ぎっくり腰専門

世田谷区 ぎっくり腰|ぎっくり腰専門 アークス整体院

コラム:腰方形筋によるぎっくり腰

結論:左右の片側だけで抱っこをすると腰のキワにある筋肉を患う。

赤ちゃんの抱っこ
写真はイメージです。

目次:世田谷区のぎっくり腰コラム、江川さんのぎっくり腰のケース(物語はフィクションです。)

  1. 世田谷区の江川さん、腰方形筋によるぎっくり腰睡眠不足のまま抱っこしたら脊柱起立筋が攣ってしまい、それが腰方形筋という背骨のサイドの筋肉に波及したケース
  2. 患者の紹介世田谷区在住の江川さん、日本に帰化したブラジル人、女性20代。
  3. 江川さんの体験談①小屋での暮らしブラジルで過ごす幼少時代。スラムの一角のバラックで7人暮らしをしている。
  4. ②貧困の思い出貧困の局地の生活をおくるが、わずかな食料と生活費すら盗み取られてしまった・・・・
  5. ③さようならブラジル、そして日本へ念願だった日本に行くことが出来る。しかし、最後の母国に・・・・
  6. ④きっかけ日本に移住してから5年、無事に帰化することができた。日本語学校で知り合った同じ移民の男性と交際する。そして結婚し、子供に恵まれる。子育ての疲労から・・・・
  7. 電話での問診江川さんとぎっくり腰についてのお話をする。子育ての疲労によるぎっくり腰だと考えられる。
  8. 世田谷区へと駆けつける。すぐに世田谷区へと移動をする。
  9. 江川さんの様子和室の畳の上に寝そべって完全に身動きが取れない江川さん。ほんのわずかに動こうとするだけでも腰に激痛が・・・
  10. 検査脊柱運動の前屈と右側屈に強い痛みを訴える。股関節の運動制限などは見られない。
  11. 原因ぎっくり腰の原因としては脊柱起立筋と腰方形筋の筋攣縮が疑われる。脊柱起立筋に関しては何度か別のページで触れておりますので除外し、腰方形筋についてのみ説明して行きます。
  12. 腰方形筋攣縮の原因①偏った抱っこ腰方形筋の右側だけが痛みを引き起こした原因として赤ちゃんを抱き上げる動作で毎回同じ側にばかり子供を持っていた。
  13. 腰方形筋攣縮の原因②脊柱起立筋の代償背骨の柱となる脊柱起立筋を酷使しすぎると脊柱起立筋の力が弱ってくる。すると背筋を真っ直ぐに保てなくなってしまう。弱った力を補うために腰方形筋が代償的に動員される。
  14. 腰方形筋攣縮の原因③ストレス性の関連痛痛みがあるときなど体にストレスが加わったときにはそれから身を守ろうとして無意識に力を入れてしまう。
  15. 治療脊柱起立筋と腰方形筋の攣縮を取り除く、腰方形筋そのものは体幹を側屈する動作によって緩和される。
  16. 治療の結果立ち上がるのがずいぶんと楽になり、腰の痛みが軽減して満足される。ご主人も気さくな笑顔で見送ってくれる。
  17. アフター指導可能な限り体を休めて、周囲の人の協力を得てまとまった睡眠時間を確保する。出来るだけ赤ちゃんを抱っこするときに普段とは違う側でも持上げるようにする。
  18. ぎっくり腰治療も大成功でした。世田谷区で今回行ったぎっくり腰の治療も大成功の結果となりました。皆さんも困ったときにはご利用くださいね。

ぎっくり腰の施術依頼はこちらぎっくり腰の治療依頼でしたら→090-2413-0651電話1本で緊急出張します。24時間対応

世田谷区の江川さん、腰方形筋によるぎっくり腰

日本に帰化した江川さん(仮名、女性、かつてはブラジル人)、世田谷区在住、出産を期に引越しする。産後2ヶ月目に睡眠不足からぎっくり腰を患ってしまう。ぎっくり腰にありがちな脊柱起立筋の筋攣縮だったが、症状が腰方形筋に波及しているケース。

メニューに戻る

世田谷区のぎっくり腰患者の紹介

江川さん夫婦

著作者:

Vive La Palestina(江川さんご夫婦、写真はイメージです。)

では今回の世田谷区のぎっくり腰患者の紹介をして行きましょう。当然のことながらフィクションです。過去の治療の患者さんの思い出話や、自分自身の話など複数の題材を組み合わせて創作した物語となります。実在する人物との関係は一切ありません。

