ぎっくり腰専門

コルセットと農作業の腰痛|腰を痛めぬ農作業について

農業はあらゆるお仕事の中でもっとも腰を痛めやすく、土をいじる故に常に低い体勢の中腰姿勢を余儀なくされる。対策できる範囲に限度があるので、多忙期にはアルバイトを雇ったり、こまめなリポジショニングが重要となる。中腰は筋肉の偏りが短縮差をまねき慢性腰痛や骨棘形成につながる。もっともお勧めするのは中腰をサポートするサポートコルセットのラクニエ

農作業で腰を痛めぬ方法について

農業

農作業で腰を痛めぬための方法についてお話させていただきたく思います。皆様は農業を日常的に営まれていらっしゃることでしょう。そこでは収穫、草むしり、農薬散布などなどありとあらゆる場面で腰を痛めてしまわれるのではございませんでしょうか?

農業は最も腰を痛め易い

昔から農業は最も腰を痛めやすいお仕事の代表であると言われており、中高年の農業従事者を見れば例外なく腰が曲がっているお姿をされていることがお分かりいただけるはずです。

腰曲がり

腰を痛めやすい理由は中腰の動作があまりにも多いから。

では、なぜ農作業が腰を痛めやすいのかについて述べさせていただきますと、やはり腰を屈めたり中腰の動作になることがあまりにも多いからです。

機械化が進んでも中腰は避けられず

近年ではトラクターやコンバイン、田植え機などの近代化の影響があり、農業を営まれておられる方でもずいぶんと腰の負担が減ったとは思いますが、それでもやはり腰に負担大きい中腰になることは避けられません。

規模が小さくなるとほとんどの作業が中腰を余儀なくされる。

また、小規模の個人農園や自給自足のための農作業だったりすればこういった農耕具なども利用できず、昔ながらの鍬や鍬を用いて畑を耕したり田植えから収穫まで、ほとんどの作業が中腰を余儀なくされることでしょう。

農耕具トラクター、コンバイン、田植え機

中腰の動作を取る理由は土を触る仕事だから。

ではなぜ中腰の動作を取るのかと申しますとやはり土をいじる場面が非常に多いからです。

このような作業が多いのではございませんでしょうか?

中腰姿勢いろいろ

  1. 畑を耕す
  2. 畑の草をむしる
  3. 種まき
  4. 田植え
  5. 農薬の散布
  6. 水やり・水まき
  7. トラクター
  8. 収穫
  9. 稲刈り

仕事の90%以上が前屈姿勢

どうでしょうか?ほぼ90%以上が腰を屈める前屈姿勢を余儀なくされることでしょう。農業というものは基本的には低い姿勢をとらねば仕事ができませんのでどうしても中腰になってしまうのです。土を直接触るお仕事ですからこういった低い姿勢を避けることは難しいのです。

ではどうしたら良いのか?中腰にならぬように膝を曲げて腰をまっすぐの状態に保つことが必要。しかしできる範囲にどうしても限度がある

ではどうしたら腰を痛めずに済むのかと申しますとできる限り中腰にならぬように

片足立ち、腰落とす図のように腰を落としたり、サポーターで足を保護した状態で片膝立ちになったりすることで上半身を前屈させぬようにすることが必要です。ただし、この程度のことでは腰痛になることをどうしても防止することはできません。

収穫シーズンなどどうしてもお忙しい時期には、家族や友人などに手伝ってもらいましょう。

腰を屈めるから痛くなるため腰を落としたり、膝立ちになったりすることができれば多少はマシですがそれでもどうしても仕事量が多いとこのようなことをいちいちやっているわけには行きません。収穫シーズンなど、お忙しい時期にはアルバイトを雇ったり、お孫さんや息子さん、ご友人などのお手伝いを頼むなど仕事量の負担を他の人にも担っていただくようにすると良いでしょう。

気をつけることが同じ姿勢をとり続けること。

農作業で気をつけていただきたいことは、同じ姿勢をとり続けることです。私たちの体というものはその構成成分の多くにゼラチン質の膠(にかわ)が使われております。それが以下のようなものです。

