ぎっくり腰専門 アークス整体院

坂道歩行 お尻のほっぺとふくらはぎに負担大の対応は?

多くの場合は仙腸関節の回旋変形を取り除くことで解消に繋がっているが、安全をお守りするため、インターネットでのセルフケアの指導は行っておりません。セルフケアでは原因の特定が必須です。また、仙骨の矯正をする上では骨盤傾斜角が重要な判定基準となります。

仙腸関節の回旋変形を矯正することによって解消に繋げておりますが、安全をお守りするため、インターネットでセルフケアの指導は行っておりません。

このページでは「坂道歩行 お尻のほっぺとふくらはぎに負担大の対応は?」というアクセスキーワードについて述べさせていただきたいと思います。当院は現在ぎっくり腰の患者様の対応を主力に業務を進めておりますが、これに類似する随伴症状や、関連するような足腰やお尻の症状にも対応いたしておりますので、どうかご遠慮なさらずにご利用いただければと思います。

それでは早速ですが単刀直入に申し上げますと、「仙腸関節の回旋変形に対して、その拘縮を取り除くことで改善へと結びつけます。」という回答になります。

これだけではどういう意味があるのか良くお分かりになられないと思います。ただし、ご注意していただきたいこととしましては、当院では皆様がセルフケアによってお体を簡単にメンテナンスできてしまう方法をご紹介することは今後もありません。まずはその点についてご理解いただければと思うわけです。

セルフケアの方法をご紹介できぬ理由は皆様のお体の状態を知らぬから。安全上の配慮のためご紹介することができません。

では、なぜセルフケアの方法をインターネット上でご紹介することができぬのかということですが、それは皆様がどういったお体の特徴があるのかまったく情報提供が無いからです。例えばセルフマッサージの方法を指導しようものならば、深部静脈血栓症などのセルフマッサージによって命に関わる事態に陥ってしまわれる方もこのページをご覧になられております。運動を指導しようものならば、肥満症や膝痛などをお持ちの方もこのページをご覧になられておりますので、そういった病気を抱えた方が、それらの情報を誤って理解し、そして持病を悪化されて大怪我をしてしまうことが可能性として考えられるのです。

例えば皆様の多くの方にとって安全で優しいトレーニングと思えるようなウォーキングであっても、体力の衰弱している方からすれば非常に困難な内容になってしまいます。私は以前にそういった考慮なく「ウォーキングをすると腰痛の改善に良いですよ。ただし、やる前に掛かりつけ医と良く相談してくださいね。」と御願いをする形でご紹介したことがあります。

ところがご紹介してからすぐに全国各地のユーザーから、
「お前の言うとおりに歩いたら膝が痛くなったんだが?」
「腰が余計に痛くなったんだが?」
などのお怒りの声が多数寄せられてしまったのです。つまり、普通の体力水準の方であれば全く問題が起こらぬようなことであっても、ネット上ではこういった極少数の例外に当てはまる方を考慮に入れなくては情報提供をすることが返って仇となってしまうことさえあるということに気づかされたのです。どれほどまでにこちらが掛かりつけ医に安全を確認してもらってくださいと、再三に渡って御願いしてもそういった注意文まで目を通さずに実行に移されてしまう安易な行動を取られてしまう方が非常に多く、一度でもそういった事故を起されてしまいますと、当方の信頼を失墜させることにも繋がってしまうわけです。むしろ健常者よりも、お体に障害をお持ちの極少数の方々の方がこういったホームページを熱心にご覧になられているのではございませんでしょうか?すなわち当院のホームページにアクセスされるユーザー様というのは、日本の中では本当に少数派に該当する方の割合が非常に高いのです。
したがいまして、それ以降は私が善意でご紹介した内容によって全国の病気をお持ちになられている方が不幸な体験をしないように、できるだけセルフケア方法については触れないようにさせていただいているのです。また、仮にご紹介するとしたら病気をお持ちでない健康な方のための予防法だけを対象としてご紹介しているのです。