患者さんの江川さんは、もともとブラジルご出身の女性です。日本で居住した期間が5年以上になると日本人として帰化する。つまり日本国籍を入手することが出来るわけですが、高校の卒業を期にご両親と日本に渡ってこられた。すでに10年以上日本で暮らしている。もともと新宿区にお住まいになられていたのですが妊娠を期に広くて暮らし易い住環境を求めて世田谷区のマンションに引越しされたのです。そして新しい暮らしをはじめる。程なくして待望の女の子を産む。
生まれたばかりの赤ちゃんのお世話をしていてぎっくり腰を患ってしまったということです。
江川さんの場合はブラジルから日本に帰化したわけですが、やはり日本に渡って来られたのは経済的な事情が大きかったのではないでしょうか。生まれ育ったブラジルにきっと多くの友達が居たはず。
両親の意向で祖国と別れる。そこには言葉に言い表せない多くの思いがあったことでしょう。
ブラジルのイエスキリストの像by:exfordy
おじいさんやおばあさんだってブラジルで暮らされていることです。
ところで、ブラジルといえば2016年のリオデジャネイロオリンピックが印象に残っておりますよね。
リオデジャネイロオリンピック
開会式のときのことだった、
日の丸の衣装をまとったブラジルの人たちが原爆追悼にあわせて旗を天に掲げた。
なぜか無性に目頭が熱くなってしまった・・・・
原爆で命を落とした親戚や身内は勿論いない。
原爆なんて遠い祖先の話のように思えてしまう。
心のどこかで
「あぁそう・・・」
と他人事のように感じていた。
でも遠い地球の裏のブラジルから見たらそうではない。
日本人は1億2千万人いるが日本と言う一つの国であって、1億二千万人という細胞が作り上げている一つの生命体なのだ。
原爆追悼
「そうだ・・・決して他人事ではないんだ・・・」
そう思った。
なぜだか分からない。だけど彼らに
「ありがとう」
と言いたかった。
彼らが居なかったらきっと、僕はずっと一人だったのだ。
大きな命の存在に気がつくことは決してなかっただろう。
ブラジルと日本は昔からとても深い付き合い。
行ったことはないけど
今でもブラジルと聞くと親近感を感じます。
では江川さんのぎっくり腰体験談です。

メニューに戻る

江川さんのぎっくり腰体験談:小屋での暮らし

カーテンすらない部屋

著作者:
Lucy Maude Ellis

何もない部屋だった。
貧しくてカーテンを買うお金もなかった。
日本のゴミ捨て場を見たときには宝の山だと思った
「なんてお金持ちだろう」
と思ったぐらい。
スラムの一角にある小屋。
八つ並んだ6つ目に私の小屋はあった。
そこには日が当たらない。
いつもうすボンヤリとしている。
辛うじて正午になると明るくなる。
でも日が入らないから部屋はとても暗い。
家の裏には鉄道があってゴトンゴトンって鳴り響く。
隣同士の家の隙間は猫が一匹辛うじて通れるぐらい。
木製のパレットをばらして組み立てたドア。
板を組み合わせてそこに波板を貼っただけの家
ドアをあけると
土間がある。土間の上にビニールを敷いてそこにさらに
布を敷いただけの簡素な部屋。
7人暮らしの我が家。
家は狭くて兄弟は部屋の中で寝ることが出来なかった。
兄達はいつも父の車の中で寝た。
夜になると兄とその車でトランプをするのが好きだった。
ヒモで天井に懐中電灯をぶら下げる。そしてトランプの手元を照らす。
父は工場で働くけどいつも仕事で急がしい。
私には詳しく分からなかったけど給料もきっと安かったと思う。
貧しい中でおじいちゃんはいつも同じことを繰返して言った。
おじいちゃん

著作者:
Bjorn Bechstein

「いいかい。いつかこの国を出て日本に行くんだよ。日本に行けば豊な暮らしが出来る。」
「この国のように井戸や川で水汲みをする必要もないんだ。」
日本に行けば水道があって、
栓を開けるだけで水だって火だって出る。
「火も出るの?おじいちゃん」
「あぁ~そうだとも。ガスっていうのがある。」
この国ではレンガを組んで囲炉裏を作り、そこにペンキの空き缶を置く。
そのストーブに薪を放り込んで火を起こす。
米を炊くだけでも12分ぐらいを要する。
「そうか。すごいんだね」
いつも夢に見る日本、きっといつか行きたい。大人になったらそこに行こうと思う。
貧困から逃れたい
そう思って子供時代を過ごしました。

メニューに戻る

貧困の局地:戸棚の小麦粉すら・・・

小屋で過ごしていたときにはこんなこともあった。
学校を終えてお腹をすかして家に帰り着いたときのことだった。
「ただいま。ママ、お腹が減った。パンを焼くわ」
日本でも下流階級になるとおやつを食べることは出来ない。
お腹が減ったときには小麦粉を水で溶いて練ったものを焼く。
そうしてパンを作ってかじりついてお腹を満たした。
ネズミ避けのために高くの戸棚に小麦をしまっている。
戸棚を開けたときのことだった
いつも小麦をしまっている戸棚にそれが見つからなかった。
あれ?おかしい。
隣の戸棚、その隣も探してみた。
「ねえ、ママ?ないよ!?」
「そんなはずはないわ。どうしてかしら・・・」
ママは勝手口を見た。勝手口はウチ側から閂をかける仕組みになっている。
ところがそれが掛っていない。
「分かった!ど・・泥棒よ!」
すぐにママは気がついた。
バラックで暮らしているこんな貧困な生活。
貧困の局地と言っても良い。
にも関わらずちょっと油断すれば
僅かな食料すら盗み取られてしまう。
「もういい。また、買ってくるわ」
ママは気を取り直すと兄にお使いに行くように促す。
そしてカバンからサイフを取り出す。
サイフを開いたときに気がついた・・・・
「あれ!お金もないっ・・・・」
そう、入っているはずのお金も無かった。
それが我が家にとって残された僅かな生活費なのだということは分かっていた。
結局この日は一家全員、何も食べずに夜を過ごした。
不思議なことに誰一人食事のことは口にしなかった。
皆うつむいたままだ。
内心では悔しかった・・・
お腹が減って辛かったのに・・・
「あぁいつか、小屋から抜け出して日本で暮らしたい。」
いつもそう思って子供時代を私は過ごしたのです。

