ぎっくり腰専門 アークス整体院

ぎっくり腰で立てない理由

結論:痛みで背中が丸められなくなると立てない

整体の依頼

ぎっくり腰の施術依頼はこちら
090-2413-0651
電話1本で緊急出張します。
24時間対応

〔目次〕このページの各章の概要を紹介して行きます。興味をお持ちになられた部分をご覧になってください。

  1. ぎっくり腰で立てない理由
    〔ページ概要〕:
    ぎっくり腰では立てないほどの症状に見舞われるが、
    患者を観察して分かることがある。
    それは痛みそのものが立てない原因ではないこと。
    実際には体重移動ができない。
    そのため力が入らず立てないのだ。
    体重移動が出来ないのは、
    背中が棒のように硬直して丸められないから。
  2. ぎっくり腰になると立てない。
    痛くて立てないのもある。
    だけど足に力が入らない。
    体がいうことを聞かない
  3. 意外な事実いったん立てると問題なく歩ける。
  4. 原因立てないのは痛みではない。
    力学的な問題、
    簡単なテコで説明できる。
  5. 参考立てる人の背中は、
    丸くなる。
    丸くなるとテコのアームの距離が短い。
  6. ぎっくり腰の患者の立ち方
    背中を丸められない。
    背骨がまっすぐになる。
    だからテコの距離が延長される。
  7. 問題点時間をかけて立ち上がろうとすると
    プルプルと腰が緊張して、
    コリが作られる。
    余計に背中が丸められない。

ぎっくり腰になると立てない。
痛くて立てないのもある。
だけど足に力が入らない。
体がいうことを聞かない

ぎっくり腰になったとします。
腰に強い痛みがある。
すると多くの方が寝たきりの生活を強いられます。
何日も満足に歩けない。
もっとも苦労するのが立ち上がりです。
普段なら2秒で立てる。
だけどぎっくり腰になると20分かかってしまう。
どうしてそんなに大変なのか?
それは痛いから。
だけど痛みだけではない。
立とうとしても足に力が入らなくなってしまう

膝がガクッてなってしまうこともある。
「体が言うことを聞かないんだ」
生まれたばかりの子馬が、
お尻をプルプルさせながら立ち上がる。
あんな感じでなかなか立てません。

メニューに戻る

意外な事実:いったん立てると問題なく歩ける。

ぎっくり腰って全ての行動が不能になる。
こう思えてしまう。
なれば寝たきりを余儀なくされてしまう。

そう考えるのが普通。
だけど違う。
立つことが大変なんです。
立とうと思うと上手く立てない。
だけど仮に立ち上がってしまうと、
うそみたいに歩けることもある。

まっすぐスタスタ歩けることもある。
だから患者さんはぎっくり腰になったときに、
みなさんこういいます。
最初は軽い痛みだった、家に帰って寝てから急に悪化した。」
でも実際にはもともと立てないぐらいのぎっくり腰だった。
まっすぐ歩く分には支障がない。
だからこそ、寝てから動けなくなった。
これが実際のところ。
だからぎっくり腰の実際の治療でも、
患者さんによってはそのことを分かっている。
いったん寝たら立てないって思う。
だから、最初から立ったまま治療を受けに来る。
もしくは自宅でも立ったまま治療家の到着を待っている。
こういうこともあるほどです。

メニューに戻る

原因:立てないのは痛みではない。
力学的な問題、
簡単なテコで説明できる。

ではどうして立てないのか?
それは痛みがあるからではありません。
痛くて腰が突き刺されるように刺激されるからではない。
これは力学的な問題。
つまり、力が上手く働かない状態になっている。
中学校の理科でテコについて学びましたよね。
あの程度のレベルで説明できること。
テコでいうところの力に不利な状態に陥っている。
だからなんですね。

メニューに戻る

参考:立てる人の背中は、
丸くなる。
丸くなるとテコのアームの距離が短い。

テコでいうところの不利な状態。
これを説明する前に、
問題なく立てる人の立ち方を見てみましょう。

問題なく立てる人、
この場合は必ず背中が丸くなっている
丸くなって首を反らす
するとシーソーに例えると、
支点から作用点までの距離が短くなる。

つまり以下の図のように表現できます。

頭が作用点。
支点が股関節。
力点が腰の筋肉。
だとするなら、支点から頭までの距離が、
背中を丸めるほど短縮される。
首を反らすほど短縮される。
だからテコが楽になる。
だから腰の負担なく立てる。

