐骨神経由来の足や腰、陰部の痛みなどを総称して坐骨神経痛と呼びます。

ではどうしたら、改善できるのか?それはお尻や背中の圧力を全体に分散し、さらには座面側から反作用によって優しく押し返してもらう必要がある。

では、どうしたらこのような障害を食い留めることができるのでしょうか?先程の図のように一点に集中した圧荷重を周囲に分散したりできれば一番良いはずです。

さらに申し上げますと下図のようなイスが体を押し返して、さらには全体で負担を分散してくれたら良いとは思いませんか?

全体の均等な分散座面や背もたれ、ヘッドレストが体を優しく包み込むように受け止めてくれてさらには反対側から同じ分量の力で押し返してくれると力が均衡してお尻は痛くならない。

フットレストもっと欲を言い出したら、このようなフットレストが、足を優しく受け止めて、反対側から押し返してくれたらもっと体に加わる圧力は分散されて一点に負担が集中することは防げるはずです。

坐骨神経痛はイスの選びが重要な課題となる。

ということでこういったお尻の悩みを解消するためにオススメすることが以下のようなものです。人間のイスに座るときに加わる負担の軽減のために計算しつくされたイスです。詳しくは次のページにございますので是非ともリンクを辿ってご覧になっていただければと思います。整体施術においても坐骨神経痛の原因となる腰椎の椎間板ヘルニアに対してアプローチすることも可能ですから、ご相談いただければと思います。

不可能を可能にしたイス

アーロンチェアお尻に優しいイス。

ということで、先程はお尻や背もたれに集中する圧力によって痛みが生じるとお伝えいたしましたが、本当のところをいうと人間の体に加わる圧力をできるだけ少なくするようにするために設計されたイスがあり、これがあればおそらくは

お尻の均等な圧力このような均等なお尻の圧力分散や

背中の均等な圧力このような均等な腰の圧力分散

背中の均等な圧力さらにはこのような圧力分散も可能になり優しく体を包み込んで受け止めてくれることでしょう。

アーロンチェアの座面と背もたれ出典 http://www.l-interior.jp 座面や背もたれは、このような特殊なメッシュ素材を採用してトランポリンのように体を受け止めてくれるので全身の圧力負担を分散してくれることでしょう。

お尻の痛みの発生メカニズム

結論:低いところに手を伸ばすときには膝を曲げること

  1. お尻の痛くなる仕組みを体験しようとても簡単に分かるお尻の痛みの原因、ただしわざと痛みが出る動作をしますので絶対に逆恨みは止めてください30秒でお尻が痛くなります。
  2. お尻の上が痛いお尻の痛み・・・実はその表現方法がネット上で錯綜しており、多くの患者が難民状態に陥っている。
  3. お尻の痛くなるもののメカニズム筋スパズムは血行不良からもたらされる。筋肉は収縮するときにもエネルギーを使うが弛緩にも使うため、エネルギーの不足が相まって筋スパズムが生じる
  4. 神経障害によってお尻が痛くなるもの下半身後面を支配している坐骨神経が障害を受けているケース、座ったり歩くときに刺激を受ける
  5. お尻の痛みはデスクワークに多いデスクワーク者で姿勢が偏っているとお尻を痛めてしまうことがある。
  6. お尻が痛くなる原因ご高齢者特有の腰の曲がった姿勢により前傾した骨盤を支えるために中殿筋が酷使されて痛みを生じるもの
  7. 体重アップでおしりが痛くなる?男性体重が増えると尻は痛くなります。なぜならば、イスの座面や背もたれの接触圧が腰部の障害するからです。
  8. 多くのお尻の痛みに当てはまる些細な原因、お尻が痛みの些細な原因、坐骨神経の障害だろうと思えるが、案外大したことのない原因が潜んでいる。
  9. オーバーワークによるお尻の痛み現場仕事など屋外で働かれる方や肉体労働者、ハードな運動をされる方に見られるもの。
  10. お尻の痛みとニューロパシックペイン(神経障害性疼痛)病院のサイトなどでたびたび見かける神経障害性疼痛というキーワード
  11. お尻の痛みと下向性疼痛制御系:最近流行のこの言葉、痛みの発現する仕組みと密接に関わる働き
  12. 慢性的なお尻の痛みのメカニズム:幾つかある慢性痛の発生要因についてまとめるページ
  13. 坐骨神経痛たまにお尻に激痛があるのはなぜ?弱ったお尻の神経が寒さによって傷ついて、神経が急に興奮するから。
腰痛の部位メニュー|アークス整体院