メニューに戻る

さようならブラジル、そして日本へ・・・・

高校生になるぐらいに私は日本に移住をすることを父から聞かされました。それからというもの日本語の勉強をするために漫画を見たり、日本の映画を観たりと言葉を勉強しました。

そしてそのときはついに来たのです。

出航

著者: *JRFoto*

「イザベラ!手紙を出すわ・・・」
「ありがとう。」
友達は港まで見送ってくれた。
ブラジルでの私の名前、
これからは違う名前になる。
この名前はもうこれで最後になる。
5年経ったら日本国籍をとって帰化する。
だからもう日本の名前はある。
この船が陸を離れたらイザベラではなくなる。
これからは日本人として生きてゆくんだ・・
「私達また合えるよね・・・」
「うん、約束する。」
友達は涙を流して私を見送ってくれた。
おじいちゃんもおばあちゃんも、見送ってくれた。
きっともう二度と会えないのかもしれない。
さようなら。
さようならみんな。
さようならリオデジャネイロ、
そして、さようならブラジル

こうして船は日本へと向けて出航したのです。

あんなにも辛かった小屋での暮らし、憧れだった日本に行ける・・・・でも陸地が遠ざかって行くとなんだか涙が浮かんでくる。

メニューに戻る

世田谷区でのぎっくり腰のきっかけ:新生児の抱っこ

移住してから、
日本語学校に通うようになった。学校は夕方から。
夜間の専門学校という感じ。
学校が終わると9時ぐらい。
すぐに家に帰って食事を済ますとそれから夜勤のパートで働く。
お父さんとお母さんは祖国で働いているとき、どんなに一生懸命に毎日働いても毎月2万円~3万円ぐらいの給料だったらしい。
日本ではとても暮らしてゆけない金額。
でも日本で暮らすようになって毎月12万円も稼げる。
家族であわせると毎月60万円以上にもなる。
祖国ではありえない金額だ。
おじいちゃんの言っていたことは本当だった。
こうして日本に移住して5年が経過しました。
最初は新宿区、家族で狭いアパートで暮らした。
5人で狭いアパートで身を寄せ合うように冬を過ごしたこともあった。
日本のダンボールには随分と助けられた。
キッチンのスペースにダンボールと毛布を敷いて、狭い隙間を埋め尽くすように五人でくっ付く。
布団をかぶってその上にダンボールを乗せる。そうするとその中はあったかい。
寒さを凌ぐ方法はそのときに身に付いた。

そうして月日は過ぎて無事に帰化することができた。
その間私は、日本で知り合った男性と交際していた。
日本語学校で知り合った同じブラジルからの移民だ。
そして交際が続く中で彼と結婚する。
女の子にも恵まれる。
娘の名前は『桜』
桜
著作者: J.D Chen ♂
日本で最も印象に残っている桜、
妊娠を期に新宿区から世田谷区へと引っ越す。
2月に出産して4月になったばかりの頃にぎっくり腰になったのです。
ぎっくり腰に陥ったのは桜を抱っこして立ち上がろうとしたときのことでした。
生まれたばかりの赤ちゃん、決して重たいわけではない。4キロぐらいだろうか。
でもこの時期の赤ちゃんはすぐに目を覚ます。
お乳しか飲まない。
だからすぐにビチビチの排便をする。
とうぜん臭い。
オムツを交換する。
お腹が減るとまた泣く、
ようやく眠りに付いたかと思うと小一時間もすると目を覚ます。
そしてお乳をあげる。
オムツ、
抱っこ、
寝かしつける。
泣く、
お乳、
オムツ、
延々とこれが繰返される。
コックリコックリと寝入ろうとすると何度も起こされてしまう。
次第に睡眠不足になる。
完全に神経が衰弱していた。
目の表面の膜が乾燥して瞬きをするたびにまぶたとの間で擦れるような違和感を感じる。
目の中に常に塵が入ったような重い感じがする。
あぁ・・・眠りたい。
主人は仕事で忙しい。
日本はとても厳しい国。祖国のように自由に働くことは許されない。
この子のためにも出来るだけ仕事に頑張ってもらいたい。
「あなた。子供は任せて寝て」
主人にそう言って寝てもらう。
そして、あっという間に夜が明けてしまう。
光を見ると目がジンジンする。
それが何日も続くと機械音のような耳鳴りが聞こえてくる。
「キュンキュンキュン・・・」
携帯電話のゲームの音だ。
『辛い・・・・眠りたい・・・・本当にママになって良かったのだろうか・・・・』
そう思うこともあった。
でも、
『いけない!ママは私だけなんだ。』
『この世界で桜を守ってあげられるのは私だけなんだ・・・』
必死に自分に言い聞かせた。
フラフラになりながらも休んではいられないと、食事の仕度をしようと立ち上がる。
そして桜をベビーベッドに乗せようとして抱っこして持上げた瞬間にそれは起こった・・・・
『ギクッ!』
さっきまで何ともなかったのに急に電気が走るように背中から腰が痛くなった。