やはりこういったことは患者様のお体を最低でも1回は診させていただかなくては判断をすることが難しいといえます。1回で充分なのか?と申しますと決してそういうわけではありません。やはり毎回指導をする前にお体の状態を確認せねば重大な事故に繋がる可能性は否定できません。

せっかくご閲覧くださったのにご期待に沿いかねることをどうかご理解していただければと思うわけです。ただし、そういった病気のメカニズムや原因のようなものでしたら当院の所見・見解をのべることなら可能ですので、病気についての考え方をご覧になっていただければと思います。

坂道歩行にも2種類あり、オーバーユース型とディスユーズ型がある。

ということで、今回のアクセスキーワードについて解説させていただくわけですが、やはり情報不足な点は否めません。坂道を毎日たくさん登っていてふくらはぎやお尻のほっぺが重くなってしまうのでしょうか?それとも平地を歩いているのに坂道を歩いているかのようにふくらはぎやお尻のほっぺがお辛くなってしまうのでしょうか?これによって内容は大きく異なってきます。前者の場合は運動量が多すぎることが原因なのですから、ストレッチや疲労解消の温浴方法、食事療法、などのようなものが必要になることでしょう。また、後者の場合であれば、体のアライメントに何らかの機能不全が生じていたり、持ち運ぶ荷物などの持ち方、日常での過ごし方、トレーニング法、また内科的な要因など様々なことを考慮に入れる必要があります。

要するにはオーバーワークを背景として、この症状が引き起こされているのか?それともディスユーズ(廃用・体力低下)が背景となっているのか?このどちらかを正確に見極めねばまったくの逆効果の対応に繋がる恐れがあるのです。オーバーワークであるのにトレーニング法やストレッチなどそれ以上のことを指導して頑張っていただいても逆効果になります。逆にディスユーズタイプの方に温浴や食事療法を指導してもそれほどの意味はありません。

両者に共通することが骨盤の前傾変形、上前腸骨棘と上後腸骨棘を結ぶ骨盤傾斜角の増大による運動効率の低下を知ろう。

ということで、オーバーユースとディスユーズの両者に当てはまる対処法として、骨盤傾斜角について触れて行きたいと思います。

この骨盤傾斜角という指標というものは骨盤が水平と比較したときにどれほど傾いているかを表します。この傾きが大きければ大きいほど、自分の体が前方に傾いていることになるのです。即ち土台が傾いているため、どれほど筋力が発達していても力が上手く発揮できませんし、姿勢がとても偏りやすくなってしまいます。そして、平地を歩いているのに坂道を登っているかのような激しい疲労を呈するようになります。さらには姿勢を支えるために背筋や骨盤周りの筋肉、お尻のホッペ、さらにはふくらはぎなどの下半身の後面の筋肉を酷使するようになります。そして、初期は単なる体の傾きを補正するための下半身の酷使であるのですが、次第に腰周りの慢性的な筋膜の強直から、腰部に強大な圧力変形が生じ、それが腰部脊柱管狭窄症などの複雑な腰椎疾患へとつながって行くのです。そして、経過を追うごとに姿勢補正から、神経障害による筋力の低下へと病態を変化させ、最後には歩くことができなくなってしまうのです。

◆骨盤傾斜角(パートナーと二人組みになって実施します。)

腰部骨格図は、骨盤周囲の骨の名称を表します。

骨盤の左側面図次の図は骨盤を左側面から見た図となります。立位姿勢で横から見たときを仮定してみてください。

このときに骨盤の前方にある骨の出っ張りのAの上前腸骨棘、そして、Bの後ろの出っ張りである上後腸骨棘を指で触れて触ります。

AとBを結ぶラインが水平線と交わる角度のことを骨盤傾斜角(ただし、ここでご紹介している骨盤傾斜角は略式型となります。本来は仙骨の角度で計測します。)と呼びます。多くの場合はAが下にくる左下がりの傾斜になります。この傾斜が15度以上になったときには明かな異常値になります。15度を上回りますと、上半身が常に前傾方向に引っ張られてしまいますので、バランスを保持するのに絶えず背筋やお尻、ふくはらぎなどの姿勢保持筋群が働かなくてはならなくなってしまうのです。

