ぎっくり腰専門

出張で最寄のカフェに腰痛講座に伺います。

このページの内容は すでに廃案となっております。

貴方のご自宅の最寄のカフェへと出張して腰痛講座を実施します。腰痛には核となる基本的な解剖学や生理学、運動機能などがあります。枝葉の情報にこだわりすぎると情報量が膨大すぎて頭がパンクして逆切れします。時間をかけて腰痛対策の知識を習得しましょう。

貴方のご自宅の最寄のカフェで出張講座を行わせていただきます。

カフェ

出張にて貴方のご自宅の最寄のカフェへと腰痛改善のためのレッスンのための出張行わせていただいております

腰痛の情報収集には問題が沢山ある。

皆様の多くは慢性的な腰痛にお困りになられていることでしょう。ところがどうしたらこの腰痛を改善できるのか?という情報を得ることが自体が困難だったりすることがあるはずです。なぜならばいくつかの問題がそこにはあるからです。

  1. 仕事や家事で時間が忙しく勉強している時間が取れない。
  2. 整体院などに通いたくてもお金が厳しい。
  3. 良い治療院はあるが病気が重すぎて長期的に通い続ける必要がある。
  4. 小さな子供がいて自由に通院することが難しい。
  5. 腰痛改善のための情報が世の中に煩雑しており、何を信じれば良いのか分からない。
  6. 高齢で自宅から出かけることが難しい。

障壁によって治療に至らぬことがある。

などなど様々な障壁がそこにはあるからです。中にはこれまでに足しげく治療院に通ったけれどもまったく治療にいたらなかったという方もおられることです。

整体ではなく腰痛に関してのアドバイスや講座を実施

そこでアークス整体院ではそのような方のために整体を実際に実施するのではなく、治療におけるアドバイスや腰痛というものの病態の説明、どういった知識が必要なのか?など腰痛の治療に必要な知識の講座を行なわせていただきたいと思います。

セルフケアで対処できるようにレクチャーします。

基本的には慢性的な腰痛をお持ちであっても何とかしてセルフケアによって対処して行けるようにするための知識面のレクチャー(口頭での指導・説明・個人授業)だけを実施する形となります。

皆様の現状の問題点:核となる基本的なことを知らないこと。枝葉にばかりとらわれて幹の部分がないこと。

おそらくは皆様方が抱える一番の問題は何なのかと申しますと様々なテレビの情報や治療家による意見の食い違いがあってどれが本当に正しい情報なのか判断ができないことだと思います。また、一つの情報を得てもそれがちょっとでも状況が変化するとまったく判断がつかなくなったりまったく変化に対応できないため、知識が常に増加してしまい情報量が増えすぎて頭がパンクしそうになっていることだと思います。つまりは枝葉にとらわれすぎてしまって幹になる部分がまったく存在しないのです。その一例としてこんな質問を頂戴したことがあるのです。

例①『布団かベッド、どちらが腰に良いですか?』

  • 『はい、お体が5センチぐらい沈むお布団をご利用なさってください。体が沈みすぎると背中が丸くなってしまい腰を痛めてしまいます。』
  • 『畳とベッドならどっちが良いですか?』
  • 『畳の上に直接寝転んだらゴツゴツして眠れないですし体が冷えてしまいます。ベッドも沈みすぎるものだと腰を痛めます。』
  • 『じゃあ、畳とフローリングならどうなの?』
  • 『ですから、どちらも体にゴツゴツ当たって痛いですからリラックスできません。』
  • 『じゃあ畳ベッドならどうなの?』
  • 『ですから5センチ背中が沈む程度の寝具が良いんですよ。』
  • 『ベッドの上に畳を乗せたらどう?』
  • 『それでは畳の上に直接寝るのと何も変わりません。』
  • 『ソファーベッドは?』
  • 『はい、それも要するには布団と接する部分が同じ程度なら問題ありません。』
  • 『それじゃあ・・・布団を重ねるのは?』

応用が利かぬため同じ質問が延々とループする。

このように質問の角度が少し変わるだけでほとんど同じ質問が繰り返されており、延々とループし続けております。おそらくこの方の頭の中では様々な情報が錯綜しており迷宮のように入り乱れていることでしょう。

