ぎっくり腰専門

ぎっくり腰は救急車を呼ぶべきか?

救急車は命に関わる方が利用するものであり、その場で動かずに居れば大丈夫なときは利用すべきではありません。まずは様子を診ることが必要です。

救急車を利用する人には優先順位がある。痛いから優先されるわけであらず。

まずは救急車を利用すべき優先患者をご覧になってくださいませ。

救急車は優先度が 黄色以上の人のものです。
 色  優先度  症状
   最優先患者  窒息、止血可能な持続的出血すぐに処置せねば死んでしまう
   準優先患者  中等度以下の熱傷(酷い火傷)、多発骨折(体中の骨が折れている)脊髄損傷(背骨中の神経が損傷して完全に足の感覚が無くなったり、動かそうと思っても足の感覚が完全に消失してしまっている。)2時間以内に処置せねば死んでしまう。
   軽症  放っておいてもすぐには死にいたらない。ぎっくり腰は多くの場合死ぬことはありませんので軽症に該当します。死ぬことが無い場合はできるだけ自分でなんとかしましょう。

何かあったら大変だ!」闇雲に救急車を呼ぶことは社会問題になっている。

さて、ぎっくり腰を受傷したときに救急車を呼ぶべきか否かについてご説明させていただきたいと思います。

突然に痛みが出たときには
何かあったら大変だから!すぐに病院で見てもらおう!」
ということで、大慌てで119番通報してしまいそうですが、そのような患者様が余りにも多すぎることから病院でさまざまな弊害を生じてしまっているのです。

たしかに「何かあったら」と大事をとっていただくことは懸命なご判断です。全ての方がこのようなきちんとした対応をしていただければ大きな失敗を未然に防ぐことにはつながります。

致命的な欠点は受け入れ側の許容能力

しかし、この判断には致命的な欠点が存在します。それが受け入れる医療機関側の許容能力の限界であるのです。

1人や2人の患者様がこのようにご利用されるのでしたら別段問題はありませんが、もしも日本中の患者様がこのような軽率な対応をされてしまったらどうなりますでしょうか?これが今や社会問題にもなっているのです。

患者の数が膨大に膨れ上がる。ただでさえ日本は医師不足なのに

皆様がやたらと安易に救急車で搬送されてしまえば、受け入れる医療機関側が患者で溢れてしまいパンクしてしまいますよね。つまり、一人ひとりに充分な医療を提供できなくなってしまうのです。日本は医師不足の現状がありますから、それにさらに拍車が掛かってしまうわけです。

ではなぜ医師不足を招いてしまうのかと申しますと、医師の人口を法律で規制しているからです。日本は、病院のお医者様の人数を法律で制限し、一定以上の人数より上回らぬように医師の数を規制しております。

日本は医師の質の低下を防止するために医師数を制限している。

なぜこのような措置をしているのかと申しますと、医師が増えすぎて飽和してしまいますと、過当競争が発生し、地域の医療水準が保てなくなってしまったり、医療の質の低下が考えられるからです。

たとえば現在の日本の医師というのは病院勤務であっても年収で1000万@を下回らぬように配慮されておりますが、もしも日本の医師の人口が10倍になればその方々は当然のことながら患者の人数は一定しているのですから10分の1の年収に落ちてしまいますよね。すると生活が苦しくなりますから、お薬を過剰に処方したり、必要の無い治療を患者に進めたりと医療の質が下がってしまうことが懸念されるのです。

したがって一定数以上に設けぬように法律によって配慮されているわけです。

できるだけ命に関わる方だけが救急車を利用すべき

ということで自力でなんとか時間を掛けても病院まで行けるようならばできるだけそうしていただき、どうしても1分1秒を争うような命に関わる呼吸器疾患、心肺停止、大量出血などの重篤な患者様だけが救急車を利用するように病院側も世間に訴えているのです。

寝ていれば痛みが治まるならば救急車は呼ばない!

