ぎっくり腰専門

他の治療院との違い

整体以外は、多くがボディーケアや娯楽の一種、整体の中でもアークス整体は専門性や精神、チームプレイに特出しております。一番の違いは先生の熱意

治療院は全てが同じではありません。当院の溢れんばかりの熱意を是非ともご覧ください。

他の治療院のぎっくり腰の施術の違いについてお話させていただきたいと思います。

ぎっくり腰になられてしまわれたときにはどんな治療院を受診されたいでしょうか?「治ればどこでも良い・・」このようにお考えではございませんでしょうか?昨今では沢山の治療院があり、どこも同じように思えてしまいますが、少なくとも当院と他院では明らかな違いがございます。

では、以下に他院との違いについて述べさせていただきたいと思います。ちなみにすでに他のページで病院との違いについてをご紹介させていただいておりますので、整形外科・総合病院・大学病院などとの比較に関しましてはここでは割愛させていただきます。

整骨院の特徴→高齢者のお体のケアをメインにしている。

整骨院というものは骨折や脱臼などを扱う施設として有名ですよね。そこでの治療では主に電気を使った療法がメインとなります。電気療法というものは慢性腰痛などのようなジンジンする痛みや、筋トレ翌日の筋肉痛のような痛み(二次痛)のケアには効果がありますが、ぎっくり腰のように痛みによって立ち上がるのが困難になったり、姿勢が制限されてしまうような痛み、画鋲を踏んで飛び跳ねるような痛み(一次痛)には対処できません。

整骨院は歩行不能な本来のぎっくり腰の経験はあらず。

慢性疾患のお爺さんやお祖母さんの対処がメインとなりますので歩行困難なほどのぎっくり腰の患者様の治療経験はほとんどありません病気を治す場所ではなく、お体をケアする場所とお考えいただければ良いでしょう。

鍼灸院の特徴→受け持つ範囲があまりにも広範囲すぎるためぎっくり腰だけに特出した効果を望めず。体質改善により時間を掛けて治す

鍼灸院に関しましては、広範囲な適応範囲があることはすでにご存知ではございませんでしょうか?お子様の尿漏れの治療から、ご婦人の生理痛や不妊、鬱病などの精神疾患、高齢者のリウマチ、飲みすぎによる肝臓機能低下まであまりにも多岐に渡る範囲を受け持っているのが鍼灸院です。何にでも対応できるのは素晴らしいことですが、医学の道というものは余りにも幅が広くそして奥が深いものです。全てに手を出し始めたら何回生まれ変わっても全てを習得することは出来なくなります。

鍼灸院の治療は広く浅い

つまり、鍼灸院の特徴というものは広く浅いことが一番大きな特徴であるのです。特定の疾患に対して著効な結果を出すことを目的とするのではなく、全ての病態に対して平均的な効果を求め時間を掛けてじっくり治して行くというのが基本的なスタンスでしょう。つまり、直接的に疾患を改善するというよりも体質を改善して、病気や怪我になりにくくするのが鍼灸院なのです。やはり、治療というよりもケアとしての側面が強いです。

マッサージ・按摩→マッサージはぎっくり腰を悪化させる。高齢者や障害者の経験に偏る。

では、マッサージ院や按摩院ですが、皆様もインターネットなどで検索していただければ良くお分かりになると思いますが、「ぎっくり腰になられたときにはマッサージすることは良く無い」と言われておりますよね。これはネットなどで検索していただければあらゆるところでお見かけします。お体をモミモミと揉み解して血行を良くすることは急性期の炎症を強めることに繋がる恐れがあるからです。

また、按摩・マッサージ院というのは一般的に身体障害者の方を対象としてリウマチや神経痛などの慢性痛のケアをされることがほとんどです。やはり臨床経験もそういったご高齢者や身体障害者の方のケアに偏っているためぎっくり腰の治療の期待は難しいでしょう。

整体以外の民間療法の特徴→ほとんどがイメージだけ。雰囲気を楽しむ娯楽の一種

整体以外の民間療法には様々な物があります。

アーユルベーダ、ロミロミ、カイロプラクティック、リラクゼーション、全身もみほぐし、アロママッサージ、オイルマッサージ、ボディーケア、気功、ヒーリング、オステオパシー、タイ式、etc・・

など数え上げたら切がないぐらい沢山のものがあります。これらは肉体疲労の回復やリラックスをメインにしておりますが、多くの場合は外国の幻想的なムードに酔いしれたかったり、神秘的なイメージにより想像力を膨らましたりなど、気分転換がメインであり、いわば雰囲気を楽しむ娯楽の一種です。ぎっくり腰とは余りにもかけ離れております。

整体の他院との違い→専門性の特化、ぎっくり腰患者のきめ細かなサービス、高い臨床スキル、そして1番の違いは熱意

では、整体院の中での違いは何なのかと申しますと様々な違いがあります。順に述べさせていただきましょう。

  1. ぎっくり腰だけを専門としている。

    ぎっくり腰の専門整体院というのは日本中探してもそれほどありません。耳にしたときに驚かれる方もおられるぐらいです。高い専門性をお約束いたします。
  2. ぎっくり腰特有のきめ細かなサービス

