ぎっくり腰専門

ぎっくり腰の後遺症

最も考えられる後遺症は椎間板の変形による腰椎椎間板ヘルニア、自宅で寝ていて過ごしていることで生じやすい。受傷早期に見られるスリップディスクを速やかに解消しよう。

放置・我慢して動き回れば悪化の一途寝て過ごすだけでも安全とは言えず

ぎっくり腰の後遺症についてお話させていただきたいと思います。

ぎっくり腰というものは、ときに余りにも我慢しがたいほどの激痛を発することがあります。

そこでぎっくり腰になられた皆様はこのようにお考えになられたのではございませんでしょうか?

  1. 「このまま後遺症になってしまうのでは?」
  2. 「椎間板ヘルニアを起こしてしまうのでは?」
  3. 「車椅子生活になるのでは?」
  4. 「寝たきりになるのでは?」
  5. 「一生このままの生活になるのか?」
  6. 「会社をクビにされてしまうのか?」
  7. 「離婚されてしまうのでは?」
  8. 「家族をどうやって養えば・・・・」

では、どうなるのかについて述べさせていただきますと、放置して痛みを我慢し続けた場合は間違いなく症状は悪化を辿ります。

では、自宅で寝て痛みが静まるのを待っていればこういった心配は無いのかと申しますと、それも誤りです。決して安全だと保障することはできません。

安静にして寝ていることは炎症を抑えるためには有効ですが、原因が取り除かれたわけであらず

では、私達は怪我をしたときになぜ横になって安静にして過ごすのかと申しますと、損傷した患部に炎症や内出血を伴っていることがあり、損傷箇所に刺激が加わることを防止するためにそれを行っているのです。

また、安静にするメリットとしては炎症している患部に過剰な血液の供給を防止できるため炎症の悪化防止になるからです。

したがいまして、炎症を抑えるために安静にするとお考えになっていただければ分かりやすいと思います。

ところが炎症を抑える行為というものは言わば対処療法であり、原因に対してアプローチされておりません。

例えばインフルエンザなどで発熱した人に、症状を和らげるために解熱剤を与えても熱が収まるだけで原因となるウィルスは抗生物質などでなければ退治することはできませんよね。それと同じで、ぎっくり腰においても寝て過ごすことで炎症だけを取り除いても、ある原因を取り除かなければ容易に患部に炎症が再発して一向に治らぬのです。

自宅安静だけで痛みが収まるのを待っていた患者の一部にはぎっくり腰が長期化したり、何度も再発する報告があるが、そもそもの原因が取り除かれておらず。

私どものところにご相談をいただく案件では、長期間自宅安静だけで整体に通うことなく過ごした症例では、安静により寝ていて炎症が治まるところまでは改善されるのですが、そこから先の治癒が得られないというご報告を多数頂戴します。
例えば

  • 職場に復帰して以前と同じように体を動かした途端にぎっくり腰が再発してしまった。
  • イスに腰掛けた瞬間に再び激痛が走った。
  • 腰が異常に疲れやすくなり足にまで不快な症状が出始めた
  • 受傷から数年経っても痛みがある

などの良く無いご相談を幾度もいただくのです。

ぎっくり腰の多くの原因にslipped diskスリップディスクが関係している。

では、ぎっくり腰の原因というものはそもそも何なのでしょうか?そこに多く関係しているのがslipped disk(スリップディスク:円盤のズレであるのです。

医療後進国の日本では、ぎっくり腰のことを「ギックリ腰」とか「急性腰痛症」だとか、残念ながら腰を痛めてしまう様子や痛みの病気としての概念とだけしか捉えておりませんが、医療先進国のアメリカではぎっくり腰の原因を明確な機能的な障害として捉えております。したがいまして、ぎっくり腰のことをslipped diskと呼び円盤がずれたことによる障害であることを認識しているわけです。

椎間板がずれて背骨に挟み込まれ、背骨がロックされる

ここで言う円盤というものは端的にご説明すれば腰椎椎間板のことだと思ってください。ぎっくり腰の多くの症例では何らかの弾みにより、腰椎椎間板にズレが発生し、それが骨と骨の間に挟みこまれてロックされてしまうために痛みが生じることが多いのです。もちろん全てがこの限りではありません。寝ていて仮に治ってしまう場合は円盤のズレは生じていてもロックされるところまで進行してはおりませんからこの場合は自然治癒が得られることもあります。