日本の友達は、これをぎっくり腰って言ってた。
「そうか・・・これがぎっくり腰なのか・・・」
すぐに治療を受けようと思い、知り合いから聞いていたアークス整体院さんに連絡をしたのです。こういうときって病院に行った方がいいのかもしれない。でも友達に聞いたらそれじゃあダメだって言う。だからすぐに良くしてもらいたいと思って電話をかけました。

メニューに戻る

ぎっくり腰の電話でのやりとり:睡眠不足による過労が背景にある。

ということで、江川さんからのお話はこれぐらいにさせていただきましょう。以下は治療院側の内容となります。

江川さんから電話を受けたときには電話口から赤ちゃんの鳴き声が聞こえてきました。
「おぎゃ~、あんぎゃ~」
「もしもし、アークス整体院さんですか?」
赤ちゃんの声にかき消されるように小さな声が聞こえてきました。
「恐れ入ります。ちょっと声が聞き取れません」
「分かりました。」
おそらくはご主人に赤ちゃんを抱いてもらったのか?
そしてなんとも疲弊した声でお話をされたのです。
確実にこの方のぎっくり腰に睡眠不足による過労が背景にあることが分かります。
色々と彼女とやり取りをしておりますと、どうも子育ての疲労からぎっくり腰を起こしてしまったご様子です。赤ちゃんを抱き上げたときに腰を痛めてしまうことはあります。ただ抱き上げただけでなった典型的なものとは異なり、睡眠不足などの過労がその背景にあるのだろうということは察しがつきます。

もともとの腰の持病はないということでしたのですぐに世田谷区へと出張整体をさせていただきました。

メニューに戻る

すぐに世田谷区へとぎっくり腰の整体に駆けつける

当院で対処が可能な範囲のぎっくり腰であると判断できたため、施術をお受けして世田谷区へと駆けつけました。世田谷区へと移動をするときには当院からでしたら山の手通りを南に向かいます。途中で新宿区をすぎて渋谷区にはいる。そしてさらに直進すると首都高速3号線が見えてくる。大橋ジャンクションを降りたとこにあるのが世田谷区、そのまま田園都市線の路線沿いに移動をすると世田谷区の江川さんのお住まいになられるマンションに無事に辿りつくことが出来ました。

幸いにも道も混雑しておりませんでした。しかし、世田谷区は繁華街としては随分な賑わいを見せておりますよね。三軒茶屋付近は若者も多くて活気が満ち溢れております。10代~20代ぐらいの若者が信号待ちで止まっている姿をみるとなんとなく元気がもらえます。さすがは日本最大の人口を誇る世田谷区といった感じ。

そして、玄関の呼び鈴をおしますと江川さんのご主人が私を迎えてくれたのです。
やはり生まれたてのお子さんがいるご家庭です。
赤ちゃんには免疫力がありません。
ご主人に最初に手洗い場へと案内をされます。そして加熱したお湯で手を洗って除菌を済ますと、患者さんである江川さんとお会いしたわけです。

メニューに戻る

江川さんのぎっくり腰の様子

患者さんである江川さんとお会いした様子です。彼女はとても小柄で、仰向けになって和式の畳の上に寝転んでおります。
「どうですか?腰の具合は」
「そ・・・それがもう全く動けません」
彼女は壁際に寝そべっていたため十分な施術スペースが確保できません。
部屋の中央に動いてもらう必要があります。
「少し壁から離れてもらえますか?」
「はい」
ゆっくりと動こうとするけどまったく動けない。
「痛い!無理です。」
自分では動けそうにありませんから仕方がないです。
ご主人の協力を得て体をズラして動かします。
寝ていても身動きが取れないほどに腰に痛みがある。ギックリ腰の患者さんの中でも重症な方です。

メニューに戻る

ぎっくり腰の検査:脊柱の前屈運動と側屈運動に痛みを来たす。

簡単に幾つかの問診、ヒアリングを済ませた後に彼女の検査に入って行きました。徒手検査を色々と実施するのですが、手足などの四肢の動作をする検査ではどのような動作をしてもほぼ腰の痛みは誘発されません。つまり、彼女の場合はもともと非常に柔軟性に優れている。