    ぎっくり腰になられてしまわれたときというのは、その場から一歩も動けずに何とかして携帯から整体院までご連絡をされるはずです。そんなときに病院でしたら、「その場で安静にして痛みが収まるまで待っていてください。」とか、「誰かに肩を借りてタクシーで移動してください。」とか救急車の出動を拒むはずです。ところが当院ならば、たとえ屋外であろうとも専用の機材の準備がありますので、その場から移動ができなくても充分に対処することが可能ですし、屋内までの搬送にもご協力いたしております。また、トイレに行けずお洋服が汚れてしまわれたお客様であってもお恥ずかしい思いをせずに家路を歩いて帰れるように、下着や着替えのレンタルサービスも承っております。また、重篤な症状の患者様には関係する医療機関への紹介状の発行はもちろん、応急処置のための薬剤や包帯などの固定用具の準備まで多面的なサービスを充実させていただきました。
  3. 最新設備機材と伝統医学

    当院の施術では、マイクロ振動波を発生させて関節の歪みを解消する装置や、微弱な電流の違いを測定することでミリ単位以下の関節の捻じれを発見する装置など日本国内ではその内容が記されている文献が存在しないほど最新の機材を本場のアメリカから輸入し、それを臨床研究・実験の下地のもとに患者様に用いることで高い検査精度と卓越された臨床実績を残すことに成功してきました。また、日本古来から存在する帯術など古来から伝わる伝統医学も取り入れております。
  4. 出張施術

    動けなくなってしまわれた方のもとに出張することで、どこの治療院でも受け入れてもらえぬ重度ギックリ腰の患者様の施術に対応しております。自律歩行ができぬレベルの方の施術を常としているため、臨床経験の密度も深いです。また、出張では患者様の御自宅にうかがいますので、そのときに腰部をどうやって痛みを再発させぬように日常を過ごすことができるのかという実際の生活場面での指導が可能です。御自宅の生活環境にぎっくり腰になり安い要因があればそれをアドバイスすることも可能です。
  5. サポートチームの充実

    当院には多数の専門スタッフが在籍しており全てのスタッフが国家資格を所持し、さらには臨床経験も13年以上のベテランが対応に当たります。数多くのスタッフが交代制で24時間待機しておりますので、どのようなタイミングでご相談いただいても親切そして丁寧に万全のサポートをお約束いたします。(火曜日は先生方の研修があるためお休みです。)
  6. 国家資格

    当然のことですが全スタッフが国家資格者です。国家資格というのは誰にでも名乗れるものではありません。国民の代表である厚生労働大臣が与える免許資格であり、その取得には国家試験において厳しい実技審査と医学テストの基準に合格せねばなりません。また、精神異常者でないか?刑法に違反するものでないか?薬物中毒者でないか?ということまで詳細に専門科医によって調べ上げられ、さらには診断書によって保障されなくては大臣に届け出ることも許されません。しかもその養成学校には設置基準も設けられており、教室面積から教員資格、生徒数、授業時間数、履修期間、さらには卒業試験や各種学力審査や実技試験など非常に厳しい条件にクリアしているのです。教材も全国でどのような施設であっても統一された評価基準に準じた学習内容を履修します。そして、その運営も全てが地域の保健所や自治体によって監督を受けております。
  7. 熱意

    アークス整体院に在籍している先生方は全員が日本中で誰にも負けないほどのやる気と熱意に満ち溢れております。ぎっくり腰によりお困りになられた方に少しでも元気になっていただきたい。そういった思いから東京都を始め神奈川県や埼玉県などご相談次第でどこにでもそして、時間を問わずに駆けつけるのです。