つまり、寝ていれば痛みが収まるようなケースであればすぐに救急車を呼ばずに様子を見ていただくことが大切であると言えるわけです。そして病院を利用される皆様が、命に関わる患者様にできるだけ優先的に医療を受けてもらえるようにご協力し合わなければなりません。こういった配慮は私達が病気や怪我をして死の瀬戸際をさまよう場面で生死を分けることにも関わりますので皆様のご理解が必要となるわけです。

ぎっくり腰になったときにはまずは冷静に対処し、様子を診ることが大切です。

ということでもしもぎっくり腰になったときには、慌てて救急車を呼ぶことは大きな間違いですから絶対にやめましょう。まずは様子を見ていただき、ご自身が緊急の要件に当てはまるのかを確認し、それから医療機関の受診をご判断していただくことが大切です。

また、医療機関の受診に当たっては深夜の受診や休日の受診というのは地域指定病院や緊急外来などしか受け付けておらぬことが一般的です。このようなケースのときにぎっくり腰の解消を望むのでしたら私共のような民間の施術家をご利用いただくことが懸命な判断だといえるでしょう。

自己都合を理由に優先的に治療を受けることは病院では許されず。だからこそ民間療法が必要となる。

また、
「明日は仕事だからどうしても今日解消してもらいたい。」
というご希望が合ったとしてもそういった自己都合を理由に病院で優先的に治療を受けることは許されません。やはり、このような自己都合を優先される場合も私共のような国家資格を所持した民間施術家をご利用していただくことが適切な判断だと言えるわけです。

きめ細かなケアにも対応している民間施術家の受診が求められる。

また、病院では私共民間施術家のようなきめ細かなケアはできません。保険医療に則った範囲での対応となりますので、やはりそれなりのきめ細かなケアをお求めの場合も私共民間施術家をご利用いただくことが正しい対応と言えるでしょう。