体の固い人は手足の関節を動かしたときに本人は動かすつもりがなくても無意識に背骨の動作が随伴されます。そのため腰の炎症箇所が仮に僅かであっても体が固い故に股関節を動かしたときに腰の動作が随伴します。例えば股関節を深く曲げようとすると必然的に腰椎の関節も随伴して曲がってしまいます。股関節を後ろに反らそうとすると腰椎も連動して腰を反らすため炎症箇所が刺激されてしまいます。ところがある程度体が柔らかい人では股関節を命一杯動かして可動範囲の限界まで動かして初めて腰椎の運動が開始されます。つまりは柔らかい人ほど腰の痛みが刺激されないわけです。

また、体重が重い人も全般的にぎっくり腰では痛みが重症化しやすい。なぜなら自分自身の体重が炎症した患部に刺激を与えるから。だから肥満した人のぎっくり腰では寝転んだ状態から起き上がるときに腰の痛みを強く来たして起き上がれなくなってしまうこともある。ところが彼女の場合は体も小柄。そういった体重による腰の負担はありません。

もともと体も柔らかく、腰の炎症箇所を刺激するような体重の過度な負担もない。にも拘らず腰を動かそうとすると激しく痛む。つまり、腰以外の部分から由来する動作を抑制する因子がないにも関わらず、腰を動かすと痛い。これは腰そのものの不具合、脊柱所見からもたらされるギックリ腰だと判断に至ったわけです。

そして脊柱運動をいくつか見て行きます。最初は脊柱全体を前方に前屈させる。痛みが再現される。逆方向の伸展や、水平に腰を捻る回旋ではさほどの痛みはない。にも関わらず胴体を側屈、すなわちワイパーが動くように腰骨を視点として胴体を右に曲げると痛みを誘発される。明らかな脊柱運動の前方屈曲そして、右側屈に異常が見られたわけです。

メニューに戻る

ぎっくり腰の原因:脊柱起立筋と腰方形筋の筋攣縮

次に今回の江川さんのぎっくり腰の原因についてです。彼女の場合は脊柱起立筋と呼ばれる筋肉、そして腰方形筋と呼ばれる筋肉に筋攣縮を来たしておりました。脊柱起立筋の筋攣縮についてはこれまでの事例でもご紹介したことがありますので敢えて説明する必要はないかと思います。

端的に言えば睡眠不足が背景となって背中にある脊柱起立筋が興奮性を高めて固くなる。そして固くなった筋肉に不意に赤ちゃんを持上げる反動が加わったことで引き攣ってしまう。脊柱起立筋には背筋を真っ直ぐに保持する作用がある。そのため起き上がろうとすると攣った脊柱起立筋に負担が加わって痛みが強くなる。だから起きられない。したがってアキレス腱や足先が攣ったときのように攣った筋肉を優しく伸張させることで引き攣った状態が軽減する。

今回肝心になるのは腰方形筋と呼ばれる筋肉の攣縮です。
腰方形筋
この筋肉は腰椎の側面の横突起と言う部分と骨盤を繋ぐ筋肉。船のマストでいうところサイドから斜めに渡したロープのようなもの。たびたび例えとしてボクシングやプロレスのコーナーポストの横に渡されたトップロープに例えられます。この腰方形筋があることで背骨を左右に動かす側屈動作が成り立ちます。腰方形筋に筋攣縮が起こると側屈をしたときに明らかに痛みを生じるようになるわけです。

メニューに戻る

腰方形筋が攣縮した原因①赤ちゃんの偏った抱っこ

ではどうして腰方形筋が筋攣縮を起してしまったのでしょうか?色々と考えて見ましょう。やはり、新生児のいるご家庭では常に赤ちゃんを手で抱っこしていないといけませんよね。赤ちゃんは自由に体を動かせない。よって目の前からお母さんが見えなくなるとお母さんが居なくなったことを気にして泣いてしまう。

だからお母さんは常に赤ちゃんを抱っこしたりと手を離すことが出来ない。このときに右手で家事をこなしたり、物を手にしたりする。左手で赤ちゃんを抱き抱えるる。すると赤ちゃんを左側で抱きあげるために胴体は常に左に倒れようとする。この倒れ込む力を支えるのが腰方形筋。

つまり利き手の関係でどうしても反対側の左手で赤ちゃんを抱き上げるため腰方形筋の片側を酷使したのではないでしょうか。

片手で抱っこしながら、空いている手を使う
左手ばかりで抱っこをし、右手でものを操作する。だから胴体が赤ちゃんの重みで左に引っ張られる。倒れないように右の腰方形筋が頑張るので疲れて筋攣縮を起した。

メニューに戻る

腰方形筋の筋攣縮の原因②脊柱起立筋の代償

次に考えられうる腰方形筋が筋攣縮を起した原因としては脊柱起立筋の代償が考えられます。

脊柱起立筋は背骨に沿って縦に伸びて背筋を真っ直ぐ支える筋肉
脊柱起立筋

今回の江川さんのケースではこの脊柱起立筋に筋攣縮があった。つまり、もともと脊柱起立筋を酷使している。働きすぎて弱った脊柱起立筋の働きを補うためにサイドロープのように背骨を支える腰方形筋がその働きを代わりに補おうとする。それが腰方形筋の筋攣縮につながったのではないかと考えたわけです。