部位別

お尻①痛み、●下肢との関係、●発生メカニズム、●ヘルニア、●痛い方の生活、●お尻の痛みと筋肉、●梨状筋症候群

お尻②(症状)●症状、●動作、●筋肉が落ちた、●攣る・筋肉痛、●立ち上がるときの痛み、●異常感覚、●痛みや神経障害以外の症状

お尻③(症状)●尾てい骨・お尻の真ん中の骨、●その他お尻の骨、●座位での痛み、●床座位の痛み

股関節●腰痛との関係、●腰痛と股関節拘縮、●症状、●原因、●対応、●運動、●その他

頭・顎●仕組み、●原因、●不眠との関係、●メンタルとの関係、●緊張型頭痛、●対応、●余談、●顎

首・肩・手①(腰痛と関係するもの)●肩こり、●四十肩・五十肩、●肩部、●頚椎、●首、●寝違え、●上肢

首・肩・手②(個別疾患)肩こり(●肩こり、●重症、●判別するもの、●姿勢、●ケア)、●肩の障害、●腕・手・指、●四十肩・五十肩、●首・頚椎、●寝違え

太腿●内転筋、●うら腿、●内腿、●太腿

●下肢の筋肉と腰痛、●ふくらはぎ、●足部(足首よりも下)、 ●外反母趾、●扁平足・ベタ足、●足裏、●足底アーチ、●かかと

下肢:症状・対処●腰痛と下肢症状、●下肢の痺れ・痒み・異常感覚、●下肢症状、●下肢の疲労、●ふくらはぎの症状、●脚長差、●下肢の対処、

膝①(仕組み)●腰痛と膝、●膝が痛くなる動作、●膝痛仕組み、●膝痛と筋肉、●膝の関節軟骨、●膝の半月板、●膝と足首・足関節・足底、●膝痛と肥満・体重・ダイエット、●膝痛心理学

膝②(症状・対応)●膝の症状、●膝のひっかかり・カックン、●膝痛対処・応急処置、●膝痛と運動、●膝痛と道具・アイテム、●膝痛その他、●膝おすすめ本

骨格①(脊椎)腰痛との関係(●背骨の構造的要因、●椎間関節、●関節軟骨・関節症、●腰椎軟部組織障害、●腰椎分離症)個別部位(背骨の構造、背骨の変形、背骨のトゲ、脊椎関節・関節軟骨)

骨格②(骨盤)腰痛との関係(●骨盤、●仙腸関節・仙骨・腸骨)個別部位(●骨盤、●仙腸関節・仙骨・腸骨)

店舗案内事務的内容・店舗案内

今日の一言治療とは関係のない、その日思いついたこと。思ったことを、思ったままに書き綴るページ。

最新ページ最近書いた内容を書き溜めておく場所

基本★基礎知識編、★痛み科学

原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

重点ページ

※特に力を入れて書いたページ(登場人物はすべてフィクションです)

  1. 池袋 ぎっくり腰〔ぎっくり腰で立てない〕理由脊柱が硬直し、柱のようになる。背中を丸められないと、体がテコでいう不利な状態になってしまう。足に体重移動ができないため立てない。
  2. 板橋区 ぎっくり腰〔30代漫画家男性のぎっくり腰〕長時間腰掛けて漫画を執筆する男性、座り続けると筋肉の協調性が損なわれてわずかに歩いただけで腰を患うことがある。
  3. 渋谷区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰の一番の恐怖とは?〕いつまでこの痛みが続くのか、先が見えない痛みの不安が、人を恐怖に駆り立ててしまう。
  4. 千代田区 ぎっくり腰〔トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった〕便秘がちの女性では排便に力を使い果たしてぎっくり腰を起こすことがある。潔癖症で便座に腰掛けられない人は腰を患う。    
  5. 荒川区 ぎっくり腰〔子育てと仕事でぎっくり腰になった〕荒川区の男性。生まれたばかりの子供は短時間睡眠を繰り返す。そのため睡眠不足から腰の筋肉が痙攣してしまう。
  6. 杉並区 ぎっくり腰〔建築デザインをする男性のぎっくり腰〕東京オリンピックに向けて建設ラッシュが続く中で過労からもたらされたぎっくり腰だった。関節可動域が明らかに低すぎるケース
  7. 北区 ぎっくり腰〔仕事の出張でぎっくり腰になった〕荷物を持上げてぎっくり腰になる典型。しかし、軽い荷物でも、自分の体重を含めた重量に着目する。上半身の重みが一番の凶器
  8. 台東区 ぎっくり腰〔中国人観光客、モンファさんの症例〕言葉が通じない外国人であっても決して失礼は許されない。ぎっくり腰の治療はコミュニケーションは必須です。
  9. 豊島区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰のときの寝返りの方法〕両手両膝を持上げたり、テコのように使うと楽に寝返りが打てる。介護テクニック
  10. 文京区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰になったらどうするのか?〕慌てて救急車を呼ばないように気をつけましょうね。冷静になることがまず必要です。
  11. 中野区 ぎっくり腰〔生後間もない赤ちゃんの抱っこでぎっくり腰になった〕抱っこのしすぎでぎっくり腰になった症例。背中の僧帽筋から由来する症状だった。
  12. 練馬区 ぎっくり腰〔車から降りるときにぎっくり腰になった〕車から降りようとして腰を捻ってぎっくり腰になった症例。仕事の出張の出発直前に腰を痛めてしまう。
  13. 世田谷区 ぎっくり腰〔腰方形筋によるぎっくり腰〕ブラジルから帰化した江川さん。小屋暮らしの貧しい少女時代だった。日本での忙しい日々でぎっくり腰を患う。
  14. 目黒区 ぎっくり腰〔子育ての疲労によるぎっくり腰〕まさかの40代での第三子の出産、ようやく外で働けると思った矢先の出来事だった。子育ての過労からぎっくり腰になる。
  15. 新宿区 ぎっくり腰〔座っているとお尻が痛くてたまらない〕お尻の中殿筋に筋スパズムが生じたものがある。痙攣した筋肉は股関節を曲げることで引っ張られると強烈な拒絶反応を起こす。
  16. 江東区 ぎっくり腰〔スチュワーデスのぎっくり腰〕長いフライトの最後で腰を痛める。話ぶりから、単なるぎっくり腰ではなく、心因性腰痛であることがわかる。
  17. 港区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰予防に必要な栄養素は?〕鉄分やたんぱく質も大切だけどそれ以上にカルシウムが必要。カルシウムは日本人全てが不足しているから。
  18. 足立区 ぎっくり腰〔ブロック注射で治らないぎっくり腰を改善した〕藤田さんの症例、脊柱起立筋が痙攣を起していた。ブロック注射でも直らないが筋肉の末梢牽引で痙攣は取れた。
  19. 墨田区 ぎっくり腰〔3歳の娘を抱っこしたらぎっくり腰になった〕体重の24%を上回ると腰を痛めるリスクが高まる。ところが3歳ぐらいで24%に達してしまうためぎっくり腰になった。