仙骨を基準としたときの骨盤傾斜角が30度を大きく上回ると、腰椎に剪断力が発生する。

そして、上記の15度を上回ることで異常値となるのですが、さらにもっと詳しくお話しますと、骨盤が傾くと骨盤の仙骨の上面の角度まで傾いてきます。

仙骨上面の傾斜角度先程の骨盤を左側面から見た図から腸骨を取り外している図。そうしますと仙骨が表示されておりますが、この上面の角度に注目していただきたいのです。この仙骨上面の角度は正常ならば30度を上回ることはありません。

ところが骨盤傾斜角の増大が起こりますと次の図のように大きく傾いてしまうのです。

傾斜角度の増大さらに仙骨の上面の勾配がきつくなっている図。仙骨の上に乗っている腰椎には強大な剪断力(物体が引き違う力)が生じている。

腰仙関節の剪断力が上昇することで、無意識の内に腰部の筋膜が過剰に緊張する。強大な背筋力で姿勢を保持することにより腰部脊柱管狭窄症などの重篤な病気の原因となりうる。

この剪断力が強くなるほどに姿勢保持が困難になりますので、腰周りの筋肉は過剰な緊張が強いられてしまいます。

腰椎の圧迫力腰部の筋肉が緊張をしますと、この図のように赤い矢印方向の圧迫力が生じ、背骨の隙間に存在する椎間板が圧迫力に押しつぶされて背骨の中の脊髄や神経の枝を障害し、下半身の筋力が減弱してしまうのです。この下半身の筋力の減弱によりさらにお尻やふくらはぎが負担に弱くなってしまうのです。

整体では骨盤傾斜角を矯正することにより、剪断力の発生を防止し、腰に加わる過剰な圧迫力による神経障害なども防止する

では、整体ではどのようにしてこういったものを防止するのかと申しますと、簡単なことですが、仙骨や腸骨などによる骨盤の傾斜角を正常に近い状態へと導いて行きます。また、仙腸関節と呼ばれる仙骨と腸骨の間の関節部分の動きを滑らかにすることによって仙骨の機能不全に陥っている状態から改善します。

この仙骨の機能不全というものは誰にでもあるものです。

この仙骨の動きがあるからこそ私たちは坂道を登るときでも、坂道を下るときでも平地を歩いていても骨盤位置が補正されて体を安定させることができるのです。ところが機能不全に陥ってしまいますと、骨盤の前方が下がってしまい、動かなくなりますので、上り坂になっても下り坂になっても同じ様な角度になってしまうため、非常に安定性を欠いてしまい、力が弱まってしまいます。

たとえば仰向けに寝転んだ状態から右足と左足を片方ずつ持ち上げていったとします。このときにある程度の角度を超えたときに右足を持ち上げているのに左足や骨盤まで動きに随伴したりすることがあります。これを左右差で見比べたときに随伴動作の大きい側を見極めることにより、どの部分で関節のつまりが起こっているのかということを見極めて行くのです。また、仙骨だけに関わらず腸骨や恥骨、腰椎なども同様に運動のつまり箇所を確認して行きます。そして詰まりの発生している関節に対してある操作をすることにより、関節内部に存在する潤滑剤の作用を持った滑液の吸収と分散を促してゆくことにより、関節の動きを向上させるのです。

こういった関節の矯正と、筋膜の調整により、多くの場合は1回の操作で骨盤傾斜が1~3センチほど矯正されるのです。つまり、仙骨部分に発生する剪断力を大幅に軽減することが可能になります。これまでに受診された患者様では腰椎分離すべり症という腰椎の骨が分離して前方に滑ってしまうような持病をお持ちになられている方もおられ、そういった方も当院の矯正によって3ヶ月に1回ぐらいのペースで通院していただければ日常生活にはまったく支障が出ぬぐらいにまで改善されていっているのです。