ロックを解消せねば痛みは何度も再発する。

ところが大事なことは椎間板が腰椎や仙骨の隙間にロックされてしまうことなのです。この場合はロックされた椎間板を骨の隙間から取り除かなければ炎症が治まっても、動けばすぐにぎっくり腰を再発することでしょう。

放置すると腰椎椎間板ヘルニアになることもある。

ところがこういった椎間板の機能面についてアプローチできる病院や整形外科、カイロプラクティックはアメリカにはいくらでもありますが、日本国内にはありません。日本では民間療法だけしか、椎間板のズレを取り除くことは難しいのが実情なのです。そして、こういったズレを放置し、そこに過剰なストレスが加わることで有名な腰椎椎間板ヘルニアへと移行していってしまうわけです。

椎間板のズレがある場合、明らかな腰の歪みや姿勢の異常を自覚したり、周囲から指摘を受けることが多い。

ということで、椎間板のズレをセルフチェックするslipped disk徴候を参考にしてください。(ただし、これに当てはまるから必ず椎間板ヘルニアになるというものでもありませんし、当てはまらぬから安全というものでもありません。飽くまでも目安としてください。)椎間板にズレを持っている場合というのは、明らかに日常の姿勢の歪みや体の歪みを実感することが上げられるのです。

slipped disk徴候

  1. 腰が反っていたり、前屈傾向だったりと自然にしているつもりでも曲がっているような違和感がある。(痛みが無いときでもこのような実感がある場合。)
  2. 背骨の動きが硬く感じる
  3. 仰向けに寝転ぶと左右のどちらかの腰が布団から浮き上がってしまう。
  4. 7キロ以上の重量物を担ぎ上げることが多い。
  5. 腹部が異常なほど前方にせり出している。
  6. 腰に締め付けるような違和感がある。
  7. 靴のかかとばかりが磨り減る。
  8. 腰を水平に捻ったときに左右で動く可動域が異なる。
  9. 猫背や踏ん反り返っているような姿勢を周囲の人から指摘される。
  10. 寝返りを打つときに腹筋や下半身の力でゴロリと転がることができず。上半身の力の補助を借りねば回転することが難しい。(骨盤回旋機能の低下)

椎間板は体幹を前屈したときには後方にズレ、後屈したときに前方にズレる。上半身の動きと真逆に動き、その機能低下によりロックされる。

ということで椎間板のスリップ現象についてお話を進めますと、皆様は自宅に丸イスはございますでしょうか?

もしお持ちのようでしたらイスをご用意ください。無い方はテーブルやちゃぶ台などをイスの代用として使い実験します。(現在腰が痛い方は絶対に行わないでください。

このイスの上にクッション(座布団など)を敷いて、その上から腰掛けてください。

腰掛けた状態で上半身を前に倒しますと、必ず座布団は後方にずれるはずです。また、反対に後ろに反らした場合は座布団は前に動くはず。要するには座布団が椎間板の動きを表しているのです。この実験では左右に傾けたときには坐骨によって座布団がロックされておりますので、どれほど左右に傾けてもズレは生じませんが、腰椎の間に存在する椎間板の場合は左右に動きます。(下図参照)

椎間板の後方へのずれ胴体を前方に倒して行くと骨盤も前傾し、それに伴って座布団(椎間板)は後方に押し出される。

椎間板の前方へのズレ胴体を後方に倒して行くと座布団は前方に押し出される。

椎間板の左右へのズレ胴体を左右に動かしたときには実際の座布団はそれほど動きませんが、椎間板は同じような理屈で反対方向に動きます。

前屈したときに腰に痛みが走るのは椎間板が後方にずれて神経を障害するから。後屈したときは椎間板が前にずれてその圧力で周囲組織が刺激されるから。

ということで前後屈に伴って椎間板が反対方向に動きますので、腰部の周辺の組織が障害されて痛みを発するのです。当整体院では、ズレたままロックしている椎間板を本来の位置へと誘導したり、本来の動きを損ねてしまった椎間板に元通りの動きを与えたり、過剰に加わる圧力を取り除いたりすることでこのslipped diskを解消し、安全な状態へと導いて行くのです。