ゼラチン質の組織骨膜、腱、靭帯、関節包、細胞の隙間を埋める間質

椎間板背骨の隙間に存在する椎間板

筋膜筋肉を包み込む筋膜(筋上膜、筋周膜、筋内膜)

同じ姿勢を続けるとゼラチン質が固まって短縮差を生じさせる。

どうでしょうか?これらのものはゼラチン質で構成されておりますので、皆様ご存知のお菓子のゼリーのように、同じ姿勢をとり続けることで型枠にはまったゼリーが固まるように短縮差を生じてしまうのです。

短縮差が生じると腰が曲がる。

短縮差中腰動作で背骨の前方が常に短縮し、後方が引き伸ばされている状態になります。したがいまして、短縮差の生じたまま体が硬直して常に腰が曲がった状態になるのです。

腰がまがると常に背筋が緊張して慢性的に疲労が作り出される。

そして、この腰が曲がった姿勢を取り続けるとどうなるのかと申しますと前傾姿勢が常に背筋の緊張を招いてしまっているため、その部位でエネルギー需要の増大を引き起こし、腰部のエネルギーの需要に供給が追いつかなくなり発痛物質がたくさん作り出されてしまうのです。これにより慢性的に腰に痛みを呈するようになってしまうわけです。

背筋の緊張腰が曲がると常に背筋が緊張するため、エネルギー需要が増大します。

さらに腰が曲がった状態が続くと骨硬化を招き、骨棘をつくりだす。

そして、腰が曲がった姿勢をさらにとり続けるとどうなるのかと申しますと骨に加わる荷重に偏りを生み出しておりますので骨が歪みを来たして次第にその部位にカルシウムが沈着して行き骨硬化現象の一種である骨棘(こつきょく)が作られてしまいます。この骨棘が腰部の神経を侵害して坐骨神経痛を引き起こしたり、慢性的な腰痛を悪化させてしまうのです。高齢化が進むと脊柱管狭窄症などの原因ともなるほどです。

骨棘形成短縮差の生じた背骨は偏った荷重が加わるため、骨棘が形成されやすいです。

腰の曲がった状態を作らぬためには定期的にS字彎曲を復元させることが求められる。

では、こういった腰の曲がった姿勢を作らぬためにはどうしたら良いのかと申しますと、農作業に熱中しすぎぬように定期的に体操を実施して背骨に本来のS字の彎曲を復元することがもとめられるのです。

人体は頚椎前方・胸椎後方・腰椎前方・仙骨後方凸の彎曲を持つ

S字の彎曲とはどういうことなのかと申しますと私たちの体は下図のように頚椎に前方凸、胸椎に後方凸、腰椎に前方凸、仙骨(仙椎)に後方凸の彎曲を持っております。

背骨のS字彎曲

中腰は全てが後方凸となる。

ところが、中腰で動作をしているときというのは、この4つの彎曲のうち、頚椎と腰椎の2つの前彎曲が損なわれてしまうのです。このときには背骨の全てが後方凸(治療家によっては『ストレートネック』とか『腰椎の彎曲が失われている』などという表現をすることもあります。)になります。

後方凸を本来の状態に戻すことをリポジショニングと呼ぶ

頚椎と腰椎の彎曲減少全ての湾曲が後方凸になっているためそれを元の形状に戻します。この動作のことを通称でリポジショニングと呼ぶのです。

背骨の彎曲をリポジショニングでリセットしよう!

ということでこれから簡単にリポジショニング法をご説明いたします。

注意、掛かりつけ医に安全性を確認してもらいましょう。

事前にお断りすることとしましては骨粗鬆症や変形性脊椎症をお持ちの方や、腰椎椎間板ヘルニアなどの背骨の持病をお持ちになられている方は絶対に実施前に掛かりつけ医に安全性を確認するようにしてください。万が一にも怪我をすることがあってはなりませんので十分に気をつけて実施していただければと思います。

両手を腰に当ててゆっくりと反らす。

リポジショニング両手を腰に当てて、ゆっくりと後方に腰を反らします。首も後方に反らします。このとき筋肉の力で強力にグイグイと関節を伸ばすと腰や首を痛める可能性がありますので力ずくに行わず、無理せず気持ち良く伸ばせる範囲にとどめましょう。これを農作業をしている間は1時間に1回、1回は40秒ほど実施します。

