ぎっくり腰専門 アークス整体院

施術内容について|アークス整体院

疲労回復やリラックス、辛いからだの痛みの解消、お体の悩みなどどのような方でもご利用可能です。

施術参考ページ

施術考え【患者の心身と常に一体化した手技を心がける】

当院が描く理想、それは魚が水と触れ合うことが当然であるかのように、患者様の心と体に完全に一体化した手技です。患者様のもっている施術に対しての思いは様々あることでしょう。「腰痛が辛い」、「体が疲れた」、「気持ちよくなりたい」などがそれにあたるわけですが、1人ひとりに溶け合って混じりあうように全てに一致した手技を心がけるのが本来あるべき姿なのです。即ち、アークス整体院では患者様のお体の状態を敏感に感じとって1人ひとりに対応していくのです。女性が来店されれば、優しく・力強さを求める男性ならば力づよくと、臨機応変にすべてに対応せねばなりません。だからその施術の目標として定めさせていただいたのです。お体に病気の無い方でもご利用可能です。

◆ここでは全体的な物に絞っています。腰や肩など部位別の検査法や治療法・治療方針に関しましては、雑学をご覧ください。

施術内容の詳細は以下のとおりです。

◆適応範囲

頭痛・肩こり・腰痛・坐骨神経痛・顎痛・股関節痛など一般的には何でもOK、美脚やO脚、猫背の矯正・呼吸が苦しい、ノイローゼ、鬱などの心体の悩みなら概ね対処できますが事前にご相談ください。

適応範囲はこちら


◆お断りするケース  

民間で対処できないものは紹介状を発行いたしますので専門機関を受診してください。出血しているものや、ガン患者、極度に大きな力が加わって生じたものはご遠慮ください。

お断りするケースはこちら


◆内容(概要)

実施内容をおおまかに紹介しています。

リラックスや疲労回復が目的の方には、まわりくどい問診などせずに、簡単にご要望だけを聞いて直ぐに施術を開始します。

身体症状の解消や体の歪みなどの解消を目的にされる方には、時間を掛けて問診を行います。

施術概要

施術の概要はこちら


◆インフォームドコンセント

現在のお体の状態についての所見をどのように説明するか

難しい専門用語は使いません。ご説明にはなるべく参考資料をご用意して、図で分かりやすく説明します。

様々な図鑑や模型を用います。

文字や言葉だけではなかなかイメージがつかないものです。そこで、一目でわかるように模型や図鑑を使っての説明を重視します。出張の場合は、資料や模型をご用意するのに手間がかかります。希望者のみお申し付けください。前日予約では別途200円。(当日の場合は、店舗まで取りにもどる手間がかかりますので、別途1000円申し受けます)

 解剖学専門図鑑のプロメテウス


骨格模型 精巧につくられた骨格模型

お仕事の肉体疲労による肩こりや腰痛など、疲労回復や癒しが目的のお客様に対して、まわりくどい説明は極力行いません。説明自体を省略します。


◆腰や肩など部位別の検査法や治療法に関しましては、雑学をご覧ください。

付録→『小・中・高校の学校体育の教育目標の違い』について、学校の体育は辛い時間・楽しい時間など人それぞれ思い出がことなることであろう。50メートル走やサッカー、マット運動などいろんな種目を体験してきたはずだ。ドッジボール大会ではクラスが一致団結して他クラスと全力でボールをぶつけあい、まるで国と国とがあらそう戦争のようであった。あるときは勇敢に弾球を構えて敵前に突入し、渾身のキャノン砲を打ち込み、またあるときは自らを囮として総大将の背を狙い打ちにし、土にまみれた戦闘服からは黒色に染め上げるような砂の煙が舞い上がった、そして自軍がピンチになればその身を盾にして仲間を守り、戦闘が終わればそれまで敵同士だったものが友として抱き合い称えあう。ときに下をうつむき涙を流し・肩を落とし・それまでの人生が急転直下で崩落するかのように自信を失い、ときに見るものすべてから拍手喝采を浴びる学園のヒーローともなった。また種目別でさまざまなクラスメイトが活躍したのを目の当たりにしてきた。ところで、そんな数々の名場面を繰り広げてきた学校体育にもそれぞれ学区によって教育目標に違いがあることをご存知だろうか?

  • 小学校→巧みさを養う
  • 中学校→持久力を養う
  • 高校→筋力・スピードを養う

このような目標の違いは何に基づいているのだろうか?それがスキャモン(scammon)の発育曲線である。ブルーの神経系の曲線は巧みさに対応している。小学生の12歳までに発育を促す必要があるためドッジボールで神経の発達を目指す。そして、中学校卒業の15歳ぐらいにかけて赤の一般臓器である肺や心臓が成熟に向うため持久力をやしない、その成熟に合わせて筋力とスピードを養うという実に理に適った目標設定なのである。ところで小さなお子さんがいるご家庭は、子供が今行っているスポーツは巧みさを養うスポーツだろうか?それとも筋力?スタミナ?短距離水泳や短距離走を12歳未満で取り入れると神経系の発達がおろそかになるので注意していただきたい。大人になってからでは神経系はもう発達しないのである。オリンピック選手が皆、幼少から英才教育を受けているのはこういうことが理由なのであった。

案内ページ
店舗案内
案内サイドメニュー|アークス整体院

▼ご利用案内
クリックで展開

メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体