それでは、最後までご覧になってくださいましてありがとうございました。またのご訪問を心よりお待ちいたしております。

  ※  注意:ご利用に当たっては必ず「骨盤傾斜角のページを見た」とご予約の時点でお申し付けになってくださいませ。事前にご希望をお申し付けにならなければご希望にそった施術を受けられぬことがございます。この術式は全ての患者様に共通して実施しているものではございません。

歩行障害

  1. 歩幅が狭まってしまうのはなんで?軸足の筋力低下、骨盤前傾姿勢、水平回旋の制限、関節の腱のしなやかさの低下、デスクワークによる座り姿勢による衰えなどが関係
  2. 片足で立てない 歩くとき腰痛い上半身の荷重を受け止めるクッションである椎間板由来の疼痛である。多くの腰痛疾患に椎間板は関係しており、1回で改善されることがほとんど
  3. 歩くとお尻が張ってきて痛いお尻が張ってくるのは中殿筋の立脚相初期の負担の増加によるもの
  4. 30分歩くだけでお尻が痛くなるのは?神経障害や筋力低下などの可能性がある。
  5. お尻が痛くて満足に歩けない歩くとお尻が痛いなら歩行器や松葉杖を使って歩く。
  6. お尻の痛みは悪い歩き方によって起こるお尻が痛い患者は日頃から変な歩き方をしている。
  7. 坂道の歩行でお尻のほっぺとふくらはぎに負担大の対応は?骨盤の中でも仙骨の位置を矯正することで多くの場合は骨盤位置が1~3センチ以上改善されて歩くことが楽になりますよ。
  8. 動揺歩行と腰痛の関係足の力が弱まると肩を左右に揺する歩行になる。中殿筋の骨盤保持力を回復することが良い。
  9. ダックスウォーキング中殿筋や小殿筋の機能不全によるものであり、歩き方や日常生活動作、体型、筋肉量など機能不全の正確な原因を見定めることが必要です。
  10. ダックスウォーキングついての一考察お尻が左右に揺れてしまう歩行、骨盤を左右から支える中殿筋の機能不全による胴体部分の代償運動である。
  11. ダックスウォーキングの弊害尻の筋肉である中殿筋の機能不全によるものであることが多く、骨盤の反対側を支えていることが難しいために足を遠心力を使って振り出してしまう歩き方
  12. 船乗り歩行とぎっくり腰揺れる船上で見られる肩が左右に大きく動揺する歩き方、お尻が痛くなる
  13. 中殿筋と小殿筋の機能不全による異常歩行中殿筋と小殿筋の機能が低下すると股関節疾患と同様の症状を引き起こすことがある。
  14. 足が衰えて歩けない衰えて歩けないと思っている多くの方に関係しているのが反射抑制
  15. 歩くよりも走る方が足が楽なのか?走るとたくさんの筋肉を働かせる。歩くとふくらはぎばかりを使う。歩幅を広く歩こう
腰痛改善の運動・ダイエット|アークス整体院

