ぎっくり腰専門

コルセットは痩せている人の場合、意味がないのか

痩せているからコルセットを巻いても意味がないというわけではなく、これを装着する用途にあったものを選ぶ必要があるということです。自分に合ったものを選ばなくては望んだ効果は難しいです。また、ドラッグストアにおかれているものはお腹やお尻を小さく見せることが目的の商品となりますので注意しましょう。

ぎっくり腰に陥ってしまわれた方や、慢性的な腰の痛みをお持ちの方で、腰痛防止のためのコルセットを巻いたことがあるのですが、あまり効果を体感できなかったという方のために作成させていただきました。

ではコルセットというものは本当に意味のないものなのでしょうか?ではまず結論から申し上げますと、『色々と種類があるためご自分の腰痛のタイプに合ったものを利用せねば意味がないという答えになります。』そして、もっとも良くある間違いについて今日は触れさせていただきたいと思うのです。

最も良くある間違いは痩せているのにお腹に巻きつけるタイプのものを選んでしまうこと。

コルセットというものは幾つかのタイプがございます。このタイプというものがどういう違いがあるのかをご存知ない方は非常に大勢おられます。おそらくは腰痛などの対処に当たっている整体師や整形外科、整骨院などでも間違ったものを処方することは沢山ありますし、医療メーカーの担当者でも本当は使う意味の違いを分かっておらなかったりすることは考えられます。

そもそもこれというものはお腹やお尻などの胴体に巻きつけることで動きを制限したり、腹圧を補助したり、筋力の不足を補ったりすることが目的となります。しかし、患者様のお体の症状や状態に合わせて使い分けなくては症状の改善とはならず無駄な出費となるばかりか、日常動作を制限してしまったりとマイナス要因となってしまうこともあるぐらいなのです。

そして、もっとも良くある間違いが、お尻が原因となる腰痛の患者様(痩せ型)に、お腹を引き締めるようなコルセットを処方してしまうことなのです。私どもの整体院に時折『いろんな治療院に行ったけどぎっくり腰が治らなかった』とおっしゃられる患者様が駆けつけてこられることがありますが、そのときにお店で間違ったコルセットを勧められて『まったく効果が実感できなかった』と嘆かれる方は大勢目にしております。

図に表しますと以下のようなものだと思ってください。

お腹を引き締めると腹圧が上昇する。図のようにお腹がせり出してしまっている方に対して腹部に巻きつけるタイプのコルセットを処方することができればお腹の腹圧の上昇を補助する働きが期待できますので腰の負担を和らげることに繋がります。

ところが下図のように体型が痩せてお腹が出っ張っているわけでは無いのですが、骨盤が傾いてしまっていることで腰に負担が掛かっている場合はお腹にこれを巻きつけて腹圧を高めてもさほど意味はありませんよね。

お尻を引き締めると上半身が起き上がるお尻の骨盤(土台)から背骨全体が前傾しているケース

骨盤の前傾による大殿筋の負担腰を反らして背筋と腹筋による腹圧を用いずに背骨だけで上半身の体重を支えている人

このような2つの骨盤ごと前傾しているような方にお腹に巻きつけるタイプのコルセットを処方してもまったく意味はありません。これらの場合は以下の図のようにお尻部分に巻きつけてお尻に存在する大殿筋や中殿筋、小殿筋などのお尻筋群の締める力を補助することが有効となるのです。

大殿筋を締めると骨盤を支えるのが楽になる。お尻にコルセットを巻きつけるとお尻の大殿筋・中殿筋・小殿筋の骨盤を締める作用を助けますので骨盤を支えるのが楽になります。

コルセットには周経囲を細く見せるための引き締めだけを狙ったものが多く、ドラッグストアなどで手軽に手に入るものの多くは、ご婦人のお尻やお腹の痩身を目的としたもの。

もしも、皆様が上記のような用途の意味を理解した上でコルセットを装着したのですがそれでも痛みが軽減されぬという場合には、おそらくそれを入手した場所に問題があったのではないかと思います。これというものはぎっくり腰や酷い腰痛に陥ってから慌てて入手しようとお考えになられることが普通です。ネット通販などを利用すれば到着まで数日要してしまいます。本当ならば今すぐに欲しいというところでしょう。そういったことでもしも皆様が今すぐにコルセットを入手しようとお考えになったらすぐに思いつくのはスポーツ用品店か、ドラッグストアになることでしょう。しかし、スポーツ用品店というものは中々見つかるものではありません。また、スポーツ用品店におかれているものは大概がお腹を引き締めて腹筋の補助とするものばかりです。お尻を引き締めるタイプのものはスポーツ動作の妨げになりますので、おいても売れないのが実情だからです。さらにはスポーツ用品店自体が各町に数件というぐらいの珍しい供給量となるので、その町に余程精通しておらねば緊急時に思い出すことは不可能と言って良いでしょう。

そういった都合により皆様の多くはまず第一にドラッグストアに向かわれるのです。そしてコルセットをお探しになられるのですが、ドラッグストアというものは売り上げを重視せねば採算が取れません。こういった酷いぎっくり腰や腰痛に対応した丈夫で固定力の強いものを普段からおいているはずはありませんし、それに対応した商品知識をもったスタッフを置いているわけもありません。したがいまして、多くの場合は見た目やパッケージのデザインはキレイなのですが、その材質はペラペラで固定力に乏しく、多くの場合は産後の気になるはりだしたお腹や大きくなったお尻を引き締めて細く見せることを目的とした幅広い用途のものだけを常備しているわけです。これでは皆様が緊急時にこれを入手して腰部に装着したところで望んだほどの痛みを抑える効果は得られません。多くの場合は『気休め』程度の結果に終わってしまうのです。