メニューに戻る

腰方形筋の筋攣縮の原因③ストレス性の関連痛

そして次に上げられる腰方形筋が筋攣縮を起した原因としてあげられるのはストレス性の関連痛です。痛みがあらわれると人は咄嗟に力を入れて体を守ろうと身構えてしまうもの。ようするには力んでしまうわけです。

恐怖心

痛みはそれと共に必ず恐怖心をもたらします。この恐怖心から力みが生じて、その力みから筋肉の酷使、酷使された筋肉がやがて力尽きて引き攣ってしまう。こういった仕組みになるわけです。日頃から赤ちゃんの抱っこなどで片側の筋肉ばかりが酷使されておりますとその部分が特に過敏に反応しやすくなるため、恐怖心を生じたときに最初に腰方形筋が引き攣ってしまうのかもしれません。

メニューに戻る

世田谷区でのぎっくり腰の治療

ということで世田谷区の江川さん(仮)のぎっくり腰の治療についてです。彼女のケースでは攣縮している脊柱起立筋と腰方形筋についての治療を主に行わせていただきました。脊柱起立筋の治療に関しては過去に何回かご紹介させていただいたことがありますのでここではふれません。詳しくお知りになりたい方は別でご覧になってください。今回の江川さんの腰方形筋の攣縮については体幹を左に側屈させることで右の方形筋が痛みを発するわけです。普通に考えると痛みが強くなる方向に操作をするものではありません。しかし、アキレス腱や足が攣ったときと同じくして攣った筋肉の攣縮を解く為に敢えてゆっくりと筋肉を伸張して行きます。このときには主に仰向けの姿勢になっていただき、骨盤と体幹部の肋骨を引き離すように操作をくわえます。痛みが出ない範囲で胴体を弓なりにC字を描くようにする。股関節で代償されないように注意しつつ、骨盤をゆっくりと押し下げる。最初はほんの1センチほど動かす。すると腰に痛みが走る。5ミリぐらい戻す。
そうしたらまたゆっくりと持続牽引をかける。そしてまた動かすと今度は1.5センチほど動くようになる。そしたらまたそのポジションから持続牽引をかける。これを繰返して行きますと体幹の側屈可動域が増加してやがてクネンと綺麗なC字状を描くことが出来るようになる。厳密には背骨の運動は細かな随伴運動も伴いますので更に細かな操作を加えます。江川さんの場合もそうして腰の動きを和らげると見事に腰の痛みが軽減されたのです。

メニューに戻る

世田谷区のぎっくり腰治療の結果

ということで、今回の江川さんの治療を終えて立ち上がってもらいます。
「もう大丈夫でしょう。立ってみてください。」
「はい」
最初は寝そべったままほんの僅かにも体をずらすことさえ出来なかった江川さん。
「先生、楽です。」
目を見開くようにしてゆっくりと体を持上げます。
「全然痛くない・・・・」
自分の腰の痛みがすっかり消えたことを信じられないのかグルリと首を回して腰を覗き込む
「すごい・・・先生、これってもう治ったってことですよね。」
「そうですよ。もう家事も十分果たせるでしょう。」
「ありがとうございます。」
隣にいるご主人も嬉しそうにしてます。

メニューに戻る

ぎっくり腰のアフター指導:偏った抱っこを避けて、まとまった睡眠を取るようにする。

次にぎっくり腰のアフター指導についてです。
江川さんの場合ではやはり日頃から赤ちゃんを左側で抱き上げて右側で物を握ったりと同じ側の手で偏った負担を請け負っております。
腰方形筋の右側と左側で偏りが余りにも大きくなっているため腰の痛みを引き起こしてしまったわけですから、日頃から均等に使うように意識する。完全な均等は無理でも余裕のあるときには右手側で抱き上げてみる。つまり両手の使用を均等に出来るように意識することが必要でしょう。それとともにまとまった睡眠時間が取れるようにご両親と協力して体を休ませる時間を確保する。さらにはお子さんがまとまった睡眠を取る大人型の睡眠リズムが形成される生後1年ぐらいまでは定期的に整体を受けて体をケアすることが大切だというとを指導させていただきました。

メニューに戻る

世田谷区のぎっくり腰の治療も大成功でした。

今回の世田谷区でのぎっくり腰も大成功の結果に終わりました。ぎっくり腰にはさまざまな種類のものがあります。あらゆるものにアークス整体院は対応しておりますので腰の痛みを患ってしまわれたときにはいつでもアークス整体院へと緊急のご連絡をしてくださいね。