運動・ダイエット

結論:運動は腰痛の予防が目的。

歩く●歩行障害、●腰痛発生時の歩き方、●腰痛の歩行の是非、●腰痛予防の歩き方

運動①:腰痛患者●運動、●効果、●無理な運動、●普通に運動したけど悪化、●マッケンジー体操、●ストレッチ

運動②:安全●運動の安全対策、●リハビリ、●高齢者(中高年)の運動、●楽な運動、●高齢者と腹筋、●水泳

運動③:運動理論●運動理論、●腹筋運動、●ストレッチの効果、●柔軟性の必要性、●ストレッチ理論、●体操、●レジスタンストレーニング理論、●アスリート向け

運動④:誤解●忙しくて運動ができない、●誤解、●効果がでない、●運動したくても出来ない、●ストレッチの誤解、●レジスタンストレーニングの誤解

ダイエット●ダイエット、●無茶なダイエット、●楽に痩せる、●ダイエット運動、●ダイエット余談

運動器具●ステップ・足踏みマシン、●腹筋マシン、●エアロバイク、●その他運動器具

店舗案内事務的内容・店舗案内

今日の一言治療とは関係のない、その日思いついたこと。思ったことを、思ったままに書き綴るページ。

最新ページ最近書いた内容を書き溜めておく場所

基本★基礎知識編、★痛み科学

原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

重点ページ

※特に力を入れて書いたページ(登場人物はすべてフィクションです)

  1. 池袋 ぎっくり腰〔ぎっくり腰で立てない〕理由脊柱が硬直し、柱のようになる。背中を丸められないと、体がテコでいう不利な状態になってしまう。足に体重移動ができないため立てない。
  2. 板橋区 ぎっくり腰〔30代漫画家男性のぎっくり腰〕長時間腰掛けて漫画を執筆する男性、座り続けると筋肉の協調性が損なわれてわずかに歩いただけで腰を患うことがある。
  3. 渋谷区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰の一番の恐怖とは?〕いつまでこの痛みが続くのか、先が見えない痛みの不安が、人を恐怖に駆り立ててしまう。
  4. 千代田区 ぎっくり腰〔トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった〕便秘がちの女性では排便に力を使い果たしてぎっくり腰を起こすことがある。潔癖症で便座に腰掛けられない人は腰を患う。    
  5. 荒川区 ぎっくり腰〔子育てと仕事でぎっくり腰になった〕荒川区の男性。生まれたばかりの子供は短時間睡眠を繰り返す。そのため睡眠不足から腰の筋肉が痙攣してしまう。
  6. 杉並区 ぎっくり腰〔建築デザインをする男性のぎっくり腰〕東京オリンピックに向けて建設ラッシュが続く中で過労からもたらされたぎっくり腰だった。関節可動域が明らかに低すぎるケース
  7. 北区 ぎっくり腰〔仕事の出張でぎっくり腰になった〕荷物を持上げてぎっくり腰になる典型。しかし、軽い荷物でも、自分の体重を含めた重量に着目する。上半身の重みが一番の凶器
  8. 台東区 ぎっくり腰〔中国人観光客、モンファさんの症例〕言葉が通じない外国人であっても決して失礼は許されない。ぎっくり腰の治療はコミュニケーションは必須です。
  9. 豊島区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰のときの寝返りの方法〕両手両膝を持上げたり、テコのように使うと楽に寝返りが打てる。介護テクニック
  10. 文京区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰になったらどうするのか?〕慌てて救急車を呼ばないように気をつけましょうね。冷静になることがまず必要です。
  11. 中野区 ぎっくり腰〔生後間もない赤ちゃんの抱っこでぎっくり腰になった〕抱っこのしすぎでぎっくり腰になった症例。背中の僧帽筋から由来する症状だった。
  12. 練馬区 ぎっくり腰〔車から降りるときにぎっくり腰になった〕車から降りようとして腰を捻ってぎっくり腰になった症例。仕事の出張の出発直前に腰を痛めてしまう。
  13. 世田谷区 ぎっくり腰〔腰方形筋によるぎっくり腰〕ブラジルから帰化した江川さん。小屋暮らしの貧しい少女時代だった。日本での忙しい日々でぎっくり腰を患う。
  14. 目黒区 ぎっくり腰〔子育ての疲労によるぎっくり腰〕まさかの40代での第三子の出産、ようやく外で働けると思った矢先の出来事だった。子育ての過労からぎっくり腰になる。
  15. 新宿区 ぎっくり腰〔座っているとお尻が痛くてたまらない〕お尻の中殿筋に筋スパズムが生じたものがある。痙攣した筋肉は股関節を曲げることで引っ張られると強烈な拒絶反応を起こす。
  16. 江東区 ぎっくり腰〔スチュワーデスのぎっくり腰〕長いフライトの最後で腰を痛める。話ぶりから、単なるぎっくり腰ではなく、心因性腰痛であることがわかる。
  17. 港区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰予防に必要な栄養素は?〕鉄分やたんぱく質も大切だけどそれ以上にカルシウムが必要。カルシウムは日本人全てが不足しているから。
  18. 足立区 ぎっくり腰〔ブロック注射で治らないぎっくり腰を改善した〕藤田さんの症例、脊柱起立筋が痙攣を起していた。ブロック注射でも直らないが筋肉の末梢牽引で痙攣は取れた。
  19. 墨田区 ぎっくり腰〔3歳の娘を抱っこしたらぎっくり腰になった〕体重の24%を上回ると腰を痛めるリスクが高まる。ところが3歳ぐらいで24%に達してしまうためぎっくり腰になった。