お尻の痛みの発生メカニズム

結論:低いところに手を伸ばすときには膝を曲げること

お尻の痛くなる仕組みを体験しよう

お尻の上が痛い

お尻の痛くなるもののメカニズム

神経障害によってお尻が痛くなるもの

お尻の痛みはデスクワークに多い

お尻が痛くなる原因

体重アップでおしりが痛くなる?男性

多くのお尻の痛みに当てはまる些細な原因

オーバーワークによるお尻の痛み

お尻の痛みとニューロパシックペイン(神経障害性疼痛)

お尻の痛みと下向性疼痛制御系

慢性的なお尻の痛みのメカニズム

坐骨神経痛たまにお尻に激痛があるのはなぜ?

※スポンサーサイト

私も使ってます。
オススメの
カイロです。

部位別

お尻①

お尻②(症状)

お尻③(症状)

股関節

頭痛・顎

首・肩・手①(腰痛と関係するもの)

首・肩・手②(個別疾患)

太腿

下肢:症状・対処

膝①(仕組み)

膝②(症状・対応)

骨格①(脊椎)

骨格②(骨盤)

店舗案内

今日の一言

最新ページ

基本

原因別

部位別

症状別

睡眠・寝る

対応・対処

運動・ダイエット

仕事

姿勢

息抜き用

東京都

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰

◆店名:

アークス整

◆所在地:

東京都豊島区
南長崎
3-15-12
402

◆最寄り駅:

・西武池袋線
「椎名町(池袋駅から1駅)」、

・西武池袋線
「東長崎」、

・都営大江戸線
「落合南長崎」、

◆ぎっくり腰の緊急依頼
→電話番号
090-2413-0651

重点ページ

※特に力を入れて書いたページ(登場人物はすべてフィクションです)

池袋 ぎっくり腰ぎっくり腰で立てない

板橋区 ぎっくり腰30代漫画家男性のぎっくり腰

渋谷区 ぎっくり腰ぎっくり腰の一番の恐怖とは?

千代田区 ぎっくり腰トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

荒川区 ぎっくり腰デッドリフトで腰を痛めた30代男性

杉並区 ぎっくり腰建築デザインをする男性のぎっくり腰

北区 ぎっくり腰仕事の出張でぎっくり腰になった

台東区 ぎっくり腰中国人観光客、モンファさんの症例

豊島区 ぎっくり腰ぎっくり腰のときの寝返りの方法

文京区 ぎっくり腰ぎっくり腰になったらどうするのか?

中野区 ぎっくり腰生後間もない赤ちゃんの抱っこでぎっくり腰になった

練馬区 ぎっくり腰車から降りるときにぎっくり腰になった

世田谷区 ぎっくり腰腰方形筋によるぎっくり腰

目黒区 ぎっくり腰子育ての疲労によるぎっくり腰

新宿区 ぎっくり腰座っているとお尻が痛くてたまらない

江東区 ぎっくり腰スチュワーデスのぎっくり腰

港区 ぎっくり腰ぎっくり腰予防に必要な栄養素は?

足立区 ぎっくり腰ブロック注射で治らないぎっくり腰を改善した

墨田区 ぎっくり腰3歳の娘を抱っこしたらぎっくり腰になった