椎間板のズレが解消されれば後遺症のリスクは大幅に軽減される。

こういった椎間板のズレを取り除いたり、その周囲の圧力を軽減することにより、はじめて後遺症の心配を軽減し、安全に安静で過ごすことができ自然治癒力を引き出すことができるわけです。

代表的な質問

  1. ぎっくり腰とは?ぎっくり腰とは医学的には「急性腰痛症」と呼び、幅広い腰の急性腰痛の総称である。
  2. 症状急激に起こる腰部の激痛により歩行困難、起立困難となり臥位姿勢を余儀なくされ、生活が障害され、極度な精神的な不安を呈すること。
  3. 原因直接的な原因は過度な疲労と背骨の彎曲、そしてスリップディスク(椎間板のズレ)、関節的な背景には3大外傷要因のディスユーズ・ミスユーズ・オーバーユースがある。
  4. 放置すると(無理すると)?椎間板の圧迫症状を解消せぬまま歩き回れば椎間板の変形や、痛みによる逃避歩行など痛い部位をかばった偏った姿勢により余計に痛みが強くなり、永続した椎間板ヘルニアなどに進行するケースがある。
  5. 救急車は?命に関わる方が利用するものであり、その場で動かずに居れば大丈夫なときは利用すべきではありません。まずは様子を診ることが必要です。
  6. 応急処置は? 急性期の炎症症状と、慢性期の患部の血行障害の2つを同時に併せ持つ複雑な病態。湿布を貼付して体を保温し、安静に過ごすが正しい対応。
  7. いつまで様子を診るの? どれだけという決まりはないが症状の経過を見ることが必要。一般的には受傷早期の血管反射(交感神経反射)が過敏な半日(6時間~12時間)だけ様子を見て、痛みが鎮まらない場合は速やかに整体を受診するべき。
  8. 病院は?ぎっくり腰専門というものは民間療法の当院だけの特徴であり、総合病院や整形外科よりもぎっくり腰の臨床経験が豊富です
  9. 緊急性があるのは?①体位変換しても楽なポジションの無い痛み、②排尿排便不能、③我慢できぬほどの安静時痛で痛みが徐々に悪化する。、④発熱・嘔吐などの症状の随伴、⑤明らかな強大な外力によって負傷
  10. 後遺症にはなりませんか?後遺症は椎間板の変形による腰椎椎間板ヘルニア、自宅で寝ていて過ごしていることで生じやすい。受傷早期に見られるスリップディスクを速やかに解消しよう。
  11. クセには?初期に適切な処置を受けなかった場合や、長期間の安静だけの治療では再発する可能性があります。
  12. 死ぬことは?ぎっくり腰ならば直接の死因となることはありません。
  13. 急性期の過ごし方は?初期処置をきちんと受けねばどれほど気をつけても悪化の可能性があります。安静第一、無理は禁物、中腰動作に充分に気をつけ、動くときには油断しないようにゆっくり慎重に動きましょう。
  14. どんな施術?原因となる急激な力によって生じた過重な反射抑制による自然治癒の妨げに対して、①経絡療法による反射抑制の解除、②筋膜リリース操作、③マニュピレーション、④アジャストメント・モビライゼーション、⑤化学物質のドレナージなど原因に対応した方法を行います。
  15. 病院との違い病院では器質的な側面を重視してレントゲンなどの画像診断をし、痛み止めを処方するが、ぎっくり腰は運動器疾患であるため、異常を見つけることもできず、さらにはこの一次痛にはお薬は効かず。整体では機能的な側面にアプローチするため治癒が見出される。
  16. 他院との違い他との違いの一番は熱意!国家資格、高い専門性、きめ細かなギックリ腰患者様へのサポート
  17. 自然治癒まで寝るのは?寝ていて収まるのは炎症反応と筋肉の疲労のみ。挟み込まれた椎間板や捻じれた関節を戻さなければ痛みは容易く再発する。
  18. 自然治癒の期間整体による初期処置の有無により早いものは即改善、受けぬ場合は10日ほどを要することも多い、治癒までに要する日数には性別・年齢・受傷機転など様々な条件によって大きく異なる。
  19. 温めるのと冷やすのは?温めも冷やしもせずに湿布を貼付して、体を毛布や衣類で充分に保温してください。
  20. どうやったら治るの?原因を取り除くことにあります。直接的な原因のスリップディスクの解消、そして間接的な複数の要因を適切に対処することが必要です。多くのものには過剰な伸張反射が影響しております。
  21. 予防トレーニングトレーニングの秘訣は「自分の体力レベルに見合った運動をすること」
  22. 湿布は?ぎっくり腰はアイシングも温熱も症状の悪化につながります。したがって湿布によるリラクゼーション効果を期待しましょう。気持ちよさでリラックスできます。温湿布・冷湿布など気持ちよい方を選ぼう。
  23. 難しいのは?体位変換しても楽なポジションの無い痛み、②排尿排便不能、③我慢できぬほどの安静時痛で痛みが徐々に悪化する。、④発熱・嘔吐などの症状の随伴、⑤明らかな強大な外力によって負傷
  24. 整体で治るの?多くの方がご利用いただいた直後に多くのお喜びのお言葉を残されます。それまでまったく身動きが取れぬ方が自由に起き上がれるようになることもたくさんあります。
  25. 何回ぐらいで治るの?これまでの多くの方が1回で改善を実感されております。わずかな回数で済んでしまうことがほとんどです。
  26. どこが痛くなるの?第四腰椎と第五腰椎の間、そして腰仙関節、この2箇所だけで90%の発生率。その他にも仙腸関節、傍脊柱起立筋群、長期化した例では逃避運動により痛みの箇所がお尻や太もも、ふくらはぎ、背中など広範囲に拡大する