代表的な質問

  1. ぎっくり腰とは?ぎっくり腰とは医学的には「急性腰痛症」と呼び、幅広い腰の急性腰痛の総称である。
  2. 症状急激に起こる腰部の激痛により歩行困難、起立困難となり臥位姿勢を余儀なくされ、生活が障害され、極度な精神的な不安を呈すること。
  3. 原因直接的な原因は過度な疲労と背骨の彎曲、そしてスリップディスク(椎間板のズレ)、関節的な背景には3大外傷要因のディスユーズ・ミスユーズ・オーバーユースがある。
  4. 放置すると(無理すると)?椎間板の圧迫症状を解消せぬまま歩き回れば椎間板の変形や、痛みによる逃避歩行など痛い部位をかばった偏った姿勢により余計に痛みが強くなり、永続した椎間板ヘルニアなどに進行するケースがある。
  5. 救急車は?命に関わる方が利用するものであり、その場で動かずに居れば大丈夫なときは利用すべきではありません。まずは様子を診ることが必要です。
  6. 応急処置は? 急性期の炎症症状と、慢性期の患部の血行障害の2つを同時に併せ持つ複雑な病態。湿布を貼付して体を保温し、安静に過ごすが正しい対応。
  7. いつまで様子を診るの? どれだけという決まりはないが症状の経過を見ることが必要。一般的には受傷早期の血管反射(交感神経反射)が過敏な半日(6時間~12時間)だけ様子を見て、痛みが鎮まらない場合は速やかに整体を受診するべき。
  8. 病院は?ぎっくり腰専門というものは民間療法の当院だけの特徴であり、総合病院や整形外科よりもぎっくり腰の臨床経験が豊富です
  9. 緊急性があるのは?①体位変換しても楽なポジションの無い痛み、②排尿排便不能、③我慢できぬほどの安静時痛で痛みが徐々に悪化する。、④発熱・嘔吐などの症状の随伴、⑤明らかな強大な外力によって負傷
  10. 後遺症にはなりませんか?後遺症は椎間板の変形による腰椎椎間板ヘルニア、自宅で寝ていて過ごしていることで生じやすい。受傷早期に見られるスリップディスクを速やかに解消しよう。
  11. クセには?初期に適切な処置を受けなかった場合や、長期間の安静だけの治療では再発する可能性があります。
  12. 死ぬことは?ぎっくり腰ならば直接の死因となることはありません。
  13. 急性期の過ごし方は?初期処置をきちんと受けねばどれほど気をつけても悪化の可能性があります。安静第一、無理は禁物、中腰動作に充分に気をつけ、動くときには油断しないようにゆっくり慎重に動きましょう。
  14. どんな施術?原因となる急激な力によって生じた過重な反射抑制による自然治癒の妨げに対して、①経絡療法による反射抑制の解除、②筋膜リリース操作、③マニュピレーション、④アジャストメント・モビライゼーション、⑤化学物質のドレナージなど原因に対応した方法を行います。
  15. 病院との違い病院では器質的な側面を重視してレントゲンなどの画像診断をし、痛み止めを処方するが、ぎっくり腰は運動器疾患であるため、異常を見つけることもできず、さらにはこの一次痛にはお薬は効かず。整体では機能的な側面にアプローチするため治癒が見出される。
  16. 他院との違い他との違いの一番は熱意!国家資格、高い専門性、きめ細かなギックリ腰患者様へのサポート
  17. 自然治癒まで寝るのは?寝ていて収まるのは炎症反応と筋肉の疲労のみ。挟み込まれた椎間板や捻じれた関節を戻さなければ痛みは容易く再発する。
  18. 自然治癒の期間整体による初期処置の有無により早いものは即改善、受けぬ場合は10日ほどを要することも多い、治癒までに要する日数には性別・年齢・受傷機転など様々な条件によって大きく異なる。
  19. 温めるのと冷やすのは?温めも冷やしもせずに湿布を貼付して、体を毛布や衣類で充分に保温してください。
  20. どうやったら治るの?原因を取り除くことにあります。直接的な原因のスリップディスクの解消、そして間接的な複数の要因を適切に対処することが必要です。多くのものには過剰な伸張反射が影響しております。
  21. 予防トレーニングトレーニングの秘訣は「自分の体力レベルに見合った運動をすること」
  22. 湿布は?ぎっくり腰はアイシングも温熱も症状の悪化につながります。したがって湿布によるリラクゼーション効果を期待しましょう。気持ちよさでリラックスできます。温湿布・冷湿布など気持ちよい方を選ぼう。
  23. 難しいのは?体位変換しても楽なポジションの無い痛み、②排尿排便不能、③我慢できぬほどの安静時痛で痛みが徐々に悪化する。、④発熱・嘔吐などの症状の随伴、⑤明らかな強大な外力によって負傷
  24. 整体で治るの?多くの方がご利用いただいた直後に多くのお喜びのお言葉を残されます。それまでまったく身動きが取れぬ方が自由に起き上がれるようになることもたくさんあります。
  25. 何回ぐらいで治るの?これまでの多くの方が1回で改善を実感されております。わずかな回数で済んでしまうことがほとんどです。
  26. どこが痛くなるの?第四腰椎と第五腰椎の間、そして腰仙関節、この2箇所だけで90%の発生率。その他にも仙腸関節、傍脊柱起立筋群、長期化した例では逃避運動により痛みの箇所がお尻や太もも、ふくらはぎ、背中など広範囲に拡大する

店舗案内事務的内容・店舗案内

最新ページ最近書いた内容を書き溜めておく場所

基本★基礎知識編、★痛み科学

原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

代表的な質問

ぎっくり腰とは?

症状

原因

放置すると(無理すると)?

救急車は?

応急処置は?

いつまで様子を診るの?

病院は?

緊急性があるのは?

後遺症にはなりませんか?

クセには?

死ぬことは?

急性期の過ごし方は?

どんな施術?

病院との違い

他院との違い

自然治癒まで寝るのは?

自然治癒の期間

温めるのと冷やすのは?

どうやったら治るの?

予防トレーニング

湿布は?

難しいのは?

整体で治るの?

何回ぐらいで治るの?

どこが痛くなるの?

店舗案内

最新ページ

基本

原因別

部位別

症状別

睡眠・寝る

対応・対処

運動・ダイエット

仕事

姿勢

息抜き用

東京都

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰

◆ぎっくり腰の緊急依頼
→電話番号
090-2413-0651
※お願い:掲載したコラムに関してのお問い合わせはご遠慮ください。