ぎっくり腰専門

ケツからスネ裏の痛みは何?

ケツからスネ裏の痛みの多くには坐骨神経痛が関係しているが仙腸関節矯正が必要です。万が一のために病院での精密検査を受ける必要がありますが、画像検査で宣告される背骨や椎間板の変形は健常者にも見られる所見であり、必ずしも症状との関連性はありません。

坐骨神経痛が関係している。

ケツからスネ裏の痛みについてお話させていただきましょう。ぎっくり腰などには様々なものがありますが、その中にあるの一つに坐骨神経痛というものがあります。この神経というものはその支配領域は下図のようになります。

坐骨神経腰からお尻を通って太腿の裏を通り膝裏を抜け、底からはスネへと向かう枝と、ふくらはぎを走行する枝の2本に分かれます。

恐らくは今回の患者様のようにお尻が痛くてさらにはスネのほうにまで痛みが波及するとしたらそれは多くの場合がこの神経の障害を意味している可能性があります。

必要なことは病院での精密検査

ここで皆様にご理解していただきたいことは、一応念のために病院で精密検査を受けていただくことです。何か大きな問題があるといけませんので、一応ですが、整形外科やもしくは大学病院などを受診してみることを提案いたします。

検査前にご理解いただきたいこと。

しかし、検査前にはいろいろとあらかじめご理解いただきたいことがあります。

医師には時間がない。詳しいところまではみておらず。

ここで気をつけていただきたいことがあり、それは病院の医師は基本的には体の詳しいところまで調べていることが時間の都合上できない。ということです。

画像所見から判断できることだけを貴方に伝える。

すると時間の限られた彼らは何を根拠に治療を組み立てるのか?と申しますと、基本的にはお体を直接診て、動かしたり触ったりすることで伝わる内容などよりも、画像所見から判断できることだけを貴方に対して伝えます

画像には誰にでも問題がある。

ところがこの画像所見というものが実にアバウトなのです。悪そうなところを診て探すわけですが、背骨の骨と骨の隙間の大きさから腰椎椎間板ヘルニアなどの可能性を見たり、背骨の形状などを見たりと腰痛になりそうな陰影がないかを見るのですが、多かれ少なかれ、健康な人の腰椎や背骨には誰にでも異常があるのです。

背骨は野球のグローブと同じ、使い込んでいるほど変形がある。

では、なぜ健康なのに変形を持っているのかと申しますと、これは野球のグローブなどと同じようなものだと思っていただきたいのです。購入したばかりのカチカチのこれは玉を上手くキャッチできずに手元で弾いてしまったりすることがあると思います。ところが長年使い込んでミットが柔らかくなるほど非常にしなやかな動きをして玉をきちんと捕らえることができるはずです。つまりある程度変形を持っている方が使い込まれている証拠であり、正常な腰部の骨であるのです。

しかし、医師の口からは変形しているという事実だけを伝える。

ところが病院の医師はそういうことにまで触れません。『貴方は腰部の何番面に変形があります。』などという事実だけを表現しますのでそこには充分に注意をしてください。

ご理解いただきたいこと。椎間板ヘルニアはその人の年齢の分の発生確率

腰部の代表的な病気には腰椎椎間板ヘルニアという病気があるのですが、これが多くの腰部の痛みの70%の原因であるとも一説では言われております。ところがこのデータも事実なのですが、実際のところまったく腰に痛みを持たない、健康な人にもヘルニアがあることがあります。ヘルニアを持っている人の割合は統計的に見たときにその人の年齢分の確率であるとまで言われております。つまり、皆様が30代ならば30%という具合です。60代ならば60%という具合になります。もっともご高齢になりますと、別の腰部脊柱管狭窄症などという呼び名に変わりますので若い人だけヘルニアだという診断を受けることになると思いますが・・・

つまり、病院で行っていただくことは万が一の備えである。

つまり、皆様は何のために病院に行くのかと申しますと、レントゲンやMRIなどの装置を用いて診断を受けていただくことで骨の内部などに悪性腫瘍などの怪しい影がないか?骨折しておらぬか?などの外観では絶対に分からぬ病気を判別するために行くわけです。万が一の病気を早期に見極めるために足を運ぶと思っていただければ良いと思います。

背骨の変形やヘルニアなどを指摘された場合はそれが本当の原因でない場合もある。

病院へ行って検査を受けてお尻や足の痺れ・痛みの原因について背骨の変形やヘルニアなどを指摘されるかとは思いますが、それはお決まりのパターンであって本当の原因でないことの方が多いということを念頭に入れていただきたいと思います。

しかし、ヘルニアなどの全体の2%は手術が必要

しかし、画像所見で異常が診断された者のうち全体の2%は本当に手術が必要な場合もあります。

整体施術による骨盤矯正・仙腸関節矯正などを受けることでそれまでのお尻や足の神経の障害を免れることができ、そういった症状が改善されていることは良くあることです。

放置したら悪化する。しかし、間違った対処を受けて困り続ける人は非常に多い

今回のような症状というものは多くの方がお持ちになられております。何もせずにいることで症状が悪化してしまい、その恐怖に駆られて病院へと行きますが、今度は間違った診察を受けてしまうことで『背骨が変形しているのはもうどうにもならない・・・・』などと悲観してしまい、途方に暮れて困り続ける人があまりにも大勢いらっしゃるのです。

仙腸関節矯正を!

