ぎっくり腰専門

肋骨痛によるぎっくり腰

『背中の痛み』、『背中と腰の境目の痛み』、『胃の裏の痛み』など様々な表現をされるが、重要なことは高齢者の肋骨骨折との鑑別、ほとんどのものが背中で上半身を支える姿勢だったり腰椎椎間板ヘルニアだったりする。整体で対処可能

肋骨痛は背中の痛みとか、胃の裏の痛みとか、背中と腰の境目とか様々な主訴で表現される。

肋骨痛 ぎっくり腰』というテーマで述べさせていただければと思います。

ぎっくり腰には様々なものがございます。腰の背骨の付け根辺りが辛くなってしまうものなどもありますし、背中のところが辛くなるものもあります。では本日お話するのはどういうものなのかと申しますと、正に肋骨部分で痛みが出るものです。具体的にはこの図のような背中の部分で痛みを発するもののことを今回はお話させていただきたいと思います。

背中の痛み人によってはこの部分で発する痛みのことを『肋骨の痛み』とおっしゃられる方もおられますが、別の人では『背中の痛み』とか、『背中と腰の境目』、『息がつまる』、『胃の裏が痛い』などとおっしゃられます。

もっとも注意すべきが肋骨骨折、高齢者がお孫さんを抱っこしたときなどに安易に折れてしまうことがある。

では、このようなタイプのぎっくり腰でもっとも注意するべきことは何なのかと申しますと、それがご高齢者の場合です。ご高齢者では骨粗しょう症をお持ちになられていることが多いので肋骨が脆く、お孫さんを抱っこしたときの肋骨周りの筋肉の負担によって肋骨を骨折してしまうことがあります。(若い人ではそのようなことは余程のことがない限り有り得ませんのでご安心ください。)

次に考えられることが背中で上半身を支える姿勢

次に考えられることは背中で上半身を支える姿勢です。一般的には腰椎の椎間板ヘルニアなどでも背中の筋肉が過剰に緊張することがあるのですが、その場合は背中に圧痛点が現れることがほとんどなく、むしろ腰の痛みの方が強いです。したがって可能性としては背中で直接上半身の体重を受け止めてしまうために疲れて痛みを発することが考えられます。

背中で上半身を支える姿勢このように背中を丸めて脇を開いてしまう姿勢をとっておりますと力学的に背中に負担が掛かりやすくなります。(詳しくは背中痛みの詳細についてを参考

腰椎椎間板ヘルニアでも背中が辛くなる。

次に良くあるものは腰椎椎間板ヘルニアです。

腰椎と椎間板腰椎というものはこのように骨盤の上に垂直に連なっており、各腰椎の隙間に椎間板というものがあります。この椎間板というものは中心に髄核という軸があり、その周囲に線維輪というものがあるのです。

椎間板ヘルニアこの髄核という軸が何らかの拍子でずれてしまいますと、髄核がずれた方向と反対側へと背骨が傾いてしまうわけです。すると椎間板が突出して腰椎椎間板ヘルニアを呈してしまうのです。腰椎椎間板ヘルニアでは突出した椎間板が周辺の神経を障害して痛みを呈することもありますが、この突出の度合いによっては痛みを呈さぬこともあるのです。

そして、背骨が傾いたままになりますと、背骨の安定を保つために次の図のように腰椎の近傍にある筋肉が過度の緊張を呈するようになるわけです。

椎間板ヘルニアによる腰の筋肉の緊張、背中が痛くなる。腰椎近傍の筋肉が背骨の傾き(A方向への動き)を立て直すために緊張してしまう。

このときの背骨の近傍のBの牽引力が背中の方にまで働いて背中の肋骨の辺りがとても辛くなってしまうのです。

ちなみにこのときの痛みというものは

胸棘筋このような背中の胸棘筋や

下後鋸筋このような下後鋸筋です。

このような痛みを発したときには背中の痛みの処置をすることも大切ですが、腰椎の椎間板ヘルニアを治す処置も平行して行わねば背中の痛みは取れてもすぐにバランスの崩れた背骨を保持するために背中の緊張が再発して痛みを繰り返してしまいますので原因部位を正確に見つける必要があるのです。

肋骨痛のほとんどは整体によって対処可能、整形外科では処置不能なことが多い。

ということで、もしもこのような肋骨痛を呈してしまわれたときにはアークス整体院にお申し付けになっていただければすぐにでも御自宅へと出張いたしますのでどうかお気軽にお申し付けになってくださいませ。また、整形外科ではレントゲンを撮影して痛み止めの薬だけを処方する可能性が高く無駄に終わることがほとんどですのでご注意くださいませ。それでは本日も最後までご覧になってくださいましてありがとうございました。

肋骨部の痛み・肋骨の症状

  1. あばら骨・肋骨が痛いのはいきみによるもの「いきみ」動作が大きく関係している。日常で重たい物を持上げたり、体位を変換したり、排便をしたりと色んなところで「いきみ」をしている。
  2. 肋骨付近が痛くなるものの原因は?デスクワークのときの腕の高さが関係しており、高めにすることで肩甲骨を固定するために背中の筋肉が酷使される。
  3. 肋骨の痛み背中で体重を支える不良姿勢によってもたらされ、柔軟性の低下による代償動作や、モーターシリンダーシステムの機能不全が関係している。
  4. 肋骨痛によるもの高齢者の肋骨骨折との鑑別が必要、ほとんどのものが背中で上半身を支える姿勢だったり腰椎椎間板ヘルニアだったりする。整体で対処可能

症状別

腰痛症状●腰部関連症状、●腰部の症状の程度、●炎症症状、●神経症状、●筋肉の症状、●筋肉痛、●体の固さによる症状、●陰部・睾丸症状、疲労(●疲労と腰痛、●疲労の仕組み)

腰部の経過別の症状●後遺症、●再発、●悪化、慢性腰痛(●仕組み、●対応、●その他)

腰痛と関連性のある症状●背中の痛み、●肋骨、●その他の症状、●ショック症状

店舗案内事務的内容・店舗案内

最新ページ最近書いた内容を書き溜めておく場所

基本★基礎知識編、★痛み科学

原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

肋骨部の痛み・肋骨の症状

あばら骨・肋骨が痛いのはいきみによるもの

肋骨付近が痛くなるものの原因は?

肋骨の痛み

肋骨痛によるもの

症状別

腰痛症状

腰部の経過別の症状

腰痛と関連性のある症状

店舗案内

最新ページ

基本

原因別

部位別

症状別

睡眠・寝る

対応・対処

運動・ダイエット

仕事

姿勢

息抜き用

東京都

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰

◆ぎっくり腰の緊急依頼
→電話番号
090-2413-0651
※お願い:掲載したコラムに関してのお問い合わせはご遠慮ください。