希望の光

どのような患者さんもご満足されております。全ての方に希望をお約束しましょう。

メニューに戻る

腰方形筋

  1. 腰方形筋の筋攣縮とぎっくり腰睡眠不足のまま抱っこしたら脊柱起立筋が攣ってしまい、それが腰方形筋という背骨のサイドの筋肉に波及したケース
  2. 多くのぎっくり腰に関係する腰方形筋腰方形筋は腰骨の左右を支える筋肉、多くの腰痛に関係しており、痛みそのものは他の部位に隠れているが、腰方形筋を治療することでしつこい痛みが緩和されることがある。
  3. 腰方形筋の筋力トレーニングダンベルを用いて体を前額面方向に動かすと良いが正しい方法は専門家の指導を直接受けるべき
  4. 腰方形筋と腰痛骨盤が引っ張られると痛みを来たす。そのためSLRテスト、FNSテストともに陽性となる。
  5. 腰方形筋の攣縮が原因のもの病院で宣告された『ヘルニア気味』・『背骨の隙間が狭まっている』という言葉の恐怖におびえ心因性の病態に陥っている。
  6. 胴体の側面の痛みは腰方形筋によるものドテッ腹が痛くなるケースは反り腰姿勢のものに見られる
  7. 多裂筋と腰方形筋の拘縮について固くこわばって疲労が蓄積されると両者の隙間にトリガーポイントが形成されて、疲労濃度の高い血液が貯留される

原因別

きっかけ①スポーツ、②生活場面、③交通事故・怪我、④家事労務、⑤クシャミ、⑥共通

腰痛メカニズム●原因概要、●腰痛メカニズム、●筋肉メカニクス、●ボディーメカニクス

ヘルニアヘルニア(●新説、●過去説、●運動、●きっかけ、●気をつけたいこと、●症状、●対応、)

椎間板、腰部脊柱管狭窄症椎間板(●腰痛と椎間板、●腰部椎間板)、腰部脊柱管狭窄症(●狭窄症、●症状、●対応)

坐骨神経痛①●坐骨神経痛、●筋トレ・運動、●筋肉、●判別が必要な病気、●股関節疾患の判別、●仙腸関節障害との関係

坐骨神経痛②●兆候、●一般症状、 ●随伴症状(坐骨神経痛だけの特有のものでない症状)、●対応、●セルフケア、●生活習慣、●医療機関の実情

持上げ動作●きっかけ、●持ち上げ・持ち運び、●持上げる方法、●無理のある考え方、●考え方、●持上げる仕事、 ●抱っこ腰痛)

体型●やせ型の力学的要因、●痩せ型、●肥満、●その他体型

力学●力学、●慣性、●偏り

筋肉(総論)●筋肉と腰痛、●深層筋、●筋肉全般(腰痛と関係しないもの)、●筋肉量、●腰部筋群

筋肉(個別筋)●背筋、●下後鋸筋、●多裂筋、●腰方形筋、●腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)、●大腿四頭筋、●ハムストリングス、●中殿筋、●臀筋群、●腹筋、●高齢者と腹筋

内科●内科・内臓、●心臓・血管・脈管系、●胃腸、●糖尿病・血糖、●自律神経(交感神経・副交感神経)、●呼吸器系、●風邪・感染症、●遺伝、●その他原因、●原因が分からない

高齢者関連●腰痛の仕組み、●腰痛対策、●筋肉・筋力、●その他、●骨粗しょう症

女性・子供●女性、妊娠、●産後、●子供

心理①腰痛(考え方、ストレス、心因性の特徴、心理的影響)、●治療の考え方、●思考回路・思考パターン、●主義・思想・価値感、●ストレス、●恐怖

心理②●怒り対策、●感情、●対人関係、●防衛機制、●不安、●心理分析、●メンタルケア、●その他心理、●行動指針、●精神病、●脳医学

自然●季節・時期・自然要因、●寒さ、●暑さ、●朝方・早朝、

店舗案内事務的内容・店舗案内

最新ページ最近書いた内容を書き溜めておく場所

基本★基礎知識編、★痛み科学

原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

重点ページ

※特に力を入れて書いたページ(登場人物はすべてフィクションです)