代表的な質問

  1. ぎっくり腰とは?ぎっくり腰とは医学的には「急性腰痛症」と呼び、幅広い腰の急性腰痛の総称である。
  2. 症状急激に起こる腰部の激痛により歩行困難、起立困難となり臥位姿勢を余儀なくされ、生活が障害され、極度な精神的な不安を呈すること。
  3. 原因直接的な原因は過度な疲労と背骨の彎曲、そしてスリップディスク(椎間板のズレ)、関節的な背景には3大外傷要因のディスユーズ・ミスユーズ・オーバーユースがある。
  4. 放置すると(無理すると)?椎間板の圧迫症状を解消せぬまま歩き回れば椎間板の変形や、痛みによる逃避歩行など痛い部位をかばった偏った姿勢により余計に痛みが強くなり、永続した椎間板ヘルニアなどに進行するケースがある。
  5. 救急車は?命に関わる方が利用するものであり、その場で動かずに居れば大丈夫なときは利用すべきではありません。まずは様子を診ることが必要です。
  6. 応急処置は? 急性期の炎症症状と、慢性期の患部の血行障害の2つを同時に併せ持つ複雑な病態。湿布を貼付して体を保温し、安静に過ごすが正しい対応。
  7. いつまで様子を診るの? どれだけという決まりはないが症状の経過を見ることが必要。一般的には受傷早期の血管反射(交感神経反射)が過敏な半日(6時間~12時間)だけ様子を見て、痛みが鎮まらない場合は速やかに整体を受診するべき。
  8. 病院は?ぎっくり腰専門というものは民間療法の当院だけの特徴であり、総合病院や整形外科よりもぎっくり腰の臨床経験が豊富です
  9. 緊急性があるのは?①体位変換しても楽なポジションの無い痛み、②排尿排便不能、③我慢できぬほどの安静時痛で痛みが徐々に悪化する。、④発熱・嘔吐などの症状の随伴、⑤明らかな強大な外力によって負傷
  10. 後遺症にはなりませんか?後遺症は椎間板の変形による腰椎椎間板ヘルニア、自宅で寝ていて過ごしていることで生じやすい。受傷早期に見られるスリップディスクを速やかに解消しよう。
  11. クセには?初期に適切な処置を受けなかった場合や、長期間の安静だけの治療では再発する可能性があります。
  12. 死ぬことは?ぎっくり腰ならば直接の死因となることはありません。
  13. 急性期の過ごし方は?初期処置をきちんと受けねばどれほど気をつけても悪化の可能性があります。安静第一、無理は禁物、中腰動作に充分に気をつけ、動くときには油断しないようにゆっくり慎重に動きましょう。
  14. どんな施術?原因となる急激な力によって生じた過重な反射抑制による自然治癒の妨げに対して、①経絡療法による反射抑制の解除、②筋膜リリース操作、③マニュピレーション、④アジャストメント・モビライゼーション、⑤化学物質のドレナージなど原因に対応した方法を行います。
  15. 病院との違い病院では器質的な側面を重視してレントゲンなどの画像診断をし、痛み止めを処方するが、ぎっくり腰は運動器疾患であるため、異常を見つけることもできず、さらにはこの一次痛にはお薬は効かず。整体では機能的な側面にアプローチするため治癒が見出される。
  16. 他院との違い他との違いの一番は熱意!国家資格、高い専門性、きめ細かなギックリ腰患者様へのサポート
  17. 自然治癒まで寝るのは?寝ていて収まるのは炎症反応と筋肉の疲労のみ。挟み込まれた椎間板や捻じれた関節を戻さなければ痛みは容易く再発する。
  18. 自然治癒の期間整体による初期処置の有無により早いものは即改善、受けぬ場合は10日ほどを要することも多い、治癒までに要する日数には性別・年齢・受傷機転など様々な条件によって大きく異なる。
  19. 温めるのと冷やすのは?温めも冷やしもせずに湿布を貼付して、体を毛布や衣類で充分に保温してください。
  20. どうやったら治るの?原因を取り除くことにあります。直接的な原因のスリップディスクの解消、そして間接的な複数の要因を適切に対処することが必要です。多くのものには過剰な伸張反射が影響しております。
  21. 予防トレーニングトレーニングの秘訣は「自分の体力レベルに見合った運動をすること」
  22. 湿布は?ぎっくり腰はアイシングも温熱も症状の悪化につながります。したがって湿布によるリラクゼーション効果を期待しましょう。気持ちよさでリラックスできます。温湿布・冷湿布など気持ちよい方を選ぼう。
  23. 難しいのは?体位変換しても楽なポジションの無い痛み、②排尿排便不能、③我慢できぬほどの安静時痛で痛みが徐々に悪化する。、④発熱・嘔吐などの症状の随伴、⑤明らかな強大な外力によって負傷
  24. 整体で治るの?多くの方がご利用いただいた直後に多くのお喜びのお言葉を残されます。それまでまったく身動きが取れぬ方が自由に起き上がれるようになることもたくさんあります。
  25. 何回ぐらいで治るの?これまでの多くの方が1回で改善を実感されております。わずかな回数で済んでしまうことがほとんどです。
  26. どこが痛くなるの?第四腰椎と第五腰椎の間、そして腰仙関節、この2箇所だけで90%の発生率。その他にも仙腸関節、傍脊柱起立筋群、長期化した例では逃避運動により痛みの箇所がお尻や太もも、ふくらはぎ、背中など広範囲に拡大する

店舗案内事務的内容・店舗案内

最新ページ最近書いた内容を書き溜めておく場所

基本★基礎知識編、★痛み科学

原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

代表的な質問

ぎっくり腰とは?

症状

原因

放置すると(無理すると)?

救急車は?

応急処置は?

いつまで様子を診るの?

病院は?

緊急性があるのは?

後遺症にはなりませんか?

クセには?

死ぬことは?

急性期の過ごし方は?

どんな施術?

病院との違い

他院との違い

自然治癒まで寝るのは?

自然治癒の期間

温めるのと冷やすのは?

どうやったら治るの?

予防トレーニング

湿布は?

難しいのは?

整体で治るの?

何回ぐらいで治るの?

どこが痛くなるの?

店舗案内

最新ページ

基本

原因別

部位別

症状別

睡眠・寝る

対応・対処

運動・ダイエット

仕事

姿勢

息抜き用

東京都

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰

◆ぎっくり腰の緊急依頼
→電話番号
090-2413-0651
※お願い:掲載したコラムに関してのお問い合わせはご遠慮ください。