ぎっくり腰専門

脊柱管狭窄症 太ももに強い痛み 引っ張られると痛い 痛み

腰部脊柱管狭窄症では腰部の神経の狭窄により感覚神経や運動神経が障害されて太ももで痛みを感じることもあれば、筋肉の異常な攣縮を起こして痛みを起こしたり、筋肉の削痩や血行障害などが痛みを呈することもあるので温熱療法・運動療法・体の血行を良くすることが必要

脊柱管狭窄症も是非ご相談くださいませ。

脊柱管狭窄症 太ももに強い痛み 引っ張られると痛い痛み』について触れさせていただきたいと思います。

では、今回の痛みの原因について幾つか述べさせていただきたいと思います。

脊柱管狭窄症で見られる太腿の痛みには幾つかの種類がある。

ということでどんなものが脊柱管狭窄症で見られるのかと申しますと、

  1. 腰部の感覚神経の障害による太腿の神経での痛み
  2. 腰部の運動神経の障害による太腿の筋肉の過度の痙攣
  3. 長期間の座位・臥位姿勢による下肢の筋肉の削痩による筋肉の過剰な動員
  4. 廃用した生活による、筋膜の粘弾性の低下、腱組織の癒着
  5. 血行障害による体温低下による過剰な腱反射

他にも色々考えられますが、ざっと挙げるとこのような物が考えられるのではないかと思います。では、順に述べさせていただきたいと思います。

腰部の感覚神経の障害による太腿の神経での痛み

ということで、最初にあげられるのは腰部の感覚神経の障害です。足に分布している神経というものは元をたどっていただくと腰から出ております。

腰の神経と背骨背骨の腰椎部分から神経が出ている図、この神経が足元まで伸びている。

背骨と脊柱管次の図は背骨を上から見ている図です。背骨は上から見たときに内部にトンネルがあり、その中を神経の束(脊髄・馬尾)が走行しております。

脊柱管狭窄の図腰部脊柱管狭窄症ではこの椎間板が骨のトンネル(脊柱管)の中に飛び出してしまったり、後方にある黄色靭帯というものが肥厚して脊柱管の中で神経を障害したり、または、背骨自体が歪んで棘ができてそれが神経を障害することになります。

坐骨神経例えば坐骨神経という下半身に伸びている神経もやはり背骨から出ておりますので、腰部が障害されることで広範囲に痛みを発することがありますし、太ももに部分的に痛みを呈することもあります。局所的に痛みが強い部分もあります。

腰部の運動神経の障害による太腿の筋肉の過度の痙攣

次に考えられるのは、運動神経由来のものです。先の図で示した通りですが、太ももの神経というものは腰部から出ております。神経には感覚神経と運動神経があり、運動神経というものは足の筋肉に対して運動の指令を送っております。

ところが腰部脊柱管狭窄症では脊柱管内の神経の束が障害されているため、下半身に対して運動命令がなくなったりすることもありますし、その逆に運動命令を制御することができなくなったりすることもあります。

特に脳と神経のやり取りが行えなくなりますと、筋肉への命令をコントロールできなくなり、過剰に筋肉が働いて引き攣るような突っ張った感覚を呈することもあるのです。この太もも部分で生じる引き攣るような感覚を引っ張られるとおっしゃられているのではございませんでしょうか?

長期間の座位・臥位姿勢による下肢の筋肉の削痩による筋肉の過剰な動員

次に考えられるものは下肢の筋肉の削痩です。腰部脊柱管狭窄症では間欠性跛行という歩行を呈します。腰部の神経が障害されているため長い距離を歩くことが困難になるのです。すると日常の行動が制限されてしまうために筋力が衰えて削痩(痩せ細り)が生じるわけです。

仮に太腿の前面の大腿四頭筋の中の大腿直筋という筋肉を例にしますと、

通常の大腿四頭筋例えば正常な筋肉量が仮にこのぐらいあったとします。

ところが長期に渡る行動制限によって筋肉が痩せ細ると

削痩した坐骨神経このように筋肉が衰えて細くなってしまうのです。

削痩した筋と通常の筋の比較すると、この図のように細った筋肉というのは太い筋肉よりも1本あたりの筋線維の負担が大きくなりますので、時に関節を動かしたときに筋肉や関節部分から痛みを呈するようになってしまうのです。