例②『立ち仕事は腰を悪しますか?腰を悪くする姿勢は』

  • 『はい、立位姿勢はナケムソン理論によると100%の椎間板負荷が加わります。背もたれの角度が120度の椅子に腰掛けていただくよりは負担は大きいですが、背筋を垂直にすると座位の方が腰の負担が重くなります。』
  • 『じゃあ座っているときと寝ているときではどちらが腰に優しいですか?』
  • 『ですからナケムソン理論によりますと座位のときの腰の負担は150%です。それに対して寝ているときは仰向けでは25%となります。側臥位では75%です。』
  • 『じゃあラーメンのお皿を持っているときはどうなのですか?』
  • 『ですからそれは持っている重量物の重さにもよります。ナケムソン理論では座位で中腰になって重量物を保持すると250%の腰部の負担になりますし、立位で中腰になれば215%、立位で姿勢がまっすぐならば150%になります。』
  • 『じゃあ赤ちゃんを抱っこしているときならば?・・・・』
  • 『工事現場ならば・・・』

似たような質問によって情報が増加し、頭がパンクする。

どうでしょうか?ナケムソン理論をある程度理解していればこんなこといくらでも答えられるはずです。ところが理解ができぬために似たような質問が永遠とループし続けているわけです。膨大な情報量に勝手に頭がパンクして迷走し始めてしまっているのです。

例③『水泳は腰痛の治療に良いですか?』

  1. 『すでに腰部の構造体が異常な状態に陥っているときに腰を動かすことは良くありません。』
  2. 『どんな泳ぎなら良いのですか?』
  3. 『ですから泳ぐことは良くありません。』
  4. 『じゃあ何で腰痛には水泳が良いというのですか?』
  5. 『それは腰痛の予防に水泳が有効なのです。腰痛の治療に良いとどこで聞いたのですか?』
  6. 『じゃあ水中ウォーキングは?』
  7. 『それも同じです。』
  8. 『じゃあ水泳は腰痛には良くないのですか?』
  9. 『ですから予防には有効です。健康な人が実施する上ではクロールや背泳ぎでは腰を捻る動作を活用します。また平泳ぎやバタフライでは腰を曲げたり反らしたりする動作によって腰が鍛えられます。』
  10. 『じゃあ何で駄目なのですか?』
  11. 『ですから腰部の構造体がおかしくなっているからです。』
  12. 『水中ウォーキングはなぜ駄目なのですか?』
  13. 『水中ウォーキングであっても同じように腰のツイストを活用すればそれは損傷している腰部に悪い刺激が加わるからです。手足だけを動かして腰部を動かさなければ腰の痛みには問題ありません。水中には浮力がありますので、腰に負担をかけずに手足を鍛えることができます。脂肪燃焼や筋力向上を腰の負担を軽減した状態で求めることが可能になります。しかし、決して腰を強化しているわけではありません。』
  14. 『じゃあ腰の治療には役に立たないのですか』
  15. ・・・・ループ

情報量が増えることで逆切れし心を閉ざしてしまうことで慢性腰痛になる。

全腰痛患者のもっとも多い原因は腰椎椎間板ヘルニアです。しかし、腰椎椎間板ヘルニアというものがどういうものなのか?その構造体の異常の特性を知らぬために延々と似たような質問がループします。こちらの説明を受けようとせず短絡的な質問ばかりを求めるため、最後には圧倒的な情報量に逆切れして『どうせ俺は慢性腰痛だよ!』と心を閉ざして治療はそこで終了するのです。世の中で自分は慢性の腰痛持ちと自称される方のほとんどはこれなのです。

こんな方におすすめです。

おすすめする人

  1. 慢性腰痛であり、治療には長い期間が掛かるだろうと思っていらっしゃる方
  2. きちんとした治療のために必要な知識を身につけたいという方
  3. 治療院に通い続けることは経済的な負担が重くて困難。
  4. 正しい知識を身につけたいという方
  5. どれが正しい知識か判断力を養いたいという方

開催場所

  • 当院
  • 当院近隣のカフェ
  • 皆様のご自宅
  • ご自宅近隣のカフェ
  • 会社施設
  • 公園(春・秋限定)
  • ファミリーレストランなど