店舗案内事務的内容・店舗案内

最新ページ最近書いた内容を書き溜めておく場所

基本★基礎知識編、★痛み科学

原因別★きっかけ、★腰痛メカニズム、★ヘルニア、★椎間板、★腰部脊柱管狭窄症、★坐骨神経痛、★持上げ動作、★力学・体型、★筋肉、★内科、★高齢者、★女性・子供、★心理、★自然

部位別★お尻、★股関節、★頭部・顎、★首・肩・手、★下肢、★膝、★骨格

症状別★腰痛症状、★腰部の経過別の症状、★腰痛と関連性のある症状

睡眠・寝る★睡眠、★寝る姿勢、★寝具

対応・対処★急性期の腰痛対処、★チェック法・評価法、★医療機関の対処、★一般的対処、★食事・栄養、★手技対処、★腰痛対策、★道具による対処

運動・ダイエット★歩く、★運動(腰痛患者用・安全対策・運動理論・誤解)、★ダイエット、★運動器具

仕事★介護、★仕事での腰痛対策、★腰痛による職業問題

姿勢★腰が曲がる、★立位姿勢、★背骨の彎曲した姿勢、★座り姿勢・イス、★その他姿勢

息抜き用★漫談、★小屋暮らし、★整体同業者用、★息抜きコラム

代表的な質問

ぎっくり腰とは?

症状

原因

放置すると(無理すると)?

救急車は?

応急処置は?

いつまで様子を診るの?

病院は?

緊急性があるのは?

後遺症にはなりませんか?

クセには?

死ぬことは?

急性期の過ごし方は?

どんな施術?

病院との違い

他院との違い

自然治癒まで寝るのは?

自然治癒の期間

温めるのと冷やすのは?

どうやったら治るの?

予防トレーニング

湿布は?

難しいのは?

整体で治るの?

何回ぐらいで治るの?

どこが痛くなるの?

店舗案内

最新ページ

基本

原因別

部位別

症状別

睡眠・寝る

対応・対処

運動・ダイエット

仕事

姿勢

息抜き用

東京都

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰

◆ぎっくり腰の緊急依頼
→電話番号
090-2413-0651
※お願い:掲載したコラムに関してのお問い合わせはご遠慮ください。