廃用した生活による、筋膜の粘弾性の低下、腱組織の癒着

そして次に考えられるのがやはり廃用した生活にともなうものです。体に存在する筋膜という組織や腱組織が硬くなってしまっている可能性が考えられます。

筋膜

筋膜というのはこの図のように筋肉を覆っている膜組織のことです。筋線維は筋内膜・筋周膜・筋上膜などの幾つかの膜に覆われております。この膜はコラーゲン(ゼラチン質)によって構成されておりますので、長期間の廃用によってゼラチン質が硬くなってしまって筋肉を動かしたときに抵抗となってしまうことがあります。

筋膜に分布している神経

また、筋肉で痛みを感じる神経というものは筋膜に分布しておりますので、筋膜が硬くなることで痛みを呈するようになるわけです。

腱

また、この図のように筋肉の付着部である腱組織も同様に硬くなりますし、

骨膜と分布している神経

この図のような腱の付着部である骨膜も硬くなります。骨膜にも神経が分布しておりますので、関節を動かしたと筋膜や骨膜で痛みを発するようになってしまうのです。

さらには筋膜が硬くなるだけでなく筋線維や筋膜組織に、老廃物中に含まれる粘着成分が癒着することで太ももを動かしたとき筋肉が強張ってしまいに激痛を発することもあるわけです。

血行障害による体温低下による過剰な腱反射

また、長期の廃用生活では血管などの循環器系の能力も低下してしまいます。したがいまして、体の基礎代謝が低くなってしまいますので血行が障害されてしまいます。

すると腱や筋肉の硬さが強くなりますので、僅かに関節を強く動かしただけなのに腱反射を呈してしまい、筋肉がこむら返りを起こすように激しい痛みを呈してしまうのです。

腱反射というのは、皆様が膝頭をコツンと叩いたときに膝がピョンと伸びる仕組みのことだと思ってください。これが過剰になるとこむら返りを起こしてしまい太腿の筋肉に痙攣を起こすことがあるのです。

対処法は温めて体をゆっくりと動かすこと

ということでこれの対処法ですが、基本的には掛かりつけ医の指導をキチンと受けて掛かりつけ医からの指示を第一優先してください。その上でお伝えすることは温熱療法と運動療法です。

温熱療法では、下半身を含めて全身をしっかりと温めてください

また、できるだけ血行を障害しないように血流を良くすることが必要です。例えば体を締め付けてしまうような衣服ではなくできるだけゆったりとしたものを着用していただいたり、お布団などでも固めのものを用いるのではなく、血行を妨げない低反発のものを用いるなど、また、椅子などに関しましても血行の障害をせぬようにしたものを利用していただくことが良いでしょう。

さらには温熱療法としましてはストーブやカイロ、下半身を暖める用具を用いていただくことが良いと言えるでしょう。

運動療法としましては、できるだけゆっくりと優しい運動をして筋肉を鍛えるというよりも代謝を高めることと、関節可動域を拡張させることを意識しましょう。

ということで、ここまでご覧になってくださいまして誠にありがとうございました。次のページも皆様のお役に立つページが沢山ありますので是非ご覧になってくださいませ。それでは本日もありがとうございました。

腰部脊柱管狭窄症の症状

  1. 間欠性跛行の実際長時間歩き続けると足腰が痛くなると教える間欠性跛行、しかし実際のものは若干異なる。
  2. 閉塞性動脈硬化症との判別高齢者に多い腰部脊柱管狭窄症によるものと閉塞性動脈硬化症によるものの間欠性跛行の判別
  3. バイセクルサイン高齢者に見られるものの兆候、いろいろある疾患との有力な判断基準となりうる。
  4. 狭窄症で背中がカチカチになる背骨の隙間が狭まってしまい上半身がグタグラのガタガタになるため、安定を背中の筋肉に依存して背中がやがてカチカチになってしまう。
  5. 脊柱管の狭窄によるものの種類と症状の違い馬尾型、神経根型、混合型などがある。
  6. 狭窄症の種類と症状の違い狭窄症には①馬尾型、②神経根型、③混合型があり、馬尾型は両側性、神経根型は片側の足に症状を来たす。
  7. 狭窄症とぎっくり腰の排尿・排便困難との違い脊柱管狭窄の排尿排便困難は出すべきときに出したいと思わず、ぎっくり腰は出したくでも出せず
  8. 脊柱管狭窄症のため太ももに痛みが出る腰の負担から由来するため杖を用いて上半身の荷重を減らすことが良い。
  9. 狭窄症で太腿が痛くこむら返りになる。腰部疾患は身動きをとらないため筋肉量の衰えや心臓の衰えを招き足先の血流が停滞してぎっくり腰に陥り易い。
  10. 脊柱管狭窄症で太ももに強い痛みがある。引っ張られると痛い腰部の神経の狭窄により感覚神経や運動神経が障害されて太ももで痛みを感じることもあれば、筋肉の異常な攣縮を起こして痛みを起こしたり、筋肉の削痩や血行障害などが痛みを呈することもあるので温熱療法・運動療法・体の血行を良くすることが必要。