場所に関しましては会話ができる程度の場所でしたらどこでも構いません

禁止事項

  • 小さなお子様のお世話をしながらのレクチャー

    (受講自体は問題ありませんが、授乳やオムツ交換、赤ちゃんをあやしたりするのに中断する場合は別途延長料を申し受けます。
  • 犬や工事現場の雑音など妨げになるような場所

  • 付き添い人が付きっ切りで見ている状況

    彼氏やご主人、友人が付きっ切りで見ているような状況。この場合はできるだけご同席するのはご遠慮ください。非常に話づらいです。別の席で待機していることは問題ありません。店舗の場合はできるだけ干渉せずに静観してください。あまり過度に干渉される可能性がある場合は受講をご遠慮ください
  • 彼氏やご主人がにらむ
  • 複数名同時受講

    同席していただき静観していただくことは問題ありません(一切口を挟まないでいただきます。)が、腰痛というものは個別のご相談が必要ですから同時受講しても意味はありません。帰って逆効果になることもありますので必要の無い知識は持たぬ方が懸命です。同席者の人数は1名までとさせていただきます。
  • 当日キャンセル

    基本的にはお受けできません。キャンセルは1週間前までとさせていただきます。1週間をきっているときにはキャンセルは全額ご負担いただきます。
  • 同業者のご利用

    基本的には同業者の方や、新人治療家に向けた講座ではございません。腰部の基本的な構造など一般人の知識と日常ケアなどご自分でできる範囲のケアについて述べておりますので、同業者の方の商売のお役に立つものではありません。同業者の方がご利用になられる場合は別途特別料金を申し受けますので事前にお申し出くださいませ。

受講方法について

  1. お申し込みご予約は1週間前まで。
  2. メールにて以下の内容をお伝えください。
    1. 年齢
    2. 性別
    3. 名前:仮名で構いません。
    4. メールアドレス:フリーメールで構いません。
    5. 受傷機転・これまでの経過、病院での診断名
    6. 個別にて質問したい内容(事前にお申し付けいただけるとより詳細な内容がお話できます。)
    7. 開催場所
      • ①当院店舗(私の自宅兼、店です。ワンルームマンションになります。店舗で実施する場合は体操法やストレッチなどの技術的な指導や画像資料や骨格模型などのご用意も豊富になります。)
      • ②当院店舗の近隣のファミレス・喫茶店(当方では事前のカフェの予約は組みませんので必要であればご手配ください。当日に満席だった場合は店舗での講座となります。)
      • ③新宿区・練馬区・中野区・豊島区・板橋区・東京都北区・文京区内のカフェ→出張料A参照
      • ④その他の東京23区内→交通実費+出張料
      • ⑤23区外・県外→ご相談に応じます。
    8. 開催日
      • 毎週火曜日・水曜日・金曜日
      • ①午前中9時~11時
      • ②午後14時~16時
      • その他の時間帯はカフェが込み合う時間帯の恐れがありますのでご遠慮くださいませ。
    9. カリキュラム:詳しい説明はお申し込みのご相談後にご案内いたします。

受講費用注意:整体料金のページではございません!

◆費用(受講費用+交通費+出張費+コーヒー代)

  1. 当院での受講:受講費用1回10000円口頭での説明だけの料金です。整体料金ではありません。別途交通費実費、移動に要する諸経費を頂戴します。)
  2. 1回のレッスンは90分を予定しております。当方の業務の都合に支障がなくカフェ店の繁盛具合などにも問題がない場合は特に時間の定めを設けてはおりません延長料などは基本的にはいただきません。(注意:お客様都合の時間延長に関しましては延長料を申し受けます。)こちらの都合にて終了する場合は90分で一旦終了とさせていただきます。(当日予約は受け付けておりません。整体のご予約を入れてから当日になってやっぱりセミナーにしてもらいたいなどご要望の変更には応じかねます。)
  3. 代金は受講の際に先払いとなります。
  4. 出張費(2000~)
  5. 交通費:電車などで用いた実費分の負担となります。高速道路・新幹線などの特急券代・コインパーキング代なども別途頂戴します。

