※特に力を入れて書いたページ(登場人物はすべてフィクションです)

  1. きっかけのないぎっくり腰:これといった身に覚えがないぎっくり腰に見舞われた50代男性、心理的な不安から体が硬直して余計に痛みが悪化していた。
  2. ぎっくり腰の一番の恐怖とは?「いつまでこの痛みが続くのか」先が見えない痛みの不安が、人を恐怖に駆り立ててしまう。
  3. トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった便秘がちの女性では排便に力を使い果たしてぎっくり腰を起こすことがある。潔癖症で便座に腰掛けられない人は腰を患う。
  4. 子育てと仕事でぎっくり腰になった生後間もない子供の睡眠リズムは短い。仕事と子育てで疲労困憊になるとぎっくり腰に陥り易い。
  5. 建築デザインをする男性のぎっくり腰東京オリンピックに向けて建設ラッシュが続く中で過労からもたらされたぎっくり腰だった。関節可動域が明らかに低すぎるケース
  6. 仕事の出張でぎっくり腰になった荷物を持上げてぎっくり腰になる典型。しかし、軽い荷物でも、自分の体重を含めた重量に着目する。上半身の重みが一番の凶器
  7. 中国人観光客、モンファさんの症例言葉が通じない外国人であっても決して失礼は許されない。ぎっくり腰の治療はコミュニケーションは必須です。
  8. ぎっくり腰のときの寝返りの方法両手両膝を持上げたり、テコのように使うと楽に寝返りが打てる。介護テクニック
  9. ぎっくり腰になったらどうするのか?慌てて救急車を呼ばないように気をつけましょうね。冷静になることがまず必要です。
  10. 生後間もない赤ちゃんの抱っこでぎっくり腰になった抱っこのしすぎでぎっくり腰になった症例。背中の僧帽筋から由来する症状だった。
  11. 車から降りるときにぎっくり腰になった車から降りようとして腰を捻ってぎっくり腰になった症例。仕事の出張の出発直前に腰を痛めてしまう。
  12. 腰方形筋によるぎっくり腰ブラジルから帰化した江川さん。小屋暮らしの貧しい少女時代だった。日本での忙しい日々でぎっくり腰を患う。
  13. 子育ての疲労によるぎっくり腰まさかの40代での第三子の出産、ようやく外で働けると思った矢先の出来事だった。子育ての過労からぎっくり腰になる。
  14. 圧痛点を伴わないぎっくり腰建設業をする男性、生活費を削減するために息がつまる集団生活を過ごす。カーテンで間仕切りした部屋で暮らしていた。夢は諦めたくない・・・
  15. スチュワーデスのぎっくり腰長いフライトの最後で腰を痛める。話ぶりから、単なるぎっくり腰ではなく、心因性腰痛であることがわかる。
  16. ぎっくり腰予防に必要な栄養素は?鉄分やたんぱく質も大切だけどそれ以上にカルシウムが必要。カルシウムは日本人全てが不足しているから。
  17. ブロック注射で治らないぎっくり腰を改善した藤田さんの症例、脊柱起立筋が痙攣を起していた。ブロック注射でも直らないが筋肉の末梢牽引で痙攣は取れた。
  18. 3歳の娘を抱っこしたらぎっくり腰になった体重の24%を上回ると腰を痛めるリスクが高まる。ところが3歳ぐらいで24%に達してしまうためぎっくり腰になった。