原因別

きっかけ①スポーツ、②生活場面、③交通事故・怪我、④家事労務、⑤クシャミ、⑥共通

腰痛メカニズム●原因概要、●腰痛メカニズム、●筋肉メカニクス、●ボディーメカニクス

ヘルニアヘルニア(●新説、●過去説、●運動、●きっかけ、●気をつけたいこと、●症状、●対応、)

椎間板、腰部脊柱管狭窄症椎間板(●腰痛と椎間板、●腰部椎間板)、腰部脊柱管狭窄症(●狭窄症、●症状、●対応)

坐骨神経痛①●坐骨神経痛、●筋トレ・運動、●筋肉、●判別が必要な病気、●股関節疾患の判別、●仙腸関節障害との関係

坐骨神経痛②●兆候、●一般症状、 ●随伴症状(坐骨神経痛だけの特有のものでない症状)、●対応、●セルフケア、●生活習慣、●医療機関の実情

持上げ動作●きっかけ、●持ち上げ・持ち運び、●持上げる方法、●無理のある考え方、●考え方、●持上げる仕事、 ●抱っこ腰痛)

力学・体型●力学、●慣性、●偏り、●やせ型の力学的要因、●痩せ型、●肥満・●その他体型

筋肉(総論)●筋肉と腰痛、●深層筋、●筋肉全般(腰痛と関係しないもの)、●筋肉量、●腰部筋群

筋肉(個別筋)●背筋、●下後鋸筋、●多裂筋、●腰方形筋、●腸腰筋、●大腿四頭筋、●ハムストリングス、●中殿筋・臀部筋、●腹筋、●高齢者と腹筋

内科●内科・内臓、●心臓・血管・脈管系、●胃腸、●糖尿病・血糖、●自律神経(交感神経・副交感神経)、●呼吸器系、●風邪・感染症、●遺伝、●その他原因、●原因が分からない

高齢者関連●腰痛の仕組み、●腰痛対策、●筋肉・筋力、●その他、●骨粗しょう症

女性・子供●女性、妊娠、●産後、●子供

心理①腰痛(考え方、ストレス、心因性の特徴、心理的影響)、●治療の考え方、●思考回路・思考パターン、●主義・思想・価値感、●ストレス、●恐怖

心理②●怒り対策、●感情、●対人関係、●防衛機制、●不安、●心理分析、●メンタルケア、●その他心理、●行動指針、●精神病、●脳医学

自然●季節・時期・自然要因、●寒さ、●暑さ、●朝方・早朝、

店舗案内事務的内容・店舗案内

最新ページ最近書いた内容を書き溜めておく場所

基本★基礎知識編、★痛み科学

原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

腰部脊柱管狭窄症の症状

間欠性跛行の実際

閉塞性動脈硬化症との判別

バイセクルサイン

狭窄症で背中がカチカチになる

脊柱管の狭窄によるものの種類と症状の違い

狭窄症の種類と症状の違い

狭窄症とぎっくり腰の排尿・排便困難との違い

脊柱管狭窄症のため太ももに痛みが出る

狭窄症で太腿が痛くこむら返りになる。

脊柱管狭窄症で太ももに強い痛みがある。引っ張られると痛い

原因別

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板、腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

力学・体型

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然

店舗案内

最新ページ

基本

原因別

部位別

症状別

睡眠・寝る

対応・対処

運動・ダイエット

仕事

姿勢

息抜き用

東京都

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰

◆ぎっくり腰の緊急依頼
→電話番号
090-2413-0651
※お願い:掲載したコラムに関してのお問い合わせはご遠慮ください。