講座のスタンス

基本的には肩肘はらず気楽に受けていただけるように店舗近隣までご足労いただける方に関してはお安く設定しております。お互いにかしこまらず普段のとおりに過ごさせていただければと思います。身一つで気軽におこしになっていただき、時間をみっちりかけて腰痛克服のために必要なことをお伝えさせてください。私も白衣などを着用せず私服のまま、解剖学図鑑や簡単な資料だけを準備して当日は講座に当たらせていただきます。

代表的な質問

  1. ぎっくり腰とは?ぎっくり腰とは医学的には「急性腰痛症」と呼び、幅広い腰の急性腰痛の総称である。
  2. 症状急激に起こる腰部の激痛により歩行困難、起立困難となり臥位姿勢を余儀なくされ、生活が障害され、極度な精神的な不安を呈すること。
  3. 原因直接的な原因は過度な疲労と背骨の彎曲、そしてスリップディスク(椎間板のズレ)、関節的な背景には3大外傷要因のディスユーズ・ミスユーズ・オーバーユースがある。
  4. 放置すると(無理すると)?椎間板の圧迫症状を解消せぬまま歩き回れば椎間板の変形や、痛みによる逃避歩行など痛い部位をかばった偏った姿勢により余計に痛みが強くなり、永続した椎間板ヘルニアなどに進行するケースがある。
  5. 救急車は?命に関わる方が利用するものであり、その場で動かずに居れば大丈夫なときは利用すべきではありません。まずは様子を診ることが必要です。
  6. 応急処置は? 急性期の炎症症状と、慢性期の患部の血行障害の2つを同時に併せ持つ複雑な病態。湿布を貼付して体を保温し、安静に過ごすが正しい対応。
  7. いつまで様子を診るの? どれだけという決まりはないが症状の経過を見ることが必要。一般的には受傷早期の血管反射(交感神経反射)が過敏な半日(6時間~12時間)だけ様子を見て、痛みが鎮まらない場合は速やかに整体を受診するべき。
  8. 病院は?ぎっくり腰専門というものは民間療法の当院だけの特徴であり、総合病院や整形外科よりもぎっくり腰の臨床経験が豊富です
  9. 緊急性があるのは?①体位変換しても楽なポジションの無い痛み、②排尿排便不能、③我慢できぬほどの安静時痛で痛みが徐々に悪化する。、④発熱・嘔吐などの症状の随伴、⑤明らかな強大な外力によって負傷
  10. 後遺症にはなりませんか?後遺症は椎間板の変形による腰椎椎間板ヘルニア、自宅で寝ていて過ごしていることで生じやすい。受傷早期に見られるスリップディスクを速やかに解消しよう。
  11. クセには?初期に適切な処置を受けなかった場合や、長期間の安静だけの治療では再発する可能性があります。
  12. 死ぬことは?ぎっくり腰ならば直接の死因となることはありません。
  13. 急性期の過ごし方は?初期処置をきちんと受けねばどれほど気をつけても悪化の可能性があります。安静第一、無理は禁物、中腰動作に充分に気をつけ、動くときには油断しないようにゆっくり慎重に動きましょう。
  14. どんな施術?原因となる急激な力によって生じた過重な反射抑制による自然治癒の妨げに対して、①経絡療法による反射抑制の解除、②筋膜リリース操作、③マニュピレーション、④アジャストメント・モビライゼーション、⑤化学物質のドレナージなど原因に対応した方法を行います。
  15. 病院との違い病院では器質的な側面を重視してレントゲンなどの画像診断をし、痛み止めを処方するが、ぎっくり腰は運動器疾患であるため、異常を見つけることもできず、さらにはこの一次痛にはお薬は効かず。整体では機能的な側面にアプローチするため治癒が見出される。
  16. 他院との違い他との違いの一番は熱意!国家資格、高い専門性、きめ細かなギックリ腰患者様へのサポート
  17. 自然治癒まで寝るのは?寝ていて収まるのは炎症反応と筋肉の疲労のみ。挟み込まれた椎間板や捻じれた関節を戻さなければ痛みは容易く再発する。
  18. 自然治癒の期間整体による初期処置の有無により早いものは即改善、受けぬ場合は10日ほどを要することも多い、治癒までに要する日数には性別・年齢・受傷機転など様々な条件によって大きく異なる。
  19. 温めるのと冷やすのは?温めも冷やしもせずに湿布を貼付して、体を毛布や衣類で充分に保温してください。
  20. どうやったら治るの?原因を取り除くことにあります。直接的な原因のスリップディスクの解消、そして間接的な複数の要因を適切に対処することが必要です。多くのものには過剰な伸張反射が影響しております。
  21. 予防トレーニングトレーニングの秘訣は「自分の体力レベルに見合った運動をすること」
  22. 湿布は?ぎっくり腰はアイシングも温熱も症状の悪化につながります。したがって湿布によるリラクゼーション効果を期待しましょう。気持ちよさでリラックスできます。温湿布・冷湿布など気持ちよい方を選ぼう。
  23. 難しいのは?体位変換しても楽なポジションの無い痛み、②排尿排便不能、③我慢できぬほどの安静時痛で痛みが徐々に悪化する。、④発熱・嘔吐などの症状の随伴、⑤明らかな強大な外力によって負傷
  24. 整体で治るの?多くの方がご利用いただいた直後に多くのお喜びのお言葉を残されます。それまでまったく身動きが取れぬ方が自由に起き上がれるようになることもたくさんあります。
  25. 何回ぐらいで治るの?これまでの多くの方が1回で改善を実感されております。わずかな回数で済んでしまうことがほとんどです。
  26. どこが痛くなるの?第四腰椎と第五腰椎の間、そして腰仙関節、この2箇所だけで90%の発生率。その他にも仙腸関節、傍脊柱起立筋群、長期化した例では逃避運動により痛みの箇所がお尻や太もも、ふくらはぎ、背中など広範囲に拡大する