ということでここまでご覧くださいましてありがとうございました。以下はおまけです。

ここまでご覧になってくださいましてありがとうございました。中腰の姿勢を避けることのできない農業ではこまめにリポジショニングを実施していただいたり、多忙時期には人員を増員するなどして腰を痛めぬように対処していただければと思います。

以下はおまけとなります。

中腰サポートウェアのラクニエのご提案です。

冒頭で登場したサイボーグのような着衣(コルセット)のようなものはラクニエと呼ばれる中腰姿勢を補助するサポートウェアになります。

ラクニエ

背中にクロスしたバントがあり、それが腰で下半身のバンドと接続されて膝まで続いている姿が分かります。

背中のバンドが体を牽引して中腰をサポートする。

ラクニエのサポートの図たとえば中腰になって畑を耕している場面ですが、この中腰になったときに背中のバンドが体を牽引してくれますので楽に体を起こすことが可能になります。腰を屈めたときには背筋が背中をサポートしているからその姿勢を保つことができるのです。

背筋の手助けをするのがラクニエ

ラクニエはその背筋の働きを手助けしてくれます。したがいまして、背筋の負担を軽減することが可能になり慢性的な腰の痛みを和らげることにつなげられます。皆様は農業を営んでいらっしゃるので毎日何千・何万回と中腰と起立動作を繰り返されていることでしょう。この過度な腰に加わる負担をバンドによって軽減することができます。

腰痛バンド(腰痛コルセット)よりもラクニエの優れている点:中腰になったときにだけサポートしてくれること。

腰痛コルセット図は腰痛バンド(腰痛コルセット)、ウェイトリフティングなどで用いるような腰部保護ベルトなどでも胴体を安定させて腰痛の防止にはつながるのですが、こういったベルトというものは装着している間、常に腰に圧迫力を与えてしまいます

腰痛ベルトによる不必要な保護は腰の筋力の廃用を招く

皆様が腰を痛めてしまうのは主に腰を屈める中腰のときだけのはずでしょう。したがいまして、まっすぐ立っているときにまで腰を保護する必要性はありません。こういった不必要な保護は腰部の筋力の廃用(衰え)を招いてしまいます。

腰痛ベルトは腰を固めるが、筋力の代わりにはならず。

逆に腰を痛めやすいです。また、腰痛ベルトを中腰作業の度に着脱していたら手間も掛かりますし、胴体を固めることで腰部を守るだけで筋力の代わりにはなりません

高齢者の持病にもマイナスとなる

また、腰部ベルトというものは常に腰部を圧迫し続けているため、高血圧症や心臓疾患などご高齢者の方にありがちな持病にマイナスに作用することが多いです。

ラクニエには体の圧迫はあらず。

ところがラクニエの場合は、腰を屈めた瞬間だけ筋力のサポートをしてくれますので、不必要に体を締め付ける心配もありませんし、関節の負担も軽減されますからご高齢者特有の持病にはプラスに作用することでしょう。

ラクニエは腰痛だけでなく、皆様の末永い健康をお守りしてくれるはずです。これからもおいしいお野菜をいっぱいお作りください。皆様のご多幸を心よりお祈りもうしあげます。