具体的にはどんなことをするのかと申しますと、こういった病気の多くに仙腸関節の歪みが関係しているものであると考えております。これまでの研究では多くのケースでこの骨盤に存在する仙腸関節の病態が大きく関係していることが分かっております。この関節の歪みを整体によって取り除いてあげることで、それまで何年も悩み続けてきたそういった症状が簡単に治ってしまうことも決して珍しくありません。症状が進行しているケースでも通院開始から数週間~半年ほどで完治することもあるぐらいです。

お尻の症状

  1. お尻とお腹が痛くなるのはなぜですか?坐骨神経痛とお尻の筋肉の低下による、バランス保持の代償としてお腹の負担が増加していることが考えられます。
  2. お尻が痛くて足も痛く歩くのも辛いどうしたらいい?プロにご相談ください。
  3. お尻が痛く、脚の付け根や、脛が冷えたり痛くなる坐骨神経痛が関係している
  4. ケツから脛の痛みは何?坐骨神経痛が関係
  5. 椎間板ヘルニアはお尻の筋肉が落ちる?落ちます。なぜならばお尻の筋肉を司る坐骨神経を障害することがあるからです。

部位別

お尻①痛み、●下肢との関係、●発生メカニズム、●ヘルニア、●痛い方の生活、●お尻の痛みと筋肉、●梨状筋症候群

お尻②(症状)●症状、●お尻の骨、●動作、●筋肉が落ちた、●攣る・筋肉痛、●座位での痛み、●床座位の痛み、●立ち上がるときの痛み、●異常感覚、●痛みや神経障害以外の症状

股関節●腰痛との関係、●腰痛と股関節拘縮、●症状、●原因、●対応、●運動、●その他

頭・顎●仕組み、●原因、●不眠との関係、●メンタルとの関係、●緊張型頭痛、●対応、●余談、●顎

首・肩・手①(腰痛と関係するもの)●肩こり、●四十肩・五十肩、●肩部、●頚椎、●首、●寝違え、●上肢

首・肩・手②(個別疾患)肩こり(●肩こり、●重症、●判別するもの、●姿勢、●ケア)、●肩の障害、●腕・手・指、●四十肩・五十肩、●首・頚椎、●寝違え

下肢①●下肢の筋肉と腰痛、●内転筋、●ふくらはぎ、●太腿、●足部(足首よりも下)、 ●外反母趾、●扁平足・ベタ足、●足裏、●足底アーチ、●かかと

下肢②(症状・対処)●腰痛と下肢症状、●下肢の痺れ・痒み・異常感覚、●下肢症状、●下肢の疲労、●ふくらはぎの症状、●脚長差、●下肢の対処、

膝①(仕組み)●腰痛と膝、●膝が痛くなる動作、●膝痛仕組み、●膝痛と筋肉、●膝の関節軟骨、●膝の半月板、●膝と足首・足関節・足底、●膝痛と肥満・体重・ダイエット、●膝痛心理学

膝②(症状・対応)●膝の症状、●膝のひっかかり・カックン、●膝痛対処・応急処置、●膝痛と運動、●膝痛と道具・アイテム、●膝痛その他、●膝おすすめ本

骨格①(脊椎)腰痛との関係(●背骨の構造的要因、●椎間関節、●関節軟骨・関節症、●腰椎軟部組織障害、●腰椎分離症)個別部位(背骨の構造、背骨の変形、背骨のトゲ、脊椎関節・関節軟骨)

骨格②(骨盤)腰痛との関係(●骨盤、●仙腸関節・仙骨・腸骨)個別部位(●骨盤、●仙腸関節・仙骨・腸骨)

店舗案内事務的内容・店舗案内

最新ページ最近書いた内容を書き溜めておく場所

基本★基礎知識編、★痛み科学

原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

お尻の症状

お尻とお腹が痛くなるのはなぜですか?

お尻が痛くて足も痛く歩くのも辛いどうしたらいい?

お尻が痛く、脚の付け根や、脛が冷えたり痛くなる

ケツから脛の痛みは何?

椎間板ヘルニアはお尻の筋肉が落ちる?

部位別

お尻①

お尻②(症状)

股関節

頭痛・顎

首・肩・手①(腰痛と関係するもの)

首・肩・手②(個別疾患)

下肢①

下肢②(症状・対処)

膝①(仕組み)

膝②(症状・対応)

骨格①(脊椎)

骨格②(骨盤)

店舗案内

最新ページ

基本

原因別

部位別

症状別

睡眠・寝る

対応・対処

運動・ダイエット

仕事

姿勢

息抜き用

東京都

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰

◆ぎっくり腰の緊急依頼
→電話番号
090-2413-0651
※お願い:掲載したコラムに関してのお問い合わせはご遠慮ください。