料金施術料金や出張料金などはこちらから

口コミ多くの方にご利用いただいております。口コミは、どんなに自慢しても手前味噌なので控え目にご案内します。

総合案内ページここから案内ページを辿っていただくと分かりやすいです。

良くある質問概要はクリックしてご覧ください。

施術内容可能な限り丁寧に施術を行うように心がけております。

適応範囲腰の痛みなど幅広いものに対応してますのでご相談をください。

お断りするものまずはご相談をください。

店舗アクセス都営大江戸線の「落合南長崎」、もしくは西部池袋線の「椎名町」駅から徒歩で来院できます。

ご予約前の諸注意可能な限り丁寧・真摯に対応しますのでご安心ください。

店舗案内事務的内容・店舗案内

最新ページ最近書いた内容を書き溜めておく場所

基本★基礎知識編、★痛み科学

原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

代表的な質問

ぎっくり腰とは?

症状

原因

放置すると(無理すると)?

救急車は?

応急処置は?

いつまで様子を診るの?

病院は?

緊急性があるのは?

後遺症にはなりませんか?

クセには?

死ぬことは?

急性期の過ごし方は?

どんな施術?

病院との違い

他院との違い

自然治癒まで寝るのは?

自然治癒の期間

温めるのと冷やすのは?

どうやったら治るの?

予防トレーニング

湿布は?

難しいのは?

整体で治るの?

何回ぐらいで治るの?

どこが痛くなるの?

料金施術料金や出張料金などはこちらから

口コミ多くの方にご利用いただいております。口コミは、どんなに自慢しても手前味噌なので控え目にご案内します。

総合案内ページここから案内ページを辿っていただくと分かりやすいです。

良くある質問概要はクリックしてご覧ください。

施術内容可能な限り丁寧に施術を行うように心がけております。

適応範囲腰の痛みなど幅広いものに対応してますのでご相談をください。

お断りするものまずはご相談をください。

店舗アクセス都営大江戸線の「落合南長崎」、もしくは西部池袋線の「椎名町」駅から徒歩で来院できます。

ご予約前の諸注意可能な限り丁寧・真摯に対応しますのでご安心ください。

店舗案内

最新ページ

基本

原因別

部位別

症状別

睡眠・寝る

対応・対処

運動・ダイエット

仕事

姿勢

息抜き用

東京都

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰

◆ぎっくり腰の緊急依頼
→電話番号
090-2413-0651
※お願い:掲載したコラムに関してのお問い合わせはご遠慮ください。