コルセット:③弊害

  1. コルセットで腰痛が悪化するのは恐怖心によるものもともと怖がりな人だとコルセットを巻くことで腰痛が悪化することがある。
  2. コルセットをつけててもぎっくり腰になる?腰部保護にはなりますが、万全ではありません。
  3. 腰痛コルセットの日常の着用について腰痛コルセットは長期使用すると腹筋が落ちるというが弛めてさえいれば腹巻として保温効果を期待することができる。
  4. 3週間腰痛バンドをしたら筋力が衰えますか?原因によって衰える場合もあれば、ならないこともある。過度に腰を働かせたのか?怠けてなったのか?
  5. コルセットがすれる擦れてしまうときには装着方法をメーカー指定の方法通りかを確認しましょう。地肌に直接つけず、シャツの上につける。
  6. お腹が敏感でコルセットを巻けない杖を用いたり、腰を補助するサポートウェアを用いると良い。
  7. コルセットは胴体が弱くなるのでは?過労が背景にあり、過労は休ませるのが治療の原則でいえば腰部の安定保持をサポートすることができ、筋緊張の均衡を保つことができますので酷使した筋肉を休ませる意味で有効です。
  8. コルセットを使うと筋肉が落ちるから止めるべきか?筋肉がすでに落ちている人が使うもの。落ちてない人が使うから問題になる。
  9. 腰痛バンドを付けて過ごしていたら2キロも痩せることができました。脂肪ではなく筋肉が落ちたもので悪いやせ方の代表
  10. コルセットで腹圧をかけると腹式呼吸ができないのでは?腹圧が高いと腹式呼吸が困難になるため気になる方は装着を止めよう。
  11. コルセットをしたら余計に腰が痛くなったコルセットで悪化したら、不快感によることがあるため杖を使う。
  12. 痩せてるとコルセットは意味ないか?装着する用途にあったものを選ぶ必要があります。合ったものを選ばなくては望んだ効果は難しいです。お腹やお尻を小さく見せることが目的の商品には注意しましょう。ドラッグストアで販売されるペラペラなのは美容目的のものが多いです。
  13. コルセットで治るのか?有効なケースは腰部の過度使用が原因となるもの。筋力低下者が用いると余計に腰部が廃用につながる。
  14. 脊柱管狭窄症 コルセット いつまで?急性期の痛みに用いますが慢性期に用いることはおすすめできません。杖を使うことも検討しましょう。

対応・対処

急性期の腰痛対処●前兆、●受傷早期の経過判断、●対処、●問診、●応急処置、●緩和処置急性期、●周囲の人の対応、●動き方、●間違った対処、●安静、●トイレ排泄

慢性期判断、検査●中期的な判断、●長期的な判断、●セルフチェック法、●腰痛の検査データ、●評価法・検査、●腰痛検査の流れ

医療機関の対処●救急車、●病院、●医者、●レントゲン・MRI・画像検査、手術(●ヘルニア、●坐骨神経痛、●失敗、●その他)、●湿布・貼り薬・外用薬、●飲み薬・内用薬・内服薬・座薬、●注射、●トリガーポイント、

一般的対処緩和処置(●慢性期)、●アイシング・冷やす療法、●温熱療法、お風呂(●腰痛治療効果、●お風呂の弊害、●入浴で気をつけること)、●慢性腰痛ケア、●ぎっくり腰ケア、●間違ったケア、

食事・栄養●食事・栄養で短期的な効果のあるもの、●食事による長期的な腰痛対策、●ダイエットと食事、●サプリメント・プロテイン、●カルシウム、●お酒、●たばこ

手技対処●手技療法、●マッサージ、●マッサージの疑問、●間違ったマッサージ

腰痛対策●作業場面での腰痛対策、●一般防止策、●生活場面での腰痛対策、●腰痛対策の体の使い方、●着替え、●トイレ・排泄

道具での対処①(固定法)コルセット(●基本事項、●過信、●弊害、●その他)●腰ベルト以外の固定

道具での対処②(生活補助)●腰痛対策での道具の考え方、●力仕事補助アイテム、●健康器具、●カバン・バッグ、●靴足元対策、●杖、●衣類・身につけるもの、●その他道具

店舗案内事務的内容・店舗案内

最新ページ最近書いた内容を書き溜めておく場所

基本★基礎知識編、★痛み科学

原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

コルセット:③弊害

コルセットで腰痛が悪化するのは恐怖心によるもの

コルセットをつけててもぎっくり腰になる?

腰痛コルセットの日常の着用について

3週間腰痛バンドをしたら筋力が衰えますか?

コルセットがすれる

お腹が敏感でコルセットを巻けない

コルセットは胴体が弱くなるのでは?

コルセットを使うと筋肉が落ちるから止めるべきか?

腰痛バンドを付けて過ごしていたら2キロも痩せることができました。

コルセットで腹圧をかけると腹式呼吸ができないのでは?

コルセットをしたら余計に腰が痛くなった

痩せてるとコルセットは意味ないか?

コルセットで治るのか?

脊柱管狭窄症 コルセット いつまで?

対応・対処

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処①(固定法)

道具での対処②(生活補助)

店舗案内

最新ページ

基本

原因別

部位別

症状別

睡眠・寝る

対応・対処

運動・ダイエット

仕事

姿勢

息抜き用

東京都

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰

◆ぎっくり腰の緊急依頼
→電話番号
090-2413-0651
※お願い:掲載したコラムに関してのお問い合わせはご遠慮ください。