ぎっくり腰専門

反り腰は将来どうなる?

反り腰は、腰椎の彎曲を強くし、後方にある椎間関節を障害して椎間関節症の原因となり、代償的に胸椎や頚椎にも歪みを招いて頚椎ヘルニアなどを起こすこともある。

反り腰は腰部の椎間関節に負担をかけて椎間関節症や、頚椎の椎間板ヘルニアなどの原因になりえます。

反り腰は将来どうなる?」についてお話させていただきたいと思います。

結論から申し上げますと反り腰は腰椎の椎間関節症の原因となりえます。後屈型の腰痛(後方に反らすと痛い)というタイプのぎっくり腰を起こすことにもつながります。

また、ぎっくり腰だけでなく、胸椎や頚椎のヘルニアにも繋がる恐れがあります。とても危険な状態であるとお考えになっていただければ良いでしょう。

ではなぜそのようになってしまうのかについてご説明させていただきたいと思います。

普通の背骨ということで、最初にご覧になっている図は皆様の背骨を真横から見ている図です。肋骨や頭蓋骨、肩甲骨は取り除いて背骨と骨盤だけをみております。ちなみに正常な背骨はこのように若干のカーブを持っているのです。

反り腰では腰椎の彎曲が強くなることで腰椎の椎間関節の接触圧が増大する。

ということで次に反り腰になっている背骨を見て行きましょう。

反り腰の背骨あえて背骨の反りをかなり強くしております。そうしますと、腰椎の背骨の後方に存在する椎間関節という部分は上下の椎骨同士で密着することが分かります。すなわち椎間関節に強い圧力が加わっているわけです。この椎間関節の強い圧力が長期間に渡って続きますと、椎間関節が次第に骨硬化と言われる状態を起こすようになりやがて、関節が損傷しやすくなるのです。

また、それより上方の胸椎や頚椎をご覧になっていただきますと背骨の椎間板部分の隙間が狭まっており、椎間関節の隙間が広がっております。つまり下図のようになるわけです。

反り腰の腰椎と頚椎・胸椎の状態反り腰になると腰椎の椎間関節に加わる荷重が増加し椎間板には体重が掛からなくなる。それに対して胸椎や頚椎では椎間板に加わる荷重が増加して頚椎ヘルニアなどの受傷リスクが高くなったり、頚椎の安定性が悪くなることで常に首の筋肉が緊張したままの状態の重度の肩こりに陥ってしまうわけです。

反り腰を止めても姿勢のクセを直す必要がある。猫背にも注意しよう。

ということで、反り腰は後々、腰椎や頚椎、胸椎の椎間板の変形を招いたりヘルニアになる原因を作ったりするわけですが、この姿勢にだけ注意しても、例えば猫背などの悪い姿勢は他にも沢山あります。

猫背図のように背中を丸める猫背の姿勢では椎間板部分に加わる圧力が大きくなりますので、加齢にともなって椎間板が押しつぶされてゆき衝撃を吸収できなくなり、やがて背骨の安定性を保つことが大変になり、慢性的な腰痛や肩こりなどに悩まされるようになってしまうのです。

椎体と椎間関節に加わる荷重は7:3の比率が理想。

こういった病気にならぬようにするためにはどうしたら良いのかと申しますと、それは椎体(下図の四角いサイコロのような部分、実際は円柱状をしている)部分と、椎間関節部分でバランス良く荷重を受け止めることが大切です。理想は椎体側を7とし、椎間関節を3とし、7:3の配分にできることが良いでしょう。こうして前後でバランス良く荷重を分散することができれば腰椎や背骨の変形、そして椎間板のヘルニアの予防になるわけです。

椎体と椎間関節の荷重バランスは7:3

反り腰:その他

  1. 太腿の引き攣りと反り腰の関係性について反り腰は骨盤が前方に突き出して相対的に太腿(膝)の骨が後方に下がるため、脚全体が前傾する。骨による体重の支持を失うため、ハムストリングスの負担が増えて太腿が痛くなる。
  2. 反り腰が腰や肩の疲労を引き起こす理由椎間関節で体重を支え、椎間板を使わなくなるため椎間板の機能廃用、椎間関節の負担増大につながる。
  3. 腰の反らしすぎと腸腰筋の障害についてバスケットボールのシュートを打つときに腰を反らしすぎて発生、腸腰筋の瞬発力強化が求められる。
  4. 反り腰になると骨はどうなる?初期は骨の配列だけの変化、進行すると関節に変性が生じる
  5. 反り腰で背中が凝ってしまう重心軸の偏りによる補正のためである。体の前後のバランスを保つために腰を反らすため原因を専門家に見てもらう必要がある。
  6. 反り腰って将来どうなるの?反り腰は、腰椎の彎曲を強くし、後方にある椎間関節を障害して椎間関節症の原因となり、代償的に胸椎や頚椎にも歪みを招いて頚椎ヘルニアなどを起こすこともある。

姿勢

腰が曲がる腰曲がり(●腰曲がりと腰痛、●腰が曲がる日常生活の弊害、●ただ単に腰が曲がる)、●前傾姿勢・背中を丸める・前屈み、●中腰

立位姿勢●立位姿勢での腰痛、●立位姿勢の腰痛の対策、●側弯・くの字姿勢、●反り腰《腰痛、●原因、●対策、●その他》●その他立位姿勢、

背骨の彎曲した姿勢●背骨の彎曲・カーブ、●円背姿勢、●猫背と腰痛、●猫背〕

座り姿勢・イス●座り仕事の腰痛対策、●イス座位、●デスクワーク、●イスについて、●床座位、●座位全般

その他●頬杖・立て肘・よりかかり姿勢、●X脚・O脚、●姿勢の悪さ、●同一姿勢、●姿勢矯正、●腰痛になりやすい姿勢、●その他姿勢

店舗案内事務的内容・店舗案内

最新ページ最近書いた内容を書き溜めておく場所

基本★基礎知識編、★痛み科学

原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

反り腰:その他

太腿の引き攣りと反り腰の関係性について

反り腰が腰や肩の疲労を引き起こす理由

腰の反らしすぎと腸腰筋の障害について

反り腰になると骨はどうなる?

反り腰で背中が凝ってしまう

反り腰って将来どうなるの?

姿勢

腰が曲がる

立位姿勢

背骨の彎曲した姿勢

座り姿勢・イス

その他

店舗案内

最新ページ

基本

原因別

部位別

症状別

睡眠・寝る

対応・対処

運動・ダイエット

仕事

姿勢

息抜き用

東京都

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰

◆ぎっくり腰の緊急依頼
→電話番号
090-2413-0651
※お願い:掲載したコラムに関してのお問い合わせはご遠慮ください。