お百姓の皆様 いつもおいしいお野菜 感謝いたします。

それでは本日も最後までご閲覧いただき、貴重なお時間を賜りまして誠にありがとうございました。

コルセット:④その他

  1. 腰痛ベルトについて腰痛ベルトの着用の注意点について。トコチャンベルトは妊婦用
  2. コルセットの種類について腹圧を高めるもの椎間板由来の疼痛を軽減するものと回旋や運動制限を目的とした捻挫に適応するものが主にある
  3. コルセット購入の判断本来はコルセットを用いることが良いが手元になく、通販などで取り寄せるまで待てない方、金銭的余裕が無い方にはサラシやズボン、帯などを用いる方法もある。
  4. サポートグッツでおすすめはコルセットやはり一番のサポートグッズはコルセット、腰の負担が加わるときに装着しよう。
  5. コルセットの活用法初期は安静にしてアイシングと腰痛ベルトで痛みを抑えましょう。
  6. コルセットは自分の目的に応じたものを用いるコルセットにも色々と種類があって自分の目的に応じたものを使わないと意味の無い結果となります。また装着方法が間違っているケースも多いので先生に診てもらうべきでしょう。
  7. 湿布とコルセットどちらが腰に良いか湿布は鈍い痛み、コルセットは比較的鋭い痛みに効く
  8. 農作業・農業 腰痛 コルセットお勧めするのは中腰をサポートするサポートコルセットのラクニエ
  9. コルセットの種類コルセットには種類があって、全て同じ目的ではありません。①腹圧補助、②殿筋補助、③骨盤の矯正、④プレート型があり目的が大きく異なります。緊急時になったときに購入するとかなり高いものになりますので、事前に準備すると良いでしょう。
  10. コルセットいつまで着ける?ぎっくり腰では筋肉の硬直によるものと、炎症によるものでタイプが異なるため、コルセットの装着期間は症状によって異なり一概にお答えすることは難しいです。痛みが解消されてしまえば基本的には常備はするが装着はしません。コルセットへの依存を止め、適切な物を選ぶことが大切。
  11. コルセットの有効性腰部の疾患全体では、賛成派と反対派に分かれるが急性腰痛のぎっくり腰ではコルセットにより腰部の過労をいち早く回復させることが治癒を促進する。

対応・対処

急性期の腰痛対処●前兆、●受傷早期の経過判断、●対処、●問診、●応急処置、●緩和処置急性期、●周囲の人の対応、●動き方、●間違った対処、●安静、●トイレ排泄

慢性期判断、検査●中期的な判断、●長期的な判断、●セルフチェック法、●腰痛の検査データ、●評価法・検査、●腰痛検査の流れ

医療機関の対処●救急車、●病院、●医者、●レントゲン・MRI・画像検査、手術(●ヘルニア、●坐骨神経痛、●失敗、●その他)、●湿布・貼り薬・外用薬、●飲み薬・内用薬・内服薬・座薬、●注射、●トリガーポイント、

一般的対処緩和処置(●慢性期)、●アイシング・冷やす療法、●温熱療法、お風呂(●腰痛治療効果、●お風呂の弊害、●入浴で気をつけること)、●慢性腰痛ケア、●ぎっくり腰ケア、●間違ったケア、

食事・栄養●食事・栄養で短期的な効果のあるもの、●食事による長期的な腰痛対策、●ダイエットと食事、●サプリメント・プロテイン、●カルシウム、●お酒、●たばこ

手技対処●手技療法、●マッサージ、●マッサージの疑問、●間違ったマッサージ

腰痛対策●作業場面での腰痛対策、●一般防止策、●生活場面での腰痛対策、●腰痛対策の体の使い方、●着替え、●トイレ・排泄

道具での対処①(固定法)コルセット(●基本事項、●過信、●弊害、●その他)●腰ベルト以外の固定

道具での対処②(生活補助)●腰痛対策での道具の考え方、●力仕事補助アイテム、●健康器具、●カバン・バッグ、●靴足元対策、●杖、●衣類・身につけるもの、●その他道具

店舗案内事務的内容・店舗案内

最新ページ最近書いた内容を書き溜めておく場所

基本★基礎知識編、★痛み科学

原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

コルセット:④その他

腰痛ベルトについて

コルセットの種類について

コルセット購入の判断

サポートグッツでおすすめはコルセット

コルセットの活用法

コルセットは自分の目的に応じたものを用いる

湿布とコルセットどちらが腰に良いか

農作業・農業 腰痛 コルセット

コルセットの種類

コルセットいつまで着ける?

コルセットの有効性

対応・対処

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処①(固定法)

道具での対処②(生活補助)

店舗案内

最新ページ

基本

原因別

部位別

症状別

睡眠・寝る

対応・対処

運動・ダイエット

仕事

姿勢

息抜き用

東京都

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰

◆ぎっくり腰の緊急依頼
→電話番号
090-2413-0651
※お願い:掲載したコラムに関してのお問い合わせはご遠慮ください。