メニューに戻る

ぎっくり腰の患者の立ち方:
背中を丸められない。
背骨がまっすぐになる。
だからテコの距離が延長される。

次にぎっくり腰の患者さんの立ち方です。
ぎっくり腰では腰に命いっぱい力を込めます。
氷の棒のように背骨をカチカチにします。

先ほどの図で説明すると以下のようになります。

背中を丸めない。
まっすぐにしている。
すると股関節から頭まで距離が長くなります。
テコでいう支点から作用点までの距離が延長される。
距離が伸びるほど力に不利になる。
たくさん力が必要になる。
だから体重移動ができない。
上半身の体重を膝に移動しないと、
絶対に立てない。
この体重移動ができない状態、
これを
「力が抜けた」
と多くの患者さんが表現している。
中には
「ガクッてなった」
こうおっしゃられる方もいるわけです。

メニューに戻る

問題点:時間をかけて立ち上がろうとすると
プルプルと腰が緊張して、
コリが作られる。
余計に背中が丸められない。

立ち上がるときには背中を丸める仕組みがある。
この仕組みを無視して立とうとする。
するとどうなってしまうのか?
毎回数十分かけて痛みを我慢しながら、
時間をかけて立つ。
すると不必要な筋肉の働きをもたらす。
この筋肉の働きが、
コリを生み出す。
コリはやがてコチコチに背骨を緊張させる。
するともっと立ち上がりに困難します。
やがて、寝返り一つ満足に打てなくなる。
我慢して動こうとするほどコリがたまってしまう。
背中はさらに丸められない。
だから悪化の一途をたどります。
時間をかけて立ち上がると、
プルプルと筋肉が持続的に働きます。
トレーニングに、「ピラティス」という種目があります。

たとえば体を斜めにしてジッと保ったり、
色んな姿勢をバランスを取って保つ。
そういったトレーニング。
地味でとてもキツイ。
背中が丸められない状態で、
毎回20分かけて起き上がろうとするのは、
まさにピラティスそのもの。
本来は休ませないといけない腰の筋肉に無理をさせる。
だからますます腰がコチコチになる。
背骨がガッチガチになる。
こうして悪化をたどるわけです。

ぎっくり腰を悪化させないためには、
我慢しない。
背中を丸められるように、
しっかりと整体治療を受ける。
そして動ける状態を保つ。
無理やり動かない。
こういったことを心がけていただければ、
きっと復帰も早くなるはずです。

メニューに戻る

ぎっくり腰の動き方
急性期の腰痛対処
腰痛の対応・対処|アークス整体院
店舗案内
ぎっくり腰の動き方

ぎっくり腰の動き方

結論:ハイハイする

足が持ち上がらないのは背中の緊張による。

ぎっくり腰で立てない

腰痛を起こさない立ち上がり方

ぎっくり腰のときの車の運転について

ぎっくり腰は動いた方が良いの?

腰の靭帯を傷めた。どうやって動けば良い?

腰が痛いときの起き上がり方

ぎっくり腰の屋内の移動

ぎっくり腰のときの布団から起き上がる手順

腰痛患者は腕の力を使って起きる

腰痛改善のための動作療法

腰痛患者の布団からの立ち上がり方

腰が痛いときの歩き方

ぎっくり腰のときには痛みの度合いに関係なくゆっくり動く

ぎっくり腰の患部の安静と腰椎随伴運動

ギックリ腰でハイハイは?

ぎっくり腰、自力で動けないときにはどうしたらいいのか?

ぎっくり腰で歩くのは?

ぎっくり腰になったときに覚えていただきたいこと。

ぎっくり腰のときは反動を使って動かないこと

一人暮らしでぎっくり腰になったらどうしたらいい?

ぎっくり腰は防御反射によって痛みが起こる

ぎっくり腰のときの移動手段で絶対ダメなもの

急性期の腰痛対処

▼急性期の腰痛対処
クリックで展開

ぎっくり腰の急性期の対応・対処
ぎっくり腰の急性期の対応・対処
メインメニュー

▼総合案内
クリックで展開

アークス整体院の概略

▼治療依頼
クリックで展開

整体院のサイドメニュー
ぎっくり腰の整体