歩行障害

歩幅が狭まってしまうのはなんで?

片足で立てない 歩くとき腰痛い

歩くとお尻が張ってきて痛い

30分歩くだけでお尻が痛くなるのは?

お尻が痛くて満足に歩けない

お尻の痛みは悪い歩き方によって起こる

坂道の歩行でお尻のほっぺとふくらはぎに負担大の対応は?

動揺歩行と腰痛の関係

ダックスウォーキング

ダックスウォーキングついての一考察

ダックスウォーキングの弊害

船乗り歩行とぎっくり腰

中殿筋と小殿筋の機能不全による異常歩行

足が衰えて歩けない

歩くよりも走る方が足が楽なのか?

※スポンサーサイト

私も使ってます。
オススメの
カイロです。

運動・ダイエット

結論:運動は腰痛の予防が目的。

歩く

運動①:腰痛患者

運動②:安全

運動③:運動理論

運動④:誤解

ダイエット

運動器具

店舗案内

今日の一言

最新ページ

基本

原因別

部位別

症状別

睡眠・寝る

対応・対処

運動・ダイエット

仕事

姿勢

息抜き用

東京都

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰

◆店名:

アークス整

◆所在地:

東京都豊島区
南長崎
3-15-12
402

◆最寄り駅:

・西武池袋線
「椎名町(池袋駅から1駅)」、

・西武池袋線
「東長崎」、

・都営大江戸線
「落合南長崎」、

◆ぎっくり腰の緊急依頼
→電話番号
090-2413-0651

重点ページ

※特に力を入れて書いたページ(登場人物はすべてフィクションです)

池袋 ぎっくり腰ぎっくり腰で立てない

板橋区 ぎっくり腰30代漫画家男性のぎっくり腰

渋谷区 ぎっくり腰ぎっくり腰の一番の恐怖とは?

千代田区 ぎっくり腰トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

荒川区 ぎっくり腰デッドリフトで腰を痛めた30代男性

杉並区 ぎっくり腰建築デザインをする男性のぎっくり腰

北区 ぎっくり腰仕事の出張でぎっくり腰になった

台東区 ぎっくり腰中国人観光客、モンファさんの症例

豊島区 ぎっくり腰ぎっくり腰のときの寝返りの方法

文京区 ぎっくり腰ぎっくり腰になったらどうするのか?

中野区 ぎっくり腰生後間もない赤ちゃんの抱っこでぎっくり腰になった

練馬区 ぎっくり腰車から降りるときにぎっくり腰になった

世田谷区 ぎっくり腰腰方形筋によるぎっくり腰

目黒区 ぎっくり腰子育ての疲労によるぎっくり腰

新宿区 ぎっくり腰座っているとお尻が痛くてたまらない

江東区 ぎっくり腰スチュワーデスのぎっくり腰

港区 ぎっくり腰ぎっくり腰予防に必要な栄養素は?

足立区 ぎっくり腰ブロック注射で治らないぎっくり腰を改善した

墨田区 ぎっくり腰3歳の娘を抱っこしたらぎっくり腰になった