  1. 池袋 ぎっくり腰〔ぎっくり腰で立てない〕理由脊柱が硬直し、柱のようになる。背中を丸められないと、体がテコでいう不利な状態になってしまう。足に体重移動ができないため立てない。
  2. 板橋区 ぎっくり腰〔30代漫画家男性のぎっくり腰〕長時間腰掛けて漫画を執筆する男性、座り続けると筋肉の協調性が損なわれてわずかに歩いただけで腰を患うことがある。
  3. 渋谷区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰の一番の恐怖とは?〕いつまでこの痛みが続くのか、先が見えない痛みの不安が、人を恐怖に駆り立ててしまう。
  4. 千代田区 ぎっくり腰〔トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった〕便秘がちの女性では排便に力を使い果たしてぎっくり腰を起こすことがある。潔癖症で便座に腰掛けられない人は腰を患う。    
  5. 荒川区 ぎっくり腰〔デッドリフトで腰を痛めた30代男性〕仕事の休日の日にトレーニングジムで体を鍛えようとして逆に腰を患ってしまう。
  6. 杉並区 ぎっくり腰〔建築デザインをする男性のぎっくり腰〕東京オリンピックに向けて建設ラッシュが続く中で過労からもたらされたぎっくり腰だった。関節可動域が明らかに低すぎるケース
  7. 北区 ぎっくり腰〔仕事の出張でぎっくり腰になった〕荷物を持上げてぎっくり腰になる典型。しかし、軽い荷物でも、自分の体重を含めた重量に着目する。上半身の重みが一番の凶器
  8. 台東区 ぎっくり腰〔中国人観光客、モンファさんの症例〕言葉が通じない外国人であっても決して失礼は許されない。ぎっくり腰の治療はコミュニケーションは必須です。
  9. 豊島区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰のときの寝返りの方法〕両手両膝を持上げたり、テコのように使うと楽に寝返りが打てる。介護テクニック
  10. 文京区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰になったらどうするのか?〕慌てて救急車を呼ばないように気をつけましょうね。冷静になることがまず必要です。
  11. 中野区 ぎっくり腰〔生後間もない赤ちゃんの抱っこでぎっくり腰になった〕抱っこのしすぎでぎっくり腰になった症例。背中の僧帽筋から由来する症状だった。
  12. 練馬区 ぎっくり腰〔車から降りるときにぎっくり腰になった〕車から降りようとして腰を捻ってぎっくり腰になった症例。仕事の出張の出発直前に腰を痛めてしまう。
  13. 世田谷区 ぎっくり腰〔腰方形筋によるぎっくり腰〕ブラジルから帰化した江川さん。小屋暮らしの貧しい少女時代だった。日本での忙しい日々でぎっくり腰を患う。
  14. 目黒区 ぎっくり腰〔子育ての疲労によるぎっくり腰〕まさかの40代での第三子の出産、ようやく外で働けると思った矢先の出来事だった。子育ての過労からぎっくり腰になる。
  15. 新宿区 ぎっくり腰〔座っているとお尻が痛くてたまらない〕お尻の中殿筋に筋スパズムが生じたものがある。痙攣した筋肉は股関節を曲げることで引っ張られると強烈な拒絶反応を起こす。
  16. 江東区 ぎっくり腰〔スチュワーデスのぎっくり腰〕長いフライトの最後で腰を痛める。話ぶりから、単なるぎっくり腰ではなく、心因性腰痛であることがわかる。
  17. 港区 ぎっくり腰〔ぎっくり腰予防に必要な栄養素は?〕鉄分やたんぱく質も大切だけどそれ以上にカルシウムが必要。カルシウムは日本人全てが不足しているから。
  18. 足立区 ぎっくり腰〔ブロック注射で治らないぎっくり腰を改善した〕藤田さんの症例、脊柱起立筋が痙攣を起していた。ブロック注射でも直らないが筋肉の末梢牽引で痙攣は取れた。
  19. 墨田区 ぎっくり腰〔3歳の娘を抱っこしたらぎっくり腰になった〕体重の24%を上回ると腰を痛めるリスクが高まる。ところが3歳ぐらいで24%に達してしまうためぎっくり腰になった。

腰方形筋

腰方形筋の筋攣縮とぎっくり腰

多くのぎっくり腰に関係する腰方形筋

腰方形筋の筋力トレーニング

腰方形筋と腰痛

腰方形筋の攣縮が原因のもの

胴体の側面の痛みは腰方形筋によるもの

多裂筋と腰方形筋の拘縮について

原因別

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板、腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然

店舗案内

最新ページ

基本

原因別

部位別

症状別

睡眠・寝る

対応・対処

運動・ダイエット

仕事

姿勢

息抜き用

東京都

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰

東京都豊島区南長崎3-15-12 402

◆ぎっくり腰の緊急依頼
→電話番号
090-2413-0651

重点ページ

※特に力を入れて書いたページ(登場人物はすべてフィクションです)

池袋 ぎっくり腰ぎっくり腰で立てない

板橋区 ぎっくり腰30代漫画家男性のぎっくり腰

渋谷区 ぎっくり腰ぎっくり腰の一番の恐怖とは?

千代田区 ぎっくり腰トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

荒川区 ぎっくり腰デッドリフトで腰を痛めた30代男性

杉並区 ぎっくり腰建築デザインをする男性のぎっくり腰

北区 ぎっくり腰仕事の出張でぎっくり腰になった

台東区 ぎっくり腰中国人観光客、モンファさんの症例

豊島区 ぎっくり腰ぎっくり腰のときの寝返りの方法

文京区 ぎっくり腰ぎっくり腰になったらどうするのか?

中野区 ぎっくり腰生後間もない赤ちゃんの抱っこでぎっくり腰になった

練馬区 ぎっくり腰車から降りるときにぎっくり腰になった

世田谷区 ぎっくり腰腰方形筋によるぎっくり腰

目黒区 ぎっくり腰子育ての疲労によるぎっくり腰

新宿区 ぎっくり腰座っているとお尻が痛くてたまらない

江東区 ぎっくり腰スチュワーデスのぎっくり腰

港区 ぎっくり腰ぎっくり腰予防に必要な栄養素は?

足立区 ぎっくり腰ブロック注射で治らないぎっくり腰を改善した

墨田区 ぎっくり腰3歳の娘を抱っこしたらぎっくり腰になった